« 被害妄想性「反日病」に罹患した菅内閣 | トップページ | 今日は音楽遍歴を語ろう »

2010/07/31

現代のナチス!中共を糾弾する!!!

7月25~28日に実施された米韓両軍による大規模な軍事演習に中国が強く反発している。
この演習は、韓国の哨戒艦沈没事件を受けて、北朝鮮を牽制するために行われた。
ところが中国は、自国の「安全保障に対する明らかな挑戦だ」として米国を猛烈に非難しているのだ。

中国紙・環球時報は6日付の社説で、「国際社会が暗黒街というわけではないが、敵同士いつか報復が待っていることを覚えておくべきだ。中国はしばし怒りを抑えるが、報復は時間の問題だ」と書いた(07/07 朝鮮日報)。
まあ、中国共産党機関紙・人民日報が発行している新聞とは思えない乱暴な言葉遣いではある。
さすがの米国も、この勢いに多少配慮したのか、演習の実施場所を黄海から日本海に変更した。
が、原子力空母ジョージ・ワシントンやイージス艦、F22ステルス戦闘機などが参加した演習は、中国にとってよほど衝撃だったのか、演習終了後も非難の手を緩めない。

以下は、環球時報の親にあたる人民日報の報道を伝える記事である。

中国共産党機関紙である人民日報が米国に向けて挑発的な質問を投げかけた。

新聞は29日「鐘の音」というコーナーを通じ「中国が大国として国際舞台に登場するのに米国は準備できているのか」と聞いた。「鐘の音」は国際問題に対して人民日報の主張を正面から扱うコーナーだ。

新聞はこの文で「米国政府の要人たちが何回も中国が繁栄する大国として登場することを歓迎すると言ったが、最近、韓米連合軍事訓練、南シナ海について米国の行動を見れば「米国は本当に準備できているのか質問を投げざるを得ない」と述べた。

昨年11月、オバマ米国大統領が初の中国訪問を控え「中国が世界の舞台でもう少し大きな役割をすることを歓迎し、米国は中国を抑制しない」とした言葉を狙ったのだ。人民日報は「(米国)覇権は慣性的なものだから挑戦を受ければ何か緊張を造成しようとする」とし「そうしているうちに逆に自分がけがをすることもある」と皮肉った。

続いて「米国が中国の浮上を受け入れる方法を見つけられなければ世界が、特に東アジアが不安定になる」と警告し「米中関係の未来は米国が自ら衝動を抑制できるかにかかっている」と主張した。

中国・人民日報「米国よ、本当に準備できているのか」挑発的質問
(中央日報)

米軍に対抗して東シナ海でミサイル迎撃訓練を行う中国艦隊
Chukyou

親も子と大して変わらないね。
「中国が大国として国際舞台に登場するのに米国は準備できているのか」
「そうしているうちに逆に自分がけがをすることもある」
「米国が中国の浮上を受け入れる方法を見つけられなければ世界が、特に東アジアが不安定になる」
これらの言葉は、「大国」意識むき出しとも読めるが、米国に「大国」として認められていないことに対する歯軋りとも受け取れる。
まあ、中国大陸を射程に収める海域での訓練は、すべて中国に対する「挑戦」「挑発」なのだろう。
では、日本のEEZ内での中国海軍の演習は、我が国に対する「挑戦」「挑発」ではないのか?
ほんとうに身勝手で独善きわまりない国である。

以下の記事は、中国がいかに独善的で侵略的であるかを如実に示している。

青く、穏やかな南シナ海に緊張が走った。6月23日、インドネシア領ナトゥナ諸島のラウト島から北西57カイリ(約105キロ)。現場海域からの立ち退きを命じるインドネシア海軍艦船に対し、中国の白い大型漁業監視船が、「拿捕(だほ)した中国漁船を解放しなければ攻撃する」と警告。大口径の機銃が銃口を向け、インドネシア海軍艦も応戦準備に入った--。

「洋上対決」は前日、同じ海域で10隻以上の中国漁船団が操業したのが発端だ。インドネシア警備艇がうち1隻を拿捕した。「排他的経済水域(EEZ)内であり、他国は勝手に操業できない」(当局者)ためだ。だが約30分後、2隻の白い中国の漁業監視船が現れ、「インドネシアのEEZとは認めていない」と無線で主張し、解放を要求してきた。

