« 売国弁護士 高木健一の妄動 | トップページ | 橋下徹を断固として支持する! »

2011/03/08

“血債の思想”と歪な日本左翼

高木健一という弁護士は、どうしてここまで日本を攻撃するのか?
なぜ、彼のような偏執狂とも言える反日主義者に同調する国会議員が、少なからずいるのか?

昨日のエントリに以下のようなコメントをいただきました。


こんにちは、はじめまして。
高木健一・・・弁護士と言うよりも法曹資格を利用した詐欺師と言ったほうがいいのではないでしょうか。
[ねむ太]

高木健一という弁護士は、おいしい仕事とみれば良心はおろか国益などお構いなし、ただ金儲けのためにのみ奔走している悪徳弁護士にみえます。
[クロ]

確かに、高木は、ねむ太さんやクロさんがおっしゃるように「詐欺師」、あるいは「悪徳弁護士」という側面もあります。
が、彼の言動の本質は、もっと深いところ、言ってみれば「精神的歪み」、信仰にも近いイデオロギーにあります。
つまり、私がもっとも嫌う“カルト”なのです。

高木は1944年生まれ、60年安保闘争の時は16歳、1967年ごろから激化した70年安保闘争のころは23歳。
要するに、60年安保闘争の時は未だ高校生で、70年安保闘争が激しさを増してきたころには既に大学を卒業しているわけです。
この年代を、当時は“安中派”と呼んでいました。

60年安保闘争に敗北したあと、左翼学生運動は深い挫折感に襲われました。
日本共産党に叛旗をひるがえして結成され、60年安保闘争を牽引したブント(共産同)は、闘争敗北の直後に崩壊しました。
ブントが再建されるのは1966年(第2次ブント)で、三派全学連が結成されたのも同じ年です。
左翼学生運動が息を吹き返すのは、この時からです。
つまり、高木自身は、左翼学生運動の高揚期を体感しておらず、その学生時代は、左翼が挫折感や鬱屈感に覆われていた時代と重なっているのです。

左翼学生運動の高揚も敗北も実感として持つことができなかった左翼、それが高木健一なのです。
だから彼は闘い続けるのです、国家と対峙する、あるいは権力を追い詰める、という高揚感に満たされたいがために。
こういう人間は、一度、徹底して叩く必要があります。
そして、敗北感と挫折感にまみれさせなければなりません。

Takagi

-------------------------------------------------------------------

ここまで書くと、皆さんは、高木が60代後半になっても、未だに左翼の現役であり続ける理由が解ったと思います。
が、なぜ、これほどまでに「反日」なのかは理解できないでしょう。

左翼というのは、現代を階級社会として捉えます。
そして、階級の対立を激化させることで社会を変革する、これが共産主義者です。
一方、階級の共存を認め、改良を積み重ねることで社会を変革する、これが社会民主主義者です。
今、主要国では、共産主義者の力が大きく衰退しています。
が、社民主義者は逆に大きな力を有しています。

欧州においては、今では「左翼」と言えば社民主義者のことを指します。
それだけ共産主義者の影響力がなくなったということです。
英国の労働党、フランスの社会党、ドイツの社民党など、いずれも政権を担う可能性のある位置にいます。
ただ、これら欧州の社民主義勢力は、日本の社民主義勢力とは大きく異なる点があります。
それは、外交においては国益第一主義であり、安全保障においては米国との同盟に積極的であるということです。

ところで、日本の左翼、常に中国や韓国に気を遣います。
中国や韓国に同調して、自国を貶めようとします。
米国との同盟にも否定的です。
なぜでしょうか?
それは、日本の左翼は欧州の左翼とは違うからです。

