« 「成年年齢引き下げ」は妥当か? | トップページ | 115人が死亡、200人余りが重体 »

2008/02/15

黄昏の日本左翼 さようなら(再)

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

このところ時間がない。一方、新しい読者の方が増えている。
で、過去の人気エントリを紹介したいと思った次第。
以下は、2007/05/05のエントリである。

------------------------------------------------------------------

読者の方から次のような要請があった。


我々若年層においてもっとも理解できないのが左翼やリベラリスト達の行動の先にある目的です。だから売国奴としか表現できないわけです。
かつて彼らと思想を共有した管理人氏には是非彼らの行動原理とその究極目的に関する考察を述べていただきたいなぁと思う次第なのです。

------------------------------------------------------------------

まあ、これにお答えするのは簡単ではない。
左翼といっても千差万別だからである。
したがって、いくつかに分類して、可能な限りで言及してみたいと思う。

------------------------------------------------------------------

今の左翼は、大雑把に分けると以下のようになると思う。

①革共同中核派のような、暴力による革命をめざす極左(本人たちは革命的左翼と自称している)勢力。
②日本共産党のような、議会で多数派を獲得することにより社会主義―共産主義社会を実現しようとする勢力。
③新社会党のような、議会で多数派を獲得することにより社会主義―共産主義社会を実現しようとする点では共産党と同じだが、北朝鮮や中共と連携しようとする勢力。
(旧・社会党最左派)
④社会民主党(社民党)のような、議会で多数派を獲得することにより資本主義をより社会主義に近い形に変えようとする勢力。
(旧・社会党左派)
⑤民主党左派のような、議会で多数派を獲得することにより資本主義をより平等な社会(結果の平等)に改良しようとする勢力。
(旧・社会党右派)
⑥特定の党派には属さないが、③④⑤の勢力にシンパシーを持つ勢力。
これらは無党派の市民団体を装っているケースが多いが、中核派などの極左がまぎれ込んでいることも多い。
共産党系の市民団体は党派色が強すぎて無党派でないことがすぐわかる。

①~⑥に共通するのは、まず「天皇制の否定」である。
次の共通点は「戦前の日本を“絶対悪”とみなし断罪する」こと。したがって“従軍”慰安婦や南京“大虐殺”、沖縄戦における“軍の自決強制”などは理屈抜きに事実として認定される。
事実であるか否かなんて関係がない。自らに都合のよい資料や証言だけを寄せ集めて事実のごとく喧伝する。まさに左翼お得意のプロパガンダを駆使する。

彼らのもう一つの共通点は「憲法改正反対」である。が、現憲法が定めている天皇制(象徴天皇)は否定する。表向きは「護憲」で「象徴天皇制は護る」と言っているが、その本音は「反天皇」、つまり「反憲法」なのである。
彼らの言う護憲は、自衛隊の否定(非武装)、日米同盟の否定(集団的自衛権の否定)にすぎない。そこにあるのは米国は“帝国主義”という考え方であり、その米帝国主義に追随しているのがわが日本国という認識なのである。

中核派は暴力革命をめざしており、現に非公然の軍事組織「人民革命軍」を有している。また、共産党はかつて「政権を取れば憲法を改正し自衛軍を持つ」と主張していた。つまり、自衛隊は米帝国主義に追随しているから反対なのであって、革命が成功すれば「人民のための軍隊」を持つのは当然という理屈である。
まさに中核派は言うまでもなく、共産党の「護憲」も欺瞞以外の何ものでもないということだ。

------------------------------------------------------------------

新社会党や社民党、民主党左派、無党派の市民団体は、押しなべて「親中共」であり「北朝鮮擁護派」である。
だから、わざわざ中国に出向いてまで靖国神社参拝非難や歴史教科書“歪曲”非難を煽ったりする。「北朝鮮による日本人拉致などありえない」と言い、事実が発覚すると「戦前の何百万人もの朝鮮人強制連行を考えれば、何十人かにすぎない拉致を非難する資格はない」などと開き直る。
朝鮮総連から政治献金をもらっていても平然としているのはそのためだ。
共産党も、かつて「社会主義国(中国)の核実験は帝国主義国のそれとは違う平和の力」などという偽善としか言いようのない主張をしていたが、さすがに最近はそんなバカなことは言わなくなった。
が、本音は変わっていないのではないか。

