« 馬英九は盧武鉉とは違う、と思いたい | トップページ | 民主党って変な政治家が多いね »

2008/08/29

思うままに書いてみます。

みなさん、ご無沙汰しております。
お変わりありませんか?
私は元気、と言いたいところですが、とにかく忙しくて、少々疲れ気味です。
おかげでブログの更新も滞っておりますが、讀賣新聞の―[時代の証言者]検察・松尾邦弘―というインタビュー記事を読んで少々感じるところがあったので、思うままに書いてみます。

松尾邦弘氏は2代前の検事総長で、インタビューの中で連合赤軍事件(1972年)や三菱重工ビル爆破事件(1974年)を回想していました。
松尾氏は、
―連合赤軍事件というのは、55年体制下で起きた様々な運動が日本の経済的発展とともに全体的に縮小していく過程で、一部の過激思想が先鋭化した結果、生じたものと考えています。思想的にも人間的にも未発達な若者が、過激な理論で武装した気になって、自滅していった―
と分析し、三菱重工ビル爆破事件については、
―連合赤軍の自滅以降、さらに少数・先鋭化した過激なグループが、爆弾という異常な手段で社会に向き合った連続企業爆破は、闘争の時代に終わりを告げる事件だったと思います―
と捉えています。

そのとおりかもしれませんね、今ふり返れば。
当時は、社会主義や共産主義という言葉が、まだ輝きを失っていなかったし、社会全体も高度成長の真っ只中とはいえ、今と比較すればはるかに貧しかった。
理不尽な差別も多かったですね。たとえば、女性は結婚したら退職するのが当たり前、「寿退社」とか「花嫁修業」なんて言葉もまだ生きていました。結婚しないと「行かず後家」とか「オールドミス」と陰口をたたかれる。
当時は、論壇も「左翼にあらずんば知識人にあらず」という雰囲気でしたし、政冷指定都市の市長や主要な都道府県の知事は、そのほとんどが社会党(現・社民党)と共産党の共同推薦でした。
それだけ、都市部や知識層に左翼平等思想がはびこっていた、ということです。
このような時代背景の中で、「思想的にも人間的にも未発達な若者が、過激な理論で武装した気」になったのも無理はありません。
が、時代は急速に変化します。

それは、日本という国、社会が未曾有の繁栄を迎えたからです。国民は脱イデオロギーの傾向が著しくなり、政治的には無党派層が激増しました。
そして左翼は凋落。
その後、時代は情報化時代を迎え、体制的に行き詰まりを見せていた共産主義陣営が、西側の繁栄ぶりを知った民衆の反乱によって崩壊。これが左翼の衰退にダメを押しました。
70年代まで、まるで「天国」のように吹聴されていた中国(中共)や北朝鮮のあまりにもひどい実態が明らかにされたのも左翼熱を冷ますのに効果大だったようです。

私が左翼に完全に訣別したのもこのころですね。
あの成田空港(三里塚)から米国に飛び立った時は、なんとも言いようのない複雑な気分でした。あれだけ激しく反対し、数多くの犠牲者を出した成田に当時の面影はなく、私自身も当時からすれば考えられない立場に位置している。
ほんとうに遠くなった、もう昔の話だ、そう体感したのです。

私は、このころ、「これからの世界は平和になる」と本気で思っていました。冷戦が終わり、イデオロギーの不毛な対立が戦争を招くことはもうない。
ところが、これがとんだ思い違い。
共産主義陣営の崩壊と米国の一極支配の下(もと)、民族主義と宗教原理主義が台頭してきたのです。
アラブを中心とするイスラム諸国の民は、自らの貧困を米国とイスラエルのせいにします。旧ソ連圏では民族主義が激しい紛争を勃発させています。ロシアと中国も、体制の求心力を維持するために民族主義と愛国心を煽り、拡張主義的姿勢を隠そうともしません。
米国中心、あるいはドル中心のグローバリズムは、自国内も含めて世界中に格差を
ばらまいています。マネーがマネーを生む金融資本主義は「勤勉」という価値を破壊し、国家間、民族間、そして階層間の緊張を高めています。そして、唯一の超大国である米国内では、「キリスト教右派」というより「狂信的原理主義」が台頭。
つまり、共産主義陣営の崩壊=冷戦の終結はパンドラの箱を開けたのです。そして、米国の傲慢とキリスト教原理主義がそれに油を注いでいます。

確かに日本の左翼は衰退しました。ほとんどの人が「共産主義が正しい」などとは思わないでしょう。ましてや過激派に共鳴する人など、まずいない。
が、この日本という国、“奇妙な平和主義”に侵されたままの人がけっこういるんですね、未だに。いわゆる「憲法第9条を世界遺産に」などと寝ぼけたことを言っている人たちです。

