« やっぱり朝鮮総連←→民主党 | トップページ | 厚顔無恥の極み!角田義一!!! »

2007/01/23

還暦になってもまだ過激派???―阿部知子

社民党の阿部知子衆院議員が自身のHPに書いた記事がネット上で物議を醸している。読んでみると、いかにも元過激派の面目躍如といった内容で、私はあまり驚かない。
もちろん、だからといって、この元極左(「現」かも~笑)のオバハンの言動を許すわけにはいかない。

しかし、もうすぐ還暦を迎えようというのに、その幼稚さに哀れみすら感じる。元同志(笑)としては、なんか情けない気持でいっぱいになる(爆笑)
やはり、隔離された世界で生きてきた人間にとって、いったん感染した「極左小児病」を治すのは不可能!ということか。
残念ながら・・・

では、物議を醸している記事のエッセンスの部分を見てみよう。

-------------------------------------------------------------------

Abetomoko

















~前略~

文字通り、国民の生命・身体・財産を守ることが地方自治に委ねられていることの意味は大変大きく深いと思う。そのための人材は、消防職員以外に各地区の有志の消防団員や防災ボランティアがこれを担うことからもわかるように、根っからの住民参加の組織である。
安倍晋三政権になってから「国を愛する」・国防の強化などの言葉が氾濫し、あたかも外敵から国民を守るために国家の力=軍隊が必要であるかのように宣伝されるが、実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。軍隊はもちろんのこと警察も、戦闘のためあるいは犯罪に対しての対処を第一とするため、国民保護は二の次、三の次となる。
阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。

~後略~

社民党・阿部知子衆院議員の公式HP「国民保護は地方自治から」より抜粋

-------------------------------------------------------------------

阿部知子、1948年4月24日生まれ、東京都目黒区出身、58歳。
小児科医、社民党政審会長。
東大闘争の発端を作った医学部出身。1969年の安田講堂攻防戦の時は大学2年生。
東大医学部はブント(共産同)やML派(毛沢東主義)が強かったのだが、阿部氏は構造改革派のフロント(プロ学同)に所属していたようだ。
フロントは構改系で、ブントやML派に比べれば穏健だったが、ゲバ棒をふるい、火焔ビンを投げていたれっきとした過激派である。
そして阿部氏は、同じ東大全共闘出身でも、民主党の仙石由人氏(元政調会長)などと比べれば、今でも極左の思想を色濃く残している。

阿部氏が書いた記事が問題になっているのは、「軍隊は国民を守らない」――つまり「軍隊=自衛隊」は国民を守るためではなく「戦闘=殺人」のためにあるという点にある。
が、このような主張は極左思想の持ち主(共産党を含む)にとっては当たり前のことである。
彼らの言動は「反国家」「反体制」のイデオロギーに基づいており、軍隊や警察は「国家の暴力装置」にすぎない。したがって、彼らにとって軍隊や警察は憎むべき“敵”でしかないのである。

まあ、わが国は民主主義国家であり、思想も言論も自由が保障されている。したがって、このような極左思想の持ち主が国会議員になることも、それを支持する国民がいる限り許される。
もちろん私は、このような輩を厳しく批判していくつもりだが・・・

ただ、今回の阿部氏の発言(記事)だけは、いかに言論の自由が保障されているとはいえ絶対に許せない。なぜならウソで塗り固めて自衛隊及び自衛隊員を貶め、国民を欺こうとしているからだ。
阪神大震災の際に自衛隊の出動が遅れたのは自衛隊の責任ではない。
自衛隊の出動が遅れた第一の原因は、当時は法制度上、知事の要請がないと自衛隊の派遣ができなかったからである。当時の貝原俊民・兵庫県知事による出動要請が自衛隊の駐屯地司令に届いたのは、何と地震発生から4時間以上が経過した後だった。
また、当時の村山富市首相も、大規模な自衛隊部隊の移動を躊躇し、本格的出動の政治決断ができなかった。
村山首相は後日、なぜ自衛隊派遣が遅れたのかを問われ、「なにぶんにも初めてのことですので」と答弁し、内閣支持率を急落させた。村山内閣の対応の遅れが国民の強い怒りを買ったのである。

