« 大阪府知事選で恥をさらした小沢一郎 | トップページ | 頻発するトラブル 原因は韓国人の気質か »

2008/01/30

「反日」主義者の脳内を解剖する

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

皆さんは、日本人でありながら日本の近代史を否定し、日本という国を特定の外国勢力と歩調を合わせながら攻撃する「反日」主義者を理解できないでしょう。
そこで、元「反日」主義者の私が、彼らの脳内を皆さんに解説して差し上げたいと思います。

「反日」主義者は大きく分けて三つのタイプがあります。一つは共産主義イデオロギーが源にあるタイプ。次が被差別部落出身者や在日系の人たち。そして、創価学会に代表されるカルト系の組織に属している人たち。

------------------------------------------------------------------

共産主義はインターナショナルですから、この思想を信じる人は、そもそも国家を超越しているんですね。共産主義は、究極的には国家が死滅するとしています。そこでは階級だけではなく、人種や民族や歴史の違いに関係なく絶対的な平等社会が実現するんです。
「各人はその能力に応じて働き、必要に応じて与えられる」、こんな夢みたいな(ありえない)社会が共産主義社会です。だから、共産主義者にとって資本主義体制は打倒すべき対象でしかありません。資本主義の国家は“悪”です。愛国心も、民族としての誇りも、能力が正当に評価される社会もすべて否定されます。

で、共産主義者は、この資本主義体制、資本主義国家を打倒するためにはあらゆるものを利用します。もともと国家を超越しているわけですから、外国勢力と組むのも当たり前。
レーニンの「帝国主義戦争を内乱へ!自国帝国主義の敗北を!」」というのが典型でしょう。祖国が戦争している、祖国が窮状にある、それを利用して革命を起こそう、これがレーニン主義です。
だから共産主義者が、反国家=反天皇=反日となるのは当たり前。彼らが「国を愛している」と言うとすれば、それは自己矛盾、欺瞞です。

共産主義者は、日本共産党や、彼らが「トロツキスト」として攻撃する中核派や革マル派だけではありません。社民党や新社会党も同じです。
そもそも、社民党や新社会党の前身だった日本社会党は、非日本共産党の共産主義者(戦前の労農派)が中核でした。新社会党は、今でも社会主義革命を目指しているし、北朝鮮を賛美しています。社民党も社会民主主義を標榜していますが、西欧の社民党とはまったく違います。
西欧の社会民主主義とは、一国を基礎とし、資本主義の枠内でその「ひずみ」を修正する主義です。つまり、自由な競争を前提としながら、その中で富の再分配や基本的人権を重視する。もちろん、国家の安全保障については保守と同じ立場に立ちます。
それからすれば、大企業を敵視し、愛国心を否定し、自衛隊を「悪」とみなし、国家の安全保障を放棄する日本の社民党は、「共産主義者まがい」と言えます。

新社会党はもちろん、社民党も本音は「反天皇」です。現体制を否定するのが彼らの思想の根源ですから、外国勢力と組むのも、しごく当たり前のことなのです。

------------------------------------------------------------------

被差別部落出身者や在日系の人たち、この人たちにとっては差別に対する「怒り」が日本という国に対する「恨み」になっています。
部落解放同盟(解同)は、昭和天皇を「裕仁」と呼び捨てにし、昭和天皇を「戦犯」として糾弾しています。
彼らは、部落差別を国家の体制によるもの、つまり天皇制が「差別の根源」とみなしているわけです。これは在日系の「朝鮮人差別」に対する認識も同じ。
だから、彼らにとっては、反差別の闘争が反国家=反天皇=反日となるのです。
ただ、実態は単なる利権の獲得闘争ですが。

しかも、この解同、朝鮮総連や北朝鮮と近いから危険ですね。また、教育現場に介入し、同和教育なるものを強制している。いわゆる「人権擁護」教育ですよ。
で、この解同に同調する教師がけっこういるんですね。広島県では県教祖も県高教組も解同と一体、なんと新社会党を支持しているのですから驚きです。

同和教育、同和対策が、かえって差別を助長している、それに気付かないふりをしているんですね解同は!
もう「差別」がないと生きて行けない組織に堕しています解同は!
要は、差別を食い物にしている。
つまり、彼らの反国家=反天皇=反日は、差別を食い物にする運動と表裏の関係にあるということです。
で、この解同を「関係団体」として公式ページに掲示している民主党。この政党の中に「隠れ社民」がいることの象徴でしょう。

