« ばいきんまん!が参院議長!ふざけるな!!! | トップページ | 民主党40議席台の衝撃 »

2010/07/09

菅内閣の歴史認識を暴露した仙谷

菅内閣が、どのような歴史認識に立脚しているのか?
閣内No.2の仙谷由人官房長官が明らかにしてくれた。

仙谷由人官房長官は7日の日本外国特派員協会での記者会見で、韓国との戦後処理について質問を受け、「一つずつ、あるいは全体的にも、この問題を改めてどこかで決着を付けていくというか、日本のポジションを明らかにする必要があると思っている」と述べ、従来の政府の対応は不十分だとの認識を示した。

これに関連し、仙谷氏は同日の記者会見で、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べ、政治的判断で個人補償を行うべきだとの考えを示唆した。仙谷氏の発言は日韓両国の間に波紋を呼ぶ可能性がある。

仙谷氏は、在韓被爆者援護や朝鮮半島出身者の遺骨返還、在サハリン韓国人支援などを挙げ、「案件は多々ある」と述べたが、具体的な対応には言及しなかった。また、日韓請求権協定については「(締結)当時の韓国は軍政下だ」と指摘した。

日韓両国は1965年に日韓基本条約を締結して国交正常化。同条約と日韓請求権協定により、韓国政府は個人の請求権を放棄した。これについて韓国側では「ご都合主義的な政治的妥結」(歴史研究家)として、再交渉を求める動きがある。

日韓戦後処理は不十分=「改めて決着必要」-官房長官 (時事通信)

Sengoku

仙谷氏は、日韓請求権協定で消滅した個人の請求権について「法律的に正当性があると言って、それだけでいいのか、物事が済むのかという話だ」と述べたらしいが、「政治的判断で個人補償を行うべきだとの考え」を持っているのであれば、「政治的判断」が何を根拠に行われるのかを明らかにするべきである。

在韓被爆者援護について言えば、この7月5日に、原告853人全員が国と和解している(請求は1人当たり120万円、和解は1人当たり110万円)。
朝鮮半島出身者の遺骨返還については、これまで遺族が判明する毎に、韓国政府を通じて遺族に遺骨を返還している。今後は、遺族の判明しない遺骨についても、官報の公告期間経過後、韓国出身者の遺骨を韓国政府に返還することで両国政府が一致している(平成22年2月12日 厚労省)。
在サハリン韓国人支援においては、2007年までに日本政府が拠出してきた金額は70億円に達している。
支援の内容は
韓国への永住希望者が住む家賃無料のアパートの建築費負担
病弱者を対象とした療養院に対する建設費やヘルパー代負担
韓国へ一時帰国を希望する人々の往復渡航費と滞在費の負担
樺太に留まる韓国国籍の人々のためのサハリン韓国文化センター建設
と、ほぼ韓国政府と在サハリン韓国人の要望を満たしている。

仙谷官房長官は、日本政府にこれ以上「何をせよ!」と言うのか?
日韓請求権協定については「(締結)当時の韓国は軍政下だ」と指摘したというが、その時の日韓基本条約に基づく巨額援助と技術移転によって、世界の最貧国だった韓国は「漢江の奇跡」をなし遂げたのではないか。
だから当時の朴正煕大統領は、歴代大統領の中で、もっとも韓国内における評価が高いのだ。

仙谷氏の狙いは、より一層の民団からの支援を引き出し、韓国系日本人の票をより盤石にするのが狙いだろう。
それでもって、少しでもいいから、苦境に陥った選挙戦を有利に転換させたいのだ。
が、それだけではない。
彼の頭の中には、「在日韓国・朝鮮人=強制連行された人たち」という、捏造された歴史観(プロパガンダ)が刷り込まれているのだ。
元東大全共闘(法闘委)のバリバリも、最近は少しはリアリストになったかと思っていたが、本質的な部分では、依然として「反日左翼」なのである。

