« 統一相は北朝鮮マンセー派 | トップページ | めぐみ 引き裂かれた家族の30年 »

2006/11/25

売国の極み!参院民主党

「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案(参法164回7号)」が9月26日に参議院に付託され、現在審議中である。
この法案は、2001年以来、何と7度目の提出である。しつこいというか執念深いというか、もうあきれるしかない。
以下に、法案の提出理由と提出者および民主党のコメントを掲載する。

-------------------------------------------------------------------

提出理由
今次の大戦及びそれに至る一連の事変等に係る時期において、旧陸海軍の関与の下 に、女性に対して組織的かつ継続的な性的な行為の強制が行われ、これによりそれら の女性の尊厳と名誉が著しく害された事実を踏まえ、そのような事実について謝罪の 意を表し及びそれらの女性の名誉等の回復に資するための措置を我が国の責任にお いて講ずることが緊要な課題となっていることにかんがみ、これに対処するために必要 な基本的事項を定めることにより、戦時性的強制被害者に係る問題の解決の促進を図 る必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

【提出者】
岡崎トミ子・円より子・千葉景子・和田ひろ子・喜名昌吉(以上民主)、吉川春子(共産)福島瑞穂(社民)、糸数慶子(無所属)

民主党のコメント
本法案は、戦時性的強制被害者問題の解決の促進を図り、関係諸国民とわが国民との信頼関係の醸成、わが国の国際社会における名誉ある地位の保持に資することを
目的とするもの。
具体的には、旧陸海軍の関与の下に行われた組織的・継続的な性的行為の強制について、(1)国が謝罪の意思を表すこと、(2)尊厳と名誉が害された女性の名誉等の回復に資するための措置を国の責任において講じる上で必要な基本的事項を定めること、等を内容とする。

-------------------------------------------------------------------

つまり、この法案の目指すところは、「旧陸海軍の関与の下に、女性に対して組織的かつ継続的な性的な行為の強制が行われ」たと断定し、これに対し国家として謝罪と個人補償を行えというものである。
そして民主党は、この法案を成立させることが「関係諸国民とわが国民との信頼関係の醸成、わが国の国際社会における名誉ある地位の保持に資する」ことになると主張しているのだ。

上記の提出者に共通しているのは、全員が左翼・売国議員であるということだ。しかも、この法案に対する賛同者が提出者も含めると80人以上になるというのだから驚きである(参照:糸数けいこの国会活動報告)。
これは参院議員(定数242人)の3分の1にあたる。
社民党の5人と共産党の9人、計14人は全員賛同者であると思われるので、残りの70人弱が民主党と推定される。民主党の参院議員は現在83人であるから、そのほとんどがこの法案の賛同者であるということだ。

※自民党と公明党は、この法案に党として反対であるから自・公の議員は含まれていないとみて間違いない。

民主党の参院議員は衆院と違い、組織内議員―日教組などの労組や部落解放同盟の出身または推薦を受けた議員―つまり旧社会党をそのまま引き継いだ議員が多いのが特徴である。だから、このような「売国法案」にこぞって賛同する。

-------------------------------------------------------------------

この法案の2002年7月23日の審議において、民主党の円より子議員は、自民党議員から「戦時性的強制被害者はいわゆる従軍慰安婦、これと一緒だと、こういうような理解でよろしいのか」と問われて次のように述べている。

「いわゆる従軍慰安婦のことを指しておりますが、なぜ戦時性的強制被害者としたかと申しますと、被害者はその意に反して慰安所に連れていかれ性的行為を強制されたものでありまして、従軍慰安婦といたしますと自発的な行動であるかのように誤解を生みかねない、また被害の実態を反映したものとは言えないと思います。また、そればかりか、被害者に対するいわれなき非難、中傷を招くことになり、むしろ被害者を二重に
傷付けるおそれのある極めて適切さを欠く表現だと思いまして、私たちは戦時性的強制被害者という文言にしたわけでございます」