毎日新聞が入手した現場撮影のビデオ映像によると、中国監視船のうち1隻の船首付近には漢字で「漁政311」の船名がある。軍艦を改造して昨年3月、南シナ海に投入された中国最大の漁業監視船だ。排水量は4450トン。漁業を統括する中国農業省の所属で、船体色こそ白だが、どっしりと洋上に浮かぶ姿は正に軍艦だ。

警備艇はいったん、漁船を放したが翌朝、応援のインドネシア海軍艦船の到着を待って再び拿捕した。だが中国側は、海軍艦の登場にもひるまなかった。ファイバー製の警備艇は被弾すればひとたまりもない。やむなく漁船を解放したという。中国監視船は5月15日にも拿捕漁船を解放させていた。「武装護衛艦付きの違法操業はこれが初めて」(インドネシア政府当局者)だった。

同じ南シナ海で、中国は、西沙(英語名パラセル)諸島や南沙(同スプラトリー)諸島でベトナムやフィリピンと領有権を巡って衝突してきた。台湾の海軍関係者は「ナトゥナの北に豊かな海底油田がある」といい、中国の狙いが水産資源より地下資源獲得である可能性を示した。

(後略)

中国:武装艦で威嚇「拿捕の漁船解放せよ」 一触即発の海
(毎日新聞)

中国の監視船「漁政311」 まるで軍艦
China_kanshi

中国漁船(右)とインドネシアの警備艇(左)
Nesia_keibi_2

「インドネシアのEEZとは認めていない」
これは
「沖ノ鳥島は日本の領土ではない」
と主張して、その近海で海軍の演習を繰り広げる中共の姿そのままである。
海上自衛隊の装備が中国海軍より劣れば、そして在日米軍の存在がなければ、おそらく尖閣諸島周辺でもインドネシア領ナトゥナ諸島近海と同じ紛争が勃発するだろう。
これまで何度も書いたが、中国は友好国ではない。
「平和勢力」なんて中共の手先かスパイのプロパガンダである。
中共率いる中国は、まぎれもない侵略性国家なのである。

「平和勢力」が、なぜICBMを所有するのか?
なぜSLBM搭載の原潜を保有するのか?
なぜ空母の開発を急ぐのか?

中国が開発中の空母の完成予想図
China_kubo

人民日報が
―南シナ海について米国の行動を見れば「米国は本当に準備できているのか質問を投げざるを得ない―
と書いたのは
この23日、クリントン米国務長官が、ASEAN地域フォーラムの閣僚会議で「南シナ海の航行の自由は米国の国家利益だ」と述べたことを明確に意識してのものだ。
つまり、黄海も東シナ海も南シナ海も、中国にとっては既に既成の領土なのである。
だから米国の行動や発言に強く反発する。

今、中国の周辺には、中国に対する脅威は存在しない。
あるとすれば、北朝鮮の暴発か、あるいは崩壊くらいである。
米国には中国を攻撃する意思もなければ、そうすることによって得られるメリットもまったくない。
にもかかわらず、中国は軍拡路線をひた走り、他国の領土を強奪しようとする。

このような中国の侵略性はどこから来るのか?
それは
「国家が生存発展に必要な資源を支配下に収めることは、成長する国家の正当な権利である」
という考えに基づく。
まさに、中共率いる中国は「21世紀のナチスドイツ」なのである。

現代のナチス!中共を糾弾する!!!

中共に怒りを感じる方はクリック!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓参考になったと思う方はクリック!願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【追記】
菅直人首相は27日、「(鳩山由紀夫前首相が言った)『友愛の海』は、わたしは大変いい言葉だと思っていて、わたしも友愛の海であってほしいと思っている」(日中ガス田交渉に関し記者団に)と述べたそうだ。
政治家、特に首相ともなれば「言葉」に責任を持ってほしい。
「友愛の海」って何だ???
領土は「国益の衝突」だろう???
「友愛」なんて外国に向かって発信すべき言葉では絶対にない。
それだけで国益を損ねている、と弾劾せざるを得ない。
ノー天気は鳩山で終わりにしてほしいよ、まったく(怒)

Twitter_logo_header↓を3月の後半から始めました。

|

« 被害妄想性「反日病」に罹患した菅内閣 | トップページ | 今日は音楽遍歴を語ろう »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

「中国と日本は経済的な結びつきが強まっているので、中国が侵略してくる理由はない」という詭弁社説が掲載される売国新聞があります。

そういう新聞に掲載される「読者の声」も、こんな感じの妄言が多いような気がします。

この事にも反論された方が良いかもしれません。


一言例えを申し上げれば「ヤクザと金銭の付き合いが深まるようなもの」です。

投稿: | 2010/07/31 20:55

シナ海軍は空母を作りたがっていますが、上海の軍管区でしょう。いずれ息切れしますから、シナ人は海が苦手ですよ、鄭和はシナ人であるとは疑わしいし。
今、シナ大陸の沿海部に住んでいる住民に、空母というのは受けるのでしょうね。
30隻ほど造れば大受けしますよ、シナ沿岸部から。
一船50機として、空母運用は最低3隻必要、護衛の駆逐艦だの潜水艦だの、かなり必要です。
まあそんな意識はないのかも。
シナの上海は人気取りでやってると思いますよ。

次に領海に侵入したら、撃沈するぞ
これくらいは言ってもいいのでは

投稿: ○ | 2010/07/31 22:17

民主党政権は、このように危険な中国の軍事力強化を肯定する人物を中国大使に任命、しかしこの問題発言はまったく以って無視されている日本はどうなっているのでしょう。

投稿: 山親父 | 2010/08/01 06:30

経済的な結びつきを強化すれば戦争を抑止できるのなら
それ以前に、軍事力を用いた挑発行為も抑制されるはずです
しかし現実にはそうではない
中国は津軽海峡に艦船を通過させたり、沖縄の先島諸島近海の我が国領海を
原潜で侵犯したりした
経済関係で戦争を抑止できるというのは机上の空論でしょう
WW1やWW2を鑑みるに、歴史もそれを否定しています

わが国周辺における中国の活動状況
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2009/2009/html/l1232500.html

日本だけでなく、インドネシアやベトナム、インドといった国も
厄介な隣人に悩まされている様子ですね
昨今の東南アジア諸国や豪州、インド、韓国の潜水艦の増強は
中国による海上覇権の確立を懸念してのことでしょう

中国が核心的利益とする南シナ海は、日本とインド洋を結ぶ要衝で
この海域を中国による内海にさせるわけにはいきません
日本はこれらの国と連携して、中国の冒険的な行為を抑制する必要があります

東南アジア各国、潜水艦競争激化 中国へ警戒感も 朝日新聞[2009年07/31]
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1249045703/1

投稿: なっぱ | 2010/08/01 08:23

チェンバレンの二の舞をアメリカもやってはいけませんが、アメリカの中国史観は、最近になり、ようやく「おかしい国」と思い始めた様な感じを持っていますが、未だナチスと同類とは思わない。

日本はすでに前世紀からおかしい国と言う事が判っていながら終戦後、優秀な中国史観を知る人を遠ざけ、共産主義者が中国を庇い、日本軍隊を悪者に描き、中国に日本たたきの材料を揃えて育てたのです。

今度は国柄も国体も思考も異なる「異国」と経済活動だけで、防備対策も無く大陸へ、大陸へと相手が持てあましている人口を頼りに危地に行く、こんな時だけ日本マスコミは「いつか来た道」とは絶体に言わない。

北朝鮮帰国運動と同じ構図、中国の未来には「天国」が有る。反対に中国人は「大陸」には夢がない、日本が良い、アメリカが良い。一方中国政府はアフリカなどには移民制度と投資を組み合わせて奨励して国外逃亡?を推し進めている。

日本が「核」武装を匂わせ、自衛隊を国軍に武器の国内製造を始めれば「ガチャガチャ」外国は騒ぐでしょうが国内経済が良くなり「独立」への第一歩、そして中国の日本侵略の足を止める事が出来ます。政治家・日本人がその気になれば必ず出来ると確信して居ます。

投稿: 猪 | 2010/08/01 10:29

謝罪談話を阻止しましょう。

下記サイトにメールのアドレスがのっています。みなさん,抗議のメールをおくりましょう。

http://sitarou09.blog91.fc2.com/

投稿: sam | 2010/08/01 11:38

「中華帝国主義」、「中華軍国主義」と国内で一番早く言った政党を次の政権に推しましょう。

ところが、最大野党の自民党総裁が、あのハニ垣サダイチですからね、その親分が加藤コウイチ、期待できませんなー。

投稿: のらくろ | 2010/08/01 19:29

アメリカを糾弾するのかと思ったのに

投稿: あらあら | 2010/08/02 04:29

【小沢氏への議決、代表選後に…検察審】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100731-OYT1T00874.htm