当時の貝原俊民知事は社会党(現・社民党)も支持していた。そしてご存知のとおり村山首相は社会党(現・社民党)の党首だった。
つまり、自衛隊の出動が遅れたのは、当時の自衛隊の活動を制約する法制度の問題であり、知事や首相という最高責任者の個人的問題なのである。そしてその知事や首相は阿部氏の“身内”と言ってもよい人たちだった。

にもかかわらず阿部氏は、自衛隊の出動が遅れたのは「国民保護は二の次、三の次」と考えているからだと自衛隊を非難する。これを「天に唾する行為」と言わずに何と言おうか!
とにかく自衛隊は「国家の暴力装置」であり人民(国民)の敵であるから、ウソをねつ造してでも貶めなければ気がすまない。
そういう阿部氏及び社民党の反国家的・反体制的本質が如実に示されたのが今回の記事である。

-------------------------------------------------------------------

極左の連中は、「軍隊は国民を守らない」「軍隊は人を殺すためにある」と主張する。そして、その例として沖縄戦における旧日本軍による「集団自決」の強要をよく挙げる。
が、沖縄の「集団自決」強要も“虚構”であったことが昨夏、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)によって明らかにされた。

民主主義国家においては、軍隊も警察も国民と国家を守るためにある。どちらも国民の信頼がなければ成り立たない。
軍隊や警察が「国家の暴力装置」として機能し、国民(人民)を抑圧し、国民に敵対する存在になるのは、中国(中共)のような全体主義的独裁国家においてである。

われわれは、社民党や共産党、そして民主党の一部に巣食う極左・反日主義者たちの欺瞞に満ちたプロパガンダを打ち砕き、国民の前に真実を明らかにしなければならない。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。

|

« やっぱり朝鮮総連←→民主党 | トップページ | 厚顔無恥の極み!角田義一!!! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

この議員、被災された方たちのお話を聞いたことあるんでしょうかね?皆さん自衛隊の評価高いですよ。坂さんご指摘のとおり、法律の問題で出動がなかなかできないため、「もう法律違反でも良いから勝手に出動する!」と、一刻も救助に出たい自衛隊の人たちは焦燥感で一杯だったという話を聞きましたよ。

実は、阪神大震災を契機に、自衛隊に対する一般の評価は大きく変わったんですよね。戦場ではないけれども、あの大災害の現場に、物資の運搬・配布、医療、寝場所の確保から入浴施設まで幅広く展開して、ああ、頼もしい、国民を守ってくれるというのはこのことだと、皆さん喜び、作業が終わって帰って行くトラックに、手を振って別れを惜しんだという話ですね。

なにを全く反対のことを書いてるんでしょうね、この議員(汗)。

投稿: ゆみこ | 2007/01/23 17:15

「元同志」のひょうきんな言動にご同情申し上げます。
東京大学、医学部出身と言えば普通以上(異常とも)に「脳」は稼動しているのでしょう、同じ学校の工学部でも同じ様な「鼓動」と「振動」の「脳」をお持ちの方も有る党の幹事長をされています。

まだ12年しか経過していない、震災をネタに安倍政権を加えて自衛隊を非難する神経マトモでは有りません、医学部出身との事、人は自分の事は良く判らない事が有ると言われます、是非この人には「精神鑑定」をして頂きたいと思います。

私事で申し訳有りませんが、小生12年前「肺がん」の手術を終え震災をべットの上で悲惨な状況を見ておりました、当時は自分の病気も有り「死」に対する恐怖を感じておりました、6千人以上の被害を出した人災を利用する阿部発言許せません。

投稿: 猪 | 2007/01/23 18:00

社民党:阿部知子議員については今回の騒ぎまで詳しく知らなかったので、あの酷い文章も無知がなせる技かと思っていたのですが(「警察予備隊」を当初「国土保安隊」などと書いていたので)、これで極左だったと言うことがハッキリとわかりました。
出動が遅れた理由を知ったうえで、あの文章を書いたとしたならばとても許せるものではありません。
負傷者救援を申し出た横須賀の第七艦隊さえ拒否するというこの狂ったイデオロギーのせいで、助かる人さえ助からなかったともいわれていますし。
大勢の人が亡くなっても、それさえ利用して自分のイデオロギーの上辺の正しさを主張する連中には本当に腹が立ちます。