ここで、在サハリン韓国人についての事実を書こう。
彼らは、1939年からの「募集」、1942年からの「官斡旋」、1944年からの「徴用」に応じて、ほとんどが朝鮮半島南部(今の韓国)からサハリン(当時の樺太)に渡った人たちである。

1943年の国民徴用令によって徴用制度の整理と効率化が図られ、国家が必要と認める場合にはいかなる職能の技能・技術者でも指定の職場に徴用可能となった。その結果、1944年3月までに288万人余りが日本全土から徴用されたのである。
が、戦況が悪化し、1944年9月より半島の朝鮮人(当時は日本人)にも徴用が適用されることになり、1945年8月の終戦までの11ヶ月間実施された。
しかし、期間が短かったせいもあり、徴用された朝鮮人はごく少数だった。
もちろん「徴用=強制連行」ではない。
「サハリンの韓国人はなぜ帰れなかったのか-帰還運動にかけたある夫婦の四十年」の著者である新井佐和子氏は「私たちが帰国を支援した人たちも、ほとんどが『募集』でサハリンへ渡った人たちでした。正式な徴用令状で行った人は数百人にも満たないでしょう。当時は『強制連行』なんて言葉すら無かったのです」と断じている。

Araisawako
人道的な活動はなぜ戦後補償問題へと発展していったのか。
韓国人帰還に献身した日韓夫妻の足跡をたどり、運動の真実を明らかにした力作。
戦後史観の歪みを正す。
新井佐和子氏は在サハリン韓国人・朴魯学氏の夫人であり、旧姓・堀江佐和子さんです。

サハリンの朝鮮人(韓国人)はなぜ帰れなかったのか?
当時、引揚者の選択権はソ連当局にあった。日本は敗戦国であり、ソ連の決定に従うしかなかった。
ソ連当局は、サハリンの日本人を日本領に引き揚げさせたが、朝鮮人の帰国は許さなかった。
サハリンに留まっていた朝鮮人は、多くが朝鮮半島南部の出身であった。つまり今の韓国だが、当時の韓国は「反共」を国是としていてソ連と国交を持たなかった。
それ故に、彼らはソ連当局から「無国籍者」に分類され、帰郷が事実上不可能になったのである。

つまり、事実は、募集に応じて自由意思でサハリン(樺太)に渡った朝鮮人は祖国(韓国)の事情によって帰郷できなくなったのである。
もちろん彼らは被害者である。
が、それは当時の世界情勢(冷戦)がもたらした悲劇なのであって、我が日本国には何の責任もない。
現に、当時の日本社会党は「サハリンの朝鮮人はみな朝鮮民主主義人民共和国の国民と認められるから韓国に還すことに協力できない」と主張していたではないか。
にもかかわらず、在サハリン韓国人のために70億円も使う。
この「お人好し日本」は感謝されこそすれ、文句を言われる筋合いはまったくないのである。

1965年に締結された財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定によって未払い賃金を含めた経済支援が韓国に行われ、完全かつ最終的に解決された。
この協定には政治的はもちろん、道義的にもまったく問題はない。
そもそも、この在サハリン韓国人の問題が政治問題化したのは、一部の日本人のせいである。
日本を憎悪する彼らは、在サハリン韓国人の一部を煽って裁判を起こさせ、「戦時中、日本によって4万3千人が強制連行され、戦後は朝鮮半島出身者だけが置き去りにされた」という、事実関係も人数もまったく異なるデマをアピールし続けた。
その結果、これが韓国との外交問題にまで発展してしまうのだが、この過程は、“従軍慰安婦”の問題とまったく同じパターンである。
実際、樺太残留者帰還請求訴訟(いわゆる「サハリン裁判」)を仕掛けたのは、後に“従軍慰安婦”訴訟で中心的な役割を果たす高木健一弁護士である。
なお、仙谷氏は「案件は多々ある」とも述べているが、この中には慰安婦に謝罪と国家補償を求める「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」も含まれているのではないかと思う。

