« 米メディアの偏見と、迎合する反日左翼 | トップページ | 「物権法」は吉と出るか凶と出るか! »

2007/05/03

依存症の独り言はネット右翼なのか?

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

私のことを「ネット右翼」と呼び、当ブログを「捏造憶測ブログ」と罵倒する輩がいる(笑)
まあ、そういうレッテルを貼る輩こそ「捏造憶測ブログ」の主なのでまったく腹が立たない。というか、逆にかわいそうになる。
私は、そういう輩の人間性、あるいは人格を疑う。ほんとうに卑しい、そう思う。

------------------------------------------------------------------

私はエントリーを書くとき、少なくとも3つ以上のソースにあたる。しかも、できるだけ相反する見解を述べている記事を読む。そうすることによってより正確な事実関係が見えてくる。
書きたいという衝動が突き上げてきても、確証、もしくはそれに近い心証を得られないことは書かない。それは自分のことを憶測で書かれたくないからである。だから逆のこともしない。
したがって、ソースを示せと言われれば、堂々と明らかにする。もっとも、今までほとんどそういうことを言われたことはないが。

ただ、いくら正確を期したつもりでも結果として間違うことはある。正しいと信じたソースそのものが虚偽の場合だってある。で、その時は率直にお詫び訂正することにしている。
なぜなら朝日新聞のようなみっともない真似はしたくないからである。

------------------------------------------------------------------

ところで私は右翼なのか(笑)
それは右翼をどう捉えるかによる。

実は左翼の概念は割とはっきりしていた。
そもそも左翼の語源は、フランス大革命における国民公会(1792~95年)で、議長席から見て左翼側の席を者・大衆を基盤としする急進的改革派のジャコバン党が占めたことに由来している。ジャコバン党はアンシャンレジーム(Ancien Regime)=旧体制の打倒と社会の根本的変革をめざした。
したがって左翼とは革命派(体制否定派)のことであり、平等思想が強い勢力のことを指す。

西欧においては、左翼とは社会民主主義(社民)勢力のことであり、共産圏においては共産主義勢力のことであった。前者は民主的議会を通じて資本主義社会を改革しようとする者たちであり、後者は議会を利用することはあっても原則的にはそれを否定し、暴力によって体制の変革をめざす者たちである。
ところが、歴史的ともいえる世界体制の変動によって、これらの概念では左翼を括ることができなくなった。
社民勢力は、総じて従来の「大きな政府」から「市場原理」を取り入れた「第三の道」を志向するようになったし、共産主義勢力も四分五裂で、資本主義的成長をめざす「開発独裁」型からイタリア共産党のように社民化するものまで実に様々である。
もちろん、相変わらず暴力革命をめざす中核派のような過激派左翼も世界中に存在する。

ここにおいては、何をもって左翼と規定するのかはむつかしい。
言えることは、国家に対して懐疑的であり、あくまでも「結果の平等」にこだわる人たちということだろうか。
わが国で言えば、天皇制否定派、愛国心否定派、「結果の平等」派、「大きな政府」派、男女の違いを「差別」と捉える人たち等々の総称であろう。
これらの人たちの特徴はインターナショナルなことでもある。総じて「国家」に対する帰属意識が薄く忠誠心がない。
なぜなら、世界を「支配する者とされる者」「抑圧する者とされる者」として認識するからである。
自らを「地球市民」などと称する人なども、その亜種と言えるだろう。

もちろん左翼な方の中にも「俺は日本国を愛している、日本国を憂えている」という人もおられるだろう。が、そういう人たちを私は左翼とは思わない、天皇制を否定しない限り。

------------------------------------------------------------------

一方、右翼というのは左翼以上にはっきりしない。
左翼が革命派のことを指すのであれば、右翼とは反革命派のことでなければならないが、それでは何のことだかわからない。
私が左翼だったころは「右翼なんて左翼のアンチにすぎない。自身のイデオロギーなんてない」と思っていた。が、左翼のアンチがみんな右翼であるわけがない。
民族主義、愛国主義、保守主義、排外主義、これらが右翼的要素なんだろうが、民族主義を前面に出す左翼政権は南米などでは珍しくないし、共産中国や北朝鮮も愛国教育に懸命である。真面目な共産主義者ほど古いモラルの虜である。
排外主義と言えば、イデオロギーに関係のない一般国民の中にだって排外的な傾向を持つ人たちは多い。それは生活レベルの感情的なものだ。
したがって、民族主義者、愛国主義者、保守主義者、排外主義者、これらが右翼というわけではない。ということは、右翼とは、左翼から見た反対勢力に対する「レッテル」でしかないというのがもっとも正確なところなのではないか。
朝日新聞的な見方をすれば、朝日を「売国新聞」と攻撃する者たちが右翼なのである。

