« “政治的選択”としての“親米”はどこまで? | トップページ | 臥薪嘗胆して次の機会を待つしかない »

2007/09/12

安倍首相が辞任!なぜ、今???

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

安倍晋三首相が辞意を表明した。
所信表明をした直後の辞任はあまり例がないのではないか?

?マークがいっぱいある。

もう少し事態の推移を見ないと適当なコメントができないが、
皆さんはどう思われますか?

【追記】
冒頭と右サイドバーのバナー(画像?)は「国境なき記者団」のものです。
できるだけ多くのブロガーがページに貼り付けることを希望します。

テクノラティお気に入りに追加する
↑お気に入りに追加願います。

|

« “政治的選択”としての“親米”はどこまで? | トップページ | 臥薪嘗胆して次の機会を待つしかない »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

もう嫌になったんでしょう。

投稿: | 2007/09/12 16:39

今は経済の立て直しが最優先で安倍さんが首相になって憲法改正するべきなのは5~10年後であるべきだと思っていましたので辞任賛成ですね。十年後の再起に期待します。

でも辞め方は村山以下。なんとかならなかったのかな…。

投稿: シャイロック | 2007/09/12 17:01

「健康上の問題があったと聞いている」と三宅久之氏がTVでおっしゃってましたよ

投稿: ピロセ | 2007/09/12 17:15

 重要法案を通したり、新機軸のアジア外交を打ち出していただけに残念で仕方ありません。

 結果論ですが、やめられるのならば「終戦の日」の靖国参拝は強行していただきたかった....。

投稿: 山本大成 | 2007/09/12 17:21

長文、失礼致します。
 厳しい自民党にとって、先日の退陣覚悟は、進めば地獄、退かれると地獄という様な状況を演出し、党内をまとめようという思惑だと思っていたので、今回の退陣表明もこの類なのかと妄想している次第です。
 やはり、安倍総理は純粋過ぎたのでは?客観的に見ても何れの政策に問題はありませんでしたし。ただ、どんな良い人も悪い人も一票を持つ有権者であり、(工作)資金も持っているので。
政治家なのに一直線で進む安倍総理を支持していただけに、残念です。
今後は、やましい勢力とも妥協(騙し討ちも)は欠かせないでしょう。

 横断歩道を渡る時は「右」を見て「左」も見て渡る(今後の政局)ものです。
「右」には押さえの麻生さんがいるのでまあ一安心です。「左」はというと不埒者塗れです。ここ最近、谷垣・加藤・古賀・山崎派を差しおいて、二階派が重用されています。あまり一派を重用すると、同じ立場といえども他派閥の影響力を削ぐ事になります。
二階一直線は、織田信長にも似ています。信長集権体制での本能寺の変…。
ここで、収支金問題辺りで牽制を狙いつつも、ある程度の配慮は必要でしょう。

 転んでもただで転ばないのを信条としています。「テロ特措法」もそれが可能とも思えます。
アメリカは何れ親中の米民主党が政権を獲るでしょう。全ての人々が親中とは限りません。反中も、思想に拘らない単に政権内外の権力闘争・駆引き、共和党とて、冷や飯喰らいは良しとはしないでしょう。
反主流では、増々冷や飯どころか懐もお寒いと。詰まり、権力闘争・駆引きの一つに「日本」というカードをお使いくださいと。
とっとと、米国内へのロビー活動をより盛んにして欲しいです。何も、政府筋に関わらず、進出企業達もいます。米民主党政権となると、共和党への追撃はおろか共和党よりの日本にも累が及びます。米民主党は日本にとって疫病神にも見えますし。
米議会内に働きかけないと、米・中・露に囲まれている極東の日本は厳しくなります。また、アメリカに依存している日本が、アメリカから中国寄りの要求をされると、日本が日本らしくという国体維持も難しくなります。
米民主・共和党と互いを噛ませ合わせて、日本の立場を維持するべく、働きかけ・ロビーは様々なルート介して、今回のダメージコントロールを図るべきです。

 しかし、「テロ特措法」を通さないと、この思惑は効果を現しません。カードというのは、アメリカにとって日本は益がある、日本にはそれだけの力がまだあるという所をみせなければなりません。
 この法案は今後の国家戦略を左右します。民主党の前原起用は飴であり、落とし所でしょう。前原を焦点に、議論がなされ、法案を通す見返り・代償・党利を得るつもりでしょう。
しかし、日米民主党が親中の合言葉をもとに、政権奪取を目論むと、日米中限らずに歪な国際関係になりかねません。

 自民・民主間の議論で譲歩は必要です。根回し・切り崩しも必要です。更に、今後の日米関係を考えると大企業の方々にもビジネスがしにくくなるでしょう。ここらで一致して、莫大な納税・天下り先・多額のスポンサー料を元手に、マスコミの言論を押さえ込み、コネを通じて、国税庁に働きかけて、小沢さんの10億以上の不動産問題の蒸し返し・逮捕を仄めかす、民主党の各種スキャンダルを喧伝、官僚の看板を変えた事に安堵している心につけ込み、一応の妥協を図って事に当たるのも一つの手段です。
形がついたら、再び官僚を蹴散らすのもいいでしょう。
 まあ、商人は利に聡いものです。世界では貧困層が人並みの生活を獲得しつつあります。この過程で、先進国の産業に打撃を与えていますし、日本は大量の職を中国に奪われています。製造業に抱っこにおんぶしている日本の産業を再編や、情報設備投資・組織の効率化にも一定の配慮や優遇策をねだるでしょうが…。

ともあれ、日本の趨勢は、今、小沢さんが握っているといっても過言ではないでしょう。

投稿: カイワレ | 2007/09/12 17:29

坂様、いやなんというか。敵も味方も吃驚仰天。
「このタイミングでやめるか普通?」というのが率直な感想です。
民主党というか小沢一郎党首にとってはこのまま安倍首相でいてくれたほうが有難かったはずですが、これからどうするか。
私としては拉致被害者の会の方々、特に老齢な方々の精神的ショックを考えると気の毒でなりません。
本人が「辞める」と言ってしまった以上、消しゴムは効かないのでとっとと後継首相と総裁を決めて欲しいものです。
なんか、「デモシカ宰相」二代目がしゃしゃり出てきそうな予感がします。ま、しばらくサヨクな方々のブログはお祭りですな。

投稿: sdi | 2007/09/12 17:34

政略とかなんらかの戦略とも思えないし、
単純に嫌になった(耐え切れなくなった)んでしょう。
大部分の問題自体は安倍さん以前の負債を安倍さんが背負わされ
解決しなくてはならなかったに過ぎないのに、
非難はもっぱら安倍さんに降りかかり、
やりたい事、改革案はいっぱいあったんだろうけど、
それ以外の年金だの金の問題だのに手をとられすぎてなかなか進まない、
改革で特権を失う事を恐れる官僚や公務員団体だのの突き上げもあったろう。
自殺するほど弱くはないけど、笑って跳ね除けられるほど強くもなかった。
国会答弁とか質疑とか見てると結構頭のいい、優秀な政治家だと思うんだけど、
結局、運というかタイミングが悪かったね。

投稿: 兎々 | 2007/09/12 17:36

すごいショックでした。ここまで来たのだから、せめてインド洋の海上自衛隊の給油活動まではやってほしかったですね。

投稿: | 2007/09/12 17:38

どうやら辞任の真の理由は脱税疑惑のよう。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/m20070912k0000e040078000c.html

