« ついに“クビ” 根津公子教諭 | トップページ | 根津教諭は“クビ”じゃなかった! »

2008/03/30

導火線に自ら火をつけた福田首相

このバナーは、2008年8月7日まで常にトップに表示されます。ボイコットに賛成の方はこちらまで。Bandeau_gb
       中国はジャーナリストにとって世界最大の監獄   国境なき記者団

今、永田町では「福田内閣4月危機説」が現実味を持ってささやかれている。

中国毒ギョーザ事件、イージス艦衝突事件、チベット問題、日銀総裁選任問題、道路特定財源の延長問題―福田康夫首相は、いずれも主体性に欠ける対応に終始し、世論の支持は急落、野党のみならず与党からも強い批判を浴びている。

毒ギョーザ事件については、中国当局が自国での毒物混入を否定した2月28日、福田首相は「中国は非常に前向きだ。原因をしっかりと調査し、責任をはっきりさせたいという気持ちは十分に持っていると思う」と語った。
この発言は、国民感情から乖離しているばかりか、警察庁長官や閣僚である国家公安委員長からも反発を食らうという有様だった。

イージス艦の衝突事件についても、トップとしての責任ある言動はなく、石破防衛相に対応を任せきり。で、どうにもならなくなって、最後は自らが遺族宅を訪問するという苦し紛れのパフォーマンスで何とかしのいだ。

チベット騒乱に関する日本の対応については、首相は「早期に、かつ平和裏に問題が沈静化することを強く期待する」と表明し、中国政府とダライ・ラマ14世の直接対話を「歓迎する」との立場を示した。
が、中国政府の弾圧を直接的に批判する発言はなし。
これに対し、超党派の「チベット問題を考える議員連盟」(代表・枝野幸男元民主党政調会長)は3月19日、「状況が悪化するなら、胡主席の訪日を到底歓迎できない状況になりかねない」との声明を発表した。
それでも首相は、3月29日のインタビューで、中国でのチベット騒乱と北京五輪を結びつけることに否定的な見方を示した。

日銀総裁人事をめぐる一連の事態は、もう「迷走」としか言いようのないものだった。首相は、民主党の雰囲気を読み切れず、3連発で人事案をけられた。
結果、「戦後初めて日銀総裁の空白を招いた首相」という不名誉な名声を得た。
で、首相は武藤敏郎・前副総裁を推した理由を、「民主党の重鎮が『武藤で結構だ。党4役は責任を持って説得する』と言った」と弁明。
何と責任を「民主党の重鎮」にかぶせるという醜態をさらした。

道路特定財源に関しては、何ら新味のない延長案を提示して民主党に一蹴される。と、日ごろは「慎重居士」の首相、何を思ったか、3月27日午後に緊急記者会見を開き、「平成21年度から道路特定財源を一般財源にする」と表明。
この新提案、与党にも根回しなし。まさに小泉元首相も「びっくり」の独断だったが、暫定税率廃止を主張する民主党はあっさり拒否。「寝耳に水」だった自民党内からも「殿、ご乱心」と猛反発する声が噴出。
もはや政権末期の様相なのだ。

産経新聞によると、自民党のベテラン議員はこう突き放したという。
「確かに小泉氏が郵政民営化など党内抵抗勢力との対決構図を利用して、政権浮揚につなげてきた。しかし、同じことをしようとしても、信念のある小泉氏と何も信念のない福田首相とでは迫力が違う。また、小泉氏の場合、幹事長にイエスマンの武部勤氏を起用するなど、すくなくとも党執行部は味方にしていた。対して福田首相は執行部を敵に回した形で、これでは政権はもたない」
で、産経は「福田首相は政権爆破の導火線に自ら火をつけてしまったようだ」と書いた。

この道路特定財源の延長問題に関しては、首相は4月末以降に憲法の規定による衆院再議決で暫定税率維持を含んだ歳入関連法案を成立させるという、強行突破路線を考えているらしい。
が、それまでこの政権が持つのかどうかさえ疑わしい状況になってきた。

それでも福田首相は意気軒昂らしい。
讀賣新聞によれば、3月12日夜の報道関係者との会食の席で、「種まき、色々な仕掛けがようやく終わった。半年後、1年後を見てくれれば、『福田はやったな』ということが全部分かる」と胸を張ったそうだ。
讀賣は―首相は消費者行政、環境、社会保障、公文書管理などのテーマで次々に有識者会議を設置し、政策づくりを懸命に進めている。7月の洞爺湖サミット(主要国首脳会議)も成功させ、政権浮揚につなげるというのが首相の戦略だ。
しかし、与党内では、「『半年後、1年後』に成果をあげると言うが、政権が持つのか」との見方が出ている―と書いている。

