« ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録―プロローグ | トップページ | 東亜日報で紹介された“ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録” »

2007/01/30

わかっていない事務総長

韓国の前外相で国連事務総長に就任したばかりの潘基文氏が韓国人ならではの勘違い発言を発している。
潘氏はソウル大学卒業後、ハーバード大学の大学院にも留学したことのあるエリート外務官僚の出だが、やはり韓国人ゆえのゆがんだ歴史認識から逃れられない。

以下の記事を読んでもらいたい。
30日付の韓国・中央日報の報じたものである。


潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が内戦などで疲弊したアフリカ各国の首脳が集まった席で、韓国の経済成功事例を学ぶことを促した。

潘総長は29日、エチオピアのアディスアベバで開かれたアフリカ連合(AU)首脳会議に出席、自分の体験を紹介してこのように主張した。

基調演説で「韓国での幼いころの経験から戦争がどんなに人間の崇高な生や繁栄の機会を奪い取ってしまうものなのかよく知っている」とし「幼いころお婆さんたちが古物をあさり、子供が栄養失調と汚染された水に苦しみ、田畑が枯れていくのを目にした」と打ち明けた。それとともに「その後、韓国国民が団結し、目標意識をもって地域の経済強国で作っていく姿も見た」と明らかにした。また「こうして団結し、目標を持ったおかげで国際社会からの支援が可能だったし、韓国人たちの勇気や決断力を結集することができた。アフリカでもこのように一致団結して目標を果たさなければならない」と力説した。

この日、アフリカ首脳が参加した中で開かれたAU首脳会議は、スーダン、ソマリアなど紛争地域の解決案などを集中論議した。特に潘総長はこの日、バシルスーダン大統領と2カ国会談を開き、スーダン内の最大紛争地域であるダルフールに国連平和維持軍とAU軍で構成された混成部隊を派遣する問題を論議、注目を集めた。しかし両側は、既存の混成部隊派遣の原則のみ再確認し、兵力規模及び派遣時期など具体的合意には失敗した。

これについて潘総長は、ダルフール派兵などについては「特定の時限を決めずになるべく早く派兵するのが目標」と説明した。20万人以上の犠牲者を出したスーダンのダルフール事態をはじめとし、ソマリアなどアフリカ内紛争の解決は潘総長が就任前から行うと言ってきた事業の1つだ。

潘基文総長「アフリカよ、韓国から学べ」 (中央日報)

-------------------------------------------------------------------

潘氏のどこが勘違いなのか?
それは、まず韓国とアフリカの植民地としての歴史の違いである。
次に、先進国クラブと呼ばれるOECD(経済開発協力機構)に加盟できたのが、韓国の独力であると思い込んでいる点だ。

欧米の帝国主義諸国は、自らの都合で植民地の境界線を引いた。したがって、多くのアジア・アフリカ諸国が、民族や言語、文化などの違いを無視されたまま一括りの植民地として統治された過去を持つ。
特にアフリカにおいてその傾向が顕著で、それがいまだに収まることのない国家の内紛―分裂―内戦―という泥沼の事態をもたらしているのである。

欧米帝国主義諸国は旧植民地の独立後も自らの権益をそのまま維持するか、あるいは投下したインフラ資本などを譲り渡す時はその対価を要求したりした。
アラブやアフリカ諸国において資源ナショナリズムが高まり始めたのは、1970年代後半以降のことである。
また、欧米帝国主義諸国は植民地の資源を簒奪するだけではなく、宗主国に都合のよい単一作物を大量に栽培するプランテーション(大規模農園)を経営し、現地住民を奴隷のごとく使役した。

一方の韓国はどうか。
日本帝国主義は朝鮮半島において資源も簒奪せず、教育の普及や衛生環境の改善、農業生産の増進や鉄道などのインフラ整備を推し進めた。その結果、日本の統治下において朝鮮半島の人口は急増(倍増)し、日本の植民地支配は結果として朝鮮半島の近代化をもたらした。
ソウル大学の李栄薫(イ・ヨンフン)教授も「収奪という表現は太平洋戦争末期を除き、被害意識から出てきた言葉だ」とし、「私たちが植民地時代について知っている韓国人の集団的記憶は多くの場合、作られたもので、教育されたものだ」と指摘している。