Tomiko2
慰安婦と共に在韓日本大使館にデモする岡崎トミ子民主党参院議員

戦前、あるいは戦中にサハリンへ渡った朝鮮人を「在サハリン韓国人一世」とすれば、彼らこそが本当に祖国へ帰りたかった人たちである。
が、戦後65年が経過し、彼らは既に80代から90代になっている。ほとんどの人が祖国を夢見ながら、サハリンの土になったと思われる。
したがって「もはや支援対象者はほとんどいなくなったはずであり、理由なき支援ではないか」との批判が出るのも当然なのである。
これを、今もなお未解決の問題が存在するかのごとく主張するのは、特定の政治的意図を持ったプロパガンダにすぎない。
むしろ、批判されるべきは、イデオロギー上の理由から在サハリン韓国人の帰郷に反対していた社会党であり、仙谷氏は、かつて社会党員(衆院議員)だったはずだ。

事実を直視しようとせず、若いころに刷り込まれたプロパガンダをよりどころに政治や外交を語る。
これは、かつて“南京大屠殺遇難同胞紀念館”を訪問した菅直人首相も同じである。
彼は当地で「南京での見聞をより多くの日本国民に伝え、歴史を正しく認識し、それを鑑にして、絶対に歴史の悲劇を二度と繰り返さない」と述べた。
連中の頭は、もうほとんど信仰に近い。
日本は過去に悪いことをした、日本は謝罪すべきだ、という。

Kannaoto3
南京大虐殺?の犠牲者に謝罪し、頭をたれる菅直人夫妻

プロパガンダに踊る仙谷を糾弾する!
歪曲された歴史観を増幅させる民主党政権を弾劾する!

↓ふざけるな!民主党!と思う方はクリック
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓ココもクリック!お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【追記】
読者の方からご指摘があったので追加します。
在サハリン朝鮮人には三つのグループがありました。
エントリに書いた、戦前、戦中に樺太に渡った「韓人」。
戦後にやって来た北朝鮮からの「派遣労務者」(約1万2千人)。
先住朝鮮人(韓人)や派遣労務者(朝鮮人)を管理し、思想教育をほどこすために中央アジアからやってきた「高麗人」。
韓人一世は既に超高齢化しており、亡くなった者が大半。
今、韓国への永住を希望している者(3000人以上)は、戦後、北朝鮮からサハリンに渡った派遣労務者の可能性が高い。
実際、北朝鮮からの派遣労務者が「日本とは何の関係もない」のに支援を受けていることが発覚していいます。

いちばん!(小泉進次郎篇)30秒

Twitter_logo_header↓を3月の後半から始めました。

|

« ばいきんまん!が参院議長!ふざけるな!!! | トップページ | 民主党40議席台の衝撃 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

仙石氏は、中国に南京虐殺記念館を作るように進言し、その費用を総評に出させた田辺誠氏の盟友であり、根っからの極左です。

民主の体質は売国、国家解体志向そのものであり言語道断ですが、特亜を増長させ付け入る隙を与え民主を獅子身中の虫たらしめたのは自民の罪です。

今回の問題についても、また韓国における日本大使襲撃事件についても自民からは表だった糾弾がありません。もしかしたら、この国の政治はすでに特亜の手に渡っているのではないかとの絶望感さえちらつく今日この頃。

せめて、参院選で民主の単独あるいは連立でも過半数を阻止しなければと思っています。

投稿: たかおじさん | 2010/07/09 13:19

いつも更新楽しみにしてます。

仙石の発言については、「7日の日本外国特派員協会での講演で、下記エントリに登場するT弁護士こと高木健一弁護士を「友人」として紹介しました。」とのことです。ジンケンベンゴシ同士なんでしょうね。

増税してまで、なんとかして日本人からお金を毟り取って特定国に従軍慰安婦などと捏造してお金を流そうとする…。
売国極左弁護士が国家の中枢とはいやになります(#`Д´)

