« 患者を遺棄する中国の病院 | トップページ | 「総聯と同胞」排除は人権侵害ではない »

2006/11/29

近藤昭一が防衛省案に反対署名活動

教育基本法改正案に続いて、防衛庁の「省」昇格関連法案も成立が確実になったようだ。民主党が採決を行うことに合意したからである。


自民、公明両党と民主党は28日、政府、与党が今国会中の成立を目指してきた防衛庁「省」昇格関連法案について、30日に衆院安全保障委員会と衆院本会議で相次いで
採決を行うことで合意した。これにより同法案は今国会中に成立する見通しとなった。
民主党は29日の「次の内閣」で法案の賛否を決める予定。

自民、公明の与党は28日の衆院安保委理事懇談会で、まず同日中の委員会採決を
提示。民主党など野党側が「審議が不十分だ」として反対したため、新たに30日午前に麻生太郎外相と久間章生防衛庁長官が出席して非核3原則に関する委員会審議を行うことを条件に、30日の法案採決を提案した。共産、社民両党は引き続き反対したが、
民主党は応じる考えを示した。

(後略)

防衛省法案、今国会成立へ 民主党が採決に合意 (共同通信)

-------------------------------------------------------------------

民主党は、審議拒否戦術をとることで両法案の時間切れ―廃案を狙っていたが、もともとこの戦術には無理があった。
教育基本法改正に関しては自らも対案を出しているし、防衛庁の「省」昇格についても小沢一郎代表や鳩山由紀夫幹事長はもともと賛成だったからだ。

ところが、ついこの間までの民主党は、沖縄県知事選の全野党共闘を優先するあまり、審議拒否―廃案という戦術をとってきた。
こんな党利党略的なやり方がいつまでも通用するわけがない。
そこで民主党は、沖縄県知事選で敗北したことを奇貨として審議に復帰―与党の多数決による法案成立―という流れが一気に加速された。

そもそも、日米同盟を否定し、自衛隊を認めない共産党や社民党と共闘すること事態が異常である。少なくとも民主党は、日米同盟と自衛隊の存在をわが国の安全保障の
前提にしているからだ。

まあ、民主党は与党案に反対するのであろうが、それは野党としての面子(めんつ)であって、審議復帰は両法案の成立を実質的に容認したと受けとめてよいだろう。

が、である。
やはり民主党内の売国勢力が蠢(うごめ)き始めた。
過去のエントリーでも述べたが、民主党内には本来、社民党の看板を掲げたほうがふさわしい勢力が存在する。

この勢力は反米・反自衛隊で、親中国・親北朝鮮である。にもかかわらず、社民党では選挙を戦えないので民主党を名乗っている。
沖縄県知事選で極左の糸数慶子氏を積極的に推したのもこの連中だ。

-------------------------------------------------------------------


防衛庁の「省」昇格法案に反対する民主党の有志議員は27日、党所属全議員に
「反対」を呼び掛ける署名活動を始めた。(1)自衛隊の「本来業務」の範囲が不明確(2)麻生太郎外相の核保有発言が国内外に不安を醸成している(3)防衛施設庁の官製談合の真相解明が不十分――などを理由に「省昇格は現時点では慎重に考えるべきだ」と訴えている。

同党は法案について「条件付き賛成」の方向で党内調整を進めており、「反対」派が
採決時の造反覚悟で突き進むかどうかが注目される。呼び掛け人は平岡秀夫、近藤昭一両氏ら党内左派の中堅・若手でつくる「リベラルの会」に属する衆参両院議員16人。

同日の党外務防衛部門会議では「次の内閣」の笹木竜三防衛担当が条件付き賛成案を説明。前原誠司前代表は省昇格には賛成の意向を示したものの、自衛隊の海外活動を本来業務に格上げする自衛隊法改正に関しては「イラク派遣を本来業務から除外する条件に与党が応じないなら反対するのが筋だ」と述べた。

「防衛省」昇格反対、民主有志が署名活動 (日本経済新聞)

-------------------------------------------------------------------

正直言って「また近藤昭一か!」という感じである。

この手の議員の発想は「民主党左派」とか「リベラル」という表現より、「旧社会党左派」=「社民党」と言ったほうがピッタリである。
一方で「対米追随」とか「戦前への回帰」と政府を批判し、他方で「日中友好」とか「北朝鮮には対話で」と言う。そして「決めの文句」は「憲法9条を護れ」である。

連中は、まったく現実を見ようとせず、観念的な平和論を語る。頭の中では「米国は悪」で「中国は善」―もうどうしようもない。
どうせなら「採決時の造反覚悟」で突き進んでほしいね。社民党や共産党と手を携えて。
ところが、そこまではできないんだよな、この連中は。根が「日和見」だから。
で、労組依存をますます強めている小沢執行部は、こういう「反米・反日」議員を斬れない。

麻生太郎外相の核保有発言が国内外に不安を醸成している、防衛施設庁の官製談合の真相解明が不十分―これらと防衛庁の「省」昇格に何の関係があるのだ???
もう「反対」のためなら何でも理屈をくっつける。

「反米・反日」議員を斬らない限り、民主党に未来はない!!!