また、独立後も日本は韓国に謝罪したうえ、1965年の日韓基本条約において当時の韓国の国家予算を大幅に上回る経済的・財政的援助を約束し実行した。
他方において韓国は、安全保障は全面的に米国に依存してきた。
これが、あの反日・反米主義者である盧武鉉くんをして「韓国は軍事的には米国に、経済的には日本に依存しすぎ」と言わしめる状況を生み出したのである。

このような歴史的背景を無視して「韓国の経済成功事例を学ぶこと」を促しても、アフリカ諸国にとっては何の参考にもならない。
もちろん、日本の陸軍士官学校を優秀な成績で卒業した朴正煕(パク・チョンヒ)大統領(当時)が実行した開発独裁が、漢江の奇跡(はんがんのきせき)と呼ばれる韓国の高度成長を可能にしたことは事実である。
が、それは米国と日本の全面的バックアップがあって初めて現実のものになったのである。

にもかかわらず、いかにも韓国と韓国人の努力と能力のみで現在の経済的成功を勝ち取ったかのようにアフリカの発展途上の国々を前にして自慢げに能書をたれる。
まさに韓国人、と言ってしまえばそれまでだが、これで国連事務総長だというのだから、もうあきれる。

こんな人物が“国家の顔”と言われるようでは韓国が先進国になることは永遠にない。
断言する!

参照:ソウル大教授「日本による収奪論は作られた神話」 (朝鮮日報)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。

|

« ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録―プロローグ | トップページ | 東亜日報で紹介された“ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録” »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

>こんな人物が“国家の顔”と言われるようでは韓国が先進国になることは永遠にない。
>断言する!

全く同意します、韓国がどうなろうと知ったことではありませんが、このような馬鹿な国連事務総長の下では、アフリカ諸国の問題点を正しく把握し、解決策を策定し、実行するなど夢のまた夢としか言いようがありません。
こんな人物を、推薦し投票した責任者の見識も合わせて責任を取ってもらいたいものです。

投稿: 基準点 | 2007/01/30 21:26

ホントにねえ~。欧米人って実はとんでもないレイシストなんですよね。
戦後、彼らが手のひらを返したように人権とか環境とか言ってるのが信じられない。歴史を見ると究極の偽善者だって事が分かります。

今、インドネシアの本を読んでいますが(インドネシアの人々が証言する日本軍政の真実)、これによるとオランダ植民地時代、町の水泳プールにはいつもこういう看板がかけられていたそうです。
「犬とインドネシア人入るべからず」

アメリカ人の観客が映画「硫黄島の手紙」で日本人が良く描かれていることを「日本帝国陸海軍の暴虐云々」とか何とかといっていますが、よくこんな都合の良い記憶システムを持ってるなあと感動します。
日本がどんな人の道に外れたことをやったっていうんでしょうかね~。

話が逸れましたが、戦後どんな理由からか知りませんが遺伝子レベルまで反日となり、過去を忘れてしまった韓国にはもう完全に見切りをつけています。

長々失礼致しました。

投稿: おれんじ | 2007/01/30 21:46

先日韓国で、さるイベント開催時に、日韓併合時に日本が韓国に設置したポストが残っていたことで大騒ぎになったそうです。
まさに、「郵便ポストが赤いのも、 空のカラスが黒いのも、 全部私が悪いのよ 」の世界(笑)
日韓併合時、日本は韓国に学校を建て、線路を敷き、郵便制度まで導入した。
彼らはこうしたことに感謝するどころか、今でもいまいましくしか思ってない恩知らずの徒なんです。
(※参考) Jan 28, 2007
 「郵便ポストが日帝残滓」と物議
http://plaza.rakuten.co.jp/nwaiwgp/diary/200701280000/

投稿: yuukoku | 2007/01/30 21:48

誰だったかイギリス人の歌手が、日本ももっとアフリカに援助すべきとか言ってましたが、冗談じゃない(援助しないという意味じゃないですよ。実際してますから)。アフリカをずたずたにして、資源をとっていったのはヨーロッパ人であり、労働力としてアフリカから奴隷を仕入れて巨大な経済大国を築いたのはアメリカじゃありませんか。ヨーロッパとアメリカが奪った分を返すのが先ですよね。

