« バカはバカと共に死んでいけ!!! | トップページ | 拙著:今度は朝鮮日報が写真付きで紹介 »

2007/06/28

早く鬼畜に“死刑”判決を!

山口県光市で1999年に起きた母子強姦殺人事件の差し戻し控訴審が26、27日と連続して行なわれた。
この控訴審の弁護側質問と、それに対する被告人の証言を聞いて、私はもう怒りを通り越して殺意さえ抱いてしまった。

この鬼畜・福田某(26歳)を死刑にしなければ、被害者家族はもちろん、大多数の日本国民が納得しないだろう。

私は、広島高裁(楢崎康英裁判長)が“死刑”判決を下すことを確信している。

この鬼畜は、本村洋さん(31)の妻・弥生さん(当時23歳)を殺害した上に屍姦し、長女夕夏ちゃん(同11か月)を絞殺したことを全面的に否認した。
1、2審で認めたはずの弥生さんに対する殺意や乱暴目的を否認するその内容は、実に驚くべきものだ。

以下は、弁護側の被告人質問に対する鬼畜の証言(弁明?)である。

「(弥生さんを)亡くす意思がないのに亡くしてしまった。乱暴しようという思いは全くなかった」
「赤ちゃんを抱いていた弥生さんに中学1年の時に亡くなった実母をイメージし、甘えたいという衝動が起こり、抱きついた」
「性的なものは期待していなかった」
激しく抵抗されたのでパニック状態になり、弥生さんの体を押さえ込んだ結果、
「(気づいた時には)首を右手で押さえている状態になっていたのでびっくりした」

「背後から襲ったから抵抗を押さえ込めた」とか「絞め技の“スリーパーホールド”が得意だったから自然に手が回った」とか知人宛の手紙に書いたのではなかったか???
(これはTV報道の記憶なので100%正確な表現ではない)

さらに、弥生さんを屍姦したことについて、
「生き返ってほしいという思いでした。(小説「魔界転生」を読んで)精子を女性の中に入れて、『復活の儀式』ができるという考えがありました」
裁判官が「脈は確認した? 生き返ったかどうかは?」と質問すると、
「わかりません」

もう言っていることが無茶苦茶。まともではない。いや「まともではない」と裁判官に思い込ませたいのだ。

夕夏ちゃんを床にたたきつけたうえで絞殺したというのが1、2審で認定された犯行事実だが、
鬼畜は、弁護側の「夕夏ちゃんを頭上から投げ落としたことは?」との質問に、
「まったくありません」
1、2審で自ら認めた夕夏ちゃんの首を紐(ひも)で絞めたとされる殺害状況についても、
弁護側の「(夕夏ちゃんの)首を絞めたのか」との質問に、
「わかりません」「(夕夏ちゃんの首に紐が巻かれていたことを知ったのは)捜査員から袋に入った紐を見せられてわかった」

検察側に供述の矛盾点をつかれると、
「この1年、記憶を精査し、何をしたのか探ったりしました。この法廷で話したことがすべてです」
と強い口調で反論。
そして、検察官の「あなたは夕夏ちゃんの首に紐を巻いたことについて、異なる説明をしていませんか?」という質問に対し、
「質問する人が違うならば、違ったニュアンスで答えることになります。詳しくは説明できません」
と開き直る始末。

夕夏ちゃんを押入れに入れた件については、
「今考えては幼いんですけど、ドラえもんの存在を信じておりました。ドラえもんには何でも願いをかなえる四次元ポケットがあります。押入れはドラえもんの寝室になっているわけですが、押入れに入れることでドラえもんが何とかしてくれると思いました」だと。

弁護側の「犯行時の精神年齢は12歳程度だった」「犯行時は夢を見ているような状態だった」という主張に、まさにぴったりと合わせたような証言。
これだけの芝居ができるということは、この鬼畜、相当な「タマ」だ。

安田好弘・主任弁護人が最後に、改めて弥生さんと夕夏ちゃんに対しての殺意と乱暴目的の有無について質問。
鬼畜は「事実無根」「記憶にない」
などと語気を強めて答えた。

まあ、1、2審だけではなく、最高裁も検察側の主張を事実認定しているわけだから、差し戻し控訴審で事実認定が覆ることはありえない。
あとは広島高裁が、最高裁の「計画性のなさや少年だったことを理由にした死刑回避は不当」という判断をどう受けとめるかだ。
弁護側の「著しい精神的な未発達がもたらした偶発的な事件」「傷害致死罪にとどまる」という主張は、既に最高裁が否定している。

作業着を身につけ、排水検査を装って部屋に上がり込み、弥生さんに襲いかかった、
このどこが「偶発的な事件」なのだ!!!

