« 今年も蒼氓の側に立って | トップページ | 「市民」という臭い存在 »

2008/01/02

北大ブント・Kさんの死

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

当時の北海道はブント(共産同)と革マル派が強かった。
その北海道の、というか北大のブントを支えていたKさんが昨年亡くなられていたのを知った。どうやら職もなく体調もすぐれなかったようで、最後は生活保護を受けていたようだ。
私よりず~っと上の方で、ブント分裂後は敵対関係にあったので、顔を知っているくらいの関係でしかなかったが、なんとなくわびしい気分に襲われてしまった。

政治家、ジャーナリスト、弁護士、医師、公務員、教員―活動家のその後は様々だが、かなりの者たちがKさんほどではないにしても、その後は相当厳しい人生を歩んでいるようだ。
まあ、当時、私の組織の幹部で、最近まで某有名国立大学の教授を務めていた者のような例もあるが、それは特別。「自ら蒔いた種」とはいえ、やはり正業にありつけず苦労している者の方が圧倒的に多い。
そういう人って、不器用というか世渡りがヘタというか、自らの歩み、自らの歴史をいつまでも引きずってしまうんだね。
でも私は、国会議員になったり、テレビに出てしたり顔でしゃべっているジャーナリストというか評論家というか、そんな連中より市井で苦労している元活動家たちの方が人間的に正直で信頼できると思う。

少なくとも逮捕覚悟、時には死に直面する可能性さえあった中で、大学をやめ、青春のすべてを賭けた闘争の只中にいたわけだから―真面目な人間ならそう簡単に割り切れない。
当時の活動家って、意外に思うかもしれないがストイックなタイプが多かった。その点、国会議員になったりテレビに出ばってしゃべっている連中って上昇志向の強い、当時は全共闘が時代の寵児だったからヘルメットをかぶっていただけ、そんな気がする。

私の友人で、1969年のASPAC粉砕闘争で逮捕され、実刑3年を喰らったN君、その後の彼の消息は私にも伝わってこない。甘えん坊だったから苦労しているんだろうな。
今でも気にかかって消えることがない。

私は全共闘世代のしんがり、ほとんどの人が60歳前後だと思う。
おだやかな晩年を送って欲しい、Kさんの死を知って改めて思う次第です。

坂 眞

|

« 今年も蒼氓の側に立って | トップページ | 「市民」という臭い存在 »

個人」カテゴリの記事

コメント

御意

投稿: BB | 2008/01/02 20:22

はじめまして、こんにちは。突然のコメントで失礼します。

ご関心がありましたら、世論調査にぜひご参加をお願いします!

大阪府知事選世論調査(全国)
http://www.yoronchousa.net/vote/3348
政党支持率調査
http://www.yoronchousa.net/vote/3350
福田内閣支持率調査
http://www.yoronchousa.net/vote/3352

回答者の代表性は担保されませんが、様々な考えを持つ
多くの方に参加して頂き、たとえ偏りがあったとしても
それはそれで参考となるデータとなっていきます。

ぜひブックマークもして頂き、調査やアンケートも作ってみて、
お知り合いの方などにもご紹介ください!

世論調査.net - みんなの声!
http://www.yoronchousa.net

お邪魔いたしました。

投稿: 世論調査.net | 2008/01/02 20:59

北大といえば懐かしい

教授かなんかの御曹司で子供の時からバイオリンを習い、上手で、来日したなんとか交響楽団の演奏を聴くために東京へ出かける人が
左派政治運動ではリーダー格で、大学中をマヒさせた。
労働者が支配する労働者の国にする、ということのようであった。

プロレタリアート独裁って、崩壊したソ連と衛星諸国、今の北朝鮮、がそれで
少し狂ってアレンジされたのが今の中国、ベトナムということだろう

その余韻というか、ノスタルジアというか
そんなものに浸って、しかも当ても無いままに、日本社会を転覆しようとしているのが、日本の現在の左派とかマスコミではないのか

百姓出の真の無産者であるこちらには、北大での違和感が余韻として残っている


投稿: SS | 2008/01/02 23:16

学生運動を不真面目な気持ちでやってゐた人間は多くないでせう.愚生のやうなノンポリ学生などよりはるかに純粋な人が多かったと思ひます.しかし,それだけに思ひ込み,洗脳,と言ったことの恐ろしさを痛感します.まじめであればある程思ひ込みが強く,日本と言ふ国の土台をむしばむことに精を出す.それが一部の突出した学生集団だけの話ではなく,彼らを含む左翼勢力の影響が日本全体に弥漫し,この国の近未来に暗い影を投げるやうな事態には暗然とせざるを得ません.全員が力を合せて引いたり押したりすべき橇を,逆方向に必死になって動かさうとする,そしてそれを正しい方向への動きと思ひ込む.学生時代ならまだ方向変換が可能です.彼らを幻覚から覚醒させる人はゐないものか,方法はないものか.

