« 解同=松岡徹落選について語ろう | トップページ | 偉大なり 大作先生 その2 »

2010/07/20

暴走する民主党を糾弾する!

私は先月のエントリで、民主党を鵺に喩えた。
鵺はサルの顔、タヌキの胴体、トラの手足、ヘビの尾を持つ。
つまり民主党は、党全体が、まったく異質の相容れないパーツで構成されているということだ。
実際、この党は、元自民党から元社民党、そして親北朝鮮までの政治勢力が同居している。
憲法改正派と9条絶対擁護派、そして国連中心主義者、国の基本にかかわる問題でも、水と油に分かれている。
これでは普天間問題で迷走するのは当たり前である。

この党には綱領がない。
つまり、国で言えば憲法がないのと同じである。
なぜ綱領がないのか?
それは共通する理念がないからである。
だから方向性が一つにならない。
常にブレる。

この党が危険なのは、綱領がないうえに、水と油と泥水が同居しているから、党中央のコントロールが効かないということである。
いや、より正確に言うと、党中央など存在しないのである。
だから、各政治勢力が、各政治家個人が勝手な発言をし、勝手な行動を取る。
野党であれば、これでもよかったかもしれない。
が、政権党になった以上は、そうはいかない。
政権党には、党として権力を制御する能力が求められるからだ。

------------------------------------------------------------------

小沢一郎氏が強制的に起訴されるか否かの判断を委ねられている第5検察審査会の2回目の議決は、早ければ今月中に出されると見られていた。
ところが今、第5検審の再審査は難航し、議決が出されるのは秋ごろの見通しとなっている。
なぜか?
それは以下の記事を読んでほしい。
産経新聞からの抜粋である。

改正検察審査会法に基づき、昨年5月の裁判員裁判制度導入と同時に大幅に権限が強化された検審。小沢氏や鳩山由紀夫前首相の政治資金規正法違反容疑などを扱い社会的に注目される中、その中立性や独立性を脅かすような「外的圧力」が問題となっている。

第5検審が小沢氏に対して「起訴相当」議決を出した直後の5月には、民主党の辻恵副幹事長が検審事務局に審査手続きの説明を求めていたことが判明。辻氏は「圧力とは違う」としたが、政治家からの接触自体が批判の対象となった。

審査自体に影響を及ぼしかねない事態も起きている。起訴相当議決後、審査補助員を務めた弁護士のもとには批判が集中した。弁護士が所属する弁護士会関係者は「審査補助員の選定などについて、政界関係者からの問い合わせは多数あった」と話す。

再審査では必ず審査補助員を置き、法的助言を受けなければならないが、関係者によると、1回目の弁護士が再任を拒否し、第5検審の審査補助員は空席のまま。審査が遅れている要因の一つとされ、「こんな状態ではだれも手を挙げないだろう。このままではなり手がいなくなってしまう」(法曹関係者)と危惧(きぐ)する声も聞かれる。

「国民の常識や視点を反映する」という当初の趣旨を機能させていくためには「外圧」の排除は言うまでもない。公平に審査できる体制づくりが求められている。

「外圧」排除し公平審査を 小沢氏「不起訴不当」

元過激派の辻恵です。よろしく(笑)
Tsuji

第1回目の審査で「起訴相当」を議決した第5検審で、審査補助員を務めた弁護士に批判が殺到しているのだ。
しかも、批判の中には政界関係者からのものも多数あった。
つまり、政治家が審査補助員を務めた弁護士に直接的に圧力をかけたのである。
で、この弁護士は再任を拒否。
結果、「こんな状態ではだれも手を挙げないだろう。このままではなり手がいなくなってしまう」状況になったのである。
そして、審査会開催の目途が立たないまま、時間が経過する中で、第1回目の議決にかかわった審査員は交代して全員いなくなる。
要するに、小沢氏の最初の起訴議決にかかわった人間はすべていなくなり、まったく新しいメンバーが起訴すべきか否かを検討することになったのである。
完全に議論は白紙に戻った。
関係者の間では、「小沢氏強制起訴」の可能性は以前より低くなった、とする見方が強いそうだ。
まさに民主党の望みどおりの展開だが、政治的圧力で検察審査会の審査を左右しようなんて許されることではない。

産経の記事にもあるように、民主党の辻恵副幹事長は検審事務局に電話を入れ、しかも事務局長を議員会館に呼び出そうとまでした。
本人は、電話を入れたことのみ認めているが、「一般論として制度のことを聞いただけ」と開き直っている。
しかし、辻氏は、自らのホームページで5月20日、審査補助員を務めた弁護士を激しく非難している。

