« 李登輝氏の来日に思う | トップページ | 地球温暖化の防止は米国と中国がカギ »

2007/06/14

歴史をわい曲する韓国の暴力的民族主義

昨日、日本による台湾統治は“侵略”でも“植民地支配”でもなく、「未開の台湾を近代化した」ものだったと書いた。
これは朝鮮半島についても同じことが言える。

以下の記事を読んでほしい。李栄薫(イ・ヨンフン)ソウル大学経済学部教授のインタビューを抜粋したものである。
ソウル大学と言えば、韓国の最高学府である。
韓国の知識人にも、こういう人物はいるのだ。

-------------------------------------------------------------------

Iyonfun







「韓国人の歴史意識は観念的かつ道徳的であり、見解の異なる者との対立を自ら望む傾向にある。また政治指導者らは、大韓民国が何かの間違いで建国された国だと考えているようだ。金大中(キム・デジュン)政権が第2建国委員会を発足させたことや、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が韓国近現代史を“正義が敗北し、機会主義がはびこった”時代と規定したことだけを見てもそれは明らかだ。こうした間違った歴史意識は社会や国家を分裂させ、韓国の先進国入りを難しくしている」

「いつからか文章を書く際に自分で検閲をするようになった。だが、真の検閲者は韓国の暴力的民族主義だ。これにやられた人は、謝罪や引退、または逃亡に追い込まれるほかない」

「昨年初めに出版された『解放前後史の再認識』の編集にかかわりながら、韓国社会の中産層がこれまでの50年間、民族や民衆、階級などといった日常生活とは何の関係もない歴史からどれだけ苦しめられたのかを痛感した。そこで、こうした状況を何とかしたいと思い、自由と信頼、法治の文明精神に基づいて書かれた新たな歴史を示そうと考えたことがきっかけになった」

「韓国人は自ら伝統を否定し、批判した経験がない。韓国の伝統を批判した日帝が敗亡し、それにより伝統自体が美化され、産業化の始まりとともに民族主義的に利用された。性理学は、人間を道徳的存在と見なし、社会を道徳原理が支配する場と見なしている。これは、西洋的意味での実用主義や経験主義、多元化された思考とはかけ離れている。ここ数年間、韓国社会が深刻な摩擦と対立を経験したのも、余りに観念的かつ道徳的な性理学的思考からもたらされたものではないかと思う」

「朝鮮王朝は19世紀には既に事実上解体されていた。人口の増加により火田民(焼き畑農業を行う農民)が増えたため山林は荒廃し、少し雨が降っただけでも土砂が田畑に押し寄せ、農業生産力は減少した。18世紀中ごろに比べ、農業生産力は19世紀末にはほぼ3分の1の水準にまで衰退した。こうした農業生産力の衰退の影響で1850年代以降にコメ価格が暴騰し、それが政治的・社会的混乱へとつながり、それに対し朝鮮王朝は何ら有効な対策を打ち出すことができなかった」

「1982 年、金海郡庁で土地調査事業当時に作成された文書が大量に発見された。そこで、この資料を活用した研究を行ったところ、総督府は国有地を巡る紛争を公正に扱っていたことが分かった。全国484万町歩(1町歩は約0.99ヘクタール)の国有地のうち、12万7000町歩だけが国有地として残ったが、その大部分は朝鮮人農民らに有利な条件で払い下げられていた。食糧を日本に搬出したのも市場を通じた商行為に基づくものであり、強奪したわけではない」

「韓国の学界には厳格なジャッジがいないためだ。先進社会では学界を支配する厳格な審査グループがあり、主張の妥当性について判定を下している。後進社会にはこうした審査を行うグループが存在しないため、何が正しく何が間違っているのかについて、大衆はもちろん、研究者さえも知ることができない状況に陥っている」

「土地や食糧の収奪、虐殺など、この作品(小説「アリラン」)が描いた内容は事実とかけ離れている。自分も学校の図書館でこの本を借りて読んだことがあるが、本には学生らがあちこちに書き込んだメモが残されていた。例えば、日本人の巡査が土地調査事業を妨害したという理由で、朝鮮人農民を裁判にもかけずに処刑する場面では、“ああ、こんなことがあってよいのか…”と怒りを示していた。このように商業化された民族主義が横行し、被害意識だけが膨れ上がった結果、(植民地支配を実際に体験した)高齢者よりも若い世代で反日感情が強くなった。これは、商業化された民族主義と間違った近現代史教科書に基づく公教育のせいだ」

「建国とともにこの地に初めて自由民主主義国家が樹立され、個人の財産権や経済活動の自由を保障する自由市場経済体制が導入された。これは、韓国史の大転換と呼ぶべき出来事だ。だが、若年層が大韓民国の建国を否定的に考えるのは、われわれが近代に無賃乗車した側面が強く、自由民主主義社会を実現するための闘争をほとんどせず、市場経済を受け入れる際の代価を支払うこともなかったためだ」

「李光洙(イ・グァンス)や崔南善(チェ・ナムソン)のようなイデオロギー型の親日協力者らは建国の過程で排除されている。建国に参加した人々は、官僚、教師、会社員、銀行員などのテクノクラートであり、近代国家を建設しようとすれば、近代が要求する知識・技術体系を習得した人々が必要になる。(彼らを親日派と見なすのではなく)植民地体制下の近代を通じ、こうした近代国家の建設に必要な人的資源が供給されたと見るべきだ」

