« 太平洋の分割を要求する膨張中国 | トップページ | 頑張れ!ヒゲの隊長!!! »

2007/08/22

李大統領誕生で日韓関係は変わるのか?

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

昨日、ココログ(nifty)のデイリーランキングで22位でした。で、「きっこのブログ」が15位。
「きっこ」もココログなんですね。やっぱ、それなりに読んでいる人がいる。
正直、今まで、エントリが一回も「きっこ」を上回ったことがない。大体10ランクくらい下。
くやしいです(笑)

で、以下が本題↓

------------------------------------------------------------------

12月の韓国大統領選に向けた最大野党ハンナラ党の公認候補選挙が20日開票され、李明博(イ・ミョンバク)前ソウル市長が小差で朴槿恵(パク・クネ)元党代表を破って党公認候補に指名された。
10年ぶりの政権奪取を目指し、10月に選ばれる見通しの与党系候補と争う。

李氏は得票率49.56%で、朴氏の48.06%をわずかに上回った。李氏は世論調査の結果で朴氏を上回ったが、投票全体の8割を占める有権者投票は朴氏の得票の方が多かった。
つまり伝統的保守層は朴氏を支持したが、無党派票(世論調査)が李氏に有利に働いたということだ。

ハンナラ党の支持率は5割を超えており、李氏の国民的人気も高い。よほどのアクシデントがない限り、李氏が次期韓国大統領になる可能性は高い。
支持率10%台の盧武鉉大統領を担いでいた与党陣営の勝ち目は限りなく薄いと思う。

------------------------------------------------------------------

では、大統領が左派から保守に変わることで日韓関係は変わるのか?
その前に、まず李氏の経歴を見てみよう。

李氏は1965年に高麗大経営学科を卒業し、サラリーマン生活をスタートした。中小企業に過ぎなかった現代建設(現代グループ)で辣腕を振い、36才で社長に就任。同社を韓国のトップ企業に押し上げた。
韓国におけるサラリーマン神話の代表的人物であるということだ。

この李氏、実は日本統治時代末期の1941年12月19日に大阪で生まれた。わが国が米国に宣戦布告した直後に「明博」という“日本名”をつけたところに、日本人であろう(ありたい)とした親の気持ちがにじみ出ている。当時、父親は「月山」という姓に創氏しており、本人も、幼年期はその姓を使用していたようだ。
産経新聞のソウル支局長である黒田勝弘氏によると、「日本語と英語が達者で日本には親近感を持っている」とのことだ。
が、ソウル市長時代のパフォーマンスや言動は反日的なものが多い。その一方で「一部アジアの政治指導者は、過去の歴史に縛られて、国家間の緊張を高め、未来を暗くしている」と語り、盧武鉉与党であるウリ党から「親日発言」だと批判されている。

ソウル市長時代の反日姿勢が本質なのか、それともそれは韓国内向けのパフォーマンスにすぎず、実際は実利的で物事を客観的に見るビジネスマンなのかは、なんとも言えない。
が、韓国と韓国人に詳しい黒田氏が「日本には親近感を持っている」と言うのだから、実際にそうかもしれない。

朝日新聞によると、大統領候補に選出された後の記者会見では対日関係にも触れ、「過去にこだわれば、未来に進むことに支障が出る。安倍首相もそう考えてくれるよう期待する」と語ったそうだ。が、時事通信によると「過去に執着して弁明していては未来に進めない」と語り、未来志向の日韓関係構築に努力するよう苦言を呈した――という表現になっている。
朝日より時事通信の方がよりほんとうの発言に近いのではないか。
「過去に執着して弁明」とは、慰安婦に対する強制性の否定のことだ。素直に受け取ると、韓国政府はもう慰安婦のことで日本を非難しないから、強制性を否定するような見苦しい弁明はしてくれるな――というところだろうか。

------------------------------------------------------------------

韓国学界の日本統治時代研究は、日本の植民支配に焦点を合わせた「収奪論」 が主流である。が、これに対して「植民地近代化論」を展開する学者たちが「学問的成果を出している」と8月14日付(光復節前日)の東亜日報は書いている。
ホン・チャンシク論説委員は「学界の日帝時代研究は、新しい段階に入っている」とこれを評価し、「日帝時代は暗鬱な時期だったのではなく、資本主義が根付きながら、すべてのものが新たに始まるダイナミックな時期だった」というチョン・ポングァン韓国科学技術院教授の見解を紹介している。そして、こういう主張が「『収奪論』の観点で日帝時代を認識して来た多くの人に戸惑いを抱かせている」とも書いている。