福田首相擁立に動いた読売新聞の世論調査でさえ、発足時に60%近かった内閣支持率は、3月には33.9%にまで低下している。
やはり「道を歩いていて財布を拾ったようなもの」(首相経験者の一人)という福田首相の限界が、わずか半年で現実のものとして露呈されたということだ。

首相になる心構えも、政治家としての確たる信念もなく、そして戦うことなく神輿として担ぎ上げられただけの総理大臣。
この人物を圧倒的多数で総理総裁に選出した自民党の政治家たちの罪は重い。おかげで国民は限りなく不幸である。

一方、野党第一党の党首は衆院本会議にさえ満足に出席せず、裏で策謀をめぐらす前時代的政治家である。今や党内の求心力はほとんどない。
内外に難問が山積している中、今にも自爆しそうな首相と国民の支持も党内求心力もない野党第一党の党首が日本の政治を仕切る立場にいる。このような状況を放置していては、我々日本国民の民度が疑われる。

今のまま状況が推移すると、遠からず自民党総裁選という事態になりそうだ。で、そのあとは衆院総選挙。
今度こそ、真に国益を重視し、強い指導力と政治的信念・理想を持ったリーダーの出現を望む。

自民党も民主党も解党して出直せ!!!

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。

|

« ついに“クビ” 根津公子教諭 | トップページ | 根津教諭は“クビ”じゃなかった! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

ノムヒョンを笑えなくなってきたな。
まあ、韓国と違って国民が直接投票で選んだわけじゃないけど、
結果として国のトップにこんなレベルのが就いてしまったという意味では。

投稿: 兎々 | 2008/03/30 19:02

坂さん、こんばんは。
まさしく仰る通りでこの「のび太君」は「指導力」は全くありません。このままでは中国に舐められるだけであります。とにかく一刻も早く退陣してもらわないと我が国の国益が守れません。
またこちらにリンクさせて頂きます。
http://blog.goo.ne.jp/sakuragaokanogen/e/43698eaf26784c53d1b675aa9d2aea5c

投稿: ヨン様 | 2008/03/30 19:25

 しばらくお休みが続きましたが、昨日・今日と更新が続きほっとしました。体調管理にくれぐれもお気をつけください。
 ところで、今日本の首相の座にいる人を党の総裁に選んだ自民党議員はどう自民党支持者に申し開きをするでしょうか。なんの主張も展望も理念も示さず、国民はアウトオブ眼中のコメントしかださず、しかし媚中だけは忘れない。
 また、マスコミは前総理に対して行ったようなバッシングは行わない。こうまであからさまですと、日本は乗っ取られている途中なのは間違いないと思ってしまいます。 
 自民党HPの意見欄に、ネットの中では「ウータン福田」とか「福田チンパン」とか「あのふふふ」とか言われてて総理としての信用はないこと、今の総理のままでは本来の自民支持者の中からさえ支持がなくなっていくというような内容をメールしてみましたが、上部役員に伝わったかどうか。この意見がどのように扱われるのか、部外者に見られる事もあるのかもあわせて問い合わせたのですが、案の定、定型の「意見ありがとう~参考にするからこれからも意見ちょうだいねーーー(もちろん言葉はちがってもうすこし上品でしたが)。」だけでした。受け取ったよということはわかるけど、、、ま、返事がきたということでよかった事にするかな。
 しかし、このような意見を出す人が増えると影響力も違ってくるのではないかと思い、選挙の時だけではなくいろいろ感じた時にメールだすことにします。
 これからも、ブログ主様のお考えを興味深く読ませていただきますので、ぜひぜひ更新をお続けくださるようお願いします。
 そうそう、前回のエントリーで取り上げてた根津さんだったら「日本の国旗、日本の国歌を儀式の場で掲揚・斉唱に反対なのか、それとも儀式の場で国旗や国歌を掲揚・斉唱するということに反対なのか。」を聞いてみたいです。彼女らの本音は義勇軍行進曲等の中共や朝鮮韓国の歌だったら喜んで歌わせたいのではないかと思うのですが。

投稿: コンパス | 2008/03/30 20:11

うーん。『会食の席で、「種まき、色々な仕掛けがようやく終わった」』?。おかしなものでも食べているんでしょうか。もうまともな頭とも思えないような。確かに中国様の為になら「種まきも仕掛け」も終っていると言えるのかもしれませんね。毒入り餃子問題もチベット紛争問題も総理自身は中国様寄りの答えの出し方ですし。飼い主に誉めてもらっているんでしょうかね。
大体種を蒔いても水をやりすぎると根が腐るのですが中国様も随分腐り始めているようですが福田総理には見えないのでしょうか。夏休みが終ったら宿題の朝顔も枯れてたりとか。