アフリカ諸国も、さぞや国家予算と同じくらいの援助をもらいたい、日本みたいな隣国が欲しいと思ったことでしょう、事務総長の話を聞いて。。。

投稿: ゆみこ | 2007/01/30 23:31

>yuukokuさん

そういう人たちです。
日本がすべて悪い悪いといいながら、日本に住み着いたり、日本に来たがったりしている精神がわからん。

韓国がそんなに日本のことが嫌いなら、さっさと断行したらいいのです。

日本も友人を選びたいものです。

投稿: じだん | 2007/01/31 00:36

>誰だったかイギリス人の歌手が、日本ももっとアフリカに援助すべきとか言ってましたが
ロックバンドU2とやらのボノではなかったでしょうか
Wikipediaによるとアイルランド人みたいです
去年来日して安倍首相にアフリカの感染症対策のための援助を要請してたのはニュースでやってましたな
散々アフリカを引っ掻き回して、現在も武器を売って暴利を貪っている欧米諸国がどの口で日本はもっと援助すべきだなどと言えるのか
特定アジアは最凶だが、欧米諸国も汚い所がありますね

投稿: ssk256 | 2007/01/31 08:48

 朝鮮の「植民地時代」という言葉にいつも抵抗を感じる。リットン報告書も述べているように、搾取・収奪を目的とする「植民地」ではなく、持ち出しの含意がある「併合」であり、イングランドがスコットランドを併合した状態に近いと思っている。リットン卿(イギリス人)はそれを知っていたのだ。朝鮮に対する地方交付金は日本本土の地方交付金の4倍に達しており、辺境地を優遇する格差是正策があったのである。日本から朝鮮に渡った日本人は約50万人で、移民・移住であり、それに対し、朝鮮から日本に渡って来た朝鮮人は約200万人であったと聞く。この不適切な「植民地」と日本人が自ら使うのはやめにして貰いたい。

投稿: ぷく | 2007/01/31 09:13

言わせておけばいいでしょう。
ブログ管理人のおっしゃるとおりの内容が、アフリカ諸国にもだんだんと判ってくるでしょうから。
ただ、放置はできないですね。
日本も言うべきことは主張していかないと、やつらの思惑が通りかねない。

投稿: s | 2007/01/31 09:22

韓国の発展の最大理由は何か? と問われたら「日本という大国の隣に位置するからである」と私は答えます。

北西から満州-朝鮮-日本という一連の「大日本帝国の版図」の真ん中に位置する事で基礎的な産業化を達成できました。それを一番解っていたのが朴正煕で、李承晩の「対日敵視政策」では朝鮮時代そのまま(しかも今や半分・・)でいるしか無いと知っていたのです。

さてアフリカ諸国が韓国から学ぶ事は何か?と考えたら、国単位での団結でしょうか。民族単位のそれはアフリカで常に紛争の種となってきた部族民族対立の激化をもたらすしかありませんがね(^^

投稿: ぺパロニ | 2007/01/31 09:40

韓国が朝鮮戦争後発展できたのは、大陸強酸勢力の防波堤として価値があったから。
故に日米の援助を受けられた。

その辺が分かってないからまた事大先を間違えて破滅へ向かっているようですが。

投稿: | 2007/01/31 10:09

自分の国の歴史も知らない人が「国連事務総長」の役職に付く、国連とはいい加減な組合?この組合を維持しているのがアメリカと日本てのも悲しいですね。
この事務総長さんも、せめて「李朝」位は勉強して欲しいものですね、そして1965年の日韓条約締結までは、日本、朝鮮総督府、日本人のインフラ、個人財産を全部受け継ぎながら「世界最貧国」で有った事も認識すべきでしょうね、アフリカの人達もそれだけのインフラと知識を与えられていたら~韓国並には成って居たのではないでしょうか。

投稿: 猪 | 2007/01/31 10:43

今の国連総長を韓国人にしたのは
国連の権威を低下させたい国のシナリオなのではないか・・。
もしそうなら今のところ上手く行きつつあると思う。

投稿: | 2007/01/31 11:15

韓国に学ぶ事?
パクリの技術?
恩を仇で返す事?
ミスは人のせいにする事?
妄想で歴史をでっち上げる事?
他国の文化を盗む事?
他国の領土を実効支配する事?