「“われわれの力で解放を勝ち取れず、親日派を清算できなかったことにより歴史が歪曲(わいきょく)された”というイデオロギーが左派により広められているが、自らの力だけで植民地から解放された国がどこにあるというのだろうか。また、左派は“北朝鮮は親日派を清算した”と主張するが、本当にそうだろうか。天皇制イデオロギーに基づく日本軍国主義を継承した国家がまさに北朝鮮の首領体制ではないだろうか」

「木村光彦教授の著書『北朝鮮の軍事工業化』を読んで知ったことだが、金日成(キム・イルソン)主席が南侵を決行する上で、日帝が建設した軍事工業施設が一役買っていたそうだ。800人にも及ぶ日本人技術者らが韓国戦争(朝鮮戦争)の直前まで北朝鮮に抑留され、工業生産の復旧に当たっていた。北朝鮮経済が1960年代まで韓国に先んじていたのも、日帝が建設した生産基盤のおかげだ。金日成主席の北朝鮮は、精神・物質の両面で日本帝国主義の申し子ということができる」

-------------------------------------------------------------------

「真の検閲者は韓国の暴力的民族主義」と見抜きながら、こういう発言を韓国最大の新聞・朝鮮日報に載せる。
李栄薫教授の勇気に敬意を表したい。

「韓国人は自ら伝統を否定し、批判した経験がない。韓国の伝統を批判した日帝が敗亡し、それにより伝統自体が美化され、産業化の始まりとともに民族主義的に利用された」

まさにそのとおりである。

日本に併合される前の韓国は極めて貧しく、政治的には清(中国)と属邦関係にあった。そして朝鮮王朝は、既に統治権力としての権威を失墜していた。しかも、制度的には奴隷制の残る前近代的な身分制社会だった。
李教授も「朝鮮王朝は19世紀には既に事実上解体されていた」「18世紀中ごろに比べ、農業生産力は19世紀末にはほぼ3分の1の水準にまで衰退した」と語っている。
つまり当時の韓国は、政治的、経済的、社会制度的制約から、自力で近代国家へと脱皮できるような状況ではなかったのである。

李完用や一進会が、日清戦争や日露戦争という歴史の激動を直視する中で、日本との併合による韓国・朝鮮の近代化を志向したのはむしろ当然、ある意味では歴史の必然だった。
ところが今の韓国は、李教授が指摘するように、当時の「韓国の遅れた伝統」を美化し、「遅れた伝統」を批判した日本(日帝)を悪者にすることによって自らの歴史を合理化しているのである。
1世紀も経過しているのに、今になって李完用などを「親日派」「売国奴」として弾劾し、その子孫から財産を没収するなどという、およそ民主主義国家では考えられないことが行われるのも、「韓国人は自ら伝統を否定し、批判した経験がない」からである。

「総督府は国有地を巡る紛争を公正に扱っていたことが分かった」
「その大部分は朝鮮人農民らに有利な条件で払い下げられていた」
「食糧を日本に搬出したのも市場を通じた商行為に基づくものであり、強奪したわけではない」
にもかかわらず
「日本人の巡査が土地調査事業を妨害したという理由で、朝鮮人農民を裁判にもかけずに処刑する」などという「ねつ造本」(小説「アリラン」)が350万部も売れる。李教授はこの本を「憤怒の念と狂気で満たされた作品」と批判しているが、一般の韓国人はこの批判に耳を貸さないだろう。

これも、韓国が「厳格なジャッジ」がいない「後進社会」だからであり、「暴力的民族主義」が自由な言論を圧殺するからである。
その結果、「(植民地支配を実際に体験した)高齢者よりも若い世代で反日感情が強くなった」のだ。

ヨルリン・ウリ党などの左派は「われわれの力で解放を勝ち取れず、親日派を清算できなかったことにより歴史が歪曲(わいきょく)された」と主張しているようだが、歪曲しているのは左派だろう。
「建国に参加した人々は、官僚、教師、会社員、銀行員などのテクノクラートであり、近代国家を建設しようとすれば、近代が要求する知識・技術体系を習得した人々が必要になる。(彼らを親日派と見なすのではなく)植民地体制下の近代を通じ、こうした近代国家の建設に必要な人的資源が供給されたと見るべき」という李教授の主張はまさしく正論であり、朝鮮戦争を戦った韓国軍の幹部もほとんどが旧日本軍の軍人だった。
ところが「近代に無賃乗車」し、「市場経済を受け入れる際の代価を支払うこともなかった」という自覚もないまま今の繁栄を享受している連中に限って「親日派を清算できなかったことにより歴史が歪曲(わいきょく)された」と主張する。

「天皇制イデオロギーに基づく日本軍国主義を継承した国家がまさに北朝鮮の首領体制ではないだろうか」という提起には同意できないが、李教授が展開する主張は概ね正しいと思う。

「自由と信頼、法治の文明精神」に基づくと李教授のような認識になる。が、今の韓国では、李教授のような人は「謝罪や引退、または逃亡に追い込まれるほかない」。韓国が真の民主主義国家になれるかどうかは「反日」を克服できるかどうかにかかっている。しかし、李教授に対する韓国世論の反応を見ていると、それは極めてむつかしいと言わざるをえない。

-------------------------------------------------------------------

李教授は2004年9月にも、韓国のキー局であるMBCの討論番組で以下のような発言をしている。
「挺身隊(“従軍慰安婦”を韓国ではこう呼ぶ)は商業的目的を持った売春業」
「韓国戦争(朝鮮戦争)当時の韓国人による慰安所や米軍部隊近くのテキサス村に対する(韓国人の)反省と省察がない」
「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」
「日本は挺身隊を管理した責任があるが、韓国民間人の問題も取り上げるべきだ」