よく、西欧のファシストやネオ・ナチを指して極右と呼ぶが、彼らはあくまでもファシストやネオ・ナチなのであって右翼ではない。もちろん、街宣右翼などは暴力団の隠れ蓑であって右翼と呼ぶに値しない。
まあ、左翼から見た反対勢力という意味ではファシストやネオ・ナチ、街宣右翼までもが右翼と言える。そういう意味では私も右翼なんだろう。
が、逆に言えば、一般的に使われている「右翼」なんて言葉はその程度の意味しか持たないのである。

もちろん自らを「右翼」と称している方たちもいる。そういう方たちは独自の思想、独自の綱領を持っているのであろうから、ここで私が述べた右翼とは別個の存在である。
そういう方たちについては「真正の右翼」と呼んで差し上げたい。

------------------------------------------------------------------

冒頭で、私のことを「ネット右翼」と呼び、当ブログを「捏造憶測ブログ」と罵倒する輩について「人間性、あるいは人格を疑う」「ほんとうに卑しい、そう思う」と書いた。
これらの輩は、いわゆる「左翼」と言ってもよいと思う。
私は、総じて左翼的な主張を展開している人たちほど根拠のない中傷を繰り返し、相手にレッテルを貼る傾向が強いと思う。
もちろん私も反対派を激しく攻撃する。が、批判の根拠ははっきり示している。
「売国」とか「反日」とか断定することもある。が、それは他国の立場に立ってわが日本国を非難する者たち、あるいはわが日本国の歴史に謂われなき誹謗・中傷を加える者たちに対してであって、私の主張に反対する者たちを、それだけで「売国」とか「反日」とか呼んだことはない。
ましてや、憶測とか伝聞に基づいて他者を批判したことなど一度もない。
それからすれば、左翼的な主張を展開している人たちのブログには、根拠の乏しい個人批判――つまり誹謗・中傷が蔓延している。中には罵詈雑言としか思えない表現もあるほどだ。

もちろん反対の側、つまり左翼な方たちが「ネット右翼」と呼ぶ人たちの中にも根拠の乏しい個人批判――誹謗・中傷をばら撒いている連中がいる。が、これも偏狭性、排他性、独善性という点では左翼な方たちと同質である。
つまり、両者とも思考回路がそっくりなのだ。

------------------------------------------------------------------

では、なぜ左翼的な主張を展開している人たちほど誹謗中傷・罵詈雑言が多いのか。
それは左翼的特質にあると私は思う。
彼らは己の思想や政治的信条、そして価値観に対する思い込みが極めて強い。マルクスは物事を対象化し相対的に捉えることによって近代資本主義を科学的に分析した。が、その弟子たちは反対に、自らの思想を絶対化することによってその正当性を確保しようとした。
そこにあるのは、偏狭性、排他性、独善性の三点セットである。

参考までに、中核派の機関紙「前進」と革マル派の「解放」を読み比べてほしい。そこには滑稽なほどに相手を罵倒する文言が並んでいる。

なお、左翼な主張をされる方の中で極めて柔軟な発想をされている人もいる。誹謗中傷・罵詈雑言が多いのは左も右も一部の人たちであることを明記しておきたい。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

------------------------------------------------------------------

【追記】
過去のエントリーで「根拠になる一次資料を示してほしい」という要請があって果たせなかったことがあった。
それは今も果たせそうにない。
事柄は「戦後の進駐軍用の慰安婦施設を米軍が要請したか否か」についてだった。

最近、参考になりそうな記事を見つけたので、以下に掲載したい。


「日本が降伏して間もなく、マニラにいた連合軍最高司令官らから命令があった。『進駐軍の着陸を神奈川県厚木飛行場と定め神奈川県厚木飛行場と定め、その進駐受け入れのため、政府、陸・海軍部を代表する将官を差し出すべし』という命令でした。大本営はこの将官に有末精三中将を指名した。私(高橋正二)もこの有末中将を首班とするいわゆる有末機関の一員として厚木に行くことになったわけです。

ちなみに最初から有末機関員として行動した大本営参謀は現在(平成8年9月)、浦茂氏(陸士40期元航空幕僚長)と私、高橋正二(陸士48期)の二人のみとなり、生き証人として寂しい限りです。

昭和20年8月24日、厚木飛行場に参りましたが、それはひどい有様でした。

先遣隊(隊長テンチ大佐)約150名は28日、マッカーサー司令官は30日、到着し、ただちに横浜へ、私どもは神奈川県庁の一部に陣取り、9月20日、ミズーリ艦上降伏文書調印式における代表団一行の出迎えなどに忙殺されていました。

