« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/29

祝! 仲井真弘多知事再選!

大激戦と言われた沖縄県知事選で仲井真弘多知事が再選された。
しかも4万票近い大差をつけて。
これは何を意味するのか?

対立候補の伊波洋一氏は、反米・反安保の左翼候補である。
沖縄から米軍を追い出し、米軍基地を消滅させる、これが伊波氏の目標なのだ。
だから民主党でさえ表立った支持ができなかった。
伊波氏を支えたのは社民党と共産党、そして地元の左翼政党で北朝鮮に近い社会大衆党である。
尖閣諸島周辺海域における中国の横暴、そして最近の北朝鮮による韓国砲撃という暴挙。
これらの現実を見せ付けられれば、いかに沖縄県民の間に反米軍感情が強いとはいえ、伊波氏を知事に選ぶことには抵抗があったのだと思う。

また、米軍基地に依存している県民も多い。
軍用地主だけではなく、基地で働く者も伊波氏が知事になれば困る。
実際に、基地従業員で組織する全駐留軍組合(全駐労)沖縄地区本部も今回は自主投票だった。
それだけではない。
伊波氏は、民主党政権も含め中央にまったくパイプがない。
政府による沖縄振興策なくしては今の沖縄経済は成り立たないという現実を前にして、県民は理想(感情)より実利を選んだのだ。

仲井真氏は、選挙中、ほとんど基地問題に触れなかったという。
国との窓口も閉ざしていない。
普天間基地の移転協議には応じるということだ。

国・県・市が名護市の辺野古移設で合意するという「惑星大直列」を鳩山政権がぶっ壊した以上、普天間基地の移設問題は簡単には解決できないだろう。
が、仲井真氏の再選は、かすかな光明が差してきたと言える。

なお、今回の県知事選には、県外から大勢の左翼活動家が押し寄せていたという。
そういう意味では、左翼にも大きな打撃を与えることができた。
なにより伊波氏が当選しなくて良かった!
素直に喜びたい。

28日に投開票された沖縄県知事選は、再選を果たした仲井真弘多氏が33万5000票余りを獲得し、激しく競り合った伊波洋一氏に4万票近い差をつけた。

▽沖縄県知事選開票結果

当 335708 仲井真弘多 無現

   297082 伊波 洋一  無新

票差「4万票近くに」沖縄県知事選 (産経新聞)

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

| | コメント (11) | トラックバック (3)

2010/11/26

尖閣ビデオ公開に見る民主党内閣の無能

以下の記事を読むと、
菅内閣のやったことはいったい何だったの?
と思ってしまいます。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件でネットに流出した約44分間のビデオとほぼ同じ内容の映像を、ビデオの一般公開を求めていた参院自民党が24日、朝日新聞など20社が加盟する参院記者会に提供した。

参院予算委員会が国政調査権に基づいてビデオの提出を求める全会一致の議決をしたことを受け、海上保安庁が22日に提出。同委は24日の理事懇談会でビデオの公開を全会一致で決め、複写して参院各会派に渡すことで合意し、ビデオの取り扱いは「各会派の責任でやってもらう」(前田武志委員長)としていた。

朝日新聞も参院記者会を通じ映像の提供を受けた。

44分間の尖閣ビデオを報道機関に提供 参院自民党
(朝日新聞)

「影の総理」と異名を取る仙谷由人官房長官は
「捜査機関の一員というポジションを持っている方が捜査関係資料を他に流出させるのは驚天動地だ」
と、例の海上保安官の行動を痛烈に批判しました。
さらに「(守秘義務違反という認識で)告発をしたわけで、依然としてその判断は変わりません」
と強調し、暗に逮捕を見送った捜査方針に異議を唱えました。
で、結局が、実質的な「ビデオの全面公開」!

守秘義務違反に問われる「秘密」を補正予算のために公にしてもいいのか?
まだ捜査継続中の案件の関係資料を公にしてもいいのか?
何とか言えよ!
仙谷!!!
もう本当にがっかりですよ、民主党政権には(怒)
稚拙と言うか幼稚というか……

中国(中共)の本質を理解できず、その微笑をまともに信じて、思いっきり蹴り返されるともうビビッてしまう。
中国は膨張するしか生きる道がない。
偏狭な愛国心を煽る以外に我が身を守れない。
こんなことは、ある意味、常識でしょう。