韓国が民主主義を標榜する以上、こういう、国が定めた“公式”とは違う、事実を検証した上での歴史認識が台頭するのは当然である。

------------------------------------------------------------------

上記のような歴史学会の変化を、韓国の変化の兆しと捉えるのは早計だろう。が、こういう新しい潮流が大きくなるのか、結局、尻すぼみに終わるのかは、次期政権の姿勢が大きく影響する。
韓国こそ、過去に執着して歴史をわい曲するのではなく、事実を直視する姿勢に転換するべきである。

大阪で生まれ、月山明博を本名にしていた李氏は、当時の在日朝鮮人の大半が“強制連行”されたのではないことを身をもって知っているはずだ。つまり、今の韓国の“公式”の歴史がおかしいことを。
その自身の体験を、大統領として生かせるのか。日韓関係にそれを反映できるのか。
大統領が左派から保守に変わることで日韓関係が変わるのかどうかは、そのことにかかっている。

世論の支持を得るために“反日パフォーマンス”を演じるようでは、「未来志向の日韓関係構築」など、永遠に不可能である。

参照1:ハンナラ党の大統領候補に李明博氏 党大会で選出 韓国
参照2:ハンナラ党候補・李氏は大阪出身…立身出世の仕事師
参照3:"일본 출신이 한국 대통령이 되었다" 일본 언론 대서특필
参照4:「自省」を呼びかける東亜日報 日帝時代の再構成

【追記】
冒頭と右サイドバーのバナー(画像?)は「国境なき記者団」のものです。
できるだけ多くのブロガーがページに貼り付けることを希望します。

テクノラティお気に入りに追加する
↑お気に入りに追加願います。

|

« 太平洋の分割を要求する膨張中国 | トップページ | 頑張れ!ヒゲの隊長!!! »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しています。
読売・産経も保守派大統領誕生か?ということで期待を絡ませてましたが、ぶっちゃけ無理なんじゃないでしょうか?
対日関係だと理性より情が圧倒的に優先するのはいつものことですし。韓国経済も悪化して先が見えないし、国内の不満を御そうと、安易に反日政策に切り替えるでしょう。今までのように。
結局、中の人らの対日感が大きく変化するまでは、不可能だと思います。まあ、反日教育をやってる限り、また北系の人らが煽る限りそんな日は来そうになさそうですが・・・

投稿: くー | 2007/08/22 16:06

先ず「出」で出鼻を北朝鮮は挫くでしょう。
大統領に成るには非常な難関を超えなければ成りません、朴さんはそれを知って居るだけに身を引いたと思います、「今太閤」的な見方は経済界だけで韓国社会は許さないのでは無いでしょうか。

「親日」的な言動は政治生命も学者生命も絶たれるのが、朝鮮半島の60年の歴史、日韓関係が変るとはとても思えません。ましてや「在日」朝鮮人の存在、秀吉の時代の人で有ればご苦労なされたでしょう、と労わり?が有るかも知りませんが?

朝日新聞はキャンぺーンを張り、金大中と同じ様に、話の判る大統領、日本を理解する大統領と売り込みは激しいと思います。
金大中の時は先生まで祭り上げてキャンぺーン、しかし中味は公表される事は有りません、先生も沈黙、一言「立派」に成った。

韓国社会が其処まで成長しているのでしょうか?否益々酷く成って来ています、北朝鮮の存在が大きくなり過ぎて持て余し始めているのも事実かも判りませんが日本との関係は変らないと思います。先ずは大統領選挙に「在日」がどの様に関るのか興味はそちらに向います。

投稿: 猪 | 2007/08/22 16:49

お盆の“きっこ”を見て思ったんですが、ランキングも“お盆休み”に入っていたようですね。

投稿: tajayuu | 2007/08/22 23:21

本音がどうであれ、正直なところ韓国の大統領が、立場上「反日」の旗をおろせるはずがないとは思います。

しかし、親北政策の見直し(国民に対する北への警戒感の喚起)、米国および米軍との妥当な距離の回復ぐらいは期待できるのではないでしょうか。産業界の出身者ですから、利害を正しく判断することはできると思いますし、教養の点では、前任者のように、良識ある国民を赤面させ、激怒させ、ときには不安に陥れるような恥ずかしい発言、行動はしないのではないかと期待します。

投稿: ゆみこ | 2007/08/23 02:10

私は新しい大統領に期待したいと思います。以前に「異常なまでの民族主義」といった内容のことを書いておられましたが、私も同感です。韓国の対日観が幾らか変わってくれたらと思っています。無論「強制性があったかなかったか」などという部分ではなく、「収奪論」の見直しという部分に期待したいと思います。大統領に何が出来るかは未知数ですが、今の大統領に較べれば随分真っ当な方と期待します。