やはり“死刑”判決しかない!!!

本村洋さんの苦しみを少しでも和らげてあげたい、そう思うばかりである。

以上のエントリは、FNNニュース、TBSニュースi、讀賣新聞、そして私が見聞したその他のニュース情報に基づいています。

関連エントリ:
人権派を糾弾しなければならない!!!
「少年法」を抜本的に改正せよ!!!(再)

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« バカはバカと共に死んでいけ!!! | トップページ | 拙著:今度は朝鮮日報が写真付きで紹介 »

社会」カテゴリの記事

コメント

2chの引用ですけど…この事件はあり得ません…。
----
354 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/06/28(木) 15:10:54 ID:bQASFvHC0
おいおい、お前ら熱くなるなよ。

精神的に幼い(12歳程度の)福田が
自殺した母親の体内に回帰したいという、赤子のような心情が高まって
水道屋のふりして粘着テープとカッター持って作業服着てコスプレをして
前から目をつけていた奥さんのところに入り込んで
死んだ母ちゃんに似ている感じがしたから
押したおしてもOK、やっちゃっても受け入れてくれるよねー、と思って押し倒して
そしたらなぜか抵抗しやがるから首絞めちゃって動かなくなって
じゃあ胸はだけたら恥ずかしがって起きるかなと思ってブラはずして
それでも起きないから
いつ読んだかも買ったかも覚えていない小説に
精子を注入すれば生き返ると書いてあったから犯したら生き返るかなと、屍姦して
途中赤ん坊がないて俺を嘲っているような感じだったので
あやそうと抱いたら2回ほど落っことして
気がついたらちょうちょ結びしちゃってぐったりして
それから死体を犯して、一発抜いたらすっきりして、見渡すと赤ん坊も死んでいたので
押入れに入れればドラえもんがなんとかしてくれるだろう、と押入れに押し込んで
ようやくパニックになったから粘着テープと財布を間違えて持ってきてしまって
地域振興券で遊んでいただけ

じゃねぇか。
----
断固許すわけには行きません。早々に解決してもらいたいものです。
また…、このような詭弁を弄する弁護人に対しても、何らかの処置が
できないものなのでしょうか。酷すぎます。

投稿: maumau | 2007/06/28 19:46

私もこの事件、発生当時から大変興味を持って見守って来ましたがとうとうキチガイ証言?聞くに堪えない被告の証言に反省の欠片も見えない遺族への侮辱、それ以上に被害者に対しての謝罪の意志も無い態度に管理人様も仰る様に怒りを越え私も「殺意」を覚えます!退廷の際には被害者の御主人、本村氏を睨み付けた?こんな奴の更生など先ず不可能であり、人間として生かして於いては行けない領域の人間なんです!差戻し審議。広島高裁に求められている判決は「死刑」以外無い訳ですから早いとこ死刑判決を言い渡し死刑執行に着手すべきです。その判決が私自身と言うよりも国民が望んでいる判決だと確信しております!!!

投稿: 七生報国 | 2007/06/28 20:17

時代劇の「仇討ち」が合法であるならば、1回だけ復活させてあげて欲しい。
そしてこの餓鬼を引きずり出し、仇を討たせてあげたい。
若くしてこの理不尽な運命を背負われたこの家族の無念を晴らしてあげたい。

そうでなけりゃあ…なんが法治国家か!

殺人事件はいろいろあったが、この餓鬼とあの弁護師にだけは理性は要らない。

投稿: 助太さん | 2007/06/28 20:33

この世に生きる価値が無い人間などひとりもいない。若い頃よく聞かされてうんざりしていました。人間、人の為になってなんぼのもの。ましてや、人の幸せを根底から壊す者など、生きる価値はありませんね。それが良識。私個人は、終身刑もしくは、懲役300年くらいが良いと思っています。刑務所の中で80歳くらいになって、罪を償おうとするかも知れない。それまでは、人の為に労働を提供させ続けるのが妥当と思います。日本の刑法にはそういうものがないのが残念です。

