« 弱者の味方(爆) 左翼の本質を語る | トップページ | 城内実!打算で生きるのは君らしくない! »

2010/07/26

暴虐の中共は永遠に不変です(爆)

少し前のニュースで恐縮だが、久しぶりに中共の本質がよく解る事件が報じられていたので言及したい。

【北京 21日 ロイター】 中国で私服警察官が地元政府高官の妻を一般陳情者と間違えて、殴って袋だたきにするという暴行事件が起きた。21日付のチャイナ・デーリーが報じた。事件はインターネットでも話題となっている。

記事によると、事件が起きたのは先月。湖北省の法執行官の妻が夫を訪ねて省共産党政法委員会本部がある建物に入ろうとしたところ、公安当局者6人に攻撃された。暴行は16分間以上にわたって続いた。

夫人がその後、夫に電話をかけたことから、勘違いが発覚。病院に運ばれた夫人の元には警察幹部から丁重な謝罪があったという。

チャイナ・デーリーでは「まったくの誤解だった。警察官たちは幹部の夫人を殴っているとは全然気付かなかった」という地元の共産党のトップの釈明を掲載。

このコメントに対し、夫人と同じ病棟を訪れていた市民は「警察は高官の妻を殴るのはいけないが、一般市民には暴力を振るってもいいということなのか」と怒りをあらわにした。

中国警察、陳情者と勘違いして高官夫人を袋だたき
(7月22日16時36分配信 ロイター)

別のニュースによると夫人は重傷だという。
集団暴行した警官6人は停職。
公務員が無抵抗の一般市民に重傷を負わせて停職とは、日本人の感覚からすれば「信じられない」の一言だろう。
というより、一般陳情者であれば、殴る蹴るは当たり前というのも驚きとしか言いようがない。
きっと、相手が地元政府高官の妻でなければ、処分どころか泣き寝入りだろう。

が、このブログの読者は、この程度の事件では、ちっとも驚かないのかもしれない。
中共にとって、こんなことは日常茶飯事だからである。
民主活動家の弁護士が、まともな裁判もなしに監獄に送られる。
地方政府の幹部を批判したジャーナリストが武装襲撃される。
立ち退きを拒否した市民は、ある日突然、重機で家を取り壊される。

世界第2位のGDP大国で、どうしてこんな当局者による野蛮な行為がまかり通るのか?
それは、中国が中国共産党(中共)による独裁国家だからである。
中国という国家は、中共の表づらでしかない。
実体は中共そのものなのである。
司法、立法、行政、軍、すべては中共の下にある。
つまり、中共の行為をチェックする者は中共しかいない。
だから違法、無法な行為が天下御免でまかり通るのだ。

ご存知の方もおられるだろうが、人民解放軍は国家の軍隊ではなく党の軍隊である。
その指揮権は中国共産党中央軍事委員会にある。
つまり、中国という国家は党の軍隊によって支えられているのである。
憲法においても、中共は「中華人民共和国を指導する政党」と明記されている。
要は、国家の上に党があり、党の下に軍があるのだ。
だから司法、立法、行政、警察、すべてが党(中共)の思いのままなのである。
メディアも党の「喉と舌」(代弁者)と規定されており、メディアが党や政府を批判するなど論外である。
土地の所有権もすべて国家に帰属し、取引きが許されるのはその使用権にすぎない。
だから党や政府の権力者による強制立ち退き、土地の強奪が後を絶たない。

民主国家においては、司法、立法、行政の三権に第四権であるメディアが加わって、この四つの権力がそれぞれに牽制し合う関係にある。
が、中国においては、この四権がすべて中共に収斂されている。
つまり、中共が暴走を開始した時、誰も止めることができないのだ。
だから中国側からの誘致で工業区に進出した日系企業10社が、操業開始後間もないのに、突然、上海市などから立ち退きを要求されるという事態が起きるのだ。
それもニュータウン開発計画のため、という一方的な理由で。