投稿: KappNets | 2007/08/23 11:02

李元ソウル市長が大統領に就任したら、真っ先にやることは金、盧に対する特命検察官による捜査でしょう。
韓国政界の恒例行事といわれていますが今回は皮肉でも揶揄でもなく、やらねばならないことだと考えています。太陽政策利権を白日の下にさらし、元大統領を断罪する位しなければ今の韓国の傾向は変わらないでしょう。そうなることだけは避けたいのが、看板だけ変えて復活したウリ党の面々。
南北首脳会談の延期の理由に、大統領選直前になって「大成果」を上げて一気にちゃぶ台返し、という狙いもあるのではないかと今回の記事を見て思いました。

投稿: sdi | 2007/08/23 11:21

李明博氏がいくら個人的に親日の人間であろうと、韓国の反日であろうとする流れは、弱くはなっても、なくなるとは思えません。
韓国という国は基本的に他者に責任を覆いかぶせる国です。
それは政府でも個人でも同じ。
自分たちは悪くない。なら、そうなった原因はなんだと考えた時に、絶対に自分だとは考えないのです。
その恰好のスケープゴートが日本です。韓国に甘い日本。いくら文句を付けても何の反撃もない。(日本の小言ぐらい、実害がない限り、彼らには馬の耳に念仏)
そんな中で李明博氏が親日であっても、現在の韓国の流れには逆らえないでしょう。むしろ李明博氏が親日であればあるほど、回りからのプレッシャーで反日だと表明するしかなくなる。
現在の韓国で親日だということは、悪なのです。完全な白か黒の世界しかもてない民衆に受け入れられようとするには、相当なエネルギーと立ち回りが必要です。
しかしそれをなし遂げることが出来れば、多少は変わっていくと思います。
なぜなら、地位や学歴、自分より高い位置にある人間の言うことは、本当なんだと思い込んでしまう傾向があるのも、また、あの国なのですから。
隣国である韓国と仲良くやっていくことの希望は持ちたいですが、李明博氏に期待をしたいですが、急激に変わるとも思えず、また便利な反日の旗に彼自身が酔いしれてしまう可能性も大きいです。
ここは希望を持ながらも、期待せずに見守るのが一番でしょう。

投稿: とんとん | 2007/08/23 11:29

反日には変わりが無いと思います。大阪生まれなら在日により共感を持ち、参政権などで政府に在日優位な圧力をかけてくるでしょう。現在ウトロ問題について韓国政府は資金援助はしない方針です。しかし政権が変わると方針を変えて土地購入のための資金援助をするのではないでしょうか?今年末まで購入金を支払わなければいけないので、ぎりぎりのタイミング。韓国政府には自国民を自国に引き取り国が面倒を見て欲しいものです。在日を帰国させ一掃させないことには戦後処理は終わらない。

いづれにしろ、日本に取り韓国が厄介な国であることは間違いない。朝鮮とは距離をおいた政治、経済活動を希望します。

投稿: J。J | 2007/08/23 13:35

 私は、もぅ韓国の反日は後戻りが効かないレベルに達して居る、と思っていますので、誰が大統領になっても、突如として親日に変わること等出来ないと思います、親日派の朴さんが公衆の面前で顔を切られたのが、韓国国民の無言の意思表示でしょう、政治の為にお父さんとお母さんを暗殺され自らも負傷した、それでも、大統領候補にはなれなかったワケです、普通なら同情も集まろうというモノですが。

 韓国の現状は、マトモに考えれば日本の数倍難しい情況です、経済は2度目の破綻寸前だし、内政は地域同志の反目ダラケ、企業成績がいいのはサムソンくらい、当然雇用状態も悪い、肝心な平和の維持・半島統一となると、休戦中とはいえ未だ交戦相手の朝鮮政府は完全に破落戸集団と言うしかない状態です、彼等には産業と呼べるモノはなく、麻薬の生産・密輸、武器密輸、偽札製造、煙草の偽造を生業とする有様、表向きやっていることと云えば、核を振り回して恫喝するダケ、国家が目指すべき国利民福への正しい努力、殖産興業は一切為されていない、こんな国と手打ちして、どうしてヤッテ行けるというのだろうか。

 国家元首の意識があった金日成なら、未だ話し合う余地があったが、金正日には全く無いに等しい、それなのに、その破落戸国家と手打ちをした米国と、事実上の敵に援助をしたがる現政権と言う異常さです、一体裏に何があるのか、このまま放置してたら朝鮮半島はどうなるのか、生半可な事では乗り切れないだろう、得票数は僅差と言うから、朴さんが候補になれなかったのか、ならなかったのかは知らないが、蓋し賢明だったと思う。