つまり李教授は、朝鮮戦争当時、韓国人自身が慰安婦を募集し慰安所を開設していたではないか、第二次大戦中の“従軍慰安婦”も同じ構図だったのではないか、と主張しているのである。
また李教授は、「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」とまで述べている。これは、韓国の学者の間では“従軍慰安婦”は朝鮮戦争当時の米軍向けの慰安婦と同じで、「商業的目的を持った売春業」であったと認識されていることを示している。
にもかかわらず、表に出てくるのは「日本は韓国のうら若き女性を強制連行し、性奴隷として酷使した」という怨嗟のこもったわが国に対する非難一色なのである。

まさに「真の検閲者」である「韓国の暴力的民族主義」が事実をねつ造し、歴史を歪曲しているということだ。

李教授はかつて、「韓国の歪曲された教科書で学んだせいか、反日感情の根がかなり深くなっている」「私たちが植民地時代について知っている韓国人の集団的記憶は多くの場合、作られたもので、教育されたものだ」と語ったことがある。
「歪曲された教育」が「歪曲された民族意識」を生み出し、国家や社会までも歪曲してしまう。
われわれも歪曲された教育、歪曲されたメディアの報道に汚染されないよう、常に注意しなければならない。

それにしても李教授が「謝罪や引退、または逃亡に追い込まれ」ていないことに驚くとともに、そこにかすかな希望を見出す。
李教授には、今後ともくじけることなく頑張ってほしいと思う。

なお、「ここ数年間、韓国社会が深刻な摩擦と対立を経験したのも、余りに観念的かつ道徳的な性理学的思考からもたらされたものではないかと思う」という李教授の指摘に強い注意を払いたい。
「余りに観念的かつ道徳的な性理学的思考」とは、硬直した原理主義的思考のことだ。
韓国で言えば「反日」あるいは「反米」思想のことである。
「反日」「反米」の前では一切の論理的、あるいは実証的思考が拒絶される。

ここで気になるのが、わが国における民族的自覚を促す人たちの論調である。これと同じことがわが国でも起こっていないか???
例えば天皇制に関する論議、米国との関係に関する論議、あるいは中国人、韓国・朝鮮人に関する論議。
ここにおいて「硬直した原理主義的思考」が顔を覗かせていないだろうか???

天皇は男系継承が“絶対”であってそれ以外は許さない、これは「余りに観念的かつ道徳的な性理学的思考」ではないのか???
今の日米同盟を捉えて「日本は米国の属国」と貶す(けなす)のは、あまりにも現実から遊離した非難ではないのか???
中国人あるいは韓国・朝鮮人というだけで“悪”と決め付ける、これも「暴力的民族主義」ではないのか???

私は「天皇は男系継承があるべき姿だ」と思っている。が、それが“絶対”とは思っていない。
米国との関係で、わが日本国が“従”の立場にあるのは間違いない。が、東アジアの“力の均衡”を考えれば米軍のプレゼンスを無視するわけにはいかない。
中国人あるいは韓国・朝鮮人に犯罪者が多いのは事実である。が、だからと言って中国人あるいは韓国・朝鮮人というだけで差別するのは間違いだと思っている。

物事に“絶対”はない。
“絶対”があるのは宗教であり共産主義である。もっと言えばカルトである。
人間は常に柔軟でなければならない。精神は自由でなければならない。そして物事はすべてが相対的である。
“絶対”が支配する社会―それこそ人類の不幸である。

「思想、良心、信仰の自由」は、いかなる社会においても保障されなければならない。
それを制約できるのは、社会及び国民の平和と安寧を脅かす危険性があるときだけに限られる。
これが民主主義であり、われら日本国民は戦後60年間を経てそのことを醸成してきた。
われわれは、ここから後退してはならない!!!

参照1: 李栄薫教授「韓国の暴力的民族主義が歴史論争を封殺」 (朝鮮日報)
参照2:李栄薫教授「韓国人の儒教原理主義が歴史を歪曲」 (朝鮮日報)
参照3:李栄薫教授「厳格なジャッジなき学界が歴史を歪曲」 (朝鮮日報)
参照4:李栄薫教授「北朝鮮は日本帝国主義の申し子」 (朝鮮日報)
参照5:李栄薫ソウル大教授「従軍慰安婦は売春業」 (朝鮮日報)
参照6: ソウル大教授「日本による収奪論は作られた神話」 (朝鮮日報)

【追記】
携帯電話から当ブログをご覧いただけるようになりました。
URL:http://app.m-cocolog.jp/t/typecast?blog_id=101618&user_id=91171

右サイドバーのQRコードを読み取るか、「携帯にURLを送る」を利用することもできます。

「携帯で読みづらい」というご指摘がありましたので、ブログの配色を変更しました。
不都合な点があれば、遠慮なくご連絡ください。

※アクセス数が1000万に近づいてきました。今週中には突破すると思います。
1000万をゲットした方、ぜひコメント欄に名乗り出てください。
お願いします。

|

« 李登輝氏の来日に思う | トップページ | 地球温暖化の防止は米国と中国がカギ »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

韓国にこのような真摯な知識人がいることに何かしら安心感を覚えました。又、なぜあなたが原理主義的な主張が跋扈する政治ランキングから抜けられたのかを理解することがよくできます。
私は基本的に反日韓国人・朝鮮人、そしてアメリカを嫌っていますが、
その原因はまさに愛する日本国の体たらくによるものと私たちは反省しなければなりませんね。聖書でキリストが十字架に磔けに処されたとき「彼らをお許しください。彼らは自分で何をしているの知らないのです」。と自分をあざけり、ののしる兵士、処刑人、民衆のために祈られたように、私も知らない人たちに根気良く、熱心に真実を主張して行こうと思います。