では、なぜ彼らは「親中共」であり「北朝鮮擁護派」であって、日本人でありながらわが日本国を攻撃するのか?
それは、彼らの考え方の根底に日本人は「抑圧民族」であり、中国人や韓国・朝鮮人は「被抑圧民族」であるという意識があるからだ。「戦前の日本を“絶対悪”とみなし断罪する」のも、この意識に関係している。
つまり「抑圧民族」=「加害者」=「悪」なのであり、日本人は反省し中国人や韓国・朝鮮人に謝罪しなければならないのだ。
これは、彼らが部落解放同盟(解同)に屈服している姿を見てもよくわかる。
解同は日本人を「差別する者」と「差別される者」に分けて考える。「差別する者」=「悪」なのであり、「差別される者」から糾弾されて当然なのである。解同にとって「差別される者」は被差別部落民であり「差別する者」はそれ以外の日本人である。
根本の考え方がまったく同じだから、日本の左翼は解同に頭が上がらない。

ただし、共産党は「民族」としてではなく「階級」として社会を捉えるので、それ以外の左翼とは少し違う。部落問題も「差別者」と「被差別者」ではなく階級間の矛盾として認識している。だから共産党だけは解同と“犬猿の仲”なのである。
が、共産党は米国を帝国主義と捉え、今の日本はそれに追従していると明確にしている点で、その反体制の度合いは他の左翼に負けず劣らずである。

------------------------------------------------------------------

左翼が日本人でありながら日本国を攻撃するのは、日本は「抑圧者」であり「侵略者」であるという考えが根底にある。しかも「世界の抑圧者」であり「世界の侵略者」である米国に追従している。
だから米国はもちろん、いやそれ以上に日本国を糾弾し告発しなければ気が収まらないのだ。

だから、国家として当然のことである自衛力を保有しようとすると、それは「侵略のための準備」と見る。PKO(国連平和維持活動)に参加することも「自衛隊を海外に派兵するための実績作り」とみなす。
もう異常と言うしかないが、これを非難しても彼らは変わらない。その思想・信条はもう信仰の域にまで達している。もう客観的に物事を見ることができないのだ。
なぜか?
左翼の始祖とも言えるマルクスは、物事を対象化し相対的に捉えることによって近代資本主義を科学的に分析した。が、その弟子たちは反対に、自らの思想を絶対化することによってその正当性を確保しようとした。
そのマルクスの弟子たちの「悪しき遺伝子」を現代の日本左翼も引き継いでいるのだ。

なまじ正義感が強く、なまじ頭がよく、そのくせ生活者としての人生経験が乏しいから、観念の世界で妄想をふくらませるのである。
そこにある正義感は、青臭い、現実の人間社会のドロドロとした生き様とは無縁のものだ。だから現実の国際社会が理想ではなく、相互の利害関係、力関係によって動いていることも実感として理解できない。

------------------------------------------------------------------

ところでヨーロッパでは左翼が強い。
英国は党政権だし、ドイツも社民党が大連立政権の一翼を担っている。フランスでは社会党の大統領候補が決選投票に進出したし、イタリアでは左翼民主党(旧・共産党右派)が政権の中核を担っている。
では、わが国で左翼が政権を担うことがありえるのだろうか?
それは99%ない。

なぜか?

それは、西欧の左翼はわが国の左翼と決定的に違っているからである。
その第一が国家の安全保障に対する態度である。
上記に上げた先進西欧諸国はすべてNATO(米国との同盟)に参加している。英国やフランスは核兵器を持っているし、もちろんすべての国が軍隊を持っている。このことに反対する左翼政党(社民)はない。
また、これらの社民政党は反共産主義(反マルクス主義)である。
自国の過去に対する態度もわが国の左翼とはまったく違う。過去を反省することはあっても、懺悔などしない。ドイツのかつての首相や大統領が謝罪したとよく言われるが、それはユダヤ人に対するジェノサイドに対してであって、戦争そのものを詫びたわけではない。