つまり、「従軍慰安婦」という言葉でさえねつ造されたものであるのに、それでも適切でない=物足りない。そこで、わざわざ「戦時性的強制被害者」という新語を考え出したというのである。

そして、共産党の吉川春子議員の次の発言に、これらの売国議員の考えが凝縮して
表れている。

「政府は官房長官談話を発表して謝罪したと言っておりますけれども、93年の河野官房長官談話は、いわゆる慰安婦とされた方々におわびと反省の気持ちを申し上げるとしているのみで、その後も個々の被害者へ直接謝罪はいたしておりません」
「政府は、道義的な責任を果たすとして、1995年7月に民間団体である女性のための
アジア平和基金、アジア女性基金を設立して、総理大臣のおわびの手紙と国民の募金による償い金の支給で事態を収拾しようとしてきました。しかし、この取組は国家補償に代わるものではありません。国連等も指摘するように、被害者に対する謝罪、名誉回復にはならないと私たちは考えます。韓国、台湾の被害者などからも、女性のためのアジア平和基金の事業は日本政府の責任が明確ではないと非難され、受取を拒否されています」
「いずれにしても、韓国の慰安婦問題はアジア女性基金では解決が付きませんでした。最近も韓国の被害者が述べているように、謝罪なくお金を受け取ったらお金で性を売ったことになるといって受取を拒否しているからです」

この吉川議員の発言に円議員は、「先ほど吉川議員から述べたとおりでございます」と全面的に同意している。

-------------------------------------------------------------------

共産党の吉川議員は、河野洋平官房長官(談話)の謝罪は不十分であり、「女性のためのアジア平和基金」は、「謝罪なくお金を受け取ったらお金で性を売ったことになるといって受取を拒否」されている、と主張しているのだ。
つまり、なされるべき謝罪も補償も行われていないと。そして国連等も同じ指摘をしていると。
そして民主党もこれに同調している。

しかし、「金で性を売った」のはまぎれもない事実であり、それも当時としては破格とも言える高額の「金」だった。しかも軍が、慰安婦だったと名乗る女性たちを、その意に反して慰安所に(強制的に)連れていき、性的行為を強制したという証拠は本人たちの申し立て以外に何一つない。
何より、過半数を占めていた日本人慰安婦は、誰一人としてそのような申し立てをしていない。
国連等の指摘も、韓国や吉川・円両議員のような国内の売国議員による活動=策謀の結果である。

にもかかわらず、何かに憑りつかれたように「反日プロパガンダ法案」を提出するので
あるから、もう民主党も共産党や社民党と同程度の反日・売国政党であると断言しても差しつかえなかろう。
このものたちにおいては、事実よりもまず自分たちの偏向したイデオロギーが先にある。そして、それに沿って“事実”がでっち上げられる。

民主党の衆院議員にもかなりひどいのがいるが、参院民主党はさらにひどい。もう社民党と合併して、“社会党”と改名したほうがスッキリして国民に解りやすい。
民主党と名乗ることによって、何か昔の社会党とは違う中道リベラル政党のような錯覚を国民に起こさせる。まさに羊頭狗肉である。

「わが国の国際社会における名誉ある地位の保持に資する」などと、とぼけたことを言うのはいい加減にやめたらどうだ!
君らは、わが日本国と日本国民をおとしめようとしているだけだ!

参院選挙で民主党に鉄槌を下さねばならない!!!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

|

« 統一相は北朝鮮マンセー派 | トップページ | めぐみ 引き裂かれた家族の30年 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

社民党を中心とする左翼の人たちについていつも感じることは、国と国民を必ず対立するものとしてとらえているということ。「国=悪、国民=善」「国=強者、国民=弱者」といった固定された対立軸とでも申しましょうか。しかし、現実には、「国のお金で補償しろ!」「国が謝れ!」と訴えることは、「国民が払った税金で補償する」「国民の名の下に謝罪する」ということを要求しているわけで、国民が自分たちの税金で補償することが妥当だと納得するような材料を提示できなければなりません。ただ、被害者だとする人たちの声に感情的に同調しているだけでは、国民は納得しないでしょう。

薬害や公害訴訟では国が早期に和解した例がありますがが、これなどは、被害者に謝罪と補償をすることについて国民的納得が得られたと国が判断した例でしょう。我々が、「そりゃ、当然税金でが払うべきだろう」と納得できるということですね。

いわゆる慰安婦の問題はそうではない。その当時、貧困のため娘を売ることは日常茶飯事で、日本でさえそうなのだから朝鮮はどうだったのか?貧困のために売られた多くの人たちと、その補償を求める人たちはどう違うのか?

