« 物乞いは誘拐された子供 GDP世界第2位の現実 | トップページ | “血債の思想”と歪な日本左翼 »

2011/03/07

売国弁護士 高木健一の妄動

高木健一という人物をご存知だろうか?
仙谷由人前官房長官が、最も尊敬する弁護士である。
高木は1944年生まれ、仙石は1946年生まれ、東大法学部の先輩と後輩の関係にある。
二人をつなぐものは、どちらも労組系弁護士であり、人権派という点だ。

で、この高木弁護士がその名を馳せたのは、従軍慰安婦問題を自作自演した事件である。
高木は、1993年にインドネシアを訪問し、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」という 内容の広告を出した。

インドネシアには、「元兵補中央協議会」という、日本軍政時代に補助兵として採用された「兵補」の民間組織がある。
1996年、この「協議会」が、補償を要求するために元慰安婦の登録作業を始めたことがあった。
「協議会」は、実際には慰安所で働いていない女性でも「何らかの性的被害にあった」と申告した場合は慰安婦に数え、約2万人の登録者を集めた。
「東京の高木弁護士の指示を受けて始めた。『早く進めろ』と催促も受けた」
「協議会」のタスリップ・ラハルジョ会長は当時、産経新聞の阿比留瑠比氏の取材にこう証言している。
「協議会」は、慰安婦登録者を対象に、慰安婦になった理由などに関するアンケートを実施していたが、これも「高木弁護士の文案で作成された」(ラハルジョ氏)ものだった。

参照:【日曜日に書く】 仙谷長官の危うい思想背景 (2010/08/01 産経新聞)

要するに、この高木という弁護士は、“補償を要求する慰安婦”を“募集”するためにインドネシアに出かけ、現地の組織を使って“無理やり”登録者を集めたのである。

1996年に、中京テレビ製作の「ドキュメント'96」で「ianfu・インドネシアの場合には」が報道され、インドネシアの慰安婦の実態が広く伝えられた。
この番組を見た、英字紙・インドネシア・タイムスのジャマル・アリ会長は、
「ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦がいたというのか。どうしてインドネシアのよいところを映さない。こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。『お金をくれ』などとは、360年間、わが国を支配したオランダにだって要求しない」
と語り、番組及び日本人による慰安婦捏造を痛烈に批判した。

ジャマル・アリ会長が、「一人の兵隊に一人の慰安婦がいたというのか」と怒るのは、当時インドネシアに居た日本兵は約2万人であり、「協議会」が集めた慰安婦の登録者も約2万人だったからである。

参照:「日本人が捏造したインドネシア慰安婦」
中嶋慎三郎 (祖国と青年 1996/12月号)

-------------------------------------------------------------------

以下は、高木健一についての説明である。

○これまでの役職

朝鮮被爆者調査代表団団長
日弁連人権擁護委員会朝鮮人被爆者問題調査委員長

○関わった主要な訴訟

樺太残留者帰還請求訴訟
アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
※韓国での対日慰安婦補償請求訴訟にも深くかかわっている。

樺太残留者帰還請求訴訟については、提訴取り下げ後に韓国政府から国民勲章を授与されている。
そこで高木は、「これをモデルケースとしてこれからも同じように補償裁判を起こしていく」と発言した。
長年にわたり在サハリン韓国人の帰還運動をしてきた朴魯学夫婦は、この弁護団は在樺コリアンの帰還を求めるのではなく、日本を糾弾することのみが目的であった、と批判している。

高木が授与された勲章は「韓国国民勲章牡丹章」 (1989年)

○著書

『今なぜ戦後補償か』(講談社現代新書 2001年)
『戦後補償の論理―被害者の声をどう聞くか』(れんが書房新社 1994年)
『従軍慰安婦と戦後補償―日本の戦後責任』(三一書房 1992年)
『サハリンと日本の戦後責任 増補改訂版』(凱風社 1992年)

