« 糸数さんはミスキャスト! 宮川さん(怒!) | トップページ | TPP参加は米国の陰謀!論を笑う »

2011/02/28

アラブ民主化とパクス・アメリカーナの終焉

チュニジアで、そしてエジプトで革命が起こり、今、リビアでは内戦が勃発しようとしている。
北アフリカで起きた革命の波は、津波のように広がり、中東にまで押し寄せている。

なぜ、今、アラブ・イスラム圏で革命という嵐が吹き荒れているのか?
それは、独裁者の驕りと格差の拡大、慢性的失業と急激な物価高、に対する民衆の怒りの爆発である。
が、根本的な問題は原理主義にある。

        エジプト国旗を掲げる民衆
Egypt

------------------------------------------------------------------

米国は、戦後、イスラエルを物心ともに一貫して支持してきた。
そして、イスラエルの周辺に親米国家を配置することで、イスラエルの生存を保障してきた。
米国は、親米国家を引き寄せるために独裁を「黙認」という形で支持し、積極的に軍事的支援を行った。
これが、今回の「革命」という津波を引き起こした一因である。

「自由と民主主義」の価値観を押し売りする米国が、中東や北アフリカでは独裁を暗黙のうちに支持する。
それは、80年代までは共産主義の脅威に対抗するためであり、90年代以降はイスラム原理主義を抑圧するためであった。
イスラム原理主義の台頭は、米国にとって悪夢である。
イスラム原理主義よりは世俗主義者による独裁の方がずっとマシ、米国はそう考えたのだ。

それは、リビアでさえ例外ではなかった。
カダフィはアラブ民族主義者であり、反共であるとともに反米・反イスラエルの急先鋒だった。
米国は、パンナム機の爆破テロを命じた、この凶暴な汎アラブ主義者でさえ取り込んでしまったのだ。
イスラム原理主義を封殺するために。
世俗主義者にして反共主義者、そして親米、これらの者による独裁は大歓迎だったのである。

確かにカダフィは親米ではない。
が、昔と違い、今は反米ではなく反イスラム原理主義に力を入れている。
米国は、それと引き換えに、パンナム機の乗客乗員259人全員を殺害した罪を不問にしたのだ。
しかも、2009年には、スコットランドの刑務所に収監されていた実行犯のアルメグラヒ受刑者を人道的理由で釈放させている。

        カダフィの似顔絵を蹴る少女
Qadhafi

------------------------------------------------------------------

米国は、なぜイスラエルを無条件に擁護するのか?
なぜ、その生存を保障するために、アラブの驕れる独裁者たちを支持するのか?
それは、米国内のメディアや金融界、教育界などにユダヤ人が確固たる地位を築いていることが一つの原因である。
が、今は、それよりも米国内におけるキリスト教原理主義の台頭の方が大きい。

私は、ブログを始めたころ、次のように書いた。

米国人の実に68パーセントが、悪魔がいることを信じているとの統計がある。
ダーウィンの進化論を信じている人は、わずか28パーセントにすぎない。
「神様が、聖書に書いてあるとおり、1週間で宇宙を創造した。われわれ人間はサルから進化したのではない。最初から特別な存在として神様が創造したのだ」
と信じている人の方がはるかに多く、48パーセントにも達する。
このようなアメリカ人の宗教気質(かたぎ)が、米国内でキリスト教右派を伸張させる背景になっている。
米国内におけるキリスト教右派は、既に7000万人前後に達するとされる。
その政治団体「キリスト教徒連合」(クリスチャン・コアリション)の会員数は200万人と言われている。

草の根のキリスト教右派 (依存症の独り言)

これ以前のエントリでは、以下のようにも指摘した。
ここでは、「キリスト教原理主義者(福音派)」は「キリスト教右派」と読み替えてほしい。

キリスト教原理主義者(福音派)とは、「聖書は直接的な神の言葉である。神が、直接ある人に霊感を与えて書かせたものである。それはそのまま神の言葉なのだから、一言たりと間違いはない」、そういう立場をとる人たちである。
一人一人が霊的に覚醒した経験を持ち、キリストを信じ生まれ変わったと自覚している。
大人になってから、キリストが直接自分に呼びかける声を聞き、そこでこれまでの生き方を変えて、神の福音のために生きていこうという「生まれ変わり」を経験した。
そう自覚する人たちである。
キリスト教原理主義者(福音派)は、「聖書は、エルサレムがユダヤ人に与えられた『約束の地』としている。米国のキリスト教徒は、この預言を実現させる責任がある」と信じている。
つまり、パレスチナはユダヤ人の「約束の地」であり、イスラム教徒と妥協することなどあり得ないのだ。