“血債の思想”という言葉があります。
あまり聞きなれない言葉だと思います。
が、この“血債の思想”こそ日本左翼の特徴であり、その異質さの根源なのです。

“血債の思想”とは日本の左翼に特有の、日本人は民族総体として韓国・朝鮮人や中国人、及び沖縄県民に“血の債務”を負っているという思想です。
左翼は本来、共産主義者であれ社民主義者であれ、現代を階級社会として捉えるものなのですが、日本においてだけは、階級より民族が前面に出てくるのです。
いわゆる“抑圧民族”と“被抑圧民族”です。
そこにおいては、搾取と抑圧にさらされている労働者階級であっても、加害者であり、差別者であり、抑圧者であるわけです。

日本は、朝鮮半島を植民地にし過酷な支配を行った、中国に侵略し残虐非道な行いをした、沖縄を唯一戦場にし自決を強制した、これらが“血の債務”なのです。
だから、従軍慰安婦に謝罪しろ、在樺コリアンに補償しろ、南京大虐殺を反省しろ、重慶大空襲に補償しろ、沖縄に自衛隊を派遣するな、米軍を沖縄から追い出せ、となるわけです。

従軍慰安婦、強制連行、創氏改名の強制、南京大虐殺、県民の自決強制、等々真偽の怪しいものばかりです。
が、左翼から見ると「疑いの余地なし!」「日本は反省し謝罪しろ!」となるのです。
これは、同和問題も似ていますね。
左翼が部落解放同盟(解同)に屈従した理由は、彼らの運動の暴力性にもありますが、それより被差別部落民以外はすべて差別者という解同の論理に反論できなかったからです。
“血債の思想”と同じです。
大人も子供も、男も女も、資本家も者も、被差別部落民以外は全員が差別者、こんな無茶苦茶な主張が大手を振ってまかり通る。
日本左翼の異常さを痛感します。

-------------------------------------------------------------------

高木健一は、日本左翼の典型です。
日本人は民族総体として韓国・朝鮮人や中国人、及び沖縄県民に“血の債務”を負っている、と考えています。
だから、ウソか本当かなんて関係ない、とにかく彼らの味方になって日本と日本人を攻撃しよう、となるわけです。

ただ、ここで注意してほしいのは、高木らがほんとうに韓国・朝鮮人や中国人の側に立っているのか?
という点です。
従軍慰安婦、強制連行、在樺コリアン、重慶空襲、これらにかかわる訴訟は、すべて高木ら日本人弁護士や左翼活動家が働きかけて起こしたものです。
別の見方をすれば、彼らは慰安婦や韓国・朝鮮人、そして中国人などを利用して反国家活動をしている、と解釈することもできます。
朴魯学夫婦が、この弁護団は在樺コリアンの帰還を求めるのではなく、日本を糾弾することのみが目的であった、と批判したことを見てもそれは分かります。

資本主義国家は悪だ、日本の歴史は血塗られている、独占資本が支配し、自らの歴史を反省しようとしない体制は打倒されなければならない!
そのためには、なんでも利用する。
幸いなことに日本人は、韓国・朝鮮や中国、あるいは東南アジアにひどいことをしたという洗脳を受けている。
それを前提にすれば、韓国・朝鮮人や中国人の“被害者”、インドネシア人の“慰安婦”などを前面に立てれば、体制に大きなダメージを与えることができる。
高木たちは、きっとそう考えているのです。
そして、自分たちの行為に高揚感を覚え、陶酔している。

まさに人道や人権に名を借りた“反体制運動”です。

「反日」人権派・カルト左翼を粉砕しよう!

あなたのクリックがこのブログの読者増やしてくれます。
↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

売国・親小沢のブログが上位を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリック!をお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 売国弁護士 高木健一の妄動 | トップページ | 橋下徹を断固として支持する! »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

外国人にも住民投票請求権!! 