投稿: アレックス | 2007/06/28 22:57

弁護団が証人として召喚した心理学の教授、「被害者は退行した状態に ありうんぬん、、」言っていましたが弁護団の中心人物である安田弁護士と共著を出しているというバリバリの身内でしたね。
日弁連といい 人権派弁護士団といい見事にこれまでの一般人の弁護士観を粉々に打ち砕いてくれました。

これからはTVで弁護士を主人公にしたドラマは作りにくいでしょうね。
冤罪を受けた被告を救う弁護士というステレオタイプな役づくりでは
「はぁ?」
といって見向きもしてもらえないでしょうから。

投稿: k | 2007/06/28 22:57

社会に馬鹿にされ、無視され、侮られていて、行き場の無い怒りを行きずりの親子にぶつけてしまった。母親の自殺で人並みの幸せを得られない自分を呪って自暴自棄になっていた。
自分のことを真摯に考えてくれる人々の支援によって、初めて人のやさしさを知り、人を信じることを知った。反省して謝罪して許されるものではないことはわかっているが、自分の犯した過ち罪の大きさを心に刻み、一生苦しみ続けることで、新しい人間に生まれ変わりたい。

と言ったら、死刑を強行に主張してる人を除いて多くの人の気持ちは揺れるだろうと思う。

弁護士はその程度の人間の心理がわからないから、荒唐無稽な作り話をするし、加害者は馬鹿で反省もしていないし死刑を回避することが目的だから物事の本質がわからないのでしょう。

投稿: よよよ | 2007/06/28 23:13

もし、本件で精神鑑定が必要だとするならばそれは被告人にではなく弁護人にするべきだ。

忘れない、福田が『知ある者、表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出すぎてしまった。私よりかしこい。だが、もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ、馬鹿(ジャンキー)は精神病で逃げ、私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』と手紙でのたまったことを。

それに彼は『完全究極体』とやらになりたいのだからせめて最後に希望をかなえてやるべきだ、「あの世に行ってから完全究極体になって戻って来なさい」とね。

投稿: @@11 | 2007/06/29 00:07

退廷の際、遺族の本村さんに対して睨んだという話を聞いて、本当に許せないという気持ちになった。
彼を許したのならば、これに便乗する悪人があとからあとから出てくるだろう。
また、福田某も養子縁組などして名前を変えてシャバに出てきてからも同様の犯罪を犯すだろうと思うと、恐ろしくなる。

投稿: tk | 2007/06/29 00:15

同じく同じ気持ちで心苦しい・・・・かなり心苦しいです
この鬼畜を弁護する弁護士って人間じゃないですよ
完全な弁護士の売名行為に許せません

投稿: fuafuakunkun | 2007/06/29 00:29

 この鬼畜が「知り合い」に書いた手紙が、鬼畜が反省していない証拠として何度か取り上げられていますが、この「知り合い」というのが、トンテモ弁護士安田に紹介された名古屋アベック殺人の犯人だと、何週か前の週刊文春か週刊新潮に掲載されていました。
 同じ鬼畜同士だから油断して本音が漏れたんでしょうかね。
 鬼畜に鬼畜を紹介する安田弁護士、こんな人間がこの世に存在していることがおぞましいです。
 現行法のここがおかしいから死刑をすべきでない。
 こういう理由で死刑はなくさなければいけない。
 論理的に死刑廃止を訴えるならわかりますが、とにかくなぜか彼は「死刑はダメ」と感情的に考え、「ボクちゃん死刑がイヤなのだ~。犯人がどんなに鬼畜でも構わないのだ~。死刑を免れるためにはどんなウソでもつくし、被告に知恵を授けるのだ~」と、ダダを捏ねているトンでも馬鹿野郎ですね。
 安田の言葉はまさしく「たわ言」。弁護士も免許更新制度にしなければなりませんね。

投稿: ほるまりりん | 2007/06/29 00:45

当時、この事件が起きた時は衝撃を覚えました。

この少年、私と同年代なんです。
こんな反省もない少年は死刑にして、然るべきです。

反省する気配もないし、世の中には出して欲しくないですが……
だからといって、終身刑にしても最低限の生活というものを与えなければならない。
徹底的に苦しめれば、人権派が押し寄せてくる……
やはりどこか変ですね。