次は衆議院選挙で勝てる人。
麻生じゃだめでしょう。
失言が多いうえ、品がない。「べらんめい」調の話し方、漫画好き、「ひょっとこ面」など一国の総理が備えるべき品位に欠けている。品位がなくとも有能であればいい、という考え方もあるだろうが、国際的には総理の印象が我が国のイメージを形成する重要な要素であり、品格のない人物は困る。同氏の主唱する「自由と繁栄の弧」の実態はどうやら中国包囲網のようであり、支持できるとしても、日韓トンネルを推進するセンスには疑問を感じざるを得ない。

選挙の顔としては小池百合子がいいかなと思ったが、防衛省の人事問題で見せた拙劣な手法で脱落した。
谷垣はどうやら中国のハニートラップに引っかかっているようだから論外。
福田はあまりにも親中だし、やる気があるのかないのかわからないからダメ。

残る選択肢は二つだけ。
小泉元総理の再登板か町村信孝氏。

町村氏は今のところ話題に上っていないようだが、押し出しはなかなかのものだし、頭も良い。最大派閥の領袖でもある。
カリスマ性というか華やかさに欠けるが、現時点では最良の選択だろう。

投稿: stopchina | 2007/09/12 17:43

安部さん辞任ですか・・・・
選挙の国民の声では辞めなかったのに
アメリカ様の約束を守れなかったら辞めるのですね
日本国民として呆れます

投稿: 鳥飼 | 2007/09/12 17:45

まったく根拠のない推測ですが、安部さん=拉致問題、米国は拉致問題を放り出し北朝鮮との関係修復に向けて下準備を進めている状況、先日安部さんが首相の職を賭して「テロ特措法」を通すとの言明したことなどを考えると、拉致問題を放棄しようとしている米国に対する安部さんの最後の抵抗のようにみえました。新しい首相に誰がなるかによりますが、今後米国が引き続き日本を無視したまま北朝鮮との和解を進めていくのかどうか注目です。

投稿: so’s | 2007/09/12 18:06

今回の件で,やっぱり安倍は駄目だったなと確認できました.ポリシーは良いが,そのポリシーを実現させるための手法が幼稚すぎたと思います.結局,彼は政治家としては向かなかったのではないか.

ま,普通に国政の事を考えたら,このタイミングでの辞任は有り得ないですが,安倍らしいといえば安倍らしいのかもしれません.

民主党の小沢は,小渕や野中との確執があり,彼の人生なんて政治闘争が全てと言ってもいいくらいです.今回の件で,政治家なんて所詮は政治闘争に長けてないと務まらないという典型的な例を見せてもらったような気がします.

投稿: Cosine | 2007/09/12 18:17

安倍さん個人は小泉さんのような役者でなかったという評価に尽きると思います。発言が最後までちぐはぐでした。小泉さんの「ぶっ壊す」に較べて美しい国、戦後レジームからの脱却というウヨク?的スローガンは浸透しませんでした。最後には職を賭す発言も空振り、小沢氏への会談呼びかけも何のことやら、自滅です。

今後のテーマは誰が総理になるかということですね。大臣やブレーンは変えるのかな。解散は考えるべきではないでしょう。民主党に揚げ足を取られないで世論を引きつける力が求められますね。それとスローガンと。厚生労働省は舛添さんだけでは危ない。

国会運営全般もそうですが、とくにテロ特措法は中央突破など考えず、なるようになると考えて進めるしかない。国会運営の手際の良さで自民党の評価が決まるでしょう。新案は早すぎる。民主党の出方に依存する部分が大きいのだから、焦るよりも相手に合わせてナマズのようにやればよい。万一の場合は燃料の代わりの貢献の仕方も探せばよい。米国とも裏交渉したらよい。

投稿: KappNets | 2007/09/12 18:18

今夜はきっこがうまい酒を飲むのかと思うと腹が立つ。

投稿: ころ | 2007/09/12 18:20

本当に驚きました。何故今なのか。
いろいろ考えてみたんですが、やっぱり連日テレビも新聞も大バッシングだし、自民党の中からも批判の嵐、孤立無援の立場にもう疲れちゃったんじゃないでしょうか。
自民党に対しては、そんなに批判するなら、総理をやりたい奴がやればいいじゃん!っていう気持ち。国民には、痛い目にあってみやがれ!ってことかな。
そうは思いたくないんですけど。
あー、誰がつぎやるんでしょうか。左巻きにお役が行くことがあったらいやですねぇ。

投稿: hanaco | 2007/09/12 18:35

安倍首相はいろんなことやってくれたのにね。
その功績を隠して任命責任だけを追及するマスコミとミンスに反吐が出る。
とにかく、今はお疲れ様と言いたい。

投稿: アンチニダー | 2007/09/12 18:49

 期待もし応援もしていたので記者会見を見て、感情的には可哀想だなと思います。安倍総理に対して不満はありましたが長期政権で憲法改正までたどり着いて欲しかった。反安倍勢力の下劣さを思うと安倍さんに裏切られたとは思いたくないのです。
 以前こちらで 麻生さんの次に安倍さんというコメントが多かったように記憶してます。その時私は 麻生政権にこそ今回のような結末を想像して、安倍さんで良かったのだと考えました。
 理由はともあれ このタイミングでの安倍辞任が 反改革勢力や反日親中勢力、小沢民主党に有利になっては困るという思いでいっぱいです。
 総裁選で党員投票がないのなら福田・谷垣政権と小沢民主党の反米親中競争などという悪夢を見ることになるのでしょうか。麻生政権が誕生しても火中の栗を拾わされることになるのなら結果は同じではないかと暗澹たる思いです。改革への道は平坦ではないのですね。

投稿: 武井 | 2007/09/12 18:53

安倍さんを応援していたので、今回の辞任は非常に残念です。
安倍さんの切り開こうとしていた日本の針路は決して間違っては
いませんでした。 しかし、あまりに純粋に理想に邁進し、
その中身の重要性・必要性を充分国民に説明しきれていないところに、
野党・マスコミの各種ネガティプキャンペーンが直撃し、その対処が
非常にまずいままでの参議院選挙で、結果大敗につながって
しまいました。

志の高い政治家なので、いつかまた復活して欲しいものですが、
辞め方がこれでは将来の芽も自分で潰してしまっています。
将来の第一線復活のためにはこのタイミングでの辞任は最悪で、本来は
「日本国民のために刀折れ矢つきるまで戦った末の辞任」という
パフォーマンスが打てるタイミングまで踏み止まって、アピールを
続けるべきでした。

同じ事をするにもタイミングとムードが大事というのは政治の世界
にも言える筈です。 非常に惜しむらくは、安倍さんが政治家に
してはあまりにも純粋でまっすぐ過ぎて、それらを充分読む力が
なかったことかと思います。

投稿: 坂口 | 2007/09/12 18:56

「職を賭す」言ったばかりなのに・・・。
職を賭した取引があったのでは?