投稿: 転びバテレン | 2007/06/14 14:20

李栄薫教授のご発言、素晴らしいと思います。教授のようなご発言が、現在の韓国で、継続的に認められるなら良いのですが、教授の勇気ある発言が、親日派というレッテルを貼られて、糾弾の対象になる事が心配です。ミケ

投稿: 屋根の上のミケ | 2007/06/14 14:58

先生のおっしゃることはよくわかります。しかし特定国は国内問題の処理のために反日を用いそのための工作員を多数送り込んでいます。性善説では通用しないことが平和な日本人にもわかってきたのだと思います。人を見たら泥棒と思え・・・とでもしないと日本がおかしくなる。
(元公安庁長官を総連がつるんでいた!?)

投稿: 日本 | 2007/06/14 15:00

初めて書き込みさせていただきます。
最後のくだりですが、全く同感です。
特に韓国がらみだと、感情的な発言、行動等と危ぶまれる人が増えてきているのではないかと感じます。

「怪物と闘う者は、その過程で自らが怪物と化さぬよう心せよ。おまえが長く深淵を覗くならば、深淵もまた等しくおまえを見返すのだ。」

投稿: どく | 2007/06/14 15:53

>中国人あるいは韓国・朝鮮人に犯罪者が多いのは事実である。が、だからと言って中国人あるいは韓国・朝鮮人というだけで差別するのは間違いだと思っている。

ここに少々違和感を感じました。
ある特定の民族(あるいは国家)であることそのものを理由に距離を置く(あるいは嫌う)のならば、それは確かに差別といって差し支えないと思います。
しかし、その民族(あるいは国家)に犯罪者が多いという理由で距離を置く(あるいは嫌う)というのは、差別ではなく安全保障・リスクの低減といった観点から見て至極当然のことではないでしょうか?
それは生まれ持って変えられないことなどでは決してなく、自らの意志でいかようにも変えられることなのですから。
結局、それまで信用を得られるような行動をしていないから、信用されないし信頼も得られない。それだけのことですから。

投稿: XYZ | 2007/06/14 16:19

「天皇制イデオロギー」と「日本帝国主義の申し子」を除いて、正に正論、勇気有る学者。残念乍らこの国では容認される事はあり得ませんね、この国の人達の日本に対する歴史観・体質が受け入れません。
この人が引退・隔離されて居ない、確かに珍しい事と思います、家系もしっかりした、何かが認めれる人ではないでしょうか?

小生は「皇室」は日本の形と考えて居ります。天皇家が1500年の伝統を守ると云われれば何の権利が有って反対するのか?他国にこの家系に必適する伝統が残って居るのか?日本ゆえの天皇家、天皇家を有する日本と見ています。

天皇家縁の伊勢神宮を見るだけで、自然と神と人間が共存する国柄が理解される、この国の文化として発信しない日本に問題が有るのではないでしょうか?
「帝国主義」明治の国家計画「富国強兵」方針は間違いではなかったでしょう、坂さんが言われる「原理主義思想」が、日清・日露の戦争を通じて国家統一の為、日本人全体に刷り込まれた時間と環境が一時期有った、と言うのが小生の思考。北朝鮮と比べられるのは迷惑。

之を良く表しているのが戦後の日本人、直ぐ進駐軍を受け入れアメリカも抵抗無く憧れの国に成って仕舞い、同化した如くアメリカ一辺倒、人の良さなのでしょう。優しさの裏返し?自分の無さと犠牲心?の発露?
日本は日本と考える事が出来ない国に成り下がってしまう程、日本人には「原理主義的」な人の少ない世界でも稀な国では無いかと思います。

もう少し「原理主義的」な思考も有っても良いのではないでしょうか?
そうすれば「日本」は日本、「外国」は所詮「外国」、違うのだから「対話・摩擦」が当たり前と理解できる。
自己責任と他国の責任も区分でき第三者の目で物を見る、比べてみる事も出来れば、自分の身は自分で守る「癖??」も付くのでは。

底辺には韓国人の日本人に対する人種的嫌悪感に有ります。併合時に外国紙が、堂々と書いています。特に両班の日本人に対する軽蔑心、嫌悪
観は表面でも判る位のもので有ったのでしょう。戦後その両班が初代韓国大統領の時代に「韓国人作り」に両班精神?を発揮「反日」を国是にして仕舞い今日の韓国「花満開」と言えるのではないでしょうか。

投稿: 猪 | 2007/06/14 16:35

李栄薫さんには十分に注意して頂きたいし、これからも逆境にめげず、活動を続けて頂きたいと思います、
坂 眞さんの記事には全体的に同感ですが、一つ

>今の日米同盟を捉えて「日本は米国の属国」と貶す(けなす)のは、あまりにも現実から遊離した非難ではないのか???

これには少し疑問があります、
この度の著作権に関する規制強化の元は米国からの「年次改革要望書」だという話があります。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070602_annual_reform_request/
他にも
>法科大学院の設置や郵政民営化、最近では三角合併
>ホワイトカラーエグゼンプションや労働者派遣法
等も書いてあるそうです。
(P2Pに関する私の意見は省きますが、)
元の議論が十分になされず、米国の言う通りにしてるのであれば、
これでは「日本は米国の属国」と言われても仕方がないかもしれません。
しかも、この要望書に書かれてるものは、米国自信成し得てないものがあります、
自分が出来てないのに人に要求するとは・・・
これでは植民地に対する命令書と変わりません、
日本は独立しています、これは内政干渉ではないでしょうか?