たしかにいくつかは効果をあげる事ができるかもしれませんね。

投稿: Lonald | 2007/01/31 11:25

 部族間対立が激化しているのに、国連事務総長が国の団結などと精神論をいきなり垂れたところで、安過ぎて意味ないですよ。それを受け入れる下地がないのですから。日本が朝鮮に施したみたいな教育・規範意識・インフラ整備などの基礎力を今度は韓国こそが進んでアフリカに36年間施し伝播したいと言って欲しかったですよね。歴史力のない御仁はしょせん馬鹿を言い馬鹿を行うと云うことではないでしょうか。

投稿: ぷく | 2007/01/31 12:27

日帝残滓って言うけれど、私には彼ら自身が朝鮮「残滓」に見えるのです。と言って、朝鮮国を捨て外地に出て行った人達が皆まともと言う訳でもないようですが。

投稿: 日帝ざんす | 2007/01/31 12:55

 先進国になる前に日本以上の少子化など 深刻な先進国病におかされてしまう国ですから処置なしです。
 国内は、先進国気取りが命取りになりかねない惨状のようです。
 おのれの身の丈さえ計れない勘違い国家が世界で空回りしている姿には、他人事ながら赤面してしまいます。
 みえっぱりにもほどがある。

投稿: エル | 2007/01/31 13:01

こんなこともしようとしています。
    ↓

国連事務総長が軍縮局格下げ提案、日本や途上国は難色

 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は29日、国連事務局の組織再編案として、肥大化した平和維持活動(PKO)局を二つに分割する一方、軍縮局を事務総長直轄の軍縮室に格下げすることを提案した。

 国連総会で今後討議されるが、田中信明軍縮局長を擁する日本や多くの途上国は「軍縮軽視」として提案に難色を示しており、そのまま実現するかどうかは不透明だ。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070130id25.htm

投稿: | 2007/01/31 16:30

はじめまして。

私は今大学で国際政治を中心に学んでいる学生です。
この記事、考えかたの参考になりました。
次の更新もたのしみにしています!

投稿: 大学生 | 2007/01/31 17:09

潘ちゃんの妄言は恐ろしいですね、
これが今後大声で叫び続けられて、既成事実化してしまう恐怖が
少しあります。
「違う」と思うことは声に出して「違う」と言うべきでしょうか。

「あはは、また馬鹿な事言ってるよ」と言ってる間に
嘘や間違いが真実に・・。考えすぎでしょうか・・。
海外では 黙して語らずは認めたも同じ(言った者勝ち)
というイメージがあるので・・。不安です。

ところで、管理人さまの著作が東亜日報で宣伝されてましたねw
原文ハングルなので 訳さないと駄目ですが。。

投稿: 太郎 | 2007/01/31 23:59

まあ、外交、国際交流において
やっぱり正しい歴史認識が必要という事ですね
このまま韓国が歪んだ歴史観を持ち続け、外交を続けると
次々とボロを出す事でしょうな。
なんせ。まとも(?)に外交する事自体最近になってきてからですし。

とは言え多くの日本人も正しい歴史教育が必要ですな・・・
結局、それを知らないからアレな外国人に好き勝手言われて
迂闊に反論できない事多いですし...。

大阪の違法露天商に逆ギレされ、反論できないオバちゃん
を観て悲しくなったモンです。

投稿: df | 2007/02/01 01:11

>誰だったかイギリス人の歌手が、日本ももっとアフリカに援助すべきとか言ってましたが

このニュースですかな

U2のボノ氏、安倍首相にサングラス贈る
http://www.asahi.com/culture/update/1129/019.html

ところが他のニュースでは

ボノが日本の支援を賞賛、安倍首相は「イケてる」
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=topNews&storyid=2006-11-29T190102Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-237891-1.xml&src=rss

【春秋】「美し。美し。日本は美しい」…U2のボノが力強く振り回すのは日の丸の旗
http://search.mimizun.com:82/perl/dattohtml.pl?http://mimizun.com:81/log/2ch/newsplus/news19.2ch.net/newsplus/kako/1165/11656/1165639882.dat

こうゆうニュースをテレビでとりあげないマスコミってなんなんだろう?