投稿: りとる | 2007/09/12 19:05

とにかく、安倍総理の体調だけが心配です。
特にメンタルが非常に心配です。

辞任のタイミングがおかしすぎますので、
本当に体調が心配です。

投稿: 名古屋人 | 2007/09/12 19:15

まあ,納得できても「なぜ今?」ですかね。
辞めるタイミングは一見すると最悪。
どっかの中小企業の倒産劇と一緒な感じ。
不渡りだして突然倒産,みたいな。

何か良い方に向かえばいいんですがね。

投稿: kon2 | 2007/09/12 19:19

傷つき、力尽きた渡り鳥の落下地点がそこであった
だけの事かも知れませんね。だいぶ心労も重なっていた
でしょうし…

瀬戸さんのブログでも書かせていただいたのですが、
安倍ちゃんは「戦後レジームからの脱却」を声高に
謳った時点で彼の運命は決まってしまったのではと
思ってます。
戦後の歩みを根底からひっくり返されてたまるか
って思ってた奴らって結構いたでしょうから…

投稿: poko | 2007/09/12 19:31

1年前期待していたのに残念です。
これで反日勢力は大喜びですね。
特に将軍様の高笑いが聞こえてきそうです。
6ヵ国協議にしろ行方が憂鬱になることばかりなので
この先が心配です。

投稿: タツ | 2007/09/12 19:31

先ほどの投稿で示したリンク先(毎日新聞)が18時45分現在削除されている。
誤報だったのか、それとも情報隠蔽の圧力があったのか。
記事の主要部を以下に引用する。

*********************
安倍首相辞意:「週刊現代」が「脱税疑惑」追及で取材:

 同編集部によると、安倍首相は父晋太郎氏の死亡に伴い、相続した財産を政治団体に寄付。相続税を免れた疑いがあるという。晋太郎氏は91年5月に死亡し、遺産総額は25億円に上るとされていた。編集部は安倍首相サイドに質問状を送付し、12日午後2時が回答期限としており、15日発売号で掲載する予定だったという。
***********************

辞任のタイミングはこれで納得できそう。

投稿: stopchina | 2007/09/12 19:32

>安部さん=拉致問題、米国は拉致問題を放り出し北朝鮮との関係修復に向けて下準備を進めている状況、

私もso’s さんが書いておられるとおり、米国から北との関係改善をすると決定的な通告をされたんじゃないかと思います。拉致は人道問題としては訴えていくが関係改善の支障にはこの先ならないと。

しかも、特措法もなんとかなりそうにないということで、本当に追い込まれてしまった。あと、自民党内部から辞めてくれという圧力が高まった、ということもあると思います。

タイミングが本当に妙なので、健康問題もあるのかもしれませんね。

投稿: ゆみこ | 2007/09/12 19:37

こんな人間を支持してた、保守連中の人間を見る目の無さに大笑い。

投稿: a | 2007/09/12 19:40

stopchinaさん 脱税記事のリンク切れてますよ
グーグルのキャッシュも併せてクリアされてますね。
記事としては、なにか問題があったんではないでしょうか。
検索にはひっかかるので、冒頭部分だけは読めます。
http://www.google.com/search?client=opera&rls=ja&q=%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E8%BE%9E%E6%84%8F%EF%BC%9A%E3%80%8C%E9%80%B1%E5%88%8A%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%80%8C%E8%84%B1%E7%A8%8E%E7%96%91%E6%83%91%E3%80%8D%E8%BF%BD%E5%8F%8A%E3%81%A7%E5%8F%96%E6%9D%90&sourceid=opera&ie=utf-8&oe=utf-8

>どうやら辞任の真の理由は脱税疑惑のよう。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/m20070912k0000e040078000c.html

投稿: じょしゅ | 2007/09/12 19:43

国内問題ではなく、対米問題で辞めたってところが属国日本を象徴していますね。選挙結果よりアメリカへの義理立てが重要と。

投稿: あ | 2007/09/12 19:48

応援していましたので非常に残念です。
なにもかもいやになったのかもしれません。

会見でおっしゃられた「自分がいるとかえってマイナスになる」と考えられてのことでしょうが、テロ対策特別措置法は衆議院で再議決すれば目的はかなうはずであり、その他のすべての法案も参議院は無視してすべて衆議院で再議決していくくらい図太くやってほしかったです。

それにしても自分とは関係ないところで逆風が吹き通しでした。
管理人さんのいわれているとおり異常でした。

安倍さんは純粋すぎたのかもしれません。純粋な政治家は必要です。
しかしプラスアルファ図太さも政治家には必要なのでしょう。
安倍さんおつかれさまでした。

今度の総理には是非、櫻井よしこ外務大臣を誕生させてほしいです。

投稿: 琴姫七変化 | 2007/09/12 20:00

安倍総理、よくがんばりました。お疲れさまでした。教育基本法も改正して、ゆとり教育の見直しや、中国との関係改善、憲法改正の国民投票法案を成立させ、といろいろ良いこともされました。 次の総理は、ますぞえ厚生労働大臣が良いと思います。      本当にお疲れさまでした。

投稿: | 2007/09/12 20:04

坂様。
お久しぶりです。
結局、自民党の反改革派、親中派が官僚と手を組み現政権に不利な情報をマスコミに垂れ流し、既得権益を守ろうと必死になって抵抗した。それが功を奏した。そういうことだろうと思われます。そうでなければ、ここまでタイミングよく今まで特に問題にされていなかったようなことまで含めて、表面化することはないと考えます。
民主党やマスコミは、そうした政権に近いところからのリークにうまく乗っかって(そもそも、この人たちも既得権益層であり、抵抗勢力ですから)安倍政権打倒を企て成就した。まったく気持ちの悪い話ですが、そういう構図なのだろうと思います。
とにもかくにも、これで構造改革は後退せざるを得なくなったと考えます。このあと、自民党の誰が総理大臣になっても安倍さんよりも積極的に歳出削減や地方の自立的再生に真摯に取り組む政治家はいないでしょう。また、どういう経済、国際認識をもっていれば彼らのようになるのかわかりませんが、進むグローバル化と激化する国際競争の中で、またぞろ予算のばら撒きによる公の手厚い保護や護送船団的な手法を志向する勢力が跋扈することでしょう。小沢民主などはその典型です。結果、国際基準で言えば、すでに赤信号の点灯する日本の財政における(今の日本の財政状況ではEUに加盟することすらできません)赤字国債の額は増え続け、その先はどうなるか推して知るべしです。
これは本当に情けないことですし悔しいことですが、坂様、しかし、我々はここで諦めてはならないと思います。次の世代に少しでも明るい日本を手渡すために、坂様のような現実感があり冷静で鋭い指摘を持った言論活動が今こそ求められているのだと思います。私も僭越ですが、私なりの貢献のあり方を探しています。(笑)これからも戦いは続いていくのだと思います。

投稿: Yeah!2 | 2007/09/12 20:14

何か、医者から言われたりしたのかな?
「このままだと死にますよ」とか・・・

総理大臣って、かなり過酷な職業だと思う。
「パーフェクト」にやって当たり前。
少しでも失点があると、バンバン叩かれる。
で、分刻みの忙しさの割りに、給料はそれほど良くない。
いいことをやっても、「何か下心があるのでは?」と勘ぐられる。
対応をちょっとでもマズると、今度は大々的に笑いものにされる。

安倍首相を見てると、急な坂道を重い荷車を引いて必死に登ってく感じがするんだよね。
それでいて、応援してくれる人は少なくて、
やれ「車の引き方が正統ではない」とか、
「あの目線が気持ち悪い」とか、
「お前なんか、どっかに行っちまえ! それがみんなの意見だ!」
とか罵倒されっ放し。

これじゃ、心身ともにダメになるよ。
で、疲れ果ててやめると、今度は、「無責任だ!」の大合唱。
これって、「死者に鞭打つ」特定国の文化そのものだわな(笑)

投稿: アサピー嫌い | 2007/09/12 20:17

総理を辞任するだけじゃなくて、いっそのこと腐りきった自民党からも離党してほしい。
そして真の保守政党を立ち上げてもらいたいです。

残務整理は麻生さんに任せましょう。

投稿: ゲン | 2007/09/12 20:24

 安部総理の周囲が敵だらけになったことを感じての退陣ではないかと考えます。
 自民党からも批判の声を受け、その上に民主党が敵で国会運営が成り立たない、マスコミも敵で世論形成ができない、官僚も敵に回ったので事務処理や基本的な運営すら滞り、あまつさえ調査資料すら手抜きや嘘があるため自分の進路すらままならない。そんな状態だと感じたのではないでしょうか。
 これでは、どんな人であっても正常な政治は出来ないでしょうね。

