« 麻生内閣は逃げずに断固として戦うべき | トップページ | 平和憲法に洗脳された民主党「リベラルの会」 »

2008/10/08

反米・反日・親北朝鮮がのさばる民主党

昨日のエントリに対して、読者の方から――ジャーナリストの青山繁晴氏が、毎日新聞が書いているのと同じ時期の自民党の独自調査では、「最低でも241議席を越えて議席の過半数を取る」という結果が出ていたと言っている――という情報をいただきました。
が、この青山氏の話はウソくさいですね。
以前のエントリにも書きましたが、実は、私は自民党と少しだけ関係があります。自民党の衆院議員や某派閥の関係者と付き合いがあるのです。だからといって、私は自民党員でも自民党の支持者でもありません。が、その気になれば、自民党の情報はある程度まで入ってきます。
で、やはり毎日新聞の記事の方が正しいようです、自民党的認識としては。

では、私自身はというと、自公は良くて過半数ぎりぎり、ヘタすると過半数を割ると思っています。まあ、5割以上の確率で民主党が比較第一党。
正直に言うと、上記の「付き合いがある議員」も危ないんですよ、今回は。

でも、民主党中心の政権ができるって本当にイヤですね。まあ、中には、自民党のくだらない連中よりはまともな方もいますが、あまりにもひどい政治家もまた多いですからね。
その典型が菅直人グループですよ。特に「リベラルの会」。中心になっているのは平岡秀夫氏や近藤昭一氏です。この連中、いわゆる「人権派」ですね。頭の中身は、あの「光市母子殺害事件」の弁護士たちに近い。
自分自身は高みにいながら、「弱者」の味方づらをする。私がもっとも嫌いな人間です。そして、彼らの言う「弱者」というのが、また私からすれば弱者でも何でもないんですね。「光市母子殺害事件」の犯人が弱者ですか?

平岡氏は、テレビ番組で、身体に障害のある息子をなぶり殺しにされた母親を眼前にして、鬼畜少年を擁護しました。
「むしろ悪いことをした子供たちは、それなりの事情があってそういうことになったと思う」「加害者の子供たちにどうなってもらいたいのか?」
まさに「光市母子殺害事件」の弁護士たちと同じです。
その平岡氏がネクスト法務大臣。信じられますか、民主党を!

彼らから見れば北朝鮮も「弱者」なんです。近藤氏は、「(北朝鮮を脅威とみなすのではなく)こじ開けるのではなく、開けるのを手伝うべきである」と講演で発言しています。で、この議員、朝鮮総連の関連団体から政治献金を受けていた。
メディアは、麻生内閣の閣僚が談合で摘発された企業から献金を受けているといって非難していますが、非難されるべきは、この近藤氏の献金ですよ、まったく。閣僚が受けた献金は違法ではありませんが、近藤議員のそれは政治資金規正法違反です。「全額返したから」といって済まされるものではありません。
自民党は、ネガティブキャンペーンと言われてもいいから、このような事実を有権者にアッピールすべきですよ。

彼ら「リベラルの会」は、人権派であり、親北朝鮮であり、反米であり、そして9条擁護派です。口にはしないけれど、きっと「反天皇」でしょう。
近藤氏は、去年の沖縄県知事選の時、反米・反日・反自衛隊で親北朝鮮の糸数慶子候補に熱烈な連帯メッセージを送っていましたね。
この糸数氏、やっていることを調べれば分かりますが、左翼というより「極左」ですね。思想が新社会党や部落解放同盟に近い。

ところで、部落解放同盟といえば、民主党の公式ホームページで「関係団体」として紹介されていますね。昭和天皇を「ヒロヒト」と呼んで蔑む組織がお友達ということです。
こんな体質だから、反日・親北朝鮮の「リベラルの会」などという、うさんくさいのが党内でのさばる。

何とか、ぎりぎりでもいいから、自民党が過半数を取ってほしいですね、やっぱり。心は揺れますが、民主党の内実を考えたら、自民党を支持せざるを得ません。

麻生太郎!がんばれ!!!

