« 国民が非文明的なのは国家のせい | トップページ | 中国共産党は「人民の敵」 »

2007/05/26

人権派を糾弾しなければならない!!!

23日に書いた山口県光市の「母子殺害事件」について再度言及したい。
なぜなら、広島高裁における差し戻し審で、弁護側がとんでもない主張を繰り出しているからだ。

ウィキペディア(Wikipedia)がコンパクトにまとめているので、そこから引用する。
弁護側の主張を箇条書きにすると次のとおりになる。

〇強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた。
〇(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ。
〇(検察は)被告を極悪非道の殺人者に仕立て上げ、死刑にしようとしている。
〇水道屋の格好したのはコスプレの趣味であり、計画的な犯行ではない。
〇死後に姦淫したことは、被告が死者を生き返らせようと思ってやったこと。

よって「強姦・殺人」ではなく「傷害致死」だというのである。
21人もの弁護士が知恵を絞ってこの程度の反論しかできないのかと思うと、怒りを通り越して情けなくなってくる。

これは、事件の「わい曲」、いや「ねつ造」であると言ってもよい。

この馬鹿げた「ねつ造」は、テレビで報道されたあの人権派弁護士・安田好弘の主張に重なる。
私は正確に記憶していなかったのだが、TBをくれた「今宵の鬱」さんが、きちんと採録してくれているので以下に紹介する。

〇本村さんの妻・弥生さんの殺害について
被告は思春期に母親の自殺を目撃しており、母親に甘えたい気持ちから被害者女性に抱きついたところ、大声を出されたので口をふさいだ。
しかし手がずれ込んでしまい、首が締まり女性を死に至らしめてしまった。
これは今の日本の法律では傷害致死に当たる。

〇弥生さんの屍姦について
その後少年が母親に性的行為を行った件については、相手がすでに死んだ後に行っているので強姦罪には当たらない。

〇本村さんの長女・夕夏ちゃんの殺害について
「赤ん坊を泣き止ませようと、首にちょうちょ結びをしたところ、きつく締まり過ぎてしまい、赤ん坊は死んでしまった。これも傷害致死に当たる。

このような「狂った」としか思えない主張を、イラストまで用いて堂々と繰り広げるのであるから、もう言葉がない。
この安田好弘は人間ではない。既に鬼畜のレベルに堕ちている。つまり「犯人と同じ」ということだ。

Yasuda_2













もちろん弁護士は、被告人の利益を最大限尊重する立場にある。だから、これらの主張は犯人自身のものかもしれない。
であるとすれば、この犯人は、なおさら“反省”などしていないということだ。

弁護側は「犯行時の被告は、ままごとをしているかのような精神状態だった」「犯行時の精神年齢は12歳程度だった」(讀賣新聞)とも主張しているようだ。
が、「ままごと」で殺されたのではたまらない。精神年齢を死刑回避の理由にするのなら、20歳を超えても、30歳過ぎでも死刑は回避される。
やはり、この弁護団は「まるごと狂っている」と断言してよいと思う。

彼ら人権派が死刑に反対するのは「死刑は国家による人権侵害」、つまり「国家による殺人」とみなすからだ。

確かに「世界人権宣言」には、次のように書かれている。

第5条
何人も、拷問又は残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な取扱若しくは刑罰を受けることはない。

つまり、何人に対しても「残虐な、非人道的な若しくは屈辱的な」刑罰を加えてはならないのだ。

が、「世界人権宣言」第29条第2項にはこうも書かれている。

2.すべて人は、自己の権利及び自由を行使するに当っては、他人の権利及び自由の正当な承認及び尊重を保障すること並びに民主的社会における道徳、公の秩序及び一般の福祉の正当な要求を満たすことをもっぱら目的として法律によって定められた制限にのみ服する。

要するに「人権」は「他人の権利及び自由の正当な承認及び尊重を保障すること並びに民主的社会における道徳、公の秩序及び一般の福祉の正当な要求を満たすこと」を前提にして保障されるのだ。
この前提に反した者が「法律によって定められた制限」に服するのは当たり前のことである。
故意に、しかも獣欲に基づいて他人の人権を最大限に侵害した人間が、それ相応の報いを受けることは人権に反しない。