投稿: jk | 2007/09/12 20:38

近年稀に見る良い政治家だっただけに阿部首相の退陣は本当におしい。
テポドン発射時の適切かつ早急な対応は本当にすばらしかった!
あれが民主だったと思うとぞっとする。

年金や政治と金の問題は阿部首相の責任ではないだろうに・・・。
大臣の任命責任なんて論外だ、大臣一人づつ身辺調査でもすれば
よかったのか、それこそプライバシーの侵害と騒ぎ立てるのが
目に見える。教育改正に手を入れただけでも評価できるのに。。
国あって初めて諸所の問題に取り組めるはず、なのに「テロ特措法」
が大した問題ではないというような報道、信じがたい。
しかし防衛庁が省に出来ただけでもまだよかった。

よくよく考えると次から次へと大臣と金の問題が表面に出てくるのは
官僚がリークしているとしか考えられない、ってことは改革は着実
に進んでいたということ、まんまと官僚にやられたって感じだな。
まだまだ官僚の闇は深いなー。


投稿: | 2007/09/12 20:50

もし安倍さんが総理を続けていたら例大祭に靖国参拝出来たでしょうか?
もし行かなければ、日本会議などの強固な保守地盤の支持を失い、再当番は不可能になるでしょう。
しかし今の状態で参拝したら、野党はもとより公明党も離反するでしょうし、身内である自民党内からも批判が噴出し、ここで内閣が瓦解するかもしれません。
そうなれば『靖国参拝で内閣が瓦解した』という前例ができてしまい、今後総理になる人が靖国参拝することに大きなプレッシャーを与えることにもなりかねません。
安倍さんは総理として例大祭に参拝できないくらいなら、総理の座を明け渡すという決断をしたと信じたいですね。

投稿: kazu | 2007/09/12 21:01

安倍さんが辞めて、公務員改革が頓挫し、一番ほくそえんでいるのは役人でしょう。日本は、そのうち、公務員に食い物にされて、メルトダウンするでしょう。現に、社保庁の無能な公務員どもは、日本の年金システムを「ぶっ壊して」しまいましたからねえ。そう言えば、閣僚の「カネ」の問題を次から次へとリークしたのは誰なんでしょうねえ? 何故、誰も問題にしないんでしょう?

投稿: maya | 2007/09/12 21:05

いろいろ不平不満はあったが、目指す方向は正しいので支持していたので本当に残念だ。世論も敵、身内も敵、身体検査(なんだか良くわからん言葉であるが)も、うまくいかず八方塞だったのだと思う。つまらんマスコミに煽りに始まった混乱が世界からの日本孤立に繋がらないことを願うばかりである。しかし政治をワイドショーにしたツケはデカイだろうな~。

投稿: fuyuneko | 2007/09/12 21:24

私は絶対影で脅されていたのだと思います(笑)。
このタイミングには驚かされましたし、それならそれで毅然として靖国参拝をして欲しかったですが、安倍さんは戦後体制を変える布石を打ったと思います。

惜しむらくは短命を覚悟で徹底的に己の道を貫いて欲しかった。
あいまい戦略はやはり失敗だったのだと思います。

出でよ!対特亜強硬派!官僚を震え上がらせる政治家!

投稿: おれんじ | 2007/09/12 21:39

>同編集部によると、安倍首相は父晋太郎氏の死亡に伴い、相続した財産を政治団体に寄付。相続税を免れた疑いがあるという。晋太郎氏は91年5月に死亡し、遺産総額は25億円に上るとされていた。編集部は安倍首相サイドに質問状を送付し、12日午後2時が回答期限としており、15日発売号で掲載する予定だったという。

これって節税対策であって、違法な事ではないのでは?

仮に法に触れる部分があってもすでに時効では?

この件で、阿部さん誰かに相談したのかなあ。

投稿: トマソン | 2007/09/12 21:48

今日、青山繁晴氏が、氏の意見を語ってます。ご参考に。
http://diablo.web.infoseek.co.jp/video99/an1.wmv

安倍総理の辞任は残念です。しかし、総理の政局運営のまずさは、河野談話を継承すると言ったときから、なんかヘンだなと思わせました。不祥事への対応もそうで、うるさいマスコミなど無視しておけばいいものを、へんにマジメに対応して首を切るとか。今回の事をコヤシとして、熟成されることを望みます。安倍氏はまだまだ若いのですし、日本のためにできることは、これからも様々にあると思います。

投稿: たか | 2007/09/12 21:50

「体調問題が主要因だった」などとの報道が出始めたが、所信表明演説を終えた後、ここ2日で何か体調に急変があったのならば、このタイミングでの辞任も理解できるが、最近体調が優れなかった、などという理由は一国の首相として無責任極まりない。
また、体調不良が主要因で首相を続けられないというのであれば、党首討論云々の話どころではない。
この程度の意識で一国の首相が務まるのか?
幼いころから敷かれたレールの上を歩いてきた最近の2世議員は、どうも政治に対する信念が感じられない。
要因は様々あるだろうが、要は「安倍首相は逆境に潰されてしまった」というところではないか。
お坊ちゃま政治家、と言われても仕方あるまい。

投稿: とおりすがり | 2007/09/12 21:54

 なにやら総裁選を睨んで、最大派閥の町村さんを推戴する動きが出たようですね。麻生さんといい、町村さんといい頼もしい限りです。
院政気取りの森上皇?は邪魔ですが。
麻生さんは、票によっては、ひょっとして総理、相当数を獲得すれば、引き続き今の良いポジションになると思います。

投稿: カイワレ | 2007/09/12 21:55

アメリカは朝鮮半島情勢を動かしたいんでしょうね。
そのためには拉致問題を決して投げ出せない安倍首相が邪魔である。
かといって、ある程度のメンツを守ってやらなければいけない。
拉致問題抜きにしてアメリカが朝鮮半島情勢を動かせば、安倍首相はますます行き場を失ってしまうので、早めに「拉致問題は抜きにする」と伝えてあげたんじゃないでしょうか?

これから2年で朝鮮半島情勢が激変する可能性が増すように思います。
韓国ではハンナラ党も親北政策に転換するようですし。

投稿: understanding | 2007/09/12 22:01

安倍首相は、よい政治家だと思います。
できることをやろうと、誠心誠意頑張られたと思います。
心からお疲れ様でした、と申し上げたい。
健康上のこと、脱税疑惑などともいわれていますが、ここまでマスコミはじめ四方から、たたかれたら、きついと思います。
マスコミの権力は強大ですね。このマスコミの偏向を一番になんとかしないと、日本の前途に悪影響大だと思います。
テロ対策特別措置法について、民主党が協議をしないといっている現状、
もしかすると、ご自分が退くことで、
現状打破になればと考えたというのは、深読みすぎ?