自治基本条例 意見募集 
岩手県西和賀町と埼玉県白岡町の「外国人に
も住民投票請求権」に反対する要請を行いまし
ょう
3/11〆切

■募集要項です
詳細は【荒んでいく世界】3/11〆切 外国人に
も住民投票請求権!!~岩手県西和賀町
 埼玉県白岡町を参照下さい。

http://nippon-end.jugem.jp/?day=20110308

最近、反日売国勢力が外国人地方参政権法案
に代えて住民投票法案で外国人を含む住民に
投票権を付与する作戦を展開しています。 
県政、市町村議会から外国人の投票する権利
を拡大して外国人地方参政権付与法案を実現
する反日売国勢力の企みを阻止しましょう。
そのために岩手県西和賀町と埼玉県白岡町に
「外国人にも住民投票請求権」に反対する
要請を行いましょう

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


投稿: 愛信 | 2011/03/08 17:14

始めまして。
いつも拝読しております。

「血債の思想」という言葉を目にして、あの時代を思い出しました。
革共同中核派の諸君が、呼号していたマゾヒスティックな、言葉だったと。
他者に対して内在する「侵略性」を糾弾し、運動への参加を強要していたことを思い出します。
いつも他人を責める。基本的なパターンでした。

多少なりとも良心の痛みを感じ、追い詰められて運動に参加した人間もいました。しかし、大方は、つぶれていきました。その後、政治を語ることもなくなりました。

未だ、アジり続ける人間は、よほど安全な所に身をおいているか、単なる無自覚で傲慢な存在なのでしょう。

かつて、学生にアジりまくった教授がいました。彼は、その後、某県の知事になり、無能ながらも権力の味を謳歌していました。
こんな「左翼」が多すぎる。
そして、その一派が、政権へも食い込んでいる。

「粉砕」(懐かしい言葉です。)するしかない。

ちょっと過激な言い回しでしたが、彼らの卑怯さが許せず、こう申し上げました。
気持ちだけでも酌んでいただけたら幸いです。

投稿: Epiktetos.2 | 2011/03/08 17:17

はじめまして。いつも御苦労さまです。見てるだけでしたがコメントさせていただきます
目を覆いたくなるような売国奴ぶりですね…。彼らの執念には怒りやあきれを通り越して尊敬すら感じられますよ。青春時代の敗北がよほど悔しかったんでしょうか…。
70年の安保闘争時の学生あたりおおよそ現在は55~70歳の人たちですね。そろそろ下の世代も定年退職ですけど完全に政財界から少なくとも現場にはいなくなるには早くとも15年~20年ぐらいかかりそうですね…それまで持ちこたえられるといいんですが…
私は学生なのですがその頃になれば35~45歳ぐらい。ゆとり教育やらで上の世代には煮え湯を大量に飲まされてますが私たちの世代には物心ついたぐらいからネットという武器があります。せめて下の世代には煮え湯を飲ませないよう全力で守っていきたいと思ってます。反日左翼の毒は僕ら孫の世代までで充分です。ひ孫玄孫の世代には受け継がせません

投稿: | 2011/03/08 17:22

 高木なる悪徳弁護士は、アメリカに巣食う弁護士と同様、死肉の臭いを嗅ぎつけ、金儲けを企む事件屋に過ぎないのですが、この唾棄すべき人物とほぼ同様な種類の輩が、今現在政権を握っていることをもう少し危機感を持って見る必要があるのではないでしょうか。

 この種の弁護士が、TPP発動によって今後わんさか入国してくるから、近いうちに、日本もアメリカのような些細なことでも問題視する訴訟社会になることは必至だと杞憂しています。

投稿: yakozen | 2011/03/08 18:20

大変、勉強になりました。

他のブログに紹介したと思います。許可をお願いします。

投稿: けん | 2011/03/08 18:43

「けん」さん

いつもコメントありがとうございます。

どうぞ、拡散してください。
むしろ希望します。

投稿: 坂 眞 | 2011/03/08 19:05

前原誠司辞任記念 民主党は三国人の政党です。
下記の動画、ご存知「真実ゆう子」さんが作成
されたものです。
余りに面白かったのでご紹介します。
それから、ただただ、西田議員への激励、よろ
しくお願いします!!
参議院議員 西田昌司先生ホームページ
http://www.showyou.jp/

http://www.youtube.com/watch?v=N6BEGCqRNNc&nofeather=True
(動画)
詳細は【アリエスの雑記帳(キ印良品)】
朝鮮人民党 ジャスコ岡田はとっとと死ね!
をカッチとね

http://ariesgirl.exblog.jp/d2011-03-07/

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/08 19:07

>左翼が部落解放同盟(解同)に屈従した理由は
日本共産党という左翼政党は、解同と仲がいいの?