今回の弁護団に象徴される「人権派」こそ、人権をねじ曲げ、「他人の権利及び自由」を蹂躙しているのだ。

人権派を糾弾しなければならない!!!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

“従軍慰安婦”問題と韓国の真実を知るために
韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録
(著) 坂 眞 (飛鳥新社) ISBN:4870317788
54468_1

Amazon
セブンアンドワイ
楽天ブックス
bk1
boople
紀伊國屋書店
(在庫僅少or売切れ店舗あり)
丸善
(在庫僅少or売切れ店舗あり)
ジュンク堂書店
(売切れ・取り寄せ)
旭屋書店(売切れ・取り寄せ)
八重洲ブックセンター
(売切れ・取り寄せ)
Mana House(在庫あり1冊)
2007年5月25日現在

|

« 国民が非文明的なのは国家のせい | トップページ | 中国共産党は「人民の敵」 »

社会」カテゴリの記事

コメント

初めまして、管理人様。
本ブログを読んで、ちょっと思っていた事を書きます。
それは、高裁への差し戻し審となった事自体についてです。

というのも、基本的に下級審や高裁には、現実にある程度の広い裁量権があると見る事ができます。
ですがこの事件の場合、冒険的な裁量に対して、高裁がそれを戒めるというものでなく、寧ろ足並みを揃えたために、最高裁から戒められたようにも見えます。

そのような面から見ても、ある意味、貴方の主張される事柄が介在するのだろうと思います。
勿論、これは私の憶測ではありますが、仮にそのような存在が下級審に影響力をもっているとすれば、忌々しき事だと思います。

投稿: ダブルウィング | 2007/05/26 15:03

この21人の弁護士は、今後
要注意弁護士としてマークする必要がありますよね。
弁護士名、所属事務所など公表されてますかね?

投稿: mmd | 2007/05/26 15:34

死刑に反対する「ホンモノの人権派」こそ、このイカれた弁護士達を
黙らせる努力をするべきだ。こいつら人間じゃねぇ!!!

投稿: ιょぅ | 2007/05/26 17:39

この21人の弁護士達は「弁護士資格剥奪」がふさわしいでしょう。
こんなのは「弁護」では無い。彼らの「精神年齢」は幼稚園児並み
かも。

投稿: horseside2002 | 2007/05/26 18:25

光市の事件について、このような証言を出してきて人権派弁護士とは、正直頭がおかしいのでは?と思いました。
これは、酷い・・・・21人も集まってこの程度の証言で事を進めようとするのとても信じられませんでした。

彼らが、犯罪被害者の遺族になった場合このような証言をされて納得できる物なのでしょうか?
私は、納得することが出来ません・・・・
このような立場の場合、多分、出所した被告人を殺して自分も死ぬと考えます。

確かに、犯罪を犯した場合、刑を受けて罪を償い、刑に服する過程で更生を勤めるのが妥当です。
被告人は、友人に宛てた手紙の内容からは、更生をしているようには感じられず
死刑にはならず十数年で出所できるから大丈夫確信犯と言う感じすらしました。

本村さんが仰るように、21人の弁護人は、今回の事件を利用して自分たちの本懐である
死刑廃止制度を実行しようとしているだけに過ぎないと感じます。

投稿: ラングスドルフ | 2007/05/26 18:25

>強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた。

 なんかすごいな、この屁理屈。最初の一行で頭が朦朧としてきた。こいつら(この弁護屋連中)に優しくしたらとんでもない目に遭うな、きっと。

投稿: duzhe | 2007/05/26 19:19

精神鑑定が必要なのは其の21人の弁護士集団だと思うです。

投稿: ざんぶろんぞ | 2007/05/26 20:33

 しかし、死刑制度廃止は何かの利権に結びつくのでは?
と勘ぐりたくもなりますね。
 弁護側の真の目的は一体何なのでせうか?