投稿: TTT | 2007/02/01 09:35

管理人さま

 巨大掲示板「2ちゃんねる」でも、管理人さんの著書についてスレッドが立っています。辛口な彼らにも、おおむね好評です。

【日韓】 日本の新刊本『ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』ネットで話題[01/31]

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1170251809/

ソース:東亜日報(韓国語)日本新刊‘ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録’
http://www.donga.com/fbin/output?f=total&n=200701310489&top20=1


 御一読を。それと彼らもノ氏の発言をよく知っており、この本では
過激な発言をとりあげていない、と言っているのは世間一般と異なる点でしょう。続編を希望する声も多いようです。ただ内容に比べて表紙がまずい、という声は出てました。次の出版はノ発言の続編?それとも中国編でしょうか、本の装丁も出版社と協議なさってはいかがでしょう。

投稿: 普通の国民 | 2007/02/01 09:52

 韓国国民の儒教的自尊心=ウリナラマンセーを邪魔する、日本による統治・近代への解放という屈辱的な過去の事実が、克服できない位心の底に刻まれている劣等感となって、常に朝鮮族の自尊心を危機に晒してきたのだと思います。

 歴史的な支配者リャンパンの視点でしかモノを見ようとしない彼等にとって、朝鮮族社会に遺された日本的なモノは彼等の云うとおり、新たな社会での抗いがたい大敵であった大日本帝国の残滓でしかないのだろう。

 彼等が渇望している、彼等のウチに真に誇りを築き上げる基となる世界的に輝かしい実績・現実も、常に日本と相対的な形でしか意識されて居ないから、日本が関係しない分野については一流になれない、否、一流を目指そうともしない偏りが有るように感じる。

 アフリカ諸国に対する言説に顕れる、例えば、植民地についての定義における彼等の認識のレベルが如何にも貧しく、一面的な低いレベルに留まってしまうのだろう。


 あらゆる競技に於いて、文化、科学、医学・・様々な分野に於いても、悉く日本を比較の対象とするのは、強烈な日本コンプレックスがある何よりの証拠でしょうから、彼等の先ず克服すべきは、彼等のウチにある自らのコンプレックスなのです、コンプレックスは、自ら実績を造り、世界に認められる事で自信を持つ事が早道ですが、目先の競争心だけを燃え立たせている中学生レベルの認識だから、対日問題に限らず、アホらしい話しが延々と続くのだと思います。

 本当に輝かしい実績を上げたいのなら、昭和40年代に、朴大統領が日本からの「協力金」で建設し、日本の技術指導の下、見事開場させた韓国初の浦項製鋼所で見せた「日本人に出来て、朝鮮人に出来ないことはない」とのかけ声で示した、朝鮮族の頑張り、民族の意地を、素直な形で示し続ければ良いダケの話しでしょう、それが朝鮮族に必要とされる本当の命題「克日」を達成する、唯一の途だと思います。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007/02/01 10:11

”隣に日本があれば、どんな国だって発展する”って言ったのはインドネシアの偉い人でしたね。

投稿: みー | 2007/02/01 11:11

管理人様、初めまして。
いつも楽しく拝読させていただいております。

米欄の皆様方、U2のボノについての話が出ておりますが
彼を信用しないほうがいいですよ。

元々U2はアイルランドの版権会社に自らの権利の管理をさせていました
というのもアイルランドは楽曲等を作ったときにかかる税金が非常に低額だからです
理由は若いアーティストの才能をつぶさない為ということみたいですが
これが最近、資産に余裕のある大物も
一律同じ税額にする必要はないとの意見が出てきたため
年収が(確か)50万ユーロ以上の人からは普通に税金をとろうということになりました
ところが、コレが決まった直後U2は版権管理会社を
より税金の安いオランダに移してしまいました。

つまり彼は母国にキチンと税を納めることをしないのに
他の国には援助しろなどとえらそうなことを言ってきているのです
間違いなく完全な偽善者です

以下ソースです
http://www.slate.com/id/2152580/

管理人様投稿内容とは違うコメント申し訳ありませんでした。

投稿: k | 2007/02/01 14:25

東亜日報に載ったようです。
ホルホルしてるようですよ。
おめでとうございます。
ttp://www.donga.com/fbin/output?f=total&n=200701310489&top20=1