この件、まとめWikiも出来たようです。

http://wiki.nothing.sh/page?%A1%DA%B0%A4%C9%F4%C3%CE%BB%D2%A1%DB%BA%E5%BF%C0%C2%E7%BF%CC%BA%D2%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%A5%C8%A5%F3%A5%C7%A5%E2%C8%AF%B8%C0%A1%DA%C8%EB%BD%F1%A1%A6%C3%D3%C5%C4%A1%DB

投稿: j.seagull | 2007/01/23 18:35

これ久しぶりに大きな祭りになりそうで
(もうネット上では大きいけど)
不謹慎ながら少し楽しみにしてるんだよね。
学歴詐称だの公金横領だのと比べても、もちろんそれらも問題だけど、
数千人被害が出ている災害をイデオロギーのために捏造して政治利用。
コメント欄のある秘書の方のブログが既に炎上、陥落?してるけど、
個人的にはここから先はネットの影響力が
今現実にどこまできているのかの試金石になるかと思ってる。
あくまでネット上で騒がれているだけとして現実には黙殺姿勢をとるか、
はたまた議員辞職とはいかないまでも謝罪には及ぶのか。
この手の左派議員ってのは厚顔無恥が服を着たようなのばかりだが、
果たしてそれらを抗するほどに、ネット世論が大きくなっているのか。
今後の展開を注目してます。

投稿: 兎々 | 2007/01/23 20:50

阿部知子と云う女を表わすのにあ〜だこ〜だは必要有りません。
「最低の下衆女!」
ただそれだけです。
60才過ぎてこの有様!
ただただ情けなく、こんなバカが国会議員で有る事に言いようの無い無力感を感じます。
多少救われるといすれば、このバカ女は小選挙区では3回とも落選、比例選挙区で復活している事です。こんなバカ女を比例名簿の上位に入れる社民党は日本国の大いなる足枷であり、税金の無駄使いの象徴的存在です。

投稿: そんそん | 2007/01/23 21:40

ネットの時代ではうそつきはすぐばれます。当日の村山首相言動記録が下記にあります。http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/9881/sinsai.htm

投稿: まつ | 2007/01/23 21:52

先日テレビで、東大安田講堂の攻防戦を特集していたが、
その時過激派だった元東大生が、こんなことを言っていた。
『警察が踏み込んできた時、我々はなぜか涙が溢れて止まらなかった。
その時自分達には、なぜ涙がとめどなく出てくるのかわからなかった。
ただ、確かに言えるのは、それが悔しさから出る涙ではなかったということだ』
彼らは無意識の中では、「これで解放された」という気持ちが思わずわき出たんだと思います。
思えば、プロパガンダによる「共産主義幻想」に踊らされた若者たちだった。
だが阿部女史のように、いい年をしてまだ目がさめずに愚かなことをやり続けている人もいるんですね。

投稿: yuukoku | 2007/01/23 21:57

 抜粋記事を読んでいてすぐに「遅れたのは自衛隊のせいじゃ無く、法の制度上の問題からじゃないか!国会議員の癖にそんなこともわからないのか!」とむかついてきました。
 それに、救援が遅れて結果的には被害を大きくしたかもしれないが、見方を変えればあの惨事でも“命令(要請)が無ければ動かない”という文民統制がとれていたので、心配性の左翼の人達にとっては軍(自衛隊)が暴走しないと分かって良かったのではないのか?
 ただ、統制する側のお身内、お仲間に問題があったからあのような事になったのだと多くの国民は思っていると思うが、その事についてどう思っているのだろうか、この御仁は?

投稿: 応援者 | 2007/01/23 22:34

阿部知子議員のこの発言?