 あの岡●勲弁護士もそうでしたが、自分の親族が同じ
ような殺され方したら、それまでの理念も主張も何処へやら、
死刑制度廃止はケシカラン、「被害者の人権」こそ大事だとかと
言い出すのではないでせうか?
 サヨクの無定見や小汚さや保身故の変わり身の早さにはもう
いい加減ウンザリですね。

投稿: 中凶殲滅 | 2007/05/26 20:51

今回の事件といい、鬼畜生の仕業としか思えませんね。
逃げ口上はいつも同じ。精神障害か社会が悪い式の言い逃れですね。
何かと人権を振りかざす二枚舌のアメリカでもあきれた判例が腐るほどありますが、先のバージニア工科大学の事件の犯人をその理由で無罪にしたら暴動がおきますね。
日本人の常識は世界でも一番優れたものだと常々思っていましたが
こんなあきれた弁護士たちがまかり通る昨今、それは怪しくなっているのでしょうか?
私は馬鹿につける薬は無く、馬鹿は死ななきゃ治らないと思っております。
それにしてもこの弁護士の顔って、、水木しげるの漫画の中の人物みたいでこの世のものとは思われませんな。

投稿: 転びバテレン | 2007/05/26 22:38

最早多くは語りません。

この弁護士共の主張は司法に対する重大な挑戦である!
こんな主張が罷り通る様なら司法そのものが否定される!

と。

投稿: abusan | 2007/05/27 08:31

何が如何転んでも「死刑」以外の刑がある筈が無い。鬼畜の所業に存命は有り得ない!数十人の死刑廃絶論者の売名弁護士団体?こんな輩が跋扈出来る日本社会に問題があるんです。公正、公平な「目」を見る機関が裁判だとしたらその前に公正、公平の思考に偏りの有る弁護士は、重要裁判に従事させてはならない。私はそう思います!安田なる弁護士はまともな人間なら胡散臭さを感じない人はいないでしょう。コイツ自分の奥さんや子供を同じ事をされても同じ立場にいれる奴どた思いますか?こんな奴に限って一般人が考えられない位メディアに吼えるんです。私の大切な妻、子を殺害した犯人に「死刑判決を」と!!!

投稿: 七生報国 | 2007/05/27 08:42

いつもご苦労様です。

こんなのみると 早く裁判員制度が出来ないかと思います。
狂った弁護団はいらん。
確信犯は 「死刑」 それしかありません。

投稿: あきつ | 2007/05/27 09:22

まあ弁護士は被告減刑が役割ですから。今回は弁護しようがなく、加えて検事以上に冷静で知性的な被害者家族の存在が大きかったと思います。この負け試合に死刑廃止運動を絡める愚策がよけい酷くした印象です。  
 先程テレビで残留孤児等の訴訟をみましたが、何故直接の加害者である旧ソ連をまず訴えない?東京大空襲訴訟でもアメリカでなく自国を訴え おまけに日中被害者の会まで立ち上げていたっけ。 弁護士や後ろで煽る団体を 胡散臭く疑う癖がこの頃ついてしまいました。

投稿: さる | 2007/05/27 13:35

 人権ねえ。無辜の他人の生命を抹殺した以上、その犯罪者の人権は抹殺の時点で一部又は全部が既に尽きている。この尽きた加減を評価するのが量刑であり、三権分立の建前で公平な裁判所が判断する以上は、国家権力による人権侵害は起らない。まず、犯罪者による人権侵害は被害者のみならず遺族・関係者に及んでいることを評価すべきで、それに見合う報復の権利が遺族に生じてている筈である。この報復権の行使は国家に委ねるとしても、犯罪時点で発生した報復権の内実は発揮されねばならない。

投稿: ぷく | 2007/05/27 14:41

基地外便所士ども、精神年齢12歳って、12歳をバカにするな!!
世の12歳のほぼ全員がこんな基地外じみたことはしない。
それを言うなら「精神が某国と同レベルで・・・」と言え!!