投稿: 田舎人 | 2007/02/01 14:28

外交の世界において,自国を賛美するのは至極当たり前のことだと思います.たとえ国連事務総長であっても,たとえ史実をねじ負けたとしても...いつも,このブログの内容の充実度には感服しておりますが,今回の記事は,多少偏見が入り込んでいるように読めました.もちろん,潘氏の国連事務総長としての実力はこれから見えてくると思うので,坂様の書かれたように,「こんな人物が“国家の顔”」程度の人かもしれませんが,この件だけでこのように判断するのは違和感を感じました.

投稿: hana | 2007/02/01 20:41

エントリーと無関係なコメントで恐縮ですが、U2のボノの話題が出ていたので、私もカキコさせて頂きます。

U2のボノとライブ8の深層が紹介されたブログがあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/kawamurakent/diary/200506200000/

在日ドイツ人ホルガーさんも、ノーベル平和賞受賞者のマザー・テレサの実態も書いてます。
http://www.hpo.net/users/hhhptdai/motherteresa.htm

とかく日本人はアフリカでボランティア活動をする欧米人を聖人視しますが、正体は胡散臭い連中が多いのです。

投稿: mugi | 2007/02/02 21:47

ここ数年で、これまで国連に対して覚えていた、ある種の奇妙な幻想(妙に小綺麗なイメージ)が抜けつつあります。そのせいか、新たな事務総長の就任およびその公私(国際と自国)を混同した言動にもそれほど驚いていないというか、妙に納得してしまうと言うか……。

なので、新事務総長はある意味、国連のイメージキャラにピッタリじゃないかと思えるほどですw

投稿: nk | 2007/02/04 00:58

初めまして、よろしくお願いします。

 かつてTBSで放送されていた「ここがヘンだよ日本人」という番組を覚えているでしょうか?その中で、日本が韓国に謝罪したことを取り上げた際、ベナン出身のゾマホン氏が「人間の歴史で一番素晴らしいことをしたのは日本です。日本は韓国に対し35年の植民地支配、欧米は黒人に対して400年の奴隷貿易と300年の植民地政策をしたが、一度も黒人に謝罪したことがない。だから日本は素晴らしい」と日本が韓国に対して植民地支配を謝罪したことを賞賛していました。
 中国人や韓国人が日本の歴史認識に対する苦言に対しゾマホンは、それは過去に黒人が受けた苦難の歴史と比べたらたいしたことがないと反論し激論となりました。
 でも、悪いことは1回でも100回でも同じと韓国人は言ってましたが、そうかもしれませんね。日本が韓国を植民地支配したときに韓国人に対して行った行為、欧米がアフリカを植民地支配および搾取した行為(多分まだ経済面で未だ欧米に搾取されているかも)、さらには第2次大戦中ナチス・ドイツが周辺国やユダヤ人に対して行った行為など諸々です。まあ日本も韓国や中国、アジア諸国に酷いことをしたかもしれませんが、ヨーロッパ列強はそれ以上にアジア、アフリカに酷いことをしてきたけどね。前者は何回も謝罪した。しかし後者は一度も謝罪していない。日本とヨーロッパ列強ではまったく違うからでしょうか?

投稿: フレディ | 2007/04/26 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/13717552

この記事へのトラックバック一覧です: わかっていない事務総長:

» 軍縮局格下げについて。 [毒吐き]
誰か書くだろうと思ってたけど、誰も書かないので一筆。 まずは、下の読売の記事を一読あれ。 引用 ー読売 *************************** 国連事務総長が軍縮局格下げ提案、日本や途上国は難色 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070130id25.htm 【ニューヨーク=白川義和】国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は29日、国連事務局の組織再編案として、肥大化した平和維持活動(PKO)局を二つに分割する一方、軍縮局を事務総長直轄の軍縮室... [続きを読む]

受信: 2007/02/07 02:38

« ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録―プロローグ | トップページ | 東亜日報で紹介された“ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録” »