今迄の福田総理の失態・怠慢・無責任政治で何とか政界再編に繋がってくれれば腐った総理の将来の価値も上がるのではないでしょうか。毒食らわば皿まで。ダメ総理のダメ政治でどうぞ国民の目が覚めて正しい政界再編に繋がって下さいます様に!。

投稿: 大阪は今日も雨 | 2008/03/30 20:16

GW明けにコキントウが来日する予定になってるようですが、本当に勘弁して欲しい。
最悪でも、天皇陛下に会わせることだけは止めて欲しい。
コキントウは池田大作と会ってりゃ、それでいいんだよ。

投稿: toshi | 2008/03/30 21:25

「半年後、1年後を見てくれれば、『福田はやったな』ということが全部分かる」というのは
ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪ではなく、てめぇやりやがったな!的な「やったな」に読めてしまいますね

投稿: 恐らく | 2008/03/30 23:03

 お久しぶりでコメントします。福田政権が短命で終わるとしたら、日本人にとっては朗報ですね。具体的には、中川さんはまだ早いから麻生さんで衆議院選挙を戦うことになるんでしょうか。ミンスも小沢民ではダメでしょうね。前原君もちょっと頼りないけど、今までのミンスの指導部では一番まともだと思います。

投稿: のらりひょん | 2008/03/31 00:16

ギョウザ事件でのフフン♪福田の発言は呆れるばかりだった。
この発言でこれ以上首相にしていてはいけないと思ったぞ。
支那に対して何も言わない?いや言えない。
弱みでも握られているのか? 金か?それとも女か?
何れにせよ、この男をコキントウと会わせてはいけない。
変な約束をしてしまうと将来に禍根を残してしまう。
予算が成立したら一刻も早く辞めろ!!

投稿: 青雲大空 | 2008/03/31 00:57

管理人さま、年度末の多忙な時期に、素晴らしい記事をありがとうございます。さて昨年9月に多くのブログで流れた噂です。

「8月27日の組閣の日、日本テレビの氏家氏が読売新聞の渡邉恒雄、森喜朗、中川秀直、山崎拓らを集めました。そして次の総理に福田を推すか否かという相談をしました。場所は、汐留の日本テレビ30階の議長室で、その階は日本テレビ氏家天皇の権力の象徴といわれています。氏家は、そんな場所に渡邉恒雄と政治家を集め、自分の力を誇示したのです。」と氏家氏の秘書が言ったとか....。

 マスコミの誘導で、一夜にして麻生氏から福田氏に総理がの風が変ったのは今でも覚えています。読売一千万部の力で靖国神社を参拝する総理候補を倒す、という怪老人の言葉と共に。さらに噂では、福田氏の次の総理には谷垣氏を推すと同じメンバーが決めたというのもあります。自民党議員は議員を続けるのが何より大事であると思いますが、率直に言って若者に受けない谷垣氏を押すとなれば、惨敗は目に見えています。

 麻生氏の登場は、早いかもしれません。またマスコミに妨害されて総理になれないかもしれません。そして安倍前総理のように朝日新聞から狂気的な悪意を持って攻撃されるかもしれません。それでも次期総理には麻生氏以外、思いつきません。そして「老害」を絵に描いたようなマスコミ界の癌は引退していただきたい。かって老舗デパートの三越は役員会でワンマン会長を切りました。日本テレビ、読売新聞の役員も勇気を持っていただきたいと思います。日本国の危機到来と時代の要請を感じられるとすれば....。

投稿: 普通の国民 | 2008/03/31 01:00

「半年後、1年後を見てくれれば、『福田はやったな』ということが全部分かる」


勘弁してください。明日にでも辞めて欲しい。
4月1日に政権放り出しても責めません。
エイプリルフールとも思いません。

むしろ歓迎します。

投稿: t | 2008/03/31 01:02

「刑法39条、心神喪失はこれを罰せず、心神耗弱は刑を軽減すとなってます。これを人権派の弁護士が最大に使ってね、どんどんどんどん無罪になってるわけですよ。2006年の数字を申しますとね、心神喪失・耗弱で無罪がね、5件、不起訴が540件なんです。これに似たようなことをやってもね不起訴になっちゃうんです。で、刑事責任が無いとなると厚生労働省の所管になっちゃうんです、もう警察は手を出しちゃいけない。そうすると精神衛生保険法24条ってのでね、強制収用することになってんの。これがね、ちょっと入って鎮静剤打つと「直りました、はい」つって放してくるからね、誰も監視してない。これで再犯。このねー、やはり刑法39条の運用をね、裁判官、検察官、警察が合議をしてね、むこう5年間適応をなるべき控えると、厳しくやるということをやらないと続発すると思います。」(http://ameblo.jp/kyouikusituke/entry-10084013017.html)