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

|

« 麻生内閣は逃げずに断固として戦うべき | トップページ | 平和憲法に洗脳された民主党「リベラルの会」 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

 近藤昭一に関しては、市民の立場から落選運動をしようと動き始めているグループがあります。

 このポスター(チラシ)がかなりの出来なので、よかったら覗いてみてください。↓
http://mifty744.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: おっちゃん | 2008/10/08 20:51

どちらが正しいのか測るすべはありませんが、本日のニュースアンカーで青山氏は調査結果はマスコミ&一般議員と幹部は別に渡されているとのことでした。

一般議員…ちょっと向かい風を意識させて尻を叩く効果。
マスコミ…状況が悪い方が自民叩きが小さい

という理由でした。
一応ご報告申し上げます。

投稿: Antithesis | 2008/10/08 22:10

その民主党の腐った部分を捨てて、公明党とも手を切って、自民党と民主党の残りの保守中道と大連立なら、受け入れ可能ですけどね。とにかく、外国人の地方参政権だとか、人権擁護法案だとか、勘弁して欲しいです。

投稿: ゆみこ | 2008/10/08 22:31

彼らの言う「弱者」とは

わが国もしくはわが国の友好国の「国家権力と対峙している人」

という反権力思想にとらわれています。
弁護士も「反権力的存在である弁護士が、法務省という国家権力の手先である法テラスに協力できるのか」という倒錯した立場に立っていますので、弁護士も「同じ穴のむじな」といっていいでしょう

投稿: KHAN | 2008/10/08 22:48

 昔は不況下の自民党と言われました。今はどうなのでしょう。この経済非常時に、自民党にお灸をすえている場合でもないと思いますが。それとも国民は、民主党になった方が景気が良くなると思っているのでしょうか。

投稿: 八目山人 | 2008/10/09 00:36

10月8日のアンカー「青山繁晴のニュースでズバリ」の内容は、
ぼやきくっくりさんがテキスト起こしをしてくれてますよ。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid561.html

投稿: tarochan | 2008/10/09 03:28

初めてコメントしますが、何時も良く読ませて頂いています。少しだけ同じ世代(変な日本語ですが、私の方が少しだけ若い・・)なので共感する部分も沢山あり、最近また積極的に投稿されていて嬉しく思っています。

とにかく民主党の危険性を全ての日本人に知らせる必要があるのですが、マスコミそのものがかなり腐っているので、真実の情報が流れません。情報戦での制空権を押さえられてしまっています。

民主党が政権をとっても長続きする訳がないと思いますが、それでもその短い間に取り返しのつかいない仕組みや法律が成立しそうで恐ろしいですね。

自民党も朝鮮カルトの創価を切り離せば国民の信頼感を取り戻せるでしょうが、もし自民党が過半数を取れないということが事前に見えているならそれこそ連立解消を謳って勝負に出て欲しいものです。もちろん今すぐ連立解消でもOKです。

投稿: Kuni9292 | 2008/10/09 05:09

管理人さま、連日の執筆、本当に御苦労さまです。10月の切り替え時で何かとお忙しいと思います。

 さて、最近どうして日本が政治的混乱、官僚の腐敗が起きたか、その原因を考えています。

 ことわざを思い出してみます。

「柔よく剛を制す」がメジャーですが、その句の続きは
「剛よく柔を断つ」です。

「井の中の蛙(カワズ)大海を知らず」に対して続きは
「されど天の深さを知る」です。

 このように最初の句が意図的に強調され、いいように使用されているわけです。日本には資源はありませんし、武器輸出で稼ぐこともしていません。ただただ人的資源で「一生懸命働きなさい」と言われて、ずっと働いてきました。その結果経済は回復しましたが、政治や官僚の腐敗を見逃し、また社会のモラルが低下しました。

日本で好まれる「一生懸命働きなさい」に続く言葉でたとえば「されど政治経済への目配りを!」が必要なのかもしれません。
 
 働きすぎで家庭をおろそかにしている最中に女房がだまされて、もうからない投資をしているのと似た状況です。すなわち目配り不足がこの時代の混乱発生の原因の一つだと思います。それと敗戦国特有の負け犬根性もありました。

 高僧も、どんなに修行しても女性の誘惑に負ける事があるそうです。人間は弱いもので他人の目がなければ世俗の誘惑に負けるものです。やはり監視が必要です。

 民主党は弱者連合でコンプレックスのかたまりです。闇の勢力の大宣伝で政権をとるなら、日本人もそれまでだったという話かもしれません。この数年に関しては経済的な混乱や政治的混乱、周辺諸国からゾンビの流入も考えられます。
 
 このブログに来る方々だけでも身辺に注意して、財産を保全し家族に気をつけて乗りきりましょう。最大の危機が国民を守るべき政権与党に国を売る民主党がつく事態とは皮肉なものだと思います....。

投稿: 普通の国民 | 2008/10/09 08:31

民主党の内容は日本のマスコミは伝えません、小沢氏の印象だけで「豪腕」?どこが「豪腕」なのか、さっぱり分からないのですが、小沢を云い表はす時は使います。

どなたか「ヒトラーのナチス」に似ていると言った人が居ましたが計画性のない、行き当たりばったりのヒトラーと呼べるでしょう。

しかし統率力は大連立の「掛声」で引っくりかえるのですから怪しいものです、こんなところを50代・60代は承知しているんでしょうか?