投稿: taro | 2007/06/14 16:37

慰安婦は売春婦と言いながら一方で、同じく朝鮮日報に李栄薫教授が慰安婦に謝罪した記事があります。いくら読んでも謝罪の意味と理由が理解できなくて、この教授の慰安婦の定義がよくわからないと思った記憶があります。
どうなんでしょう?とりあえず謝罪なんでしょうか?
http://www.chosunonline.com/article/20040906000060

投稿: nana | 2007/06/14 17:20

初めて書き込みします。
大雑把なブログの感想なのですが、
ランキングへの参加をやめてからの方が、グッと内容が面白くなったと思います。

興味をひく話題についての記事から、興味を引く記事に変化した感じです。

生意気言ってすいませんでした。

投稿: ともだちくん | 2007/06/14 19:16

>李栄薫教授が慰安婦に謝罪、、、
この記事を読んで笑ってしまいました 学問的な考察も慰安婦のオバァ
ー達の非論理的感情論に勝てなかったと言う所でしょうか、、
まぁ 大統領以下韓国国民の殆どが非論理的ですから、、 李教授も我
慢のしどころと言う所か(笑)、、。

投稿: n.taro | 2007/06/14 22:40

>中国人あるいは韓国・朝鮮人に犯罪者が多いのは事実である。が、だからと言って中国人あるいは韓国・朝鮮人というだけで差別するのは間違いだと思っている。

犯罪者が多いからというよりも、中・韓・朝鮮人が伝統的な日本蔑視を持ち込んできて、かつ、それが絶対であるかのような態度が日本人に嫌悪感を抱かせるのだと思います。
一世紀以上前は人種差別が普通に存在しました。
でも現代に至る過程で人権という概念が生み出され、差別を克服しようと努力してきた歴史が先進国にはあります。
小日本、日本鬼子、チョッパリ、ウェノム・・・事実に基づかない、あるいは全く関係のない事柄に対する不満を、常に他者に負わせ罵倒することで解消しようとする行動は「差別」とは言わないのでしょうか?
彼らは未だ差別を理解していないのです。
そして日本人もまた彼らに抱く違和感・嫌悪感を「差別」の名の下に封じられ、何が差別なのか分からなくなっている状態だと思います。
日本人は今一度、差別の歴史を振り返り、差別の意味・差別がもたらすもの・差別を克服する方法を学ぶ必要があるでしょう。
その方法とは少なくとも差別されたと自称する人間に特権を与えることではないことは確かだと思います。

投稿: | 2007/06/14 22:56

「天皇は男系でなければ」は原理ではなく定義でしょ。
つまらんつっこみだが。例示が悪い。
ローマ法王はクリスチャンでなければならないと考えるのは度をこした原理的思考ではないか?

投稿: きゃべじん | 2007/06/14 23:06

>“絶対”が支配する社会―それこそ人類の不幸である。

朝鮮、日本の左翼と時代に遅れた一部右翼には“絶対”が有りますね。

>taroさん
>年次改革要望

これは日米の実務者協議で取り交わすもので日本からの要望も有り、強制力が有るとは聞いていませんが。

>nanaさん

その吊し上げこそが「真の検閲者は韓国の暴力的民族主義」の具現体です。

投稿: MultiSync | 2007/06/14 23:17

 李栄薫さんですか、覚えておきたいですね。

 こういう人が公的に発言して、大いに議論を展開できる社会こそ、今の韓国に求められているのではないか、米国の乱射事件の犯人が良い例ですが、自尊心が硝子の様に脆弱なのは、しっかりした歴史を土台に出来ないからです、つまり、子弟に教育する自国の歴史を全くのローカルレベルにしてしまった学者の罪でもある、正に曲学阿世を地で行ったのが戦後の韓国の歴史学者達の行いと言えるでしょう。

 北の崩壊が迫っている、金正日は、病気が急速に悪化して余命幾ばくも無いそうだ、一方のノ・ムヒョンも漸く任期切れで、今年の末には引退する、無事で済むかドウかは、引退してみないと解らない。

 思えば、この2人は何れも所謂、常識外れと言う点では一致していた、何を言い出すか解らない、常に意表を衝く言動が多かったが、論拠し指向する処は唯一つ「偽造した歴史を基にした徹底した反日言動」だった。

 金正日は未だしも、国を乗っ取った犯罪集団のボスと考えれば腑に落ちないことも無かったが、ノ・ムヒョンが就任した当初、日本にやってきて、「過去は振り返らない」「未来志向の日韓関係を構築したい」等と発言、「やっと、まともな民生大統領が出てきたか。」と期待させたが、韓国に帰ったその日から、掌を返して反日に勤しむ毎日であった、この辺りのノ・ムヒョンの活躍は、坂さんのご本に詳しい。

 彼の様に、極東平和維持の困難さに背を向けて、無責任に同盟国を挑発したり、国家主権を解さず違法行為をモノともしなかったり、信義の意味も知らず惚けた公的発言で顰蹙を買ったり、常に、大統領の職責の重さに耐え切れない人間性の軽さを表出しまくった人も居ないと思う、この人に大統領職を与えた事の不適さ(注、「素敵」ではない。)では空前絶後だろう、否、そうして欲しい(笑)。

