« 政治がしっかりしないと、我が国は滅ぶ | トップページ | 「日中友好」という幻想を粉砕せよ! »

2010/09/22

ヤクザと手打ちをしてはならない!

もう、ほんとうに嫌になりますね。
石原都知事は中共を「ヤクザ」と呼びましたが、まさにその通り。
「ヤクザ」に手打ちはありますが、それは力の強い方が勝ち。

表現は悪いですが、他人のシマ(縄張り)に手を出したヤクザは、因縁をつけ、強引に居座る。
で、手打ち。
弱い方が相手に譲歩する形がほとんどです。
で、やがてシマ(縄張り)全体が因縁をつけた方のモノになる。
これがヤクザの世界。
要は弱肉強食。
そこでは、正義とか良心とか、それを持った方が負けなんです。

それにしても、こんな国との「友好」を40年近くにわたって唱えてきた政治勢力とは何者なんですかね。
「友好」の見返りが「今」ですよ。
これは社民党や、旧社会党の影を引きずる民主党だけではありません。
田中角栄―中曽根康弘―竹下登…と続いた昔の自民党はもちろん、日中国交回復の立役者を自認する池田大作を戴く公明党も同罪。
つまり、日本国全体が中共にひれ伏していたわけです。
むしろ日本共産党の方が、多少なりともまともだったかな、と思えるほど。

1979年から始まった対中国ODA(政府開発援助)は、総額3兆円以上。
今の価値からすれば10兆円以上でしょう。
これが2008年まで続けられていた。
中国が、GDPにおいて、既に英国やフランスを追い抜いていたにもかかわらず。
で、笑えるのが、中国は、これに金利を上乗せしてアフリカや南米の資源保有国に融資していたということ。
つまり、金持ちから貧乏人の振りをして超低利のカネを借りる。
そのカネに金利を上乗せして、貧乏だが潜在的な財産(資源)がある国に転貸しする。
こうして中共は、アフリカや南米の資源を有する後進国を囲い込んできたのです。

そして、自前のカネは軍事力や宇宙開発につぎ込んできた。
結果、今の軍事・宇宙大国=中国があるわけです。

まあ、この事実を皆さんがどう解釈するか?
お任せします。

中共の傲慢と媚中派を許せない!と思う方はクリック!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反保守・親小沢のブログがベスト5を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリックをお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 政治がしっかりしないと、我が国は滅ぶ | トップページ | 「日中友好」という幻想を粉砕せよ! »

政治(国際)」カテゴリの記事

コメント

哀しいですね。
自らが援助した金銭で我が身が危険に晒されているんですから。戦後処理をしてこなかった亊が日中関係の問題だと他人事のように言っている政治家や評論家もいますがこれだけ膨大な援助や融資は一体何だったのか?日本国.日本企業無くして今の中国の発展などあるはずも無い亊は明白。

投稿: | 2010/09/23 00:19

坂さま
こんばんは

中国共産党の一党支配は終わりに近づいているのでは
ないでしょうか
ニューヨークでの温首相発言は
とても焦っているように見えました
中国人は豊かになり、世界中を旅するようになりました
彼らは自由がどんなものか
もう知ってしまったと思います
反日感情を煽って、国内を統制するのは
限界にきています
一党体制は早晩崩壊すると思います

私は自民党員ですが、自民党の政治家も良くないと
思っています
ただただ謝り、援助してきました
今回の尖閣問題はいいチャンスだと思います
中国にひれ伏す時代は終わりにするべきです
もはや戦後ではないのです

投稿: さくら | 2010/09/23 00:43

きょう首脳会談 「南シナ海」焦点 米の関与嫌う中国

http://sankei.jp.msn.com/world/china/100923/chn1009230721001-n2.htm
オバマ大統領が、温首相との会談の翌24日に
主宰する米・ASEAN首脳会議では、南シナ海
への米国の関与強化が共同声明に盛り込まれ
るかが焦点となる。

日本の国益が著しく侵害されている今日、報道の
本分から逸脱して大切な事実を隠蔽して視聴者を
愚弄するテレビ局や支那の捏造報道に反撃をしな
い反日テレビ局・マスコミは、多くの日本国民に
情報隠蔽の事実が遍く知れ渡る時、反日テレビ局
の存在自体が容認されなで消え去るのみ。 
一度失われたテレビ局や新聞に対する信用は
回復できない。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2010/09/23 09:58

やくざとの交渉は覚悟を決めて表に引きずりだせば良いのです。裏でこそこそやるべきでは有りません。堂々と国連の場に引きずり出せば良い、嫌なら一発位ぶち込まれても引き下がらない。

喧嘩をするなら最悪引き分ければ良い。前編で安倍首相の対中姿勢を云々された記事が有りました。真の安倍首相の対中交渉の中身を知らない人の言う事、尖閣でトラブルが起こった事こそが民主党の中身の問題。

小泉外交から正常な対中関係を作り上げた安倍首相に対するマスコミ・外国勢力が安倍氏を引きずり下ろしたもので見方が甘いのではないでしょうか?
中国もアメリカも教育基本法・防衛省・国民投票法の改正、加えて「美しい日本・戦後レジュームからの脱脚は嫌で有ったと思います。

投稿: 猪 | 2010/09/23 10:30

石原氏の発言に「そうだー!」と叫んだり致しましたが
日々、愚か者達が大きなツラをしてのさばる有様にストレス
いっぱいです。
坂さんのように発信して下さることで、心が支えられること
感謝いたします。有難うございます。

