« 学習教材にまで干渉する中共の傲慢 | トップページ | 「日帝時代の検証」という面白いブログ »

2008/01/12

あなたは小沢一郎を信用できますか?

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

立派な理念を語る「大人」と、すぐにすねる「子供」が同居した人物――
これは細川非自民連立政権を、小沢一郎氏(新生党代表幹事・当時)とともに一・市(イチイチ)コンビとして主導した市川雄一・元公明党書記長の小沢評だ。

昨日の衆院本会議を途中退席し、新テロ対策特別措置法案の採決(再可決)を棄権した小沢氏の行動は、この市川氏の小沢評をもって読み解くことができる。

小沢氏が途中退席した理由は、大阪府知事選の応援のため(予約した飛行機に間に合わない)ということらしいが、自民党や他の野党だけではなく、身内の民主党内からも強い批判の声が上がっている。
「国会議員にとって採決以上に重要な仕事があるのか」(民主党国対幹部)
「この採決より重要なことがあると理解してもらえるか、甚だ疑問だ」(枝野幸男元政調会長)

民主党は、一時は、与党による「衆院再可決」の動きに対し、福田康夫首相の問責決議まで検討した。その政党の代表が、肝腎の再可決のときに現場を離れ棄権するというのは通常の感覚では理解できない。
で、東京から大阪まで小沢氏を追って来た政治記者たちから棄権の理由を問われても、小沢氏は一切無視。党役員室を通じた取材申し込みに対して「応じることはできない」と回答した。

やっぱり小沢一郎。
ちっとも変わっていない。

私はかつてのエントリで次のように書いた。

自民党の関係者によると、小沢氏は平気で人を待たせるという。2~3時間は平気らしい。また、自分が好まない相手の電話には、受話器が目の前にあっても決して出ないという。そして、一度でも反対意見を述べると、翌日からは口もきかない。徹底的に遠ざける。

私は、「自民党関係者」に「なぜ?」と訊いた。
返ってきた言葉がこれである。
「あの方、一回も社会人の経験がないんですよ」

要は、小沢氏には社会常識というものがない。市井の民がなにを考え、何に悩んでいるかなど理解できないと言うのである。

経歴がよく似ている小泉純一郎も、ロンドン大学遊学中に、父親の死によって急遽選挙に担ぎ出された。が、彼は落選した。橋本龍太郎は、呉羽紡(現・東洋紡)で3年間働いた経験がある。
政界には2世議員がたくさんいるが、「社会人としての経験がまったくなく、落選経験もないという人は珍しい。小沢さんくらいではないか」と、その関係者は言っていた。

関連記事:ふざけるな!!!小沢一郎!!!

小沢氏は今回もすねたのだ。
「民主党の政策を実現するには自・民の大連立が必要だ」という自論を完全に否定した民主党に。
福田首相との連立協議で、小沢氏は新テロ対策特別措置法案に賛成してもよいと言った。その見返りとして、持論である「国連決議に基づく自衛隊派遣の恒久法制定」に福田首相の同意を取り付けた。
これだけでも、小沢氏にとって大連立は大きな意味があったのである。

もともと親米派の小沢氏は、本音では、インド洋への自衛隊の補給艦派遣に反対ではなかったと思う。安倍前首相は「本当は(新テロ特措法に)賛成じゃないか、と言う人もいる」と皮肉ったらしいが、そのとおりだろう。
で、大連立を組めば、新テロ対策特別措置法も成立するし、持論の「国連決議に基づく自衛隊派遣の恒久法制定」にも目途が立つ。にもかかわらず、民主党の大勢は小沢氏の考え方を否定した。

「大連立を否定したのだから、与党が衆院で再可決しても仕方がない。旧社会党の連中に付き合ってはいられないよ」
小沢氏の心境はそんなところではないか。

小沢氏は民主党代表選のとき「私自身が変わらなければ」と言った。
で、「小沢は変わった」という声も増えつつあった。
かつては「記者会見はサービス」と言い切り、会見に応じないことも多々あった小沢氏だが、今では笑顔を浮かべながら丁寧に受け答えするようにもなっていた。

が、今回は記者の質問を一切無視、取材申し込みも拒絶。
小沢氏は先祖返りしたのだ、大連立構想が身内から総スカンを食らったため。
まあ、かつての党首討論で、小沢氏は「齢60、本質から変わるわけはない」と発言した。
そのとおりだ。

私はこれまで、2世政治家を、世間知らず、人間知らず、苦労知らずの“三知らず”と評してきた。これは、小泉純一郎元首相も、安倍晋三前首相、福田康夫現首相、麻生太郎、谷垣禎一の各氏も例外ではない。
が、小沢氏は、この“三知らず”に“常識知らず”がプラスされる。

こんな政治家に「責任ある政治」を期待できるだろうか???

