« 田母神論文は侵略戦争を美化したのか | トップページ | 「偉大なり 大作先生」と笑えるコメント »

2008/11/06

バラク・オバマ氏の当選に「おめでとうと」と言いたい

バラク・オバマ氏が米大統領選で当選しましたね。
まずは、おめでとうと言いたい。
なぜ???
画期的な出来事だからです、色んな意味で。

「Yes we can」
「そうだ!我々にはできる!」
すごく新鮮で、彼を支持した米社会のダイナミズムを感じます。
まあ、我が国にとってプラスかどうかは今後を見なければ分かりませんが、彼は単なるリベラリストではないと思いますね、経歴や言動を見る限り。

ただ、どこかのメディアが、「人種・年齢・貧困の壁を乗り越えた」と書いていましたが、これは疑問ですね。
「オバマ氏は(母方の)白人中流階級に育った生粋の米国人。黒人たらしめているのはケニア人の血だけだ」(アンドリュー・ヤング元アトランタ市長=黒人:讀賣新聞)からです。
が、逆に言うと、それだけにバランスの取れた大統領になれるのかもしれません。

1783年のアメリカ独立革命を、私は現代民主主義の原点だと思っています。が、「万人の平等」を謳いあげたこの革命の後も奴隷制は揺るぐことなく存在し続けました。
エイブラハム・リンカーンが「人民の、人民による、人民のための政治」という、まるでマルクス(共産主義)と見まがうような演説をし、奴隷解放令(1862年)を出した後も、黒人に対する絶望的な差別と貧困は変わりませんでした。

この状況は、今も変わりません。これをオバマ氏が克服できるのか?大いに注目すべきところでしょう。

まあ、オバマ政権は「「アメリカ型の民主主義を武力を持って世界に強制する」という狂気の理念に支配されたネオコンに操られたブッシュ政権(特に第一期)よりは、はるかにマシでしょう(あるいは、「中東の地はユダヤ人の約束の地」だと信じるキリスト教原理主義よりは)。
が、何とも読めませんね、今後のオバマ氏動きは。

「オバマはたぐいまれな候補だが、たぐいまれな大統領になれるかどうかは未知数だ」(米民主党幹部:讀賣新聞)ということです。

なお、コンドリーザ・ライス米国務長官(黒人)が「アフリカ系米国人として特に誇りに感じる」と感動の面持ちで語ったそうですが、この気持、よく解ります。
党派や考えが違っても、民族や人種は通じるところがあるのです。

オバマ氏が「親中国」だという論調もありますが、私は予断を排して見守りたいと思います。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング

|

« 田母神論文は侵略戦争を美化したのか | トップページ | 「偉大なり 大作先生」と笑えるコメント »

米国」カテゴリの記事

コメント

黒人であって、黒人奴隷の子孫でない。白人と黒人のハーフで、インドネシアという回教圏と、ハワイというアメリカでも異色の文化圏で育ち、シカゴという黒人の中心地で活動し、ハーバード大でも学んだエリート。そういういろんな要素があるので、誰もが自分の代表のような気がして、投票しやすかったのかも。金融危機も味方したかもしれませんね。とにかく、「変えたい」というスィッチが入りましたね。演説うますぎてちょっと怖い感じもしますが。。。

同じ民主党だからと妙なはしゃぎ方の日本の民主党と、市と同じ名前の候補だからと、大騒ぎしている福井の某市の様子に、軽いめまいを覚えましたが。。。

マケイン氏も人柄が出て、よい敗北のスピーチだったと思います。

投稿: ゆみこ | 2008/11/07 01:50

楽観的に見たいが、オバマ氏の日本に対する「従軍慰安婦」の誤った認識が何よりの心配事。

投稿: | 2008/11/07 01:56

 それにしても「同じ名前の他国の大統領選の候補者が当選した」と言うだけで有頂天になる福井県小浜市の馬鹿騒ぎぶりには思わずドン引きしました。「便乗商法」にしたって完全にその範疇からも外れています。
 自分達の幼稚さに気付かない小浜市は北陸の恥です(棒読み)。

投稿: KY | 2008/11/07 02:26

大正8年(1919年)日本は国連で「人種差別徹廃法案」を提出しました。全米黒人新聞協会は~「我々黒人は、講和会議の席上で、人種問題について激しい議論を闘かわせている日本に、最大の敬意を払うものである、全米1,200万の黒人が息をのんで会議の成り行きを見守っている」~しかしアメリカ・ウイルソンの全会一致でなければならないと言う「無法」の前に多数決が放棄されました。

当時の英字ジャパンタイムスの記事には~「歴史的かつ荘厳なるべき会議で白人の代表は、自分たち白人と非白人を平等とする原則の承認と受容を今正式に拒絶した。国際連盟委員会のこの様な行動は、これまでの世界的傾向だと考えられて居た各人種の調和ある交流を妨げる永久的障害をほぼ確実に築く事に成るだろう」。

あれから90年日本の主張が実った様な事がアメリカで起こったのです。親中国・親日本と言う前に日本の現在の政治家には「過去」の日本の政治家は全人類の事を思考し、有色人種も白色人種も同じ人間である事を主張していたのです。

