« わかっていない事務総長 | トップページ | 友好を逆手に取る強盗国家=中国 »

2007/02/01

東亜日報で紹介された“ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録”

昨日の韓国・東亜日報に私の著作が紹介されていたようだ。
以下は、その転載である。

-------------------------------------------------------------------

일본 신간 ‘노무현 대통령의 광란발언록’ (dongA.com)

‘한국이 세계에 자랑하는 노무현 대통령의 광란발언록’이라는 제목의 일본 신간을 소개하는 사진과 글이 국내 인터넷에 나돌고 있다.

동아닷컴 누리꾼 게시판 ‘동아누리’에는 30일 아이디 ‘링벤더’가 책의 표지사진과 내용을 소개했다. 몇몇 UCC사이트에도 관련 사진과 글이 나돌고 있다.

01사진출처 뉴스업(www.newsup.co.kr).

이 책은 지난해 12월 28일 일본의 비조신사(飛鳥新社) 출판사에서 발간했다. 책 표지에는 ‘김정일로 하여금 핵실험을 강행케 하고 일·미를 나락으로 떨어뜨린, 북동아시아의 새빨간 히어로 노무현 군 철저 연구’라는 표제가 붙어 있다.

목차는 ‘반미주의자’, ‘친북은 선, 친일은 악’ ‘타도 USA’ ‘북조선 사랑’ ‘힘내라 북조선’ ‘어디까지나 반미주의자’ 등이다.

02

출판사는 ‘책 소개’란에서 이 책을 낸 이유에 대해 설명했다.

‘아직 일본인에게 생소한 노무현 대통령의 맨얼굴을 규명하고, 나아가 그런 광란의 대통령을 낳은 한국이라는 나라의 본질을 파헤치기 위해서였다. 일본인의 이해를 돕기 위해 노 대통령의 어처구니없는 발언 중 42개를 엄선해, 그 진의와 배경을 고찰했다. 핵실험을 강행한 북한의 김정일 국방위원장의 얼굴은 곧바로 떠오를 테지만 한국의 노무현 대통령은 누구인지 모르는 사람들이 대부분일 것이다. 그러나 노 대통령은 인터넷 세계에서는 꽤나 유명한 사람이다. 그는 상식적으로는 도저히 생각할 수 없는 말과 행동을 하기 때문이다.’

이 책의 저자는 반 마코토(坂眞)로 1952년 2월 후쿠오카에서 태어났다. 1977년 지방공무원을 지낸 뒤 퇴직해 자영업을 하다가 도산한 것으로 책에 소개됐다.

03

인터넷 ‘아마존’의 일본 홈페이지에는 이 책을 읽은 사람들의 소감문이 올라와 있다.

아이디 ‘한우충동 그룹’은 “이 책은 노무현 대통령의 어처구니없는 발언을 소재로 노무현 정권이란 무엇인지, 한국에서 지금 어떤 일이 벌어지고 있는지를 알기 쉽게 해설해 놨다. 표지의 일러스트는 희화적이지만 결코 농담으로 범벅된 책이 아니다. 농담과 장난을 일삼고 있는 것은 노무현”이라고 말했다.

‘킹구연구회일동’은 “이 책을 읽고 노무현은 사기꾼이라는 느낌이 들었다. 개인적인 발언뿐 아니라 공적인 발언까지 온통 문제투성이다. 어느 정도 국력이 있는 나라라면 상식에서 벗어난 발언은 절대 허용되지 않을 것”이라고 말했다.

김승훈 동아닷컴 기자 huni@donga.com

-------------------------------------------------------------------

韓国語がまったくわからないので、2チャンネルのスレから引用させていただく。


日本の新刊本『ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』ネットで話題

『韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』というタイトルの日本新刊を紹介する写真と文が国内インターネットに出回っている。

東亜ドットコム・ネチズン掲示板「東亜ヌリ」には30日、アイディー‘リンベンド’が本の
表紙写真と内容を紹介した。いくつかのUCCサイトにも関連写真と文が出回っている。