それからすれば、わが国の左翼は異常である。
国家の安全保障は空理空論。戦前の歴史は全否定。先の戦争に対しても、全面的に「日本が悪い」の大合唱。戦後60年以上経っても謝罪を自らの国に強要する。米国が実行した東京大空襲や原爆についてまで日本国を訴えるほどだ。
まさに特殊な日本の左翼。世界に誇るべき珍種。
まあ、その根底には、戦前の日本的価値観を全否定した米国の洗脳に国を挙げて屈服したという過去がある。
が、時が流れるにつれて、現実の前に洗脳が解けてきた。
非武装中立でほんとうに国際社会で生きていけるのか?ほんとうに東京裁判が裁いたほど戦前の日本は“悪”だったのか?共産主義というのはほんとうに理想社会を実現してくれるのか?中国や韓国、北朝鮮の言い分、要求はすべてに正当な根拠があるのか?
戦後という時間の流れの中で様々なことが起こり、これらの出来事を前にしてこの疑問がふくらんでいった。

------------------------------------------------------------------

連合赤軍の大量リンチ殺人や革マル派と中核派の「血で血を洗う内ゲバ」が、まず若者を左翼幻想から解放した。 中共率いる中国や金王朝が支配する北朝鮮の実態が明らかになるにつれて、一般の左翼シンパもしらけ始めた。そしてソ連の崩壊がそれを決定づけた。
取り残された左翼には、もうなす術(すべ)がなかった。
ベトナム戦争は終わり、沖縄は返還され、三里塚(成田)の空港も開港した。水俣病に代表される公害問題も解決され、部落問題も同対法(同和対策事業特別措置法)によって権力に取り込まれた。

全国を席巻する勢いだった革新自治体は相次いで崩壊し、社会党と共産党の社共ブロックの支えだった国労(国鉄組合)も解体された。戦後の左派運動を支えた総評も右傾化し、社会党も共産党も凋落した。
一方で、日本経済は右肩上がりの成長を続け「1億総中流」という豊かな社会が出現した。
このような時代背景の中で登場してきたのが南京“大虐殺”や“従軍”慰安婦、あるいは靖国神社参拝の問題なのである。
衰退する一方で、これといった政治課題も見出せない日本の左翼にとって、これらは格好の日本攻撃の材料であった。
が、これは両刃の剣でもあった。
事の真相が明らかになってくるにつれて、ますます左翼はその信頼性をなくしていくことになる。

------------------------------------------------------------------

民主党が政権を取る可能性はゼロではない。が、この党の3分の1以上は自民党より自民党的な(憲法改正に賛成の)議員が占めている。
だから民主党が政権を取ったからといってわが国が大きく左傾化することはない。
もう、わが国において左翼の時代は終わったのだ。
これは自業自得である。
自らの主体性を確立できず、いつまで経っても政権批判、体制批判。しかも中共を始めとする外国勢力の応援を借りる。そして現実離れした空理空論を繰り広げる。
確かに政権党のチェック機能としての存在価値はあった。
が、これらの勢力にこの国を預けようなどという愚かな国民はごく少数しかいない。

ネットでも、左翼的論調のブログが支持を伸ばせないのは、ある意味、必然なのである。

黄昏の日本左翼  さようなら

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。

|

« 「成年年齢引き下げ」は妥当か? | トップページ | 115人が死亡、200人余りが重体 »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

分かりやすい!

私も「左翼よさようなら」と叫びたいです。

投稿: おれんじ | 2008/02/15 21:52

米国が帝国主義の総本山であり、日本はその米帝国主義に追随している(又はさせららている)。しかし過去の日本の帝国主義はファッショの色彩を帯びているから米帝国主義の悪で、かつ日本は潜在的帝国主義だから戦前回帰志向に対しては米帝国主義を優先する・・・

・・・全く同意はできませんがロジックの枠組みは把握できます。「抑圧民族」vs「被抑圧民族」論も似たような善悪の優先順位となっていますね。

しかし不思議に思いますね。もし彼らのロジックを純粋に奉じる立場であれば中韓に対する見方を変えるべきであるのに、それを拒否しているからです。

もし60~70年前の戦争について、反日サヨクが日本が中韓に「反省・謝罪しろ」「日本は帝国主義・抑圧側だが中韓は非帝国主義・非抑圧側だ」と訴えることが仮に正しいとしましょう。

