« 愛国勢力よ!結集せよ!!! | トップページ | 「大国崛起」 現代のナチス=中共 »

2011/02/12

エジプト革命!バンザイ!!!

ムバラクが、ついに辞任した。
最後は軍が引導を渡したようだ。
が、この革命は、ひとえに怒れる大衆の怯むことのない闘いによる。

チュニジアの革命も感動的だったが、エジプトのそれはより意義深い。
なぜならエジプトは、アラブ随一の大国だからである。
イスラエルに軍事的に対抗できるアラブ唯一の国だからである。

恐らく、基本的に親米は変わらないだろう。
イスラエルとの平和条約も維持されるだろう。
しかし、ムバラクはイスラエルのガザ封鎖に同調したが、新政権はそうはいかない。
エジプト国民の圧倒的多数が反イスラエル・親パレスチナだからだ。
きっと、イスラエルも、これまでのような傲慢な姿勢を取り続けることはできない、
そう思う。

革命が成就へと向かっているのは、以下の写真を見れば分かる。
戦車の上で国旗を振る子供と隣で見守る兵士。
つまり、大衆と、軍と、愛国心が一つにならなければ革命なんて成就しないのだ。
赤旗を掲げ、国の歴史を侮蔑しているようでは革命など縁遠い。
また、日の丸を掲げても、国民大衆の支持がなければ維新などありえない。
右も左も、今回のエジプト革命に真摯に学ぶべきである。

Egypt5_2

見てくれ、デモは国旗であふれている。
国民大衆は、独裁政権にNo!を突きつけても、国家と民族には心底から誇りを抱いているのだ。
偏向左翼!
少しは目を覚ませ!!!

Egypt4_2

30年もの間、非常事態宣言の下、独裁政治を行ってきたムバラク。
82歳を迎えて、今度は息子に世襲させようと企んでいた。
鉄槌が下されて当然である。
不正蓄財だけではなく、今回の騒乱で300人を殺害した罪にも問われるだろう、
間違いなく!

独裁者に死を!だ!!!

Egypt8

それにしても、絵に描いたような革命だった。
怒れる若者が決起し、これに一般の民衆が合流する。
そして、主要企業の者がストライキで呼応する。
最後は、軍の若手将校が軍服を脱いでデモに参加。
これでは、国軍も動けない。
下手に動けば、若手将校によるクーデタが起きかねない。
ここに革命が成就する条件がすべて揃った。

下の写真。
国民大衆と国旗と戦車と兵士が一体になっている。
これこそ革命だ!

Egypt6_2

今回の革命で特筆すべきは、イスラム原理主義者(ムスリム同胞団)の影が薄いことだ。
イラン政府は盛んにエールを送っているが、この革命は、イスラム原理主義者が支配するイランに対して逆作用に働くだろう。
つまり、原理主義者の独裁に「No!」ということだ。

次に、数百万人が参加した革命にもかかわらず、死者300人、負傷者1500人に止まったことだ。
これは、国民大衆が、治安警察の暴力的弾圧にもかかわらず、ほぼ平和的な行動に徹したことが大きい。
また、治安の乱れに乗じて登場した略奪集団(略奪者の多くが、警察や治安部隊の身分証を保持していた)に対して、自警団を自主的に組織して対応したことも素晴らしい。
これで、権力側は、治安の乱れを口実にして強権を行使する機会を失った。

そして、革命のきっかけがインターネットであったことにも注目したい。
実際、グーグルの中東・北アフリカ販売担当責任者であるワエル・ゴニム氏(30歳)は英雄になった。
我々ネットで政治的発言を続けている者にとっても、大きな教訓になる。

最後に、この革命が、新たな混乱をもたらすのではなく、エジプトのさらなる発展と繁栄につながることを祈願したい。
そのためには、ムスリム同胞団と軍を新しい政権が、どうコントロールするのかが問われている。

エジプト革命!バンザイ!!!

あなたのクリックがブログの読者を増やしてくれます。
↓ぜひ応援してください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を独占しています。
↓こちらも、ぜひ応援願います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 愛国勢力よ!結集せよ!!! | トップページ | 「大国崛起」 現代のナチス=中共 »

政治(国際)」カテゴリの記事

コメント

さすがに,元学生運動家のブログは一味違いますね(皮肉ではありません).どこかの自称保守派のブロガーはサヨク体験のないことを自慢にしていますが(爆).

”イラン政府は盛んにエールを送っているが、この革命は、イスラム原理主義者が支配するイランに対して逆作用に働くだろう。”

まったく同感です.私も同じことを考えていました.テヘランで第二革命がおこる日が楽しみです.

投稿: taka1211 | 2011/02/12 20:52

俺は、中東のことは分からない(本当のことをいえば、自慢にならんが国際情勢は何も分かっていない)が、現段階では、イスラエルには、緊張感が生じていると予想出来ないだろうか。ガザのハマスも息を吹き返している。エジプトには、800万人のコプト教徒もいる。主観的な予断は禁物である。俺は、イスラエルの味方なのだが。

投稿: 金田正男 | 2011/02/12 22:47

いつも読ませて頂いてます。
中東の革命が中国に及ぶ日もそう遠くないかも知れません。

こちらのブログで存在を知った福島香織さんが
日経ビジネスオンラインで連載を始めたようです。
その1回目が中東の革命と中国を結びつけた記事になってます。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110118/218009/

投稿: murata | 2011/02/13 01:19

「革命」が、犠牲者数が少なくて、ここまでうまくいった例は、近年あまりないと思います。ネットの力は偉大ですし、今回は軍が冷静なのもうまくいった理由だと思います。
 我々の国も、カーンや人民共和国の日本支店の与党に対してNo!を突きつけましょう。中国、韓国、ロシアに国土を盗まれて、何もできない態度も腹が立つ。中国が今回の埃及(エジプト)の政変の報道を規制しているそうですが、日本も同様なデモを行いたいものです。「カーンは辞めろ!さっさと政権交代しろ!」と。
 しかし100万人が狗HKの前でデモしても、狗HKはそれを報道しないと思います。ちなみに下記の映像は中国天安門事件の映像です。衝撃的なのは、最後に「天安門で争乱はありませんでした。」と報道するクローズアップ現代の女性キャスターの言葉です。
 狗HKが日本人に敵対する組織であることがわかると思います。

http://www.youtube.com/watch?v=oouhR8g6ehg

投稿: 普通の国民 | 2011/02/13 09:18

親米・親イスラエルでありさえすれば何でも好い、というアメリカの態度には、辟易とさせられます。
アメリカはフィリピンや南米でも立派な国は創れませんでした。

国民を飢えたままにして自分は数兆円の蓄財をする。
思う浮かぶのは、金正日と池田大作です。

日本には仁徳天皇以来の、民のことを思う天皇陛下が居られたことに感謝します。

投稿: 八目山人 | 2011/02/13 09:30

生活環境も違いますが、国旗を先頭に革命「愛国心」の発露が国旗と彼らの顔に表れています。
兎に角大統領が6兆円もスイスに預金をしている、中国も似た様なものらしいですが「慾」は命取り、エジプトが過去の栄光を取り戻してほしいものです。未だ私も「知能線」がうまく回りません。

投稿: 猪 | 2011/02/13 15:09

管理人さん後指摘のように、今回のエジプト革命では宗教色を感ずることが殆ど無かったことがこの地域での政変としてはとても特異であったと思います。私はイラン革命を経験しておりますが、全く様相を異にしているにもかかわらず、このエジプト革命にイラン政府がエールを送っているようですが、これも管理人さんが指摘されているように、私も逆に作用するのではと思っています。エジプトの民衆が望んだ民主化が達成出来るよう望んでいます。

投稿: シルバーな親父 | 2011/02/13 15:45

エジプトの革命が成功して良かったです。
国の未来と国民のために、血を流す覚悟があってこその戦いでしたね。
大事なのはこれからだと思います。

亡くなられた人々に祈りを。

投稿: ホイミン | 2011/02/13 16:20

エジプト問題ではありませんがちょっと気になったことですが、いまさらなんて思われるかもしれませんが
鳩山由紀夫は12日までに琉球新報などとのインタビューに応じ、米軍普天間飛行場の移設交渉の全容を初めて語ったそうだ。「県外移設」に具体的な見通しがなかったことを認めた。「県外」断念の理由とした在沖米海兵隊の「抑止力」については「辺野古しか残らなくなった時に理屈付けしなければならず、『抑止力』という言葉を使った。方便といわれれば方便だった」と述べ、「県内」回帰ありきの「後付け」の説明だったことを明らかにしたそうです。

あのーーー皆さん こんなの政治家と思いますか?もうめちゃくちゃですよ。こんなのが総理大臣とは、人材不足というよりいかに民主党政権がいい加減であるかわかると思います。政権担当能力以前の問題ですよ。これは病人です。政治より治療それが先決です。
いやはや、ここまでくればこの人、本物のバカじゃないのかなぁ、日本の政治もいかに三流かがわかるというもの。これじゃ米国にバカにされるのも分かります。(苦笑)

投稿: kauz | 2011/02/13 16:26

一番革命して欲しい国は、中国。
http://www.youtube.com/watch?v=GFuJQpjiAFU&feature=related

中東よりも酷い独裁国家。自国民を奴隷として扱い、共産党員は蓄財しまくり、贅沢三昧。
もしかして、自分が使用している中国製品の中に、地獄のような収容所の中で作られたものがあるかも…と思うと。


投稿: ちゃお | 2011/02/13 16:52

 ムバラク大統領を引き摺り下ろすことができました。
しかし、ここからがほんとの課題です。一人の独裁者を追い出しましたが、結局次の独裁者がでてしまったということにならないよう、エジプト国民も性急に結果を求めることのないようにしてほしい。今回は軍部が冷静に動いたのが勝因(?)でしょう。
 このエジプトで民主化が成功すれば、現在の独裁国家のみならず世界に大きな影響を与えることになると思います。
 報道をみていると、画になりそうな画面ばかりを放映していて参考になりそうなテレビ番組にはまだお目にかかってない。日本人をミスリードしてしまいそうです。

投稿: カラヤ3 | 2011/02/13 19:18

坂 眞さん、いつも更新ありがとうございます。

今回のエジプト情勢は、リアルタイムで歴史を感じられるいい機会でした。

アルジャジーラ英語版をネットで見てましたが、
日本のマスコ゛ミとの埋められない差を感じずにはいられませんでした。

YouTube - AlJazeeraEnglish チャンネル
http://www.youtube.com/user/AlJazeeraEnglish

投稿: 憂国りん | 2011/02/14 05:08

「見てくれ、デモは国旗であふれている。
国民大衆は、独裁政権にNo!を突きつけても、国家と民族には心底から誇りを抱いているのだ。」

上記の文は誰にでも書けるものではない。こういう視点があるから当ブログから離れられないのです。

投稿: クロ | 2011/02/14 12:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/50849143

この記事へのトラックバック一覧です: エジプト革命!バンザイ!!!:

» 日本を蝕む内なる敵を斬る! 教育・宗教編 [風林火山]
『日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』(2004年発刊)から、日本を蝕む内なる敵を斬る!マスコミ編、官僚編につづき、今回は教育・宗教編を紹介しよう。 [続きを読む]

受信: 2011/02/13 01:59

» ○言葉が軽すぎるよ菅さん [普通のおっさんの溜め息]
菅さんの北方領土返還要求全国大会で、ロシアのメドベージェフ大統領が国後島を訪問したことについて、「許し難い暴挙」発言がまたとんでもないことになりそうです。 直後の前原さんとロシヤ外相との会談は冒頭の握手もなかったそうです。 前原氏は1993年の東京宣言など「これまでの合意文書と法と正義」に基づき、双方が受け入れ可能な解決策を探ろうと提案。 ロシヤの外相は「前提なし、歴史的な結びつきなしに議論を進める必要がある」と述べた。 詰まり今までの合意の前提なしゼロからの出発をしようと... [続きを読む]

受信: 2011/02/13 17:35

« 愛国勢力よ!結集せよ!!! | トップページ | 「大国崛起」 現代のナチス=中共 »