中国では数年前、炭鉱事故が連日のように起きていた。
その原因の一つが違法採掘炭鉱の存在だった。
違法採掘が横行するのは、業者と行政当局が癒着しているからである。
以下は、その違法採掘炭鉱に付けられた通称である。
何と癒着しているのか?皆さんにも考えてもらいたい(笑)

①人大鉱
②政協鉱
③法院鉱
④公安鉱

正解は

①は議会(人民代表大会)、②は統一戦線(政治協商会議)、③は裁判所、④は警察、
の「保護」下にある炭鉱を意味している。

つまり、権力の各部門が、競うがごとく違法炭鉱を囲い込み、利権を吸い上げる。
その陰で、安全対策はないがしろにされ、多くの尊い人命が失われる。
まさに中共、まさに中国。
今は、当局の取り締まりもあって、違法炭鉱は減少したようだが、なくなったわけではない。
今年の6月21日にも、河南省の炭鉱で爆発事故があり、作業員ら46人が死亡している。
中国メディアによるとこれも違法炭鉱だった。

人民の血を吸いつくしながら肥え太る人民の党=中国共産党。

人民の敵!中共を糾弾せよ!

暴虐の中共に怒りを感じる方はクリック
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓参考になったと思う方はクリック!願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

Twitter_logo_header↓を3月の後半から始めました。

|

« 弱者の味方(爆) 左翼の本質を語る | トップページ | 城内実!打算で生きるのは君らしくない! »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

ブログ主様、更新ご苦労様です。

このような体制の国に未だ安易に合弁等の進出をしようと云う企業経営者及びそれを推進する行政の担当者の頭を疑います。
人質になるだけなのに。
又何らかの時に守ってくれるべき祖国が頼りないのに。
企業財界人の中国に対する発言はまさしく、それですね。
中身が共産党だろうが国民党だろうが独裁という本質は変わりません。
日本人は戦前の教訓(彼らが声高に云う侵略とは別の意味で)を全く学んでいませんね。
内田良平の『支那人とは何か』は考えさせられる書物と思います。

投稿: ごく普通の日本人 | 2010/07/26 19:33

日本もアメリカも、中国製品抜きには経済が成り立ちま
せん。
中国に対抗するには、スパイ防止法と核武装しかないでしょう。
アメリカは自衛隊が使っているイージズ艦にしろ、F15
にしろカンジンなところは、ブラックボックス化していて、アメリカの協力がなければ、ただの鉄の塊になって
しまいます。
しかし、日本だけではなく中国も米国債を買ってますよね。G2路線なんていっている。
核武装なんて、自民党政権ですら出来なかったから、今の政権で出来る訳がない。
さて、自民党が政権与党に復帰出来て、憲法改正して、
自主防衛出来ますか?
「ロン・ヤス」時代と違って、アメリカは中国を悪の帝国とは思っていませんよ。

投稿: 三毛猫 | 2010/07/26 20:13

そのうちバブルも崩壊しますから〜

したら…どうなっちゃうん?

考えれば考えるほど…コワイ。

投稿: ネット素人 | 2010/07/26 21:46

中共の創設時に地元やくざを使っていて、それが軍隊や
警察に成ったと思えば、程度の悪さが良く判ると思いま
す。
中共の闇社会と中国警察との癒着は、その頃からでしょ
う。
中国から帰化された石平氏の著書を読んで知りました。

投稿: せりやん | 2010/07/26 23:15

西欧やアメリカは、中国を分かっていると思いますよ。
知らないのは日本じゃないかな。
礼を尽くせば礼をもって返してくれる、と信じてるのは
日本だけでしょう。


収斂(しゅうれん)。
読みに時間がかかりました。私だけでしょうね。(苦笑)

投稿: RM | 2010/07/26 23:46

まさに、中国は暴力で成り立つ国です。解放軍が国に属さず共産党の私兵である事、そして、共産党が解放軍の政治部に過ぎず、実質中国を支配しているのが、解放軍である事実から、すべてを力で解決するのがこのならず者国家のやり方です。