世界の、とりわけ東アジアのパワーバランスを見れば、鼻持ちならないほど傲慢でも、やはり米国というパートナーは欠かせません。が、それ以上に必要なのは「自分の身は自分で守る」という気概とその体制です。
これは、右とか左の問題ではなく、現実世界を冷静に見れば当たり前のことです。一衣帯水に位置する国が、大陸間弾道弾(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を保有し、東シナ海や南シナ海の内海化を狙っている。台湾の武力解放もあきらめていない。にもかかわらず、こちらは「自衛隊は軍隊ではない」「集団的自衛権は有しているが行使はできない」などと理解不能なことを言っている。
これは「世界の非常識」です。
なぜわが国だけがこんなに非常識なのか?
それは、左翼は衰退したとはいえ、“奇妙な平和主義”、つまり「軍隊は悪」「すべての戦争が悪」という、戦後、長きにわたって行なわれてきた“刷り込み”を払拭できていないんですね。
1974年の西沙(パラセル)諸島への軍事侵攻、1979年の“懲罰”と称して行なわれた中越戦争、1992年の一方的な南沙(スプラトリー)諸島の領有宣言と一部の島々の実力占拠―これらを見れば、もしわが国に自衛隊がなければ、あるいは日米同盟がなければ尖閣諸島は今ごろは中国が実効支配していると見て間違いありません。

やはり集団的自衛権の行使を認め、自衛隊を「国防軍」として明確に位置づけるべきです。
今の中国は、かつてのナチスにそっくりです。北京五輪を見て、その感をさらに強くしました。まさに国威発揚のための大会。中華民族の優越性と中国の偉大さを世界中に意識させる。そしてチベット族やウイグル族、法輪功、あるいは民主活動家は抹殺する。
中国の今の行動原理は「国家が生存・発展するために必要な資源を支配下に収めることは、成長する国家の正当な権利である」というものです。こんな国と友好なんてありえません。
が、しかし、敵対する必要もありません。要は「警戒を怠るな」ということです。

世界が民族主義に傾いているからといって、わが国内で必要以上に民族意識を煽るのは危険だと思っています。が、最低限、国旗や国歌には尊敬の念を抱くべきだし、日本という国と日本国民であることに誇りを持ってほしいですね。そして、「自分の国は自分で守る」という気概を示す。
それから、米国との同盟関係は重要ですが、なんでも「Yes」はまずいですね。集団的自衛権の行使を認めたからといって、イラク戦争という「大義なき戦い」に付き合う必要はありません。
経済も同じ。マネーがマネーを生む米国式金融資本主義を真似る必要はありません。日本人が持つ勤勉性、額に汗して働くことを美徳とする日本人の良さは守っていかなければなりません。
グローバリゼーションは時代の流れですが、日本社会には相互扶助、助け合いの精神がまだ生きています。競争も大事ですが、優勝劣敗は日本人及び日本社会には向いていません。グローバリゼーションに適合しながらも自国のローカルな価値観、日本人及び日本国の基本的な部分は譲らない―ここが肝要だと思います。

なんとなく、まとまりのない文章になりましたが、言いたいことは「共産主義も破綻したが、資本主義もこのままでは破綻する」ということ。
カネと競争がすべてでは滅びますよ人類は。価値の源泉は人間ので、カネなんてその交換手段にすぎないのですから。
21世紀になって小林多喜二の蟹工船がブームを呼び、減り続けていた共産党員が増加に転じたなんて「悪い冗談」にしなければなりません。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

|

« 馬英九は盧武鉉とは違う、と思いたい | トップページ | 民主党って変な政治家が多いね »

個人」カテゴリの記事

コメント

小泉竹中時代の翼賛ぷり、格差社会論議への冷淡さから、てっきり新自由主義万歳派なのかと思っていましたが、少しは認識を改めるようになったのでしょうか。またの更新期待してます。

投稿: 忘却の彼方 | 2008/08/30 08:41

>奇妙な平和主義

日本人は、「身を守る」ということについて、無防備すぎると思います。子供たちが犠牲になると、学校は「命の大切さについて改めて話をした」と言うのが常ですが、問題は、自分が命の大切さを知っていても、「自分の命を大切にしてくれない相手」(虐待する親、犯罪者、いじめる相手)に対してどう身を守るかということだと思います。

丸腰になったら(憲法9条があれば)、相手は攻めてこないという発想は、こちらが命の大切さを知っていれば、相手も考えてくれる、というのにちょっと似ているように思います。

投稿: ゆみこ | 2008/08/30 11:46

loveletterよかった。
いつまでも有ると思うな、ブログの命。と、言いますか・・・
エントリーが遠のくと、それを危惧してしまいます。

私は、東京裁判のサイトから「アジアの真実」「依存症の独り言」へと入り込み、数多くの政治ブログを拝読し、そして、真日本人に成った。
それは、忘れない。

板眞様、感謝いたします。知と心。ありがとうございます。

投稿: こひろ | 2008/08/30 18:26

おぉ!お久しぶりです!!嬉しいです。

三菱重工爆破事件…あれでうちの父は殺されかけました。

とんでもない連中じゃ!!(怒)。

私はあのころ子供でしたが、それでも世間が何やらとても「ザワザワと騒がしい」と感じていたのを覚えています。

が、あの頃はまだ戦中派の人もご健在であり、戦争に関してはかなりリアルな意見も聞こえてきたように思います。ここが左翼全盛と相まって不思議な雰囲気だったと思うのですが…。