投稿: あべし賛成 | 2007/05/27 16:46

今日の「たかじんのなんでも・・・」で、橋本弁護士が言っていました。
弁護士会へ個人の弁護士を罷免請求できる制度があり、曰く「この番組を見ている人で手続きを一人でも多くやってくれ」「弁護士会は2、3名の請求があっても大騒ぎになる」
大体この様な内容だったと思いますが、この請求制度が本当なら、やろうかと思う。
こいつらは、人を救済するのでは無く、似非正義感に溺れた糞達だ。

投稿: たー坊 | 2007/05/27 17:17

先ほどたかじんの番組で橋下弁護士が「彼らを辞めさせたいのなら弁護士会に懲戒請求を出せばいい、2~3人から請求が来ただけで弁護士会は大慌てになる」というような事を言ってました。
検索してみると、日弁連には【懲戒制度】というものがあり、弁護士に対する懲戒の請求は、事件の関係者に限らず誰でもでき、懲戒の事由があったときから3年以内にしないと無効になるようです。

http://www.nichibenren.or.jp/ja/autonomy/tyoukai.html

投稿: ガブ | 2007/05/27 17:23

人権派弁護士の主張?小生の生まれ故郷、大阪地方の言葉を借りれば「オチョクル」之が人権を語る弁護士とは、ふざけているとか思えません。
一応は大学を出たが暗記力だけで教養がないのでしょう、ホントにこんなのを見ると情けなく成りますね。酷いものです。

投稿: 猪 | 2007/05/27 17:41

この鬼畜弁護団につける薬は、もはやない。
子供の言い訳よりまだ酷い主張を積み重ね、人情の欠片もない。
同じ人として、恥ずかしい。

投稿: どん | 2007/05/27 19:51

これ読んで思うのは、むしろ、こんな暴論でしか、もはや弁護できないような犯人・犯行なんだろうなぁ、ってことです。
裁判所の常識は、世間のそれとはまた違うものでしょうが、それでも、こんな弁護では、極刑は止められるとは思えない。
弁護団は減刑を諦めたとしか…。

とはいえ、人権派のポーズにも限度があるってことわかってもらわないといかんでしょうね。
これはもはや被害者遺族への侮辱ですよ。
人権派の人たちは「市民」の国家権力との闘争、っていう発想しか持っていないから、こんな態度が取れるんでしょうが、
世の中そんな単純なものじゃない(つか、そもそも市民を圧迫する「国家」ってなんですか?)っていい加減、知るべき。

投稿: h | 2007/05/27 21:04

こんばんわ!先程フジテレビでこの事件を取り上げており、21人の弁護士のうち1名が匿名を条件に「自分が本村さんの立場だったら被告を殺しに行く」とコメントしたことを報道していました。
あまりのダブルスタンダードぶりに怒りを通り越してしまいました。じゃ、そもそもこの弁護団の意図とは何でしょう?

出演していた東国原県知事は本村さんを電話で激励し、市民に対する凶悪犯罪を犯したものには厳罰をもっと対処して欲しいとおっしゃっていました。こちらはGJ!

投稿: おれんじ | 2007/05/27 23:39

 ある意味、裁判でこんな狂った主張をする弁護士を野放しにしておく事が既に危険なのではないか?とすら思う私。
 「赤ん坊を床に叩き付けても傷害致死」だの「口塞ごうとして首締めた」だの「死姦は蘇生措置」なんて事を信じているのだとしたら、同じ事を我々にやりかねない狂人と言わねばなりますまい。犯罪防止の観点から措置入院をさせて精神鑑定すべき。

 今回の裁判は日本裁判史に残る最悪の弁護になりそうですね・・・

投稿: TMN | 2007/05/28 01:37

ペッパーランチ心斎橋店 女性客拉致監禁強姦強盗事件 まとめ - トップページ
http://www22.atwiki.jp/pepper_rape/

ハムスター速報 2ろぐ ペッパーランチ報道規制の証拠を見つけてしまった件
http://2log.blog9.fc2.com/blog-entry-1910.html

ペッパーランチとは - はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DA%A5%C3%A5%D1%A1%BC%A5%E9%A5%F3%A5%C1

その後の続報がピタリとなくなりました。
非常に気持ち悪いです。
これもかの国の国技でしょうか?
それとも人権派、国際派、特亜擁護派の暗躍のおかげでしょうか?