-------------------------------------------------------------------

参照:【リベラルの会】

(基本的な考え方)

1.憲法第9条の精神を世界に広め、活かしていきます。自衛隊は専守防衛に徹し、一部の国を敵国扱いすることとなる集団的自衛権は行使せず、国連を中心とした集団的安全保障の確立を目指します。国連改革を推し進め、新しい国連の下、積極的に世界平和の構築に取組むとともに、北東アジアの平和と安全の為にイニシャティブを執っていきます。

2.真に自立した市民一人一人が政治に参加することのできる「市民に開かれた政治」を目指します。そして、「市民に開かれた政治」の中で、社会的立場の弱い人を含む
あらゆる人が、安心して自由に暮らしていける社会の実現を目指します。

(世話人)
【衆院】石毛えい子(落)、稲見哲男(落)、生方幸夫(落)、大出彰(落)、川内博史、
小林千代美(落)、今野 東(辞)、近藤昭一、島田久(落)、辻恵(落)、中川治(落)、楢崎欣弥(落)、西村智奈美、平岡秀夫、藤田一枝(落)、本多平直(落)、松野信夫(落)、水島弘子(落)
【参院】梁瀬進、白真勲、藤末 健三
(落)は2005年の衆院選で落選。(辞)は選挙違反で辞職

上記は結成時の主要メンバー(世話人)だが、衆院議員18名中、2005年の選挙でなんと14名が落選(辞職を含む)。
今現在、衆参合わせて16人というから、まだまだあなどれない。が、衆院における左派の勢力が弱まっているのは間違いない。
現職議員はもちろん、落選議員も全員、次期選挙での復活を目指しているようであるから、その当選を断固阻止しよう!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

|

« 患者を遺棄する中国の病院 | トップページ | 「総聯と同胞」排除は人権侵害ではない »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

近藤昭一事務所電話に出ません。

北に恩義があるのかな?だから防衛省法案に反対しているのか聞きたかったのに。

投稿: J。J | 2006/11/29 14:28

>衆参合わせて16人

わかりやすいですね。この防衛省法案を契機に、いっそ社民党へ移ってもらったら良いかもしれないですね。やはり、政治信条を一つにする人たちは同じ屋根の下での活動を。

>麻生太郎外相の核保有発言が国内外に不安を醸成している

「核保有」発言なんかしましたっけ?
前原議員のHPに行けば、二人で普通に安全保障を議論している外務委員会の議事録が掲載されていますよ。何も問題ありません。

http://www.maehara21.com/gijiroku/2006/10/27.html

投稿: ゆみこ | 2006/11/29 14:58

 本当に、民主のガンいや社会のガンですね。

投稿: パパイヤ | 2006/11/29 17:04

「リベラルの会」と云うのが笑って仕舞います。素直に「反日議員の会」の方がすっきりしますね、議員紹介で自民党には「元@派」と紹介されて居ます、民主党も「元@党」と、もう少し親切に記載して欲しいものです、そして次回には全員落選を!。

投稿: 猪 | 2006/11/29 18:28

中国と、北朝鮮が軍事力を強化しているのなら、
日本も軍事力を強化すべし!

ミリタリーパランスの不均衡は戦争をもたらす。

投稿: アースウォーカー | 2006/11/29 18:47

近藤昭一なる人物どんな輩かと検索すると、つれづれ日記なるブログがあった。
http://www.kon-chan.org/contents/diary_cont.php

ろくなことの書いていないのだろうと目を通していたら、どうしようなもないやつであることがよく分かった。

> 私が留学した25年前は、中国製の「上海」、日本からのトヨタ「クラウン」がわずかに出るだけで、土曜日には、タクシーを待つのに長蛇の列をつくり、個人所有の車など、なかった時代からの変化は相当に大きい。

中国に留学したときに洗脳されたらしい。自分のことのように喜んでいる。

>唐先生は、我々の懇談会の中身も、お聞きになっていたのか、ずい分と配慮のいきとどいた発言をされ、私は驚きを隠せなかった。ただし、それは一方で、中国の余裕を感じさせる発言でもあり、中米関係が緊張したとき、日本の真の外交が問われる気もした。

中国についてはなんでもよく見えるらしい。本人もうれしそう
彼のイメージしている「真の外交」とは一体・・

>沖縄知事選挙が始まった。勝ってほしい候補者はたくさんいるが、糸数けいこさんの勝利の意味は別格である。何としても勝って欲しい。

北朝鮮つながりで熱烈カップルのようである。

>現在の教育基本法が問題の根本ではない。問題があるとしたら、子どもの権利条約を批准しているにもかかわらず、高等教育の国費負担や日本に住む外国の子どもたちへの教育の機会を保証していないことのはずである。