ネオコン対アルカーイダ (依存症の独り言)

------------------------------------------------------------------

イスラエルを守るためにアラブの親米独裁国家を支持した米国。
その背後には、膨大な数のキリスト教原理主義者たちの群れがいる。
それが、米国によるイスラエル擁護と、アラブの親米独裁国家支持を強力に後押しする。
そして、独裁体制の下(もと)で虐げられたアラブの蒼氓がイスラム原理主義に走る。
イスラム原理主義者は、イスラエルと米国を憎悪するだけではなく、世俗主義の独裁者にも牙を剥く。
だから、米国とイスラエル、そしてアラブの親米独裁国家は、イスラム原理主義者を抹殺しようとする。
北アフリカから中東に至る地域には、根底にこのような状況が横たわっているのである。

ところが、アラブの独裁的為政者が、イスラム原理主義に目を奪われている間に、若者を中心とする一般大衆が体制に叛乱を起こし、それに遅れてイスラム原理主義者が合流した。
軍は世俗主義だから、イスラム原理主義には同調できないが、一般大衆の反抗であれば、それを抑圧できない。
米国も同様である。
ここに、チュニジアやエジプトの革命は成就したのである。

------------------------------------------------------------------

アラブ世界における民主化の津波は収まることはないだろう。
自由と民主主義の盟主を自認する米国にとって、これは歓迎すべきことである。
が、世の中、そうはうまくいかない。
民主化されたアラブでは汎アラブ主義が高まり、反イスラエル、反米の機運が高まる可能性が高い。

イラク戦争では「自由と民主主義のための戦い」と言い、一方でアラブの親米独裁政権を支持・支援する。
米国のダブルスタンダードが生んだ皮肉だが、これは自業自得と言うしかない。

ちなみに、イラク戦争を始めたジョージ・W・ブッシュは―霊的に覚醒した経験を持ち、キリストを信じ生まれ変わったと自覚している人―そのものである。
テロとの戦いを「十字軍」と呼んだブッシュを見ると、案外、神の福音のために戦争を始めたのかもしれない。

このような人物を大統領に押し上げたのは、キリスト教原理主義者(福音派)である。
昨年のティーパーティー運動の盛り上がりをを見ると、米国内における福音派とその政治団体は、当時よりさらに勢いを増しているように思える。
そう考えると、民主化されたアラブと米国との関係は、より複雑なものになっていくだろう。

        米国のティーパーティー運動
Teaparty

アラブ民族主義が高揚するであろう中東と北アフリカ、福音派の勢いが止まらない米国、膨張する中国、
世界の将来はけっして楽観できない。
世界の警察官を任じてきた米国、米国の米国による米国のための「自由と民主主義」を推進してきた米国。
もう少し謙虚になってもらいたいと思う、米国には。
パクス・アメリカーナ(Pax Americana)=超大国・米国の覇権が形成する「平和」は終わったのだ。
これからは、日本や豪州、EUなどと対等な関係で連携し、世界平和を形成していく姿勢を示さないと、世界の混乱はさらに続く。

我が日本も憲法を改正し、集団的自衛権を行使できる国家に脱皮しなければならない。
私は、「価値の外交」と「自由と繁栄の弧」という麻生太郎の考え方を今でも高く評価している。
ユーラシア大陸の外周にある民主国家(オーストラリアを含む)と米国及びNATOが連携して地域の平和と繁栄に貢献する、この方向しかないだろうと思う。

我が日本は、イスラム原理主義ともキリスト教原理主義とも無縁。
アラブとイスラエルとの争いにも中立的立場にある。
民主化されたアラブとは、より良い関係が築けるだろう。

日本よ!
覚醒せよ!!!