日本は人権という言葉に弱く、犯罪者に対して、甘い……
もう少し堂々としていればいいのです。

冤罪の際の開き直りはダメですけどね……

投稿: kana | 2007/06/29 07:23

死刑でなくてもかまわないと思う 被害者が納得できる刑罰であれば。ただし 被害者が死刑以外の刑罰で納得できる可能性は、犯人本人の心からの反省があるかどうかだと思う。これまでのところ犯人からそのような心情はまったくうかがえないし、弁護方針もまるで死刑が無くならない方がよいとでも思っているかのようだ。被害者の方には辛いでしょうが、かえって犯人は死刑に近づいたと思います。法務大臣もはんこが押しやすいでしょう。 バカ弁護士どもが「不当判決」のプラカードを持って裁判所から走り出て来る場面も近いかと思います。 

投稿: ころ | 2007/06/29 08:43

>押入れに入れることでドラえもんが何とかしてくれると思いました

 これを聞かされる本村洋さんの胸中を想像すると、アカの他人の自分まで身体が震えてきます。

投稿: duzhe | 2007/06/29 10:53

福田、安田弁護士共に在日とも言われています。真実はどうなのでしょう?
犯人の属性を知ることは犯罪を理解する上で重要だと思います。

投稿: J。J | 2007/06/29 12:02

人権派などと耳障りのいい言葉を、ことさらに強調する輩にかぎり鬼畜生が多い気がします。
政治家も弁護士も、まさに悪魔に魂を売ったやつらですね。
自分の主義・主張をごり押すために、嘘、妄想、作り話、、なんかどこかの国の連中とそっくり。神罰が下りますよ。私はそう祈っています。

投稿: 転びバテレン | 2007/06/29 13:02

僕を巻き込まないでくれ。人じゃなくてネコ型ロボットだから何も言えないけど、もし人権があれば侵害で訴えます。弁護士は21名の中から選ぼうかな。

投稿: ドラえもん | 2007/06/29 13:04

坂さま
>これだけの芝居ができるということは、この鬼畜、相当な「タマ」だ。

私もそう思います。この男に更正はない。
無期懲役で世に出せばもう一度人を殺すだろう。
精神鑑定が必要な弁護士達と鬼畜の加害者。
もううんざりです。

それにしても毎日脳の血管が切れそうなニュースばかりですね。
バカはバカと共に・・・という昨日のタイトルを、頭の中で念仏のように唱えています。ホントに。

投稿: ぽんた | 2007/06/29 14:11

法廷侮辱罪って日本の刑法にありませんでしたっけ。裁判というか司法のあり方そのものに対する侮辱としか思えない。
彼らの狙いは加害者の刑の軽減ではなく、故意に死刑判決を出させて死刑廃止運動への後押しにする、という分析がありましたがこの弁護内容では死刑廃止運動そのものへのマイナスダメージにしかならんでしょう。「加害者の人権は守られるが被害者の人権は守られない」のが日本の司法の有様なんですね。(ため息)

投稿: sdi | 2007/06/29 16:32

おぞましい「弁護団」ですね。弁護士も先ず「人間」でなければならないと思いますが、彼等はそうでは有りません。~「餓鬼」

投稿: 猪 | 2007/06/29 16:45

正直、この手の精神障害で、責任能力無しで無罪ってのには、
頭にきます。
政府も、変なとこに金使うぐらいなら、
国立の精神病院を建てて、
この手の犯罪者をそこに、
一生入院させればいいのです。

退院には、その病院の医師の証明書が必要で、
退院患者が犯罪を犯した場合は、
証明書を発行した医師に、
代りに罪を償ってもらう。
(どうせ犯人はまた、精神鑑定でしょうから。。。)

そうすれば、医師も簡単には証明書を
発行しないでしょうし。

投稿: 白丁花 | 2007/06/29 19:31

よく書いてくれました。この犯人、絶対反省してません。

本村さんにも刺すような視線を向けたというし、本当に本村さんの心情いかばかりかと思います(彼を批判する人までいるんですよ!信じられません)。

水道屋を装って入ってきたなんて明らかに故意の犯罪じゃないですか!