投稿: かず | 2008/03/31 01:22

「種を撒いた」発言、本人真面目なんでしょうね、撒く土壌が空気みたいな処に放り出して実ると考えているのも不思議な人ですね。
「撒かれた」尖閣・餃子の刈り入れ?方法も方針も無い中で、この人の考えている事が判らない、問題の中味も審議されていないのにペコペコ頭だけは「カラクリ人形」の様に下げるだけ、何をしたいのかが判らない人、評価をするにもしようがないのが~困りましたね。

投稿: 猪 | 2008/03/31 11:40

やはり暴動は共産党軍がチベット僧に化けて演出したことだった。
写真付きでネタばれしました。

http://buddhism.kalachakranet.org/chinese-orchestrating-riots-tibet.htm


しかし
よく演りますナァ。
今の時代壁に耳ありどころじゃないって未だにわからないのですネェ。

投稿: 佐衛門 | 2008/03/31 15:38

久しぶりにコメントさせて頂きます。
「種を撒いた???」何の種?????シナ中共さまのための種まきですか?
 福田って、痴呆症なのでは?? 本当に。
 とにかく、この親子二代の売国奴には一日も早く辞めてほしい。国益よりもまずシナとの友好、いえ友好ではなくて
単なる「朝貢」が大事。福田以外の売国大臣もみんな消えてなくなってほしい。ガス田、尖閣、餃子、チベット・・・
シナの宦官と化した議員は一体そこまでしてシナに忠誠を誓うのだろう?彼らは用済みになったらゴミ同然に捨てられるだけのはず。正気の沙汰とは思えません。そして、この半年間が悪夢だったと、笑えるような国になってほしいと願うばかりです。
 一日も早く、シナだろうがどこだろうが毅然とした態度を
とれる人に総理として、日本を任せたいものです。

投稿: Tsubaki | 2008/03/31 15:42

福田に批判的な意見ばかりが目立ちますが、実際に計算ずくでやっていることだと思うのですが・・・
どうでしょうか? 
理由の一つをあげるのであれば、日銀総裁を“故意”に決めないのはドルをこれ以上支えられないとの静かな日本の意思表示です。 そろそろ親離れしますよ、と遠まわしに言っているのだ思うのですが。

なにか大きな意図がある、そう思いたいです。

投稿: ひまわり | 2008/03/31 16:43

ひまわりさんlibra

わたしもそんな風に思えます。

このさき、いろいろと楽しみです。

この味をかみしめたいと思います。

投稿: sakura | 2008/04/01 19:33

「半年後、1年後を見てくれれば、『福田はやったな』ということが全部分かる」と言った時点で、彼は策士ではないですね。
何も言わないのが策士、古今東西不変の原理ですよ。

投稿: 縄文人 | 2008/04/02 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/40689654

この記事へのトラックバック一覧です: 導火線に自ら火をつけた福田首相:

» 中国のジャーナリスト拘禁に「抗議広告を」- 世界新聞協会 [草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN]
伊勢雅臣氏の「国際派日本人の情報ファイル」を転送します。 世界新聞協会:中国のジャーナリスト拘禁に「抗議広告を」 ... [続きを読む]

受信: 2008/03/31 19:14

» 毒ギョーザに抗議するエプロンデモ [毒ギョーザに抗議するエプロンデモ]
表題のデモを、4月26日に行ないます。 チベット問題、オリンピック問題等々、中国に関する問題については、憤懣やるかたなく、先日も、チャンネル桜、草莽全国地方議員の会等が主催された「チベット人の独立・自由を支援する緊急抗議行動」に参加させて頂きましたが、今後も各方面で、抗議集会や行動も企画されているようです。 その中で私共が、特に毒入りギョーザ問題について抗議するデモを企画しましたのは、子供や家族の健康を守る立場の、私達主婦にとっては、この問題が身近な食と命に関係することだからです。 中... [続きを読む]

受信: 2008/03/31 21:51

» 真保守研究会の趣意書 [海岸にて]
福田政権にいよいよ愛想をつかし(もともと民主党はとんでもないと思っている)、では、この先どうなればよ [続きを読む]

受信: 2008/05/18 14:51

» 真・保守政策研究会の趣意書 [海岸にて]
福田政権にいよいよ愛想をつかし(もともと民主党はとんでもないと思っている)、では、この先どうなればよ [続きを読む]

受信: 2008/05/18 14:55

« ついに“クビ” 根津公子教諭 | トップページ | 根津教諭は“クビ”じゃなかった! »