投稿: シーガル | 2007/09/12 22:10

時間があっても仕事をしなかった首相も少なくない中で、1年という短い任期中に重要法案をいくつも採決させた実績は評価したいと思います。 辞任と引換えに再編の取引があった とか願望ですね。

投稿: さるさ | 2007/09/12 22:25

安倍さんにもう少し頑張って欲しかったので、このタイミングでの辞意は大変に残念です。どうせ辞めるのなら、悪い所を持っていって、次の総理に引き継いで欲しかった。
それにつけても思うのは、総理を支えようと思ってもいない自民党のいい加減さです。総理のことを無責任だと言うことは、彼らには絶対に出来ないはずです。
新人議員まで集まって、辞めろ辞めろのコールをしておいて、自分たちの思ったよりも早く安倍総理が辞めることになったからと言って、右往左往するしかなくなって、馬鹿を晒しているだけに私には見えます。今更、小泉を担ぎだしてどうするのか。
野党も同様。そして先日の選挙で民主を支持する意思もないのに、自民党に失望しているとマスコミに踊らされて、民主を大勝させた国民も同罪だと思います。
確かにタイミングは悪い。時期の総理大臣となる人には大変に悪い。
そこの所が一番心配な所です。
けれども、安倍総理が辞めることに対して、総理に辞めろとコールをしていた人間に、今更、辞めたことに関して文句を言う筋合いはないはずである。
とにかく次期総理に誰がなるとしても、以前の自民党に戻る道を行くのなら、それは自民党の終わりの始まりだと思う。

投稿: とんとん | 2007/09/12 22:27

 その昔、といっても、まだ10年もたってませんが、部落や北朝鮮に強いシンパシーのある自民党超大物政治家(のちに失脚)が強い権勢をふるっていたころ、拉致問題の解決をはっきり要求した自民党議員は、実力者の中では、安倍と高村だけでした。そのことは決して忘れないでおこうとおもいます。
 この人が再び首相になれるほどの輝きをまとえるかはわかりませんが、今後も役割をはたして欲しい政治家です。

投稿: お昼寝好き | 2007/09/12 22:35

現実の中の中庸を直視できない安倍さんしか首相にできない日本社会は、権力のみをつかみたい麻生さん(自民党)によって破滅の道を選ぶことになりそうですね。
貴殿が若かりし頃の日本がなつかしい。

投稿: nakano sigeki | 2007/09/12 22:56

安倍首相。お疲れ様でした。
どうか、お身体をご自愛下さい。

自分を含めて、結果として安倍首相の努力が水泡に帰するしかないような不甲斐ない国民で申し訳ないと思いました。
マスコミに踊らされ、民主党に惑わされ… 結果として、民主党の躍進を許した参議院選挙。
マスコミや民主党に対して、その違和感と不誠実さに対しては、
目を瞑り耳を塞いでいるとしか思えませんでした。
日本のトップ自らがスケープゴートみたいな扱いの気がしました。

戦う政治家が一人では、まるで水車に向かうドンキホーテのようでした。
そろそろ目を覚まして欲しいです。
国民も政治も成熟して欲しいです。
どうか、手遅れになる前に。

投稿: 元気 | 2007/09/12 23:06

個人的には応援していたので、この時期での辞任は大変残念です。

とは言え、四面楚歌を通り越した異常なバッシングを鑑みるとある意味妥当な判断だったのか、と思わなくもないです。

私の両親(問題はあるがどちらかと言うと常識的ではあります)でさえ
「首相は何も出来なかったねえ」
とか言ってしまう昨今のマスコミの偏向報道にはうんざりです。

正直、そういう「自称常識家」は参院惨敗の段階で引責辞任を唱えていた訳で、それ(引責辞任)を口にした人間がどの口でほざく、と言うのが個人的かつ正直な心象です。
まあ、正直者が馬鹿を見る世の中ってなんだ、としか言い様がありません。

政治自体がそういうものだ、ってのは納得してるんですがね・・・。

投稿: 闇師 | 2007/09/12 23:18

最高の総理だ。

彼を取り巻く環境が、志士を同じとせず、レベルが低く、奮起の姿勢無く、ただの虚弱であった。
邪悪な敵が取り囲み畳み込んで締め上げるのは簡単だった。
海外でもマスコミは手を緩めない。
野党にも手回し後押し賛辞を送る。
NHKまでも酷い言い回しで戒める。
たった1人を槍玉にあげて、総勢で殺しにかかったのだ。
善良すぎる総理は、手回し無く罠も仕掛けずやり返さない。
安倍総理は独り、強力ないじめにあって神経が磨り減り動けなくなった。
自分の信念を信じてもらえない。国家に誠心誠意尽くすが、国民は年金・医療・快適と恩恵などしか考えない。
守られている国民が、裏があると追究心を持って国家の恩に報いる事も無い。哀れ、単純身勝手に踊らされて逆を言う。
たった独りで立ち向かうのは無理だった。
売国企業と媚中政治家・反日在日朝鮮半島人・日教組。長い間の謀略の継続が勝ちを得た。
嘘吐き共は今も尚手を緩めない。

彼の思想を理想的な環境で開花させたかった。
私は彼のためなら死ねる。
ただ、その価値もない石ころなんでな。
それも悲しい。

いつまでも安倍総理の恩と功績を忘れない。
ありがとうございます。

投稿: 九州人 | 2007/09/12 23:28

安部総理お疲れ様でした。

自民より民主が慌てている様だ。

総理を弄ぼうとする民主に対して総理がやれるならやってみなと言うことでしょう。

衆参の捩れの中で小沢に総理をさせて民主の自爆を誘い政界再編、保守の統合により日本再生という深慮遠謀と思いたい。

投稿: みのやん | 2007/09/12 23:29

http://blogs.dion.ne.jp/peace88/ →誰かここの非国民に反論してくれー

投稿: っfr | 2007/09/12 23:35

安倍さんは小沢との会談で自分の首と引き換えにテロ特法案
を通して貰おうと思っていたのでしょう。
が、小沢がそこを読み門前払いにした・・・
その結果安倍さんは心が折れたのだと思う。
この上は休養を十分に取り、来るべき時に備えて貰いたい。
それが5年後か10年後か分かりませんが・・・
まだ隠居は早いですよ安倍さん!

投稿: どーぱ | 2007/09/12 23:45

ショックでした。国民として支えられなかった事を申し訳なく思うしだいです。いくらなんでもこれだけ批判、バッシングされ、
身内からも蹴落とされる、こんな状態では最悪のタイミングだろうと
人間ですから身がもたないとなっても致し方ないのでは。
マスコミや野党の酷い虐めにはもう私でさえ耐えられなかった、
見ていられなかった、今一番喜んでいるのは北朝鮮などでしょう。
悔しいです。今後どうなっていくのでしょう。心配ですね。
大体国民は拉致問題をどう考えているのでしょう?
一体誰が総理になれば国が良くなると考えているのでしょう?
小沢なんかが総理になって、良くなるとでも思うのでしょうか?
国民も「知らなかった」で済ませてる場合じゃない、もっと
深く「国家」について考える姿勢を持つべきです。

投稿: sesiria | 2007/09/12 23:55

驚きました。
このタイミングで辞任とは・・・
何か裏があるのでは?と、どうしても思ってしまいます。
私は安倍さんの行ってきた政策をとても高く評価していますので、
辞任は本当に残念に思います。
志半ばで辞任を表明せざるおえなかった胸の内を思うと言葉が見つかりません。
運も実力のうちと言いますが、
本当に運に恵まれない総理だったと思います。

投稿: 残念です | 2007/09/13 00:11

夕方のニュース番組の中で、8/16の安倍首相夫人にインタビューした時のテレビ番組が紹介されていました。その中で首相の健康状態に対する質問に「かなり疲れている様子「を話す際涙目になっていらしたのが、強く印象に残りました。長期間にわたり心身ともに極限だったのかなと思います。マスコミと結託して悪事を働く民主党は勿論大嫌いですが、こんな時にも足並み揃わない自民党にも苛立ちを覚えます。あーストレス溜まる!

投稿: miyako | 2007/09/13 00:18

トップの器ではなかった
精神力が弱すぎです
分をわきまえて立候補して欲しくなかった

投稿: 京 | 2007/09/13 00:36

とても残念です。彼なりのベストを尽くされたと思います。
ただ思うことは、もっと下品であっても良かったのになあ。
育ちが良いのはわかってましたが、少々脆すぎたかと..。

第2次大戦中の太平洋戦線で、アメリカはパールハーバーの巻き返しとして、とにかく喧嘩の強いやつを指揮官に据えたとか。ハルゼーとかニミッツでしょうかね?

