« 民主党の敗北と政界再編 | トップページ | 亀井静香の「大きな政府」論を批判する (1) »

2010/05/18

三宅雪子 またワロタwwwwwww

三宅雪子衆院議員(民主党)が恥の上塗りとも言うべき発言をしている。
自身のオフィシャルブログに5月16日付で掲載されている。

自民党の議員が私とエレベーターで同乗した際、自分で転んだと語ったとホームページに書かれていますが、そのような事実はありません。このことが私に対しての悪意ではなく、その方の勘違いであることを、願うばかりです。

雪子のDO MY BEST

これは、馳浩衆院議員(自民党)が「はせ日記」に5月13日付で書いた以下の記事に対する反論である。

議員会館のエレベーターに、民主党の三宅雪子さん、松葉づえ姿で乗り込んでくる。
えらいものものしい。
「どないしたの?」
「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって…」
と、痛々しい包帯姿。
「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい…
と三宅さん。
「強行採決は与野党阿吽の呼吸でやるもんだけどね。新人はまだ要領がわからないんだね…」
と、同乗の共産党の宮本たけしさんと世間話。

馳浩のはせ日記(5月13日)

つまり、三宅議員は馳氏の日記に書かれたことを全否定しているのだ。
「悪意」という言葉まで持ち出して。

こういう風に書かれれば、馳氏も反論せざるをえない。

いきなり松葉づえで入ってきた三宅さんに、
「大丈夫?」
と、心配して聞いたのは事実だし、
「運動不足ですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい…」
と、申し訳なさそうにしていたのは事実。
その時点で内閣委員会の大騒ぎは知っていたが、その場に三宅さんが動員されていたのは知らなかった。
強行採決の時に転んだと聞いて、どうして自分で転んだのだろうか?と、不思議に思ったものだ。
強行採決なんて、国会では与野党合意でやるもの。
その時に、どういうことに注意すべきかは、新人議員は国対の先輩からアドバイスされることになっているのだが。
誰かに押されて、不可抗力で自分で転んだのか?
自作自演で大げさにわざと自分で転んだのか?
いずれにしても、あまりいい話ではない。

馳浩のはせ日記(5月16日)

「私に対しての悪意ではなく、その方の勘違いであることを、願うばかりです」とまで書かれて、馳氏、「いずれにしても、あまりいい話ではない」と少々おかんむりである。

では、どちらの主張が正しいのか?
ここで、馳氏の13日の日記に登場する共産党の宮本たけし衆院議員の言葉(5月17日)を紹介する。

馳さんがここに書いていることは、おおむね事実です。怪我の理由を訊ねた私たちに、「昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって…」「運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい…」と三宅さんがおっしゃったことも…。ただし、それに続く「強行採決は与野党阿吽の呼吸でやるもんだけどね。新人はまだ要領がわからないんだね…」というのは、あくまで馳さんの弁ですよ。決して私の発言ではないですからね。

宮本氏のオフィシャルサイト「政治の中身を変える

宮本氏は今回の事件(?)に直接の利害関係を持たない。
つまり第三者である。
その宮本氏が馳氏の書いた記事を事実認定。

三宅雪子議員、もうサイテーである。
少しでも賢明さがあれば、こんなときは沈黙を守る。
火の手が収まるのを待つ。
が、テイノーで恥知らずだから、嘘に嘘を重ねて墓穴を掘る。
自作自演で人を貶めていながら、さらに馳氏まで「うそつき」呼ばわりする。

三宅議員は前出のブログで次のようにも書いている。

私は先輩議員の指示に従い、同僚議員と前方に立ちました。その後、採決の際、背後から不意に押されて前のめりに倒れる格好となったわけです。その原因となった議員ご本人が、私に関して心ない批判をされていますが、断じて自ら倒れたわけではないことを強く申し上げます。その場で一言、謝罪があれば済んだ話だったと思うのですが、否定のみならず、陰謀説や私の人格を否定する発言までされていることには、困惑しショックを受けています。

―背後から不意に押されて前のめりに倒れる―

しかし、三宅議員の背後に立っているのは民主党の同僚議員で、「その原因となった議員」とされる甘利明氏(自民党)は三宅議員の右斜め前にいた。
それは「三宅雪子議員転倒 超スロー再生」を見れば一目瞭然である。
位置関係からして甘利氏が背後から押すのはありえないし、もしほんとうに押されたのなら犯人は民主党の同僚議員ということになる。
自分から倒れこんでおいて、甘利氏に謝罪を求める。
この女は、もう常人の理解を超えている。

三宅議員は、同じブログで、もう笑うしかないことも書いている。
痛めたはずの右足に左足をのせている写真についての弁明である。
ネットでは、この写真を元に「ほんとうに痛めたのか?」と散々批判された。
よほど気になっているのだろう(笑)

席上で一瞬、日ごろの癖で足を組もうとし、痛いことに気づき、すぐ戻したのですが、あたかもずっと足を組んでいたかのように写真が流布されたことに、もただただ驚愕するばかりです。実際に打撲をしていたわけですから、組めるはずもありません。

が、である。
以下の写真を見てほしい。

Miyake4

ほんとうに「痛いことに気づき、すぐ戻した」のなら、露になった太モモを隠すためにスカートの裾を引っ張る必要はないし、そんな時間もないだろう(爆)

私は、こんなバカ女についてのエントリを何度も書きたくはない。
が、民主党は、甘利氏が三宅議員の右ひざに全治3週間の打撲を負わせたとして懲罰動議を出している。
また、三宅議員本人も、虚偽の主張に基づいて甘利氏や馳氏を攻撃している。
こんなことを許してはならない。
そして、民主党の新人議員のレベルの低さ、小沢執行部の手段を選ばぬ陰謀体質を暴くためにも、この三宅議員の愚行を弾劾しなければならない。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓ついでにココもクリック
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村

|

« 民主党の敗北と政界再編 | トップページ | 亀井静香の「大きな政府」論を批判する (1) »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

このドキューン女をどげんとせにゃならん!ホンマ何のために国会議員になったんだろう?自己顕示欲、目だちたいそれだけなんだろうな~。頼むからとっとと議員なんか辞めてくれ。

投稿: archer | 2010/05/18 23:45

前回の衆院選挙では民主党に投票しました!

なんで懲罰動議?
被害がはっきりしてるなら、傷害罪または過失傷害で告訴しろ!
おかしいだろ?
国会(立法機関)だろ!
「三宅雪子の個人的判断でここまでやったのか?
それとも小沢か官邸の支持か?」
という問題でしょう。
どっちにしても国会をここまで貶めるか?
政権交代?
阿呆太郎等の自民党政権からの離脱?
政治主導?官僚支配の打破?
有権者が為政者(被選挙権者)に馬鹿にされ過ぎでしょう!!!!!

投稿: あほのサカタ | 2010/05/19 04:43

関係ないですが、こういう場合に着るにしては、スカートの丈が短過ぎませんか? 

投稿: 苺畑カカシ | 2010/05/19 05:02

エントリーありがとうございます。

本当になにやってんでしょうね。
ただ目立ちたいだけの新人議員なんでしょう。

転倒の三宅氏、生電話出演 加藤・テリーに突っ込まれしどろもどろで「あのー」連発…日テレ・スッキリ!!
http://www.j-cast.com/tv/2010/05/18066697.html
http://www.youtube.com/watch?v=wz_uOi_Du38

投稿: 憂国りん | 2010/05/19 08:41

こんなのに投票するBAKAが居ることに驚きますが、日本人も少しは人を見る目と自分で物事を考える力を養って欲しい。
さすれば民主党の生活安心・生活第一が「国防」も考えていない社会党と組んでいる時点で民主党の中身が判ると思います。
過去の小沢語録を見ていれば「ご都合主義」の小沢とすぐ判る。田中角栄・金丸信に可愛がられた、それを現在の小沢教団の時代遅れの指針としている。
これだけでもう過去の人、自分の言い分が正しいと人に押し付けるのが剛腕と呼んでいるだけ、この人は日本には不要な人なのです。こんな人に選ばれた三宅が仕事など出来るわけがない。

投稿: 猪 | 2010/05/19 10:30

toあほのサカタ
>前回の衆院選挙では民主党に投票しました!
いちいち「私は馬鹿者です」って自己紹介しなくてもいいよ。
馬鹿は黙ってろ。コメントもいちいち下劣だな。
それと国会開催中の議員の不逮捕特権も知らないのか?

投稿:   | 2010/05/19 11:26

三宅雪子をゆるす?ゆるさない?

ゆるそうなんですから。

ダンナとその他数人は知ってるでしょ。

下ネタ失礼しました。
でも、ここまで国会バカにしてるんだから、名誉を貶めてもゆるされると思う。

投稿: 加藤とテリーに甘ったるい声で誘惑の三宅 | 2010/05/19 22:13

どうせ、山岡賢次や松木兼公あたりの書いた筋書きでしょ。
リハーサルして臨んだシミュレーション。
でも、三宅雪子が一瞬、躊躇したのか、タイミングを外してしまう。
だから、甘利の行動とタイムラグが生じて、シミュレーションがバレバレになってしまった。
立ち位置も間違ってる。
お粗末極まりない。
呆れてモノが言えません。
一発退場でしょう。
チルドレンと、こうしたことしか指示できない方々は、一日も早く政界を去るべきです。
これ以上、国政をオモチャにするのは万死に値する。

投稿: 政界傍観者 | 2010/05/24 05:40

小沢一郎は朝鮮人 韓国人帰化人政党民主党

投稿: | 2010/05/28 14:15

この件は、一見相手にするのも馬鹿馬鹿しいように見えますが、「小沢の恐怖政治主導」を端的に著しているので、要注意だと思います。

三宅議員は、小沢に媚びたのでしょう。
懲罰動議を提出したタイミングの早さから、山岡も「当たり屋事件」に加担していると思います。

今回は映像がバッチリ残っており、三宅議員が何を言っても世間の常識で通りませんが、仮に映像が全く無かったら、今頃自民党の甘利議員は本当に「加害者」として世間から連日バッシングされていたのでは?

つまり、「ウソが本当になり兼ねない」のです。

そうなれば、笑いごとではすみませんよ。


本件と、人権侵害救済法案を組み合わせれば、今度は我々国民が「加害者」に仕立て上げられてしまいます。

投稿: | 2010/05/28 22:24

この文を読んで昔の事件を想いだしました。安保闘争の際、大学生が混乱の中で死亡した事件です。
なぜ、彼女は命を落としたのか。特定の団体の利益の為に仲間が後ろから押した(これは比喩ですよ)のではないかと云う気がずっとしていましたが、確信を持ちました。
目的の為には手段を選ばず。ですかね。

投稿: | 2010/06/12 22:40

日本語に不自由な段階の朝鮮人を、日本の国会議員にする残念政党­。

日本のリーダーに「こんな女で十分だろ」というのが、民意も無視­して民主とはいえない残念政党。

みんなこんな政党に、二度と投票しないでくれ。

投稿: | 2010/08/15 01:27

三宅雪子氏といい、湯川れい子氏といい、津田大介氏といい、頭おかしいのばかりだぜ。

投稿: X | 2014/02/18 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/48388210

この記事へのトラックバック一覧です: 三宅雪子 またワロタwwwwwww :

« 民主党の敗北と政界再編 | トップページ | 亀井静香の「大きな政府」論を批判する (1) »