軍による強制的な慰安婦狩りの証拠がないので、今度は売られたこと自体が強制だと論理がすり替わってしまっている。

貧困のために売られるということは、給金がもらえたにせよ、ひどい話で、現代ではあってはならないことですが、その当時の状況を現代の法律感覚で裁こうというのはまさに遡及処罰そのものであり不可能です。


そう言う意味で、問題を指摘する声もあるでしょうが、アジア平和基金のようなやり方は、ぎりぎり取り得る形だったのかもしれないと思います。国の関与の証拠はないけれども、同義的な責任から、基金を募って気の毒な人たちに善意からお金を支払うということですね。これで、この話は終わりだと思います。その方たちの生活が困窮しているというなら、その福祉については、韓国政府の責任ですしね。

投稿: ゆみこ | 2006/11/25 11:40

小学生に民主主義の概念を教えるとき、大抵は
「じゃぁ算数の時間でクラスの過半数が『1+1=3になる!』との意見に賛成したら1+1=3になるのかというと、そうではありません。多数決では決められない物事も、世の中にはあるのです」
という指摘があると思いますが、
逆にいわゆる“真実”とは、多数決で決められてしまうのですね。
アメリカの裁判はよく
「被告がやったかやってないかは関係ない、判決を決めるのは弁護士や検察官のテクニックだ」
という話しがありますが、売国者の論理はまだ非道い。

投稿: てんてけ | 2006/11/25 11:59

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50445556.html
mu 共産党は弱者の見方のフリをしてるだけですね
吉 そんなことないですよ
mu じゃ、日本人の慰安婦だった人も救済してください
吉 それはこれから広まっていくと思いますよ
mu 「これから」じゃないでしょ。何で最初から含めないんですか
吉 今後色々と考えます

今年4月5日のmumurさんの電凸のようすです。

東南アジアの国で 「謝罪します。補償します一人200万(?)円出すので名乗り出てくれ」と、いうのは何年前のことだったでしょうか?
日本人は対象外でしたね。

投稿: とん | 2006/11/25 12:51

http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000414/0165/0165016402007.html

かの近藤昭一はこの法案に賛成してますね。

http://seiji.yahoo.co.jp/giin/minshu/000650/0165/0165016402007.html
>この法案は、先の大戦とそれに至る事変などの時期に、
>旧軍の関与の下に、外国人女性に対して組織的・継続的な
>性的行為の強制が行われ、それらの女性の尊厳と名誉が侵害
>されたことに対する謝罪と回復措置を行うための仕組みを
>作るものである。

党をあげてデタラメの反日プロパガンダを流布するという
最悪の党ですね、民主って。

投稿: Greg | 2006/11/25 14:37

>社民党を中心とする左翼の人たちについていつも感じることは、国と国民を必ず対立するものとしてとらえているということ。「国=悪、国民=善」「国=強者、国民=弱者」といった固定された対立軸とでも申しましょうか。

 「悪いのは一部の軍国主義者であって、大多数の日本国民は悪くない」という中共の言い方によく似てますね。で、確か中共はこの「理屈」で、日帝に酷い目に遭わされてきた中国国民を「説得」し、反日の機運が盛り上がるのを阻止してきたとかと宣わってましたね。政府と国民を分断化し、弱体化を図るという、陳腐な古典的宣伝工作の一環に他なりませんが、それにしてもサヨク的発想は「プロレタリアート一党独裁制」に何と忠実なことか。

