« 毒吐き中国は行き着くところまで行くしかない | トップページ | 田母神論文は侵略戦争を美化したのか »

2008/11/03

依存症の独り言は「カルト」だってか???

今日中にもアクセス数が15,000,000を突破しそうです。これまでご愛読、並びにご支援くださった方々に感謝申し上げたいと思います。
私のブログがピークだったのは、2005年の郵政解散選挙のころでしたね。あのころは、政治ブログランキングの第1位で、90,000ポイント以上を獲得していたと思います。アクセス数も毎日15,000を超えていました。で、次が、せと弘幸さんのブログ(極右評論)で、40,000ポイントくらいだったと記憶しています。

思い起こせば、このころは嫉妬がひどくてね。ランキングのポイントを工作しているとか、アクセス数をねつ造しているとか、信じられないような中傷を左右から受けました。
その後、私の跡を受けて、ランキング第1位になった「博士の独り言」さんも同じような中傷攻撃を受けていたと思います。
誰が、どうやって、ランキングのポイントを工作するの???(藁)

ブログを始めてから、3年半以上が経つのですね。我ながら感慨深いものがあります。途中、数度の中断を重ねながらも、いまだに毎日10,000以上のアクセスがある。ランキングのポイントも40,000以上を獲得している。
ほんとうに信じられないくらい、感謝、感謝です。でも、2005年当時のブログで残っているのは少ないですね。せと弘幸さんのブログと「厳選!韓国情報」さん、「アジアの真実」さん、「閣下の憂鬱 」さん、「ゴーリキーの部屋 」さん、「ぼやきくっくり」さん、「なめ猫」さんくらいですかね、50位以内では(もれていたら、ごめんなさい)。
まあ、それだけブログを続けるのはむつかしい、ということでしょう。

でも、当時は、けっこう個性的なブログがあったと思います。今と比べたら。なにせ、ブログの草創期ですから、色んな方がエントリを書いていた。それからすると、最近のブログはちょっと食い足りない、そんな感じもします。もちろん、政治評論としてはレベルが上がっているとは思いますが(えらそうに書いてごめんなさい)。

これからも、また中断するかもしれません。何しろ、エントリは「書きたい」という意欲が湧いてこないと書けません。それに加えて、時間的、精神的余裕が要求される。
なかなか、普通の会社員にはむつかしいのですよ、これが。
まあ、昔はランキングを意識して書いていたところもありますが、今はそれも疲れるだけですしね。
それでもランキングにとどまっている理由?
これがあるのですよ。
ランキングに登録していると、20%くらいアクセスがアップするのです。

-------------------------------------------------------------------

ところで、今日は、私のエントリに対するコメントで、非常に興味深いものがあったので、それをアップし、論評を加えてみたいと思います。
以下は、私のエントリ「ついに“クビ” 根津公子教諭」に対するものです。

人気ブログランキングで6位になっていたので、どんなブログだろうと思って見にきて、たまたまこの記事を読みました。
あまりのひどさに驚きました。
始めに言っておきますが、私は右翼でも左翼でもありません。
教育現場での「日の丸・君が代」問題については、少し関心がある程度であまり詳しくはありません。
ブログ管理者は、自分の意見と異なる根津教諭を切り捨て、その意見及び行動を徹底的にたたいています。
また、この記事に寄せられた47件のコメントのうちで、管理者への反対意見はカラス氏1件だけであり、カラス氏も管理者及びその他のコメント提供者によって、徹底的にたたかれています。全体主義的なにおいを強く感じてしまいます。
言論は自由なので、根津教諭の主張に反対するのは構わないのですが、根津教諭及びカラス氏の言論の自由も尊重されて良いのではないでしょうか。
もちろん、何を言っても自由という訳ではありません。他人を傷つけたり、誰がみても社会的不正義につながる言論は、認められないでしょう。
しかし、教育現場での「日の丸・君が代」問題については、賛否両論があり、上記のことはあてはまらないと思います。
根津教諭が家庭科の授業で、従軍慰安婦問題について教えたというのは行過ぎだと思います。卒業式で「君が代」を拒否したことも、曲がりなりにも「君が代」が国歌となった現在では行過ぎだったのかもしれません。
しかし、これまでも「日の丸・君が代」に反対してきた教師はいました。
また、「日の丸・君が代」に反対しているのは日教組だけではありません。
ブログの運営の仕方に疑問を感じました。
私もきっと徹底的にたたかれるんでしょうね(あるいはすぐに削除されてしまうのかな)。

by永遠の少年

私は、これに対して次のように書きました(別のエントリの中で)。


このコメントは、少し考えさせられました。

なぜなら、「右翼でも左翼でもない」人が読んだら、「あまりに個人攻撃がすぎる」と思うのかなあ・・・と受けとめたからです。
ところが、「永遠の少年」氏のコメントに次のような応援が入ってから状況が変わります。

>永遠の少年さん
勇気のあるコメントだと思います。
私もたまたま来た読者の1人ですが、この閉ざされた内輪的な盛り上がりのブログの中で、あきれ返って立ち去った方が大半でしょう。

個人的な感想をいえば、君が代、日の丸問題はさておいて、このカルト的な雰囲気のブログの中で根津さんが「カルト」や「ヒステリー」と批判されていることが、「カルト」の本質を感じさせて興味深かったです。

byコバヨシ

根津公子さんではなくて私が、あるいは私のブログの愛読者がカルト、「コバヨシ」氏にはそう思えたようですが、私は特定のイデオロギーとは無縁。が、根津氏は、明らかに左翼イデオロギーの虜ですよね。「日の丸」「君が代」が憎くてたまらない。どう見ても「普通」じゃありません。
公平に見て、どちらがカルト???
これが見えないんですよね、左に洗脳された方には。この「コバヨシ」という人物、HNからして、その思想的立場がよく分かります。