投稿: 左翼というのは変態だ | 2011/03/08 19:25

血債の思想ですか。うーんなるほど。勉強になります。

>そのためには、なんでも利用する。

左翼の目的がだんだんわかってきました。

投稿: ニア | 2011/03/08 21:20

日本の左翼=特定亜細亜派でしょう。
団塊±5年のジェネレーションはそういう基地外が集中している
ような気がします。
民主党と一緒に根絶やしにできるように出来ることから粛々と
やり続けようと思います。

投稿: 諭吉 | 2011/03/08 21:54

なるほど。「血の債務」ですか。私にとっては新しい視点です。彼らが何故、親中親韓なのかの一端が理解出来ました。有難うございます。

それにしても疑問なのは、「血の債務」もまた反体制運動のツールとして計画的に造り出された物に過ぎないのかと謂う点ですね。そのへんは如何なのでしょうか。

投稿: K | 2011/03/08 22:38

たとえば欧米などでは、フェミニズムやゲイ・リベレーション、その他マイノリティ運動、といった「左派勢力の協力を得て世論に訴えかける運動」が日本ではあまり盛り上がらないのもこのためだと思います。女性や同性愛者とて、祖国には愛情があるし、自分は日本人であるとの強固なアイデンティティを持っているわけで、「保守派」な人々から自分たちについてのいろいろと違和感のある言説を聞かされたとしても、その誤解を解くために、「反日の踏み絵を踏み、売国奴という悪魔の十字架を背負う活動を行う」に等しい活動をしている人たちと血の契約を結びたい、と思う者は、まぁよっぽどの野心がない限り、いないだろうなと思います。

投稿: ゲイです | 2011/03/08 22:53

サヨクも共産主義も宗教だとはずっと思ってました。
本人達は科学的真理だと考えてようですが。だから日本人でありながら異端である日本人が困っても嬉しいんだと思います。

投稿: | 2011/03/08 23:41

第177回国会参議院予算委員会2011年3月8日 (火)
山谷えり子(自由民主党)山林と水、国防問題、尖閣問題
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3626&mode=LIBRARY&pars=0.34440722075906316

第177回国会参議院予算委員会2011年3月7日 (月)
松あきら(公明党)子宮頸がん断種ワクチン接種を強要
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=3614&mode=LIBRARY&pars=0.6465968707936723

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/03/09 00:37

何時も詳しい解説に感謝して居ります。
学生運動が盛んな頃は、思想を知らない高校生でした。
そのまま自衛隊に入りました。
学生運動の内容を教えて頂き、あの頃の大学生は、現在の学生と
違い大変大人に見えました、
本当に勉強に成ります。

投稿: サブマリーナ | 2011/03/09 00:45

はじめまして。いつも大変勉強になる記事ありがとうございます。
私は、高木弁護士のような左翼の根本には、「立派な人間だと認めてもらいたい」ということがあると思います。
通常の人は、自分や祖国の過ちは認めたくないものです。中国人などは、嘘をついてでも正当化しようとします。しかし日本人の価値観からは、あえて自らの過ちを認めることは、潔い立派な行為だと賞賛されたりします。
左翼の人たちは、日本を貶めることによって、「通常の人なら誤魔化そうとする日本の恥部を進んでさらけ出し謝罪した、勇気ある立派な人間である」と思い込み、自分で自分に酔っているのではないかと思います。
ですから、彼らにとっては金銭的に利益を得るかどうかは関係なく、むしろ、利益にならないほうが、誇らしく思うのではないでしょうか。
また彼らにとっては「日本は悪い。自分はそのことを進んで明らかにした」ということが重要であり、真実がどこにあるかもあまり関係ないように思われます。
普通の人からは理解されないことが多くても、そのことがかえって彼らのエリート意識をくすぐる部分もあると思います。東大卒などのインテリが左翼思想に染まるのも、理解できるような気がします。