------------------------------------------------------------------

ところで、被差別部落出身の「反日」主義者といえば、野中広務自民党元幹事長を思い浮かべる方がおられるかもしれません。
が、この方、単純な「反日」ではありません。

戦後、すぐに共産党員になり、その後に転向して、今度は反日本共産党の急先鋒になりました。が、1999年、北朝鮮を訪問した時、錦繍山記念宮殿において「ご生前中に3度にわたりご会見の栄を得ましたことに感謝し、金日成主席閣下の不滅の遺徳が、朝鮮民主主義人民共和国の永遠の発展と日本国との友好発展の上に、大いなるお導きを願い、永久不変万年長寿をお祈りいたします」と記帳しています。
つまり、この人物も「非日本共産党の共産主義者」だったわけです。
ところが、この野中氏、「日の丸」「君が代」の法制化に尽力しています。また、解同に対しては距離を置いている、というより批判的です。

つまり、この方は、「非日本共産党の共産主義者」という内面と、自民党の権力者という表の顔、本来なら相容れないはずのものを併せ持っているのですね。
これこそ、戦後の日本の思想的混乱と政治的ねじれ、そして部落民という彼の出自が錯綜した結果だと思います。

私は「政治家」としての野中氏は許せませんが、人間としては好きなところもあります。

------------------------------------------------------------------

最後に、反日カルトの代表である創価学会について書いてみたいと思います。
そもそも、原理原則に立てば、宗教と天皇制が両立するのがおかしいんですね。神道や民俗信仰、あるいは自然信仰は別ですが、キリスト教やイスラム教などの一神教徒が、天皇が「象徴」とはいえ、社会の頂点におられ、尊崇の対象になっていることを容認できるわけがありません。
が、両宗教とも成熟していますから、原理主義者でない限り天皇制との共存を志向すると思います(仏教は言うまでもありません)。

現に、台湾の李登輝前総統は敬虔なクリスチャンでありながら靖国神社に参拝しますし、大平正芳元首相も同様でした。
私は親鸞に傾倒していますが、本質的には無神論者です。それでも天皇は尊崇しています。
つまり、我が国の天皇制は宗教を超越した存在なわけです。
で、創価学会はというと、これが国籍不明。日蓮正宗を破門になってからは、何が信仰の核になっているのか解りません。解るのは、池田大作先生が学会員にとって「天皇」に近い存在であること。

創価学会は「反日」ではない、「反天皇ではない」と反論するかもしれません。
では、学会員に訊いてみてください。「天皇と池田先生のどちらが日本にとって重要なのか?」と。
彼らは返答に窮するはずです。

創価学会は、生まれながらにして「反天皇」であり「反国家」です。戦前に不敬罪で学会幹部が大量に逮捕・拘留されたことがトラウマになっています。
特に、国籍不明の池田先生が会長に就任してからその傾向が強い。

池田先生が、学会のホームページに何と書いたか!

―韓国の「情(じょう)」は厚く、深い。5千年の間、苦難の歴史を耐えて乗りこえ、しかも情(なさ)け深(ぶか)さをなくさなかった人達(ひとたち)である。
憎(にく)しみを人に向けるよりも、悲しみを雪のように胸の奥に積もらせながら、明日(あす)を信じて微笑(ほほえ)んできた人々である。
愛の国、美の国、文の国。
その平和の人々が、「何十世代の後(あと)までも忘(わす)れぬ」と、怒(いか)りを骨に刻(きざ)んだ相手が、日本の残虐(ざんぎゃく)な国家主義者であった。
行く先々での略奪(りゃくだつ)。暴行(ぼうこう)。殺戮(さつりく)。「禽獣(きんじゅう)にも劣(おと)る」、文化なき「悪鬼(あっき)」と呼ばれた。―

―「池田大作名誉会長 地球は美しい」―より抜粋

池田先生によれば、韓国は「愛の国、美の国、文の国」。で、日本(の国家主義者)は「禽獣(きんじゅう)にも劣(おと)る」、文化なき「悪鬼(あっき)」
先生の出自が知れます。