で、この「コバヨシ」氏のコメントを読んで、我慢ができなかったのでしょう。「戦後教育を悲しむ」さんが、「永遠の少年」氏と「コバヨシ」氏に次のように反論しました。

永遠の少年くん
コバヨシくん

根津公子のHPを覗いてごらん。

「根津公子」でググってごらん。

いかに異常な世界が広がっているか。
それとも君たちがそれを当たり前と思うなら別だがね。

by戦後教育を悲しむ

このコメントに対する「永遠の少年」氏の反論が、以下です。最初のコメントとは内容も表現も様変わり。まさに本性をさらけ出した、という感じです。

「戦後教育を悲しむ」くん(あなたが「くん」付けで呼びかけているので、私も「くん」付けで呼びかけます)。
あなたは、このブログこそが異常な世界であることに気付いていませんね。

根津公子さんのホームページを見ました。
ご自分たちの意見を理論整然と述べられており、特に異常だとは感じませんでした。

逆にこのブログこそ異常な世界であると思います。
このブログの他の記事も読んでみましたが、ブログ管理者はひどく偏った思想の持ち主だと思います。
ブログ管理者及びここの住人は、自分たちの意見に対する反対意見は一切認めず、聞く耳を持たず、袋だだきにしている。
(どこかの知事と一緒ですね。)
コバ゙ヨシさんが言うように、「閉ざされた内輪的な盛り上がりのブログ」だと思います。

内輪で盛り上がっているブログなら、人気ブログランキング入りを目指す必要はないでしょう。
コバ゙ヨシさんが言うように、このブログを訪れた人は間違って足を踏み入れて、あきれ返って立ち去る人がほとんどなのでしょう。

「文句があるなら出て行け」と言うところでしょうが、心配しなくても出て行きますので、悪しからず。

by永遠の少年

「始めに言っておきますが、私は右翼でも左翼でもありません」と書いていたのを、まともに受けとめた私がバカでした。しっかり左翼をしていますね、「永遠の少年」氏は。
2回目のカキコは、その内容といい、表現といい、左翼の下劣さ丸出し。

まあ、「右でも左でもない」と騙って、右を攻撃するのが左翼の常なのですが、純な私は、すっかり騙されてしまいました(藁)
「ブログ管理者はひどく偏った思想の持ち主だと思います」
「どこかの知事と一緒ですね」
どこが「右でも左でもない」のか???
まったくの「左」ですね、ああ甘かった私は(反省)。

最初は

根津教諭が家庭科の授業で、従軍慰安婦問題について教えたというのは行過ぎだと思います。卒業式で「君が代」を拒否したことも、曲がりなりにも「君が代」が国歌となった現在では行過ぎだったのかもしれません。

と、もっともらしく書いていながら、2回目は

根津公子さんのホームページを見ました。
ご自分たちの意見を理論整然と述べられており、特に異常だとは感じませんでした。

ですからね。

で、

内輪で盛り上がっているブログなら、人気ブログランキング入りを目指す必要はないでしょう。
コバ゙ヨシさんが言うように、このブログを訪れた人は間違って足を踏み入れて、あきれ返って立ち去る人がほとんどなのでしょう。

私は、「永遠の少年」氏に何ら批判・反論を加えていないのに、こういう中傷を書き込む。「人気ブログランキング入りを目指す必要はない」――これは、一種の言論封殺だと思いますけど(藁)

そして、最後が

「文句があるなら出て行け」と言うところでしょうが、心配しなくても出て行きますので、悪しからず。

という捨て台詞です。
ほんとうに、その思想の偏向ぶりはもとより、人格的にもゆがんでいる人物であることをさらけ出しています。
こんな人間は、というか、特定の思想に洗脳された左翼は、相手にするだけ無駄ということを痛感させられる書き込みですね。

きっと、自分は満足しているのでしょう、言いたいことを言って。「心配しなくても出て行きますので、悪しからず」という言葉に、それが如実に示されています。

ところで私は、「永遠の少年」氏の心が解ります。
まあ、私は、自他共に認める元共産主義者ですし、逮捕・拘留歴もあります。
で、当時の私。
きっと、「永遠の少年」氏と同じだったのでしょう、心情は。
が、私は直情径行、怖いものはありませんでした、当時はね。
でも、「永遠の少年」氏は、理屈はこねても、私のような実践はできない方と推察しますね。
で、今の私は何者か???
はい!「永遠の不良少年」です(藁)

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

【追記】
午後1時にアップするつもりが、誤って午前1時にアップしてしまいました。そのため、エントリの一部を加筆、あるいは訂正しています。
ご了承願います。

|

« 毒吐き中国は行き着くところまで行くしかない | トップページ | 田母神論文は侵略戦争を美化したのか »

個人」カテゴリの記事

コメント

今の日本の本当の悲劇は、このエントリーの中でも説明されているように、

左翼に染まった者が、自分を「左翼だと認識できない」ところまで日本人全体が左に染まってしまっている(洗脳されている)ということですね。

日本では自らを中道と考えている者は、世界からみるとほとんど完全な左、日本で右と見られている者は、世界では中道から少し左、日本で極右に見られる者は、世界から見ると中道から少し右寄りに見えます。

とにかく日本の養育はあまりにも醜い。国家がない。これでは人間は育たないですね。当たり前のことですが、本当に悲しい現実です。

投稿: Kuni9292 | 2008/11/03 01:35

ははは。永遠の不良少年さま、
私の友人は医療関係者ですが、この人、小金を貯めていて、将来は不良の老男老女用の養老院を開設すると言っております。私を派遣の受付に雇ってくれるとか。いつか御縁がございます様に。

投稿: なずな | 2008/11/03 01:47

元共産党で逮捕・拘留歴ありとはツワモノですね!

私はサヨクが大嫌いです。何故か?サヨクは皆、偽善者だからです。ここで話題になっている、根津公子も偽善者です。

http://banmakoto.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/03/29/nedu2.jpg
写真を見て笑いました。「私が立たなかったことでだれか迷惑しましたか?」大迷惑な事も分からない。痴漢が「裸を見せて迷惑しましたか?」、酔っ払いが「道端で小便して迷惑しましたか?」と聞いているような物だという事さえ理解できていない。

国歌、国旗に敬意を表すのは「最低限の国際マナー」であり、その最低限のマナーを教える場で、敬意を表さないのは迷惑行為の何物でもありません。

「私は間違っていると思うことには従えないのです」これにも苦笑いが止まりません。公職にある者が「間違っていると思うことには従えないのです」と公然と言ってる。警察官が「間違っていると思う法律には従えないのです」などと言って職務を放棄・妨害することが許されるとでも思っているでしょうか?