想像を絶する共産党官僚の腐敗と横暴。
絶望的なまでの貧富の格差。
公的保険に無縁な国民が4割もいる。
つまり5億人が病気になっても医者にかかれない。
ロールス・ロイスが世界でもっとも売れている国なのに、1日1ドル以下の収入しかない者が億単位でいる。
当局公認の違法炭鉱は一向になくならず、人身事故が頻発している。
土地を強制収用される農民や市民が後を絶たない。
しかも、超好景気(バブル)なのに、若者には職がない。

尖閣事件を巡る反日デモが地方でのみ起こり、しかも、それが「官僚腐敗に反対」「住宅価格高騰を抑制 しろ」などという政府批判に転じたのも、中共体制に対する一般国民の不満がいかに根強いかを物語っています。
もはや今の中国は、「反日愛国」と「無限の経済成長」がなければ崩壊の危機にさらされる状況に直面しているのです。
だから「資源パラノイア」と揶揄されるほど世界中の資源を漁りまくる。
その権益を擁護するために、異常なまでの軍備の増強に精を出し、他国の領土や領海を強奪する。

「中国は現在も将来も覇権をとなえず、外国の脅威にはならず、善隣外交を軸に対外関係を平和的に構築する」
と、事あるごとに強調しています。
が、それは中共の本音ではありません。
そんなこと、中国の国内事情、つまり中共体制に潜む不安定要因が許してくれないのです。

中国は、これからも膨張を続け、軍備を拡張し続けるはずです。
そうしなければ、この国の体制は崩壊してしまうのです。
まさにナチスと同じなのです。

そんな中国に「東アジア共同体」を呼びかけ、東シナ海を「友愛の海」にしたいと言った鳩山・クルクルパー・由紀夫は論外ですが、本来公開すべきビデオを隠し続け、挙句に中共から小ばかにされてしまった菅直人と仙谷も似たようなものです。
おまけに内閣支持率は急落!
ある民主党幹部が、柳田稔法相の発言を巡るドタバタに、「だから民主党政権は『学級会内閣』なんて言われるんだ」と嘆いていましたが、まさにそのとおり。
政治家としては小学生レベルです。


この方、人柄は悪くないけど、法相としては資質ゼロ!

こんな内閣は、そして民主党は、早く消えてなくなるべきです。
それが国家のため、国民のため、そして世界のためです。

消えてなくなれ!
民主党!!!

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

| | コメント (22) | トラックバック (5)

2010/11/24

仙谷の「自衛隊は暴力装置」発言について

皆さん、ご無沙汰いたしております。
体調は徐々に回復しておりますが、回復すると仕事の負荷が大きくなり、また体調が悪化する、この繰り返しであります。
ほんとうは1か月くらい静養できれば正常に戻れるのでしょうが、小さな会社ではそうもいきません。
もう体調と妥協しながら、騙し騙し肉体と付き合っていくしかありません(笑)

ところで、仙谷由人官房長官、「自衛隊は暴力装置」と発言しましたね。
さすがは元「東大全共闘」と言いたいところですが、これは、間違いです。
暴力装置は「軍隊」ではなく「国家」、これが正しいのです。

では、「国家は暴力装置」、これは間違っているのか?
いや、これは正しい。
近代国家は行政権力と軍隊を独占しています。
行政権力の中には警察も含まれます。
だから「国家は暴力装置」であり、これは間違っていません。

近代国家が成立する以前は、暴力は私有されていました。
為政者が恣意的に暴力を行使する、あるいは一般社会の中に各種の暴力が溢れていました。
つまり私刑(リンチ)が横行していたのです。
解りやすく言えば、フィリピンの地域権力者による暴虐やタリバン、あるいはヤクザ、又はマフィアです。
近代国家は、これらの私的暴力装置を中央集権化し、法によって取り締まってきました。
その極みが三権分立であり、シビリアン・コントロールです。
だから民主国家においては、暴力装置が正常に機能するのです。
民主主義が確立される以前は、近代国家においても暴力は恣意的に行使されていました。

実際に、現代でも独裁国家においては、国家=暴力装置は国民を抑圧、弾圧します。
北朝鮮、中国、あるいはイラン等々を見れば、「国家は暴力装置」という側面を強く持っていることが理解いただけると思います。

以上で「自衛隊は暴力装置」発言が、いかに間違っているかがお解りいただけたと思います。
つまり、自衛隊は「暴力装置」などではなく、国家という「暴力装置」の一部に過ぎないこと。
そして、民主主義が確立された社会では、「暴力装置」は正(プラス)の方向に機能するということです。
まあ、厚生省元局長による「郵便不正事件」のような「権力の暴走」も稀にはありますが。
でも、これも裁判で否定されました(三権分立が正常に機能しました)。

思うに、仙谷長官は、左翼時代の「反自衛隊」=「反軍」の思想を払拭できていないのですね。
「軍」=「悪」
これは「国家」=「悪」に通じます。
かつて社民党の阿部知子政審会長は「軍隊は国民を守らない」と言い放ちました。
仙谷長官のレベルは、この阿部氏と同じ!
反国家、反体制、だから「自衛隊は暴力装置」となるのです。
合掌!

