« 2009年3月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年5月

2009/05/30

忙中閑あり

このブログを始めて4年以上が経過しました。最近は、忙しすぎもあって記事の更新が滞りがちです。で、今日は「忙中閑あり」、思うところを徒然なるままに書いておこうと思います。

ところで、最近も「ネトウヨ(ネット右翼)」とか「ブサヨ(ブサイクなサヨク)」とかいう言葉が蔓延しているんですかね?ネットでは。このところ、ヒト(他人)様のブログをほとんど読まないので、よく分かりません私には。
でも、「ネトウヨ」も「ブサヨ」も私からすれば、間違っていますね、その定義が。だって私が「ネトウヨ」ですよ「ブサヨ」に言わせれば(笑)。「ブサヨ」も左翼ではありません、私からすれば。彼らは反体制派です。

確かに「左翼」という言葉の語源はフランス大革命にあり、その時の左翼(ジャコバン党)は反体制派でした。が、現代社会における左翼は「体制内の改良派」であって反体制派ではありません。ところが、「ブサヨ」と呼ばれる連中は明らかに反体制派です。
自衛隊も集団的安全保障も否定する。「君が代」「日の丸」もしかりです。要は、今の豊かな日本社会の礎になった近代日本の歴史を否定しているのですね、連中は。日清、日露の両戦争の勝利がなければ今の日本はない。その勝利の象徴が「君が代」「日の丸」です。それが見えない・・・イデオロギーは人間を盲目にするのですね。
たしかに先の大戦では惨めな敗北を喫しましたが、当時の戦争指導者だって国を思って戦争に臨んだのであり、最初から悲惨な結果を求めたわけではありません。まあ、結果責任ですから彼らが免責されるわけではありませんが、少なくとも彼らは「犯罪人」ではありません。ましてや「君が代」「日の丸」には何の罪もない。

ところが、日本の左翼は、彼らを「戦争犯罪人」として断罪する。「オマエが当時の指導者だったらどういう選択肢があったの・・・?」そう訊いてみたいですね連中には。
日清、日露の勝利がなかったら東アジアはロシアの支配下に置かれた、これは常識でしょう。にもかかわらず、「反体制」だから、そんな常識さえ通じない彼らには。

まあ、ネットでは彼らの発言力はそれなりのものがありますが、現実社会では極少数派でしょう、連中は。社民党と共産党を足しても、その支持率は10%にはるかに届かない。これが「ブサヨ」の現実です。日本国民の圧倒的多数は、それほどバカではないということの証明ですね、これは。

「ネトウヨ」(笑)
自衛隊や集団的安全保障を容認し、日本の近代史を肯定的に捉えるのが「右翼」???それはないでしょう・・・これは世界の非常識です(笑)
私自身は、今の豊かな日本の礎を築いてくれた先人たちに感謝し、その象徴である「君が代」「日の丸」に敬意を表しているだけです。

確かに右翼はいます。瀬戸弘幸さんは右翼を名乗られていますし、その支持者は「「ネトウヨ」かも知れません。が、私は「結果の平等」よりも「機会の平等」を重視しているだけ。権利と同じだけの義務がある、自立なき甘えは許されないと思っているだけ。既得権益(その典型が特定郵便局)は破壊しなければならないと思っているだけ。そして、日本の歴史と伝統と文化に誇りを持っているだけ、です。
これが右翼なら、私は甘んじてその称号を受け入れます(笑)

それにしても、麻生太郎首相を盲目的に支持し、改革を敵視する人たちは理解できませんね。だから自民党は負けるのです、あの鵺みたいな民主党に。
麻生氏の厚労省改革、よいアイデアだと思いましたが、族議員の抵抗で頓挫してしまいました。これ、麻生氏が、そのリーダーシップのなさを批判されるのは無理もありません。が、要は、事の本質は自民党的体質でしょう。鳩山邦夫氏(総務相)にも同じものを感じます。
が、鳩山氏を総務相に任命したのも麻生氏。族議員との戦いを先送りしたのも麻生氏。

もっと、麻生首相には、自信を持って戦ってほしいと思いますね。そのためには、まず足下を固めないと。今のままでは閣僚が悪すぎます。それから党3役。思い切って改造したらいいのかな、とも思いますけど。
鳩山氏や笹川堯総務会長は百害あって一利なし、と思いますけどね、麻生内閣にとって。