たったこの2点からも根津公子は偽善者であり、公職から追放されて当然の人物であることが分かります。

私は最近、依存症の独り言を読み始めました。今後のご活躍にも期待しております。

投稿: aw | 2008/11/03 03:31

youtubeで彼等と戦って1年ほどになりますが、決まって「左でも右でもない」とか「私は日本人ですが」と言ってきます。発言を聞いていると、こいつは日本人ではない、こいつはばりばりの左翼・反日家だということがすぐ見て取れます。従って、「永遠の少年」のような言い方で、こちらをさも偏狭な右翼集団のように決めつけるのが、彼等の特徴です。皆さんはまだ免疫ができていないのでしょうか。左翼反日家が公に言っていました「嘘でもついて良いんだ、文句があれば裁判で白黒つければ良いんだから」。朝日新聞はこれを地でいってます。保守系の人間は嘘はできるだけつかないようにしているのですが。皆さんお気を付けて。

投稿: 大和びと | 2008/11/03 05:58

『あきれ返って立ち去った方が大半でしょう』って、依存症の独り言様が毎日10000以上のアクセスと40000以上のランキングポイントを獲得されている現実をどう受け止めているんでしょうか?


>私は右翼でも左翼でもありません

そういえば以前、共産党のウェブサイトに慰安婦関連の記事があり、それについて問題点を記した抗議メールを送ったことがあるんですが、その返信の一節に『ニューヨークタイムズや「朝日」が「左寄り」だなどというのは、たちの悪い冗談にしか思えません』(原文ママ)と書いてありましたよ。
あまりにヒダリに寄り過ぎると右も左も分からなくなってしまうんでしょうかねw

投稿: 東雲一葉 | 2008/11/03 07:33

朝鮮反日主義的なものも入っているのでしょうなあ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

> 永遠の少年

嘘を平気で付き、都合が悪くなったらレッテル張り
論点ずらし、こないだ現れたバ韓国人と
同様のパターンですな。

金日成主体思想との関連がありそうな気がします。
(うっかり金正日主体思想と書くところでしたwww)
このサヨク共のパターンには。

投稿: abusan | 2008/11/03 07:36

>ブログ管理者及びここの住人は、自分たちの意見に対する
>反対意見は一切認めず、聞く耳を持たず、袋だだきにしている。

>コバ゙ヨシさんが言うように、「閉ざされた内輪的な盛り
>上がりのブログ」だと思います。

 私の実感では、「市民派」「リベラル」と称する左翼系ブログの方こそ、そのような傾向が強いと感じますが。

 そういうわけで、こういったブログのURLの一覧がここにあります。いろいろな意見を読むことは勉強にはなりますが、これらのブログの趣旨や主張に賛同できないからといって、批判のコメントやトラバを送るのはやめておきましょう。そんなことをしても、せいぜい「荒らし」扱いされて労力の無駄になるだけだから。

http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-136.html

投稿: 南溟 | 2008/11/03 09:10

 このブログが、「閉ざされた内輪的な盛り上がりのブログ」であるか、根津氏や永遠の少年氏の方が偏っているかは、難しいです。なぜならば、そもそも偏りを評価する基準が不明瞭だからです。現代人が信頼するものは、科学的検証、統計上のデータ、客観的判断、事実などいろいろあります。しかし、それらを使いこなすのは所詮人間なので、それらを元に偏りの基準を作ることは難しいのです。

 私は以前にも書きましたが、どのような意見を持つのも自由だが、根拠、客観性や公正さが無いと支持されないと書きました。このブログがランキング上位なのは、そういったものを持っているからです。満足な論拠も示さず「閉ざされた内輪的な盛り上がりのブログ」と批判する人に、まともな思慮は期待できないと感じます。

 こういった批判の仕方はよく見かけます。具体的で詳細な指摘ができず、下手に議論を始めれば自分の方が危うくなるがために、相手を全否定して一蹴する手法です。話しても無意味でしょうから(というより話せないでしょうから)、永遠の少年氏自らが言うように、さっさと出て行けばいいと思います。

投稿: める | 2008/11/03 09:37

ネットには色々な人がいて、様々なコメントが展開され
その渦中においての激しい論争も多くなりました
膨大な情報量、そして顔の見えないネットゆえなのか
本音がぶつかりあう過激な表現等も最近の流れですね

過激な流れだから自己防衛が働くのか、自身の思想を
正道と見立てて、それに同調する人は無条件に信じ
少しでも相反すると攻撃的な態勢を崩さない
そういう人も本当に増えました
私も、そうなっていると感じます、恥ずかしい自覚です

言葉が厳しいかもですが、子供のように非常に単純な
味方か敵かの対極思考でしか物事を考えない
少し距離を置いて、人の意見を取り入れて考えてみる様な
心に余裕を持つ人が本当に少なくなったのです

元来、のんびり屋が多いと思っていた日本人ですが
いまの人々は窮屈で閉鎖的な感じがします
隣近所の人との交流もなくなり、街で声をかけられれば
犯罪者かと疑い、子供を一人で遊びに行かせられないし
飛び込むニュースは良い話題よりセンセーショナルな
話題ばかり、その方が視聴率も高いという有様

変な話になりました、すみません

まあ、ブログを読んで、あえて意見をするというよりも
ある種のストレス発散のようなコメントじゃないでしょうか
ブログ主と、その多数の支援者に対して、少数派の自分が
格好よく意見を飛ばす、子供によくある英雄願望でしょう
放って置くのが一番です、こういう人は構って欲しいという
願望が見え隠れします

永遠の少年というHNからも、少しは自覚あるのかな
まあ私の感想は、「格好付けたい思春期の子供」
そんな感じですねぇ

投稿: 日本人A | 2008/11/03 09:43

私の経験では数を頼りに少数派を弾圧するのは左翼の人が多いですね そのくせ旗色が悪いときは「少数者の意見も聞くべき」「どんな意見もあっていい」「自分の意見を聞いてくれないのはファシズムだ」ともっともらしいことを言って皆で決めたことにも従わない「困ったちゃん」「イタいやつ」が多い。何でか知らないけど