小沢一郎氏の略歴

昭和17年(1942年)5月24日、岩手県水沢市(現・奥州市水沢区)に生まれる。
都立小石川高校を経て東大を目指して2浪するが断念、慶大経済学部に入学。
同大卒業後、弁護士を目指し日大・大学院に進学する。
昭和44年(1969年)、第32回衆議院議員総選挙に旧岩手2区から自民党公認で立候補し、27歳の若さで当選する。
連続当選13回

参照1:新テロ特措法の採決、民主・小沢代表が棄権 (讀賣新聞)
参照2:新テロ法成立、その場に小沢氏の姿なし 「歴史的国会」より選挙 (毎日新聞)

|

« 学習教材にまで干渉する中共の傲慢 | トップページ | 「日帝時代の検証」という面白いブログ »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

信用が出来ません、「金丸信の子飼い」これ一つのみでも「おかしい人」と考えて仕舞います。
マスコミは「豪腕」と呼びますが裏で「走り」「金策」「土地ころがし」をやる政治家を「豪腕」と呼ぶなら理解はできますが、社会「常識」の範囲では「権力に寄り添う権力欲の強い奴」が正常な呼び方では無いでしょうか。

又権力欲が強くても日本が好きで有れば許されるのですが頭の中に「日本」の為と言う思考が有りません、主権を国連に預けると無茶苦茶な事を平気で言えるですから信用も信頼にも足る政治家では有りません。

坂さんが言われるように政治家の前に「人」で有らねば成りませんが「人でなし」、ここでも落第これじゃ救えません。
安住某など「政治家の基本」を小沢氏から教わったなんて書いていますが旧自民党田中派「選挙法」を教わっただけで心酔してしまうのですから回りの「程度」も推して知るべし。

投稿: 猪 | 2008/01/12 15:05

まったく信用しません

自民党を割って出て、細川や海部を首相にし立てたとき、取り巻きには「あいつらは本当にバカだ」とこき下ろして嘲りました。
「自民党のヤツ等は政権から追い落とされてビックリしただろうな、ハハハ」と大笑いして自慢。
面白がって村山社会党を袖にし、逆に村山が自民党に担がれて、今度は自分が政権から放逐されました。以来野党ゴロ

威張るのと、引っ掻き回して壊すことだけが好きな、ガキのような大人ということのようです
だから隠政が好きで、責任を負う本当のトップにはなりたがらない。

こんな話は、彼にペコペコして国会議員をさせてもらった、これまた汚くてずるい人間から直接聞いた話です。

投稿: SS | 2008/01/12 16:37

小沢一郎の偉業

【問1】防衛庁の発注先を東洋貿易から山田洋行に変えた裏取引で、自民党と山田
洋行をズブズブにした人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問2】自民党と公明党を連立させた人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問3】アメリカに盲目的に追従して湾岸戦争に金を出した人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問4】金丸にくっついて北朝鮮に大甘な約束をして増長させた人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問5】在日米軍のために、むちゃな思いやり予算を垂れ流しにした人は誰?
→答え:自民党時代の小沢

【問6】バブル時代を無策のまま放置し、超絶不景気と格差社会の原因となった人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問7】好景気でも国債を刷りまくって、赤字国債に依存する体制を作った人は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

【問8】日米構造協議において、米国に430兆円の公共事業を約束した 売国奴は誰でしょう?
→答え:自民党時代の小沢

投稿: なおなり | 2008/01/12 17:09

 「採決決議を欠席」と聞いても、意外の感を感じなかった。ブログ主が書かれてるように、「俺の考えにさからいやがって。」程度のすねた結果だと思います。
 しかし、仮にも国会議員、しかも一党の党首がこのような態度を取る。民主党議員団はこれを放置?もともと民主党には期待してないからかまわないけど、ますます国民からバカにされてきますよ。やくざ言葉の横〇議員とか不倫告白出版のぶ〇てぶっ〇姫議員とか話題性にはことかかない党だけど。
 自民党議員一人一人が危機意識をもって日本の国会議員として議員活動してくれたならば次の選挙では絶対挽回できると思う。しかし、自民党首を筆頭にみられる媚中媚韓媚朝では政治は混迷のまま過ぎていき、暗い時代が続きます。
 目を覚ませ国会議員!そして、目を覚ませ選挙民! と思います。

投稿: コンパス | 2008/01/12 17:34

信用できません(笑)。

いつも肝心な時にいない小沢さん、
今回もやっぱりいなかった!