思うに弁護士集団は最も悪辣な事件で被告の死刑を免れさせられれば他の酌量の余地がある事件についても全て死刑を辞めさせられると思って弁護にあたっているのではないかと思います。人の道を考えず、己の目的のみを考える弁護士達…日本に貯まり貯まった膿が一挙にでている気がします。

投稿: おれんじ | 2007/06/30 00:15

私もテレビで福田の釈明を聞いてこの男は必ず死刑にしなければならないと確信しました。 しかし人権派といわれる弁護士はなぜこのような極悪非道な人間を詭弁を弄してまで擁護しようとするのでしょうか。 彼らは人間は本来純真で邪な考えをもった人間など存在しないといった幻想を抱いているのでしょう。そのため福田が犯罪を犯しても家庭環境のせい、愛情が不足していたためと考え死刑を回避しようとするのでしょう。
彼ら弁護人は人によっては邪悪で凶暴な一面をもっていることを信じたくないようです。

投稿: フジ | 2007/06/30 02:17

もし100万歩譲ってこれが本当だったとしても、こんなので減刑したら今後これが判例として、ドラえもんを信じてお母さんと思ってといえばみな通りますよね。では通さないのが妥当でしょう。
精神鑑定と違って、精神年齢が幼かったからって言えばいいのですから。1つの特殊な例をもって多くの秩序が乱れると予想されるときは、特殊な例は切り捨てる。法とはそうあるべきだと思う。

投稿: の | 2007/06/30 11:11

この裁判は海の向こうのマイクホン「グ」ダ「法律でっち上げ屋」の「嘘つき娼婦」決議と同じ構図です。違うのは裁く側と裁かれる立場が逆転しているということ。日本の司法は死刑判決を出さないと米下院と同様の下品な組織に成り下がってしまいます。
「アメリカは自らを文明国と称する。私は日本とアメリカのどちらが文明国であるかあなた方に示そう」とカウナスのユダヤ人に言ったのは、あの杉原千畝です。

投稿: のらくろ | 2007/06/30 12:37

既にご存知かも知れませんが、昨晩の日本テレビにおいて民主党の死刑廃止論者が大暴れしてネットで話題になっております。
本エントリーとも関係が深い事象ですのでご報告させていただきます。

また映像ソースは早期の削除が考えられますので、できれば迅速なる御視聴もしくはローカルへの保存を強く推奨させていただきます。

>>ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/997016.html

民主党のネクスト法務大臣が子供を殺された母親に暴言を吐きまくる
 by痛いニュース
>>ttp://turenet.blog91.fc2.com/blog-entry-1422.html

民主党の平岡秀夫議員が子供を殺された親に『彼等にも犯罪を犯す事情があった』 byニュース超速報!

投稿: はなみず | 2007/06/30 12:41

 この男は、常識を大きく踏み越しすぎて、最早、救いようが無い情況のようで、感じるのは、唯ひたすら、自分の命が惜しい、其れ処か、犯した罪を受け容れる事が出来なくなりつつ有る、全ては、安田弁護士以下の「入れ知恵」の所為でしょう、罪なことをするモンです、一人の犯罪者が罪を悔いて、真人間になって、罪を償う機会を妨害しているのですから。

 法の精神の基底に、「罪を憎んで人を憎まず」と言う言葉が示す考え方がありますが、彼はこの一連の言動で、死刑になっても赦されない、つまり、彼が犯した罪が悪であるのみならず、彼自身も社会にとって存在してはイケナイ、悪そのものであることを世に知らしめしました、彼の死刑は120%間違いがないでしょう、21人の弁護団は自分達の売名とその手助けをしたに過ぎません。

 この話が出ると、詫間守や、永山則夫と云った、自ら死刑を主張し、死刑になった人達が頭に浮かびます、2人の罪を犯した立場も考え方も大きく異なりますが、自分が更正して、社会復帰出来るだけの自信を全く持てない言う共通した絶望があり、結論として、自分に死刑を強制して欲しい、否、罪を償うべきと言うならそうする、と言う態度に成ったモノと思います。

 彼等は、まだしも、自分のやった罪を自覚していましたから、こういう結論に至ることが出来たのですが、彼は、唯、自分の命が惜しいダケにしか見えません、正しく自己中心的以外の何物でもない。

 それと、宗教に偏らないのはいいんですが、宗教そのものを否定して、「死者に人権無し」と言う司法の唯物論的な面が強調され過ぎて居ると思います、究極、宗教とて生者を救うモノではありますが、見えないモノを信じている人達は大勢居ます、慰霊や祖先に対する敬意の示し方さえ、尊重せず、子孫に継承する努力をしない社会は廃れるだけだと私は思います。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007/06/30 20:12

痛いニュース(ノ∀`):民主党のネクスト法務大臣が子供を殺された母親に暴言を吐きまくる
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/997016.html

このネクスト法務大臣もこの少年の弁護団と同じメンタリティなんでしょうか?

