« 傷ついた13億の国民感情はどこに消えた? | トップページ | “欲”の文化の典型―王毅・中国大使 »

2006/11/22

やっぱり盧武鉉は“狂っている”

我らの盧武鉉くんが、また大爆笑発言をしている。
発言は、ノサモ(盧武鉉を愛する人たちの会)のメンバーが、今年8月27日に青瓦台(大統領府)で盧武鉉くんと面談した際のもので、うち一人が彼の発言内容をひそかに録音していた。
以下は、その流出した録音テープの再現である。


わたしたちの社会で、人をむやみに殴って、相手から“どうして殴るのか”と抗議されれば“何をゴチャゴチャ抜かすんだ”と言ってのけるような集団がまだ残っている。それがまさに韓国の政界とマスコミだ。先の大統領選の際、(マスコミの)集中砲火を耐え抜いたが、同じことを今度はわたしがやってみようかと思う。今いろいろ頭をひねって考えている。

退任した後も手加減はしないだろう。わたしが大統領を務めている間にも、386世代(1990年代に30歳代で80年代に大学に通った60年代生まれの世代)や“ノサモ”の皆さんが迫害に遭っている。われわれがメディアを持っていないためだ。われわれが持つメディアは小銃や単発銃のようなものだが、連中は 1分間に数千発ずつ命中させられる機関銃を持ち、弾もたくさん詰めているようなものだ。386世代が社会の主流でいる限り、韓国社会は健康で道徳的な社会であり続けるだろう。

わたしが386世代を要職に起用することだけでも、爆弾のように非難を浴びせられるので、“ノサモ”の皆さんとお会いして、青瓦台でサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)を食べることすら憚られ、いまだにできずにいる。もう少し余裕ができれば、この中(青瓦台)で会食したいし、退任までにその機会がなければ、わたしの故郷に広い庭を造って、そこで会食を楽しめるようにしたい。

退任後には故郷に大きな家を建てようと思っているが、そこには“盧武鉉大統領記念館”ができることだろう。その館内の3分の2は“ノサモ”に関する記録で埋め尽くすことになるだろう。わたしの任期中に実現した良いことがあるとすれば、それは“ノサモ革命”の結果だろう。

盧大統領「386が主流である限り韓国社会は健康」 (朝鮮日報)

-------------------------------------------------------------------

ノサモ(盧武鉉を愛する人たちの会)のメンバーが、盧武鉉くんの発言を録音した意図も、なぜそれが流出したのかも分からない。
今のところ分かっているのは、盧武鉉くんはやっぱり“狂っている”ということだ(爆笑)

盧武鉉くんと面談したノサモの代表(当時)は、女性詩人の盧恵京(ノ・ヘギョン)氏である。盧恵京氏と言えば、今年5月に起きた野党ハンナラ党の朴槿恵(パク・クンヘ)代表(当時)襲撃事件の時、
「朴代表襲撃事件は、故朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領を憎悪する人々が行ったこと。特定の保守的なマスコミが同事件を政治的問題化している」
「朴代表という記号は21世紀のものではなく、朴元大統領の悪夢と重なる旧時代の生きている幽霊」
「整形手術の実力が世界一の韓国。最初は17針を縫ったとしたが、(後ほど)60針を縫ったとしている。美容整形手術もしたもよう」
などと発言し、物議をかもした人物である。

この盧恵京氏の発言の裏に隠されているのは、まさに過激派の思想である。つまり、権力者(抑圧者)に対する民衆の暴力(テロ)は肯定される、という。
ここにおいては、人間としての倫理観よりも党派的イデオロギーの方が優先されている。盧恵京氏は、思想・信条が違う相手はもう同じ人間とは思っていない。だからこういう発言が平然とできる。
政敵の不幸に祝杯を挙げる―これは民主主義からかけ離れた、人間を敵と味方に二分してしまう左翼全体主義の思想そのものである。

このような過激思想の持ち主こそが、まさに、いわゆる386世代の典型なのだが、盧武鉉くんはノサモのメンバーに向かって「386世代が社会の主流でいる限り、韓国社会は健康で道徳的な社会であり続けるだろう」と言うのだから、もうあきれるしかない。
386世代の典型・盧恵京氏の思想のどこが「健康で道徳的」なのだ???