現状の「田母神論文」に狼狽する日本の政治家諸氏にはこんな日本の歴史の一例「誇り有る日本の政治家」を目指して精進してほしいものです、恥ずかしながら一民間人・一アホが日本の政治家に言わなければならない情けなさ、しっかり頼みます。

投稿: 猪 | 2008/11/07 11:34

>「オバマ氏は(母方の)白人中流階級に育った生粋の米国人。黒人たらしめているのはケニア人の血だけだ」
これは単なる誹謗中傷の類で、実際には黒人の生活改善のために地道な地域活動をしてきた人のようですよ。
シカゴ オバマを鍛えた貧民街
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20081105/176303/

投稿: go-ichi | 2008/11/07 13:20

>「アメリカ型の民主主義を武力を持って世界に強制する」という狂気の理念に支配されたネオコンに操られたブッシュ政権

そうなんですか?

依存症さんは、小泉さんを全面肯定してるから、その小泉さんが全面肯定したブッシュ政権の「アメリカ型の民主主義を武力を持って世界に強制する」という理念も全面肯定しているものだと思っていました。

とすると、依存症さんも左翼と同じくイラク戦争などには距離を置きたいと思っているのでしょうか?

投稿: | 2008/11/07 16:43

産経iza の記者ブログで古森さんが、保守系の大物政治評論家ジョージ・ウィル氏の論評を紹介していました。


「オバマ氏は人の心を和らげる資質を感じさせる。ヒラリー・クリントン上院議員とは対照的なのだ。いま民主党側の各候補では先頭を走るクリントン議員は最近、自分のイメージを変えようと努力はしているが、本来、激しい対立を辞さない強硬タイプだといえる。民主党側にはこうした対決タイプの候補をこれから選挙戦で盛り立てていくことへの不安や不満がくすぶっている。調和型のオバマ氏はクリントン議員に欠ける特徴があるからこそ、民主党内部で支持が強くなっているのだ。民主党側ではヒラリー・クリントン議員を自党の唯一の候補として押していくことへの懸念がなお強いのだ」

ヒラリーが民主党の大統領候補だったら、マケインも副大統領にニューヨーク市長ののマイケル・ブルームバーグを持ってきて、接戦になったような気がします。

我が国にとってはヒラリーでなかったことをもってよしとしなければなりません。

鳥越健太郎が日本の首相はオバマに駐留米軍を引き上げるように要求しろといったそうですが、それこそ金正日 (生きていればですが)にGO!サインを出すようなものです。それぐらいのことも想像できないコメンテータがのさばっているのは嘆かわしいことです。

投稿: weirdo31 | 2008/11/07 16:51

左翼でなくてもイラク戦争などには距離は置きたいですよ。
日本も給油とか直接国益に関係している部分しか参戦してないでしょ。(補給活動は兵站活動なんだから参戦でいいと思うけど)


アメリカもそれ以上の参加は希望しても無理強いしてこないでしょ。それが世界の非情さなのは連中が一番知ってるんだよ。

戦争に参加するだけじゃなくて不正口座を作れないように法改正したりテロとの戦いって何もドンパチだけじゃないんだよ。

投稿: たつき | 2008/11/07 17:31


スレ違い失礼

yahooで田母神氏の世論調査
してます

↓↓↓

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?qp=1&poll_id=2909&typeFlag=1

投稿: 明和高校名古屋大学河合希 | 2008/11/07 17:38

話はそれますが鳥越健太郎という男、これ、何とかならないものでしょうかね。
大阪・梅田の交差点で30才の会社員を車で3キロ引きずって死亡させた極悪人に対して「根っからの悪人ではないと思う。悪人ととらえて見てこの事故を考えると違ってくる。酒を飲んでいる、免許がない、警察に捕まると大変なことになる、というので逃げる心理、認めるわけではないけど、そういう心理に人間がなることはあるかもしれない」
こんなコメントを世間に恥知らずも無くテレビ朝日に出て発言するのですから、たまったものではない。

投稿: 無茶区 | 2008/11/07 18:20

書き込みは初めてです。
いつも拝見しています。読み応えのあるエントリ、ありがとうございます。
オバマ次期大統領、大変でしょうね。
強く大きなはずだったアメリカを、身の丈相応に持っていくのが急務だと思います。
それを米国民が納得するような形で築けるかどうか。
誇りを捨てて実利を取れるのか。
戦略的撤退とか、縮小均衡というような形を目指さざるを得ないのではと思います。
振り返ってわが国。
米国がなりふり構わず国益を追求する過程で、日本がはじかれるような事態にならなければよいのですが。
正論が正論として通用する国際社会で在ってほしいと思います。

投稿: ペンキ屋 | 2008/11/07 19:22

正直、アメリカが変な平和主義になったら少し怖い気がします。今、抱えているイラク、北朝鮮問題に加えイスラエルとイランの関係も気になります。台湾にも中国を牽制するかの如く、アメリカは武器を売るとか言ってたような気が・・。台湾は馬英九になって中国に急接近ですし台湾が中国に飲み込まれたら、次は沖縄なので気になります。色々妄想をしてみたら経済の建て直しには時間がかかるにしても、軍事力だけはやはり強いアメリカであってほしいと思ったりしています。でも、『話せばわかる』をモットーに武力を行使しないアメリカをみてみたいとも思います。これこそ新しいアメリカでチェンジではないかと。

投稿: 123 | 2008/11/07 22:56

鳥越健太郎ではありません、しゅん(俊)太郎でした。

子供の時、友達に「しゅんたろー」君がいました。みんなから「しゅんたろー」と呼ばれるのをいやがるので、「健太郎」と呼んでいました。ついうっかり手拍子で間違えました。済みません。

投稿: weirdo31 | 2008/11/08 05:44

はじめて書き込みします。
オバマ氏とアメリカの軍産複合体とこれが日本に与える今後の影響について実に興味深い記事を発見しました。
 ↓
「オバマ政権の誕生と米軍産複合体」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-228.html

これからの日本がどうなるのか興味のある方はご一読をお勧めします。

投稿: ひのまる | 2008/11/08 08:35

アメリカの共和党と民主党の日本観が違うのは理解できます。過去の政策や経過・結果を見れば判るのとですが現在はアメリカが日本をどう見ているかより日本がどうするのか?誰と仲良く付き合うか?どのように付き合うか?を思考しなければならない時期(もう日米安保の賞味期限も過ぎているのです)を見れないだけなのではないのでしょうか?

何も先が見えません、見えないのが当たり前と思いますテレビ・新聞での「予想屋さん」が自分を売り込むための宣伝をして「間違い」で有ろうと無かろうと堂々とお呼びが掛ればまた出かける、そして国民が又騙される事の繰り返し、「検証」する場所が非常に日本では少ないのが問題で「議論」に成らず、進展どころか改善もなされない原因を自ら作り出して「疲弊」して居るのではないでしょうか?

本当なら日本は4年に一度出てくる新人大統領と対峙する幸運だと思う事も必要です。アメリカの方針は変わるのですが日本は日本と過去の歴史や過去の経過・日本の政治体系を見れば国民の為・政界の為の「長期政策が立派」であれば「村山談話」「河野談話」一つ帰る気持ちもない日本の「政策」は動かないのですから「強い」と思うのですが~~~~~

投稿: 猪 | 2008/11/09 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/43033267

この記事へのトラックバック一覧です: バラク・オバマ氏の当選に「おめでとうと」と言いたい:

» Anothr feed track -依存症の独り言 [anothr user]
One new subscriber from Anothr Alerts [続きを読む]

受信: 2008/11/07 01:09

» 再開100回目 特に書くこともないのだが [ネトウヨの呟き 〜気ままにつれづれ〜]
 いや、書きたいことは色々あるのかもしれない。ただ何を書けばいいのか悩んでるだけ・・・・・・と思いたい。 ・アメリカ大統領選挙。  オバマかよ。マケインがましかどうかわからんけど、民主党大統領だろ? 議会の上院下院も民主党だし、こりゃアメリカダメだな。  民主党の特徴。 ・国力低下 (クリントンの金融重視政策のおかげで製造業がたがた) ・敵の強化 (敵性国家に対して妥協。結果敵を強くし軍事費が余計に必要になる) ・社会のアウトサイダーへの妥協 (犯罪者や、そこまでいかないにしても性格異... [続きを読む]

受信: 2008/11/07 08:29

» 日米関係の冷却に備えよ!民主党オバマ勝利! [EmpireoftheSun太陽の帝国]
 残念至極と言うしかない・・・[E:crying]  来年1月就任するアメリカ第 [続きを読む]

受信: 2008/11/07 15:34

» "ライス米国務長官" に関する話題 [話題の女性にズーム・イン]
"ライス米国務長官" について書かれたエントリを検索してみました。 依存症の独り言: バラク・オバマ氏の当選に「おめでとうと」と言いたいバラク・オバマ氏の当選に「おめでとうと」と言いたい バラク・オバマ氏が米大統領選で当選しましたね... [続きを読む]

受信: 2008/11/08 04:23

» 再開101回目 ブログ名の変更と色々な呟き [下から視線 −自由主義者の気儘な呟き−]
 ブログタイトルを変更した。  上にいるわけではないから「下から」の視線。  サヨでは絶対にないけど、ウヨというほど陛下に忠誠心もないし忍従が好きではないから「自由主義者」。  こうなった。  そんな人間の呟きをつらつらと。 ・チェンジチェンジ  民主党がそんなことを言ってる、というようなことをネトウヨのブログさんからのトラックバックで知る。  そんなに変化が好ましいなら、田母神論文が出てきたことを誇りに思え。今まででは考えられなかった変化だぞ。  あと、麻生総理に歩調を合わせろよ。民... [続きを読む]

受信: 2008/11/08 16:53

« 田母神論文は侵略戦争を美化したのか | トップページ | 「偉大なり 大作先生」と笑えるコメント »