投稿: ころ | 2008/11/03 11:11

私は「左翼でも右翼でも有りません」左系統の方の常套句の様なものと理解しています。
左翼てどんな人?右翼てどんな人?と聞くと殆ど名前が出てこない人が多いのです。

何時もこの言葉はフランスの議会で右に座る人・左に座る人が意見が異なる時に起ったのが始まりで定義など無いのですよ、と言ってやるのですが判らん様です。

皇室や歴史を大事にする人が右翼・それに反対し時代に合わせてコロコロ意見が変化する人が左翼だと日本では呼んでみたいだね、と言ったらその人は共産党員でしたが黙り込んで仕舞いました。

多分無知に呆れかえったのでしょうか判りません。それ以降議論はした事も有りません。わが社では良く働いて呉れました、偶にお得意様と正義感が強いのでしょう、間違いは間違いと引き下がらず頭のか固いのには苦悩?させられました。

少年の様な「純真」な心と「権力」に対して異常ともいえる行動と言動で人を困らす事が多い事も「共産主義」を信奉する人には多いようです。日本共産党が「左翼」かと言われれば「ソ連」「中共」の党員は「愛国者」が多いから日本で言われる「左」でもないのでしょう。

日本の左とは単に「日本が嫌い」だと言う事だけではないでしょうか?

投稿: 猪 | 2008/11/03 11:17

私は昭和23年生まれで本年還暦を迎えた団塊世代の
一人です。暇な居酒屋を営むかたわら人気ブログを
楽しんで読んでいます、とりわけ坂さんの「依存症の独り言」のファンでその文章がお気に入りです。ところが
ノ・ムヒョンの引退が引き金になったのか坂さんの記事が読めなくなり残念な思いをしておりましたが、復帰され瞬く間に上位にランクイン、ブログを継続する大変さを書かれておられましたが、実際すごいことだとおもいますが、坂さんの見解を理論武装としている者にとって
がんばって、続けていただきたいです。
禁酒は継続中ですか、酒は適量なら飲むほうがいいですね、坂さんが禁酒というのですから、多かったのかな。
阪神ファン以外は全て応援しています。

投稿: やまとおのこ | 2008/11/03 11:48

ブログや掲示板の登場によって、「紙面」という物理的制限はなくなりました。
そのおかげで、ニュースや情報の関連情報やコメントは、好きなだけ見ることができるようになりました。
検索エンジンを使えば、たいていのことは興味が尽きるまで調べることができるでしょう。

これまで情報の取捨選択は、紙面や放送枠の制約、つまり発信側によって行われてきましたが、ネットでは受け手にまかされることになったのです。
こうなると、何を主張するにも受け手を意識せずにはいられません。
つまらない記事に出会った受け手は、その記事を飛ばして別の記事に移ってしまうからです。

私はこう考えます。
ネット上には右とか左だけでなく様々な主義主張が満ちあふれているが、最も支配的なのは、相手を思いやる心ではないかと。

受け手のことを考えて文章を組み立てれば、自然と判りやすい文章になるでしょう。
自説を多角的に検証してもらうために、ソースや関連記事の提示もされるでしょう。
受け手の読了感を涼やかなものにしたいとなれば、文体も穏やかな表現が選ばれるでしょう。
そういったことから離れていく主義・主張は、顧みられずに下火になる。
そういったことなんだろうと思っています。

投稿: るっだ | 2008/11/03 11:49

「ついに“クビ” 根津公子教諭」にも書きましたが、大変恐縮ですが、こちらにも書かせていただきます。

永遠の少年さん、コバヨシさん、内輪で盛り上がってはいけないんですか?
左翼系のブログでも内輪で盛り上がってますが、あれもいけないことなんでしょうか?

各地の9条の会の掲示板でも内輪で盛り上がっていますが、これも「閉鎖的」なんでしょうか?数年前、ある9条の会で、私が憲法改正賛成意見を述べたところ袋叩きに遭いました。私に賛同してくださる意見はゼロでした。しかしそのことを私は「当然」だと思っています。私とは意見が正反対のサイトに私の意見を載せたのですから。

しかし、依存症の独り言さんは、管理人さんと正反対の意見を載せてくれたのですから「閉鎖的」ではないのでは?あなた方の意見を削除もしていませんし。自分のコメントに異論が出たから、批判の声が噴出したから「閉鎖的」だと決めつけるのは、あなた方の心が狭いからでしょう。これはあまりにも短絡的な思考です。

永遠の少年さん、コバヨシさんが「閉鎖的」だと非難するのは、あなた方が望むような意見が少ないからでは?
ここはあなた方だけのブログではないのです。あなた方のわがままを聞くブログでもありません。当然のことながら、何事もあなた方の思い通りに行く訳ではありません。そのことをよくお考え下さい。あなた方を見ていると、子どもが駄々こねているようにしか見えません。

>「文句があるなら出て行け」(永遠の少年さんのご発言)
誰もそんなことを言っていませんよ。
貴方こそ、異常なほど強い被害妄想を持ち、酷く偏った思想の持ち主ではないでしょうか?

ちなみに9条の会のサイトに私が改憲賛成意見を載せ、護憲派と議論を続けていましたが、ある日突然、管理人や9条の会関係者に議論を止められ、さらには私が意見を載せたら一方的に削除されました。
永遠の少年さん、コバヨシさんのご意見通りに考えますと、異論を一方的に削除する9条の会は、「異常なほど閉ざされた内輪的な盛り上がりの団体」ということになりますね。

投稿: kou | 2008/11/03 12:00

普通言ってることが理路整然としてようとしていまいと、
営業マンが大っぴらに会社の悪口を言いまくればクビで
文句も言えないものですが、
サヨクの人というのは社会人の経験もないのですかね。

不思議極まりない。

反日の先生を擁護してコメント欄で叩かれると、
カルトの被害者になってしまう。ということで、
まあご愁傷様としか言いようが無いですが、
本来カルトというのは暴力と同じで密室を必要とするもの。

こんなオープンで出入り自由なブログという空間で
カルト洗脳が出来てしまうなら、寧ろ依存症氏は
その気になればS学会以上の教組になれたりして・・

投稿: 永遠のガキオヤジ | 2008/11/03 12:10

 間違えてこのブログに足を踏み入れハマってしまった一人です。

 ホントに救いよう無いですねサヨクは、昔、父に「若い頃に、左翼に共鳴(反日思想ではありません、いわゆる反体制、この頃はまだサヨクではなく、左翼もいたのです。)するのはいいが、大人になっても共鳴していたら只のバカだ」と言われましたが、永遠の少年というHNはまさに、言い得て妙だと思います。