だとしたら、100年前の帝政ロシアがナポレオン戦争時のロシア遠征についてフランス第三共和国政府に対し「反省・謝罪しろ」「フランスは帝国主義・抑圧側だがロシアは非帝国主義・非抑圧側だ」と訴えることも正しいことになります。

しかしそんな言い訳は当時の帝政ロシアでさえ主張しなかったし、当時のマルクス主義者は帝政ロシアを主要な帝国主義国であると見なしいます。もしロシアがナポレオン戦争のことを蒸し返したら当時のマルクス主義者は大いにからかったでしょうね。

「被抑圧民族」とされてきた中韓は、自ら進んで帝国主義のジャングルの掟に身を投じることで経済力と軍事力をここ十数年で急激に向上させてきたのです。貧富の差は激しいままですが国の総体としては国富を蓄え国力を増し、わが国との差を縮めています。

つまり、中韓はすでに彼らの言うところの帝国主義国・抑圧民族の側になってしまった。中国なんて、文革のときに中国がソ連を罵倒したときのレッテルである「社会帝国主義」そのものではないですか。

なぜ①~⑥のいずれか1つでも「中韓はすでに帝国主義国・抑圧民族の側になってしまった」と喝破しないのでしょうか。やはり①~⑥に、少なくない日本人なりすましが紛れ込んでしまったからではないでしょうか。

投稿: rop | 2008/02/15 22:47

坂様
彼らの考え方のおかしさや言うことの矛盾は全く理解できないのですが、どうしてそうなるのか非常によく理解できました。有難うございました。
彼らは馬鹿げたひとつの思い込みだけで生き、一切学習もしないのですから、変わりようがありませんね。死ぬまでそのまま。哀れな人間です。

投稿: 千代 | 2008/02/15 22:47

分かりやすかったです。GJ!

投稿: スパロゥ | 2008/02/15 23:27

左翼は現在でこそ「反日」勢力という見方が定着していますが、もともとは「反体制」であり、強大な国家権力の横暴から国民を守るというのが建前だったと思います。そして、その闘争のためにマルクス理論で武装し、同じ社会主義国家に対し共感と敬意を示してきたと思います。

労働運動においては一定の成果を上げ、経済成長と相まって国民の暮らしも豊かになっていきました。そのような時代は、社会党は「万年野党」と陰口をたたかれながらも自民党の批判勢力としてそれなりに存在感がありました。労働政策にも左翼の案が取り入れられることもありました。

社会党の凋落が始まったのは、中国・韓国・台湾・インドネシアなど開発途上国の工業発展に伴い国内産業の空洞化が言われだした時期ではないでしょうか。もはや、先鋭的な組合活動の時代ではないという認識が国民の認識として定着してきたのだと思います。それにつれて社会党の指示基盤であった組合員の加入者も減り、次第に議員数も減っていきました。今では社民党に名前を変え、それこそジェンダーあり、反日あり、人権擁護ありのわけの分からない政党になっています。

彼ら「左翼」最大の間違いは、国家と国民を対立軸でみるという考え方そのものです。人々が選んだ議員で構成される政府が対立するモノである訳がありません。また、国会での立法は国民の意思にそむいて行われるわけがありません。日本は民主国家なのだから、国家と国民を対立するものとしてみる考え方自体がおかしいわけです。

ここに日本の左翼の最大の問題があります。普通の国民はこのような考え方に同調出来るわけがありません。左翼の衰退も当然といえるでしょう。

投稿: トマソン | 2008/02/15 23:47

左翼の考え方は、理解できました。
信仰の域に達した彼らの思想を変えることは不可能であるともいます。
しかし、左翼思想を持つものたちは、どうして高学歴なのでしょうか。
しかし、賢くない。
いったことがことごとく間違っているし、いうこととやることの齟齬に気づかない。
どう考えても知的な人種には思えません。
なぜなんでしょう。

投稿: TOT | 2008/02/15 23:59

いつも楽しみに拝見しております。長い間抱いていた疑問が少しずつ紐解けるようでいつも勉強になります。
私、福岡県民でありますが福岡といえば同和、在日の影響が非常に濃い地域と言われています。握り飯が食べれずに餓死者がでるような事件もあり生活保護が救うべきまっとうな日本人の弱者にきちんと届いていない現状に憤りを感じています。(生活保護の必要のない連中には易々と与えているのではという疑念も当然あり)
福岡が排出する国会議員は麻生氏を除き古賀、山崎、太田、民主の松本龍と残念な顔ぶれ勢揃いで恥ずかしい限り。
在日の悪評は子供のころから見聞きしておりますが、同和に関しては同和教育はあったものの実体験として接する機会がありませんでした。
坂様は部落解放運動を行っていたとのこと、是非とも同和関連の実体に関するエントリーをお願いいたします。