投稿: 中凶殲滅 | 2006/11/25 14:47

ああ是で来年の参議院選挙は、自民党の勝利が確定したな。

投稿: takasktt | 2006/11/25 15:12

法案の提出者の名前を見ただけでもうゲンナリする面子・・・まともな
勢力じゃないと判る代物ですね。  それにしても、こういう民主党や
社民党、共産党の「尊い活動」をメディアは何故報じないんでしょうね~。
日本にとって本当に必要な法案なら、何故国民の賛同を煽り、国民の声
によって法案成立させようとしないんでしょうね~。 
教育基本法の改正には大騒ぎするクセに、この法案は重要じゃ無いんでしょうかね~ぇ。 
実は、国民の目に振れさせないように必死!なんですよね~。

投稿: 茗荷 | 2006/11/25 15:14

誰でもいいから「従軍慰安婦」とは今で言う「売春婦」であり、高額の報酬を受け取っていた、と言ってもらいたいですね。
(勿論、政府高官、内閣の誰かが)

他にも「この話の元となった本は著者が捏造と認めている」、
「詳しく現地調査までしたが旧日本軍が慰安婦を連れ去ったなどの事実はなかった」など公式に発言してもらいたい。

それで野党が騒いだら「先の首相答弁にあるように狭義の意味での『いわゆる慰安婦』を連れ去った事実はない」
「この話は日本人慰安婦からは訴えがなかったし、話が出てきたのもこの捏造本が出版されてから出てきたもので信憑性がない」と・・・。

投稿: take | 2006/11/25 15:53

いつもの売国の面々ですね。
坂さんの言われるように、来年の参議院選挙では、民主党や社民党に鉄槌を下さなくてはならんですね。

投稿: ナルト | 2006/11/25 16:47

従軍慰安婦などの事を論ずる前に,彼女達はただで行為をしていたのか?という大きな命題があります。
しっかりとお金を貯めていたという証言もあります。

投稿: tatsujin | 2006/11/25 18:30

売春は当時は合法でしたが、それでも労働条件が気に入らないまま我慢したり、今になって売春したことを後悔しているケースはあるのでしょう。解決すべき問題があるなら日本政府に訴えるより、売春宿の経営者や雇用主、人身売買業者を探し出した方が理にかなっていると思います。それをしないのはやっぱり日本政府を攻撃するのが目的だからでしょうね。いまだに日本軍に連行されレイプされ慰安婦にされた「従軍慰安婦」ストーリーを信じている、又は信じる振りをしている政治家がたくさんいるなんて驚きです。

投稿: mermaid | 2006/11/25 18:34

コイズミの出てくる前に、自浄能力の無い自民に対抗する勢力として

一時期でも期待した、当時の自分の見識に赤面を感じる。

投稿: 彰 | 2006/11/25 18:50

民主党の皆さん

本法案は、関係諸国民とわが国民との信頼関係の醸成を図るためもの、のようですが、せっかくやるのであれば、韓国の政党とも連帯して、
韓国に対して、朝鮮戦争当時の韓国軍の慰安婦問題も追及したら如何でしょうか。
また皆さんが本当に補償するべきと思うのなら、慰安婦の大半を占めていた日本人慰安婦にも補償するべきでしょう。

投稿: piacere | 2006/11/26 08:56

今とは根本的な部分が違っていたことがあります、それは‥‥

今とはセックスに対する考え方が、とくに田舎で大きく違っていたということ。はっきりいえば「おおらか」だったということです。

例証のひとつが戦後間もなく起こった「津山32人殺し」(ピンと来た方もいると思うが、後に「八つ墓村」で横溝正史が取り上げている)事件です。この事件の主犯は、その動機のひとつとして、「夜這い」で関係を持った在郷の女の一人が、主犯が結核と分かった途端、「強姦罪で訴える」と主犯を脅していたということのようです。つまり、戦後であっても一時期までは地方特に田舎では「夜這い」は当たり前の習俗であったことが伺えます。