折から、インドネシアがEEZ内で操業していた中国漁船を拿捕したところ、中国大型艦船が銃で威嚇して漁船を解放させたというニュースが報じられています。

http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20100727k0000m030122000c.html
中国:武装艦で威嚇「拿捕の漁船解放せよ」 一触即発の海

中国監視船の「漁政311」=南シナ海のインドネシア・ナトゥナ諸島沖で2010年6月22日撮影のビデオから

中国漁船(右)とインドネシアの警備艇(左)=南シナ海のインドネシア・ナトゥナ諸島沖で2010年6月22日撮影のビデオから 青く、穏やかな南シナ海に緊張が走った。6月23日、インドネシア領ナトゥナ諸島のラウト島から北西57カイリ(約105キロ)。現場海域からの立ち退きを命じるインドネシア海軍艦船に対し、中国の白い大型漁業監視船が、「拿捕(だほ)した中国漁船を解放しなければ攻撃する」と警告。大口径の機銃が銃口を向け、インドネシア海軍艦も応戦準備に入った--。

 「洋上対決」は前日、同じ海域で10隻以上の中国漁船団が操業したのが発端だ。インドネシア警備艇がうち1隻を拿捕した。「排他的経済水域(EEZ)内であり、他国は勝手に操業できない」(当局者)ためだ。だが約30分後、2隻の白い中国の漁業監視船が現れ、「インドネシアのEEZとは認めていない」と無線で主張し、解放を要求してきた。


以下略

その中国にすり寄り良いなりになろうとしている民主政権。一刻も猶予はなく、引きずりおろさなくてはなりません。

投稿: たかおじさん | 2010/07/27 01:15

【【緊急!?】中国テレビが鳩山故人献金の真相を暴露!? 】

http://www.youtube.com/watch?v=caF0mCanPfk&NR=1
(動画)

【動画ニュース掲示板】最新版


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

投稿: 愛信 | 2010/07/27 01:24

その、中国つながりです。本日は、角栄記念日です。
http://257.teacup.com/newsda/bbs/t4/22

投稿: | 2010/07/27 01:53

>日本もアメリカも、中国製品抜きには経済が成り立ちません。


 中国に作れて日本で作れない物って何がありますかね? 格安粗悪中国製品が日本国内に流入しなくなれば国内産業が潤うのではないでしょうか。
 

投稿: | 2010/07/27 02:30

>日本もアメリカも、中国製品抜きには経済が成り立ちません。


 中国に作れて日本で作れない物って何がありますかね? 格安粗悪中国製品が日本国内に流入しなくなれば国内産業が潤うのではないでしょうか。
 

投稿: | 2010/07/27 02:30

こんにちは。

私も水間さんの最近、SAPIOの記事(ブログ)で強かな中国を今頃になって思い知らされました。あのような国と友好なんて、相手の良いようにされるだけだと思います。
◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆◆☆

菅首相の謝罪ストップさせるための情報戦に勝ちましょう。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/ 

嫌韓流の資料本にも最適です!

『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実:韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』ブログやツイッターで宣伝、どんどん拡散お願いします。 