 法律で制定された国旗・国家に対する自由と言うのであれば、根津氏の様な教師の授業を受けない自由も保護者や子供に発生します。しかし、それをやったら教育は崩壊するでしょう。だから、みんな我慢しているということを根津氏は理解してないでしょう。
 
 どのような思想を持とうが当人の自由ですが、それを公教育の場で実行すれば、これこそ航空幕僚長を袋だたきにした論理である「公務員の政治的活動」でしょう、国のやり方に逆らいたいのなら寺子屋でも開けばいいのです。税金で給料を貰いながら「違っていると思うことには従えないのです」などと、甘ったれた戯れ言を弄するな、地球市民め

 

投稿: ライト兄弟 | 2008/11/03 12:55

左翼でも右翼でもないという風に自覚させられあたかも、保守中道のような錯覚を植えつけているアカの洗脳教育の賜物なのでしょうな。
たぶん本当に自分は真ん中で左翼でも右翼でもないって勘違いしていると思いますよ。
なにしろ、アカ教師に教わった子供たちは、自分たちの記憶が常識で多数派であると思い込まされていますからね。
しかも子供たちの自主性に則しているというもっともらしい嘘の下で、少しずつ誘導させられた結果としてね。

右翼を自認して止まない若い子供たちの中にも左翼というかアカ思想にはめられてて、自分の立っている位置すら自覚が無い子供たちの増えた事、先行きが危ぶまれますが、かわいそうな子供たちなので大目にみて気長に教えてあげてくださいな。

だからなおさらアカ教師の罪は大きいのではないでしょうか。
その方たちは「右でも左でもない」と本気で思い込んで自称している左翼というよりアカなのです。

投稿: たぬき | 2008/11/03 13:52

左翼の方々のブログなんかはそもそもコメント欄さえ

ありませんが何か?

投稿: ヒデトシ | 2008/11/03 14:02

私は昔から「右翼」だとよく言われてしまいます。私からすれば「そう言うあなたの方は左翼なんだよ」と言い返したくなるのですが、言ってみても無駄と感じているので何も言わす軽く流しています。

ただ最近、右とか左というものは、政治的なことだけではなく、人間の「感性」の問題ではないかと強く思う様になりました。
だから、理屈でいくら言い返しても無駄であり、しかも言葉で表現するにも限界があると思い、聞きい流すことにしています。

私には左の方々の言うことが全くわかりません。異次元のカルト(もちろん相手を理解しようと言う気持ちは大事ですが)と思っています。

なぜ人を殺してはいけないの?国家・国旗・国歌は必要なの?など(私にとって)訳のわからない質問をするほうはおかしいし、真剣に答えようとするほうもおかしいです。
世の中には理屈では説明できないことがたくさんあり、ぞのなかにすばらしいものがたくさんあると思います。もちろん反対も然りです。

要するに、日本を破壊したいという確信犯敵な連中と、そうとも知らずに迎合し(洗脳され?)ている方々が日本の6.7割を占めてしまってるのでしょうが。
本当に教育とはいかに大切なものか痛切に感じる今日このごろです。

投稿: KUJIRA | 2008/11/03 14:33

未だかつて根津君子を信奉する馬鹿が居るとは・・・・・。
それに
>曲がりなりにも「君が代」が国歌となった現在では行過ぎだったのかもしれません。

根津君子が教職に就く前から国歌だってぇの!

思想信条は勝手にしろ!ですが、家庭科の時間に従軍慰安婦は何の関係が?
思想に共感すれば許せるってもんでもないでしょ。
公教育なら当然学習指導要綱を遵守しなければ、これだけでも十分処分に値するとは考えないんですな。

サヨク思想云々の前に人間失格ですわ。
コイツらやコイツらに共感する連中は。

投稿: t | 2008/11/03 15:19

「曲がりなりにも」とは何事か!
正真正銘の国歌だ!(右と思われるのでこのへんで)

アクセス数の件ですが,
3つ並んでいる数字の内,
1つ目でランキングしてますよね。
これは,クリックした数(週間IN)?
2番目の週間OUTは,入ってきた数?

植草氏のブログが,INがOUTに比べて
異常に多い,内容も異常なんですけど。。

この様な数字を見ると,何か方法がある
のかなぁ,だからケチを付ける輩がいる
のかなぁ,と疑っております。

週間OUTのアクセス数でランキングして
もらえれば,見たくない活字「植草」が
はるか下になってスッキリします。

投稿: 通りがかり | 2008/11/03 15:50

「私が立たなかったことでだれが迷惑を受けましたか?」これは酷い。

私の近所にも「お前に何か迷惑かけたか?」「何偉そうに命令してんだ!」等と
言っている中学生が数人居ますが、同レベルの人が教員をやっているなんて。
民間人になって私塾でやってる分には構いませんが。

挨拶すべき時は挨拶する、静かにする時は静かにする、敬意を表す時は敬意を表す。
小学校入学前に身に着けて置くべきことだと思います。

投稿: 初コメント | 2008/11/03 16:13

うーん・・・

また、ですが・・あえて苦言を呈しますとですねい
荒らしにちょっと過剰反応されすぎだと思いますよに。

個人様のブログの有り様に口を出す権利はギャラリーにはないわけですが、もちょっと重くあって欲しいなと・・・考える次第です。

質量共に非常に高いエントリーを抱え、それらも非常に貫禄と威厳を感じさせるのですが、たまに荒らしに応戦されているエントリーがちょっとですね、んー、ショッパいです・・

怒るのは結構なのですが、もっと上からドスンとしっかり怒鳴りつける感じでよろしいのではないでしょうか・・その、どうにも2ちゃんレベルのチンピラ臭いです。(藁)とか

大変勝手な言い分ですが、年長者、大先輩としてのたたずまいも頂きたいと・・・・
各エントリーでそれを示されているように。

>>「永遠の不良少年」です(藁)