投稿: まこと | 2011/03/09 01:44

世界から好かれている国。

投稿者: 町工場の親方 投稿日時: 2010-11-3 10:36:14

10月30日の土曜日の夜、東京神田のビルの貸し会議室の小さな部屋で行われた、三橋貴明氏の、著書、「4万2246票」、の発刊に際しての講演会に参加しました。
話の内容は、三橋氏の著書同様、明快で分かりやすいものでした。
三橋氏が挑戦した、7月の参院選についていろいろと面白い話を聞かせてもらいました。政治には全くの門外漢だった三橋氏だけに、今まで全然知らなかった、「政治」、のことがいろいろとわかったと話されていました。
再度挑戦する意志がおありのようで、次回は日本の国のために、是非とも当選していただきたいと切に願っています。

「4万2246票」、はまだ一部しか読んでいませんが、読んで印象に残った部分。

第一章、動機

〔マスコミは、「日本嫌い」?〕、より。

日本のマスコミが、「危機感を煽る」、センセーショナルな報道を好む理由だが、各用語の定義をまともにしていないほかに、もう一つあるように思える。マスコミに登場するキャスターや評論家、あるいは記者やディレクターなど、メディア業界で働く人々は、「自分たちの国が嫌い」、なのではないかと思うのだ。

例えば、イギリスの放送局BBCは、毎年3月に、「世界に良い影響を与えている国、悪い影響を与えている国」、について大々的なアンケートを行い、調査結果を発表する。この調査において、日本は毎年、「世界に良い影響を与えている国」、上位に入っているのだ。06から08年にかけ連続3年で首位。09年が4位。10年が3位である。

この事実について、ご存知の読者はいるだろうか。マスコミ報道を見る限り、日本は、

「世界の国から嫌われ、孤立している」、かのような印象を覚えるが、現実は逆なのである。・・・

史上、最低、最悪の官房長官、憎日・極左、仙谷由人、が仙谷を批判している、「産経」、「週刊新潮」、に対して、逆恨みし、告訴とかなんとかヌカしているようです。

8年前に書いた、文章より。

「築地の怒り、私の怒り」ーーー平成14.10.22.
《朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板》、より。

経験的、実感。
>アジア各国の国民が次第に恨みを募らせ、今でも日本に脅威を抱いているのはなぜでしょうか。ーーー朝日新聞の記事より。
井沢元彦、小林よしのり 「朝日新聞の正義」 より、引用いたします。
ーーー.   井沢:あと、朝日はアジアで日本が嫌われているというのが大好きだよね。94年11月20日付朝刊の社説で、外務省の調査によると、マレーシアの4割を筆頭に、フィリピン、シンガポール、インドネシアが3割、タイでも2割近くが「戦争中の日本の行為を忘れることができない」ト答え、しかもこのうち3ケ国で前回調査より増えた、と書いている。 これは間違っているわけではないんですが、この調査資料を手に入れて見ると、「忘れることができない」が前回より減っている国もあるんですよ。インドネシアは29%だけどマイナス7%、タイも18%だけどマイナス11%、でもこの数字は載せない。データの意図的な使い方というか、自分達の主張に合う数字だけを選び出して、日本はアジアぜんぶから嫌われているという情報操作をしている。これは朝日がよく使う手口です。

小林:数字があると、つい客観的データかと思ってしまうけど、実はあらかじめ用意した結論に合わせて操作してるのね。

井沢:これ朝日の常套手段なんです。---

小林:情報から結論が導き出されるんじゃなくて、最初にある結論に合わせてるわけだ、順番が逆というか、デタラメだよね、新聞記事の作り方としてはーーー

サラリーマン時代.七年間、日本政府の国際協力の仕事に携わり、ASEAN諸国を主体に十数回海外出張し、また発展途上国、(ASEAN、アジア、オセアニア、中南米、中近東、アフリカ)、から日本へ来た人達と交流を持った私の経験からして、全般的に見て彼等が日本を嫌っていると到底考えられません。「築地」、が言うような、日本に対して底意地の悪い、悪意や、恨みを持った人間にはついぞ合ったことがありません。 人間、腹の底にそういう気持ちがあると、何かの拍子にそれは態度に出てきます。 フィリヒ゜ン、タイ、インドネシア、その他の国で接した人たちから、そのようなことを感じたことはありませんでした。