小沢一郎・前民主党幹事長(68)の資金管理団体「陸山会」の政治
資金規正法違反事件で、今年4月に小沢氏を「起訴相当」と議決した
東京第5検察審査会の審査員11人のうち、5人の任期が31日付で
終了し、議決に携わった審査員は全員が任務を終えた。

【経済・政治の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


【愛信選挙情報】
[長野県知事及び県会議員補欠選挙情報]
http://www.aixin.jp/scjh/sjmenu.cgi


今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

投稿: 愛信 | 2010/08/03 00:55

「21世紀のナチスドイツ」(笑)。本当に正鵠を得た表現ですね。全体主義・覇権主義・帝国主義の全てを兼ねた狂気の帝国です。
全く違う話で申し訳ございませんが、先日の木村剛氏の逮捕についてどのように思われますか?と言うのも同事件は振興銀行の信頼度を落とし、金融界に多大なダメージを与えるような気がしてならないのです。金融界はどの位のダメージを受けるのでしょうか?振興銀行の信頼度は回復できるのでしょうか?そして、金融界の安定は保たれるのでしょうか?この問題は、ある意味中国以上に重要だと思えてならないのです。

投稿: milk | 2010/08/03 23:53

>菅直人首相は27日、「(鳩山由紀夫前首相が言った)『友愛の海』は、わたしは大変いい言葉だと思っていて、わたしも友愛の海であってほしいと思っている」(日中ガス田交渉に関し記者団に)

いや~~~どこまで惚けてしょうがない人なんでしょう。国家の存亡を懸けている現状を知らないのでしょうか。
この人はたしか、日本国首相ですよね。

まとめてみました。 
ルーピー 鳩山由紀夫 参上!  ttp://blog.goo.ne.jp/deception_2010/e/db92ec7f23e1d1002933276378e0a48b

鳩の頭脳には、中国寄りの気まぐれな思い付きと突飛なパフォーマンスしか無い。
そこには、「まともな現状認識」どころか、歴史と国柄に根ざした価値観も、国家としての外交の柱も無い。もちろん、愛国心も無い。 ナイナイナイ尽くしである。

>小沢一郎を切らない場合、民主党に投票致しません。
そういう問題ではありません。 民主党は、中国の傀儡政権です。

投稿: 一般人 | 2010/11/03 10:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/49012511

この記事へのトラックバック一覧です: 現代のナチス!中共を糾弾する!!!:

» 博士の独り言に来ているブログ削除要求っなに? [憂国、喝!]
ブログ削除要求をいただき 博士の独り言より 博士の独り言にブログの削除要求が来ているらしい。 博士が使用しているブログプロバイダーはFC2。 その事務局からの削除要求らしい。 博士によると、今までにも似たような要求があったみたい。 博士は次ぎのよ...... [続きを読む]

受信: 2010/08/01 02:10

» 厚労省の政務三役の指示への評価1% [普通のおっさんの溜め息]
 長妻さんの肝いりで5月に発足した「若手プロジェクトチーム」の平均年齢33歳の職員34人が6チームに分かれて、業務効率化やサービス改善策について無記名のアンケート調査の結果が公表されて問題になっています。 その詳細は判りませんが読売、朝日、毎日、産経の報道を纏めて見ました。・長妻昭厚労相は省の目標で「おごりの一掃」の支持に関しておごりを感じる:政務三役48%、局長級6%、課長級6%・「現実的なスケジュール感の観点から、納得のいく指示が示されている」という評価:政務三役1%、局長級以上29%、課長級3... [続きを読む]

受信: 2010/08/02 10:59

» 中国共産党の本質 [風林火山]
中国の温家宝首相の来日の際、先月の中国海軍による日本領海侵犯と自衛隊への威嚇行為に対して、巷では保守系市民団体による抗議デモがあったようだ。 [続きを読む]

受信: 2010/10/10 16:10

» 恐るべき中国の闇市場 [風林火山]
海外の文化に興味を持ち、国際交流をはじめて、約30年、 特に、東南アジアとのビジネスは、20年近く経験してきた。 [続きを読む]

受信: 2010/10/10 16:11

« 被害妄想性「反日病」に罹患した菅内閣 | トップページ | 今日は音楽遍歴を語ろう »