投稿: | 2010/07/09 13:40

風呂屋のサンスケ仙石は半島のなりすまし。
単細胞の脳には歴史なんかはいらないらしい。
国外追放!
ま~おしとやかな大和撫子がこんなになっちゃいます。

投稿: 主婦 | 2010/07/09 13:42

とんでもない発言ではありますが、投票日の前にそういう発言をしたことは、選挙を無難にやり過ごし、その後に闇で進めていこうという民主党の中にあっては正直と言えるかも知れません。本当に日本は民主党により、特アの食いものにされてしまいます。
この発言を聞いて即、投票所に足を運び、民主党以外の候補に期日前投票をしてきました。

投稿: | 2010/07/09 15:15

参政権への「隠し玉」なのか?個人の意見とは逃げられません「現官房長官」ですから、内政干渉でも相手にすればマイナスでない「干渉」喜んで乗るでしょう。

高木慰安婦専門弁護士と同族と言うから「極左」を自白したのは良いが、彼等「極左」には反省などと言う「単語」は存在しない世界の人達。

無茶苦茶な事をしても本人達には「正しい事をしている」感覚でしか物事を考えられない人が民主党の主力に居る、裏側を見られないほど、国民も知能低下して居る事です。

共産党には政治に対する「誇り」は人並みに有るのですが極左の連中には区別が無い、本心で自分達が、やってる事が正しいと思い込んでいるからやっかいなのです。

議員議席だけが頼り、与党で有れば何でもできる、やって見せる、怖いです。国民が覚醒して彼等に議席を与えない事、これしか防ぐ道具は有りません。

投稿: 猪 | 2010/07/09 15:50

サハリンの朝鮮人はソ連が北朝鮮から連れて行ったのがほとんど読んだことがありますが(新ゴー宣三巻)間違いでしょうか?
ゆうべラジオで「ロシアの声」を聴いていたところサハリンの未払い賃金返還訴訟のニュースがあり、高木弁護士がインタビューに出ていました。詳細は忘れましたが要するに(ウソで)日本政府に金を出させる、とのことです。

投稿: AK5000 | 2010/07/09 17:55

つか、こいつが朝鮮人(帰化人)なだけのことなんじゃ。

石原さんが講演で、「調べてみると、与党党首や幹部に帰化人がたくさんいる。」と明言していますし。

>政治はすでに特亜の手に渡っているのではないかとの絶望感さえちらつく今日この頃。

個人的に、衆院選での政権交代は、長い時間をかけて仕組まれたクーデターだと思っています。
クーデターの成否は、放送局を占拠できるかどうかに大きくかかっていますが、彼らはそれ以前にマスコミを完全に押さえていますからね。
既に乗っ取られてしまっていると考えて間違いないんじゃないでしょうか?

後は、一般の国民がどこまで覚醒するかですね。

取り合えず、いくらかの金をもらえれば...っていう乞食根性を捨てられるかどうか。

昔から常識だったと思うんですが...美味い話には裏があるって。

日本人もお馬鹿になりましたね。

投稿: serial | 2010/07/09 19:45

韓国で一斉に報道されてます。外交問題化するのか。8月に動きがあるか。ちょっと心配。

仙石官房長官発言を韓国テレビが一斉報道
http://www.pjnews.net/news/828/20100709_1
戦後補償の行方
http://blog.goo.ne.jp/kanime_korea/e/08ee1939d669f547a17b53f511b405e1

投稿: BT | 2010/07/09 20:16

「7日の日本外国特派員協会での講演で、下記エントリに登場するT弁護士こと高木健一弁護士を「友人」として紹介しました。」

この高木健一って、これと同一人物でしょうか?