周りにもこの年だが大勢いるのですが怖い人達が多いですよ、~自民党は駄目ですね~何処が~何も出来ないじゃないですか?~民主党ならできるんですか????

この程度が多い様な気がしてなりません、本当に今度の選挙は怖いですね、坂さん「大声」を上げてください、民主が与党、聞いただけで日本崩壊、目に見えるよう。

投稿: 猪 | 2008/10/09 12:33

一度民主党に政権をとらせればよい。
どういう政党が理解させればよい。
ついでに自民党の中のややこしいやつ炙り出せばよい。
保守でも革新でもいいが、日本を愛するという気持ちが大前提。
売国保守や反日リベラルはこの際消えてもらいましょう。

投稿: | 2008/10/09 13:45

ご指摘の部落解放同盟という左翼の域を超えた極左利権団体ですが、民主党との関わりが思っていた以上に深いようです。


民主党の松本龍議員は、部落解放同盟副委員長。
同じく、民主党の松岡徹議員は、部落解放同盟中央書記長だった人物。同盟→民主党へ。

松岡徹議員は、金正日生誕65周年記念の主体思想研究会全国連絡会主催会の時には、わざわざご挨拶に出向き、北朝鮮・金正日を礼賛し、拉致被害者の心情を無視したばかりか、圧政に苦しむ人民より、圧政を行う独裁者を擁護するというバカぶりを発揮。もはや「人権」を語る資格もない輩なのにも関わらず、なんと「民主党ネクスト法務副大臣」なんだそうです・・・。しかも、北の主体思想が大好きだというから、呆れる。こんなのが法務副大臣になんかになったら、日本は終わりますよ。

何とか民主党政権だけは止めて欲しい。これではとても支持できない。

投稿: kou | 2008/10/09 13:53

はじめまして
いつも勉強させていただいています。

今度という今度は、日本の危機に気づいているものはすべて、
行動しなくてはいけません。
後からでは遅いのです。
1度政権を取らせたら、Kuni9292さんの言うように
「取り返しのつかないような仕組みや法律を」
次々に作ってしまうでしょう。
何せ、長年にわたる工作で、
マスコミ、参議院、そして今回衆議院を支配下に置けば
怖いものなしです。何でもできてしまいます。
今回このことを知っているのに行動しないのなら、
日本人も終わり。
自ら戦わないものは滅びても仕方ない
ということです。

投稿: りょう | 2008/10/09 18:20

民主党の危険さを1人でも多くの人に説いています。
上司と酒場のマスターは落ちたのですが、、道程は遠い。

投稿: 青旗 | 2008/10/09 18:37

「一度民主党に政権をとらせればよい。」

このマスゴミの印象押し付けが最も恐ろしい。民主党自身、自分たちの政権はすぐに潰れると確信しているだろう。その潰れるまでの短い期間に人権擁護法案、外国人参政権、移民受け入れ法案等の特亜が泣いて喜ぶ悪法を強引に通すことになる。一度法案が通ってしまえば廃案にすることは極めて困難になる。正直、10万人規模の暴動でも起きない限り廃案にすることは不可能だと思う。民主党には一瞬たりとも政権を渡してはいけない。

投稿: 真剣 | 2008/10/09 19:18

鳩山(民主)
「解散総選挙を確約しなければ、党首討論しない」
もう何と言うか、呆れてものも言えないとはこの事。

投稿: 客人 | 2008/10/09 21:17

台湾のマスコミも中国に牛耳られている!?【国際】国家安全局長が「SARS(通称:中国肺炎)は生物化学兵器」発言→中国激怒 - 台湾


http://todays2ch.jugem.jp/

投稿: 通りすがり | 2008/10/09 21:48

先日 子育て系ブロクを見て回ったら、民主党の子育て支援26000円を本気?で信じて期待している人が多いのにビックリしました。政治系ブロクを見る人は関心があるし民主党の危険性も理解していますが、一般の人は 「そんな事するはずがない!」と言って甘い言葉を信じてます。時間がありません!僕も少しでも多くの人に伝えます。

投稿: 通行人 | 2008/10/09 22:08

「一度民主党に政権をとらせてみたらよい。」
と安易に考えている人たちは多いのでしょうね。
この人たちは「細川政権」を忘れちゃったのでしょうか。
確かに「民主党」としては政権を取ったことはないですが、小沢氏は総理にはならかったものの、細川政権の後ろで糸を引いていたと記憶しています。