今のように戦後世代が大半となり、戦争が妙に観念的になってはいなかったような気がするのです。

狂信的な平和主義も九条信者も最近の方がむしろ頑固で手ごわいような気がしています。ただ若い世代を中心にこの傾向は薄れているとも思うのですが。

ともあれお忙しいのは何よりです(笑)。またじっくりエントリー読み直しますのでこれからもお体にお気をつけて頑張ってください。

左翼はまだまだ死なず、一見リベラルと思われる活動家の中に残っています。気をつけましょう。

投稿: おれんじ | 2008/08/30 23:36

板真さん、こんにちは。
毎回貴方のエントリー、拝見していたものです。
最近、久しくエントリーがなくてさびしく思っていたんですが、久しぶりのエントリー、簡潔的確に日本の歩みと今後の日本の針路を指し示していて、さすがと感心したしだいです。
ところで、一昨日の新聞ネット情報で中国と台湾の両岸委員会のトップ同士が日本の尖閣列島での資源の共同開発で合意した旨の記事が載っていました。
尖閣列島の領有権を主張している国民党と中国の共同戦線は日本にとって大変な脅威ですね。
中国は台湾の主張を味方にするという老獪な戦術を駆使して列島の領有を既成事実化していく積もりでしょう。
何とかして日本の世論に中国台湾の横暴の非を鳴らし尖閣諸島を守らなければなりません。
おそらくこの情報は政府に届いているかどうか分かりませんが、届いていても例のごとく危機意識ゼロでしょうから、何とかして、真性保守の方々にお互い連絡して尖閣諸島死守の大キャンペーンを張らなくてはなりません。
お互いこれからのグローバリゼションの大激動期を日本の歴史・伝統・文化を核に主体的に乗り切っていきましょう。

投稿: 志士 | 2008/08/31 05:42

成田闘争の犠牲者は今だって増え続けてると言っても良いんでないかな。
千葉県の交通事故件数が常に全国でワースト付近にいる原因の1つがあいつらのテロ活動だと私は思っています。
千葉県には狭くて曲がりくねった危険な道路がたくさんあります。
成田闘争のせいで千葉県の道路用地収用もストップしました。
テロで20年道路整備が遅れた結果が、千葉県の現在の交通事故状況です。

投稿: まこ | 2008/08/31 19:58

>マネーがマネーを生む米国式金融資本主義を真似る必要はありません。日本人が持つ勤勉性、額に汗して働くことを美徳とする日本人の良さは守っていかなければなりません。
>グローバリゼーションは時代の流れですが、日本社会には相互扶助、助け合いの精神がまだ生きています。競争も大事ですが、優勝劣敗は日本人及び日本社会には向いていません。グローバリゼーションに適合しながらも自国のローカルな価値観、日本人及び日本国の基本的な部分は譲らない―ここが肝要だと思います。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1086712.html

ここの米欄に、「日本人化」した外国人(多分アメリカンが最多と思われる)の「どうして日本人化したのか」という問いに対する答えがありますが、エントリー記事の上記の部分と共通する要素が多々みられます。

逆に言えば、そういう日本的要素を失ってしまったときこそ、世界中の人々から日本はそっぽを向かれてしまうのではないかと危惧します。

投稿: のらくろ | 2008/09/01 00:06

再掲載、嬉しいです!

私は新自由主義には反対の立場です。

情緒を損なっても儲ければ良い、
というスタンスは、日本人には全く合っていません。

でも、なかなか修正できませんね。
民族として成り立たなくなるその日まで、
このままなのでしょうか。

投稿: 中医 | 2008/09/02 12:08

共産党は、用量・用法を守ってお使いください。
【効能】 経団連肥大からくる諸症状の緩和に
【用量】 衆院40議席、参院20議席 までとしてください
【用法】 政権へのご使用はおやめください
【注意】 まれに革命を起こすことがあります。公安にご相談ください

投稿: こんなギャグも | 2008/09/02 21:29

お久しぶりです。

こんな所にいたんですか?

今回も左翼&サヨクの話題ですが、
サヨク残党がMixiにもいて、「熊猫」などがキャリアです。
こちらも今日目につきました。

「南京大虐殺論」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=26035532&comment_count=66&comm_id=565689

このグループは「南京」「中華思想」という言葉に即座に反応します。地道な仲間作りを日々行っている時代錯誤のパラノイア連です。
特徴としてはねちねちしています。

HNを変えてこのようなブログにも侵攻して来ます。

また、活動をたのしみにしています。

投稿: hanpokopen | 2008/09/08 01:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/42314039

この記事へのトラックバック一覧です: 思うままに書いてみます。:

» 姫井造反!ほんとは怖い滝川クリサヘル! [EmpireoftheSun太陽の帝国]
 最近のTVで目に付く女性タレントと言えば   滝川クリステルさんの物真似タレン [続きを読む]

受信: 2008/08/30 22:18

« 馬英九は盧武鉉とは違う、と思いたい | トップページ | 民主党って変な政治家が多いね »