投稿: 依存症の依存症 | 2008/02/16 00:47

自民党以外の選択肢には漏れなく特亜が付いてくるという
現状にうんざりしている人は多いように思う。
かといって自民党に任せていたんじゃ資本家ばかりが儲かって
貧乏人が報われない社会に突き進みそうで嫌だ。
ヨーロッパ型の左翼政党が空席なんだから、
そこを狙った政党が有れば、格差が叫ばれている今こそ
天下取るチャンスだと思うんだがなぁ。

投稿: FooBar | 2008/02/16 01:15

左翼とは日本という温室の中に咲いたあだ花ですね。
温室育ちゆえ、中朝に対しては「旧宗主国の我々が救ってやるのだ」といううぬぼれが自身の心理の根底にあるのに気づかず、被差別民族の目線まで降りてやった自分は良い人というナルシズムに酔いしれる。
この気色悪さゆえ、実社会で役に立たぬアホばかり。
ネット社会では荒らしやダブハンのオンパレード。
迷惑ですなあ。

投稿: john | 2008/02/16 02:03

坂 様

日本の左翼の方々、もっと端的に表現なされたら如何でしょうか?

要は、戦前の軍国主義者と彼らが呼ぶ人々と、根本は同種の
未成熟な人達と。

天皇制や神国日本の頼るべき柱を喪失した方々が、代わりに、
マルクス殿、レーニン殿や毛沢東殿、はたまた中国殿やアジアの
人民を拠るべきものとして、ひたすら現実を直視せず、脳内の
お花畑に生きようとする方々と。 自らの考えや判断を中心に
置かず、借り物を奉るのは、保護国・日本を現行平和憲法に
守られた日本と錯覚しながら、反米を叫ぶ姿に表れて
いる様におもえます。

 もちろん、欧米を日本の指針として奉る人達も同種ですが。

投稿: ムフフ | 2008/02/16 02:07

さようならって言いたいけど、もう多くの人の中に無自覚に根付いちゃってるんですよねぇ。
日本は戦後の思想戦で負けたって思ってます。
もちろん、諦めてはいませんが、かなり悲観してます。

投稿: understanding | 2008/02/16 02:07

(引用)もう、わが国において左翼の時代は終わったのだ。

確かにそうだと思います。しかし、数十年におよぶ左翼の様々なプロパガンダによって知らず知らずの内に左翼的思想に洗脳されてしまった一見普通に見える国民が沢山作られてしまったことは間違いないと思います。

そうした国民の迷いを解き、埋め込まれた左翼的な考え方から日本人を解放するためにも、このような情報を発信し続けてください。

投稿: kuni9292 | 2008/02/16 04:01

嘘をまき散らす左翼嘘は必ずばれます
嘘の始まりは左翼意味不明な嘘をつく左翼
嘘がばれたら意味不明な嘘をつく
嘘つき左翼日本から出て行け!!!wwwww

投稿: 通行人 | 2008/02/16 07:39

 いわゆる学生運動が終わって、大学がレジャーランド化した頃に大学生になって“左翼”にかぶれた世代には、“日本は「抑圧者」であり「侵略者」である”というような考え方はそれほど強くなかったように思います。
 私もその一人だったのですが、結局のところこの世代の左翼はただの“よい子”です。例えば親から“人様にご迷惑をかけないように”なんていうことをさんざん言われながら育ったような子供たちで、その延長線上に左翼の範疇に含まれる個々の理屈が伸びているような、そんな感じです。だからこの世代の左翼には学生運動なんてできないんです。これも結構人様にご迷惑をおかけする行為ですから。内ゲバなんてとんでもない、あーおっかない、ですよ。
 でも、人間が生きていくということは人様にご迷惑をかけることです。社会に出れば丁々発止で他人と渡り合わなければなりません。だからこの世代の左翼は就職してしばらく経つと左翼の理屈をあっさりと捨ててしまいます。現実の方が断然真実であり迫力があり、かつ面白いですから。そんなわけで坂さんの仰るような本物の日本型左翼は、後継者という点でもすでに絶望的なのではないでしょうか。
 こだわりますが“毒餃子”。いいニュースが続きますね。左翼の皆さん、中国様の品性というものがおわかりになりましたかな?

