« 歴史の学び方 | トップページ | 中国は間違いなく崩壊する 2 »

2011/01/19

「アジアの真実」がブログ休止

アジアの真実」さんがブログを休止されるようです。
残念と言うか寂しいと言うか、戦友をまた一人なくしたような気分です。
思い起こせば、私がブログを始めた時、「アジアの真実」が目標でした。

当時、政治ブログランキングの第1位は「アジアの真実」。
負けたくなかったですね。
で、ブログ開始後4ヶ月で「依存症の独り言」が第1位になりました。
が、ちっともうれしくありませんでしたね。
と言うのも、「アジアの真実」さんは、政治ブログにポイントの50%しか振り分けていなかったからです。

その時、「依存症の独り言」は30,000ポイントくらい、「アジアの真実」は28,000ポイントくらい、しかし、他のジャンルを含めると「アジアの真実」は50,000ポイント以上を獲得していたのです。
5年以上前の話ですからね、今考えれば「アジアの真実」の人気はすごかったと思います。
結局、総合ランキングで「アジアの真実」を追い抜くのに1年近くかかりました。
しかも私は毎日更新、彼は週1回必ず休む。
つまり彼は、ランキングをあまり意識していなかった、少なくとも私よりは。

休止の理由が私の胸を締めつけます。
時間的制約と経済的理由。
ほんとによく解ります。
それなりに内容のあるエントリをアップするには時間がかかりますからね。
また、人気ブログになったからと言って経済的見返りはゼロ。
私の場合も、毎日5~6時間をブログに費やしていましたが、これはほんとに辛い。
一方で、管理職として仕事に責任がありますから、並の努力では続かないのですね、これが。

「アジアの真実」さんが、いつの日にか復活されることを願ってやみません。

↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を占めています。
↓こちらも応援願います。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 歴史の学び方 | トップページ | 中国は間違いなく崩壊する 2 »

個人」カテゴリの記事

コメント

坂さん、こんばんは。

「依存症の独り言」と同じく「アジアの真実」も毎日訪問していましたので、本当に残念です。
その理由に、胸が締め付けられるということも、全くの同感です。

私も、近々一つの区切りを付けるつもりでいます。
ここ数年の活動、心の中では本当は辛かったのです。
ですが、その中で見つけた極々僅かな本当の仲間と、新しいスタートを踏み出します。
辛かった日々も、思い返せば悲観することばかりではありません。
ほんの一握りでしかありませんが、宝物を見つけたと思っています。

坂さんや、lancer1さんの記事を読んで思うところがあり、思いのままに綴ってしまいました。
坂さん、どうか体をお大事に。
今はそれをこそ願います。

投稿: 峯 | 2011/01/19 19:32

アジアの真実さんやクロフネさん、マスコミ不信日記さんがブログを休止され、依存症さんや中韓をさんがも一時休止されるなど、レベルの高い内容をずっと書き続けるのは、肉体的にも時間・金銭的にも大変な事だと思います。

またブログが支持を集めても、実際の社会が全く変わらないと精神的に辛いですし。

それにしても、以前上位にいたお玉おばさんや城内氏などは、今も書いておられるのにびっくりするほど下のほうです。あの高かったクリックは、どんな仕組みだったのでしょう?

投稿: 八目山人 | 2011/01/20 11:25

「アジアの真実」残念ですね。しかし毎日書き続ける事は大変な事です、私も高貴?高齢者の新開地に突入後、如何に生きて来たか?世に貢献できたか?自問自答しますが、数百人の従業員と一時期、生き、それだけで終わったのか?

未だやれることは有るかもと、今年の初めから「朴念仁の伝言」と言うプログで、引退前後自分の経験や、勉強した事、講演会などを聞き、講師と議論をした中で、資料を検証からいろんな意見や、自分なりの意見を取り入れ、書き残しておこうと書き始めました。

息子達と、「月一」でプログを作られている人の外には口外して居ませんが、誰かが見て呉れて、そうなのか?と考えて呉れるかも?歴史のなかで経験した事も含め、書き遺して行こうと考え雑文を書いています。
韓国に詳しい「坂さん」から見ると恥ずかしい様な面も有りますが、最初が「韓国教科書」からです。