投稿: おれんじ | 2008/01/12 23:28

>世間知らず、人間知らず、苦労知らずの“三知らず”
>が、小沢氏は、この“三知らず”に“常識知らず”がプラスされる
まことに言い得て妙ですね。
ついでに“恩知らず”、これらを総じて“恥知らず”とでも申しておきましょうか。
民主党崩壊の日が刻一刻と近づいているように思います。

投稿: ヒマな人 | 2008/01/13 03:16

>私はこれまで、2世政治家を、世間知らず、人間知らず、苦労知らずの“三知らず”と評してきた。これは、小泉純一郎元首相も、安倍晋三前首相、福田康夫現首相、麻生太郎、谷垣禎一の各氏も例外ではない。
が、小沢氏は、この“三知らず”に“常識知らず”がプラスされる。

この四知らずにはもう一人、あ、礼儀作法もあやしいので五知らずか、大政治家の娘さんがいます。

投稿: H.H生 | 2008/01/13 07:39

小沢氏、信用できません。
両脇の鳩山氏も菅氏も全く信用できません。
(自民党がよいと思っているほどでないのですが)、
党首はじめ民主党がやっていることがあまりにめちゃくちゃなので、
それでも民主党政権をと考えられる国民を理解できなくて困っています。
労組などの民主支持の人も、国が上手くいかなければ結局はなんともならなくなるわけで・・。
それでも当面の自分の利になりそうな、気がする、ということで民主党に期待しているのですかね。
確かに民主党は奇麗事をいうのは自民党よりは上手いかな、とは思いますが。

投稿: シーガル | 2008/01/13 09:41

それから
管理人さんのエントリーで心に残っている記事を
拙ブログでブックマークとしてリンクさせていただいています。
了承を取るべきだったかもと思っていますが、問題あればすぐに対処しますのでおっしゃってください。

投稿: シーガル | 2008/01/13 10:55

管理人さん、こんなHPを見つけました。あまりにもステレオタイプなので釣りの可能性もあります。きっこよりは不快にはならないでしょうが。
http://anarchist.seesaa.net/

投稿: キラ | 2008/01/13 15:18

通報するの好きだねぇ。

釣りじゃねぇぞい。

投稿: 死ぬのはやつらだ | 2008/01/15 21:04

小沢一郎は信用できません
あなたはもっと信用できません

投稿: はじめまして | 2009/03/14 15:39

私は反小沢というほどではないが、この男が嫌いです。あるサイトに小沢批判の意見投稿をよくするのですが、このサイトは小沢親派の巣窟でほとんど袋叩きの目にあってます。(サイトの運営者も小沢親派のようです)私の力が及ばず反論もままなりません。今これを読んでる読者の中に、小沢親派どもを論破してやろうという方にこのサイトへの投稿をお願いしたいのです。「オリーブの声」で検索してください。よろしくお願いします。

投稿: ヒネクレ | 2011/05/06 17:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/17664507

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは小沢一郎を信用できますか?:

» ★背筋も凍る!日本の海洋戦略!! [日本の心を育むネットワーク]
☆★これではダメだ!    背筋も凍る!  日本の海洋戦略!!   ★昨年制定した海洋基本法には、後盾の「海洋力」が必要だ! ★日本の海洋権益を護るには、海上自衛隊に「領海警備」の出来る自衛隊法改正が必要だ! ★現行法の「防衛出動」の発令だけでは、海洋権益は護れない! ★このままでは、中国に尖閣諸島は盗られ、台湾は統一される! ★台湾統一は日本のシーレーンが握られ、中国の言いなりになる他無い!その時期は2012年前後か? ☆★これは、日本の    死活... [続きを読む]

受信: 2008/01/12 22:10

» 席を立った「小沢一郎」 [博士の独り言]
席を立った「小沢一郎」 小沢代表に批判の嵐、国会より府知事選  民主党の小沢一郎代表(65)が11日、衆院本会議で行われ... [続きを読む]

受信: 2008/01/12 23:59

» 【小沢氏退場】いつものくせ?小沢劇場うけるかしらけるか【ぶっこわし屋の面目】 [皇室と日本を考えるイザ!支局]
 小沢氏は面白い御仁だ。大江康弘参院議員(民主党)が新テロ対特措法の採決を棄権して反対せず、民主党幹部の顔をつぶしたが、党代表が自ら棄権しているのだから何も言えないだろう。結果的に助け舟を出したかっこうだ。  やはり小沢氏の心中は複雑なのではないか。あの大連立を語り合った密室の党首会談のなかで、(どうしてわかったのか?)「給油も必要ですなあ。」とか言ったとか言わないとかいう話もある。このふいの退場は民主党への軽いジャブ、「そろそろ大人になれよ」という言うに言えないメッセージが込められていると言えない... [続きを読む]

受信: 2008/01/13 00:21

» 「韓国は米国の3番目の敵対国」 米世論調査機関のアンケート結果ー朝鮮日報 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
朝鮮日報のあるセクションでよく読まれているTOP10の中で、二つを除いて、本年の記事であるが、3年前の下記の記事がTOP10位であった。さらにその13位は4年前の記事であった。 今、保守政権になった韓国人は何を考え... [続きを読む]

受信: 2008/01/13 05:44

« 学習教材にまで干渉する中共の傲慢 | トップページ | 「日帝時代の検証」という面白いブログ »