これら期間を通じて、頭を悩まし続けたのが、進駐軍兵士により暴行、強姦などが毎日毎日、被害の訴えがあることでした。

『進駐軍兵士により治安騒乱のうち、最もてこずったのは日本婦人に対する暴行、強姦などの風紀上の問題であった。最初の訴えに対し、第八軍司令官アイケルバーガー中将は「若い学生がジャングルから飛び出して、広々として校庭に出たようなもの、しばらく我慢してくれ、我々の方でも十分、気をつけるから」との話であったが、来る日も、来る日も、この種の訴えは一向に減る様子もなく、そのたびごとに報告者の悲憤慷慨は想像に絶する激越なものであった』(有末精三著『有末機関長の手記』)

当時、進駐軍軍人、ことに黒人の児を宿して生まれた混血児は3000人ともいわれ、澤田廉三元大使、および美喜夫人の経営するエリザベスサンダーホーム(大磯における孤児院)をはじめ、各種の施設や社会事業などのこれら悲劇の対策は講ぜられたものの、わが国、社会に残した傷跡はまことに残念なことでありました」

進駐軍の初仕事とはなんであったのか

「一、厚木飛行場に先遣隊が進駐してきた日の翌日の8月29日、米軍連絡将校が東京の警視庁に現れ、『娼家の施設をみせろ』と言ってきた(売春施設問題が初仕事ではないか)
二、同年9月28日、東京都衛生局が初めて受けた命令は『女』の問題。都衛生課員の与謝野光博士がGHQ(連合軍総司令部)公衆衛生局長サムス大佐のもとで交渉を
開始、都内に残っていた花柳街五箇所および特飲街十七箇所(うち一箇所『千住』のみ日本人用)を接取された。
三、売春施設だけでは満足しない米兵は街の一般婦女子にも手を出し、パンパンガールとして自ら乗り出した日本婦人も現れた。
四、昭和28年2月27日、第十五回国会参議院本会議で、社会党の藤原道子議員の
質問演説にも左のとおり触れている(当時の女性議員協議の結果)。

『アメリカ当局には軍紀の励行を望みたい。どうしてもそれができないならば、日本の女性をこれ以上、蹂躙することなく、この際、本国から対象となるべき必要数の女性を呼び寄せて、自国の女性によって性の解決をされるように要望したいのであります。
(拍手)』

「米軍も売春女性を徴用した」--元大本営参謀の証言(3)

------------------------------------------------------------------

①進駐軍兵士により暴行、強姦などが毎日毎日、被害の訴えがある
②報告者の悲憤慷慨は想像に絶する激越なものであった
③先遣隊が進駐してきた日の翌日の8月29日、米軍連絡将校が東京の警視庁に現れ、『娼家の施設をみせろ』と言ってきた
つまり進駐軍の初仕事は「売春施設問題」だった
④この際、本国から対象となるべき必要数の女性を呼び寄せて、自国の女性によって性の解決をされるように要望したい
つまり社会党の女性議員が「米国から米国人の慰安婦を連れて来い」と言った

以上のように、戦後の進駐米軍の行いも言語道断だったわけだ。
そんな国の議会やメディアがわが国を非難する。

偽善もここに極まれリだ!!!

参考図書:終戦秘史有末機関長の手記 (芙蓉書房出版)

なお、進駐軍用の慰安所そのものは、当時のわが国政府が1945年8月26日に設立した特殊慰安施設協会(RAA=Recreation and Amusement Assoiation)を通じて用意された。
「敗戦わずか3日後の1945年8月18日には、進駐軍の上陸に備えて内務省警保局長から警察部長宛の無電通牒を発し、米兵のための性的慰安施設の準備を各都道府県に命じた」(従軍慰安婦 吉川春子)とも言われている。
つまり、「良家の子女の防波堤」づくりを目論んだわが国政府と米兵による婦女暴行の続発に困り果てたGHQの思惑が合致したということだ。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

|

« 米メディアの偏見と、迎合する反日左翼 | トップページ | 「物権法」は吉と出るか凶と出るか! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

「依存症は右翼?」日本文化を検証され、理解された上で日本と外国を比べたり、おかしさを「独り言」を語って居られた処にお邪魔した小生、特別「右翼」と言う意識は有りませんでした、日本人で有れば日本を真ん中に置いて考えるのが「常識」と思います。

旧態依然とした「右翼」は居ないと思います。左翼と言われても何が「左翼」なのか良く判らない「反日・反政府・反権力」日本は要らないと考える人を左翼と呼ぶのか、中共・朝鮮のイデオロギー(独裁)以外で共産主義思想が唯一残る日本のみの「現象」を「左翼」と呼ぶのか。

