« 「血の犠牲を払うしかない」中国の民主化 | トップページ | 平成も早20年、そして今後は »

2008/01/07

最近の韓国事情

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

今日は久々にネットで韓国の現状を調べてみた。

相変わらずの学歴偏重、女性蔑視―日本も学歴優先社会とか、女性の社会進出が遅れているとか言われるけれど、韓国はその比じゃないね、いやすごい。

ソウル大学、高麗大学、延世大学、これらの頭文字を取ってSKYと呼ぶのだそうだが、このSKYなどの一部の有名大学を除くとほとんどまともな就職口がないのだという。就職浪人は当たり前。また、出身大学によって初任給も違う、と言うのは本当か???
朝鮮日報(2007/08/30)によると、15歳から29歳までの986万人のうち、200万人近くが実質的に失業者。実に2割を超えている。15歳から29歳というと、かなりの割合が学生だろうし、兵役に就いている者もいるであろうから、この数字はある意味すごい。
まあ、日本も3~4年前までは就職氷河期とか言われて、大学や高校を出ても就職できない若者が多かったけど、ここまでひどくはなかったと思うけどなあ。

李明博氏が「韓国経済の立て直しを強調」して圧倒的支持を獲得したのも、このあたりが理由の一つかな。
で、我らが盧武鉉(ノ・ムヒョン)くんは「自分の足だけで前に進むことができるのが経済というものだが、なぜ“経済を生かす”ということを言うのか、生きているモノをなぜ生かすというのか。はっきり言って納得できない」(2008/01/04 朝鮮日報)と反発している(爆笑)

ちなみに、留学ビザを受けて米国で学校に通っている外国人留学生の中で最も多いのは韓国人学生。米国移民税関執行局(ICE)の報告書によると、2006年末、米国全体の留学生数は63万998人、このうち韓国出身が9万3728人で15%を占める。
これも異常。
年末の讀賣新聞だったかな?
親が多額の借金をしてまで子供(とくに息子)を米国の大学に留学させているのだそうな。
韓国では米国留学が“箔”になるのか、それとも、わが国以上に若者が希望を持てない国なのか、のいずれかだろう。

それから、もう一つ。

韓国の歴史教科書というか歴史認識に関する話題。

産経新聞の黒田勝弘さんによると、最近の韓国、「日本統治時代の歴史を収奪、抑圧、抵抗だけの『暗黒史観』ではなく近代化による社会や人びとの多様な変化を発掘し再評価する、歴史見直しの動きが活発だ」そうだ。

これ、朝鮮日報東亜日報も認めている。
まあ、まだ歴史学会が中心で社会的には反発の方が強いようだが、こういう議論が活発になることはいいこと。

なにしろ、
土地調査事業は、期限付きの申告制により行われ、その手続きは複雑で、申告できなかった人が多かった。
この略奪により、全国の農土の約40%が略奪され、日本人にただ同然で払い下げられた。耕作権を失った朝鮮農民の一部は海外移住を強いられた、
と教える国ですからね。
実際に国有化された農地は2.6%に過ぎなかったのに。

で、チョ・チョンレの小説「アリラン」でも、「事業を妨害したら裁判なしに死刑」「総督府は朝鮮の土地の45%を占める最大の地主になった」などと描かれる。
まさに土地調査事業が「片手にピストル、片手に測量器で進められた」(シン・ヨンハ、1982年)というわけだ。

こういうのを本気で信じてる!
いや、すごすぎる。

参照:収奪論の近代化論を超えて-植民地時代の再認識

|

« 「血の犠牲を払うしかない」中国の民主化 | トップページ | 平成も早20年、そして今後は »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりですm(__)m

それに近い主張が朝日新聞などで有りましたが
かつての極左はそれを信じていたのでしょうか??

非極左な自分としては極左集団に対する偏見もある
と思われますので。現実的に日本を不当に貶めよう
とする反日勢力が未だ跋扈していますので。

投稿: abusan | 2008/01/08 00:55

そういえば朝日新聞は北朝鮮のことを、ゴミ一つ落ちていない「地上の楽園」と宣伝していましたね。韓国も嘘つきなら、我が日本でもマスコミが国民に真実を隠していました。在日朝鮮人でさえ、その宣伝を信じて日本人妻を連れて北に帰ったくらいです。ちなみに3度の粛清で日本人妻は大部分が収容所で殺害されたそうです(涙)。
 今日も日本のマスコミは韓国の真実を徹底的に隠し、異様な報道を続けています。電通はじめ役員には非日本人も多いのでしょう。すでに日本は占領済みかもしれません。韓国の破綻を政治家が変に助けようとしなければよいのですが。

投稿: 普通の国民 | 2008/01/08 01:34

久々の韓国ネタですね、それだけ中国が酷かったということでしょう。
とりあえず少しは正しい歴史認識をしようとする動きが出てきたのは歓迎ですが、まだ大統領が変わったばかり、支持率が下がってくるとまた始まるんじゃないでしょうか、日本人は確たる数字を見せ付けられると納得しますがあちらではそうではないようですから。

投稿: ST | 2008/01/08 08:11

朝鮮の近代化論に対する日本の評価?変らないと思います、韓国人が植民地の中で如何に優位性を見出した、反発心が有り、我が国民は日本に伍して発展をした~のが「オチ」では無いでしょうか?

元々歴史を分析すればトウの昔に判りきった事、「併合」時代の経済成長率、残っている鉄道・古いコンクリートの建物は旧日本時代に建設された「モノ」。

歴史をマトモに検証出来ない理由は新しい歴史を「作る」為、朝鮮総督府を国を挙げて破壊、測量杭を抜きまくり、素晴らしい刑務所を「反日」の砦にしている限り無理。

明治日本を手本(隠れて)にして徴兵制を取り入れ、日本を模倣して生きて来て、今では日本に追いついた10年で追い越すと言う大統領が誕生、今更「併合時代」を評価は出来ません。

隣近所ですが「嫌い」なものは「嫌い」これは仕方の無い事で、どうにも出来ない事では無いでしょうか?日本の政治家が「金くらまし」「歴史音痴」で「メクラ」(差別語~)ですから困ったものです。

投稿: 猪 | 2008/01/08 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/17610694

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の韓国事情:

» 恐るべきロシア国歌の変遷 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
産経紙7日付けによれば、「音楽の政治学」と題して、産経モスクワ特派員の内藤泰朗記者がロシア国歌の変遷について、貴重でかつ興味深い文章を寄せていたので、紹介したい。 それによれば、過去100年間に6回も国歌が変わった国が... [続きを読む]

受信: 2008/01/08 00:37

» はじめまして [I LOVE S.T. MUSIC]
学歴・格差社会に反抗し、大学・フリーター経験をもとにしたリリック(歌詞)を歌うシンガーソングライター、高井くんの音楽に心奪われた大学生のブログです。その圧倒的な音楽の力で都内のミュージシャン・ダンサー・DJたちを仲間に集めていった歌詞、メロディーは、私の... [続きを読む]

受信: 2008/01/10 03:33

« 「血の犠牲を払うしかない」中国の民主化 | トップページ | 平成も早20年、そして今後は »