宜しくお願いします。

~~~~一部転載
怒りが、アマゾンで同書に集中し始めたようです。

★歴史・地理部門の既存・新刊予約を含めた総合ランキング(132,672冊中)で5位。

★歴史・地理部門新刊予約ランキング1位。

★一番興味深いのは、アマゾンの97%のカスタマーが同書を購入していると表示されていることです。

★同書への期待は、アマゾンの目次を見て頂ければわかりますが,小見出しの
「創氏改名は強制でなかった」とか
「日本への密航者続出」
「半島の美術品の海外流出を防止」などは記事に基づいており、いかに衝撃的な記事が収録されているかが判るからだと思っております。

投稿: 緊急拡散 | 2010/07/27 09:56

本当は日本が「中国とはこんな国」と世界に教えてやる位でないといけないのですが、日本の発信力、近隣諸国条項が全ての分野で中共は利用する。

中国大使は中国は「大国ゆえの軍事力」と迎合して居ますが、彼は日本が世界第二の経済大国で有って事は知らないのでしょう?日本の軍事には一切触れない。

一シビリアンが政治家を飛びこして政治的な発言をしても、誰も騒ぎません。軍人が「日本は良い国」と言っただけで「首」一中国大使が「中国の軍拡を肯定」しても罰なし、戸籍も無い中国が何故「大国」なのかの説明も出来ない奴が大使、いい気になりすぎ。

民主党の長島防衛政務次官が民主党として初めて、国家軍事について発言が有りましたが、これが常識になって欲しいですね、軍需産業の再興で日本経済の根を再生させる。

投稿: 猪 | 2010/07/27 09:57

>日本もアメリカも、中国製品抜きには経済が成り立ちません。

ダウト

作れない物はほぼ無い。
むしろインチキ為替の元を適正値に修正するように関税を掛けてやるのが
清く正しい方向への第一歩。
その間にシナ畜の輸出産業がどうなろうが知ったことか。

レアアース云々って言っても元チベット領である青海州と現自治区に集中してるし、石油もウイグル自治区だから、内紛で分裂してくれればそれで終る。

現地邦人は裸一貫で帰ってこれれば良いんじゃない?
どうせ保護目的の出兵も出来ないしさ。

投稿: | 2010/07/27 10:00

このブログを閲覧していただいている
日本国内の抗日義勇軍工作員(スパイ)の皆様におかれましては、志願兵であれ、強制徴用兵であれ、炎天下とゲリラ豪雨の中、日々の情報収集まことにご苦労様でございます。

 * * *
ところで、政治思想に精通しておられるブログ主様に
ひとつご教示をいただきたく存じますので、何卒宜しくお願い申し上げます。
それは『帝国の終焉について』です。

古代ローマ帝国、モンゴル帝国、大日本帝国しかり、
周辺諸国を戦勝によって植民地化して覇権を得た帝国や独裁国家。
これらはいずれも、数百年後に滅んでいます。

中国共産党内部にも、過去の歴史を学ぶ者がいるわけですから、共産党による独裁体制が、現在のままでこれから数百年続くとは思っていないはず?です。
にもかかわらず、なぜ1党独裁体制を周辺世界に押しつけようとするのでしょう。

100年前、着々とアジア諸国を植民地化していた白人帝国。
その白人による黄色人種植民地支配に対する挑戦は、
アジアにおいてどの国も成しえませんでした。
唯一日本が、あらゆる西洋技術習得のための学校教育普及と、近代的西洋軍隊装備を行い、
そして日清、日露戦争による戦勝でかろうじて白人帝国による黄色人種の植民地支配を免れることができました。

アジアで唯一それに成功した、かつての弱小島国日本を傍目に見ながら
ただ指を銜えて眺めていただけの大国支那や朝鮮、他のアジア諸国。

彼等の脳裏に、マハティール・前マレーシア首相のように、
「日本に追いつけ追い越せ」
が浮かんだとしても不思議ではありません。

そして日本に学んだアジア諸国の人々は、
当然のことですが、世界史において無血革命と言われている明治政府樹立(実際には、戊辰戦争、西南戦争などがありますので、そうとは言えませんが)
を学習したことは容易に想像できます。

中華人民共和国創立時には、抗日義勇軍が母体となったのですから、国是として、反日思想があるのは分からないでもありません。