物事を資料を元に正確に人に伝えてくれるのが「右翼」と呼ばれるのなら、それを好む小生は「右翼」です。「物事は比べて見ないと判らない」、好きでない中共(清)の国の人が言ってる有名な言葉です、自分の先輩の言葉も守れず、日本と自国との比較も出来ない国の人とはお付き合いはしたくない。ノ大統領も比べる基準が有るのに努力をしない、人は「左翼」と呼んでいますが「左翼」でも有りませんね、只「反日」だけの話だけ。

現代ではネットだけでも資料は沢山得られる。混合玉石選ぶのは自分の能力の範囲と、踏み込んで探す事で得られるのに60年前の事でも「比較」もしないで自分の意見にしてしまう、間違いなら「間違いだったこう訂正してくれ」正直こそ一番正しいと考える小生は単純ゆえ、
「正確な情報」「捏造・歪曲情報」と区分しています。「正確な情報」を得る事に執着するのが好きで、それを右翼と呼ばれるならここでも「右翼」ですね。暴力悪い事なので反省放棄*十年も使って居ませんから「論外」。

サンダースホームの話は当時は「美談」として朝日?など取り上げていました、アメリカに養子で沢山の子供が引き取られて行って事も記事にしています、自分達の先輩の仕事・記事などを読まないのでしょうか?本当に不思議な「報道屋」です。
女性議員が「米国から米国人をつれて来い」元気な議員も居たんですね社会党にも、之はニュースでも見ませんでした「朝日」?を読んで居たと記憶しているのですが検閲でしょうね。

投稿: 猪 | 2007/05/03 18:08

別に右翼と呼ばれても気にしなくて良いのではないでしょうか。所詮、左翼=善、右翼=悪と信じ込んでいる人が右翼と呼べば悪口になると思っているだけで、左翼=悪と思っている人にとっては誉め言葉です。

投稿: go-ichi | 2007/05/03 18:31

特殊な人からレッテルを貼られるのは、それらの者にとって「痛い」という証なのでは?

一般社会が「依存症」を「熱湯欲」だと思えば間違いなくアクセスが減るはず。

昔と違い(組織的)右翼というものがどういう背景を持っているかが広く知られてしまったので、団塊以下の世代は騙せなくなっていると思うのだが。

どうせなら今後「特殊な自称左翼の言うところの所謂右翼」と名乗ってしまえば楽かも。

投稿: ワシ | 2007/05/03 18:49

初めてコメントします。40代女性です。私はココが好きでよく見させてもらっていますが、右翼などとは思ったことありません。まともな日本人と思って見てますよ。これからも頑張ってくださいね!

投稿: アズさん | 2007/05/03 19:03

右翼とネットウヨは大違いです。

ネットウヨは産経新聞の購読者でもありませんし、
また保守論壇系の雑誌を読んでるわけでもありません。情報源は、2ちゃんねるでの赤の他人の発言と、ググって出てきたネット上の情報のみです。
慰安婦問題にしろなんにしろ、ネット上の同じ考えの人間の情報を鵜呑みです。
そんな彼らもネットリテラシーうんぬんと他人には説教します。

彼らはおもに2ちゃんねるのニュー速系あるいは特ア系板の住民ですが、彼らは国家への忠誠心や、帰属意識は左翼同等に希薄です。

ただし、2ちゃんねるへの帰属意識は高いです。

まぁ愛国やら国家への忠誠心とか騒ぐ右翼にも、暴力で解決しようする馬鹿が大勢いるのでどっちもどっちですかね。

投稿: a | 2007/05/03 19:08

 今日は憲法記念日ですが、テレビでの討論や各局での報道は可能性の出てきた憲法改正、特に9条を改めるかという問題で危機感を煽るような報道が多かった気がします。価値観が多様化していてもマスコミ関係者はそれを認めず、9条について変えようとする者を悪、そのままにしようとする者を正義とする、何とかライダーと、対抗する悪の組織のように単純化しています。
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20040330

>経済アナリストの森永卓郎氏が、
>憲法9条や改憲の討論をしている時に、
>「憲法9条は非常に美しい条文を守ってきたんですよ、
>仮に、仮にですよとんでもない奴が攻めてきたら、
>憲法9条守ってみんな黙って殺されちゃえばいい」
>「で、過去にそんな良い民族が居たって思われれば良いじゃないですか」

 これが9条を守る方の意見でしょうか、この評論家が極端で冗談なのでしょうか。こんな発言をする日本人が出現したのを知ったら、下に紹介するように日本を守って戦死した私の叔父は悲しむと思います。