なんか不気味なことをさらりと言っている・・・

ようは中国はよくと日本が悪い、それだけ言いたいようである。

投稿: radical | 2006/11/29 19:17

 国会議員の中に国交の無い国とのパイプを有する議員が居ることは、情報を入手するために必要な面もあり、一概に否定できないものです。
 しかしながら、そのような外国とのパイプを有する議員が、日本の国会議員であり日本国民に責任を負っていることを忘れ、対象国を擁護することに血道をあげる姿は異様としか言い様がありません。
 予想とおりとは言え、防衛庁の省昇格への反対姿勢は、日本の独立の維持、国民の安全確保に責任を有する議員として自覚が感じられません。
 民主党の近藤昭一議員は、このような意味で議員として不適格であると思います。議員であること自体に疑問を感じます。

投稿: 基準点 | 2006/11/29 21:07

この手のグループは、日本国内に対しては、既に存在する憲法9条の保持を強硬に主張するが、外国の政権に対して(中国・韓国などに)同じ平和憲法の条項を持ちましょう、などとアピールしているとか申し入れをしている活動をついぞ聞いたことがありませんね。それ程尊い、優れた条項なら、どうして世界中の国々が取り入れようとしないのか?という問いにも、徹底して無反応ですね。

それにしても、この問題もまた、マスゴミは見事に無視ですか・・・余程都合が悪いのでしょうね。 あのタウンミーティングやらせ問題に比べても、大きなニュースな筈なんですがね。報道できないことこそ、マスゴミが自ら在日朝鮮人擁護の偏向報道を認めているに他ならないですね。笑えます。

投稿: 茗荷 | 2006/11/30 02:16

防衛省法案は本日衆議院本会議にて賛成多数で可決されました。

しかし、なぜ「国防省」とは言えないのか?

投稿: のらくろ | 2006/11/30 23:14

名古屋市天白区民な私にとってはつらいなぁ。
ミンスや共産が強いのは中日新聞オンリーな地域なのが関係してるんだろうなぁ。

投稿: seri | 2006/12/01 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12862841

この記事へのトラックバック一覧です: 近藤昭一が防衛省案に反対署名活動:

» 国賊議員、近藤昭一が反対する防衛省昇格法案が衆院通過の見通し [nihondanji 2.0]
防衛省昇格法案が30日にも衆院を通過する見通しとの事。 ちなみに、朝鮮総連に衆議院議員会館の貸し出しの便宜を図っていた 近藤昭一 が所属する、民主党有志議員が結成する「 リベラルの会 」は、本法案に反対しています。 ------------ 「防衛省」昇格反対、民主有志が署名活動 防衛庁の「省」昇格法案に反対する民主党の有志議員は27日、党所属全議員に「反対」を呼び掛ける署名活動を始めた。(1)自衛隊の「本来業務」の範囲が不明確(2)麻生太郎外相の核保有発言が国内外に不安を醸成している(3)防衛施設... [続きを読む]

受信: 2006/11/29 11:55

» 郵政民営化に反対とは言ってない。日本は一度潰れた方が良いのかもしれない [勝手なニュース]
郵政民営化に反対とは言ってない。 ('A`)・・・・・ [続きを読む]

受信: 2006/11/29 21:43

» 韓国に釣られてみた。ゝ( ゚∀゚)メ(゚∀゚ )ノ [日出処の民]
本日は、ちょっと韓国に釣られてみました。(笑 彼らのようにファビョってみようかと頑張ったのですが、 なかなか難しい。 どうしたらあんなにファビョれるんでしょ? [続きを読む]

受信: 2006/11/29 23:12

» 「多核三原則」を提唱する…防衛省誕生カウントダウン [東アジア黙示録  ]
来年初めに防衛省・防衛大臣が誕生することが決定的になった。その中、民主党は政権構想で集団自衛権を一部容認。小沢民主党が消沈する今こそ「非核三原則」を突き崩す時だ。 [続きを読む]

受信: 2006/11/30 01:24

» 言霊に囚われる売国奴 [ステイメンの雑記帖]
 沖縄知事選敗北を受け左傾化進行中だった民主党がちょっち方針転換を行い防衛庁の「省」昇格関連法案に賛成したため、本日ようやく法案が衆院を通過した。  この法案は防衛庁を内閣府の外局から省に移行させるとともに、徐... [続きを読む]

受信: 2006/12/01 21:47

» ★反日議員 民主党の近藤昭一を落選させよう! その2 &名古屋市裏金問題 平針駅前編 [草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★]
先日、速報版としてお伝えした [続きを読む]

受信: 2008/10/16 15:10

» ★反日議員 民主党の近藤昭一を落選させよう! その3 名古屋市裏金問題 植田駅前編 [草莽崛起 ★日本の学校で教えられる近代史は嘘です★]
先日書いた [続きを読む]

受信: 2008/10/17 09:43

« 患者を遺棄する中国の病院 | トップページ | 「総聯と同胞」排除は人権侵害ではない »