また、太平洋戦争後、壊滅されたはずの日本が、昭和天皇陛下の元で復活して近代国家日本を再建したのを見て、それに追いついて、やがては無血支配できればラッキーと思う
野心は分からないでもありません。

しかし、その究極の目的は、コミンテルンのように、
現在、世界中に居座る支配者・既得利権保持者を、抹殺、一掃するのが目的なのでしょうか。
そのためにこそ、共産革命を押し進めようとしているのでしょうか。

解放や革命というのは、差別や圧政を前提とした思想ですから、世界中の国々の支配者・既得利権保持者が一掃された時点において、差別や圧政は無くなり、その目的は達成されます。
そうすると、今度は、共産主義思想そのものが支配者・既得利権保持者となりますので、かつての支配者と同じように抹殺、一掃される対象になる。
とは考えが及ばないのでしょうか?

それはかつて周辺諸国に版図を広げ、
結果滅びてしまった、歴史上数々の帝国の興亡と同じ構図で、
「解放を求める者が、その目的達成の後、解放を求められる者になる」
にもかかわらず、とりあえず近隣諸国を侵略しようとする行為は、パラドックスのように思えるのですが。

私には、「なぜ中国共産党が世界征服を目的としているのか?
そしてその足がかりの途中として日本支配を望んでいるのか」
それがまったく腑に落ちないのです。


ご多忙の中とは存じますが、
お手すきの時に、なにとぞご教示下さいますよう、
よろしくお願い申し上げます。 旧水亀屋拝具 m(_,_)m

投稿: 旧水亀屋 | 2010/07/27 10:51

★現代の病理を予言したヒトラー

「セックスやポルノが家庭の中まで侵入する」 「子供が子供を生むだろう」

「女の如き男があらわれ、男の如き女があらわれ、民主主義は破滅する」

http://whisper-voice.tracisum.com/

のだめカンタービレの講談社は、最大の左翼出版社。フジTVも同類。

投稿: バロン | 2010/07/27 11:02

>日本もアメリカも、中国製品抜きには経済が成り立ちません。
人件費高騰やストのリスクが増大したので製造業は支那から別の地域へシフト進行中。まだ市場としての存在価値があるから現地生産分として残しているので全面撤退はしていないが、企業は支那がなくなっても変わりの先産地を見つけるだけでしょ。支那でなくては生産できないものなんて何一つ無いのだし。
あ、一つあるな。パンダ肉の缶詰とかのパンダ関連商品は支那じゃないと作れないねw

投稿: | 2010/07/27 11:10

漢族(これも怪しいものだが)共産党が支配するシナ大陸は、古代国家そのものです。
法治ではなく人治です、みなさん勘違いしてはいけませんよ。中央政府は表の顔、地方政府が真の正体です。そしてシナは地方の集合体です。
馬鹿なマスコミの報道に踊らされてはいけません。日本とシナで決定的に違うのは、人を信じて一緒に繁栄するるか、こいつを殺して金を奪うかなのですから。
そんなお先棒をかつぐ政治屋はごろごろしてます。
今さえよければいいなんて、そんな考えの持ち主です。
私は日本が好きです、嫌な上司や隣人もいたりするけど、めげそうなこともあるけど、それでも日本が、この国が好きです。
みんなも日本が好きですよね。
そしてこのサイトも好きです。

投稿: ○ | 2010/07/27 12:24

中国共産党は、人民の敵ではなく、人類の敵だと思います。

投稿: | 2010/07/27 12:39

なるほど、勉強になりますね

投稿: linkstation復旧 | 2010/07/27 14:06

中高が何故「世界制覇」を狙うか?初めに何故「日本」か?

中国国内は人間が生活できるだけの環境には有りません。加えて人口が増える一方、彼等「共産党」はこれらの人口は中国の弱点で有ることも長所であることも承知して居ます。ましてや「民主主義国」の弱点も承知した上で留学生・中国人を世界にばらまいて居るのです。(中国人の範疇か疑問ですが、50以上の民族?)