この本は去年12月28日日本の出版社、飛鳥新社で出版した。本の表紙には「金正日を核実験の強行に駆り立て、日米を奈落の底に突き落とす!北東アジアの真っ赤なヒーロー(笑)、盧武鉉くん徹底研究。」という見出しが付いている。目次は「反米主義者」「親北は善、親日は悪」「打倒USA」「北朝鮮愛」「がんばれ北朝鮮」「どこまでも反米主義者」などだ。

出版社は‘本の紹介’欄でこの本を出した理由について説明した。「まだ日本人が知らないノ・ムヒョン大統領の素顔を糾明し、ひいてはそんな狂乱の大統領を生んだ韓国という国の本質を暴くためだ。日本人の理解を助けるために盧大統領のでたらめな発言の中から42個を厳選して、その真意と背景を考察した。核実験を強行した北朝鮮の金正日総書記の顔はすぐ思い浮かぶが韓国のノ・ムヒョン大統領は誰なのか分からない人々が大部分だろう。しかし盧大統領はインターネット世界ではかなり有名な人だ。彼は常識的には到底考えられない言葉と行動をするからだ。」

この本の著者は坂眞(ばん・まこと)で1952年2月福岡で生まれた。1977年地方公務員になった後、退職して自営業をしてから倒産したことが本に紹介された。インターネット‘アマゾン’の日本ホームページにはこの本を読んだ人々の感想が上って来ている。

アイディー‘汗牛充棟クラブ’は「この本は盧武鉉大統領のトンデモ仰天発言を素材に、盧武鉉政権とは何者なのか、いま隣国で何が起きているのかを分かりやすく解説した。表紙のイラストは戯画的であるが、決してふざけた本ではない。ふざけているのは盧武鉉」と言った。

きんぐ研究会一同’は「この本を読んでノ・ムヒョンはペテン師という感じがした。個人的な発言から公的な発言まで問題発言だらけだ。ある程度の国力のある国なら常識からはずれた発言は許されないだろう」

ギムスングフン東亜ドットコム記者 huni@donga.com

-------------------------------------------------------------------

Yahoo!の自動翻訳と照合してみると、概ね正しい訳文のようだ。

それにしても、韓国の3大紙の一つがWeb版とはいえ拙著を取り上げたことにまず驚かされる。それから、韓国人から見れば、自国をバカにしているとも受け取れる書籍について、淡々と客観的に紹介していることも意外な感じがした。
が、それだけ盧武鉉くんが韓国人、とりわけ韓国メディアから見ても“どうしようもない
大統領”であるとみなされているということだろう。

ただ、東亜日報の記事に対する韓国人読者のコメントを読むと、やはり怒っている人もいるようだ。

本当は日本のメディアで取り上げてくれるのがイチバンうれしいのだが、おそらくそれは無理。韓国や在日韓国・朝鮮人に対する配慮がまず第一だからだ。
大阪・朝日放送の「ムーブ!」で紹介したいという連絡を受けていたが、なぜか「局の
都合でペンディング」とのこと。やはり、韓国政府や在日の反発を恐れたのだろう。
それからすれば東亜日報は立派。まあ、「盧武鉉憎し」の一念がそうさせたのかもしれないが、私からすれば敬意を表するに値する。

しかし、私の名前と経歴まで報道するのには、正直マイッタ(笑)

2チャンネルのコメントを読むと、インパクトのある表紙の評価は2分されているようだ。
“笑韓”というか、韓国をバカにしている本と受け止められて敬遠されるという指摘もかなりあった。
が、このブログでも書いたように、別に小ばかにしているわけではない。事実に基づき、盧武鉉大統領のトンデモぶりと彼を生み出した韓国社会の本質について書いただけだ。

私の知り合いの元韓国人(帰化済)にも贈呈したが、苦笑いするだけだった。やはり
彼にとっても盧武鉉は“韓国の恥”と写っているようだが、まさか私が「ここまで書く」とは思わなかったようだ。

韓国、少なくとも盧武鉉政権が、わが日本国を敵視(=仮想敵国)していることだけは
一般の方にも理解してもらいたいと思う。
そのためにも、と思って書いた本である。

“韓流ブーム”などといううわべだけの現象に惑わされて本質を見誤ってはならないと
いうことである。

参照1:日本の新刊本『ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』ネットで話題
参照2:일본 신간 ‘노무현 대통령의 광란발언록’ (dongA.com)