投稿: p-Vector | 2008/01/03 12:25

謹賀新年。

>政治家、ジャーナリスト、弁護士、医師、公務員、教員―活動家のその後は様々だが、かなりの者たちがKさんほどではないにしても、その後は相当厳しい人生を歩んでいるようだ。

私は彼らよりもずっと世代が下ですが、知り合いにそういった方がいらっしゃいます。
当初塾などの講師をしていたようですが、現在は定職もなくアルコール依存症に陥り、肉親からも見放され大変哀れな状況です。

どうしても「夢」を諦め切れない方々は、沖縄で左翼活動を行ったり、反日活動を行ったり、中国や朝鮮の反日勢力と結託する方向に「活路」を見出しているのでしょう。
前述の方とは別に、そういった知り合いもおります。
その方は、傍から見ると狂気に満ち満ちているのですが、当の本人は「革命未だ成らず」と酔いしれているようで、インターネットの世界で「革命(“反日工作”という名の他人に対する嫌がらせ)」を唱え続けています。

こういった方々を、ぜひ坂先生にご紹介したいものです。

投稿: m | 2008/01/03 16:33

坂さんと同じぐらいの年代の方々は、『2ちゃんねる』のこういった場所で「革命(反日)」行為を続けているようです。
坂さんも、お暇な時などはたまにこちらにいらして、彼らの“覚めない夢”の相手をしてあげて下さい。
現実に戻れなくなた人々は、ネットの若者達を相手に孤独を紛らわしているのだと思います。
「体制の転覆」、「世界同時革命」、「共産主義政権樹立」、「戦争責任追及」、「反日工作」ありとあらゆる自称革命行為を行っているかも知れません。
また、自ら「右翼」や「卑劣な差別主義者」に扮して、日本を貶めるような事もやっているかも知れません。

共産党@2ch掲示板
http://money6.2ch.net/kyousan/
政治@2ch掲示板
http://money6.2ch.net/seiji/
極東アジアニュース@2ch掲示板
http://tmp7.2ch.net/asia/

投稿: m | 2008/01/03 20:30

1970年代、日大生だった私は、大学がロックアウトされ
授業料は納めても受講できず、期末に両国講堂でトコロテン試験で昇年。ほとんど大学での正規な勉強をせず卒業した
輩です。いまでも大学に関して学力コンプレックスを感じています。当時秋田明大などがキャンパスで陶酔しきって
演説をしていた。私は当時マセテいたせいか、彼らの
言説をポカーンと聞いていました。私には全然説得力がありませんでした。当時左翼系マスコミが持ち上げて英雄扱いをしていたことが印象的でした。それらの言説・行動はほとんどアンチャン達の戦争ごっこ。結末は「ごっこ」が行過ぎて本性がでてしまい、さすがのマスコミも糾弾せざるを得なくなった。
よく60年代70年代の共闘世代がメディアで郷愁をこめて
賛美しているが、こいつらバカかといつも思う。
表現を変えれば、二十歳の成人式で大暴れする輩と大して変わりはないんだよ。ちょっと難しい言葉を使っているだけ。
秋田明大は田舎の自動車修理をしているそうだが、いいんじゃないの。その程度の人間だったのよ。

それにしてもその当時持ち上げていたマスコミには一切反省の弁がいまだにないね。
バックには、共産党・社会党がいて、あるときまで操縦されていたことが後になってわかったね。

2ちゃんねる等の書き込みを見ると今の若い人たちは全体的には素晴らしい考えを持っていることを多く発見する。
私達のころより、上質だと思うよ。(勿論いつの世にもバカはいるが)

投稿: ヨコネノチンタ | 2008/01/11 16:22

桑原さん、あの飄々とした雰囲気。亡くなられたんですね。山内さんの胸のうちを知りたいですよ。

投稿: ma | 2008/04/11 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/17556055

この記事へのトラックバック一覧です: 北大ブント・Kさんの死:

» かくして太平洋戦争史観は日本人に植え付けられた [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
前回のエントリーにおいて、米国の対日初期占領政策について述べたが、その中で、わが国にとってもっと大きな影響を受けた一つとして、わが国の戦争の敗北と戦争に対する罪、およびそれをもたらした軍国主義者の責任の宣伝を企図し... [続きを読む]

受信: 2008/01/03 05:12

« 今年も蒼氓の側に立って | トップページ | 「市民」という臭い存在 »