« 朝日新聞が危惧する哀しいシナリオ | トップページ | 野合集団の「仁義なき戦い」 »

2010/08/28

小沢一郎を読む

この歳(あと1年ちょっとで60歳)になると、人を読むのが好き、というか得意でね。
で、今日は小沢一郎を読んでみます。

彼を突き動かしているのは嫉妬と劣等感です、間違いありません。
小沢は中学3年の春、岩手県水沢市(現・奥州市)から東京の中学校に転校しました。
いつも教室の片隅で一人ぽつんと座っていたそうです。
あの風貌とあの性格、おまけに田舎者、きっと孤独の極みにいたことでしょう。

高校を卒業した彼は、父親の跡を継ぐべく、弁護士になるため東大法学部を目指したようです。
が、2年連続して不合格、結局、慶大経済学部に進学します。
で、慶大卒業後、弁護士になる夢を捨てきれず、日大の大学院法律学科に進みます。
ところが、衆院議員だった父・佐重喜が急逝、いきなり国会議員になるわけです。
つまり、第一志望の東大は必死に勉強してもかなわず、司法試験も努力の甲斐なく縁がなかった、ということです。

小沢一郎、モテなかったでしょうね。
あの面相、あの性格、あの体形、モテる要素ゼロです。
きっと、女性に対する劣等感もすごいと思います。
その点、小沢が師と仰ぐ田中角栄はモテましたね。
選挙区の各市町村に愛人がいた、と言われるくらい、これは「伝説」ですが(笑)
ハンサムとは縁遠い角栄がモテたのは、あの陽性な性格と情です。
が、小沢は暗い、情とも無縁。
独裁的で、無理難題を押し付けるところは角栄も同じですが、この政治家には情があった。
その点、小沢は、田中真紀子とそっくりですよ。
まあ、真紀子ほどバカではありませんが(爆)

Ozawa1
うちのカミさん、ノンポリですが、この顔、虫唾が走るそうです(爆)

結局、小沢は角栄の紹介で、新潟県の建設会社、福田組会長・福田正の長女と結婚します。
この福田組会長、越山会の最高幹部で、角栄の金づる。
結果、小沢は選挙に必要な3バンのうちのカバン(カネ)を手に入れることになったのです。
今でも小沢は、カミさんに頭が上がらないと言っているようですが、カミさんに頭が上がらないのではなくて、彼女のオカネに頭が上がらないのです。

小沢は幹事長辞任後、行方知れずになりました。
参院選中は、自らが擁立した新人の応援に出向いたようですが、党とは無関係の行動。
で、参院選後は、また行方不明。
総理大臣であり、党代表でもある菅直人の面会要請も完全無視。
こんな非常識、一般社会でありえますか?
世の中に「豪腕」という勘違いな論評もありますが、これは単なる「駄々っ子」、「傲慢」という言葉さえもったいない。
本当に我が儘、というか幼稚です。

小沢側近と言われた党副代表の石井一が菅陣営の選対副本部長に就任するそうです。
新生党結党以来の盟友。
一時(新進党解党後)は対立しましたけど。
側近中の側近と呼ばれ、自民党離党後、常に歩みをともにしてきた藤井裕久も反小沢。
小沢さん、いつも側近が離反する。
熊谷弘、船田元、二階俊博、中西啓介ら、かつて小沢信者で小沢憎悪に転じた政治家は枚挙に暇がない。
この辺りも、田中角栄との大きな違いでしょう。
とにかく人望がない。

陰気で猜疑心が強く、引きこもりみたいな幼児的な行動を続ける「豪腕」
どこが「豪腕」???
大爆笑!!!
です。

心臓が悪いから、と言って国会にほとんど顔を見せない「豪腕」
一言でも批判したら、あくる日から口も聞かない「豪腕」
嫌いなヤツからの電話には、受話器が目の前にあっても出ない「豪腕」
相手を何時間も待たせておいて、決して詫びない「豪腕」
ああ、本当に素晴らしい「豪腕」ですよ。

麻生太郎は3メートル以内にいないと、その魅力が解らないと言われましたが、小沢一郎は50センチ以内にいないと解らない、いや本人にならない限り解らない、
そんな気がします。

と、言うことで本日のエントリを終わります。

なお、私は菅直人支持でも民主党支持でもありません!
念のため!!!

【追記】
忘れていました。
小沢は、もともとは構造改革論者でした。
「日本改造計画」では「(グランド・キャニオンには)転落を防ぐ柵が見当たらないのである」と書いた。
そこで彼は、「個人の自立がなければ、真に自由な民主主義社会は生まれない。国家として自立することもできないのである」と主張しました。
が、彼が思い描いた構想は、小沢から見れば三下に過ぎない小泉純一郎がほとんど実現してしまいました。
これも、彼のプライドを痛く傷つけたに違いありません。
合掌(爆)

くたばれ小沢!消えうせろ民主党!と思う方はクリック!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

↓参考になったと思う方はクリック!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 朝日新聞が危惧する哀しいシナリオ | トップページ | 野合集団の「仁義なき戦い」 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

少し気になることがあって投稿します。
「小沢さん」という呼び方をよく見かける(テレビ局のニュースキャスターまで)のですが、
これっておかしくはありませんか?
「小沢氏」、あるいは役職で呼んで「小沢元幹事長」とか呼ぶべきでは。
「さん」付けにすることによって内輪の人間、あるいは親近感を感じる
相手のような気にさせられている人もいるのではないでしょうか。
これは小沢氏の呼び方に限らず、他の政治家でもあるようですが、
おかしいです。
マスコミならもっと客観的であるべきだし、ブログなどでも、
親小沢でもない限り使うべきではないと思います。

投稿: | 2010/08/29 02:03

上記の投稿の内容は事実ではありません。

樋高衆議院は小沢氏の息子ではありません。

投稿: 葉さくら | 2010/08/29 02:33

【民主党の皆様へお願い】

日本は今、大変な事になっています。
この国を思う多くの日本人は日本の主権が
侵害される在日支那人や在日朝鮮人に選
挙権を付与する法案に反対しています。
反日売国勢力拡大を助長する人権擁護法
案にも反対です。 国家の基本となる家庭
や家族関係を破壊する夫婦別姓法案は子
供を家族が育てる事を否定した社会主義
の様に子供は国が育てる、そして一部の権
力者の奴隷にする政策を進めています。
差別を拡大するとして教育を荒廃させた日
教組と結託していて「政治と金」の贈賄事件
の容疑で2回も失脚した民主党前幹事長の
小沢一郎氏が日本国の総理大臣を狙って
民主党代表選挙へ立ちました。
自称中国解放軍野戦軍司令官の小沢一郎
は朝鮮進駐軍を復活させ日本を占領する
勢いです。
この国日本はアメリカの友好国であるが属国
では有りません。 アメリカの経済が停滞して
も日本やアメリカが共産化することはありま
せんが現在の民主党政権では政治的工作
で支那に侵略される恐れもあります。
こんな危険な状態は早く終わらせなければ
成りません。反日売国テレビ局やマスコミが
事実を隠蔽して有権者を騙し洗脳する行為
は嘘も100回言えば本当に成ると信じてい
る朝鮮人に報道機関が支配されているから
です。
この様な捏造・隠蔽・偽装報道は禁止して厳
しく規制しなければなりません。 国民の負託
を請けた国会議員は国民の生命財産を守る
義務があり誠実であらねばなりません。
民主党国会議員、県会議員、市町村会議
員及び党員・サポーターの皆様はここに
掲載しました関連情報を御覧になって民主
党代表選挙の投票をお願いします。
【愛信選挙情報】をカッチとね
http://www.aixin.jp/smjh/grhc.cgi

【愛信選挙情報】
[民主党代表選挙情報]
http://www.aixin.jp/smjh/sjmenu.cgi

投稿: 愛信 | 2010/08/29 03:16

管理人様
残暑お見舞い申し上げます。

昭和44~45年の学生運動と大学受験が重なる世代だったのですね。

小沢氏が「嫉妬と劣等感」そして「怨念・憎しみ」だけで動いている「悲しい人」と言うのは,本当に分かり易い表現と思います。

今回は,是非に小沢氏に勝利してもらって(勝ちが読めたから,あるいは確定したから出てきた,と言う説も聞きます),(直ぐに立ち行かなくなりますから)年内に解散してもらいたいです。

ここで,自民200,民主150,みんな50,残りがその他,というレベルになって,国会議員の方達には日本の将来を真摯に考えて頂きたい。

「国家100年の計は教育にあり」,戦後の教育でガタガタになった日本人を,戦前の本来の教育でたたき直して欲しいものです。

投稿: 中道 | 2010/08/29 10:09

「豪腕」については、私も疑問がありました。要するに自分の私的な利益につながるものについては、ゴリ押し、恫喝、理不尽な仕打ちを堂々とやるということですね。これを「豪腕」として評価するなんて、バカですよね。

投稿: 与太郎 | 2010/08/29 10:14

今日も早朝から太陽が勝ち誇っているので、太陽のバカヤロ~~~~~~と、叫んでしまいました。
(心の中で・・)


おざわさん。
この人を知る度、映画「砂の器」が浮かびます。
(テレビで観たのですが。)

野村芳太郎監督、脚本橋本忍、音楽芥川也寸志でしたか。
秀男という名の時の、孤独で悲しい少年時代。
出自を奪い取って和賀英良になり、金、権力、名誉を得て行くが。

映画のもう一つの主役、ピアノ協奏曲「宿命」と、オザワさんが重なってしまうんです。
顔は別として。


暑くて頭がおかしくなっているので、諸々お許し下さい。

投稿: RM | 2010/08/29 11:55

坂さん、同年です。もう少しで(半年)還暦。この言葉を聴くとお婆さんになりそうですが…いやや気持ちは若い。
小沢の人物像はまさにその通りですね。
女にもてないタイプ。陰気は女にもてません。
女性に対するコンプレックス。特に大和撫子に対してのはあるかも。秘書が居ましたね。半島の。

猜疑心が強いって言うことは小心者かもしれない。案外そうかもしれない。

投稿: 主婦 | 2010/08/29 12:43

「さくら」さんの情報を見て驚きました。海上自衛隊に居た息子さんでしょうかね?穂高?養子ですか?
私憤を政治に持ち込まれてはかないませんが、鳩山もそうですね。”小沢さんは私を首相にして呉れた人故応援するのが大義”と言う様な事を言いました。
その都度言葉が変わる人ですが、これだけバカな発言だけは本心なのでしょう。

小沢氏本人は「坂さん」言われる通り「変質の人」27歳で代議士になり、政界の中しかしらない、苦労知らず田中・金丸に可愛がられて頂点から落ちた。しかし自分に芯が有れば、思想的にもこれだけ変化もしないでしょう。靖国神社一つでも自民党幹事長時代はA・B関係なし、国の為に命をささげた人に敬意を払うのは当たり前と言って居たのです。一番重要な点が180度転換しているこんな人を信ずるのは「愚か」な人です。

投稿: 猪 | 2010/08/29 15:04

豪腕?

蒙昧の間違いでは?

投稿: | 2010/08/29 17:26

私が都立小石川高校の生徒だった時,安保反対の大騒動が起きた.
その頃,G組だかH組に政治家志望の奴がいる,という噂がたった.
政治家って職業の一つなのか!とえらく感心したのを覚えております.
この政治家志望の男こそ,小沢一郎です.
その後,彼が立候補したとき,挨拶状が届きました.
おそらく,高校の同窓会名簿で住所を確認したのでしょう.

投稿: ガセネタ | 2010/08/30 01:12

小沢の一家は昔、朝銀から億単位の借金をしてたと聞く。
朝銀は同胞以外への融資はこれまで一切行っていないが
どうして小沢家だけは融資を受けられたのか・・・。

投稿: | 2010/09/08 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/49278066

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎を読む:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010/08/28 22:50

» 【黒魔術】 リアル焼き殺される魔女 【火炙り】 [魔女が焼き殺される!暗黒大陸アフリカの真実!!]
閲覧注意!生きたまま焼き殺される!魔女狩り!暗黒大陸アフリカの真実!! [続きを読む]

受信: 2010/08/29 04:33

» 2ちゃんねる 小沢一郎 [光かがやく]
小沢一郎を読む ると、人を読むのが好き、というか得意でね。で、今日は小沢一郎を読んでみます。彼を突き動かしているのは嫉妬と劣等感です、間違いありません。小沢は中学3年の春、岩手県水沢市(現・奥州市)から東京の中学(続きを読む) 【中古】afb【古本】剛腕維新/小沢一郎..... 小沢一郎の功罪..... ■オンナの株が上がる♪■「小沢一郎首相」で普天間「国外移設」…川内氏 19 民主党の川内博史衆院議員は28日のTBS番組で、「小... [続きを読む]

受信: 2010/08/29 13:58

» テレビの役割・小沢さんの「原点へ回帰」 [普通のおっさんの溜め息]
 先日、民主党の代表選のときにテレビ局は両陣営を招いて政策の討論会をしては、そしてそのとき双方の支持者が言いたいことを言いっぱなしにならないように、何人かの識者も参加させるべきと書いた手前、今朝の同種のテレビ番組を見て見ました。・フジテレビの「新報道2001」 出演は民主党副代表の山岡賢次さんと総理補佐官の寺田 学さん、元三重県知事の北川正恭さん 「原点回帰」を訴えて小沢さんさん推した山岡さんも、マニフェストに無理な所があれば、修正しても良いと言っていました。詰まり菅さんのマ... [続きを読む]

受信: 2010/08/29 16:03

» 真夏の悪夢「小沢一郎首相」 [王道マガジン「レスジェネ」]
皆様、暑い日が続きます・・・というよりいつまで続くんだこの暑さ。 そんなタダでさえ暑いなか、良識ある日本人の脳を沸騰させ続けている民主党ですが、 このたび、党代表選が公示されました。... [続きを読む]

受信: 2010/09/01 13:29

« 朝日新聞が危惧する哀しいシナリオ | トップページ | 野合集団の「仁義なき戦い」 »