>軍隊はもちろんのこと警察も、戦闘のためあるいは犯罪に対しての対処を第一とするため、国民保護は二の次、三の次となる。

敵国との戦闘や犯罪者の制圧は、明らかに国民を保護する行為。
だから、明らかな矛盾発言です。

何処からこの発言が生まれるのか?

阿部知子発言は「国民」と称して「彼女自身とその仲間」を指している、彼女らは国と敵対している為に保護されない訳。

左翼は国を支える国民では無く、敵国或いは犯罪者の仲間ですが、それを国民とすり替えて呼んでいる事が解ります。

そんなのを国民に更に議員に遇する、優しさを通り越して御目出度い国が日本です。

投稿: MultiSync | 2007/01/23 23:07

58歳→やっぱりここら辺の年代の人は要注意ですね。もちろんそんな人ばかりではない事も分かってはいますが。

私が子供だった頃、こういう人たちが東大講堂で騒いだり、よど号をハイジャックしたり、小包爆弾で人を殺したり、森の中でリンチ事件を起こしたりしてましたね~。あ、もちろん浅間山荘事件も。
学生のお遊びにつき合わされ、殉職なさった警官の皆さん、彼らの起こした事件に巻き込まれて死傷された一般市民の皆さんに心から哀悼の意を表します。

絶対に許せません!何年たっても!

投稿: おれんじ | 2007/01/24 00:43

取り上げて戴き有難うございます

周辺者、ヲチャーにとっては自明ですが

ランカーの貴所が言及する効果は絶大です

まだまだ世間は「甘い」ですので

ビシビシ糾弾される事を希求しますです

投稿: れんや | 2007/01/24 01:20

私は実際に被災した訳ではないのですが、全くもって腸煮えくりかえる話です。
大災害をダシにし、自衛隊を貶め国民を間違った認識へミスリードするという恥知らずな言動は政治家以前に人間として資格無しという以外ありません。
もし仮に出動の遅れの原因を本当に知らずに書いたのであれば(そんな理由は通用しませんが)、今後村山氏を徹底的に断罪し、謝罪と道義的責任を追及する義務が阿部にはあるでしょう。また彼女自身もその発言に対し、自己批判と謝罪をし、またそれ相応の責任を取る義務があるはずです。

このような外道はとっとと辞職に追い込みたい所ですが、その為にはネット上での言論をそこだけに留まらせず、非ネット使用者に啓蒙していく手段をどうすればいいか、といった議論も必要になると思います。

ついでですが
阿部知子議員の第一公設秘書によるセクハラ訴訟事件というのもあるそうですね。

http://antikimchi.seesaa.net/article/31952430.html
http://www.itojuku.co.jp/20sch_umeda/oshirase/8710.html