※情報をご提供いただいた読者の皆様に感謝いたします。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。

|

« わかっていない事務総長 | トップページ | 友好を逆手に取る強盗国家=中国 »

個人」カテゴリの記事

コメント

テーマとは関係ありませんが、
安倍首相が体調不良との噂があります。
そりゃそうでしょう。
昨日の『柳沢失言』を始め、マスゴミは様々なネタをもとに
≪安倍バッシング≫に余念がありませんから・・・
最近はしょっちゅう、『任命権者』責任ばかり問われて、
謝罪するシーンばかりで気の毒に思っていました。
ところで日刊現代では、昨日堂々1ページをさいて、「あなたを忘れない」韓国マンセー映画を絶賛していましたが、
本日はゲンダイネットで、「安倍首相、体調不良で引退か?」と期待を込めて(笑)書いています。
こんなマスゴミ・ストーカーに付けねらわれたら、誰でも体調不良になるワ!(怒)
安倍さん、負けないで頑張れ! 
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/shinzou_abe/story/01gendainet02030364/

投稿: yuukoku | 2007/02/01 18:17

GJ!!!  GJ!!!  GJ!!!

投稿: 嫌チョンコロ・嫌チャンコロ  | 2007/02/01 18:29

はじめまして
自分のブログでも勝手に紹介させて頂きました。
もうしわけございません。
問題がございましたらお手数ですがご一報下さい。

投稿: pixy-char | 2007/02/01 19:21

スンバらしい(爆)!フィオリーナさんより前に韓国メディアを釣り上げましたね。実にめでたい。

韓国民も正直やれやれと思っているのかもしれませんね。

ただ柳沢大臣の「産む機械」発言で審議欠席を決め込む野党を見てると、日本の政治家もつくづく情けないなあと…。いい加減にして欲しいという一般の気持ちが分からないんでしょうか。

投稿: おれんじ | 2007/02/01 20:27

いつも拝見させていただいています。最初ハングルでの表記があったので、韓国反日の書き込みかと思ってしまいました。金大中から盧武鉉政権に受け継がれた北朝鮮への融和政策は、最初朝鮮半島の軍事緊張を和らげる意図との思いで好意的に考えていましたが、それは韓国人の「恨」の感情による反日、反米の裏返しと気がつくまで、しばらくかかりました。

日韓は韓流ブームが起こり、小泉首相とのシャトル外交まで行っていましたが、首相の靖国参拝を転機として、盧武鉉は朝鮮半島人独特の「恨」の感情を表に出すようになりました。すべてを日本の朝鮮半島併合に結び付け、日本が軍事的に侵略支配をしたかのような歴史捏造、そして、一気に反日姿勢になりました。日本にも拉致問題やスパイ船が発覚、反韓国、朝鮮人機運の高まりが発生したのが経緯だと思います。

しかし日本と朝鮮人は戦火を交えていませんし、韓国人が抱く日帝支配で朝鮮半島が分断された事実もありません。分断したのは、北は中国・ソ連、南は米国であり、敗戦後の日本は築いたインフラを残し、朝鮮半島から引き上げただけで、半島が一つに独立できなかったのは半島人の力不足に過ぎないことです。むしろ戦後被害を受けたのは日本の方で、李承晩ラインの勝手な線引き、竹島占有などがあります。

しかしこの自力で独立できなかったフラストレーションを日本に向けているのが、韓国と北朝鮮であると考えます。つくづく合理的な思考回路がない民族であると思います。中には正しく歴史認識ができる韓国、朝鮮人もいるのですね。しかしこのような常識ある人たちは、親日のレッテルを貼られ、子孫末代まで財産没収等の弾圧を受ける社会ですから、経済的に交流は盛んでも、中国と同様、日・韓は近くて遠い国のままかも知れませんね。

投稿: bingo | 2007/02/01 22:47

日本のマスコミは一部マスコミ、つまり通称右翼雑誌
(諸君!、正論、SAPIO等)を除き韓国批判を
未だにタブー視している所がありますね。そこが
マスメディア後進国日本を象徴しています(ー_ーメ)
まあ、上層部の体質が未だに旧思考なスターリン主義的
であるのに根ざしているのでしょうが┐(´ー`)┌