中国や韓国のように、国ぐるみで反日、憎日の初等教育をしていないからと思われます。それぞれに社会、宗教、風習等、異なっていても、根本的には、人間対人間の、共通する感情の交流、共感があり、つたない英語によるコミュニケーションでも、お互い同士の気持ちを伝え合うできました。

日本が中国、韓国以外の国の、一般国民から嫌われ、恨まれているというのは全く正しくなく、日本の若い人達を卑屈にし、毒すること、実に甚だしいものと 、強い怒りを感じます。

世界を見渡して、反日感情の最も強い反日、憎日の団体は、日本の、「朝日」、と言えます。

投稿: 町工場の親方 | 2011/03/09 02:47

確かに日本のサヨクは日本人としての自覚が無く
日本というか日本の体制を憎んでいる所が有る
しかし、それは国民に対する反逆であるのですが
自分たちに大義名分が無い事にも気がつかない
愚かしい連中で有ります(ー_ーメ)

只、この手の輩は米国にも居ると言われている
ので、そこんところは研究の余地は有るでしょう。

リベラルと言われる者も国益を軽視する様な
所も有るようですし。

勿論、コミュニストは粉砕されるべきです!!

投稿: abusan | 2011/03/09 07:42

写真をみれば分別のありそうなおっさんではありませんか。東大をでて弁護士になり、数冊の著作まである人物と聞けば普通の人はそれだけで信用してしまうと思います。しかし実態は、国家の転覆をねらう社会主義者であり、自分の専門知識を利用して狡猾にふるまう活動家でもあるというのですから、始末におえません。東大には昔から反体制を標榜する教授が多くいたことは聞いたことがあります。高木健一もそういう教授から教育を受け、社会主義に傾倒していったのでしょう。

>慰安婦や韓国・朝鮮人、そして中国人などを利用して反国家活動をしている、と解釈することもできます。

なるほど、単に金儲けのためにやっているのではなく、政治的な意図があってこういう活動を行っているのはわかりました。しかし、こんな危険人物が大手をふってまかりとおる日本という国はなんと甘い国なのでしょうか。西欧諸国なら反体制の危険人物としてマークされ厳しい取り調べを受け、反国家的行為をはたらいたかどで逮捕されるのではないでしょうか。

思想の自由が保障されているとはいえ、反国家的な行為がここまで黙認されているのはちょっと異常なことであるように思います。一般的に、日本人は思想犯に対して甘すぎます。明らかな反体制活動家には、もう少し厳しく対処してもいいのではないでしょうか。

検察も政治家の細かいあらさがしばかりしていないで、こういう反体制活動家の違法性をつきとめ立件すれば失地回復の足がかりになると思いますが、いかがでしょうか。

投稿: クロ | 2011/03/09 08:19

> 坂様、

中学生の私にとっては安保闘争は、TVで見る別世界の出来事でした。
 また、大学生になった時は浅間山荘事件の後でもあり、学生運動は全学連以下、殆どの派は消えてしまい活動家は社会人になった後でした。

今回の説明で、左翼崩れの方々のメンタリティーが外面的ではありますが、少し理解できました。

で、お願いなのですが、今度は副島氏他の所謂、政治陰謀論者の分析をご教示いただければと。

注:ユダヤやフリーメーソンの陰謀論者は分析にも値しないので、除いて下さい。

投稿: ムフフ | 2011/03/09 09:56

第177回国会審議中継
3月9日10:00~
参議院予算委員会審議中継を見ています

http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=718&mode=LIVE&un=7e939631890df44c91678a2821d5206c&ch=n&pars=0.25182707225195977