まったく本当に腐ってます。

投稿: 烏賊 | 2007/01/24 01:46

阿部氏の発言、あちこちでとりあげられてますが何回読んでも怒りが込み上げてくる。

事実関係を知りながらの発言なら相当なワル。知らなかったのならこの12年どこにいて何してたんだよ?と素朴に思う。

どちらにせよ、こんな方が衆議院議員で弱小とはいえ一政党の政調会長(政審会長)という肩書きを張っていられる日本。政治的にはまだまだ後進国だな、と憂うことです。

土井たか子、福島瑞穂、阿部知子。社民党ってすごいなぁ。

投稿: 桃太郎 | 2007/01/24 03:42

 阿部氏の発言を読んで、想起されたこと。
1)当時首相官邸によく出入りしていた、さる学者と時々雑談する機会があったが、彼によると、「社会党の委員長」である首相に対しては、自治体首長の側でも自衛隊の出動を要請することに、「同じ政治家として」遠慮があったそうです。自衛隊出動が遅れた背景には、首相官邸内部の平和ボケ状態とともに、こんな事情も影響していたようです。
2)当時の首相官邸内部の平和ボケ状態が、亡くならなくてもよい人たちをどれだけ死に追いやったか。あの朝、私は出勤を遅らせてずっとテレビを観ていました。たしか、8時台前半までに生田神社の鳥居や社殿がぺしゃんこになった映像や、高速道路が横倒しになった映像が流れるようになった記憶があります。その時点でテレビで発表された犠牲者数は「死者3人」程度だったと思いますが、災害については全くの素人である私でも、そうした映像を目にしたら、「あっ、これは(死者)1000人はいっているな」と思いました。これは、ごく普通の人間の想像力の問題であって、たぶんあの時の首相官邸の内部では、そうしたごく普通の想像力さえももみ消してしまうような「空気」が支配していたのだと想像するほかありません。「村山首相に自衛隊出動をさせる事態だけは何とか避けたい」という雰囲気があったかどうか、そうした雰囲気が実際に自衛隊出動を遅らせたのかどうかは、門外漢なので存じませんが。
3)70年代にあるテレビのディスカッション番組で、「もし、外国がわが国を武力攻撃してきたら、それでも自衛隊は必要ないというのですか」という設問に対して、某進歩的文化人が「その時は、自分たちで武器をとって戦う。自衛隊などが余計なことをするな」という意味の発言(自衛隊不要論)を、きっぱりと主張していました。その後、この進歩的文化人も関西に住んでいて、阪神大震災で被災し、国の災害対策の不備を口を極めて罵っていました。「外国からの攻撃」と「自然災害」とでは違うとでも言うのでしょうが、「余計なことをするな」とまで公言していた文化人にしては、何となく矛盾しているというか、私どものような庶民感覚からすると「みっともない」「潔くない」人というイメージが拭えませんでした。

 村山富市氏は、その後昨年でしたか、「叙勲」の栄に浴していますが、阪神大震災のこと一つだけでも、彼は「叙勲」を辞退するべきだったのではないでしょうか。まして、社会党の委員長である村山氏の生涯は、勲章を下さるべき主のことをかなり批判してきたわけだし。この人たちは、首相まで務めても、「辞退」ということを知らないのでしょうか。
 阿部氏の発言、件の進歩的文化人の「変節」等々、何か共通したものを感じます。

投稿: | 2007/01/24 10:20

今でも時折、あの静まり返った朝を思い出します。
まだ夜明け前の暗闇の中で激しく揺さぶられ、手探りで懐中電灯と靴を見つけ出し、寝巻きの上に着る物を引きずり出して、マンションの廊下に出た時の薄明の空・・・

低いノイズだけを発して渦を巻く炎、荒い息で「あかん、水がない」とうなだれた消防士の煤で汚れた顔・・・

延々と続く代行バス待ちの行列の中、ぐずる子供を一喝する若い母親の真一文字に結ばれた口元・・・「あぁ、俺達は負けないな」と感じた瞬間でした。

自衛隊員の方々には100回の感謝の言葉でも足りません。深夜まで道路にはみ出した瓦礫を撤去し、糞尿で溢れかえった公衆便所を清掃して頂きました。避難所での炊き出しは冷え切った身に染むありがたさでした。

阿部知子ごときイカレポンチを罵るのは虚しいです。

投稿: ぺパロニ | 2007/01/24 10:26

当にスターリン、毛沢東、金日成主義に毒された似非共産主義者
共の市民軽視、破壊至上主義が阿部知子の発言に見えます。
こういったものは「左翼」つまり社民主義/社会主義の敵で
有り断固として糾弾、粉砕しなければ成りません。

自ら左翼を自認するものであればこそ、市民は必要欠く
べからず重要であり、市民を重要視してこそ「左翼」の
存在意義でありましょう。日本に社民主義が正しく浸透
しなかったのはこの反社会集団がマスコミ、国会議事堂
などを跋扈したからであります。尤も、日本は武士道の
考えが元からあり、日本独自の社民主義を形成しつつ
有るといった見方も出来ますが。

最早、日本社民党、日本共産党などはマルクス思想の
敵ですら有ると言えます(ー_ーメ)言うまでも無く
右翼がこの者共を天誅成敗しようとするのは至極当然
の事と言えるでしょう。