投稿: 猪 | 2011/01/20 11:31

八目山人さん、こんにちわ

「アジアの真実」さん以外にもブログを無期限休止にされている方、多いですね。
ブログを始めて「アジアの真実」さんは6年以上、私はもうすぐ6年。
この間、数多くの有為なブログが閉鎖されました。
残念至極です。

特に「アジアの真実」さんは、政治ランキングではベスト10の下位に位置していましたが、本文でも述べたとおり、他のジャンルを総合すると、常に5位以内に該当するポイントを長年にわたり獲得されていました。

それにファンも多かったですね。
それはコメント数の多さに如実に表れています。
しかも、私に比べてファンの年代が若い。
私はコメント数も少なく、どちらかと言えば40代以上の方が多かった気がします。
つまり「アジアの真実」さんと私は支持層が若干違った。
だからこそ、なおさら残念なのです。


>あの高かったクリックは、どんな仕組みだったのでしょう?


昨年になって知ったのですが、ポイントを稼げるシステムがあるようです。
そのための業者も存在します。
試しに業者にメールを打ったら即返事が来ました(爆)
まあ、私はITに疎いですし、そこまで順位にこだわっていませんので、それっきりになりましたが。

いずれにしても仲間や組織に支えられているブログはポイントが稼ぎやすい、これは間違いありません。
100人の仲間がいれば最低でも1日1000ポイント、1週間で7000ポイント獲得できます。

なお、今、ブログの上位にいる方たちは、「ポイントを稼げるシステム」を利用しているのではなく、支持者を組織化しているような気がします。
これはこれで立派なことだと思います。


投稿: 坂 眞 | 2011/01/20 12:06

「中国政府は恥を知れ」チベット支援団体が抗議活動 胡錦濤主席訪米
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110119/amr11011918060074-n1.htm
ニューヨークから参加したテンジン・ドルカーさん(25)は
「ノーベル賞問題では、人権に関して胡錦濤は何の
成果も挙げられないことを世界に示した。
オバマ大統領は中国政府への圧力を強めるべきだ」
と語った。
【関連情報】
【臓器移植法改正案関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj11.cgi
アメリカの要求は人民元を切り上げろ、東・南シナ海で
沿岸諸国や日本と領土紛争をやめろ、これに対して
支那はアメリカから航空機200機を購入した。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

PS:
外国人参政権反対の
【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
日本国民を愚弄する行動や発言を繰り返す売国反日
民主党韓内閣は即刻打倒しよう。 
日本が危ない! 1億2000万人日本国民は今こそ
立ちあがれ!

投稿: 愛信 | 2011/01/20 15:41

中国ウォッチブログ『日々是チナヲチ。』の御家人さんもブログを終了しましたね。こちらはご病気ですが。

サヨナラ。
http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/e/f29186e628381bbcf9f44fcb23c9f84a

なんだかネットでブログを見始めた頃の有力ブログが次々に終わっていってるのは寂しいですね。
坂さんも無理はなさらず、どうかマイペースで続けていって下さい。

投稿: vine | 2011/01/20 20:13

やめる人もあれば、復活する人もあります。

中韓を知りすぎた男
http://kkmyo.blog70.fc2.com/

坂さんもどうかご自愛ください。

投稿: 憂国りん | 2011/01/21 08:45

ブログの休止、本当に残念です。
毎日欠かさずに続けるというのは
並大抵のことでは無いと思います。
でも、その記事を読んで
勉強になったり、励みにしてた方もたくさん居たのだろうな
とも思います。
休止したからといって
それに対する感謝の気持ちは変わらないのでは、とも思います。

坂さんも無理だけはせず、続けてほしいと思います。

投稿: 結婚相談所長 | 2011/01/21 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/50629794

この記事へのトラックバック一覧です: 「アジアの真実」がブログ休止:

» 日本人を貶める中共の使者 NHKの捏造 [風林火山]
故・中村粲氏が、NHKによる近代史、大東亜戦争のドキュメンタリー、「NHK 51年目の慰安婦」の偏向・捏造報道を鋭く分析して批判している動画を発見した。 [続きを読む]

受信: 2011/01/19 22:36

« 歴史の学び方 | トップページ | 中国は間違いなく崩壊する 2 »