もう、韓国人・朝鮮人にかかわることばかり。
その親朝鮮・売国ぶりに圧倒される。

------------------------------------------------------------------

ところで、阿比留瑠比氏は、前出の参照記事の中で、
―私は11年に現地で高木弁護士の名前を耳にした。サハリン高麗人協会のパク・ケーレン会長はこう語った。
「東京で大きな弁護士事務所を開いている高木弁護士が、もっと日本から賠償を取れるから要求しなさいと教えてくれた」
と書いている。
高木は、前述したように、韓国政府から国民勲章を授与された時、
「これをモデルケースとしてこれからも同じように補償裁判を起こしていく」
と発言している。

で、その結果が以下のニュースである。

【東京25日聯合ニュース】東京の衆議院議員会館で25日、サハリン残留韓国人問題に関する韓日議員協議会が開かれた。

韓国側からは、国会人権フォーラム代表の与党ハンナラ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)、李柱栄(イ・ジュヨン)、洪日杓(ホン・イルピョ)、姜容碩(カン・ヨンソク)議員、自由先進党の朴宣映(パク・ソンヨン)議員、未来希望連帯の金乙東(キム・ウルドン)議員が出席。日本側からは、与党民主党の土肥隆一、紺野東、石毛えい子議員、社民党の阿部知子議員、日本共産党の笠井亮議員らが出席した。

また、サハリン残留者帰還請求訴訟に長年かかわった高木健一弁護士、在日樺太帰還韓国人会会長の李羲八(イ・ヒパル)さんら被害者も出席した。

Baikoku          協議会のようす=25日 東京(聯合ニュース)

両国議員らは、韓日政府と企業の資金で基金を設立し、サハリン残留韓国人に補償を行う案を進めることで意見を同じくした。「両国国会議員はサハリン残留韓国人問題解決に向け、韓日政府が現在の政策を継続し、両国企業の協力を得て基金(財団)の設立を含む最終的解決を導出するよう努力することを要請する」との決議文を採択。これを李明博(イ・ミョンバク)大統領と菅直人首相に伝達するとした。

決議案草案を作成した高木弁護士は、日本政府はサハリンに連行した韓国人の対価、郵便貯金59万口座1億8000万円を返さず保管していると指摘。サハリン被害者らが皆この世を去る前に、これを基に日本政府の謝罪を込めた基金を設立し、被害者に補償すべきだと強調した。

また土肥議員は、今回の会合を機に日本でも議員連盟を作り問題解決を模索していきたいと話した。

一方、韓国人被害者の側に立ち日本政府に責任を問う訴訟を行ってきた高木弁護士に、国会人権賞が贈られた。同賞が外国人に贈られたのはこれが初めて。

Baikoku2        賞を受け取る高木弁護士=25日、東京(聯合ニュース)

韓国議員らは26日に、朝鮮半島出身者の日本強制連行の歴史を伝える京都の丹波マンガン記念館などを訪問する。

韓日国会議員、東京でサハリン残留韓国人問題を論議
(2011/02/25 聯合ニュース)

------------------------------------------------------------------

サハリン残留韓国人に対して我が国政府は、家族と再会するための一時帰国や韓国への永住帰国などに尽力してきた。
残留韓国人の永住帰国のために、約27億円をかけて韓国ソウル近郊の安山市に高層8棟の団地「故郷の家」を建設した。
2007年までに日本政府が拠出してきた金額は70億円に達している。

「サハリン残留韓国人」とは、日本時代に、朝鮮半島から企業の募集や徴用でサハリン(当時は樺太)に渡り、戦後も韓国などへの帰国が許されなかった約1万人のことである。
彼らが、サハリンから出られなかった最大の理由は、冷戦の対立が続く中で、当時のソ連が国交のない韓国への帰国を認めなかったからである。
また、ソ連には、友好関係にあった北朝鮮への配慮もあった。

戦前の我が国政府が強制的に連行したわけでもなく、我が国のせいで韓国に帰国できなかったわけでもない。
したがって我が国には法的にも人道的にも何一つ責任はない。
一例を挙げると、日本サハリン協会がサハリンを訪問する際の世話役だった残留韓国人の山本(韓国名ペ・ソクチュウ)氏は、旧樺太の電信電話局に勤務していた。
山本氏は夫妻で2000年に「故郷の家」に永住帰国した。