これは・・マヂで止めていただけないかなと・・・
チョイ悪おやじは・・・

これはですね、若年世代にとって無責任でいい加減な大人、団塊世代の典型を想起させます。
何にでも反対、反抗こそ正義という思春期をいい年コイてまでやってるですね・・・
管理人氏も少し前のエントリーで仰っておられたではありませんか。

んー、まことに勝手なお願いなんですけどね・・。年長者の方には公然たる正義と秩序を振りかざして若者を叱るような存在であって欲しいのですよね・・・『おれもむかしはワルだった』な武勇伝を語るいい加減な年寄りに辟易させられてるのです。

投稿: もっふり | 2008/11/03 19:27

 管理人様、お疲れ様です。 
 ブログというものは、管理人様の私的空間です。そこにコメント欄があるからといって、何でも書いてよいわけではありません。こことは意見が合わないとなれば黙って去ればよいのです。攻撃的なコメントを残したり、偉そうに説教したり、ことさらミスをあげつらったりするのは、おとなのやることではありません。飲み屋で会った隣の男に、「あんたはバカですか。」とやるのと同じだと思います。
 数学でいうとガウス曲線という山頂が丸くなった富士山のような分布があります。両方のすそ野が最も良質と最も悪質になり、中間は一般的意見になります。

 日本を代表する「依存...」のブログには素晴らしいコメントが多く書き込まれます。だからこそ、その逆に悪質なコメントもあるのが自然なのかもしれません。しかし悪質なコメントと自らわからないでしつこい方や、確信犯のように「異なる意見を排除」とか言って削除されないようにするのは「削 除 対 象」でよいのです。なぜなら、ここは管理人様の私的空間なのですから。
 
 そんなことより管理人様、オバマの大統領就任、ほぼきまりのようですが、どう見ます? 私は真剣に狙撃を心配しています。また日本軽視と中国重視は本当でしょうか。ただ、この方演説はうまいですが、実行を約束していることは実現困難かもしれません。米国も民主、日本も民主で、世界は危機に突入でしょうか...。残念です。

投稿: 普通の国民 | 2008/11/03 19:46

「閉ざされた内輪的な盛り上がりのブログ」(爆)
かつてグーテンベルクの活版印刷機が知識の伝搬に貢献し、宗教改革に貢献したように、インターネットはこれから新しい知の流通を切り開き、これまでウソで塗り固まれ隠されていた真実を明らかにするでしょう。
例え法で縛ろうとしても無理無理。なぜならインターネットはグローバルなネットワークだから、法律もグローバルで無ければ意味ありません(合掌)。

投稿: モノ言うサラリーマン | 2008/11/03 20:53

坂さんアクセス数15,000,000突破目前ということでおめでとうございます。そういえばmurmurさんのブログも名前を変えてやってますけど最近更新されてませんよね。ぼやきくっくりさんと坂さんのブログは前々からの私のお気に入りです。

エントリーで議論があったようですが、そもそも自衛隊の幕僚長が自身の歴史認識(私にはとても正論と見える)を発表して更迭されるようなご時世で、どこがどう「左よりでない」と言えるのでしょうかね~。社会全体が左に寄りまくってるではありませんか。ネットがなければこの状況の異常さすらも他の人間と語り合えなかったでしょう。増田女史の意見を「真っ当」と思う人はきっと今の社会が「至極真っ当」だと思っているのでしょうね。

ともあれ、これからも坂さんのペースで更新よろしくお願いします。楽しみにしております。

投稿: おれんじ | 2008/11/03 22:55

私も「永遠の少年」さんのように右翼でも左翼でもありません。政治や歴史など全く興味もなかったノンポリです。(ノンポリという言葉も最近覚えたくらいです)大多数の日本人も右翼でも左翼でもない、むしろ多少左に洗脳されている程度だと思います。そんな多少左に洗脳されていた自分は、例えば中国の日本に対する傍若無人な態度を見るにつけ「確かに昔は日本は酷いことをしたが、いつまでも引きずるのは両国の将来にとって良くないのでは・・」と思っていたものです。自分は今でこそインターネットや書籍によって自虐史観を解かれていますが、大多数の日本人は「酷いことをした、悪いことをした、批判、誹謗中傷やむなし」の思考回路だと思います。その一方で「過去にとらわれ過ぎず、なぜ未来のために建設的、発展的な思考ができないのだろう」とも思っているのではないでしょうか。このような「普通の大多数の日本人」である私の感覚から言わせてもらえば、この「依存症の独り言」のどこが「カルト」なのでしょう??これをカルトと言って批判的な意見を言うということは特定のイデオロギーを持っているとしか言いようがありません。明らかにおかしいです。「永遠の少年」さんのような人はいい加減にしてほしいと思います。ブログ主さん、応援してますのでがんばってください!普通の人はぜーったいに「永遠の少年」さんのような考えにはなりませんって(笑)

投稿: tokoyan | 2008/11/03 23:00

坂さんや皆さんの意見を伺っていて「サヨク」も悲しい人種ではないかと思えてきました。長い日本の歴史上のわずか15年のできごとに拘泥し、そのために日本を愛する気持ちをもてず、ただ造反するだけの空虚な人生。これがどれほどのものなのか、彼らは考えた事があるのでしょうか。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

投稿: クロー | 2008/11/03 23:19

オモシロい。

投稿: | 2008/11/03 23:59

最近ブログを読み出しました。私も左翼でも右翼でもありません。
ゆとり教育が完全に間違っているとも思いませんし(限られている時間の中で何に重きを置くかでしょう)(左翼?)、
天皇制も考え直したほうがいいと思います(左翼?)。
核保持は必要ならすべきだと思います(右翼?)。
日教組の国旗国歌の問題は、だからどうした!他に考えることがあるだろう。
という意見です。左翼のブログはこのだからどうした!!それが解決に結びつくのか?
と考えイライラする事が多いです。

投稿: TAMAN | 2008/11/04 00:24

もっふりさん

坂眞氏は「マジワル親父」だと思われます(笑)
いわば年取った阿佐田哲也の様なもんですかね。
修羅場くぐってますし(^◇^;)