11 名前: ミス名無しさん投稿日: 01/10/25 12:02 ID:FFmOrZXZ

⑧そんな折、ソウルの留学生Aさんから、驚くような連絡が来ました。以下に、Aさんから聞いた話を要約して書きます。
そもそもこの従軍慰安婦問題を社会的に提起したのは、「朝鮮と朝鮮人に公式謝罪と賠償をさせる」ことを運動の目標に掲げている「百人委員会」なる団体でした。この団体の在日韓国人と日本人主婦が、「被害者を探しに」韓国に行き、そして“被害者”を見つけて、裁判に訴えさせたそうです。しかし、その「性奴隷制度の被害者として最初に名乗りを挙げた勇気ある女性キム・ハクスン」なる人物は、実は日本軍兵士相手に売春して大金を稼いでいた単なる朝鮮人売春婦でした。しかし、この「百人委員会」は、そういった元売春婦ばかり探し出して、日本政府相手に訴えさせ、それを国内また国際的に宣伝し始めたのです。
では、一体この「百人委員会」とはどんな団体なのか? 実は、統一教会の「アジア平和女性連合」という団体が母体となった二次団体だというのです! そしてその元売春婦の裁判を担当した高木健一弁護士も統一教会の信者であり、“被害者”を探しに韓国に出かけた日本人主婦もまた統一教会の人物だというのです!(むろん本人は否定しているそうです。しかしこれも統一教会の手口なのです。外部の人間に「統一教会の信者か?」と聞かれると「違う」で押し通せと命令されているのです)。彼らは「日本は悪魔の国で、メシアの国である韓国を苦しめた罪を償わなければならない」という統一教会の教義を信じて行動しているのです!

http://members.at.infoseek.co.jp/nakapo/log_kaese.html


投稿: | 2010/07/09 20:46

ちょっと不可解なのですが・・・

・・・

サハリンの朝鮮人(韓国人)はなぜ帰れなかったのか?
当時、引揚者の選択権はソ連当局にあった。日本は敗戦国であり、ソ連の決定に従うしかなかった。
ソ連当局は、サハリンの日本人を日本領に引き揚げさせたが、朝鮮人の帰国は許さなかった。
サハリンに留まっていた朝鮮人は、多くが朝鮮半島南部の出身であった。つまり今の韓国だが、当時の韓国は「反共」を国是としていてソ連と国交を持たなかった。
それ故に、彼らはソ連当局から「無国籍者」に分類され、帰郷が事実上不可能になったのである。

・・・

つまり、この当時は大韓民国と言う国が存在していたのですか?

その場合、北朝鮮と言う国もあった、と解釈してよろしいでしょうか?

この朝鮮人は北朝鮮にはいけなかった、あるいはいかなかった、と言うことになるのでしょうか?


投稿: | 2010/07/10 00:04

戦中の朝鮮人の「徴用」は殆どが南鮮(韓国)からの出国者が90%を超えているでしょう。
北鮮(北朝人民国)は日本の企業の工場が多く、満州にく人と多忙故、北からの「徴用」は有りません。
北関係は大相撲などスポーツ関係者の「日本でひと旗」組が多くいたのです。

サハリンも「徴用」で行く人、自由渡航の双方が有りました。サハリンの朝鮮人帰国問題が起こった時は南鮮・北鮮政府は既に有りましたが南の人が多く、当時の朝鮮は世界の最貧国で受け入れが出来ない、北鮮はソ連と同じですからどこにも帰す事が出来ない、帰る気も無いのが真相でしょう。

投稿: 猪 | 2010/07/10 09:14

これだけは読んで欲しい

仙石由人と高木健一とマイク・ホンダと統一教会と・・・
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-540.html

投稿: | 2010/07/10 09:40

参考になるサイトがありました。
http://hamusoku.com/archives/3364935.html

投稿: クルトン伍長 | 2010/07/10 15:13

サハリンの件ですが詳しいことが書いているページがありました。
リンクを貼れないので「 ハンギョレ・サランバン 高木健一 」で検索してください。
ソウル新聞の2009年8月14日付けと12月5日付けにさらに詳しい記事があるそうです。

投稿: AK5000 | 2010/07/11 15:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/48825467

この記事へのトラックバック一覧です: 菅内閣の歴史認識を暴露した仙谷:

« ばいきんまん!が参院議長!ふざけるな!!! | トップページ | 民主党40議席台の衝撃 »