投稿: 「注文の多い料理店」 | 2007/05/28 07:33

何なんですかね?
このふざけた理由の列挙は。。。小学生でもあるまいし。。。

これは「法廷侮辱罪」にはならないのでしょうか?

投稿: とんび | 2007/05/28 08:55

弁護側は本当にこの主張のとおりだといいたいのではなくて
このように考えて犯行に及んだ犯人の精神は異常であり
故に責任能力がなかったと言いたいんでないかな?

投稿: F2 | 2007/05/28 13:49

この馬鹿裁判の弁護士の全員の名前を、国民に告知して、二度と彼らのところへ仕事の依頼が行かないようにするべきだと思う。
是非、あちこちの週刊誌でやってほしい。

投稿: 地元の人間として | 2007/06/05 12:40

強姦殺人という犯罪を娯楽と考え、被害者遺族の傷に塩を塗りこむが如き内容の手紙を書く犯人。
そしてその狂気の犯罪者の味方をし、自己満足に浸りたいが為に減刑させんと目論み被害者遺族攻撃を行う人権派弁護士連中。

どちらも正真正銘の狂人である。狂人同士気が合うのだろう。
だが一部を除きこの日本に貴様らの味方は存在しない。かの差し戻し請求がその証拠だ。

7年もの間血税を食い潰し醜く太った犯人は、話が違うとうろたえている事だろう。同情など微塵も無い。自業自得だ。

願いが叶うなら、この民衆の敵どもを一纏めに地獄へ叩き込んでほしい。

投稿: 怒りオヤジ | 2007/07/29 14:17

ままごとのような精神状態とか12歳の精神状態とか専門家の法的に有効な鑑定結果を基に言ってるんでしょうか?

それが証明できなければ「本人がそう思ったからそうした、だから殺人ではない」なんて言っても理論的に進めていく裁判では何の効力も持ちません。

死刑の存在意義というのは遺族が被害者の死という受け入れがたい現実を乗り越えるために加害者の死が必要な為存在します。

加害者が死刑になることで、そこから遺族は初めて失った家族の死とまともに向き合えるのだと思います。

まあ何にせよ友人に宛てた手紙の内容が世間に知れてしまった時点で福田はヘタこいたってことですね、それに追い討ちをかけて福田を死刑にしてしまったのが弁護団です。

彼が死刑執行までの日々恐怖と戦う様子と、絞首台から落とされ、自分の頚椎が破壊される音を聞いて絶命する瞬間まで彼が体験するであろう事をリアルに想像すると
楽しみで夜も眠れない日々が続きそうです。

投稿: | 2012/02/22 16:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/15207858

この記事へのトラックバック一覧です: 人権派を糾弾しなければならない!!! :

» 光市殺人事件の遺族・本村氏、仰天弁護に対し「怒り通り越して失笑」 [ネトウヨのブログ]
 1999年、光市で起きた陰惨な母子殺人事件の遺族、本村氏が弁護団を痛烈に批判なさっていました。2ちゃんねるの敏腕記者・ばぐ太記者のスレッドより引用いたします。 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1180014898/-100 1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/05/24(木) 22:54:58 ID:???0 ・光市で一九九九年四月、会社員本村洋さん(31)の妻弥生さん=当時(23)=と長女夕... [続きを読む]

受信: 2007/05/26 15:24

» 中国と日本、根回し [中国から見た中国と日本の違い]
 一般的に根回しは秘密裏にすることが多く、中国ではマイナス要因の印象があるが、日本では事を運ぶのに必要な段取りとの認識で、日本人の生活全般で使われているという違いがある。 日本人は事前に知らせておいてから正式に発令するのが好きである。 根回しは外...... [続きを読む]

受信: 2007/05/30 19:59

« 国民が非文明的なのは国家のせい | トップページ | 中国共産党は「人民の敵」 »