今回の議決を一人で起案したと考えられる米澤敏男弁護士は73歳のヤメ検・ヤメ判で、今年3月に開かれた彼の所属する法律事務所の40周年パーティーには谷垣自民党総裁やみのもんたが出席していること等、検察審査会の運営に関わる一連の経過には政治的色彩が色濃く窺われ議決の公正性に多大の疑問があるのです。

日本政治の分水嶺

与党の副幹事長で、小沢氏の側近である辻氏の言葉は、ホームページ上のものとはいえ、完全に公人としての発言である。
検審事務局に電話で圧力をかけ、審査補助員を務めた弁護士を公に個人攻撃する。
これは、与党の幹部が取る態度ではない。
このような事が起きるのは「民主党に党として権力を制御する能力が欠如している」からである。

事の重大性を認識できず、自らの思い込みに従って発言し行動する。
まあ、元東大全共闘の辻氏らしい。
が、「政界関係者からの問い合わせは多数あった」ということは、辻氏以外にも常識外れの行動を起こした民主党議員が相当数いたということだ。
まさに、党中央のコントロールが効かない、というより、党中央など存在しない政党の危うさがここに如実に示されているのである。

参院で与野党の勢力が逆転したから、今後は、もうこのような常軌を逸した行動は取れないだろう。
が、私たちは、民主党が制御の効かない、いつ暴走するか分からない政党であることを強く認識しておかねばならない。

暴走する民主党を糾弾する!

ふざけるな!民主党!と思う方はクリック
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓参考になったと思う方はクリック!願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

Twitter_logo_header↓を3月の後半から始めました。

|

« 解同=松岡徹落選について語ろう | トップページ | 偉大なり 大作先生 その2 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

ひどい話だなぁw

投稿: クルトン伍長 | 2010/07/20 17:36

現在相撲協会が俎上に上がり大変な事に成っていますが、民主党など掘り下げれば続々と出てくるでしょう。
自分をコントロール出来ない人も大勢います。ある人が右を向けで右を向く、左と言えば左、首相自ら現状では自分の仕事も判らない。

経済・軍事・外交も殆ど経験もない、知識人と言われる民主党応援団と社会党事務局の言うが侭、消費税と言えば消費税、抗議されれば、低所得者に返済する?事務量や地方の事など何も判らないで口先で混乱させる。ある面沈黙は金なり、むやみやたらの口頭サービスは迷惑。

外圧排除で「公平」なと言われても政治家になり不動産を含めて公表だけでも、30億の金額が懐に入る?アンケートは当にならないとは言え「80%」以上の人が小沢氏の説明は不十分と言ってる。中小企業を経営して居ても、なまじな事で「蓄財」出来る金額では有りません。お得意の「民意」は大事にしてほしい。

投稿: 猪 | 2010/07/20 17:45

松岡氏に辻氏とか、こういった人達は大阪市は西成、浪速といった同和が強い地域の人達ですから、所謂利権関係に強い人達なんでしょうね。同和自体が朝鮮半島組織に乗っ取られたとか言われて久しいですが、実際に朝鮮半島の本命・公明に負けましたから、巷のうわさも本当だったのかと思いましたが。地元の学会員も以前田端氏が出ている選挙の情勢を聞いた折には「後は同和の連中が従うかどうかですわ」と言い切っていましたから。ま、いわずもがなですかね。小沢氏も韓国で勝手に外国人賛成権成立を約束したとかテレビでもやってましたし、どちらにせよ、民主も公明も共に主張する「民意」というのは「民団の意向」とって差し支えないのでしょう。

投稿: 大阪は今日も雨 | 2010/07/20 19:26

管ガンス政権は極左。

極左政権だと気が付いている日本国民は、一体何れぐらい居るのだろうか…

日本が、改革解放される迄気が付かない?

投稿: | 2010/07/20 19:42

民主党って、なんか、支那の国民党を連想させる連中だ。全然、政党名が現実と違うところなんか特に。

やってることも、支那・朝鮮的だしね~。在日出身者も多いし。気持ち悪っ!

最近、こういう記事読んでも、『ミンスだからね~、やっぱりね~』という反応になっている。全然、意外感がない。ぴったりだね。ジャストフィット国賊!