高木ら弁護団を「在樺コリアンの帰還を求めるのではなく、日本を糾弾することのみが目的であった」と批判した朴魯学氏は、在樺コリアンの韓国への帰還運動を始めた人物である。
朴氏は、朝鮮南部(今の韓国)で理髪師をしていた昭和18年に、新聞広告で知った樺太人造石油の募集に応じた。
給料は理髪師の3倍以上だったという。
朴氏は数年の間に、家一軒建つぐらいのまとまったお金を故郷(韓国)の家族に送金している。
朴氏の日本人妻の堀江和子さんによると、朴氏は戦後、何が何でも“強制連行”を主張しようとする仲間たちに対して、「そうじゃなかっただろう」とたしなめることがあったという。

なお、高木らは、「サハリン残留韓国人」を約4万3000人と主張している。
戦後に北朝鮮から渡って来た者や中央アジアからやって来た高麗人も、その中には含まれている。
もう、彼らにとっては、真実などどうでもよいのだ。
これは“反日闘争”なのだから。

参照:消えた「従軍慰安婦問題」 (2005/11/23 依存症の独り言)

-----------------------------------------------------------------

いつものように、「強制連行された」とウソをつき、日本からカネをせしめようとする韓国人と韓国。
それを応援する高木のような売国偏執狂と土肥隆一や阿部知子のような反日・売国議員たち。

韓国国民勲章牡丹章の次は国会人権賞
立派だよ!立派すぎるよ!!
高木健一!!!

韓国と高木、そして左翼売国議員たち。
接点には仙谷由人がいる。
間違いない!

コイツらには鉄槌を下さねばならない!

あなたのクリックがこのブログの読者増やしてくれます。
↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

売国・親小沢のブログが上位を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリック!をお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

Saharin_3                サハリンの韓国人はなぜ帰れなかったのか
                    ―帰還運動にかけたある夫婦の四十年
 新井佐和子(著)

【追記」
高木らが、樺太残留者帰還請求訴訟の提訴を取り下げたのは、補償的な側面を含む人道的な支援事業が1987年に予算化されることになった(毎年1億円程度)からである。
で、それは、最終的には70億円にまで達した(2007年)。
その貢献により、高木は1989年、「韓国国民勲章牡丹章」を授与されたのである。

そして、今、高木らは2匹目のドジョウを狙っているのだ!
が、柳の下には2匹目のドジョウはいない!!!

あなたのクリックがこのブログの読者増やしてくれます。
↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

売国・親小沢のブログが上位を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリック!をお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 物乞いは誘拐された子供 GDP世界第2位の現実 | トップページ | “血債の思想”と歪な日本左翼 »

従軍慰安婦&強制徴用」カテゴリの記事

コメント

韓流スターのヒョンビンさん入隊
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011030700539

在日朝鮮人(北朝鮮籍も国交がないので韓国
籍に成っている)の韓国では2012年の選挙
権付与に伴い徴兵制の義務が発生した。 
在日朝鮮人は一旦帰国すれば、日本に再入国
する理由を失い朝鮮への永住となる。 
世界中で始まった各国の引き戻し政策で不法
残留者や犯罪者の本国送還が加速されるので、
不法に滞在する外国人の支那人や朝鮮人への
選挙権付与は断固阻止しなければならない。

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj10_hdir.cgi
【前航空幕僚長の国防問題タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/07 17:19

こんにちは、はじめまして。
高木健一・・弁護士と言うよりも法曹資格を利用した詐欺師と言ったほうがいいのではないでしょうか。
樺太残留帰還者訴訟、慰安婦、この問題は日本の裁判官が法律の知識もない素人であると証明したようなものです。
日韓基本条約において法的決着が付いている以上、一事不再理の原則に従って訴訟を却下すれば終わっていたのですが。
高木健一により、証拠がなくても年格好がそれなりであれば旧日本軍の被害者として日本の裁判所に訴訟を起こす事ができるという先鞭をつけた売国奴ですね。