今、世間が求めているのは新しい社会主義、つまり
ネオリベラリズムなんですがね。そういった気概が
今のマスコミには皆無に近いモノがありますな。

保守主義だけでは日本は保ちませんので。

投稿: abusan | 2007/02/02 06:59

管理人さんにK国の法則が訪れます
これで未来は安泰です

投稿: おめでとう | 2007/02/02 09:05

はじめまして。

朝日放送のムーブは、これまでの中韓の報道の仕方を見ますと
圧力を恐れて紹介を取り止めは、無いと思います。
一度YouTubeでムーブと検索してみてください。
東京のテレビ局がなかなか放送しないことも取り上げていると
思います。

曜日によっては、コメンテーターが酷い時があります。
辻元議員の御友達でクルクルしたパーマをかけてる方や、
韓国語が得意な女優さんなど。

投稿: 関西人 | 2007/02/02 09:20

すばらしい分析力を評価されたのですから大変喜ばしい事だと思います。
次の執筆も楽しみにしています!

投稿: 七生報国 | 2007/02/02 09:27

しつこくてすみません。反論の反論です

黒字倒産しそうな中国(06/09/11)のなかで
「中国の貿易総額はGDP(国内総生産)の約70%を占め、そのうち外資系企業が輸出の約60%を担っている。」
というのを読み、いくらなんでも70%はないんじゃないのと、メールをさしあげたところ、反論のメールをいただいたことがあります。

それ以来このことが気になっておりました。なぜなら、いくらなんでも70%というのは非常識な数字だと思っていたからです。単純に考えると、13億の中国人が働いてものを生み出し、その70%が輸出されるとしたら。一体中国人は残された30%でどうやって生活するのだろうと。

答えらしいものが見つかりました。1月27日のJapan Times のopinion の欄があって「China's growth outlook largely,,,」の中で香港の大学の先生が「中国の輸出はGDPの35%」と言っております。

いかがでしょうか?

投稿: naka | 2007/02/02 22:28

日本のマスコミはどうしてこんなに韓国に遠慮している
のでしょうか?先の日韓暫定水域の禁漁の問題にしても
扱いが小さいですし。

ところでこのサイトでも取り上げた近藤昭一議員、疑惑
の献金を返金したそうです。

以下、記事抜粋

政治資金規正法で献金を禁じられている在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の関連団体関係者経営の5つの会社から計320万円の献金を受けていたことが1日、分かった。近藤議員は外部から「違法献金では」との指摘を受け、昨年までに全額を返金した。

投稿: 愛知県民 | 2007/02/02 23:24

メディア登場おめでとうございます。

韓国での有害図書指定を目指して頑張って下さい。w

次の出版は中国ネタでお願いします。

投稿: morokuzu | 2007/02/02 23:52

今月韓国に行きますが、この本を持って行ってきます!

投稿: damedakorea | 2007/02/03 14:21

nakaさん

「貿易総額はGDP(国内総生産)の約70%」です。
「輸出はGDPの35%」なら、輸入を合わせれば70%でも何の不思議もありません。
DGPについてもっと勉強してください。

GDP(Gross Domestic Product)とは、一定期間内に国内で産み出された付加価値の総額です。
輸入もGDPに含まれます。

投稿: 坂 眞 | 2007/02/03 14:50

 坂さんの本の右側にあるのが、井沢 元彦、呉 善花『やっかいな隣人韓国の
正体―なぜ「反日」なのに、日本に憧れるのか』です。
これも、韓国人が強い関心を持つ本なのでしょう。
書店に置いてあるが、買っていないので、アマゾンのブックレビューを見たら、
次のように書いてありました。
http://astore.amazon.co.jp/bid-22/detail/4396612753

カスタマーレビュー
 傲慢さの背景
 著者の1人である呉善花氏が韓国人の日本に対する複雑な気持ちのありようを
明快に語っている。もう1人の著者、井沢氏が多くの日本人の気持ちを代弁し、
それに呉氏が答える形で進行していく。
 すでによく知られている話題も少なくないが、それでも、たとえばp156~161
で述べられるように、日本人にとっては一見「傲慢」に思える韓国側の態度の
背景を教えられると、なるほどと思わざるをえない。日韓問題の根の深さを知る
ことができる。入門書レベルを超えるものではないが、日韓問題を手短に理解し
たい人にはお奨めの1冊である。 (引用終り)