 まぁ、次期大統領候補も日韓海底トンネルをブチ上げる程度の人ですから、この民族に過大な期待はしない方が良い、特に血圧の高い方。

 結局、李教授の様な常識人「も」居るには居る、と言うことでしょう、本来なら、こういう発言をするのは学者ではなく政治家でなければならない、冷徹な歴史観と熱い愛郷心を発揮して、国民をマトモな方向へ引っ張って行かねばならないのではないか、それこそを、リーダーシップと云うのだが、先ず、そういう社会ではない事に朝鮮族自身が気付き、糺す事を決意しなくてはならないだろう。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007/06/15 05:48

韓国の「学者」がいるのだと少し安心しました。
その中で
『韓国が「厳格なジャッジ」がいない「後進社会」』
のくだりでは日本は大丈夫?と考えてしまいました。
たくさんのタブーがあるし、日常会話から教育や政治、
メディアまで踏み込めない、踏み込まない領域が
あるように感じます。
(これにネットが穴を開けてくれると私は信じています)

ところでこのブログを知ったのはブログランキングからでした。
いろいろ意見や考えはあるでしょうが、
このような素晴らしいブログをもっと広めるためにも
ランキング参加の復活を願っております。

投稿: dai | 2007/06/15 08:48

李栄薫教授のことは今回のエントリーで初めて知りましたが、このような人が元慰安婦に謝罪しなければならないというのは、まさに言論弾圧のあらわれだと思います。国民が洗脳されているのは北だけだと思っていましたが、韓国の反日教育も洗脳の域に達しているのですね。

2007/06/14 22:56様
おっしゃるとおりだと思います。第二次大戦時でも人種差別はある意味「常識」でした(特に欧米では有色人種に対して差別感情を持っているほうが普通だったでしょう)。差別と区別の間の線引きは難しいものです。誰でも合う人と合わない人があるように、外国の文化(国民性、慣習、衛生観念を含め)でも日本文化と合うもの、相容れないものがあるのは当然だと思います。それなのに、特定の国の文化を「合わない」、「個人的に好きでない」と言ったら差別扱いされるのはおかしい。本当の弱者は救済されるべきなのでしょうが、今の日本の社会では「弱者」が特権を持っているようです。

投稿: Zukin | 2007/06/15 10:54

「エコな暮らしを楽しみたい」
そんな仲間たちがつどうブログを立ち上げました。

エコイストCLUB
http://eco-ist-club.cocolog-nifty.com/

投稿: | 2007/06/15 17:04

中国人、韓国人を嫌っているのは、ただ単に日本人を見下す差別をしているからに他なりません。差別主義者も差別してはいけないのかどうか、ここがいまだによくわかりません。差別主義者を減らすには、どうすればよいのでしょうか? やっぱり、目には目を歯には歯をではないのでしょうか!
私の知り合いの中国人留学生は、祖国を嫌っていました。「自由が無いと・・・」日本に留学に来る(外国に出る)中国人は政治難民という側面が大きいです。優秀であるほど中国人は外国へ逃げてしまうので、国内の政治は荒む一方です。
坂さんは、中国は崩壊すると言われていますが、中国は崩壊した後、どのようになればよいとお考えですか?

投稿: 原始人 | 2007/06/15 20:59

>MultiSync さん
そうなのですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E6%AC%A1%E6%94%B9%E9%9D%A9%E8%A6%81%E6%9C%9B%E6%9B%B8
少し調べてみました、
日本からも要望書が出てるようですから、すこし勘違いしていたようです、
でも、強制力に関してはよく分かりませんが、
日本政府がきっぱり拒否した事案も無いように思えます。
要望書なのに「内政干渉と思われるぐらいきめ細かく、米国の要望として書かれている」そうで、
どうにも胡散臭いです。

投稿: taro | 2007/06/16 00:44

日本の国益に合致している韓国の反日世論

「歴史をわい曲する韓国の暴力的民族主義」という貴方の主張は全くの正論だと思います。貴方と同様に、李栄薫教授の勇気に敬意を表します。しかし、私は韓国の歴史歪曲の終焉を望みませんし、李栄薫教授の勇気ある主張が韓国世論の主流となることも望みません。

韓国という国は反日イデオロギーによってかろうじて団結を守っています。竹島問題、従軍慰安婦問題、歴史教科書問題などで繰り返し反日世論が燃え上がるのは国民の団結と国家への帰属心を維持する目的だと考えます。韓国が反日政策を止めれば、現在でも数百万人単位で存在するとされる韓国人の米国やオーストラリア、カナダなどへの大量移民がより近くに存在し人種的障壁も小さい日本に集中することは目に見えています。数十万人の在日韓国・朝鮮人受け入れですら苦労してきた日本社会はそのような大量移民には耐えられません。

日本人と韓国人の容貌が非常に類似しているだけに、もし韓国人の大量流入が起きた場合にそれを完全に阻止するのは無理でしょう。また、阻止を強化することは様々な点で大きな弊害が生じると想像します。現時点に関する限り、韓国の反日政策、反日世論は日本の国益に合致しているので放置すべきであると私は主張します。

投稿: princeofwales1941 | 2007/06/16 01:12

ご意見は私に対してならば十分に説得力があるのですが、課題はどうやって韓国人を説得するかです。インターネット上で韓国人と意見を交わすことは出来ても「説得」となるとなかなか難渋します。

投稿: KappNets | 2007/06/16 12:15

KappNets様

子供の頃から反日をたたきこまれている人たちに日本人が「説得」というのは不可能に近いくらい難しいと思います。自分の考えに反する意見は聞く耳を持たない人が多いようです。英語サイトのやりとりを何度か読みましたが、二言目には日本に対する罵り言葉、論理的反論に負けそうになると日本は邪悪という決めつけで、まったく議論になっていないように見受けられ、嫌悪感を覚えました。