-------------------------------------------------------------------

「わたしたちの社会で、人をむやみに殴って、相手から“どうして殴るのか”と抗議されれば“何をゴチャゴチャ抜かすんだ”と言ってのけるような集団がまだ残っている」
盧武鉉くんに言わせると、このゴロツキのような連中は野党とメディア(特に3大紙)のことで、これに対し次のような仕返しをするそうだ。
「同じことを今度はわたしがやってみようかと思う。今いろいろ頭をひねって考えている」

もう何と言ったらいいのか、うまく表現する言葉が見つからない。読者の皆さんも同じではないか。
まあ、盧武鉉くんのゆがんだ頭では、「いろいろ頭をひねって」も出てくるアイデアは知れているだろうが(笑)

しかし「退任後には故郷に大きな家を建てようと思っているが、そこには“盧武鉉大統領記念館”ができることだろう」と言うに至っては、もう自信過剰というか、うぬぼれというか、大きな勘違いというか、バカというか(爆笑)

記念館???
もう「?マーク」が無限大につきそうである(大爆笑)

「わたしの任期中に実現した良いことがあるとすれば、それは“ノサモ革命”の結果だろう」だって(笑)
韓国を故障させた“欠陥商品”のくせに「よく言うよ!」といったところだろうか。
“ノサモ革命”の結果、韓国は政治、経済ともに確実にダメになった。数少ない成果は、北朝鮮の核実験をアシストできたことと、北朝鮮に「南朝鮮革命は既に完了した」と言わしめたことくらいか(笑)

こんな大統領を戴く韓国民も哀れだが、これも、盧武鉉くんを大統領に選んだ自分たちの責任であるから自業自得というしかない。
もう可笑(おか)しくって、これ以上コメントできない、あしからず。

やっぱり盧武鉉は“狂っている”

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

|

« 傷ついた13億の国民感情はどこに消えた? | トップページ | “欲”の文化の典型―王毅・中国大使 »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

 ノ・ムヒョン記念館ですか、出来たとして、中には何を展示するつもりだろうか、彼が大統領として残した足跡を韓国国民がどう思っているのか、是非知りたいところだが、先ず出来ないでしょう。

 朝鮮族の国の伝統から言って、王朝交代時には血腥い事件がツキモノです、大統領と専制政治の独裁者との区別が怪しい朝鮮族ですから、彼はこの人生の大峠を乗り越えねばならないプレッシャーをきっと感じているに違いない、現に過去に就任した6人の大統領(李承晩、朴正熈、全斗煥、櫨泰愚、金ヨンサン、金大中)の内、3人が死刑判決経験者で、1人は現実に暗殺されて居ますし、残る2人も賄賂や汚職で追及され、一人は国外逃亡して客死していますから、2年後の任期切れに向けて、戦々恐々なのが本音でしょう。

 お笑い大統領を楽しめるのも後2年を切った様ですね。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2006/11/22 13:38

退任後は平壌にでも記念館を建てるのでしょう。。。w

投稿: | 2006/11/22 16:15

ノムくんの言うことを取り上げて批判してもぜんぜん新鮮さを感じられない。
それより、賭けをしませんか。
 1.ノム君の支持率が10%を切る日はいつか。
   これは早くやらないと今日にもケリが付いてしまう。
   その場合は、5%を切るときに変更
 2.辞めるまでの最低支持率はいくらか
 3.辞めた後で告発されるときの罪名はなにか

3つとも当たった人には韓国旅行1週間を進呈。

投稿: 無感動老人 | 2006/11/22 17:24

韓国が左翼全体主義でもって国を統治し、北朝鮮に協力し、日本に敵対する行動をとるのであれば、日本は安倍民主主義の鉄槌でもって韓国を監視管理しなければなりません。韓国は極左全体主義北朝鮮、一党独裁共産主義国家北朝鮮に融和したり、積極的にこれらを支援したりするということは、韓国は国際社会や民主主義に反することをしているので、これには何らかの制裁を加えなければなりません。また、韓国は日本を仮想敵国として、f-15kなどの最新鋭の戦闘機を導入しているらしいので、日本が槍玉に挙げられているらしいので、日本は韓国軍シナ軍北朝鮮軍の3軍を同時に相手にして勝てる能力を身につけるために、国防軍の創設や陸海空の戦力の増強、核兵器の保有とそれを行使するだけの政治力の発揮が日本に課せられている重要事項だと思います。願わくば、生まれ変わった日本が韓国が侵略する竹島やシナが略奪する尖閣諸島や露助の強奪した北方領土を奪還して、日本の国力を内外に堂々と披露して、日本の強さを示して欲しいと思います。