投稿: ddzggcd | 2008/02/16 08:58

>左翼やリベラリスト達の行動の先にある目的は?<

うまく行けば、自分が日本の権力者になれる
うまく行かなくても、お山の大将になって毎日騒いでおれる

菅や福島等をみてても思うのですが、今時珍しい利己的な権力亡者というだけのことではないでしょうか

投稿: SS | 2008/02/16 09:03

民主党の憲法提言では、積極的に憲法を改定して、天皇制を廃止し、日本国の解体をしようとしているように見えますが、いかがでしょうか?
また、自民党などの議員に接触し、工作して勢力を伸ばそうとしているように見えますが、いかがでしょうか?

投稿: とおる | 2008/02/16 11:00

知らない事が多くて、お恥ずかしい限りです。
大変勉強になりあり難く思います。

投稿: マッキー | 2008/02/16 12:52

日本の左翼、戦前の左翼と戦後の左翼「質」が違いますので困ります。戦前・戦後の一時は「共産主義」が国家転覆を目標に一目散に暴力・思想を通じて狂信的とも思える態度で来ましたので対応は簡単、多少の弾圧をしても明治以降の日本人教育を受けた年代が多く居ましたので大きな抵抗を受ける問題ではありませんでした。

戦後は日本自体が取締りが出来ない、アメリカは未だ共産思想の危険性を認識していない中で変なアメリカ文化と自由と言う非自由な思想を持ち込み日本人をかく乱、その間に共産党が第三国人の力を利用して暴力・ストを学生を巻き込んで始め、高校に迄手を伸ばして来ていました。
その後は暴力が外部に向かわず内ゲバ・外国での日本赤軍などで真の左翼の存在は無くなっと思います。

その後は民主主義?議会で「与党」に反対する勢力が左翼、政府のやる事に不満を表現するサヨク、身体を張る右翼も左翼もなくなり、平和な中での自己中右翼・左翼、身体を張っての運動などは出来なくなり「反日」で表現するしか方法が無くなった哀れな衆と成り果てました、未だ気が付かずに「自慰活動」をしてテレビで顔を売る為の努力をしている人も「阿呆」としか国民に見られる様になり果てました。

黄昏の左翼さようなら・・・遅きに失したのでしょうが日本人が左翼幻想から解放されて来た半面日本人と言う感覚を無くして来ているのが増加している、これも問題です。
ホントに国会でも愛国の右翼と左翼が議論するのが理想なんですが現状からは難しい、20問ほど設問を出し「反対派」と「賛成派」と単純に分けて新党で出直して欲しいですよ。
マトモに議論と言っても堪えられない議員さんも大勢居ますので「設問」作ったやらなきゃしょうが有りません。

投稿: 猪 | 2008/02/16 13:07

日本と韓国を結ぶトンネル計画に反対してるのは共産党のみ。

共産党以外は、全部売国奴だな。

投稿: あげ | 2008/02/16 13:25

「過去の恨み」や「劣等感」が原動力となって、左翼(反日)活動に身を投じる方々も明らかにいらっしゃいますね。
在日朝鮮人や被差別部落出身の方々の中にそういう人がいらっしゃいますし、若い頃男性に蹂躙された事を恨んで、フェミニスト活動をされている方もいらっしゃいます。
個人的な「恨み」を晴らす為の手段としての「左翼活動」ですから、落しどころはありませんし、個人的な「恨み」が解消するまで続く事でしょう。

このケースが一番恐ろしいと感じます。

左翼であれ右翼であれ、精神的に健康な方となら、互いに尊敬しあう事もできるでしょうが、「復讐」の鬼とは同じ目線で語り合う事ができません。
デスマッチになってしまいます。
「手打ち」という発想はないのでしょうか?