創価学会(公明党)が自民党と連立を組み、「教育基本法改正」や「国民投票法」に賛成したのは、国の将来を考えてのことではありません。ただただ、脛(すね)に大きな傷を持つ池田先生を守りたいため、それだけです。

彼らは「地球市民」という言葉が大好きですよね。よく言えばインターナショナルですが、現実を見れば「無国籍」そのものですよ。まあ、一般的に宗教には国籍はありませんが、彼らの場合は世界制覇の夢を未だ捨てていないから不気味なのです。
創価学会の、というか池田先生の教えが世界中に広まり、その下(もと)で世界中の人々が一つの市民になる、これが彼らの言う「地球市民」です。

今、創価学会は創価学会インタナショナル(SGI)が上部組織になっています。現在、156団体が加盟。191の国・地域に信者がいます。その会長が池田先生。日本の創価学会はその一支部に過ぎないんですね。
コミンテルンがあって、日本共産党がそのコミンテルンの日本支部だったことにそっくりですよね。

------------------------------------------------------------------

以上、「反日」の三つのタイプについて書きましたが、これらの人たちは、政界、官界、法曹界、教育界、界、宗教界、メディアなど、あらゆるところに浸透しています。
まさに、あらゆるところから日本を攻撃し、その体制の崩壊を目指しているわけです。

我々は、彼らの存在を注視し、その策謀に対抗していかなければなりません。

------------------------------------------------------------------

「人気ブログランキング」に復帰しました。
理由は、ご来訪者数が落ち込んでいるためです。
10月から12月末まで更新が滞ったことが最大の原因だと思いますが、15000近くあったアクセスが10000前後にまで下がりました。
今年になって頻繁に更新するようになってもアクセス数は伸びません。

で、もっと多くの方にご来訪いただきたいと思い、復帰を決めた次第です。
よろしくお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。

|

« 大阪府知事選で恥をさらした小沢一郎 | トップページ | 頻発するトラブル 原因は韓国人の気質か »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

 「反日」主義者の脳内の解説に感謝です。
 なるほど、と思える部分もあるし、そうかな?と思える部分もあるのですが、やはり、「反日」思想の根底に共通するものは、インターナショナルなのだと納得致しました。
 共産党の方々の発言を時折耳にしますが、「理想論も甚だしく、現実と乖離している」というのが正直な感想です。
 創価学会の方々にかんしては、表向きはいい人ばかりなのですが、やはり、「現実からの乖離」がみられます。精神論で突き進み、心の芯まで「池田節」が浸透しているようです。ですから、彼らに「天皇か池田先生か」と問いただしたら、返答に窮することはないように思います。宗教を信仰している自分に酔っているのですから。答えは一つしかありません。

 そして、それらは反抗期の青年のようでもあります。彼らの根底にあるのは破壊願望であり、現実からの脱却です。大人達の作った世界を良しとしないのです。大抵の人は、社会に出て自分の無力さを知り大人になるのですが。

投稿: 通行人B | 2008/01/30 13:06

民主党の「創憲に向けて、憲法提言中間報告」
http://www.dpj.or.jp/news/files/BOX_SG0058.pdf
にも、「地球市民」という言葉が出てきます。
民主党の「地球市民」というのは、創価学会の影響でしょうか、それとも共産主義の影響でしょうか?

投稿: 民す党 | 2008/01/30 15:04

簡単明瞭で本質を突いた説明を拝見しました。
本当に日本に住んでいながら日本が嫌いで、特権を持ちながら尚「特特権」が欲しい人達が政・官・法・教・労・宗・マスコミの中に多数を占めている国、民主主義社会は開かれた?と言いながらも異常だと思います。

池田氏が韓国の事を「愛の国」「美の国」「文の国」表現は始めて聞きましたが朝鮮人説を自白した様なものですね。韓国を愛・美・文と表現するだけで「おかしい」と思わないところが凄いです、国内・外の彼らを見たり、ワールドカップ・WBCの試合態度などを見ると???だらけ。

「地球市民」など現状から見ると100数十年前に日本が西欧の攻撃から抜け出す努力を小さな国、一国で成さざるを得ない環境の中で成した事を、今世界の国が気付いて世界中の国が主張を始めただけ、今後とも地球市民なんて「夢」は夢の又夢、日本の若い人も知って欲しいと思います。