投稿: ねむ太 | 2011/03/07 18:22

一昔前になりますが、NHKの普通の番組でサハリンの話が出た時、アナウンサーが「サハリンには朝鮮人が4(2?)万人居て、それは日本が強制連行したからです。」と解説していました。
それですぐに電話して、新井佐和子氏の本を紹介し、「樺太に居る朝鮮人は、戦前に自発的に渡った人と戦後北朝鮮から渡った人ですよ。」と言うと、NHKの電話に出た感じの良い若い人は「そうだったんですか。これからは気をつけます。」と言っていました。
あの頃はNHKも少しはまともだったんだなーと感慨にふけっています。

投稿: 八目山人 | 2011/03/07 18:46

西田昌司「前原大臣辞任!統治能力を失った菅政権」

この国日本を守る愛国保守派の重鎮西田昌司
参議院議員を守り貫こう。
2011.03.07 【番組出演】3月7日(月)17:30
~「京プラス(+)」(KBS京都テレビ)への出演は
なくなりました
2011.03.07 Showyou ビデオレターを追加し
ました
2011.03.05 Showyou動画を更新しました

詳細は参議院議員 西田昌司先生ホームペー
ジをカッチとね
http://www.showyou.jp/
【お知らせ】
西田昌司 京都政経パーティーのご案内
日時:平成23年3月19日(土)
     11時30分開会
会場:京都国際ホテル  2階会費:20,0
00円
お申込・お問い合わせは西田昌司事務所
 075-661-6100 まで

http://www.youtube.com/watch?v=mw_aK9pO8Es&nofeather=True
(動画)

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/07 19:03

(高木健一と一緒に訴訟を起こしている福島瑞穂も東大法学部卒でしたね。

戦後補償請求>裁判一覧
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/isaiban_ichiran.html

従軍慰安婦問題には東大出法学部出の江田五月も深く関わっていますよね。遡れば、近衛内閣に入り込んでいた工作員・尾崎秀美(朝日新聞記者)も帝大(東大)で、共産主義を学んでいます。
東大は極左工作員の養成所なのではないのでしょうか。

投稿: ちゃお | 2011/03/07 21:14

★日の丸が脳天に突き刺さった「おそ松くん」のハタ坊

1966年放送、おそ松くんの人気キャラ ハタ坊とその家族の頭には日の丸が突き刺さっている
http://whisper-voice.tracisum.com/?eid=239

投稿: 三本松 | 2011/03/07 21:55

「アフター ザ クライム」という藤井誠二紙の最近の著書の最終章にある「あすの会」の弁護士との対談で

日弁連会長選挙にも出馬した弁護士は、犯罪被害者問題の弁護士界での集会絵
「刑事裁判への被害者参加制度を認めると、戦争加担やファシズムへの道を進む」
と大真面目に主張し、

対談相手の弁護士も
多数の弁護士は「反国家イデオロギー」にとらわれ、犯罪被害者を弁護士の 「敵(国家権力)の味方」 と捉え、犯罪被害者に冷淡である

と言っている

投稿: kahn | 2011/03/07 22:37

今晩は!
高木は東大でしたか?馬鹿とは言いませんが、無知丸出しですね。何故ならインドネシアは超親日です。証拠は
http://www.youtube.com/watch?v=ElAoXeGmj2k&feature=related
インドネシアのお年寄りは日本の歌が好きで、皆歌えます。戦後もインドネシアに残って独立のために一緒に戦った日本兵が沢山いました。しかしそれだけではありません。ご存知の方も多いと思いますが、三浦㐮(ゆずる)さんは民間人として戦前からインドネシア独立に尽力しました。戦中は囚われの身となりますが、脱獄して民衆の前で敗戦を詫び、再度の独立を訴えます。そしてその翌日自害されました。島民に迷惑が及ばないようにするためです。バリ島全民喪が行われました。未だ克つてないことだそうです。”バパ.バリ”と尊敬された方です!(【参考文献】「独立と革命」若きインドネシア 越野菊雄著 インドネシア経済研究所刊)

タカギが反日詐欺出来るのは相手も反日嘘つき国家とその民のみってことですね!