投稿: この恨みを晴らさでおくべきか? | 2008/02/16 14:32

 >共産党以外は全部売国奴

 「悪魔の飽食」なんて便所の落書き本の出版に手を貸しておいて「以外は」なんて言い逃れは出来ないよ。
 「日韓トンネル計画に反対以外のところで」共産党も立派な売国奴に成り下がってるよ(棒読み)。

投稿: KY | 2008/02/16 15:07

坂さんの解説は、わかりやすくて勉強になります。特定国(ろしや、しな、ちょうせん等)の支援を受けている左翼陣営は日本の為に動くことはありませんね。国民も気付き始めてます。左翼は早く消えてほしいな。

投稿: ヤマト | 2008/02/16 21:33

確かに日本の左翼は衰退しましたが、彼らは反日と言う共通の思想を持つ在日朝鮮人や中国人と共闘するようになってますよ。。。
日本人左翼勢力は衰退したと言えども、反日勢力は衰えてはいないと思います。

投稿: む | 2008/02/17 14:58

坂様、はじめまして。
私は長い間、今にして思えば御他聞に漏れず左翼的感覚でした。ハタ、と気がついてブログ巡りをしている間に気がつくことがそれはそれは沢山ありました。

ブログは毎日見ていると流れも判って勉強になるのですが、私の様な憂国初心者が「気づきの初期段階」で現在の日本に対する「複雑に絡まった蜘蛛の糸の様な疑問」を次から次へと気づかせてもらえる「まとめサイト」の様なものがあれば、といつも思いながら、アッチコッチとブログ巡りをし情報収集をしています。

しかしこれも結構時間と根気が要ります。先輩のみなさんはその努力こそが自分で気づく為に重要と仰ると思いますが、一般的に相当政治等に関心がなければなかなか難しいのではないかと思います。
たまたま今回毒ギョーザ事件により、それまで関心の無かった方からも気づく方が増えるかもしれませんが。

坂様のこの情報の中の「欧米のリベラルとの違い」については、私が頭の中で整理出来ていなかった内容でスッキリしました。
こういった内容の情報を、検索で直ぐに探せる様な「独立したもの・項目」となれば、もっと「気づく日本人」が増え「日本の置かれている状況をもっと考える日本人」が増える速度も速いのではないかと思います。

今もって「危険な日本の状況に気がつかない」人々は、同時にネットで情報を探すのが面倒って方も多いのではないでしょうか。より早いペースで日本人の自国に対する危機意識に浸透するために、坂様のこういった情報に触れる機会があれば、と思います。(まとまりない感想ですみません)

投稿: 初心者 | 2008/02/17 19:05

今回、この記事を拝見させて頂くに、一つ提案があります。所謂、それはカテゴライズによる単純化なのですが、従来の「右派・左派」、「保守・急進」といった用語では、状況を鑑みるに、もはや説明に用いるに足りない気がするからです。
また他に「売国奴」や「非国民」といった言葉も、現在では一種主観要件が成立し、感情面での側面も強く、適用の範囲も広範に見え、訴えるに不完全な用語のように思えます。


まず提案としては、現在の「保守・急進」、若しくは「右派・左派」というのを「愛国派・棄国派」に分けます。

○「愛国派」は「愛国保守(または右派)・愛国急進(または左派)」に分ける事が出来ます。
この場合、「自らの(日本)国のために」といった客観的事実が必要要件です。

○「棄国派」は「棄国保守(または右派)・棄国急進(または左派)」に分けます。
この場合の要件としては、「第三国のために」といった客観的事実が見出せる場合に用います。

このようにカテゴライズし、単純化するだけでも大分、これまで論述が理解しやすくなると思うのですが、如何でしょうか?

投稿: ダブルウィング | 2008/02/19 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/40134472

この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏の日本左翼 さようなら(再):

» 民主党・親北朝鮮議連発足 [ネトウヨのブログ]
 民主党で事実上、親北朝鮮議連が発足しました。  まずは共同通信より転電です。 引用元:共同通信 --------------------------------------------------------------------------- --------------------------------------------------------------------------- 民主に北朝鮮問題で新議連 交流進め国交正常化促す  民主党の有志議員15人が、北朝鮮と... [続きを読む]

受信: 2008/02/16 17:18

« 「成年年齢引き下げ」は妥当か? | トップページ | 115人が死亡、200人余りが重体 »