真実はどこに・・・
http://www.youtube.com/watch?v=Eb3W_fhtvNk

投稿: 普通の国民 | 2007/05/03 19:10

>私のことを「ネット右翼」と呼び、当ブログを「捏造憶測ブログ」と罵倒する輩がいる(笑)

ってこいつら?
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1176882273/317-328

それともコイツ?
http://d.hatena.ne.jp/meiwakoko/20070429

まあ、いずれにせよ、「そこまでムキにならなくても」って思いますが。

投稿: 坊や鉄 | 2007/05/03 19:45

はじめてコメントします。
多摩に在住していますが、我が家の近所の小学校は占領中に米軍の慰安所になっていたと父からききました。返還後はまた小学校として再使用されたそうですが、なんともはや、教育的配慮に基づいたものですね。

投稿: おやじ | 2007/05/03 20:11

わははっ!

坊や鉄さん、笑ってごめんなさい。
コメントありがとうございます。

「2ちゃんねる」、私は楽しんでいますよ。
けっこう私のファンも多いようです。

「左翼というのはプライドたりえるのだろうか」さんは、「左翼な主張をされる方の中で極めて柔軟な発想をされている人」です。

いずれも当たっていませんね(笑)
「そこまでムキにならなくても」ではなく、「左翼」と呼ばれている方たちの勉強不足と偏狭性、排他性、独善性を指摘しているのです。

やはり人間は謙虚でありたい。
そう思います。

投稿: 坂 眞 | 2007/05/03 20:54

>偏狭性、排他性、独善性の三点セット


残念ながら、「博士の独り言 闘魂編」と、その信者たちも、
その幣に陥ってしまってるんだよね・・・。

体質的に、ブサヨと同一ではないかと。

>誹謗中傷・罵詈雑言が多いのは左も右も一部の人たちであることを明記しておきたい。

ここらへんは、ビシっと名指ししてくれないと。

投稿: あかさたな | 2007/05/03 21:03

右翼とか,左翼とか,私にとってはどうでもいいんですが,このサイトは韓国中央日報並みに頭がぶっ壊れていて,おもしろいです。中央日報の場合は、中央日報だけがぶっ壊れているわけではなくて,韓国そのものがぶっ壊れているわけですが。しかしながら、中央日報のえらいところは、どんなバカ投稿でも、軒並み載せることですね。ここが、いつものように自分に都合のいいポストだけを選択している限り,まともなサイトとは思われないでしょう。さてさて、これはやっぱり削除か(笑)。


削除しません。
バカの見本として晒しておきます(爆笑)

次からは削除します。
「頭がぶっ壊れて」いる根拠を示せば別ですが(笑)

まあ、「ぶっ壊れて」いる人のたわ言を読むのは皆さんが不愉快と思われますので悪しからず。

坂 眞

投稿: txm | 2007/05/03 21:31

果たして坂眞様を社会主義の全否定者と捉えているのでしょうかね┐(´ー`)┌
この連中は。それとも坂眞様は愛国者だから右翼化したとでも
言いたいのでしょうかね( ´,_ゝ`) プ

と言うことは連中にとってロワイヤル氏も「右翼」なのかと。
本当にチャンチャラおかしい話しです。

尤も愛国心無き者に社会主義の理想を追求出来る道理はありませんわなあ┐(´ー`)┌
「市民」を敵に回して何が「左翼」かと'`,、( ´∀`) '`,、

投稿: abusan | 2007/05/03 21:40

坂さんは右翼です。左翼からそういわれたら勲章だと思えばいい。私は自分からいつも自分は右翼だと自慢してるくらいです。

ところで何度も言いますが、アメリカの議会は今左翼の民主党に支配されているため、日本叩きが盛んにされていますが、アメリカ全体が反日であるとかアメリカ政権が反日であるということはありません。アメリカ左翼は日本とアメリカの友好関係に亀裂を生じさせるのが目的です。ここで戦後の進駐軍も悪さをしていたなどと蒸し返すのはかえって逆効果だと思います。

日米は敵同士の戦争をしたのだから、お互いに悪いこともしたが、今は同盟国となり友好関係を60年も続けてきたのだ、当事者も死んでしまった時代のことを今更蒸し返してその貴重な関係を台無しにするのはよそう、日本はそういう態度を貫くべきだと思います。

投稿: 苺畑カカシ | 2007/05/03 23:31

いろいろ言われている様ですがこのブログは社会現象に対しての感覚、検証が優れていると思われます アンチ日本の方達には目障りってところですかね

投稿: yokunaiwai | 2007/05/03 23:36

まともな日本人ならば、ネットウヨクという言葉は使用しないでください。
もともとはと言えば、反日勢力である彼らがプロ市民と揶揄されたことに対応して、
こちら日本人に対しプロ奴隷というレッテルを貼り付けてきたのです。
しかし、いまいち受けが悪く、普及しないと見て「ネットウヨク」という言葉を
作り出してきたのです。

彼らは、事象の本質を正確に表現するレッテルではなく、自分たちの思惑通り印象
付けられるレッテルを貼り付け、それを広域に拡散させることで、
よく対象を知らないきわめて多くの人(海外も含む)に対し印象操作を行い、
社会を操作しています。これは、単なる売春婦を「従軍慰安婦」などと名づけ、
印象操作を行っていることとまったく同じ構図です。

にもかかわらず、彼らの思惑を想像することなく、彼らの撒き散らす言葉を、
嬉々として使用する人が多すぎます。彼らがレッテルを貼り付け定着させようと
している「ネットウヨク」という言葉は、当初の正確なレッテルを貼れば「反反日人」
でしょう。なのに自ら、嬉々として名乗ったり、彼らの思惑どうりの行動をしだす人も
いて、悲惨な状態です。これは情報戦争だということが理解できないのです。

この掲示板では「a」さんがその情報操作にまんまと引っかかっている典型例です。

投稿: 7743 | 2007/05/03 23:48

 レッテル貼りというのは、考えさせられることが多いテーマですね。一般的に言って、レッテルを貼って分類すると楽なので、貼ることで安心してしまう人も少なくないと思われます。東洋と西洋といった区別で何か意味のあることを語っていると思っている人が、その区別の中身をただされると苛立ちを見せたりすることがあります。

 社民党とか、民社党左派などは、左翼を名乗っているようなものでしょうが、彼等が自分達に反対する人を右翼と呼ぶ理由、あるいは動機は何かと考えてみると、反対者の主張の中身に触れずにまとめて切り捨てようとしているところにあるように思えます。同じ傾向のマスメディアも同様ですが、マスゴミのずるいところは、街宣右翼のようなヤクザが事件を起こすと「右翼団体」と呼ぶのに、中核派や総連系の団体などは、市民団体というような呼び方をするところにも感じられます。左翼団体という表現の報道にあまりお目にかかることがありません。

 そういうレッテル貼りは、戦後の洗脳教育にとって都合のいいものであったことでしょう。米軍の洗脳プログラムも、戦前の日本を黒一色に塗ってしまったわけですが、左翼陣営はそれを利用して、日の丸や君が代に軍国主義を結びつけるたぐいの連想ゲームを演出し、内実を考えさせないようにしてきました。ネットの普及によって、内実を考えるためになる情報に触れやすくなったことが、今のネット言論の隆盛を生み出したと言えるでしょう。

 あと、左翼とレッテル貼りの関係として、階級闘争史観そのものが、階級というレッテル貼りと結びついていることもあると思います。ある階級に属しているとされるだけで糾弾の対象となるというのは、おぞましい状況です。

 けっきょく、レッテルを貼って、それで何か意味のあることをしたと思っている人たちは、思考の怠惰におちいっているのだというのが、私が今の結論めいた考えです。

投稿: のらりひょん | 2007/05/03 23:58

自分が生まれ育った国、日本に誇りやプライド持ったり、特亜三国の異常さに危機感を持ったり、真実をみんなが気づいてほしいと思ったり。。そうゆうフツーに湧き出てくる愛国心もったら、日本人はみな右翼と言われなきゃいけないのでしょうか。右翼とゆうとイコール「街宣右翼」が浮かんで、愛国心もつのは恥ずかしい、洗脳されてる、そうゆうふうに思わされてしまいます。私は在日の知り合いがけっこー多いですが話を聞いてると、やはり街宣右翼はほとんど在日って本当です。そしてヤクザもほとんど在日って本当です。だから犯罪者が多いとゆうのも。。決して嘘ではないのです。。私は右翼ではないし、ネトウヨでもないです。腐敗した政治家とかムカつくけど、でも恵まれた日本に生まれてこれて良かったぁ~自分の国だから当たり前に好きなだけです。

投稿: ももちゃん | 2007/05/04 02:39

右翼だと思いますよ。
真正右翼!!(笑)

国柄を憂う人を右翼と呼ぶならば。

投稿: kuni | 2007/05/04 04:27

「右翼」、「ネットウヨ」などは所謂トンマないかれ思想の
人達が自分達の出鱈目理論を突かれて反論できず、誹謗中傷
するだけの言葉だと思います。
彼らにとっては「普通の感覚を持った人達」は全て「右翼」
なんでしょう。というかどうしたら彼らのような幼稚な理屈
が出てくるのだろうと不思議に思います。
頭の悪い生徒が頓珍漢な理論を構築してさも頭が良いように
振舞うのと良く似ている部分もありますね。
まあアホは無視するのが一番でしょうか。

投稿: horseside2002 | 2007/05/04 08:20

「左翼というのはプライドたりえるのだろうか」というブログをやってる左翼先生が、「博士の独り言」のエントリーの「戦時中、従軍慰安婦なる呼称はなかった」という表現に対して「博士は従軍慰安婦の存在自体を否定している」と非難、それに対して

質問者「『博士は従軍慰安婦の存在自体を否定している』という表現は博士が売春婦の存在自体を否定しているような印象操作ではないか」
   ↓
左翼先生「『博士は売春婦の存在自体を否定している』とは言ってない『博士は従軍慰安婦の存在自体を否定している』と言ったのだ、両者を混同させるな」
   ↓
質問者「じゃああなたの言う『従軍慰安婦』ってなに?」
   ↓
左翼先生逃亡

というおもろいバトルが展開されました。
左翼が従軍慰安婦という名称をいかに悪用するのか、そしてそれにどう対応すべきかというサンプルになるかと思います。ぜひご一読を!!

「左翼というのはプライドたりえるのだろうか」というブログの「在日朝鮮人差別反対!!!!」と「続・在日朝鮮人差別について」というエントリーのコメント欄、質問者は「hata」さん左翼先生は「lefty」さんです

投稿: やじうま | 2007/05/04 11:16

ちょっと前までは、ブログ炎上などは“ネットウヨ”の常套手段と言われてましたが、最近はその“ネット右翼”より、サヨクもどき=アンチ“ネトウヨ”の方が酷いですね。産経の古森義久氏のブログもアンチ“ネトウヨ”に、執拗に荒らされてますな。とうとう古森氏も堪忍袋の緒が切れたようで。こいつらも参院選が近いので、必死なんでしょうね。

何しろ「人気ブログランキング」で、サヨ系のブログは「きっこの日記」ただ1つで、後は保守系がズラリですから、きっこを追う保守ブログが目障りで攻撃したくなるのも当然かも知れません。奴らも焦ってるんでしょう。ブログの内容より、人格攻撃・誹謗中傷が中心、何か1つ事実誤認を見つければ、鬼の首を取ったように大騒ぎ、自分らの事は全くタナに上げ、何年経ってもいつまでもその事に粘着する。自分で見苦しいとは全く思わないんだろうか?

確かに保守系の中にも㌧デモ野郎はいますが、客観的に見ると、右系は嫌韓コピペの批判など、ある程度の自浄作用はありますが、サヨク系はまるでそれがありませんな。右系の自省を自らの勝利宣言に利用する。人間としてゴミクズ以下の腐れ性根としか思えない。

投稿: Almond Parfait | 2007/05/04 13:11

>右系は嫌韓コピペの批判など、ある程度の自浄作用はありますが、
>サヨク系はまるでそれがありませんな。

それどころか論破されたことを何度も持ち出してきますよね。
戦略的にわざとやってるとしか思えません。

投稿: h | 2007/05/04 16:49

>何しろ「人気ブログランキング」で、サヨ系のブログは「きっこの日記」ただ1つ

 このサイトでしたか他のサイトでしたか忘れましたが、この「日記」
サイトは、自動投票プログラムを使っていて・・・という投稿を見かけ
ました、真偽の程は分かりませんが。そんな魅力的なブログでも
なさそうなので、何かの操作はありそうですが。

投稿: 中凶殲滅 | 2007/05/04 17:01

 親玉のソ連の崩壊でサヨクはもうやること無くなったんでしょうね。
ソ連と衛星国がコケた上にシナだの北超賤だのの実情を知れば、
プロレタリアートによる暴力革命は幻想に過ぎないということが
明々白々になった訳です。論点を失ったサヨクは、「格差」社会の弊害を
しきりに論点に仕立て上げようとしますが、日本における格差とは比べ物
にならないほどの、共産主義国のシナや北超賤における格差にはワザと
目をつむって報道しないと。
 サヨクの最後の悪あがきが今始まっているような気がします、
ここで手を抜いてはなりません、批判勢力を根絶すべきではありませんが、
何を主張してるのだか自分でも分からなくなっているタダのバカサヨは一刻も
早く撲滅すべきです、議論の邪魔にしかなりませんので。

投稿: 中凶殲滅 | 2007/05/04 17:19

現在、ことネットにおいて左翼言論がその力を失っているのは単純にそのロジックに整合性が無いからです。

嘘、欺瞞、自らの主張を通す為なら手段をいとわないその姿勢が現在の情報化社会で破綻しているからです。

左翼系ブログやメディアがネットで活動する場合もリアルと変わらない情報の一方的流通を堅持し、議論を行う姿勢すら見せないその姿勢は、姿を変えつつ継承されている過去から変わらぬその暴力性を加えフツーに見てカルトでしかありません。

さて、管理人氏は現在その合理的思考と分析をもってブログを綴られており、それが支持にも繋がっているわけですが、過去には安保闘争や同和問題等において闘争を行われていたと言う。

我々若年層においてもっとも理解できないのが左翼やリベラリスト達の行動の先にある目的です。だから売国奴としか表現できないわけです。
かつて彼らと思想を共有した管理人氏には是非彼らの行動原理とその究極目的に関する考察を述べていただきたいなぁと思う次第なのです。

過去にもソレに関するエントリーは数本あるわけですが、知識から入る概要に終始するものでしたのでその時代を体験していない者にはその本質を測りかねる部分が多いのです。

かつての日本において行われていた学生やリベラリスト達の闘争はその時には論理的整合性を持っていたのでしょうか?またその行動目標は何だったのでしょうか?
また社会へ潜伏した彼等が今現在何を目標に反社会的活動を行っているのでしょうか?

投稿: はなみず | 2007/05/04 18:09

 スミマセン、こういう姑息なランキング稼ぎもあるようで、ちょっと紹介させて下さい、★厳選!韓国情報★さんへの投稿のコピペです。

(引用開始)
Unknown (無尽)

2007-05-04 12:04:55

皆さんにご案内

ブログランキング20位に突然入ってきた「韓国によって創られた日本という国」というブログ

『プログランキング』上げる為に朝鮮人らしい卑怯な小細工をしています
下記を押したらランキングにつながりポイントが加算される仕組みです
ブログランキング 1位博士の独り言
ブログランキング 2位極右評論
ブログランキング 3位依存症の独り言
ブログランキング 4位この国は少し変だよ
ブログランキング下位韓国によって創られた日本という国
他人のブログの名前を使い、こんなことまでしてポイントを稼ぎたい朝鮮人。絶対押さないように。
(引用終了)

 真偽不明ですが・・・。

投稿: 中凶殲滅 | 2007/05/04 21:08

中凶殲滅さん
おもしろい情報ありがとうございます。

情報、正しいと思います。
当該ブログの
ブログランキング 1位博士の独り言
ブログランキング 2位極右評論
ブログランキング 3位依存症の独り言
ブログランキング 4位この国は少し変だよ
ブログランキング下位韓国によって創られた日本という国
のプロパティを開くとアドレスはすべて
http://blog.with2.net/link.php?460184
になっています。
つまり、クリックするとすべてが「韓国によって創られた日本という国」のポイントになる仕組み。
ちょっと信じられませんね。
ちなみに、このブログ主、「在日」ではなく「現役の韓国人」だと思います。

ちなみに私のアドレスは
http://blog.with2.net/link.php?73373
です。

投稿: 坂 眞 | 2007/05/04 22:31

hさん、他ブログにもあったんですが、決着した話を何度も蒸し返し、相手が疲労したところを突いて、話を自分有利に持っていくと言う愚行、バ韓国人が日本海呼称を無理やり力づくで変えようとするやり方にそっくりですね。

やはり彼らを過剰に擁護する輩は、日本人じゃないとすれば、思考まで似てしまうんでしょうか。

投稿: Almond Parfait | 2007/05/04 22:58

2ちゃんねらーの中には単にコピペを繰り返すだけの輩がいるのは確かでしょうが、それが大多数だとは思いません。いかなる根拠をもって2ちゃんねらーがネット右翼なのかなと、ニュース速報+板住人の私が言ってみる。

いや、別にネットウヨクと思われても構いませんが、根拠無く他人にレッテル張りするのは左翼と差がないのではと。2ちゃんも読むけど、他のも見る人も居ますよ、と。

投稿: ワッフル ワッフル | 2007/05/05 17:18

ネット右翼というか昨今の右傾化ってのは2002年のワールドカップや同年の日朝首脳会談を目の当たりにして抱いた反マスコミ、反朝鮮、反左派・左翼の感情がネットを通じて共有、増幅されたのがきっかけなんだけど、
どいつもこいつもここら辺の話を(わざと?)無視してネット右翼や右傾化を語るものだから話がおかしくなるんだよなぁ

投稿: うに | 2007/06/16 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/14937550

この記事へのトラックバック一覧です: 依存症の独り言はネット右翼なのか?:

« 米メディアの偏見と、迎合する反日左翼 | トップページ | 「物権法」は吉と出るか凶と出るか! »