投稿: 損政好 | 2007/07/01 13:04

この裁判の騒ぎは「裁判員制度」のプロパガンダのようにも思える。
こんな被告人の気持ちに同情できない裁判やってるなら、
制度を変えなければならないと言われているのではと、うがった見方をしてしまうのは
考えすぎなのだろうか。

まあ、いずれにしても死刑になるでしょう。
じゃなければ、日本の司法制度が終わります。

投稿: かぎお | 2007/07/01 20:38

「死刑廃止は世界の主流です」というのを死刑廃止の根拠に挙げる
廃止論者に限って、自衛権をどの国でも認めているのに、「憲法九条
は絶対護れ」というのはダブルスタンダード。

防衛の問題でも、治安維持の問題でも他の国でどうだからという
下敷きで議論するのはやめるべき。文化も思想や宗教間、制度が
全く違うので比較にならない。

死刑廃止論者は常に「加害者の人権」という人権真理教に従って
常に「一般論」で議論しようとする。
死刑容認する者は常に「具体的に」個別の事例を判断する。
この加害者は鬼畜か、社会に放流していいか。

廃止論者は、現実を見ずに理念だけで突き進むから絶対に現実主義
には勝てない。現実主義が勝者となるのは歴史が証明している。

投稿: Greg | 2007/07/02 01:36

 失礼いたします。
この裁判ドラえもん、だの魔界転生、だの、漫画や劇画の話を持ち出して死刑逃れの悪足掻きをやっていますが醜い限りである。
 そういえば、オウムの裁判でもこのような類のことを言っていたが、これで悪影響を及ぼさなければいいのだが…

投稿: 鬼 多和司 | 2007/07/02 18:34

残された遺族に申し訳ないが、おかしな弁護士がいかに多いかを白日の下に晒す、よい機会になったのでは。お子さんと伴侶で有られた方は間違いなく今は天国で暮らしています。人権派弁護士という名称は誤解を招くので(彼らが創作したすばらしい名称だな)、もうinternetの世界では使わない方がよい。日本嫌い派弁護士や嫌日派弁護士、社民党的弁護士などがお似合いかな。

投稿: 秋田藩足軽 | 2007/07/03 00:11

思った事をひとつ。今回は(も)精神薄弱を理由に死刑を免れようとしてるような…でも精神に障害があるなら罪の意識も無く再犯の可能性が高いのでは?今回の事件は弁護団を含めて被告側を重い刑罰を与えられないものでしょうか。

投稿: 葱 | 2007/07/03 08:38

いかに被告の権利主張を代弁するのが弁護士の仕事と言えども、言っていいことと悪いことがある。なるべく刑を軽くするのが目的であってもあんな嘘をついてまで被告を守ろうとするのは完全に権利の乱用である。

どう考えても被告の言い分は聞き入れることが出来ないのは明白であって、極刑以外に選択肢はないものと思います。そうでなければ今後ますます国民は司法に対する信頼は薄くなるでしょう。

目には目を歯には歯を。これを個人が勝手にするとメチャクチャになるから裁判所が存在するのであって、裁判所は基本はその代理人であるべきだと思います。

正義の判決を強く望みます。

投稿: ぱぱ | 2007/07/06 21:56

ブログランクキング投票が「無効なリンク」になっています。

投稿: TK | 2007/07/07 10:01

つーかこいつの証言がホントならこれまた逆に死刑にせにゃ、こんなキ○ガイ野放しにしたらいかん。

投稿: (´・ω・`) | 2007/07/11 18:56

 日弁連・会長:宇都宮健児は、「虚偽(詐害行為)は正当な弁護士業務だ」と主張(議決)して、懲戒対象弁護士を擁護し、これを撤回せずに、裁判で争っております。

 弁護士を指導・監督する立場にある宇都宮健児のこの行為は、不法行為を教唆するものであり、国民への背任でありましょう。

 表向きは、社会正義の実現(弁護士法1条)を強調しながらも、裏陰では、「虚偽(詐害行為)は正当だ」と指導しているのですから.弁護士トラブルが急増するは当然です。
 
 組織的な権力を得ている日弁連・会長:宇都宮健児らのこの裏影での卑劣な行為を国民は知ることができず、それをとがめる手段もない様です。

 国民は、日弁連・会長:宇都宮健児らのこの卑劣な行為・国民をたぶらかし、見下す事実を知るべきです。

 国民が誠意と苦悩をもって、裁判員としての重大な役割を果たそうとしている中、「虚偽は正当な弁護士業務だ」として、私利私欲だけで行動する.巨大な権力を手にした者たちがいることを知って下さい。

