« 中国の笑い話 現代版 | トップページ | 妄想郷を彷徨う森ゆうこ »

2011/02/23

在日のウトロ ウソが転んでやっと解決

在日韓国・朝鮮人が暮らす京都府宇治市伊勢田町のウトロ地区。
もめにもめていた土地問題が、やっと解決したようだ。
今日は、この問題を取り上げてみたい。
なぜなら、ここに戦後の在日朝鮮人問題が凝縮されているからだ。

Utoro

まず、ウトロの歴史から書きたいと思う。
戦時中、日本政府はこの地域に軍用飛行場を建設していた。
この工事に、当時日本人だった韓国・朝鮮人が数多く従事していた。
飛行場の建設そのものは、敗戦によって頓挫する。
仕事がなくなったので、日本人者はもちろん、大半の韓国・朝鮮人もこの地を去った。
ところが、一部の韓国・朝鮮人が飯場だった建物を不法占拠し、そのまま居座ったのである。

飛行場用地の所有権を引き継いだのが日産車体である。
同社は、1986年にウトロの住民に土地の売却を打診した。
1987年3月 に、ウトロ町内会の(自称)会長・平山桝夫こと許昌九がこの申し入れを受け入れ、土地約21000㎡を3億円で日産車体から購入した。
当時はバブルの時代であり、1坪約4万7000円というのは、破格の安値であった。
そして許は、1987年8月に、この土地を4億4千500万円で地上げ業者(西日本殖産)に転売した。
つまり許は、わずか5ヶ月で、1億4千500万円もの転売益を手にしたのである。
この土地の購入と転売がウトロ地区の住民の総意に基づくものかどうか、転売益がどのように分配されたのかは定かではない。
しかし、これまでに、半数近くの住民がウトロを去っている。

今回の土地問題は、ここから始まる。
土地が西日本殖産に転売されたにもかかわらず、かなりの数の住民が退去を拒んだ。
そのため西日本殖産は、ウトロ住民の強制立ち退きを求めて京都地裁に提訴したのだ。
京都地裁の判決は、「住民は家屋を撤去して地区から立ち退くように」というものだった。
大阪高裁の判決も同様だった。
1999年6月には最高裁が住民側の上告を棄却し、2000年には住民側の敗訴が確定した。
危機感を抱いた住民たちは、韓国国内で行動を起こす。
これで問題が一気に拡大した。
韓国政府要人や国会議員らがウトロを訪問、韓国メディアもこの問題を大々的に報じるようになったのである。

朝鮮日報は、「強制連行された在日韓国人ら、今度は強制退去の危機」(2004/09/16)と書き、
「日本植民地時代の時に連行され、荒れ野原を開墾したのに、今になって身ひとつで帰れというのです」
というウトロ地区住民の声を紹介した。
で、朝鮮のメディアが書くと、日本側もこれに呼応する。
2005年7月には、反差別国際運動(IMADR・当時の事務局長は武者小路公秀)の招聘により、国連人権委員会任命の特別報告者・ドゥドゥ・ディエン(セネガル国籍)がウトロを訪問した。
2005年9月2日付の毎日新聞は、「戦後60年と『ウトロ地区』」というタイトルで、
「未清算の過去」「植民地支配と戦争を背景にした問題」「日本側の謝罪と補償」「植民地支配という暴力の歴史」
と、読むに耐えない文句を記事中で連発した(この記事は在日の記者が書いた)。
そして、ウトロの住人は、
「私たちは、どのような判決がでようとウトロに生きつづけます。過去の歴史的経過からして、私たちは、ウトロに住む権利があるはずです」
と、ありもしない権利を強調する。
まさに、在日と韓国と「反日」日本人と「反日」メディアが連携して反日行為を煽り立てるという、典型的な構図が出来上がったのである。

Utoro2

だが、事態は急転した。
このころ、ウトロの住民たちを支援する日本人の組織「ウトロを守る会」のホームページが閉鎖されたのである。
「ウトロを守る会」は、ウトロの住人たちが“強制連行”された人たちではなく、経済的問題などさまざまな理由によって植民地宗主国へ移住した人たちである、と書いていた。
そして、さらに驚くべき事実が明らかにされる。
ウトロ町内会の(自称)会長・許昌九にカネを出したのは、韓国民団幹部の河村英夫こと河炳旭であり、河は何と西日本殖産のオーナーだったのである。
そして、西日本殖産に融資したのは、民団系金融機関の大阪商銀だった。
つまり、民団幹部(河)が、民団系金融機関(商銀)のカネを元手に在日韓国人(許)を手先に使ってウトロの住民(在日韓国・朝鮮人たち)をだましたという構図が明らかになったのだ。

要は、戦前、日本に勝手にやって来て、日本人の土地を不法占拠していた在日韓国・朝鮮人たちを、在日組織の幹部がだまして、その土地から追い出そうとしていたのだ。
こんな馬鹿げた事実に直面すれば、「ウトロを守る会」が支援活動をやめ、ホームページを閉鎖したのも当たり前だろう。
その後、韓国のメディアもウトロの住人たちが“強制連行”の被害者ではなかったことを認めた。
民団幹部が在日同胞を使って在日同胞をだました事実も認めた。

で、“強制連行”―在日―だまされた―強制立ち退き―という構図が崩れた結果、韓国政府が直接支援に乗り出さざるを得なくなった。
2007年9月に、韓国の市民団体によるウトロ救援募金約6500万円、韓国政府の支援金約3億6000万円を元に、西日本殖産とウトロ町内会の間で、地区全体のほぼ半分(約10500㎡)を5億円で売買する合意が成立した。
が、その後の円高ウォン安で、韓国政府の支援金が約2億円弱に目減りしたため、最終的には約6550㎡(当初目標の半分強)で解決を見たのである。

勝手に日本にやって来て住みつく。
日本人の土地を不法に占拠する。
俺たちは“強制連行”されたのだから住む権利がある、と居直る。
「反日」日本人と「反日」メディアがそれを支援する。
問題が外交問題になり、国際問題になる。
まさに、戦後、幾度となく繰り返されてきたパターンである。
が、今回だけは、在日が在日をだますという構図がばればれになったために、日本と日本人は謂われなき誹謗中傷と被害から逃れることができた。

長年続いてきた土地問題は解決した。
が、ウトロの住民たちは、定住に向けた環境整備を要求している。
土地が未だ不法占拠の状態にある時でも、公営住宅の建設を要求していた。
それを積極的に支援していたのは、当時、国交相だった創価学会・公明党の冬柴鉄三 (落選)である。
生活保護家庭は2割にのぼり、年金受給者は1割に満たない。
これらは宇治市の中で突出した数字である。
おそらく、これからは、もっと多くの、そして様々な要求を押し出してくるだろう。

我々は、まだまだウトロの問題から目を離してはならない!

(文中敬称略)

関連記事1:不法占拠を政府が補償?
関連記事2:朝鮮日報も認めた「ウトロ」のウソ

あなたのクリックがブログの読者を増やしてくれます。
↓ぜひ応援してください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を独占しています。
↓こちらも、ぜひ応援願います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

【追記】
私が応援する宮川典子さんが、衆院山梨2区の支部長を辞退されたそうです。
「候補者選考・擁立委員会」の書類選考では、山梨のすべての選挙区(3選挙区)で宮川さんの評価点がトップだったにもかかわらず。
自薦で応募している長崎幸太郎前衆院議員の存在があるとみられる―
と讀賣新聞は書いていますが、癌は現在の県連会長・堀内光雄前衆院議員です。
民主党の輿石東を彷彿させる堀内、この妖怪を引退させるべきです!
自民党に抗議しよう!

参照:輿石氏震え上がらせた女性候補、自民支部長辞退 (読売新聞)

Norikomiyagawa
宮川のり子

抗議は、下記のフォームからお願いします。

「あなたの生の声(なまごえ)をお寄せください。」
は、こちら↓から

https://youth.jimin.or.jp/cgi-bin/info/meyasu_form.pl

私は既に投稿しました。

以下↓は投稿内容。

Title:宮川典子さん

【本文】
宮川典子さんを次期衆院選で擁立するべきです。
報道によると、宮川さんは衆院山梨2区の支部長を辞退されたそうです。
理由は、自民党の複雑な内部事情とか。
彼女はすごく人気があります。
Twitterのフォロアーが5,094人もいる。
議員でもないのにすごいことです、これは。
支持者の年代も多岐にわたり、まさに新生自民党の象徴になれるでしょう。
古いしがらみに囚われるのは、もうやめましょう。
宮川典子さんを擁立できないようでは、自民党は古い殻を破れない政党とみなされてしまいます。
よろしくお願いします。

自民党山梨県連
TEL:055-226-5777
FAX:055-226-6785

あなたのクリックがブログの読者を増やしてくれます。
↓ぜひ応援してください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を独占しています。
↓こちらも、ぜひ応援願います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 中国の笑い話 現代版 | トップページ | 妄想郷を彷徨う森ゆうこ »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

小泉孝太郎氏が、自民党比例名簿の上位なら余裕で当選
出来る。
ルーピー鳩山も兄弟で国会議員をやっているから、小泉
孝太郎氏も、芸能人なんてさっさと止めて、国会議員に
なればよい。芸能人から政治家に転身したケースは過去
に何度もある。

投稿: 匿名 | 2011/02/23 23:49

長年嘘をついて日本人の名誉を世界的に貶め、嘘と恫喝、ごり押しで特権を獲得してきたウトロの朝鮮人は、嘘がばれた以上、潔く日本人にこれまでの仕打ちを謝り、長年与えられた恩に感謝し、祖国韓国に帰国するべきである。ウトロの土地を買うための支援金で韓国に土地を購入し住宅を建設してもらい、ウトロの住民一族郎党が日本を引き上げるのが筋である。今後一切日本はウトロ住民の支援をしない。生活保護を支給するのはもってのほかである。彼らは長年嘘をついて、日本を恫喝、ゆすってきたのである。嘘がばれた以上、日本にこれからも生活保護を要求しつつ住み続けるあつかましいことはしないでほしい。人間として、朝鮮人としての尊厳があるなら、人間ならこのまま種々の支援を要求しつつ、日本で生き恥をさらすべきではない。

韓国政府はウトロ住民のために、集めた支援金を元に土地を買い、そこの住宅を建て祖国に強制帰還させろ。

投稿: ウトロ住民の帰還強制を願います。 | 2011/02/23 23:57

アメリカでアパートを借りた事が有る人なら分かるでしょう、半日たりとも居座れば、警察権力でevict追放される。貧乏学生が契約解除の日の午後、帰宅してみたら、午前中の内にボロ家具が屋外に放り出されていた。白人学生だったから人種関係なさそう。日本だってスーパーでサキイカを万引きした元革命家(笑)が逮捕された事も有るのだから、ウトロの様な土地の不法占拠、家賃ドロボー、またしても強制連行の被害者という集団詐欺に関しては、サッサと不法スクワッターを逮捕強制送還できる様な、法律がまともに執行できる様な、フツーの国に生まれ替わって欲しいよ、祖国日本。

投稿: nazuna | 2011/02/24 03:34

民主化集会、中国で再び呼び掛け 27日、18都市に拡大
http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022301000591.html
27日午後2時に「中国ジャスミン革命」
集会を開こうと呼び掛けている。
予定場所は、北京や上海など前回20日に
集会が呼び掛けられた13都市に、チベット
自治区ラサなどを加えた18都市に増えて
いる。

支那共産党の勢力は総人口の僅か6%であり
土地を奪われ仕事を奪われ人権を抑圧された
94%の人々要求を拒絶することは不可能。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/02/24 09:47

只今、年金問題「第3号」救済措置で国会予算委員会紛糾

予算委員会審議中継を見ていますhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40803&live=yes&media_type=wb脱サラ・サラリーマンの主婦がうっかり未納年金を全額を国が肩代わりで救済する該当者数100万人

【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi
【年金問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/02/24 11:23

>>「ウトロ住民の帰還強制を願います」様へ
>人間として、朝鮮人としての尊厳があるなら、人間ならこのまま種々の支援を要求しつつ、日本で生き恥をさらすべきではない。

韓国人すべてとは言いませんが、嘘をついたり、人を貶めたりして、後にその嘘がバレても恥とは思わない人が多いのではないでしょうか。常に自分中心に考え、人の痛みを分かろうとしない、道理が理解できない、他との共存ができない人達なのでしょうか。

投稿: とろろ | 2011/02/24 14:11

飛行場建設に携わった朝鮮人労働者の殆どがウトロを去り、経済的な理由などで移動できない一部の者がウトロに留まった。そのころの航空写真がありますが、周囲に緑も何もない空間で、飯場だけが現在のウトロ町内の形で写っています。当時、「住んでいいよ」と住民に言った?人も、自称町内会長も、民団とか銀行の人も、「良かれと思って」行動したと読めます。僕はそう思ってます。
ひとつだけ。「守る会」のホームページが閉鎖されたと時々目にしますね。僕は設置者ですが。「本体」と別サーバーだった掲示板が事業者(so-net)の都合で閉鎖されただけで、「ホームページ」は昔も今も閉鎖はされてません。ただのサーバー事情です。数メガを高いレンタル料で借りる昔の契約だったのでサービスが終了したんです。感情的なものではないです。申し訳ない。

投稿: 文 青ヒョン | 2011/02/24 16:19

ウトロのような事件は日本中で起きてますね。
小生は、生まれた時からの関東人(東京ですが)で部落問題もあまり知りません。かの瀬戸先生(福島県出身?)も関西と関東の部落問題は違う云々はブログで言ってますね。私の区は少し前までなめし皮産業?が繁盛してました。また サイシュウトウ(現在はチェジュと言いますか)を逃れてきた人の部落(差別用語らしいので集落と言ったらOKでしょうか)、焼肉さんが多いです。最近の韓国ブームで繁盛してますかな!でも ロッテ、ソフトバンク、パチンコ屋(丸半は密入航者とか)、ABCマートも北の学校出身だとか? 元気印の企業は、半島人系が多いと聞きます。創価学会も信者が減る(少子化やネットの批判でか)現状では、経済で日本を仕切るように舵を切ったらしい。日本人として、恐ろしい事です。

投稿: 一都民 | 2011/02/24 17:29

上に ''「良かれと思って」行動したと読めます'' とあります。善意の解釈も結構ですが、誰かが迷惑を被っている以上、それは独善です。''住んでいいよ'' と誰が言ったのか分かりませんが、仮に言われていたとしても、永遠に住み続けていいという意味ではなかったでしょう。物には限度があるんです。これが外国人には分からないようですね。

投稿: 広島市民 | 2011/02/24 18:19

戦前、朝鮮から日本に来た人には労働者もいれば留学生もいる。
そしてその中には日本にいる親族を頼ってきた人達も大勢いる。
様々な人がいる。
彼らは例外なく朝鮮から日本に関釜連絡船で渡って来た人達だ。
長い船旅だ。
それから日本を転々として日本のいずこかに落ち着いた人たちだ。
その多くは朝鮮の農民だ。

多くの日本人には見えない旅をしてきた人達だ。
彼らの乏しい日本語の能力で日本の何が見えたのかな。
彼らが見た日本の風景を見てきた人々が彼らの周りには少ない。

例外は留学生と呼ばれる人達。
彼らの日本の適応能力は高い。
戦後日本で財をなした商工人はこの部分に殆どが関係している。

ほんの些細な出来事の積み重ねが彼らの日本の立場を決めているかもしれないと気付くには日本人に分からない努力がいる。

投稿: 金 国鎮 | 2011/02/25 10:32

なぜこの地に日本政府が公団を経てて,この人たちを住まわせなければならないのでしょうか。

裁判の結果でも,朝鮮人同士の騙し合いに迷惑を被ったのは日本であり,所有者が国でも地方公共団体でもないのならば,この地に税金を使って団地を建設というのは自分からすすんで新たな火種を作るようなものです。

この地の議員さんにとっては,紛争が起こりそうな土地ほど利権が発生しておいしいのでしょうが。くずですね。

宇治市民はどう思っているのでしょうか。
建設賛成であれば,国税ではなく全額市税で建てればよろしい。
国は手を引くべきです。何のための裁判だったのか…。

投稿: ねこ | 2011/02/25 11:04

こんなんだから嫌韓と言われるのですよ・・・・・・。
日本政府は今後は正統性の無い要求はキッパリと撥ね付けるべきでしょう。

むしろ、ここで某国の御家芸である
「謝罪と賠償」
これを求めてもよいのではないでしょうか?

投稿: 一閲覧者 | 2011/02/26 08:19

ウトロの話をわかりやすくまとめていただき、ありがとうございます。

ところで、河炳旭は陛下から勲章を授与されていました。(同姓同名の別人物かどうかまでは私にはわかりませんが。)
http://www.mindan.org/shinbun/011107/topic/topic_h.htm

投稿: 通行人 | 2011/02/28 06:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/50769748

この記事へのトラックバック一覧です: 在日のウトロ ウソが転んでやっと解決:

« 中国の笑い話 現代版 | トップページ | 妄想郷を彷徨う森ゆうこ »