ある程度、中から変わっていってくれないとどうしようもないと思います。当然、不当な言いがかりなどには反論していかなければなりませんが。

投稿: Zukin | 2007/06/16 17:48

戦後の人権平和教育に洗脳され、在日朝鮮人=弱者で可哀想な人たちとすり込まれ数十年経ってみるとどうでしょう。日本国は成りすまし朝鮮族、反日日本人に支配されているではないですか。三十年前、自宅の敷地に小さなアパートを建てた両親が大工の棟梁に言われたこと。「絶対に朝鮮人に貸したらダメだよ、一人に貸せば数人が共同で住み、ゴミ出しルールなんて意に介さないし夜昼となく出入りして大声で騒ぎ近所の迷惑を考えない。注意されても気にしない。」何たる偏見だと当時は思いましたが今では納得できます。民主党の1000万人移民受け入れ構想や外国人参政権付与法案は国民投票に掛けるべきだと思います。殆どの国民は何も知りませんから。知らされていませんから。

投稿: hanna | 2007/06/16 22:21

>天皇は男系継承が“絶対”であってそれ以外は許さない、これは「余りに観念的かつ道徳的な性理学的思考」ではないのか???

 これは聞き捨てなりませんね・・・男系でなければもう「天皇」ではありません、皇室典範改正議論の際に散々指摘されたことだと思いますが。「観念的かつ道徳的な性理学的思考」って何ですかね?これは御皇室とその歴史に対する重大な侮辱ですぞ、その自覚がありますか?

投稿: 中凶殲滅 | 2007/06/16 23:34

先生のブログを毎日楽しみにしています。お考えが、すんなりと私の脳に入ってきます。もし、明治時代に日本が統治していなければ、朝鮮半島は、ロシアになっていましたね。で、今でもロシア領ですよ。南下政策が遺伝子に組み込まれているロシア人が無能な官僚に支配され、無力化している国に手を出さないはずは無い。そして、永遠にロシア領となっていたのだろうと思います。同じアジア人として、ロシアから朝鮮半島を守ったと言えるでしょうね。ロシアほど怖い国はないと当時の日本の指導者も考えていたのでしょう。

投稿: アレックス | 2007/06/16 23:38

李栄薫さんは04年9月にナヌムの家で慰安婦発言の謝罪をさせられてしまっているみたいですね、、wikipediaによると、、、残念ですね、、、

投稿: 為 | 2007/06/18 09:41

先生のブログしばしば読ませてもらっています。
今回も、そうだそうだと相槌を打ちながら読ませてもらいました。
ところが以下の部分はどうも気になります。

>中国人あるいは韓国・朝鮮人に犯罪者が多いのは事実である。が、だからと言って中国人あるいは韓国・朝鮮人というだけで差別するのは間違いだと思っている。>

日本人は中国人、韓国・朝鮮人を差別しているもんだという断定が先生の頭には、はなから刷り込まれているのではないでしょうか?

一体現在の日本で、先生はどんなご経験、実例があるが故に、わざわざ>差別するのは間違いだと思っている。>とおっしゃらねばならない思いに至っているのでしょうか。
教えてください。

投稿: 忠 | 2007/06/19 10:24

もう一人、韓国の学者さんで崔基鎬(チェ・ケイホ)という方が居ます。
崔基鎬(チェ・ケイホ)という方ですが、『歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実』(祥伝社)という著書で、日帝による支配について学術的に正当な評価をされております。
また自身、若い頃に徴用で日本に働きに行った事があり、現在それを強制連行と主張している同期に対して、「どうしてそんな主張をするのだ?」と辛辣な意見を述べてもおります。


ときに、天皇制の男系・女系論に関してですが、これについて意見を申しますと、これははっきり云って本来信仰の問題であって、政治問題にするべきではないと思います。

というのも、女系天皇とは、現在に神を生み出すという事に他ならないからです。
それは伝統的に、男系が女系を守ってきたというところに根拠があります。
例えば、現在の皇室というのは伊勢系の天皇であるといえま、その至神・始祖というのは、アマテラスになります。
つまり、今の男系の家系とはアマテラスの女系を守る系統と云えます。
他にも出雲系(=イザナミ系)を守る家系が出雲大社だといえますが、つまり男系とは伝統的に女神を守ってきたという事になります。
こういう事が、男系を重視する理由にあるのです。

思うに、天皇に関しては、やはり制度に組み入れるのでなく、宗教的権威者として一切触れない方が、一番妥当ではないかと思います。
ですが、それでも擬似的でもあれ、君主たるものを求めるのであれば、「天皇」でなく「王」を決めることの方が、余程現実的かと思います。

投稿: ダブルウィング | 2007/06/20 12:39

>中国人あるいは韓国・朝鮮人に犯罪者が多いのは事実である。が、だからと言って中国人あるいは韓国・朝鮮人というだけで差別するのは間違いだと思っている。>⇒こう言う切り返しは所謂知識人が使う奇麗事に逃げ込む異端である。

 私の経験からすれば、痛い目にあったから、敬遠していますね。これが差別と云われたら、危ない者に近づくなという最低限の動物的防禦をも放棄しろと言われているのも同然となります。信用というものだ。差別に公正さと節度があれば、それには美的でないが正統性があり、差別でなく、人が人として生きて行くための自然権としての当然の分別・智慧である。同類項として差別を受けた人は、むしろ世の差別感情を醸成した実態と歴史性を真面目に認識する義務を負う。実態と歴史性に無関係であってもだ、信用ないからだ。評判が直ぐに消える訳もない。信用回復は地道に積み上げるしかない。その地道の苦労が嫌ならそのような信用取引社会から逃げ出せば済む。原則はいずこも性悪説なのです。

投稿: ぷく | 2007/06/20 18:46


한국의 역사학자의 분들에게

용기를 가져 진실의 역사를 써 주세요.
일본과 한국의 우호를 위해.