投稿: 月光 | 2010/11/26 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/15582611

この記事へのトラックバック一覧です: 早く鬼畜に“死刑”判決を!:

» ▼[光母子殺害事件]なんとかしてよ! ドラえも~ん [フテキセツなフ゛ロク゜]
RCCニュース 中国放送 広島の地域情報 【光母子殺害事件裁判の被告人質問〓「... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 20:42

» 眠れない夜と雨の日には by T [Blogで遊ぶBlog]
なんだか変な時間に寝汗びっしょりで目が覚めてしまいました。 ぐったりしつつ眠くなるまでちまちまっと普段は殆ど見ないようなBlogを見てみると素晴らしいところがありました。 既婚女性の方のBlogなのですが、 旦那さ... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 11:06

» 社会保険庁改革は、反日運動の拠点である「自治労」つぶしであり、「戦後レジームからの脱却」の大きな一歩 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 年金5000万件の処理漏れの原因を作った「自治労」が、実は、中国や北朝鮮と一緒になって、わが国の戦争犯罪を追及する運動の中心であることは、意外と知られていない。  戦後50周年に際して、「侵略と植民地支配」に対して「... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 11:54

» 21人の悪魔 [悲観論者の戯言]
{{{ 元少年、女児への殺意も否認=光市母子殺害差し戻し審−広島高裁 6月27日14時1分配信 時事通信  山口県光市で会社員本村洋さん(31)の妻弥生さん=当時(23)=と長女夕夏ちゃん=同(11カ月)=が殺害された事件で、殺人などの罪に問われ、最高裁が一、二審の無期懲役判決を破棄した当時18歳の少年で元会社員の被告(26)に対する差し戻し控訴審第3回公判が27日、広島高裁(楢崎康英裁判長)で開かれた。前日に引き続き被告人質問が行われ、被告は「あやめるつもりはなかった」と夕夏ちゃ..... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 18:43

» 社保庁法案と年金時効撤廃法案を可決!なぜか野党は不信任案提出! [ネトウヨのブログ]
 社保庁法案と年金時効撤廃法案が可決されました。  本格的な改革に与党が乗り出しています。  産経新聞より転電です。 http://www.sankei.co.jp/seiji/seikyoku/070628/skk070628003.htm 社保庁法案と年金時効撤廃法案を可決 参院厚生労働委  国会は28日、参院厚生労働委員会で、社会保険庁改革関連法案と年金時効撤廃特例法案を自民、公明両党の賛成多数で可決した。29日の参院本会議で可決、成立する見通し。これに反発する野党3党は28日夜の幹事長... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 23:03

» 国会における民主主義とは [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 〜未明の3法案の成立を考える〜  30日未明、参院本会議では社会保険庁改革関連法、年金時効撤廃特例法、公務員制度改革法が成立し、実質、延長国会はこれをもって終了することとなった。 3法案が成立するまでには野... [続きを読む]

受信: 2007/07/01 18:54

» 従軍看護婦の集団自殺−青葉地蔵尊由来記 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
 青葉地蔵尊由来記をお届けします。最近、アメリカで所謂「従軍慰安婦」問題が騒がれています。人権・正義を問題にするのであれば、このような問題こそ取り上げられるべきではないかと思います。百人の会増木さんからの貴重な... [続きを読む]

受信: 2007/07/04 16:33

» 民主党NEXT法相・少年事件遺族を侮辱 [ネトウヨのブログ]
 民主党で、NEXT法相とされる平岡氏が、残虐な少年事件の遺族を侮辱するような発言をしていました。日テレの番組をソースとする2ちゃんねるのばぐ太記者のスレッドより引用します。 http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183555000/l50 1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2007/07/04(水) 22:16:40 ID:???O ・6月29日の日テレ「太田光の私が総理大臣になったら」の中で、「少年法廃... [続きを読む]

受信: 2007/07/05 01:29

« バカはバカと共に死んでいけ!!! | トップページ | 拙著:今度は朝鮮日報が写真付きで紹介 »