投稿: けん | 2011/03/07 22:58

何が突き刺さろうとかまいはしません
それは疑問を感じてねということなのでしょう
赤塚さんが言いたかったことは、ご本人に聞くのが一番
でも、今は遠いところにいらっしゃいます

旗日って言葉や旗を掲げる習慣
キライな人が多いのでしょうか
そんなに日の丸は嫌われているのか

投稿: ○ | 2011/03/07 23:03

二重国籍推進

福島瑞穂、千葉景子、近藤昭一、岩國哲人
岡崎トミ子、河村たかし、
他多数
【関連情報】
【二重国籍推進議員】http://senkyomae.com/m/%c6%f3%bd%c5%b9%f1%c0%d2%bf%e4%bf%ca
【民団の外国人参政権推進集会に賛同議員】
http://senkyomae.com/m/%cc%b1%c3%c4%a4%ce%b3%b0%b9%f1%bf%cd%bb%b2%c0%af%b8%a2%bf%e4%bf%ca%bd%b8%b2%f1%a4%cb%bb%bf%c6%b1

在日朝鮮人から政治献金を貰っている可能性
が極めて高い国会議員達は前原前外務大臣と
同様な政治資金規正法に抵触する事案に発展
する。

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/07 23:21


ブロク主、坂様

本日は私の大嫌い、というより、心底、軽蔑、嫌悪、している日本人?、高木健一についての、詳しい情報を有難うございました。
文章を拝見しながら、高木のような、イデオロギーに狂った、猛烈な偏執狂的、憎日・人間が存在するということが何ともやり切れない思いです。
この文章を読む、何万人の人が、仙谷由人の、『友人』 である、《高木健一》、を知ったことは大きいと感謝しております。

Tell me the company you keep 、and I will tell you what you are
あなたの友人について語ってください。そうしたたら、あなたが、どんな人物か話してあげます。(あなたの人物がわかります)

私は、仙谷が、高木の友人と公言した時から、仙谷という人間の本質・正体が分かりました
「日本国民に、手袋を叩きつけた、仙谷」、と書いたことがありますが、しかし、こんな連中は、いくら、「朝日」、にとぐろを巻くような、左翼カルトが持ち上げても、吉田清二同様、何年、何十年後の、『時の審判』 に耐えられるものでなく、後世、評価が定まると信じています。


投稿: 町工場の親方 | 2011/03/08 05:57

限りなく犯罪者にも等しい、いや、犯罪者以下か( ゚д゚)、ペッ
そういうのが高木ですな。

こういう奴は東京湾に沈められても同情する者は
そうそう居ないでしょうな。それぐらいの卑劣漢。

投稿: abusan | 2011/03/08 08:33

高木健一という弁護士は、おいしい仕事とみれば良心はおろか国益などお構いなし、ただ金儲けのためにのみ奔走している悪徳弁護士にみえます。つまり、餓鬼道をまっしぐらにつきすすんでいるわけで、こんな輩は地獄行きでしょう。

晩年は後悔と良心の呵責にのたうちながら生きながらえることになるでしょう。同じことは、家族をはじめとした彼を取り巻く人々にも及ぶでしょう。心ある家族や関係者は彼から離反していくものと思います。いずれにせ、高木健一という弁護士はよい死に方はしないでしょう。

投稿: クロ | 2011/03/08 11:36

私も昔高木健一弁護士のことでエントリしたことがありました。こういう類の売国奴が多い日本です。
民主党政権とはこのような日本嫌いが政権についた史上最悪の事態ですね。もっとも現政界は公明・共産・社民、そして自民の2~3割が売国奴です。日本人のための政治家はどこへ行ったのでしょう? もっとも社民党の福島みずほ、引退した土井たか子など元々出自が怪しい擬似日本人は納得できます。
しかし純粋?の日本人で、なぜこうまで自分の生まれ育った祖国に唾吐くことを積極的にできるのか、まったく不可解です。これが戦後民主主義の仇花なのでしょうか・・・?