それがまるで戦前は「処女性」がキリスト教の国々のように日本国内(当時のことですから台湾、南樺太、朝鮮含む)で重んじられていたのを、軍が強制的に「破壊」した、だから怪しからんというのが「女性議員」たちの思考回路なのでしょうが、それは「嗜好」回路でしかなく、自らの不勉強をさらけ出しているだけ。そういえば皇位継承問題で民主党の小宮山議員(元NHK)が「欧米では女王も当たり前」と言っていたが、その欧米の根幹思想のキリスト教の聖典「新約聖書」では、イエスキリストがユダヤのダビデ王家の「直系男系男子」であることを事細かに明示している。こんなことも知らないで「女王も当たり前」などと平然と抜かすところが不勉強を露呈している。

投稿: のらくろ | 2006/11/26 23:03

>社民党を中心とする左翼の人たちについていつも感じることは、
>国と国民を必ず対立するものとしてとらえているということ。
>「国=悪、国民=善」「国=強者、国民=弱者」といった固定
>された対立軸とでも申しましょうか。

彼らの思想的バックボーンの社会主義・共産主義そのものが、
言ってみれば野望勢力が既存の体制を破壊して自分達が権力の
座に着くための国家解体マニュアルみたいなもんですからね。
大衆を自分達の尖兵とするべく、祖国、社会、既存の価値観を
否定し敵愾心を煽る。
国家が国民の集合体である以上、基本的な考え方が反国家的な人が
増えると、政治が無責任になるのは当然です。

投稿: 小沢民 | 2006/11/27 08:45

このエントリーはとても重要だと思います。
できるだけ多くの日本人の目に触れるように、来年の参院選までに、定期的に再アップしていただけないでしょうか?

日本人でありながら、しかも責任ある政治家でありながら、史実をきちんと調査することなく、まったくの虚偽や歪曲を海外にまで喧伝しようとする連中の意図は何なのでしょう?
日本と日本人を貶める連中など国会から排除すべきです。
あんな連中の議員報酬にも血税が使われてしまう。
許してはならないことです。

投稿: 通りすがりの者 | 2006/11/27 09:36

毎度毎度、、こっちこそ国家侮辱罪で訴えたいくらいです。

しかし民主党とは名ばかりで実態は反日組織集団ということが日増しに明らかになってきますね。広く国民に周知させましょう。
それにしても党のマジョリティがこの手合いとは、本気で政権を担うつもりがあるのでしょうか。次の内閣とか自分達で勝手に役職をつけるあたり、ママゴト遊びかオーム真理教を見ているみたいで気味悪いです。

民主党には前原氏や野田氏のような崇高な政治倫理を持った真っ当な「政治家」も少なからずいると思いますが、このようなプロ市民もどきと同衾して平気であればやはり神経を疑います。

投稿: 旅芸人 | 2006/11/27 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12807013

この記事へのトラックバック一覧です: 売国の極み!参院民主党:

» 対馬の『ゴミ問題』から [日出処の民]
左の写真は、我が国と韓国との間にある対馬で大きな問題となっている、漂着ごみの現場です。 この写真は特別な場所を撮影したものではないそうです。 つまり、西岸一帯がこのような現状となっており、以前より大きな問題と... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 20:15

» プロパガンダ貌を止めろ [The Blog of ウラ達ネット]
 ネタ元は依存症の独り言さんの「売国の極み!参院民主党」から。ウソに基づく貌を提出している時点で民主党は疑わしい政党ですといっているようなもの。当然来年夏の参議移�鵑了温融駑舛箸覆襪世蹐Α+ ... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 00:27

» 不当な支配でホンネむき出しの日教組--3億円も投入しての政治闘争 [なめ猫♪]
 前回のエントリーに多くのコメントが寄せられました。皆様有り難うございます。順次コメントさせていただきたいと思います。  さて、今朝の産経新聞にIZAでブログを書いておられる佐々木記者が署名記事を書いてお... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 00:27

« 統一相は北朝鮮マンセー派 | トップページ | めぐみ 引き裂かれた家族の30年 »