中国人自体が人の命は国家が守るものでなく、自分自身で守るのが中華人の思考です。彼らのバイタリティを使う、彼ら「金亡者」のケツを叩き国内の負担をドンドン軽くする。現状は15億~16億と言われている人口は世界の4分の1です、高齢化が進むと共産国家では、輸出だけで対応が困難です、輸入も当然増えます。

日本はすでに精神的には侵略されています。政治家も経済人も抵抗する術を手離し「言いなり」、今は上記の有り余る人口を投入し、入りやすい枠を日本政府に広げさせ現状では「旅行者」として購買力に期待する日本を試しているのです。独裁国ですから1挙にパイプの蓋を閉めるのは簡単なことです。

蓋をされると、日本の観光は大きなダメージと共に中華に頼らざる得ない状況を着々と積み上げているのが現状、軍事は現状の日本国家・日本の政治家の対応を見てれば軍力の増強など「仕分け」に忙しく考えられない。最終的には「悪くても優秀」な官僚を排除、政治主導と言う「歴史も文化」も判らない「痴呆政治家」をコントロールするのが中華の目的です。

日本の技術を頂戴すれば日本人など、南京のお返しとでも理由を付けて殺し放題、チべットと同じ運命。ベトナムは日本に習いアメリカ・中国も寄せ付けませんでした、今度は日本がベトナムに習う。「自主独立」の旗を降ろしては「日本の終了」が目の前に来ています。

今、自民党の政府が出来る事が一番都合が悪いと考えているでしょう。マスコミを使い、民主党に居てもおかしくない様な自民党人材を活躍させ、自民党の「保守」に力を与えないことが、中華の当面の対応だと思います。自民党の支持率を何としても下げて置く、民主党政権の延命を保てと言う指示は出ているんではないでしょうか?NHK・朝日新聞・評論家も、既に傘下に入っていると思います。取り越し苦労なら良いと思いますが。

投稿: 猪 | 2010/07/27 16:51

河添恵子著「中国人の世界乗っ取り計画」によると、かの国は中華人民金主主義共和国なのだそうだ。
考えてみれば、共産主義はぐちゃぐちゃで、沿岸部と内陸部の貧富の格差はすさまじく、金持ちはすべて成金。ビジネスで成功した者や共産党でのし上がった者は貴族同然の生活をしている。一方で少数民族などは民工として安価な労働力に利用され、満足な暮らしもできない。そんな社会ではカネしか頼れない。一部の共産エリートを除けば10億人以上の一般人はコミュニズムなど理解もできないし、興味すらない。
中共政府はこれら人民の無知につけ込み、カネですべてをコントロールしている。
純然たるコミュニストは少数(とはいえ日本の人口ぐらいはいるでしょう)で、多くは一党独裁という政治体制すら道具として利用し、カネの亡者と化した漢族の金主主義者ががん細胞のように世界に増殖しているのだと思います。残念ながら漢族以外にも金主主義者が世界各地におり、がん細胞と結託しています。わが大和民族も例外ではありません。
思うに、がん細胞に世界を乗っ取る戦略的な計画などありはしません。移住してカネを稼ぎやすい場所へ無秩序に転移を続けているだけです。ただ、多様な価値観を認めない特性により、転移した場所は徹底的に傷めつけられます。

今のところ、考えられる処方は主に三つです。
①転移を放置して宿主が死に絶える→世界滅亡
②抗がん材を投与する→漢族の流入を法で禁じ、取り締まりを強化
③患部を摘出する→中共を強制的に民主化する
①は論外として、②③のいずれもかなりの出血を覚悟しなければなりません。
ですが①を防ぐには、覚悟が必要です。

投稿: やす | 2010/07/27 17:11

今の中国は「共産主義」とは言わないでしょう。
とっくの昔に共産主義を放棄して、しいて言えば「官僚主義」が今の中国です。
ですから「保身」が中国共産党の本質です。
今握っているこの特権をいつまでも失いたくない。彼らは共産主義によって世界制覇をしようとも、世界革命をしようとも思っていないでしょう。
チベットを侵略したころはまだ共産主義による世界革命を目指していたのかも知れませんが、今の覇権主義はただ「アメリカと対等の立場に立ちたい」「今のこの体制をいつまでも存続させるための唯一の道」と考えているのではないでしょうか。

投稿: 琴姫七変化 | 2010/07/27 23:18

久しぶりに書き込みをいたします。
他ブログの宣伝になりますが中国について知りたいなら「台湾は日本の生命線」や「風林火山」や「日本人の進路」というブログが個人的にはオススメです。随分中国(中国人)の理解に役立ちました。
私も中国について知れば知るほど驚きや嫌悪や軽蔑、そして憎しみの感情ばかり湧いてきます(韓国も同様です)。しかしそれらの中でも一番強く感じる感情は恐怖の感情です、中国は恐ろしすぎます。つい最近も今や東京都民の100人に1人が中国人だというニュースを見ました、また中国人のビザ緩和や中国海軍の不審な行動等、恐怖は募るばかりです。
売国奴としか言いようがない愚かな政治家達や中国の言いなりなマスコミ各社(特にNHK)、また目先の利益しか見えていない日本企業らも恨んでも恨みきれません。
本来アジアの国の中で中国の暴走を抑えることが出来る国力を持った国は唯一日本だけであり(最早過去の話ですが…)、台湾を含め中国に恐怖を抱くアジア各国は日本にアジアのリーダーとしての役割を期待していましたが、日本はそれを放棄してしまいました。
それどころか自ら中国にひれ伏し靴を舐め、国民の税金を大量に貢ぎ中共の成長の手助けをする始末。
日本人として本当に情けなくて涙が出てきますし、アジアの国々に申し訳ない気持ちで一杯です。
もう日本は中国の日本人自治区になるしか道は無いかもしれません。日本も台湾も、もう時間がありません。

投稿: ザビー | 2010/07/28 01:17

【小沢氏、4回目の聴取「応じる」 東京地検に回答】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100727/trl1007271557016-n1.htm
小沢氏の弁護人によると、小沢氏は聴取に応じる理由として、政治家
として検審制度を尊重すべきと考えたという。

こうゆうのは政治家とは云わない、【小沢の悪事マスコミ隠蔽 】をカッチとね
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csozw.cgi
【湧き出す小沢の悪事検索システム 】をカッチとね
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/csozws.cgi

日本は法治国家でありその主権者が反日売国奴の「政治と金」に纏わ
る汚職事件の釈明を要求している。 関与を否定するのであれば、
法廷に引き出し厳正に審査して、主権者の納得を得られる判決を下す
べきである。

【経済・政治の掲示板】最新版

今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

投稿: 愛信 | 2010/07/28 01:50

温室ガス削減を除外=米上院民主党がエネ法案

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010072800225
米上院民主党は27日、沖合油田事業者の賠償責任
やクリーンエネルギーの推進を定めたエネルギー法案
を発表した。


米政府は地球温暖化CO2削減キャーンペンの詐欺を
認めてエネ法案から削除する。日本政府はこの詐欺を
騙りCO2の25%節減未達成罰則金の名目で支那へ
譲渡する1兆7000億円を取り消せ

【天気の掲示板】

投稿: 愛信 | 2010/07/28 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/48947609

この記事へのトラックバック一覧です: 暴虐の中共は永遠に不変です(爆):

» 津川さんと勝手にやり取り!w 津川さんと僕は、誠実さで共闘している!勝手に僕が、そう思っている!w [憂国、喝!]
津川さんの綴った記事を部分的に引用し、僕の思ったことを勝手に書いていくコーナーです!w 津川さんは黒で、僕は青です! ・・・・・・・・・・・・・・・・ 民主党過半数割れ!日本列島に、神風が吹き抜けた。 「神風が吹き抜けた・・」という表現は、とても良....... [続きを読む]

受信: 2010/07/26 23:18

« 弱者の味方(爆) 左翼の本質を語る | トップページ | 城内実!打算で生きるのは君らしくない! »