投稿: トラネコ | 2011/03/08 14:04

港退黨遊行震撼 大陸遊客嚮往自由

香港で日曜日に行われた9000万人中国人の
中国共産党脱退を支援する大規模デモ行進で多
くの中国本土の観光客は初めてデモ行進の迫力
を体感して驚いていた。 
香港の自由な雰囲気に憧れた。ある観光客は脱
退を支持すると言って、帰ったらこの情報を家
族や知人に知らせると言った。デモ隊は九龍の
繁華街を行進して、沿道の多くの通行人は立ち
止まり見物した。

港退黨遊行震撼 大陸遊客嚮往自由

http://ap.ntdtv.com/b5/20110308/video/53829.html
(動画)

全文和訳
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/08 14:28

iza!:記者ブログ
阿比留瑠比氏のブログ
火のないところに火をつける人たち
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/12174/

T弁護士は有名な方で、当時、「従軍慰安婦訴訟」にかかわり、戦後補償関係の著書もある人です。
T弁護士に帰国後、電話でコメントをいただこうとしたところ、いきなり「産経には日頃から不満がある。訴えてやろうか」と脅かされました。
ただ、私がラハルジョさんに直接会って話をしてきたと言ったところ、慌てた様子で「えっ…。一度会ってお話がしたい」と下手に出てきました。不思議ですね。

投稿: accesskid | 2011/03/08 16:33

売国婦は日本の恥です。最近鳩山由紀夫元首相がアレフ(オウム真理教改めウンコ真理教)と中国スパイと手をくんで、国家転覆を計画している。            河野談話発表と松本サリン事件は1993年と同じ年です。                         村山談話と地下鉄サリン事件は1995年と同じです。 高木健一と鳩山由紀夫と荒木浩は日本の国家転覆計画している。

投稿: | 2014/01/25 02:34

高木けんいち のような国賊というか自分の都合のためなら相手や祖先や国や どうなってもいい…それが私の権利だし♪ただし私の意見に反対したら私の人権侵害で訴えます。こんな人の形したクズが口と理屈だけでのさばり日本人のメンタルが破壊されてきました。自分の権利を主張するものばかりとなり祖先が築いてきた道徳や優しさ義理堅さはなくなりました。高木、福島瑞穂に代表されるサヨク弁護士には都合のいい社会かもしれませんがネットでこいつらのしてきたことがバレバレとなりこいつらの社会的信用というものは全くありませんよ。小学生、中学生にも教えて拡散すればいい高木、福島瑞穂のやってきたことを。

投稿: 山の手 | 2015/08/22 14:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/51048792

この記事へのトラックバック一覧です: 売国弁護士 高木健一の妄動:

» 赤い人たちⅡ [イトーチャンのつぶやき]
韓流オバサン必死です [続きを読む]

受信: 2011/03/07 22:04

» なぜみんなの党はリフレ政策を推すのか [ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ]
Tweet しかし、なぜ、彼らはリフレ政策をそんなに推すのだろうか?(もちろん、すべての人ではないようだけど) それは政治家の宿命だからだろう。 私がみなさんのためにいい政策を行います! といわなければ選挙で当選することはできない。... [続きを読む]

受信: 2011/03/08 14:58

» 風力発電ってどうなの? [「小さな政府」を語ろう]
【書き下ろし】Transport Secretary Philip Hammond reveals his ignorance of wind powerThe fact is that no one would dream of building these absurdly inefficient machines unless they were guaranteed a 100 per cent subsidy through the Renewa ... [続きを読む]

受信: 2011/03/08 15:03

« 物乞いは誘拐された子供 GDP世界第2位の現実 | トップページ | “血債の思想”と歪な日本左翼 »