自民党は、今となっては麻生首相で総選挙を戦わざるをえないわけですから、もっと首相を盛り立てるべきです。なのに、私利私略で麻生首相の足を引っ張ってばかりいる、「選挙の顔」として圧倒的多数で麻生氏を担いだのに。有権者は見ていますよ、そのあたりを・・・
自民党=「自分党」というのは確かでしょう。が、対する民主党は、党内矛盾を政権奪取という一点のみで覆い隠している(団結している)。であれば、自民党も政権防衛の一点のみで団結するべきではありませんか。

麻生氏は党内基盤が脆弱、また不用意な発言も多い。が、今の自民党に麻生氏以外の「顔」がいないのも現実。であれば、もっと党自体が危機感を持つべきでしょう。なのに、麻生攻撃で選挙を生き延びようとしている輩が多すぎる。
あなたたちはこのままだと民主党に負けますよ、間違いなく。

それでもいいのですか???
先生方!!!

民主党内の旧社会党議員は20数名、約10%にすぎません。が、社会党消滅後、本来なら社民党として選挙に臨むべき連中の大半が民主党を名乗って国会議員になっています。
北朝鮮マンセーで、被害者より加害者の人権を擁護する「リベラルの会」は衆院に20人以上います。日教組出身の輿石東参院議員会長を始め、参院民主党のかなりの部分は本来なら旧社会党に属するべき議員です。

こんな、自衛隊を、集団的自衛権を、君が代・日の丸を否定し、親中共(中国)を本音とする連中が跋扈する民主党に政権を取らせても良いのか???
自民党の先生方には猛省を促したい、そう思います。

| | コメント (27)

2009/05/24

盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏の死に思う

みなさん、ご無沙汰いたしております。やはり、心身ともに余裕がないとブログは書けません。

痛感!!!

ただ、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏の自殺という現実を前にして、私には「何かを書く責務がある」、そう思いパソコンの前に座りました。

今回の出来事、韓国の後進性を痛切に感じます。地縁・血縁・学縁の利害に国家の最高権力までが汚染される。こんなこと、先進国ではありえません。

極貧家庭の出で、苦学して弁護士になった人権派。妻も獄死した共産主義者の父を持つ。こんな経歴から、私は、ノ・ムヒョン氏だけは、不正蓄財とは無縁!と思っていました。

が、ず~っと前の、ある読者の方の「ノ・ムヒョンも政権が変われば追い落とされ、獄につながれるのでしょう。それが韓国の伝統です」という指摘が現実のものになってしまいました。

妻、長女、姪の夫らが絡んで6億円もの資金を不正に受け取った。これは事実のようです。にもかかわらず、「不公正な国策捜査だ!」という非難が一定の世論の支持を得る。大勢の支持者が、祭壇の前で突っ伏して泣きじゃくる、この光景は異様です。

全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)は内乱容疑と不正な巨額蓄財で無期懲役と懲役17年。金泳三(キム・ヨンサム)は次男が不正資金で懲役刑。金大中(キム・デジュン)も長男が不正資金で在宅起訴、次男、三男が逮捕。
清廉だったのは、今も支持が高い朴正煕(パク・チョンヒ)だけです。彼は、左翼からは蛇蝎のごとく嫌われましたが、やはり旧日本陸軍士官学校を3位の成績で卒業したエリートとしての矜持があった。

彼は、とある席で以下のように語ったそうです。
「日本の朝鮮統治はそう悪かったと思わない。自分は非常に貧しい農村の子供で学校にも行けなかったのに、日本人が来て義務教育を受けさせない親は罰すると命令したので、親は仕方なしに大事な力だった自分を学校に行かせてくれた。すると成績がよかったので、日本人の先生が師範学校に行けと勧めてくれた。さらに軍官学校を経て東京の陸軍士官学校に進学し、首席で卒業することができた。卒業式では日本人を含めた卒業生を代表して答辞を読んだ。日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している」

朴正煕以外は、戦後の「捏造された歴史」から逃れられなかった。それが異常な「反日感情」の演出につながった。その極め付が盧武鉉=戦後派である。

私はそう思います。

「反米だからどうだというのだ!」と豪語していた盧武鉉氏が、自分の子供たちはしっかり米国に留学させ、しかも米国で豪邸まで買ってやっていたという現実。韓国の複雑な反米感情=米国コンプレックスを感じさせます。これはわが国=日本に対しても同じかもしれません。

盧武鉉氏に哀悼の念を表します。

| | コメント (18) | トラックバック (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年8月 »