 呉善花氏(済州島出身、2005年に帰化)による韓国人の複雑な内面の説明を
読めば、『ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録』の背景、意味をより深く理解でき
るかも知れません。 以上、ご参考まで。

投稿: 歴史は語る | 2007/02/04 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/13743301

この記事へのトラックバック一覧です: 東亜日報で紹介された“ノ・ムヒョンくんの狂乱発言録”:

» 柳沢発言:真の狙いは拉致潰しか:マスコミの発言加工&野党議員の暴言はスルー!! [雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う]
(2/2 10:20追記) 今回柳沢大臣発言批判の先頭に立っている野党議員は拉致事件で北朝鮮擁護の政治家ばかり!! 真の狙いはこれを隠れ蓑にした拉致問題潰しではないのか? 以下に連中の暴言を示す(拉致がらみでないものもありますが). 辻元清美は「9人10人返せと言ってもフェアじゃない」と暴言を吐いていた!! 田中真紀子は金正男を事なかれ主義で北に送り返した上に「拉致被害者の帰国は難しいとはっきり言うべき」 鳩山由紀夫は「拉致ばかりを主張するのでは北朝鮮の心を開かせることはできないのでは」(1997年... [続きを読む]

受信: 2007/02/02 21:17

» 辻本清美議員の大妄言 [ネトウヨのブログ]
 辻本清美議員が、すさまじい大妄言を吐いておりました。  以下、辻本議員のWEBより引用いたします。 http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2007/01/31-1151.html 「私の内閣として憲法改正を目指していきたい」と安倍総理は発言した。しかし憲法改正は国会の提案によって国民が決めるもの。憲法を守る「行政府」たる内閣がしゃしゃりでるのは不見識だ――と私は追及した。 しかし安倍総理は、「憲法99条の憲法尊重擁護義務は、憲法改正を主張したらいけない、というものではない... [続きを読む]

受信: 2007/02/03 15:03

» ( ´H`)y-~~韓国のスター、盧武鉉【韓国時事】 [木村幽囚記]
(`・ω・´)y-~~本題に入る前に【2月のお知らせ!】! ( ´H`)y-~~ [続きを読む]

受信: 2007/02/04 18:58

» 日本の新刊本『ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』ネットで話題(東亜日報) [東アジア]
人気ブログ「依存症の独り言」の坂眞氏の著作『韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870317788/izonsyonohito-22 が、韓国内のネットで話題になっていると韓国の3大紙の一つ東亜日報が報道した。 よほど興味を引く内容だったのだろう。 以下は、東亜日報の記事の翻訳。 上記の写真は東亜日報に掲載されたものを転載した。 ↓ 『韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発..... [続きを読む]

受信: 2007/02/05 15:20

» 地方選、1勝1敗                   2月4日(日) [衆議院議員 原田義昭 Blog]
  愛知県知事選は勝ち、北九州市長選は負け。一応予想通り、北九州市長選については残念だが、ま、実力差は仕方ない。いろいろあったが柳沢発言問題はこれで落着したとみてよい。野党にすれば2勝しなければ殆ど負けと同じだろう。明日からの国会、依然として審議拒否というがこちらにとっては大いに結構、ただ自己都合での「仕事放棄」だから給料くらいは返上すべきでないか。議員たるもの世間に甘えてはいけない。 ↑↑↑ 『応援クリック』お願いします。... [続きを読む]

受信: 2007/02/05 16:23

» 雅子妃の父・小和田恒氏は竹島を見捨てた媚韓売国 [雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う]
雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機(1/30 22:00) http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/108472/ より独立の上追記しました:一部重複しますが 「竹島 "小和田恒 "」で検索すると↓ http://www.google.co.jp/searchωnum=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92%22+%E7%AB%B9%E5%B3%... [続きを読む]

受信: 2007/02/11 00:54

« わかっていない事務総長 | トップページ | 友好を逆手に取る強盗国家=中国 »