« 怨讐:プロローグ~5.恐喝-までを一挙掲載 | トップページ | 怨讐:8.蹉跌 »

2010/04/14

怨讐:7.邂逅

小説を更新しました。
7.邂逅 」です。

この章は、私の総括でもあります。


Sasebo
機動隊の警備車輌を占拠した学生たち



【あらすじ】

 暴力と欲望が渦巻く禽獣の街。この街の闇に棲む左門肇は桎梏の過去を背負っている。ある日、たった一人の親友である田島四郎が殺害された。田島は、元アイドルの裏ビデオを残していた。左門は復讐を決意する。しかし、立ちはだかる敵は巨魁だった。
 新宿署の谷口刑事が執拗に左門を追う。
 左門と谷口刑事の間には、遠い過去の因縁があった。
 青春の蹉跌、というには、あまりにも重すぎる過去。仇敵は過去の悪霊だった。
 全共闘・革命幻想に酔いしれた時代。その時代を懸命に生きた男たちのその後の生き様を、ハードで簡潔な筆致で綴った怨讐の物語である。



怨讐 ←(縦書きPDFで読めます)

プロローグ
1.陥穽
2.引導
3.裏ビデオ
4・光芒
5.恐喝
6.抹殺

以上は、「小説家になろう」のサイトにリンクしています(縦書きで読めます)。



「怨讐」は以下のページに移りました。

小説家になろう

なお、今後も記事を更新したときは、このブログで告知します。

↓続きを読みたいと思う方はクリック
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓ついでにココもクリック
にほんブログ村 小説ブログ ハードボイルド小説へ
にほんブログ村

|

« 怨讐:プロローグ~5.恐喝-までを一挙掲載 | トップページ | 怨讐:8.蹉跌 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/48086886

この記事へのトラックバック一覧です: 怨讐:7.邂逅:

« 怨讐:プロローグ~5.恐喝-までを一挙掲載 | トップページ | 怨讐:8.蹉跌 »