(文中敬称略)

あなたのクリックがブログの読者を増やしてくれます。
↓ぜひ応援してください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を独占しています。
↓こちらも、ぜひ応援願います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 糸数さんはミスキャスト! 宮川さん(怒!) | トップページ | TPP参加は米国の陰謀!論を笑う »

政治(国際)」カテゴリの記事

コメント

日銀、韓国中銀との円─ウォン通貨スワップ取り決めを3年延長

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-15937720100622

米国や支那からも巨額借金の返済請求されて
いる韓国は経済破綻状態で大手銀行の窓口業
務停止。 当てにした日韓併合100年での、
朝鮮王室儀軌引き渡し協定が日本の国会で承
認されない為に日本に対する賠償請求もでき
ない状態。
【関連情報】http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
韓国大統領 来月訪日で調整 朝鮮儀軌引き
渡し検討も国会承認は微妙

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/02/28 18:15

>世界の警察官を任じてきた米国、米国の米国による米国のための「自由と民主主義」を推進してきた米国。
>もう少し謙虚になってもらいたいと思う、米国には。


「大国が公正で小国が安全な世界」
ケネディの言葉だったと思いますが,アメリカにはぜひそうあってもらいたいものです.

投稿: taka1211 | 2011/02/28 19:11

汎アラブ主義はマルクス主義から生まれた思想なので、これらの国々は世俗主義で、国の中枢からイスラム教の影響が排除されてきました。
それが今回の革命でイスラム教組織が強い影響力を行使するようになるので、汎アラブ主義が広がるよりもイランのようにイスラム教国化していきそうな気がします。
崩壊後のイラクも政治の中枢から汎アラブ主義のバース党員を追放してイスラム化していますし。
極端な話、汎アラブ主義国とイスラム教国が対立していたアラブ圏がまとまって21世紀にイスラム帝国の復活、みたいなことになるんじゃないかと。

投稿:   | 2011/02/28 23:18

日本よ!覚醒せよ!!!
全く!同感です!
中東問題は勉強になりました。

ついでに”やまと新聞”というマイナーなのがあります。
紹介させてください。
http://www.yamatopress.com/

投稿: けん | 2011/02/28 23:45

お疲れ様です。
坂さんのキリスト教原理主義に関する正確な情報に感服です。
一つ私が昔接した彼らの中に信じられている面白いストーリーをお知らせいたします。

彼らはキリストの再臨を確信しています(実に2000年間も。そのために旧約聖書から新約聖書の研究をして
一体その前兆はいかなる出来事が起こるかをつまびらかにしています。

有力なストーリの一つに
1)イスラエル国家が再興する。(ローマ帝国からの徹底的な破壊から、2000年を経てこれは実現しました)
2)その後、ヨーロッパに10カ国を一つにまとめたような集約国家が実現する(彼らはこれがEUだと言っています。皮肉にも現在10カ国以上のまとまりですが、最終的に10国にまとまる)
3)その後この中から3人の指導者が現れるが最終的に一人の総統が権力を掌握する。(イタリア、ドイツ、フランスのようです。不思議なことにアメリカに関して記述がない)
4)その総統が暗殺されるが、奇跡的に回復して、さらに人心の支持を集める。(この人物がいわゆる映画オーメンで描かれた「滅びの子・反キリスト」で、どうもユダヤ系であるといわれています)
5)やがて一時的に世界平和(EU内だと思われる)を実現させるが、それに対抗してイスラム世界がえるされるを回復するために連合して立ち上がる。
6)ロシア(ゴグとマゴクー当時のロシアエリアを指す地方の民族)と中国(西の王が2億の兵を率いるようです)ちょっかいを出すが、おそらく核攻撃を意味する記述があり、それで壊滅的な打撃をこうむる。
7)最終戦争(ハルマゲドンの開始です)が始まり
世界破滅か、、という時にキリストが再臨する。

以上が彼らの中で教えられている説です。
これ以外にもさまざまな説がありますが、どれにも共通している事柄が、イスラエルの再興とエルサレムの確立です。キリストが再臨するにはどうしてもイスラエルとエルサレムが確たるものとして存在していなければならないのです。

それにユダヤ人がほとんどがキリスト教に過信するとパウロが聖書に記述しているように、ユダヤ人に対する伝道が盛んに行われています。

はたから見れば、滑稽かもしれませんが、彼らは真剣に活動しています。

今回のブログに拝見して、昔のことを思い出した次第です。

投稿: 転びバテレン | 2011/03/01 00:03

パクス・ロマーナは確かにありましたが、パクス・アメリカーナはついに来なかったと思いますけどね。
軍事力だけなら、その実力はアメリカには十分あったはずですが、筋肉自慢ではガキ大将になれても学級委員長にはなれないのと同じです。アメリカには、その資質はなかったと考えるべきです。
中国について言えば、いま革命が起きれば毛沢東主義が政権を握るでしょう。完全な反民主主義です。
イスラムでも事情は同じではないかと思います。リビアもエジプトも民主化することはないと考えます。
東アジアそして西アジアと反民主主義国家が乱立する時代に突入したと感じます。
頭のない筋肉自慢が暴れた結果じゃないですか。
ファンダメンタリズムは基本的に反民主主義と思いますから、いずれアメリカも反民主主義国家になるんじゃないかと空想してます。

投稿: 縄文人 | 2011/03/01 07:34

米国の外交の浅はかさは建国以来の伝統です。
力づくで押し通してきたものの、
もはやそれは通用しなくなってきていますね。
驕れるものは久しからず、です。

総じてムスリムは好戦的ですが、クリスチャンも
血塗られた歴史を持ち、目くそと鼻くそというところでしょう。
しかし、この2つのクソ同士が張り合うと、
支那が漁夫の利を得てしまいます。
それだけは避けなければなりませんね。
日本は米国との核シェアリングができるよう
国内法を整備しつつ当面の事態に備え、
中長期的には自主憲法を制定して
原潜開発と独自の核武装の準備を進めるべきです。

投稿: やす | 2011/03/01 10:15

民主16人造反、処分へ 11年度予算案が衆院通過
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011030101000015.html

【関連情報】
平成23年度総予算の採決の時の小沢一郎の
空席を明言する石原伸晃(自由民主党・無所
属の会)  2時 07分  25分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40816&media_type=wb&lang=j&spkid=19639&time=00:14:07.7

自民党幹事長石原氏が言明する小沢一郎他多
くの民主党議員の空席にも関わらず民主党
16人の造反議員が棄権する中、小沢一郎
が投票した映像を放映する反日売国テレビ
局これは捏造偽装映像なのか、それともこ
れが造反議員の「信」をも踏みにじる誠な
き小沢一郎の正体なのか。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/01 10:35

北朝鮮は和解の道を=「三・一運動」式典で韓国大統領
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011030100353

一方、「日本は昨年の(日韓併合100年に関
する)菅直人首相の談話を基に誠意ある行動と
実践をしなければならない」と強調。

自国民を騙して嘘で洗脳してきた罪は重大、
特に相手国がある時に相手がその事を認めな
い。
反日売国者韓直人が認めた事で嘘も本当に成
ると信じ込むのが彼等の資質

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/01 12:39

河村名古屋市長、都内の市区議選に候補擁立 「減税日本」で11人
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110228/elc11022809140000-n1.htm
東京都議選では「減税日本」の候補者には親小
沢一郎派が多数いるとの事、税額控除を無くし
て手当てを支給しない遣らずぶったくりの高額
税負担にしたのは日本人社会の破壊を進める売
国民主党。「減税日本」は民主主義を叫んで独
裁体制、減税を叫んで増税をする、変わり身の
早い小沢一郎が得意とする、人々の心を霍乱し
てその隙に騙し取る、あの「法案の嵐作戦」と
同様な新手の騙しの手口、投票を騙し取られな
いように、日本人社会の破壊に十分注意しよ
う。

【新党勝手連の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/01 16:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/50994736

この記事へのトラックバック一覧です: アラブ民主化とパクス・アメリカーナの終焉:

» 米国はユダヤの弾圧は善? [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
アメリカがパレスチナのユダヤ人による入植活動を批判する国連の安全保障決議案に対して『拒否権』を行使して葬り去った・・・アメリカは中東の混乱の一番の原因を作り出しているユダヤ人国家イスラエルによるパレスチナ人への弾圧行為に対しては、国連決議さえ葬り去って擁護しているが、他のイスラム国家による国内騒乱への鎮圧行為には『弾圧』と言う言葉で批判している・・・ http://sankei.jp.msn.com/world/news/110219/mds11021912560016-n1.htm http:... [続きを読む]

受信: 2011/03/01 12:57

« 糸数さんはミスキャスト! 宮川さん(怒!) | トップページ | TPP参加は米国の陰謀!論を笑う »