仙谷長官は、かつて全共闘(反体制派)であったことに「誇りを持ち、その後の人生を生きてきた」と国会で答弁しています。
私も、かつて極左の活動家であったことに後悔はありません。
が、あまりに未熟であった、あまりに自分本位であったと反省しています。
仙谷は反省していませんね。
だから「自衛隊は暴力装置」なる発言が飛び出すのです。

まあ、全共闘を総括するには膨大な時間と労力を要します。
だから、ここではこれ以上言及しません。
が、かつての活動家、皆さん反省するべきだと思います。

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2010/11/07

11月6日 「自由と人権 アジア連帯集会&デモ」

今日も短く。

昨日、尖閣諸島での漁船衝突事件を巡り中国政府に抗議する集会が日比谷野音で行われました。
参加者4500人は、その後、銀座や大手町をデモ行進しました。

Senkakudemo_2

以下は朝日新聞からの転載です。

尖閣諸島での漁船衝突事件を巡り中国政府に抗議する民間団体主催のデモが6日、東京都内であり、約4500人(主催者発表)が、東京・銀座や大手町を行進した。

集合場所の日比谷野外音楽堂(千代田区)では「自由と人権・アジア連帯集会」と題した演説会があり、元航空幕僚長の田母神俊雄氏や自民党の小池百合子衆院議員らが「中国の動きにもっと警戒を」などと演説。漁船衝突のビデオ映像が流出した翌々日とあって、日本政府の対応を非難する声も目立った。

デモ行進の参加者は日の丸やプラカードを掲げ、「中国による主権侵害を許さない」「中国政府はノーベル平和賞の劉暁波(リウ・シアオポー)氏を釈放しろ」とシュプレヒコールを上げ、週末でにぎわう銀座など約2キロの道を約1時間かけて歩いた。主催団体の水島総さんは「みんな中国政府のやり方に不安を感じている。右翼色のないデモだから、これだけの人が集まったと思っている」と話した。(小山謙太郎)

尖閣問題でデモ 週末の銀座を行進「中国政府に不安」
(2010/11/07 朝日新聞)

以下は、集会とデモの動画です。

日本国民は確実に変わりつつあります。

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

| | コメント (52) | トラックバック (18)

2010/11/05

流出!中国漁船の衝突映像!

みなさん、ご無沙汰いたしております。
いくらか体調も戻りましたが、相変わらず左手が思うように動かせず、今日も短い記事になります。
下記は、中国の違法漁船が意図的に我が国の海保巡視船に衝突した映像です。
100%犯罪行為です。

領海を侵犯した挙句、公務執行妨害に器物損壊、このような行為を働いた中国漁船を強制停船させ拿捕したのは国際慣習法上当然であり、法治国家であればその船長を逮捕、起訴しなければなりません。
それを超法規的措置で釈放!
でもって、彼の船長は国民的英雄です、中国では。

しかも、釈放の理由が、「APECが吹き飛んでしまう」だと……
唖然と言うよりもう哀しくなりますね。
いいじゃないですか、中共と言うより「中狂」が来なくたって。
そんなことで国益を取り返しがつかないまでに毀損する……ほんとうに民主党政権は百害あって一利なしです。

上記のビデオ、どうやら内部流出のようです。
で、政府は、徹底的に捜査して犯人を挙げると意気込んでいます。
徹底的に捜査されるべきは違法漁船の船長であり、その容疑者を超法規的措置で釈放した当事者のはずです。
それが、真実を告発した者を犯罪者扱いするとは!
もう怒りがとまりません!

仙谷を糾弾せよ!
民主党政権を打倒せよ!

もうしばらく休筆します。

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【追記】

映像を流出させた御仁のHNは「sengoku 38 」、25歳、男性だそうです。
で、以下の記事。
宮川典子さんのブログからの引用です。

そしてもう一つ、私の背筋を寒くさせたのは「38」という数字。

これがどんな意味を表しているかは投稿者のみぞ知るところだが、
大学時代の遺産で中国語が少しばかりわかる私には、
やはり「忘八」の意味のように思えてならない。
「忘八」とは、人が守るべき八つの徳と言われている
「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」を忘れている、ということだ。

makotoban

| | コメント (31) | トラックバック (6)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »