« 菅首相は解散・総選挙で国民に信を問え | トップページ | 懲りない仙谷 民主党政権を打倒せよ! »

2011/01/12

本年もよろしくお願いいたします

みなさん、ご無沙汰いたしております。
4日に新年のご挨拶をしようと思ったのですが、なんとなく気が滅入り、エントリを破棄してしまいました。
体調がイマイチということもあるのですが、それより「書く気」になれないのですね。
私のブログ、というかエントリは自分でも疲れるんです。
単なる「独り言」ですが、私にとっては自己表現ですから。
だから「書きたい」という「意欲」と体調も含めた「気力」が合致しないと、なんにも書くことができません。

このブログは、私にとって、己の過去も含めて自らの暴露ですから強い気持ちが欠かせません。
気軽に書こうと思っても、そうはいかない、我ながら「むつかしい」と、いつも思います。
なぜか?
というと、やはり「かつての私」を自問せざるを得ない。
簡単には割り切れないのです。
いまだに後遺症を引きずる仲間、長い懲役を喰らって社会復帰が遅れた仲間、何十年も前の遠い過去の話、と片付けることができない。
思想的、あるいは人間的には既に止揚しているのですが、「頭」ではなく「感情の問題」なのですかね。
いまだに葛藤があります。

やはり人間というのは、過去があって今がある、挫折があって成長がある、そう思います。

ところで、話は飛びますが、国家も同じことが言えるのではないでしょうか。
過去があって現在がある、挫折があって成長がある。
あの帝国主義の時代、日本が欧米以外で唯一近代国家に脱皮できたのは、生産力と文化が飛躍的に発展した江戸時代があったからだと思います。
しかも、天皇という超越した権威の下で、徳川幕府が諸侯を束ねていた。
つまり権威と権力が分離され、しかも権力は独裁的ではなかった(諸侯=諸藩の連合体だった)。
だから日本は封建制を止揚し、「奇跡」とも呼ばれる発展を遂げることができたのです。

挫折もそう。
大東亜戦争の敗北という挫折があったからこそ今の豊かな日本がある。
革新派の軍人や官僚が目指した社会は、皮肉にも敗戦によって実現されました。
社会的不平等の是正や政治機構の改革、財閥の解体と政府による経済の統制、戦前の革新派が掲げた目標はGHQの強権によって現実のものとなったのです。
が、戦前から戦後へと日本が止揚できたのも、革新派官僚が存在し、戦後体制の中心を彼らが担ったからです。
そういう観点で見れば、戦争と敗戦は、言わば「副作用の大きい陣痛促進剤」のようなものでした。
ただ、副作用が大きすぎて「再軍備と愛国心を否定する」という深刻な後遺症ももたらしました。
しかし、その後の成長によって、今ではほとんどの国民が「日の丸」に敬意を表するようになり、「非武装・中立」という妄想を信じる者も激減しました。

翻って、大陸や朝鮮半島はどうでしょうか?
清朝末期は停滞と堕落の時代、無能な皇帝と腐敗した官僚による独裁。
朝鮮は、それを上回るどうしようもない国。
両者とも、一握りの特権階級のみが権力と富と文化を独占。
大多数の国民は、まるで奴隷のような存在でした。
庶民文化が隆盛を極め、支配階級以外の者でも「読み書き」ができた日本とはまったく異なっていたのです。
このような国で、明治維新のような尊皇愛国の近代化革命など望むべくもありません。

韓国は日本に支配され、その後は米国の傘下にありましたから近代化されました。
が、中国は清朝から軍閥割拠の時代を経ていきなり共産党独裁に移行しましたから、近代社会などはるか彼方。
北朝鮮にいたっては、中世から現在に至るまで被支配の連続です。
そこでは無知蒙昧が社会の常識なのです。

私は挫折を繰り返しながら現在の境地に至りました。
そこで心がけたのは常に相対的であること、この世に絶対はない、真理を謳うものほど常に疑うことでした。
おかげさまで結論から過程を読むという思考回路から脱却できました。
あくまでも原因、背景、過程を学習してから結果を吟味する、これが今の私の基本です。

こういう今の私から見ると、中国や北朝鮮や韓国を相手に「東アジア共同体」を提唱するなど、まったくの無知蒙昧、愚鈍としか言いようがありません。

まあ、国民も民主党の能力のなさを思い知ったことでしょう。
が、自民党もいまだ変わりきっていない。
おそらく民主党政権は今年いっぱい持ちません。
小沢一派は消滅の運命にあります。
自民党の、そして民主党の良質な部分、加えて保守勢力、これらが一致して新しい政治を立ち上げる―
これが私の今年の夢です。

今年も可能な限りエントリをアップしようと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 菅首相は解散・総選挙で国民に信を問え | トップページ | 懲りない仙谷 民主党政権を打倒せよ! »

個人」カテゴリの記事

コメント

管理人さま、こんにちは。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

心情、お察し致します。
全てとは言えないまでも私なりに少しは理解が出来る気が
いたしました。
今の政情について真面目に真剣に考えるほど、それについて
論じようとすると苦しくなります。

どうかお体を労わって飛ばし飛ばしでも論じて頂ければ幸い
です。
寒くて乾燥した日が続いています。風邪もバカには出来ませ
ん。充分に気をつけて下さいますように。

投稿: 泉 | 2011/01/12 19:09

あけましておめでとうございます。

日本は戦国時代でも(宣教師たちがベニスより栄えているといった)堺や鉄砲の生産でも質、量ともに世界最高でした。
その上、徳川幕府(とその他の大名たち)は驚くことに鉄砲を廃止して江戸時代という世界史でもまれな平和で繁栄した時代をつくりあげました。

日本だけが武器を納める知恵を持っていたと言えるでしょう。
中国やその他の国々はそのような歴史はありません。というより想像もつかないでしょうね。

東アジア共同体?
寝言は寝てから言え!ですね。

一刻も早く民主党が潰れるといいですね。

お体に気をつけて今年も頑張ってください。


投稿: みやとん | 2011/01/12 19:26

お帰りなさい、今年も宜しく、御願い致します!
うれしいかぎりです。

投稿: R・M | 2011/01/12 19:33

あけましておめでとうございます。
毎日楽しみに、訪れています。
深い洞察にいつも心励まされる思いで読んでおります。
書き込みがないと淋しいのですが、お体のこともあるようですので、どうぞ無理なさらぬようにと祈っております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: たむたむ | 2011/01/12 23:01

明けましておめでとうございます。
久しぶりのエントリーでうれしい限りです。
私も転んだ手前おっしゃることの少しかもしれませんが
わかるような気がします。
今年は真の保守勢力が力を一つにして日本を担う年としてもらいたいものです。
今年もご自愛いただき、おもしろくも正鵠を得たエントリーの数々を楽しみにしております。
私も会社の若い連中に、少しでも影響が及ぼすことができるよう及ばずながら頑張ってみたいと思います。
よろしくお願い申し上げます。

投稿: 転びバテレン | 2011/01/12 23:26

日韓同意 加強軍事合作

米国はアジア諸国との関係を強化していくには、米国は
アジアの同盟国、日本と韓国とも第二次世界大戦中の
古い憎悪を捨てて軍事協力を強化して共同で地域の
平和を促進する。

日韓同意 加強軍事合作
http://ap.ntdtv.com/b5/20110111/video/47685.html
(動画)

全文和訳
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
動画で見てください、日本の国旗にX印が付けられています
これを報道しない反日テレビ局に抗議しましょう。 民主党政権の今日の日本が情けない限りです。

投稿: 愛信 | 2011/01/12 23:40

今年も宜しくお願い致します。
心情が良く判ります。
また、ブログで勉強させていただいて居ますので、
御自愛下さいます様。

投稿: サブマリーナ | 2011/01/13 03:41

この文いいですね。はっとしました。日本にとり必要な敗戦だったのかもしれません。

>革新派の軍人や官僚が目指した社会は、皮肉にも敗戦によって実現されました

ソ連に騙されたのが左翼の人たちでしょうが、これも日本にとり必要だったのでしょう。多分。

投稿: 三等水兵 | 2011/01/13 04:17

 「七転び八起き」ということわざがあります。私が管理人さまから学んだのは、「再起せよ!」ということです。「七回ころんだ」状態を見て、人はあきれるわ、自分は自信をなくすわ、とんでもない状況だと思います。それでも自分を信じて挑戦する勇気と根性。かってロッキー山脈を馬車で越える勇気があったアメリカ人が、夢のカリフォルニアといわれたところに住めたわけです。やはり試練はあるのでしょう。何事にも。

 今年こそは、仕事にがんばります。笑われている七転び状態ですが...。

投稿: 普通の国民 | 2011/01/13 08:20

心配いたしておりました。
体調はいかがですか?小生も民主党閣僚・議員の顔を見るだけで滅入り元気も出ません。
「空き菅」も、お母ちゃんを代理に「支持率低下で辞めるのは嫌」と記者クラブで発言して貰ってますが、大阪弁では「唖菅たれ」ですね。

それにしても酷い政党です。マニフェスト・生活第一・生活安心と言いながら、何も出来ない。一番不安定なのが「民主党内」ですから笑えません。
国富・国益が日々「損傷」していく焦燥感に襲われる、普通の人間がこうなるのに、自分の生活を守るだけに汲々とする議員さんたち、与謝野氏も閣僚入り?らしい財務省御用達なのでしょうか?訳が判りません。

投稿: 猪 | 2011/01/13 12:12

あけおめです。
なかなか更新されないので、体調がすぐれないのだろうなと心配していました。
当方も年末年始にいろいろあって気分がすぐれず、
ついに歯まで痛みだし、最悪の年初になってしまいました。
だからといって、かみつくわけではありませんが、

>大東亜戦争の敗北という挫折があったからこそ今の豊かな日本がある。
>今ではほとんどの国民が「日の丸」に敬意を表するようになり、…

という2つの文章に違和感を覚えたので、一筆啓上いたします。

今の日本は本当に「豊か」ですか?
アホメディアはタイガーマスクの善行を騒ぎ立てしていますが、
施設の子どもたちに子ども手当が支給されない現状を無視し、
一向に減らない自殺者や消えた高齢者、派遣労働者、ニート、
ネットカフェ難民などの精神的な貧困問題は抱えたままで、
ひ弱さばかりが目立ちます。
経済界は中共にひれ伏し、技術を盗みまくられても文句一つ言い出せない。
北方領土も竹島も領土復帰するめどすらないのに、こんな日本が「豊か」と言えますか? 
食うのに困らなくなっただけでは豊かと言えないと思いますが、いかがですか?

ほとんどの国民が「日の丸」に敬意を表していると認識されているようですが、
それでは祝祭日に国旗を掲げる家がほとんどないのはなぜでしょう?

最後にもう一言。成りすまし政党のルーピー詐欺集団に「良質な部分」などありません。
歪んだ戦後民主主義が凝縮され、それを具現化しているのが、この集団の本質だと感じています。

投稿: やす | 2011/01/13 12:37

あけましておめでとうございます。
このところエントリーがないので、体調が悪いのではと心配しておりました。

>保守勢力が一致して新しい政治を立ち上げる―

今年は是非こうなって欲しいと切望しております。

今年もよろしくお願いいたします。

投稿: シルバーな親父 | 2011/01/13 15:27

新年明けましておめでとうございます。
良かった良かった!本当に心配しておりました。今の日本には、貴殿は本当に必要な大事な人物です。どうぞご自愛下さい。
新年早々、産経新聞社の支局長のお話を聞きました。今上天皇に対する敬語の使い方、感服致しました。又、その翌々日、田母神利雄氏のお話をお聞きし、正に今のままでは日本は滅びてしまうと痛切に思いました。それに何だ!今日の内閣改造!潰れてしまえ民主党!!分裂してしまえ民主党!!

投稿: ojichama | 2011/01/14 14:01

明けましておめでとう御座います。
昨年はご苦労さまでした。

無理をしない形で今年を過ごして下さい。
私ごとですが、ここのところ日本の良さである、他人を思いやる気持ちなり、公共心などと対外的に特に東アジア諸国と向き合うには矛盾が出来、どう処理すべきかということなどを考えています。

それではまた宜しくお願いします。

投稿: Pin | 2011/01/14 17:22

あけましておめでとうございます。
確かに今の政治の状況を考えると色々と
不安になります。
ただ、他の方も仰ってますが
本当に無理はなさらず
お過ごし下さい。
また拝見させて頂くのを
楽しみにしてますので。

投稿: 結婚相談所長 | 2011/01/17 12:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/50565659

この記事へのトラックバック一覧です: 本年もよろしくお願いいたします:

« 菅首相は解散・総選挙で国民に信を問え | トップページ | 懲りない仙谷 民主党政権を打倒せよ! »