今、日本を取り巻く状況は当時の対戦前夜と同じかもしれませんから、ここはひとつ下品で辛らつな物言い、そして喧嘩に強い首相を望みますね。

投稿: 日本は負けない | 2007/09/13 01:30

安倍さん、期待してたので残念です!!
今まで切り込み入れられなかったような腐った所を
変えていって、日本がいい国になってくんだなーと思ってたのに。

でも何かのリアクションごとに、他に振り回されてヘタってなっちゃうのが、
現代の若者的というか、精神的にまだ弱いのかなと思いました。
大局観が、首相の言葉としては伝わってこず。。
したたかに図太くいくには、財界とのつながりも必要なのだろうか。

が、マスコミもひどすぎるので、大変だったろうと思います。
マスコミ、だめすぎ。
いい加減ああいう中身のないバッシングスタンスは、もう…。
ああいうのを見て育つ今の子供たちが、可哀相でもあり、
大人になった頃のことを思うと恐ろしい。

今のマスコミがいかに最低か、そして人々がいかに踊らされてるか、を
愕然と眺めていた日々でもありました。

投稿: にゃー | 2007/09/13 01:38

・大きな路線転換が必要になった。小泉構造改革を土台として、美しい国を構想することが、難しく、若しくは、不可能となった。又は、極めて望ましくない結果をもたらすことが明らかになった。(矛盾が表面化)

・安倍の最大の望みは、戦後レジュームからの脱却であったが、東南アジア歴訪、APECによって一応の道筋はつけることができた。しかしながら、内外の圧力は、熾烈を極め、これ以上の継続は、不可能な状況に追い込まれた。

・米国から距離をおく必要に迫られた。戦争の危機が高まっており、このままでは、日本の立場を維持できなくなる恐れがあった。 

投稿: 否定の否定! | 2007/09/13 03:14

所詮、3世議員ですね。
パワーもカリスマ性もなし。
ハングリー(死語?)さなんて、微塵もなし。
大変恵まれた環境で、育てられた方なんですね。
民意が伝わる訳がないはずだ。

投稿: | 2007/09/13 03:59

・大きな路線変更が必要となった。小泉構造改革を土台として、美しい国を構想することが、難しく、若しくは、不可能となった。又は、大きな弊害が生ずることが明らかになった。(矛盾の露呈)

・安倍の最大の望みは、戦後レジュームからの脱却であったが、これは、東南アジア歴訪、APECによって一応の道筋をつけることができた。しかしながら、内外の圧力は、熾烈を極め、これ以上の継続は、困難となった。

・米国から距離をおく必要に迫られた。戦争の危機が高まっており、日本の立場を維持するのが難しくなった。

投稿: 否定の否定! | 2007/09/13 04:23

辞めるタイミングは悪かったですね。晋内閣発足当時、多少自民党の支持率も回復し、新しい内閣に対して国民が期待していただけに残念です。どうして急に「自分」に対する自信を失ったのか分かりません。

安倍氏は、外交で失敗したわけでも、失言したわけでも、汚職をしたわけでも有りませんでしたから、やはり国民の生活が豊かにならなかった、というのが国民が失望した最大の原因なのかも知れません。
それに加えて、最悪の人事。
自殺、失言、辞任劇に立て続けに見舞われた総理大臣は少ないでしょう。あと年金記録。

アメリカ、オーストラリア、日本で親中政権が発足するかも知れませんね。(オーストラリアは、親中を通り越して党首が媚中ですね。中国語を披露するぐらい中国に惚れ込んでいるそうです。)

親中は大いに結構ですが、人民解放軍によるハッキングや、経済活動における壮絶なルール無視等中国の問題点は枚挙に暇が無く、、、、こうした問題に国際社会が目を瞑る機会が増えるのではないか、、、と思うと日本国民として安心してはいられません。
中国産うなぎを食べ続けて癌になる人が増えたら、、、それでも沈黙を保つような政党に政権を担当して欲しくはありませんね。

投稿: mumei | 2007/09/13 05:39

要するにイビリ倒された、ということなんですね。

映画「ニクソン」を思い出しました。

前の方のコメントにもありましたが、高笑いしているバカがたくさんいそうですね。日本全体がクソまみれになりそうなのに呑気な連中だな…。

投稿: ddzggcd | 2007/09/13 07:50

心身共に疲労の限界だったのでしょう。

結局、野党、マスコミ、官僚のトライアングルに負けてしまったわけですが、
やはりこの魔窟に対するには、安倍さんは不向きだったのかもしれませんね・・・。
国民は誠実さを求めるのか、実力を求めるのか、柳のように揺れすぎな気がします。マスコミ次第、そんな気がします。

まぁしかし、今回の事態は参院選の影響が大きいのは確実ですから、
結局、今後の事態に対して、国民は誰にも責任を押し付けることは出来ないでしょう。

投稿: D | 2007/09/13 08:30

”民主”という衣を脱ぎ捨て鎧姿になった小沢。

自由民主党、民主党、社会民主党。共通項は”民主”という文字。自由主義の自民党、社会主義の社民党はわかりやすい。民主党は自由主義の党というイメージを国民に振りまいていたが、いざ、衣を脱いで見たら社会主義の党ということがはっきりした。蝶と思っていたら蛾だった。最強の茶毒蛾。

先の参院選では、国民は蝶に投票したのであって蛾に投票したのではなかったと思います。安部さんも蝶の小沢さんと会談したかったのに、蛾に変身したことがはっきりしたため、もうだめだと思い、ガクッと膝が折れた。緊張の糸が切れた。小渕さんのように殺されなくて良かった。生きていれば又花が咲くこともある。

投稿: toki | 2007/09/13 08:58

鬼瓦と見紛うような面の小沢が「生活が一番!」などと、歯の浮くような戯言をほざいても先の参院選ほどの効果があるのですから、日本人の殆どはまだ愚民の域を出ていませんね。小沢はそれを熟知していたわけです。
本来、年金なんぞに小沢が興味があるわけが無いでしょう。
そもそも北朝鮮がどこにあるのか分からない国民は5割を超えるでしょうし、テロ特措法に至っては9割は何の事かわからないでしょう。
安倍さんは国民の後押しがあれば最強のリーダーになれたのですが、腐れ愚民は夕食のダイコンの値段のほうが大事であったわけです。それだけの事です。
アホどもは北朝鮮からの核の一発でもないと眼が覚めないでしょうね。

投稿: john | 2007/09/13 09:47

安倍総理、大変お疲れ様でした。

総理がこの一年で成し遂げたことは20年分の仕事に匹敵したと思います。今回、残念なことになりましたが、昨年のタイミングで安倍さんが総理にならなかったら、日本は100年は憲法改正、すなわち真の独立国にはなれなかったでしょう。

いわゆる戦後レジームからの脱却は達成されてはいませんが、その道筋を示され、その流れは変わることがないでしょう。又、戦後レジーム派の存在がはっきりしました。

①ほとんどのマスコミ
②特定アジア
③国内反日団体(日教組、自治労、総連、民団、カルト宗教etc・・・)
④ほとんどの野党
⑤無知な国民
⑥その他左翼思想の人々
⑦靖国参拝や河野談話の継承の問題のみで安倍さんを批判しまくった保守層
⑧自民党内の売国奴達

それらからの攻撃を一人で背負って、今まで孤軍奮闘してきた安倍総理・・私は安倍さんの無念の想いを脳裏に焼き付け、安倍さんが背負ってきた沢山の荷物の一つだけでも持てるようにならなければと決意しました。

日本の正しい道、安倍総理の掲げた「美しい国 日本」を目指して

投稿: rakuda | 2007/09/13 09:55

この時期の辞任は不可解で陰謀論を唱えてみたくなりますね。アメリカや大物政治家の圧力。麻生の権謀術数など。

それを言い出したら妄想になるので現実的に推測すると、選挙に負けたけど総理としてやるべき仕事があると考え続投した。が、改造内閣でも世論の支持は伸びず、スキャンダルは尽きない。こんな状況では参院では野党が過半数を取って問責決議や国政調査権で政治生命がボロボロになるのは目に見えてる。
ならばその前に辞めれば次がある。安部総理自身の失政は少ないし、まだ若く、最大派閥の筆頭。十分に次が狙える……という計算。月並みですが。

投稿: あーる | 2007/09/13 09:58

私は、ここに書いていらっしゃる多くの方々と違って「辞めた」のではなく
「辞めさせられた」のではないかと疑っています。
そう考えると、全ての筋が通るのです。

投稿: ハーグ竹島 | 2007/09/13 10:05

この日本を支配なさるマスコミ様に逆らったらこうのです。
さぁマスコミ様に祈りを捧げましょう。


安倍首相が泥を被って、うまく次につなげてくれる事を祈るばかりです。
麻生への期待から関連株が大きく値を上げているらしいですし。

投稿: コラ | 2007/09/13 10:09

「戦後レジームからの脱却」とは現体制の既得権者全体への挑戦という意味もあります。ましてや憲法改正まで明言したのですから、「抵抗勢力」が圧倒的多数になってしまった。

ですから単に官僚や公務員、労組に限らず、テレビ・新聞もふくめて既得権を侵されまいとするグループが結束して潰しにかかったというのが今回の安倍政権打倒キャンペーンだと思います。

民主党に一票を入れた国民の皆さんに「拉致問題で北朝鮮に強硬姿勢をとったのは間違いでしたか?」と聞いてみたいと思います。拉致もテロ、インド洋での給油もテロとの戦いで一体化してたのですよ。

まあ、しかしこれが日本の現実です。安倍首相、ご苦労様でした。すでに十分成果を上げてます。

投稿: 花うさぎ | 2007/09/13 11:19

安部総理、ごめんなさい、と言いたい。国民は政治をワイドショウ並みに下落させたマスコミを信じました。ここに寄稿される皆様は、非常に巧みな文章をお書きになりますが、それも教育あってのことでしょう?ゆとり教育以降、小学生の教科書は本当に悲惨なものです。(良心ある先生は寝る間も惜しんで独自のプリントを作成しています。)これが将来の日本を背負っていく子供たちに行う教育内容なのか、驚きますよ。教育基本法改正大賛成でした。
「国民をないがしろにした首相」などとテレビで声高に言っていた方々、これで日本はまた逆戻りですよ。いやさらに後退するかもしれません。(あなた方に老後はありませんよ)子供を育てている親のどれだけの人間が、解っているのでしょう。残念です。私の知っている総理大臣のなかでこの方が一番「日の丸」が似合っていたと思っています。体力をつけてぜひまた戻ってきてほしいです。

投稿: SSPP | 2007/09/13 11:31

 とても残念ですが、健康問題がやはり大きかったのかもしれませんね。
 もちろんその背景には様々な周囲のスキャンダル、マスコミのバッシングがあったことは明らかですが。
 政策をきちんと通した割りに、あまり評価されないのは、手法もあったかもしれないが国民の大多数がその妥当性について考えていない(理解できなかった)からだと思います。民意がもっと高い国だったらこんなことにはならなかったかも。あ、あと、役人の抵抗でしょうか。
 テロ特通らなかったら、国際圧力からまた不況に逆戻りしそう。あまりいいことがありません。
 寂しい気持ちですね。

投稿: shu | 2007/09/13 12:04

こんな弱い人間が総理を勤めている間に非常事態がおきなかったことが慰めです。
まあ、早く辞めてもらってよかった!
結局が口だけの、総理の器ではなかったことでしょう。
健康上の問題という言い訳ですら、総理の激務で命すら犠牲にされたかたがたの前ではかすんで見えます。
かれは次の選挙に出馬するのでしょうか?能があったかも怪しい鷹は爪すら見せることもできませんでしたね。

投稿: 転びバテレン | 2007/09/13 12:16

今回の辞任は、多くの国民にショックを与えるには絶妙なタイミングだったのではないでしょうか。

国民の一人一人が己の無責任さに目を醒まさなければ、この先、日本を立て直すことは不可能、と痛感されてのご判断と推察します。ご体調は問題のひとつに過ぎなかったのでしょう。

ショックとは目を醒まさせるためのショックです。いかに今の日本が将来を展望できずにいるか、それを打開するために本来、備えなければならない自己責任が欠如している、これを自覚させるにはどうしたらよいか。それには、敢えて恥を忍んで、無責任にも総理の職を辞し、改めて国民一人一人が自身の無責任にも思い至ってほしい、というメッセージではなかったでしょうか。

情の深い人ですから、ただで辞任するとは思えません。何か誠意あるメッセージが込められていると思います。8月末の官邸メールマガジンを読むとそう思います。

 (毎日新聞より)
 増田寛也総務相は国会から総務省に戻った午後4時ごろ、記者団に囲まれ「このタイミングには驚きました」と緊張した表情。前日の閣議後、地方分権改革について安倍首相と会談したばかり。辞任表明後、直接首相から電話があり「民間からきていただき、いろいろやっていただいたのに、こんなことになって申し訳ないとおっしゃっておられた」と明かしたうえで「大変やさしいお気持ちを持った方だなあと思った」と感想を語った。

今の多くの日本人には何らかのショック療法が必要ではないでしょうか。目を醒まさせるようなショックをどこかで経験させ、それを克服する機会を与える、そのために、敢えてこの道を選ばれたように思います。

ご参考までに

オーストラリアでは中学校から、中国語が第1外国語の選択科目のひとつになっているそうです。日本語は勿論ありません。
アメリカの高校でも、今年から中国語が第1外国語の選択科目のひとつになりました(他にフランス語、スペイン語、ドイツ語)。

投稿: | 2007/09/13 14:51

今回の辞任は、多くの国民にショックを与えるには絶妙なタイミングだったのではないでしょうか。

国民の一人一人が己の無責任さに目を醒まさなければ、この先、日本を立て直すことは不可能、と痛感されてのご判断と推察します。ご体調は問題のひとつに過ぎなかったのでしょう。

ショックとは目を醒まさせるためのショックです。いかに今の日本が将来を展望できずにいるか、それを打開するために本来、備えなければならない自己責任が欠如している、これを自覚させるにはどうしたらよいか。それには、敢えて恥を忍んで、無責任にも総理の職を辞し、改めて国民一人一人が自身の無責任にも思いを馳せてほしい、というメッセージではなかったでしょうか。

情の深い人ですから、ただで辞任するとは思えません。何か誠意あるメッセージが込められていると思います。8月末の官邸メールマガジンを読むとそう思います。

(毎日新聞より)
増田寛也総務相は国会から総務省に戻った午後4時ごろ、記者団に囲まれ「このタイミングには驚きました」と緊張した表情。 前日の閣議後、地方分権改革について安倍首相と会談したばかり。辞任表明後、直接首相から電話があり「民間からきていただき、いろいろやっていただいたのに、こんなことになって申し訳ないとおっしゃっておられた」と明かしたうえで「大変やさしいお気持ちを持った方だなあと思った」と感想を語った。

今の多くの日本人には何らかのショック療法が必要ではないでしょうか。目を醒まさせるようなショックをどこかで経験させ、それを克服する機会を与える、そのために、敢えてその道を選ばれたと思います。

ご参考までに
オーストラリアでは中学校から、中国語が第1外国語の選択科目のひとつになっているそうです。日本語は勿論ありません。
アメリカの高校でも、今年から中国語が第1外国語の選択科目のひとつになりました(他にフランス語、スペイン語、ドイツ語)。