投稿: 猪 | 2008/01/30 15:11

「反日」日本人の脳内解説、ありがとうございます。
欧米諸国の場合、例えば反米アメリカ人、反仏フランス人などというのは聞いたことがありません。彼らの場合、そのときの政権に対し、政策や手法への批判は行うけれども、国に対する思い(特に安全保障など)といった根っこの部分は同じ考えだと思います。だから、日本みたいにキチガイ連中がでてこないのだと思えてなりません。

 共産党のひとは貧乏人に対しては、異常なほど親切ですね。ただ、あの親切さが胡散臭い。
 創価学会・・これは選挙間際になると電話攻撃に、池田先生マンセーで公明党をよろしくという内容のビデオまで送ってきます。これはもう異常としかいえません。外面はいい人が多いのですが、やはり胡散臭さはぬぐえません。
 池田先生は日本人でないことは明らかですね(笑)まさに
性職者?? 創価学会の勧誘はしつこいのですが、うちの
じいさんは勧誘者に対して、「創価学会に入ると病気もなおるし、お金もたまる、商売もうまくいくし、いいことだらけですよ」 じいさん:「ふーん、それでアンタはどうなんだ?アンタをみてもそうは思えない。アンタの言うとおりになった人間がいるならつれて来い」といったそうです。その後勧誘は一切無くなったそうです(笑)母の若いころのことでした。
 
 日本を愛する人間の敵は、まさに「反日日本人」いわゆる
「地球市民」の連中のようですね。この言葉、かっこよく聞こえますが、要は単なる「根無し草」私は絶対に「地球市民」などにはなりたくありませんが!! 一人の日本人として、誇りをもって生きたいと願っています。
 彼らは日本を破壊して、何を作りたいのでしょうか?

 ところで管理人さんは、昔「反日」だったとのことですが
なぜ今のようなお考えに至ったのですか?
 

投稿: Tsubaki | 2008/01/30 16:20

かつて僕は小沢信奉者でした。
彼の唱えた”自己責任を全うする日本”論におおいに賛同し、自由党に票を入れたこともありました。
そして彼に最も相反する政治家の野中という人物を忌み嫌い、彼の持つ”何がしたいのか?”と問いかけたくなるような国家論を常に疑問に思ってきました。

野中は小沢を罵倒し、小沢は野中を嫌悪する。
しかしながら最近の小沢をみていると、
今から思えば野中という人は小沢の人間性を見抜いていたのかなぁと感じることあります。

やはり今でも政治家として野中は大嫌いではありますが、人の裏の本質を読める稀有な政治家だったんでしょうね。

投稿: K.T | 2008/01/30 17:45

非常にわかりやすかったです。
ありがとうございます。

投稿: 濃紫 | 2008/01/30 18:53

>>これらの人たちは、政界、官界、法曹界、教育界、労働界、宗教界、メディアなど、あらゆるところに浸透しています。
→そればかりでなく、皇室にまで深く浸透しているのではないでしょうか? 
外務省はチャイナスクール出身者や創価が一大勢力になっている役所として知られていますが、宮内庁人事は外務省人事の一環のごとくに行われています。
外務省が皇室に深く浸透していることは紛れも無い事実。天皇陛下のお言葉を語る真偽のほどが定かでないメモをマスゴミに流されたこともありました。

投稿: JP | 2008/01/30 19:58

 小生未だに「地球市民」て言葉の意味がよく分かりません。
そもそも日本語になっているのでしょうか?
それとも「アナーキスト」の単なる言い換えですか?

 「地球市民」の正しい定義と用語法をどなたかご存知の
方がいらっしゃったら、是非ご教示下さいませ。

投稿: 中凶殲滅 | 2008/01/30 21:25

始めて投稿します。
記述内容に、120%同意します。大変、簡潔明快に
解説されていて、感心しました(野中の記帳内容には
ビックリしました)。願わくは日本に帰らず、そのまま北鮮に居残って欲しかったです。これは支那へ行ったミンスの小沢にも言えることですが、日本に帰らず、そのまま支那に移住すればいいのにと思いましたね。
そして、創価学会の池田大作ですが、

池田大作=成りすましの朝鮮人(日本人に成りすました朝鮮人)
ということを、もっともっと国民に知らせる必要があると思います。創価・公明にとって致命傷になると思います。
再度、記述内容に120%同意です。ガンバッテ下さい。

投稿: 本ブログ応援者 | 2008/01/30 21:59

いや素晴らしい。
好奇心のツボをポコポコ押してもらって気持ちいい(笑)。

絶対的な平等社会が出来るほど人間は進化していません。それに様々な民族が培ってきた文化や伝統を否定した社会なんてあ・り・え・ま・せん。
それでは人間が人間でなくなってしまいます。
そこら辺が共産思想の底の浅いところなのでしょうね。

うーん、野中さんってそういう方だったんですね。私は同和利権をむさぼった人なのかと思っていましたが、どうなんでしょう。

先日深夜番組に旧竹田宮の方が出演されていましたが、竹田さんのお話によると天皇とは人であると同時に天皇の「霊魂」を身体に宿らせて継承していく存在(ダライ・ラマのように)なのだそうです。なんとも神秘的で素晴らしいではありませんか。坂さんのおっしゃるとおり、全ての宗教を超越した存在であるがゆえにどの宗教を信ずるものからも尊敬を得る存在なのだと思います。

池田会長は自分が天皇になりたいから天皇家がイヤなんでしょうね。ハンドボールで散々やりたい放題したどこぞの国の王子同様、比べるのも失礼ですね。また入魂のエントリー、お待ちしています。とても勉強になります。

投稿: おれんじ | 2008/01/30 23:13

反日3構造の説明、なんて整然と理解しやすい文章。有りがとうございました。
差別利権・恐喝タカリ集団である部落解放同盟と在日朝鮮/韓国人のエスニック利権集団とは、国や文化の背景が違う筈なのに、やること成す事、兄弟の様に呼吸が合っているのが不思議です。
私の姉が四国の部落の若者と恋愛結婚した御陰で、私も部落の人と仲よくなりました。姉があちこちへ講演に行くので何処に部落が在るのか私も知る様になりました。何故こんなものが有るのか勉強したいです。既存の本やネットの情報、動物解体業がどうのこうのでは、どうしても合点が行きません。先生、どうか又の機会に部落について先生の意見を書いて下さいませんでしょうか。
不思議なんです。何故、古墳の回りは部落だらけなのか。何故、九州の邪馬台国や狗奴国が支配した(らしい)地域には部落が多いのか。何故、出雲のオオナムチの支配域だった中国地方にも部落が多いのか。天日槍が新羅から襲来して大和朝廷と闘ったという岡山、兵庫にも。弥生時代、江南系水軍・越智氏が侵入したという長野・安曇にも部落が有る。でも大和朝廷の日本武尊が直接軍事キャンペーンを行ったエミシの国、東北には部落なんて無い。部落は、もしかしたら本に書いてあるよりもはるか以前にルーツが有るのではないか。もしかしたら弥生時代の早期移民・江南系移民+縄文人 Vs.朝鮮半島系からの新期移民の抗争とか。または古墳時代、大和朝廷による幾度かの半島出兵、倭人コロニー防衛戦争の末、列島へ連れて来られた半島の敵兵または奴隷とか。もしも部落が日本国内だけの事情で発生したならば、何故、日本武尊が征服した東国には部落が無いのでしょう?すみません、こんな事書いて。

投稿: なずな | 2008/01/31 08:48

下記は創価学会などのタブーに触れているようですが、本当でしょうか?
http://video.google.com/videoplay?docid=6122301316446344460

投稿: | 2008/02/05 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/17892712

この記事へのトラックバック一覧です: 「反日」主義者の脳内を解剖する:

» 日本国政府は左巻きと同じ歴史観 [思うて学ばざれば則ち殆し]
 左巻きのように、国内で日本国を卑しめる連中を「売国奴」と呼びます。本当は私は「非国民」と呼びたいんですけどね。そして対北東アジアで捉えると、彼らを「媚支・媚韓」などと呼びます。さぁ、では全世界で彼らを捉えると、どう呼べば良いでしょう。そんなことを考えてみました。... [続きを読む]

受信: 2008/01/30 23:05

« 大阪府知事選で恥をさらした小沢一郎 | トップページ | 頻発するトラブル 原因は韓国人の気質か »