そのようなタイプな人は自らの経験を語ると
いう風な感じが説得力を持つと思います。

どっかの政治学者とかでは無いのですから
優等生発言は一寸(^◇^;)坂眞氏には似合いません。

そういった「固ゆで卵」なのが坂眞氏の魅力ではと。

投稿: abusan | 2008/11/04 07:42

こんな奴らは自分と気に食わない意見が多いと、「閉鎖的」wwとしか思わない、短絡的でわがままな思考の持ち主なんですから、まさに、「何を言ってもムダ」ということですよ。

そんなことより、アメリカ大統領選のほうが興味があります。
報道ではオバマ圧勝なんだとうですが、本当だとしたら、マケイン氏を評価していた私としては、ちょっと残念な気分です。

投稿: kou | 2008/11/04 08:18

左翼の効用

参考文献によると、左翼という言葉は歴史的にはフランス革命時の議会制度導入運動の中で生まれました。旧体制の支持政党が右翼で、革命遂行派が左翼というわけです。

http://www.geocities.jp/oblige347/Introduction2Japanese.html

右翼は、保護貿易、富国強兵を重視し、愛国心や信仰をベースにした道徳を唱え、資本家階級や貴族に支持されました。
左翼はそのような既成勢力の価値基準に懐疑的で、自由主義(リベラリズム)を唱え、労働者階級や現行の行政体制に異を唱える人たち(新興起業家)に支持されました。

最近では右派の唱えるのは保護貿易ではなくて自由貿易に変わっていますが、これはグローバリズムが強者の世界支配に都合が良いという理由からでしょう。

一方、過激な左派はリベラリズムを通り越して破壊的思想を持つようになっています。マルクス主義に基づく共産主義や中東原理主義などです。強国に圧迫されている(と感じている)後進国に支持されています。彼らの考え方は強国の唱えるXX主義にたいするアンチテーゼという面があります。

右派、左派の相剋は激しさを増しています。マケインはオバマを社会主義者と呼びました。右派から見れば貧乏人への減税は危険な左翼思想であり、ブッシュが行った富者の減税こそが基本政策なのですね。強い競争主義です。

この右派、左派の争いは目先は異なるにせよ日本にも持ち込まれています。明治には英国、平成には米国の影響のもとで富国に走る右翼思想が日本政府の基本にあると思います。しかしそれに違和感を感じる人たちも大勢います。歴史的使命を終えた筈の共産党(や日教組)がいつまでも国会から消えてなくならないのはその一つのあかしですね。

ガンが消えないのは国体が健康体ではない証拠と見ることが出来ます。ガンが消えないと嘆くよりも、何故ガンが発生するのかを研究対象とし、国体の健康診断を行い、生活習慣を見直すことはもっと大切なことではないでしょうか。

投稿: KappNets | 2008/11/04 10:25

日本の左翼・・・というよりサヨクのおかしなところは
日本を貶めることを至上命題としているところですね。

どこの国にも左翼思想家はいますが、愛国心を持った上での左翼思想です。
ところが、日本においてはそうではなく、日本を倒す・・・もしくは特亜各国の奴隷になれとでも言わんばかりの事を平然とやっています。
無意識のうちに、中朝(韓)の工作員と化していることに気づいていない連中がほとんどです。

また確信犯的にやっている連中は・・・中国などがこの国を本当に支配したときに自分達は優遇される・・・とでもおもっているんでしょうかね。
本気で思っていたら、相当のお花畑です。
間違いなく、真っ先に粛清対象になるでしょう。
自国民すら信じられない連中が、自分達の利益のために働いたからといって、平気で裏切り行為をした連中を信用するとでもおもってるんでしょうかね。

投稿: 松っちゃん | 2008/11/04 12:28

根津教諭は「 教育に政治権力の介入は許せない 」と断固戦ってイラッシャル訳だが そうなったのは そもそも教育の現場に政治が 持ち込まれたから・・・だろう。 持ち込んだのは日教組をはじめとした 保守系教組以外の全部の組合教員だ。

刷り込み易い子供達に 自分の価値観を 教室と云う密室で 押し付け刷り込みをしている訳だ。 
「 刷り込み 」と云う用語は確か 理科の授業で出てきた言葉だった。 ニワトリをはじめ 凡そ殆どの鳥類は タマゴから孵化して 初めて見たモノを自分の親だと認識する・・・だったかナ。
根津教諭ほか 日教組の教員は 思想に染まっていない無垢な生徒に この刷り込み行為を繰り返し 生涯に亘る影響力を及ぼそうとしているのだ。教師は 勉強だけを教えればいいのだ。 政治や道徳には いろいろ意見があるもので 一教師が教え切るものでもないし 生徒が充分な判断力を持てるようになってから 自分で考えれば良い事だろう。 教師の本来の仕事は知識を伝える事と自分で判断する力を養ってやる事だと思う。
 日教組が遣りたい事は まさに其処に理由があるので 自分の判断力を持つ前に 刷り込みを終えたいのだ。

政治ブログランキングには幾つかあるが 上位のほうから順々にどれを開いてみても 7~8割方が 保守系ブログだ。残り2~3割は 右左どちらでも無い純粋な政治評論と 左系ブログだ。ランキング上位に属すると云う事は 保守系ブログ支持者が多いという事実を表しているに過ぎない。マスコミの左寄り記事に辟易している保守派は 断然 保守系政治ブログを支持しているのだ。

投稿: ミナミは北朝鮮 | 2008/11/04 13:36

国思う心が、芽生え始めました。
右、左、それぞれの偽装、中国、韓国、北朝鮮、米国、、
日本には多くの方々が生活しています。
私は日の丸をみれば、心安らぎますし、荘厳な“君が代”を
聞くと、日本人であることを誇りに思います。
文章の欠落、事実誤認のない情報が、蔓延することを望みます。

投稿: cr-v | 2008/11/04 16:40

坂眞さんが挙げてくれた永遠の少年氏のコメントでもわかるように、最近、「実際は左翼なのに、保守のフリをする」卑怯な人間が多すぎます。

ただ単に自分の左翼思想をぶちまけていたのでは、保守を納得できないから、実際はそんなことは全く思っていないどころか、正反対のことを考えているのに、一部で保守の意見と同調してみせ、保守の人たちの側を納得させ、譲歩を迫るという卑怯な手段。

実際は左翼なんだから、堂々と自分の左翼思想をぶちまければ?と思います。(笑)
私たちは、こういう卑怯な左翼に騙されないようにしなければならないと思いました。

投稿: kou | 2008/11/04 20:05

多くのネットウヨクと呼ばれる人達って、曲がったことが嫌いとか、嘘が嫌いって人が多いような気がします。
思想とか信念とか関係なく「それってなんかおかしくね?」っていう単純な疑問から、政治関連ブログにコメントしたくなるんだと思います。

私もネットでこのブログを見つけてからすぐブックマークしましたが、文句つける要素が見つからないというか「この人は嘘が嫌いな人だな」って一目でわかると思うんです。

サヨクが嘘吐きとはいいませんが、嘘も方便・・と思っているふしが見えて、そこが違和感感じるとこですよね。

投稿: bao | 2008/11/04 21:48

>多くのネットウヨクと呼ばれる人達って、
どういう性質・主張を持った人たちが、レッテル付けているのでしょうか?
そしてそのレッテルづけされた人たちは本当に「ウヨク」なのでしょうか?
違いますよね。それにもかかわらず、なぜ本質を表現していない偽りの印象を持つレッテルを貼り付けるのか…
これ、単なる売春婦を従軍慰安婦とレッテル付けし情報操作・思想誘導を行ったのと同じで、プロパガンダなんですよ。

投稿: aaaa | 2008/11/04 22:28

kou様
>最近、「実際は左翼なのに、保守のフリをする」卑怯な人間が多すぎます。

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)はどのようにして、熊襲や出雲を平定したのか覚えていらっしゃいますか。覚えていれば、平和ボケしたのは日本人の方だということが思い浮かぶことと思います。

投稿: aaaa | 2008/11/04 22:48

はじめまして。文章下手で恐縮なのですが、国歌について感じましたことを。

ここ2日、車中AMラジオにて野球の日本シリーズを観戦。
一昨日(11/5)は、文化放送の中継。試合開始前の国歌演奏中にもかかわらず、息つく間も無いほど喋りまくるアナウンサーにビックリ!周りも注意する奴おらんのか!?とラジオの前でツッコミまくりでした。

昨日(11/6)は、ニッポン放送の中継。国歌演奏中は言葉を発せず。で、演奏終了直後にアナウンサー氏と、解説のジョニー黒木が共に、両軍のブルペン(客席から見える)で、国歌演奏中にもかかわらず、練習を続けていたことを指摘。怒るまではいかないものの、困惑しきっているのがラジオから伝わり、放送する側の姿勢(倫理観)が前日とまるで違うことが印象的でした。

喋りまくりのアナウンサーも、練習を続けた選手も、それらを容認した周りの人達も、多分ノンポリ。ウッカリしていただけなのでしょう。でも、そこらのガキじゃないんだから…あまりにも情けない。

「国家」とは目に見える存在ではなく、抽象的な概念の集まりに過ぎません。その抽象的な「国家」を成立させ、維持していくためには、属する人達で共有し得るモノ・ルールが必要であり、その象徴的なものが「国旗」「国歌」なのだと思います。

『現行の国旗、国歌を否定』=『現在の国家体制の否定』と確信的に運動するサヨクの存在自体は、思想の自由がありますから、否定するものではありません。ただ、そのイデオロギーを子どもに押し付けるな!と。「国歌斉唱の際の不起立」が、実は『国家体制そのものの否定』だと、子どもたちが理解しているとは思えません。

サヨク的教育によって、逆に「国歌を真剣に歌う」姿をウヨク的だとレッテルを貼る結果となり、ひいては「国歌を普通に歌う・聴く」ことすらウッカリ忘れてしまう世の中になっているとしたら?こんな最低限のルールも共有できない社会を、サヨクが望んでいるとしても、そこから何を生みだそうというのか、さっぱりわかりません。

私は長年、中道左派を自認しておりました。が、転向などと大げさではありませんが、最近は保守系の主張に共感することが多くなってきました。特に坂さんの記事は理路整然としており、その主張に対して賛成・反対は別にあるとして、こういう見方もあるんだと感心させられます。

一方、サヨクについては某社民党党首を筆頭に、主張はイヤミやらイチャモンやらばかり。国のかたちをどうしたいのか全く見えないその手法に、嫌気がさしたというのが正直なところです。

投稿: 多田 | 2008/11/07 12:17

いつも大変興味深く読ませて頂いております。かつて学生運動に関わった管理人さんのような方が、よくぞ自らその洗脳を解かれましたね。私は最近亡くなられた高名なTVキャスター氏に新人類と呼ばれた世代の一人です。父は昔気質の人間で肉体的にも精神的にも強い人でした。思想はかなり右でしたが、とっている新聞は何故か朝日でした。私は父への反発から左よりの実はノンポリでしたが、今では立派な世間一般で言われるところの右思考です。でも、自分ではごく普通の真ん中の思考だと思っております。実は勤務している会社に教員崩れがおりまして、これがもうばりばり日教組に洗脳されているやつで。。反天皇、反日の丸。四十過ぎてやっと娘に恵まれたにも関わらず、その反日思考から解脱する気配は全くありません。良い人間なんですがね。。多分あれは直らないな。日本人でありながら日本は常に悪なんですよね。なんか知らないけど、権力に反発とする事が善だと思っているみたいで。。「俺は憲法改正論者だ」って言うと噛みつくくせに、「君の嫌いな天皇制を廃止するには憲法改正が必要だよな?」って言ってやると、黙ります。
 仮に、北や中国が”間違って”日本にミサイルをぶち込んだりして、大勢の日本人が死んだとき、この左巻きのバカどもはどう反応するんでしょうね。。やつらは自分は絶対にそうはならないと思っているような気がしてなりません。「やっぱり悪いのは日本だ」って言いそうな気もしますが。。
 教師といえば、昔良く「仕返しはいけません」って言われましたっけ。。虐めを助長する悪しき思想だと思うし、私は結局染まりませんでしたが、これも日教組の”教え”だったのでしょうか。。

投稿: 木枯らし | 2008/11/09 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/42986671

この記事へのトラックバック一覧です: 依存症の独り言は「カルト」だってか???:

« 毒吐き中国は行き着くところまで行くしかない | トップページ | 田母神論文は侵略戦争を美化したのか »