投稿: abusan | 2007/01/24 11:15

芦屋の活断層の上で寝ていた私。あの時の断層割れが近づく轟音、倒壊音、今でも頭の片隅に残っております。単身生活であったので家族の心配をしないですんだ私ですが、仲間の中には家族を亡くした者もおります。崩壊した家屋の下で何時間も頑張り助かった者、残念ながら助けが間に合わなかった者、その差は何が原因だったのでしょうか。どちらにしても救援があと一分でも早ければもっと助けられた人がいたことは現場にいた私は証言できます。救援対応の速さは民間人のほうがズーとましです。最悪は政治家でした。視察に来ても観光気分、役人を引き連れ、傾いた家屋をバックに写真を撮っている某左派議員を見かけました。あの時、社会党党首が総理だったことが不幸であったと思います。自衛隊へのアレルギーを持つ政権党首では、その支援を依頼するのが遅れるのは当たり前です。役目とはいえもくもくと頑張っていた自衛隊諸君の姿は被災者から永久に忘れられることはないでしょう。地震の後3ヵ月後オウム事件が発生し、そのときも自衛隊の化学部隊の活躍が見られました。
国民のため働く自衛隊、変なことを言うやからがおりますが、良識ある国民はちゃんとわかってますからね。誇りをもって頑張ってください。

投稿: 被災者くにお | 2007/01/24 11:47

「軍隊は国民を守らない」そうですが、日本人を殺せという教育を受けてきた上下朝鮮及び中獄の軍隊からわれわれはどうやって身を守ればよいんでしょうか?
日本人を殺せという教育を受けてきた上下朝鮮及び中獄の軍隊に話し合いなんて通用しませんよね。

投稿: | 2007/01/24 11:53

追伸)
 たとえば、どこかの宗教で「輸血を絶対に認めない」という宗派があったと思いますが、生涯をかけてこのドグマを世間に広めてきた信者が、愛する子供が重病に陥り、医学的には輸血しか助かる道はない、しかし子供の血液型と一致する血液が近くの日赤になくて、結局子供が助からなかったような場合、この親が輸血の用意が遅れた病院側を非難したり、告訴したりしたら、おかしな話になるでしょうね。

投稿: 桃太郎 | 2007/01/24 12:06

 ご自身のHPの中で議員は、国民を守るのは、軍隊でも警察でもなく、「消防」で
あるとお書きになっています。
ところが、先般3人焼死した宝塚のカラオケバーの火事では、ここに入りびたりの
消防士が問題を承知なのに、消防局による安全点検を実施しなかったとのこと。
消防士と消防局の怠慢で若い人たちをむざむざ焼死させてしまったのです。
その為、阿部議員がお嫌いの「警察」が捜査に入っているようです。

投稿: 歴史は語る | 2007/01/24 13:30

「軍隊は国民を守らない」ではなく「守れないこともある」が正しい。故に「軍隊は不必要」という主張は間違っている のだが「軍隊は国民を守らない」という台詞は妙に説得力があって子供の頃は騙されていました。よく似たのに「侵略を受けたアジアの人々が傷つく」「被爆者の気持ちを踏みにじる」とかがあります。気をつけましょう。日本に必要な防衛力を整備するのに何の関係もありません。

投稿: ころ | 2007/01/24 18:44

こやつは死ぬまでマルキジルシ。

投稿: takasktt | 2007/01/25 15:22

昔、この女は仲間の本田某と組んで、脳死移植を施行した医者を殺人罪で告発したりしてましたね。こいつらが日本の移植医療を遅らせた原因の一つです。医者のくせに人間に対するcompassionのかけらも感じられない。左翼というのは思想云々の問題ではなく、一種の人格障害ではないかと私は思います。一生治りません。