韓国の歴史学者の方々へ

勇気を持って真実の歴史を書いてください。
日本と韓国の友好の為に。


投稿: | 2007/06/20 18:59

Вообще, эта статья Google Drive была навеяна письмами читателей, которые вёрстка шаблонов joomla просили написать в какой именно последовательности изучать как сделать интернет магазин на joomla опубликованные на KtoNaNovenkogo.ru статьи при самостоятельном создании сайта на бесплатном движке Joomla. По началу я не решался ее написать, ибо не было еще достаточно материалов по всем вёрстка шаблона joomla тонкостям работы и созданию сайтов на Joomla, но теперь, думаю, самое время упорядочить все то, что позволит ответить на вопрос — как создать свой собственный сайт абсолютно бесплатно. В дальнейшем я планирую написать такие же итоговые статьи по тому, как создать самостоятельно и бесплатно блог, форум и интернет магазин.

Итак, во-первых, вам следует заказать сайт понять, что создание сайта за бесплатно не означает, что кто-то это сделает за вас — потрудиться и поломать голову придется обязательно. Во-вторых, создание сайта на бесплатном движке вовсе не означает, что ваш будущий проект получится каким-то ненастоящим или игрушечным. Чтобы сделать профессионально сайт вовсе не обязательно использовать платный движок. В качестве подтверждения я хочу вёрстка шаблона joomla предложить вам ознакомиться с примерами популярных сайтов на Joomla.

投稿: Enutlefef | 2012/05/16 05:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/15415942

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史をわい曲する韓国の暴力的民族主義:

» 李登輝氏と後藤新平賞 [湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学)]
 李登輝氏は良くご存知でも、後藤新平の事跡を知って、なおかつ評価しているという方は少ないでしょう。なんといっても明治以降の歴史をマトモに教育していないという日本国の欠陥でしょうね。  ところが、この二人がついに... [続きを読む]

受信: 2007/06/14 21:36

» 賢人たちの世 (城山 三郎著)・・人を残して死ぬ者は上 [湖北庵通信(旧 浦安タウンの経済学)]
城山 三郎(しろやま さぶろう)氏が、この春に亡くなりました。(2007年3月22日逝去)  氏は、経済小説の開拓者として、また伝記小説の作者として大いに評価されていますが、昨今の若者達には縁が薄いようです。理由は戦争に対し... [続きを読む]

受信: 2007/06/14 21:38

» 傲慢な中国「日本人が反省すれば許す」のウソ [ネトウヨのブログ]
 中国の南京大虐殺記念館の館長が、非常に傲慢かつ虚偽にみちた発言をしていたようです。IZAより転電いたします。 (太字・傍線は筆者が実施) http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/57085/ 「歴史忘れず未来志向の展示」 朱成山・南京大虐殺記念館長 06/14 16:31 この記事についてのブログ(15) ブログを書く 「歴史忘れず未来志向の展示」 朱成山・南京大虐殺記念館長  南京事件から70周年を迎える今年12月13日の再... [続きを読む]

受信: 2007/06/15 00:50

» 日本の議員ら、「慰安婦強制は無かった」とWP紙に全面広告 [Here There and Everywhere]
日本の議員ら、「慰安婦強制は無かった」とWP紙に全面広告 日帝従軍慰安婦問題に対する日本政府の謝罪を求める決議案が米下院で審議中のなか、日本の議員約40人が14日、ワシントンポスト紙に全面広告を出し、慰安婦動員における日本政府... [続きを読む]

受信: 2007/06/15 05:25

» ザ・農業〜農業を始めるための道標〜 [ザ・農業〜農業を始めるための道標〜]
農業を始める人が増えてきました! TBありがとうございました。私のサイトにもリンクを貼らせて頂きました。 [続きを読む]

受信: 2007/06/15 11:16

» 麻生氏「ふざけている」と総連取引の元日弁連会長ら批判 [ネトウヨのブログ]
 外務大臣の麻生氏が、緒方重威・元公安調査庁長官、土屋公献・元日弁連会長に不快感をしめしていました。  産経新聞より転電です。 http://www.sankei.co.jp/seiji/seisaku/070615/ssk070615005.htm 総連取引「ふざけている」麻生氏が元公安調査庁長官らを批判  麻生太郎外相は15日午前の衆院外務委員会で、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部売却問題にかかわっていた緒方重威・元公安調査庁長官、土屋公献・元日弁連会長について「極めて好ましくない... [続きを読む]

受信: 2007/06/16 01:26

» 韓国の真実! [博士の独り言]
ランキング(政治)に参加中 交戦状態は続いている南北 【20世紀のきょう】朝鮮戦争勃発(1950・6・25)  この日未明、北朝鮮軍が軍事分割線である38度線を越えて侵攻、一時は韓国内を席巻し、南部の臨時首都・釜山... [続きを読む]

受信: 2007/06/25 07:27

« 李登輝氏の来日に思う | トップページ | 地球温暖化の防止は米国と中国がカギ »