投稿: 通行人 | 2010/07/20 21:08

タクシーに乗った時は景気は如何ですかと聞きます。返事は決まって悪い悪い。そこで言ってしまいました。運転手さんも民主はだめだといいますので・・・韓国に補償をするらしい。政治決着がついてることを掘り返して1兆円くらいの額になるらしいと話しました。吃驚してました。これもキックバックがあるらしいですね。2%といいましたかね?湾岸戦争の時もキックバック出濡れ手で粟。この人この人小沢一朗。やめてんか=!!と叫びたいです。

投稿: 主婦 | 2010/07/20 22:07

枝野が革マルとの覚書を交わした事を報じられた事
で「普通の対応」と言いましたが

ふざけるな!!!!!!!(ー_ーメ)

と思いますな。これこそ極左の証拠であり
国民に対する重大な挑戦であると糾弾します!

あらゆる手段をとってでも枝野の奴を
政治の舞台から引きずり落とさなければ
なりませんな!!

マスゴミみたいに綺麗事は言いません。
こんな奴等に対しては( ゚д゚)、ペッ

投稿: abusan | 2010/07/21 01:27

【日本語が、まずは初めの防波堤】
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/592db2883135541d72ef2fa3b49d0caa

世界のどの文化圏にも属さない、この世に一輪だけの花、日本。
(写真富士山)

今のわたしたち、親に叱られることしか知らず育った
      縮かんだおとなみたい・・・
      大きく息をしてみようよ
      この小さな島国でがんばっていこうよ、わたしたち
      先祖から遠く引き継いできた美しい言葉と感性を護りながら
      抱きしめながら・・・
      誇りにおもっていいんだよ、この国を


【動画ニュース掲示板】


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

投稿: 愛信 | 2010/07/21 01:56


こんにちは!

◆☆◆吉田首相がマッカーサーに宛てた、韓国人の全員を送還したい旨の内容の手紙も記載されているそうです。

吉田首相はこの異常な民族性を見抜いていました。是非、多くの人に読んで貰いたい 本です。

『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』の本の 拡散宣伝お願いします。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-85.html

~~~~~~~~ 一部転載

8月15日に菅首相へ「日韓併合100周年謝罪談話」を求めている韓国政府の動きと連動しています。

『嫌韓流』は、日本のマスメディアが無視していましたが、ニューヨーク・タイムズなど外国メディアが報道していました。

『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実』は、『嫌韓流』出版当時、明らかになっていなかった資料を満載し、直接解読できるように掲載しましたので、疑惑が確信になると思っております。

保守インターネットユーザーの皆様、菅首相の「日韓併合100周年謝罪談話」を、総力戦で阻止しましょう。

《菅首相の「日韓併合100周年」謝罪談話を阻止できる反撃本を国民の手に!》

投稿: 山河 | 2010/07/21 03:12

★日本は海底資源大国でも楽園になれず

スウェーデンなんて人口930万人。

日本が共産主義国になったら・・・
日本人民共和国の1億3千万人の人民たちを、どうやって食わす?

共産主義は資源のない日本では成功しない
http://whisper-voice.tracisum.com/

投稿: バロン | 2010/07/21 12:10

民主党の正体を鵺に例えられたのは正鵠を射ていますね。
よくもまあ、これでもか!と言うほど極左、反日、毀日の人物が寄り集まったものです。
こんな政党に政権を与えてしまった(投票した)選挙民の皆さんに是非、民主党の真の姿を認識していただきたい。

投稿: シルバーな親父 | 2010/07/21 14:50

旧厚生省が不正に医師国家試験で宗教法人を優遇。

http://257.teacup.com/newsda/bbs/3333

http://257.teacup.com/newsda/bbs/3336

宗教法人側が、米国副大統領に陳情し、日本政府

に圧力をかけさせ、教団教理にかなう時間に受験

することに成功。官庁の一室で秘密裏に受験する。

投稿: ぽー | 2010/07/21 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/48924207

この記事へのトラックバック一覧です: 暴走する民主党を糾弾する!:

» 日本では選挙で勝っても喜んではいけないらしい! [憂国、喝!]
なんで? なんでだろう〜なんでだろう〜 ななな、なんでだろう〜 この出来事、どうも解せない。 議席を伸ばして、なぜ、それを喜んではいけないのだろうか。 そんなことで水をさすようなことを言うから、 日本はダメなんだ! 閉塞感が、いつまでも継....... [続きを読む]

受信: 2010/07/20 21:26

« 解同=松岡徹落選について語ろう | トップページ | 偉大なり 大作先生 その2 »