 李さんが有能なビジネスマンだと言うことは、一昨年位前に紹介されたことが有ったように記憶しているが、この際親日も反日もない、所詮反日の立場でモノを云うしかないだろう、それより、朝鮮族内では「半チョッパリ」と呼ばれて差別される元在日が、民政大統領になって軍が着いて行くのだろうか、朝鮮に阿れば、忽ち膝下に屈する事になる。

 朝鮮族の真の敵は朝鮮族である事は、彼が企業人として成功したのだから良く分かっているだろうが、指桑罵槐を多用すれば、先人のノ・ムヒョンの様に反日に我を忘れた状態になる、一つの戒めとして、ノ・ムヒョンは政界からも、半島からも追放すべきだろう、そして太陽政策は即時に止めるべきです、半島統一を必要と思っているのは、朝鮮の民衆かもしれないが、南主体に統一するのなら、武力が必要だと考えている朝鮮政府が、マトモに考えているはずがない、只それを利用して、莫大な金儲けを企んでいるだけナノが明かですから。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2007/08/23 14:12

黒田氏は金大中のときに
金大中は親日で反日が終わるみたいなことを
しきりに言っていて大外れでしたよね。
韓国はIMF以来外資が大量に入って
日本の影響力はかなり落ちてるとも聞きます。
日本語喋れる人は昔は色々活躍の場があったけど、
今は日本語喋れることに全然意味がないとか。
韓国は日本に擦り寄るメリットがあるんでしょうか。
日の丸焼こうが、意味不明の反日妄言を吐こうが
韓国製品の売り上げが下がることはないですし。

投稿: h | 2007/08/23 20:57

>>韓国は日本に擦り寄るメリットがあるんでしょうか。
韓国周辺で中国に対抗する勢力は日本しかありませんよ。
近いうちに、韓国は嫌でも日本に寄らずにはいられなく
なるでしょう。恐らく李氏はそれをちゃんと分かっている
はず・・・と期待したいです。

>>世論の支持を得るために“反日パフォーマンス”を演じるようでは
反日しているにも関わらず支持率が10%台の盧武鉉大統領。
なぜなんでしょうね。もう効果が薄れているのでしょうか??
国民全体がしらけてしまっているのかもしれませんね。
所詮パフォーマンスですから、そう長続きするようなものでは
無いと思っています。

投稿: ゆが | 2007/08/24 00:17

>韓国周辺で中国に対抗する勢力は日本しかありませんよ。
>近いうちに、韓国は嫌でも日本に寄らずにはいられなくなるでしょう。

日本に事大されても、冷戦が終わっているわけですし、
日本には韓国に肩入れする理由がありません。
ASEANや台湾ならば守る動機がありますが、
半島は殆ど価値がないかと。

それに中国が勢力を拡大するならば日韓分断策でくるのは
間違いないので、日本につかざるを得ないって状況はありえないかと。

投稿: h | 2007/08/24 10:56

韓国人である限り、反日思想からは脱却できない
のは明らかだと思います。

少しでも日本寄りの発言をしようものなら、国民
からの突き上げは半端ではないでしょうからね。
国民の反発怖さに小泉純一郎元首相との砂風呂
ツーショットを断った誰かさんのように、タカリ
たければ寄ってくるけど外野の目を気にして、
適度な距離感と反日は忘れないでしょう(笑

投稿: poko | 2007/08/24 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/16192777

この記事へのトラックバック一覧です: 李大統領誕生で日韓関係は変わるのか?:

» 不才な君子と多才な小人 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
「国際派日本人の情報ファイル」情報を転送します。   【才人小人】    不才な君子と多才な小人     君子にして不才無能なる者之れ有り。     猶お以て社稷を鎮(しず)む可し。     小人にして多才... [続きを読む]

受信: 2007/08/22 18:54

» 「美しい国」より「独立国日本」を・・・安倍総理に望むこと [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
残暑お見舞い申し上げます。それにしても今年の暑さは尋常でありません。日本人のあまりの不甲斐なさに天が警告を発しているのではないかなどと妄想しております。 ところで今朝の新聞を見ますと安倍総理がインドに到着し... [続きを読む]

受信: 2007/08/23 07:44

» 日印首脳会談:「インドの中の日本」建設へ−朝鮮日報 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
日印首脳会談:「インドの中の日本」建設へ(朝鮮日報 8/23)  インドと日本が同盟レベルの強固な友好関係を誇示した。  両国はアジアの盟主を自認する中国をけん制するという共通の目標がある上に、製造業の誘致(イン... [続きを読む]

受信: 2007/08/23 19:05

« 太平洋の分割を要求する膨張中国 | トップページ | 頑張れ!ヒゲの隊長!!! »