人類の目覚めが広く浸透していくことを願っています。

投稿: 泉 | 2010/09/23 12:39

「防人にエールを」です。

私たちにもできること。
一人でも多くの日本人の声援を現場に届けることに他なりません。

●海上保安庁HP
http://www.kaiho.mlit.go.jp/shitugi/index.html

●第十一管区海上保安本部HP(投書BOX)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/

投稿: 憂国りん | 2010/09/23 12:51

日本と中国の対立は、歴史的な因縁かもしれませんね。
中国歴代王朝が国家をアジアに膨張させてきた時、日本の歴代政府は独自外交を貫きました。
近代になって、アジアの中で日本だけが欧米列強の植民地にならなかったのも、日本の中国に対する独自外交の影響が大きかったのではないでしょうか。

中国の経済発展は、目覚ましいものがあります。
政治的な発言力も、経済力に伴って強くなっています。
日本が中国に対して外交関係を強めたがる気持ちは、よくわかります。
しかし中国に対して経済や政治で依存関係を強めるということは、日本の独自性を失うという危険性もはらんでいます。
尖閣諸島問題は、日本の外交を見直す上で、いいきっかけになると思います。

投稿: あ | 2010/09/23 15:49

中国と付き合わなくても日本はやっていける

中国と韓国は日本の隣国だが友邦では無い。
日本には他の友邦ともっと親交を深めるべきで
あり、マスコミはも-っと親日国のことを取り上げ
て啓蒙すべきである。
---中略---
支那や韓国の横暴には国交を断行するというカード
を使えばいい。不道徳な民族と付き合うと品性が
悪くなる。
http://www.youtube.com/watch?v=_F-KU_wjpVo&feature=player_embedded
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2010/09/23 19:28

恐ロシア 着々と北海道を狙う
http://blogs.yahoo.co.jp/tomky55/archive/2010/9/23

州憲章に北方四島の名称明記 ロシア改正につ
いて州政府は「島の経済発展の計画を進めやす
くするため」と説明していますが、北方四島の名称
を明記したことで、四島の領有を明確にするねら
いがあるとみられます。
【前航空幕僚長の論文問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10.cgi
【前航空幕僚長の論文問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
支那が沖縄、ロシアが北海道を狙う、テレビ局・マスコミは
報道隠蔽では日本国がなくなる。

投稿: 愛信 | 2010/09/23 21:07

7月16日のエントリー『傍若無人 中共を糾弾する!』の中で、小泉首相の講演内容がとても印象的です。

〔小沢一郎民主党前幹事長らが説く「日米中三角形論」を「極めて危険だ」と指摘し、「中国、韓国、ロシアと領土問題がある国とどうやって同盟関係を結べるのか」と民主党の外交姿勢への不安を吐露した。〕

もし、小沢一郎氏が首相になっていたら中国の言いなりになって、即、船長を引き渡していたことでしょう。
それにしても、小泉元首相は鋭いですね。
青山繁晴氏の『日中の興亡』を読んで、小泉元首相は、本当に頼りがいのある首相だったんだ、と感じました。

1953年の中国共産党の機関紙:人民日報には「琉球群島人民のアメリカによる占領に反対する闘争」と題した記事で、尖閣諸島を日本名で「尖閣諸島」と表記し、琉球群島(沖縄)を構成する一部だと紹介している、とのことです。

1958年に北京の地図出版社『世界地図集』発行。尖閣諸島を日本領として扱い「尖閣群島」と日本名で表記。

菅政権は、中国の恫喝に負けることなく、以上のことを伝え、中国共産党の矛盾を突いていって欲しいです。

投稿: ちゃお | 2010/09/23 22:27

>それにしても、こんな国との「友好」を40年近くにわたって唱えてきた政治勢力とは何者なんですかね。
「友好」の見返りが「今」ですよ。
これは社民党や、旧社会党の影を引きずる民主党だけではありません。
田中角栄―中曽根康弘―竹下登…と続いた昔の自民党はもちろん、日中国交回復の立役者を自認する池田大作を戴く公明党も同罪。
つまり、日本国全体が中共にひれ伏していたわけです。
むしろ日本共産党の方が、多少なりともまともだったかな、と思えるほど。

見識ある、ベテラン自民党議員から、「白痴的教養の持ち主」、と言われた、河野洋平、小狡い、鼬のような面をした、田中派の番頭、後藤田正晴、チャイナスクールのボス、加藤紘一、いずれも、《日中友好》、を煽りまくった、大のチョーニチ好みの媚中派代議士も入れてください。

投稿: 町工場の親方 | 2010/09/23 22:28

>「中国、韓国、ロシアと領土問題がある国とどうやって同盟関係を結べるのか」と民主党の外交姿勢への不安を吐露した

韓国・ロシアとは領土問題がありますが、
中国と我が国の間に領土問題は存在しないのでは?

細かい事ですけど、こういう失言は、中国に付け込まれる可能性が高いですよ。

投稿: | 2010/09/24 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/49531245

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクザと手打ちをしてはならない!:

» 一括交付金制度は果たして巧く行くのか? [普通のおっさんの溜め息]
 昨日のテレ朝の「報道ステーション」で総務大臣に就任した片山善博さんが、地方分権に関連して、問題の一括交付金の説明をしていました。片山さんの説明の概要・一部で言うように財源をひねり出すための一括交付金ではない。 (知事会は今までの補助金の絶対額を少なくとも減らさないように要求しているようです。)・この制度により今までの紐付きの補助金制度を通して地方の管理に掛かっていた政府の要員の削減により経費削減が出来る。・交付金の決定は透明でなくてはならない。・その算出の根拠は地域の特性や住民数などの条件を入れた... [続きを読む]

受信: 2010/09/23 21:27

« 政治がしっかりしないと、我が国は滅ぶ | トップページ | 「日中友好」という幻想を粉砕せよ! »