投稿: Brian | 2007/01/25 22:47

ネット右翼よ!
君たちの時代は終わった。
頼むから日本から消えてくれ!
麻生政権とともに。

投稿: 日本赤軍コマンド | 2009/01/24 20:14

自衛隊の使命.自衛隊は我が国の平和と独立を守り国の安全を保つため直接侵略及び間接侵略に対し我が国を守る事を主たる任務とし必要に応じ公共の秩序の維持にあたるものとする。入隊時宣誓文.宣誓私は我が国の平和と独立をを守る自衛隊の使命を自覚し法令を遵守し一致団結厳正な規律を保持し常に徳操を養い心身を鍛え技能を磨き政治的活動に関与せず強い責任感を持ち事に臨んでは危険を省みず身を持って専心.職務を遂行する事を誓います。五十七年昔の事です違ってたら訂正宜しく日夜訓練に励む隊員の皆様ご苦労様.何言われてもくじけず国防宜しく老兵より。

投稿: 河村昌男 | 2010/11/18 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/13621126

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦になってもまだ過激派???―阿部知子:

» 人間のクズども社民党 [人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2]
あまり「クズ」とか直接的な表現は好きじゃないんだが今回は別。 [続きを読む]

受信: 2007/01/23 22:48

» 社民党の議員ってこんなもんか [ピア 徒然見聞録]
えーっと、自衛隊の最高指揮官は内閣総理大臣であり、阪神大震災の時の総理大臣って誰でしたっけ? →衆議院議員 阿部知子のホームページ:2007/1/19 カエルニュース第253号 ★☆ 国民保護は地方自治から ☆★     毎年、藤沢市・寒川... [続きを読む]

受信: 2007/01/24 00:31

» 社民党、頼むから消えてくれ! [思うて学ばざれば則ち殆し]
 よくコメントを頂いているかついちさんからTBを頂きまして、それで阿部知子議員のHPを覘いてみました。 カエルニュース[まぐまぐ!] 社民党衆議院議員・小児科医・阿部知子のメールマガジン  \^o^/「カエルニュース」 第253号 2007/1/19 \^o^/     http://www.abetomoko.jp/ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー      ★☆ 国民保護は地方自治から ☆★ --...... [続きを読む]

受信: 2007/01/24 09:34

» 【社民党】阿部知子よ。阪神大震災当時の首相くらい知っておけ! [加賀もんのブログ]
阪神淡路大震災から12年となる。震災前とはいえ、大学卒業直後の3年間、サラリーマンとして神戸に赴任していた私にとって他人事とは思えぬ出来事であるわけだが、この震災をネタに、当時の事実を全く知らないか、あるいは捏造して自衛隊批判を繰り広げる大馬鹿者がいる。 ..... [続きを読む]

受信: 2007/01/24 11:14

» いじめ調査に非協力指令を出した北海道教組 [なめ猫♪]
 今朝の「朝ズバッ」をご覧になられた方は多いかと思いますが、読売新聞がスクープしたいじめ問題への北海道教組の調査拒否戦術はさすがの左翼よりのTBSでさえ、批判せざる得ないようです。  これまで私は筑前町三輪中の... [続きを読む]

受信: 2007/01/24 14:54

» 101匹目の猿 [阿部知子] [clausemitzの日記]
「100匹目の猿」というお話がある。ライアル・ワトソン著の『生命潮流』で発表されたものだが、これが実は作り話であることが後にバレた。 [続きを読む]

受信: 2007/01/25 00:11

» 社民党・阿部氏、阪神大震災時の自衛隊活動批判! [ぱっとんな日々]
衆議院議員 阿部知子のホームページ  国民保護は地方自治から 2007/1/19 カエルニュース第253号 (前略)  阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、... [続きを読む]

受信: 2007/01/25 02:18

» 国際通り [沖縄観光データバンク]
那覇市にある国際通りは、北は安里(あさと)三叉路から南は県庁前交差点までで距離にして約1.6Kmの通りの名称です。沖縄戦後の焼け野原から急速な発展を遂げたこともあり、通称「奇跡の1マイル」とも呼ばれます。お土産屋や三線楽器店、飲食店などが建ち並んでいて主に観光する方に適した通りです。  道路は片側一斜線で、バスやタクシーが頻繁に通っているのでいつも渋滞しています。また、アーケードがないので雨の日は傘が必要�... [続きを読む]

受信: 2007/01/25 09:23

« やっぱり朝鮮総連←→民主党 | トップページ | 厚顔無恥の極み!角田義一!!! »