投稿: JFS | 2006/11/22 18:11

北朝鮮に「亡命」申請するんじゃ無いでしょうか?金正日も大きな邸宅を約束して呉れる。しかし後3年間、「金正日」様が生き永らえて居ると仮定すればの話、ノさん「迎賓館」で観光の目玉商品に成ってるんじゃ無いでしょうか、高句麗の歴史を観光客に披露したりしながら、日本とアメリカを非難しているのが似合うと思いますよ。
今でも過去形で表現するしか表現方法が見つかりません、他国の大統領ながら「偉い大統領」でしたね。w~

投稿: 猪 | 2006/11/22 18:14

こんな発言をする人を大統領なんて、隣国が哀れでなりません。
そもそも羞恥心の概念のない人々なんでしょうね。こっちは読んでいて恥ずかしくなりました。

投稿: ぱとり夫 | 2006/11/22 18:58

カーター、クリントンのように 生き恥をさらす金大中、盧武鉉コンビを眺めるのも一興かと思います。生きた化石ならぬ生きている欠陥商品として。
 長生きすればするほど評判を落とす、正常な人間からするとまさに生き地獄ではないかとも思われるそんな状況も 当人達にとっては「カエルの面に小便」。この村山元総理的能天気に 人間の業の深さを想って身震いしてしまいます。 

投稿: 武井 | 2006/11/22 20:47

こんばんわ、下沢司と申します。
ノムヒョンが大統領とは、韓国の人は気の毒な感じがしてきました。

確かに、ノムヒョンは狂ってる!!!

投稿: ブサイクが美人を口説く技術 | 2006/11/23 02:15

洋服の青山でもお買い上げのお客様を「ソウルの旅」ご招待を謳ってますが、、、、これは罰ゲームですか!!

ノムタンは終の棲家を整えるなら、是非にも「刑務所の改革」を行うべきですね、間違いなく「其処が終の棲家」ですから、、、

投稿: ざんぶろんぞ | 2006/11/23 09:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12770022

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり盧武鉉は“狂っている”:

» 愚か者ろぶげん [國粋主義者のひとりごと]
盧武鉉(ろぶげんw)大統領は20日、カンボジアで現地在住の南朝鮮人らと懇談会を持った際、「われわれはかつて植民地支配を受け、その後内戦まで行うという波乱の道を歩んできたが、今ではさまざまな国を助けている」と語り、... [続きを読む]

受信: 2006/11/22 14:31

» WSJ「6カ国協議のカギは日本が握っている。らしい [勝手なニュース]
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=81993&servcode=500&sectcode=500 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議が再開されれば、協議の成敗を決めるカギは日本が握っていると、ランド研究所の国際経済... [続きを読む]

受信: 2006/11/22 20:16

» 日本版NSCについて一考 [日出処の民]
もうすでにネットにおいても、いろいろと議論され尽くされている感はありますが、 今日は産経新聞社の社説を読み、日本版NSC(国家安全保障会議)について、私なりの主張を書いてみようと思い立ちました。 寛容な心で、「た... [続きを読む]

受信: 2006/11/22 23:20

» 盧武鉉大統領が官製革命を示唆? [脳内新聞(ブログ版)]
 ノサモ(盧武鉉を愛する人たちの会)のメンバーが、今年8月27日に青瓦台(大統領府)で盧武鉉大統領と面談した際に録音したテープが流出した。その中で大統領が官製革命を示唆する発言をした事が大きな問題となっている。... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 16:34

« 傷ついた13億の国民感情はどこに消えた? | トップページ | “欲”の文化の典型―王毅・中国大使 »