投稿: cb | 2007/09/13 15:05

小沢を世界の敵とG8に公認して貰って、完全に抹殺するための苦肉の策。

G8における日本の立ち位置。
パキスタンが対テロ戦争から脱落することの影響。

以上の2点だけでも、テロ特措法を潰すって事が、どれだけの事なのか想像出来ますよ。

投稿: いかれ帽子屋 | 2007/09/13 15:10

安倍首相、お疲れ様でした。

個人的に安倍首相のことが好きなので、もっと続けて欲しかったのですが、精神力、体力共に限界だったと思います。どちらかが元気だと補えるのですが、両方ともだと無理です。
子供の世界のいじめが大人の世界にも起きていたんですから。仕方がありません。

「死ぬまで務めよ!」的な意見には大反対です。死ぬ気で頑張っても、死んではダメです。(小沢一郎が絡んでいるので小渕元首相を思い出してしまいました)
今の日本人の愚民ぶりでは無理だと思いますが、何年か先に民度が上がったら、その時には、いかに素晴らしい政策だったか世に知れ渡るはずです。辞めるのが最悪のタイミングだったとか政治生命はこれで終わったとかいう意見もありますが、それはあまり気にしなくていいと思います。
芸術家や音楽家でもよくあることですが、世に出るのが早かっただけだと思います。評価はその時の評価です。何年後かにはきっと変わっていますし、変わらないともう日本も終わりです。何年後かにはきっと日本国民全員が気が付く日が訪れると信じたいです。
今回をいい経験としてこれからの人生に生かしていけばいいと思います。政治家としても人間としてもまだ若いのですから。(と中学生の私が言うのも変ですけど)

坂さま、愚民を煽る媚中媚韓マスコミは何とかなりませんか? マスコミ報道に翻弄されている大人を見る度、悲しくなります。

投稿: まろん | 2007/09/13 15:47

安倍さんが参院選で辞めなかったのは、福田さんを後継にしたくなかったからではないでしょうか。福田さんは、社民党にいてもおかしくない議員です。拉致被害者の蓮池さんが、福田さんが官房長官の時に非常に冷たかったようなことを書いてます。福田さんが首相になったら、自民党を応援する気がなくなります。中国の属国になり、朝鮮半島に日本人の税金が沢山流れていくことでしょう。

投稿: ミセスひみこ | 2007/09/13 20:21

世論というのは簡単なもので、元首相の兄貴分の小泉さんは郵政民営化をねたに人々をひきつけました。その背景には自民党内のいわゆる族議員とされる方々の誠実とはいえない政治姿勢があったとか、小泉さん自身が執着してる恨みつらみがあったのか詳しくはわかりません。先々の日本国家の為の行動であったと期待はしております。
多くの国民にとって郵便局なんていうのは、物を送りたければメール便だってあるし、宅配便だってあります。クロネコヤマトと佐川がつぶれなければどうにかなります。ゆうちょ銀にしても既存の銀行、信託、ファンド、に至るまでバリエーション豊富です。住宅ローン市場の進め方がわからず既存の銀行の指導を仰いでるのが現状です。解散総選挙までして民営化した位の組織なら銀行のトップ引っ張っちゃえばいいじゃないですか。  話を戻します。安部さんが掲げてた立案、公約はもっと大きな内容でした。拉致でもテロでも何でもいいです。大臣、閣僚、弁達者な野党議員、全員敵に回しても言ってのけちゃえば、以外と世論も支持してくれたと思います。その支持の中で自分が理想としてる展望を実現させていくのがトップの努めだと思うんです。小沢党首に命ごいしたなんて聞こえる辞意表明して辞めてく人がトップにいたと思うと恐ろしいです。支持してた自民、公明全議員責任あると思います。
日米安保に命をかけた岸首相、サンフランシスコ平和条約に向かってた吉田首相、確かに今は時代が違います。こんな無様な幕引きをみて泣いてると思います。次の総理、、、、?誰か民間からでもなったらいいんじゃないですか。


投稿: 並木政樹 | 2007/09/13 23:04

他人のことで、これほどショックを受けたのは本当に久しぶりです。辞任の一報を聞いてからというもの、その日一日仕事が手に付きませんでした。

誠実な人柄と、日本の国を愛する実直な気持ち、拉致問題に対する真摯な対応には常々敬意を抱いていました。河野談話の継承や、靖国参拝に対する煮え切らない態度等、残念に思った点もありましたが、一国の首相という立場上、断腸の思いでの対応だったのだと思います。

最低でも洞爺湖サミットまで、できれば任期満了まで首相を続けていただきたかったですが、こうなってしまった以上仕方ありません。本当にお疲れ様でした。今はただしっかりと休養を取り、体力と気力の回復に努めてください。

私の知る限り、最高の総理大臣でした。阿倍総理のこの一年間の功績は、将来必ずや再評価されるものと信じています。安倍晋三という真の国士が、再び国政の場で活躍する日が訪れることを心待ちにしています。本当にどうもありがとうございました。

投稿: ギンダラ | 2007/09/14 02:00

やはりTBできないので、安倍問題を拙ブログでも取り上げました、こちらのコメントで紹介させて頂きます。悪しからず。

投稿: dokudankoji | 2007/09/14 03:54

高貴な志しを胸に秘め、日本国の首相として、内外に恥じない、まさに日本的ソフトムードかつスマートに外交成果を素早く成した日本の首相は珍しい。しかし日本人特有の神経の繊細さは、外の世界の荒々しく、ときには冷酷な神経戦にであうと実に脆い所がある。そう云う意味では、全ての日本人は上流階級のボンボンでありお嬢様です。安倍氏は自己を犠牲にしても守らなければならいモノがあったのではないでしょうか。辞任するまでの彼の言動からみて、そうとしか考えつかない。冷徹で残酷な外交ゲームの中で、米朝と日朝そして日米関係ほど混みいった神経戦はない。先の日朝会談、そして日米首脳会談(ブッシュと安倍二人の密談)の結果以外から、安倍氏のとった突然の異変を説明できないのでないか。あとは想像して下さい。わたしは安倍氏の犠牲的精神で何かを守ったと信じています。安倍氏の神経を氷らせたもが何であったか、いずれ解明されるでしょう。安倍氏は必ず再起されると確信しております。

投稿: 外日本人 | 2007/09/15 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/16424768

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が辞任!なぜ、今???:

» ボヤキというよりナゲキ [MRロンリーの独り言]
見限られた日本? ニュースを聞いて(見て)耳を(目を)疑った人も多いのではないでしょうか。参院選の敗退にもめげず首相の責務を負いつづける態度を表明していた安倍総理 が、ここに来て辞意表明とは、身体の力が抜けるようなニュースです。責任の放棄だという非難を受けるのも目に見えていますが、それも覚悟のうえでの意思表 示なのでしょう。 その決意の直接の動機らしきものは、党首会談の申し入れを小沢代表が断ったという出来事です。一回ぐらい断られただけで、そんなに重大な決意をするだろう かと思う人も少なくないでしょう... [続きを読む]

受信: 2007/09/12 18:15

» 安倍首相電撃辞任に想う [市川電蔵事務所(移転)]
あいも変わらず仕事が忙しく、拙ブログの更新も出来てないのだが、こらぁ書かねばならん。安倍首相が辞任会見「国民の支持なく政策推進が困難」 安倍晋三首相は12日午後2時から首相官邸で緊急記者会見を行い、辞任を決意... [続きを読む]

受信: 2007/09/12 20:33

« “政治的選択”としての“親米”はどこまで? | トップページ | 臥薪嘗胆して次の機会を待つしかない »