私は民主党の中ではただひとり、前原誠司氏が好きです。
なぜ自民党に入らないのか不思議です。彼の考えは殆ど自民党だと思います。
でも前原氏は「真っ直ぐな人」のようですから、自民の魑魅魍魎の中に入れないのでしょうか。
民主党のほうがもっと魑魅魍魎ばかりだと思うのですが。
民主党を確かな与党に変えたいという情熱があるようですが、小沢、菅、鳩山というあいも変わらないトロイカ体制の民主党では100%無理だと思います。
早く見切りをつけてほしいものです。

能力のある人材ほど未来のない会社には早く見切りをつけるものです。
同じ苦労をするなら未来の見える別天地で苦労をした方が報われると思います。

投稿: 琴姫七変化 | 2008/10/09 22:49

民主党の国対委員長
「政治的空白を無くすために今こそ選挙を」
「民意を反映していない自民党が政権にいることが政治的空白そのものだ」

ダメだこの政党・・・
北朝鮮のミサイル発射時に民主幹部連中が訪問先の中国から日本政府を批判した時点で分かってはいたけど
危機のときに国の利益より我が身の利益を優先する連中だ

投稿:   | 2008/10/11 09:00

反日売国の民主党。一方で創価公明党と結ぶ自民党。

民主党がダメなのは分かりますが、かといって新興(カルト?!)宗教政党と結ぶ自民党を支持しろといわれても・・・。

一般国民の考えはこんなところだと思いますよ。
前回の選挙の小泉大勝時に公明党を切っておかなかったツケじゃないでしょうかね。

投稿: たばた | 2008/10/12 11:26

ブログ主は日本を守ろうという名目で国内を荒らし回るヤクザ右翼の活動はスルーするの?


在特会10月の活動予定
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10145603062.html


10・11対馬決戦!国境の島を救うために立ち上がろう!
対馬で暴れる不逞韓国人たちを許さないぞ!

日本国民怒りのシュプレヒコールを韓国人に叩きつけよう!
ここ数年来の韓国人観光客急増に伴い、今や国境の島「対馬」は不逞韓国人たちの掃き溜めとなっています。
人口3万7千人の対馬に年間8万人近くの韓国人が訪れていますが、地元のルールを守らないどころか韓国から持ち込んだムクゲを違法(種の保存法違反)に対馬で植えつけるなどやりたい放題を続けています。さらに最近では韓国からやってきた元軍人上がりのならず者たちが、「対馬は韓国領土だ!」と市役所前で大騒ぎをするなど現地は無法地帯化しつつあります。
このような対馬の危機的状況に対し、在日特権を許さない市民の会では国境の島を守るべく対馬での対韓国抗議活動を行うことを決定しました。在特会会長桜井誠ほか主権回復を目指す会の西村修平代表などが直接対馬に乗り込み、無法行為を繰り返す犯罪韓国人たちと直接対決します。

【日時】
平成20年10月11日(土)13日(祝、月)
【日程】
10月11日(土)
13:00 対馬市内各所視察および街宣
※夕方から地元有志と懇親会
10月12日(日)
10:0017:00
市内各所の視察、街宣、国道沿いの違法ムクゲ撤去作業
集会(ミニ講演、地元関係者との意見交換)
※夜のフライトで福岡へ戻ります。


>国道沿いの違法ムクゲ撤去作業
>国道沿いの違法ムクゲ撤去作業
>国道沿いの違法ムクゲ撤去作業

対馬の観光産業を破壊しようとしてるよね
こいつら全員逮捕されればいいのに

投稿: | 2008/10/15 03:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/42725858

この記事へのトラックバック一覧です: 反米・反日・親北朝鮮がのさばる民主党:

» ノーベル受賞者は反日左翼! [ネトウヨのブログ]
 ノーベル賞受賞者の益川氏ですが、その物理学における貢献を心からたたえるものの、思想的には実に残念な人物だったようです。  毎日新聞より転電です。 引用元:毎日新聞 ========================================================== ノーベル物理学賞:反戦語る気骨の平和主義者…益川さん  ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・京都産業大教授(68)。穏やかでちゃめっ気のある益川さんだが、「反戦」を語る気骨の平和主義者でもある。  作家の大江健三郎さ... [続きを読む]

受信: 2008/10/09 04:05

» おっちゃん・・・ [JAPAN UNDER ATTACK]
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/200 [続きを読む]

受信: 2009/01/29 19:52

« 麻生内閣は逃げずに断固として戦うべき | トップページ | 平和憲法に洗脳された民主党「リベラルの会」 »