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

投稿: 愛信 | 2011/03/09 09:58

大村秀章愛知県知事に金沢要求こと金要求さんから違法献金

http://tokumei10.blogspot.com/2011/03/blog-post_768.html?m=1
大村秀章愛知県知事は完全にアウトです。
さようなら。(爆w
河村たかし@減税日本なみだ目wwwwwwwww

【関連情報】大村秀章が参加していた議員連盟と仲間達
【パチンコと言えば、愛知県知事 大村秀章】
【パチンコチェーンストア協会】
【人権擁護法案推進派】
【議員連盟の掲示板】で検索条件[大村秀章]
で検索して下さい。

売国反日政党民主党が埋蔵金やガソリン税廃止
や有りもしない話で国民を騙して政権交代し
た。 結果は公共事業を大幅に減らして仕事を
奪い、税収を超える借金45兆円の赤字国債を
発行する。 
「減税日本」が住民税減税などの話で国民を騙
して政権を奪った売国反日政党民主党と同類の
詐欺の手口に気を付けよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

投稿: 愛信 | 2011/03/09 12:51

こんにちは

私の親兄弟に言わせると現在日本の弁護士や教師の大多数がカルト左翼思想ばかりらしいです…

本当に嘆かわしい…気持ち悪い…情けない…

しかし洗脳て恐ろしいですねー

私の6歳の娘が、パパー、私ねー、大きくなったら池〇大〇先生のような偉い人のお嫁さんになるの! なりたい?、じゃなくて、なるの!

嫁が創価カルト信者と知ってて結婚したんですが少々対応に困って… 苦しんでいます(苦笑)
(>_<)

投稿: ソラニン | 2011/03/09 13:04

拝啓
こんにちは。
先日はどうもありがとうございました。shinzeiです。どうして弁護士と言い、教師と言い、破壊的な左翼が多いのでしょうか?貴方様の説かれる「血債の思想」は、私にそのような疑問を解かせてくれました。また、今日手に入れた『民主党政権はどうして愚かなのか』(辻貴之、扶桑社新書091)では、左翼の思考形式やそれが民主党の〝ヘンな〟政策にどうつながっているのかが分かりますので是非ご一読をお勧めします。ではまたためになるブログをご期待申し上げます。
敬具

投稿: shinzei | 2011/03/09 16:04

一つ疑問があります。
抑圧者と被抑圧者の構図で反日サヨクを語れるとしたら、
連中がチベットやウイグルなど現在進行形の
国家による抑圧行為を無視するのはなぜでしょうか?
チベットやウイグルを支援しても
カネにならないからですかね。

投稿: やす | 2011/03/09 16:08

やすさん
答えは簡単です。

>チベットやウイグルなど現在進行形の国家による抑圧行為

は、「反日」とは関係ないから関心がないのです。
チベットやウイグルを問題視するのは、「反中」行為であり“血債の思想”に馴染まないのです。
欧米の左翼は中共を非難しますが、日本のカルト左翼の関心は“日本を攻撃する”こと以外眼中にない。
だから、北朝鮮でさえ擁護するのです。

投稿: 坂 眞 | 2011/03/09 17:44

日本の左翼がワープアなど本当の弱者に冷淡な理由が何となくわかりました。

彼らにとってワープアも抑圧民族の一つに過ぎないのか。むしろ抑圧民族はもっと苦しめと。

投稿: ラスムセン | 2011/03/11 13:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/51065712

この記事へのトラックバック一覧です: “血債の思想”と歪な日本左翼:

» 自由貿易の重要性はますます増している [ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思ふ]
Tweet tppをめぐる議論や自由貿易をめぐる議論が盛んだ。また、円高や中国などの新興国の台頭もあり貿易をめぐる議論も盛んである。前から言われていることではあるが、中間財の貿易額が世界の貿易額の中で格段に割合が増えているという。 この論文に... [続きを読む]

受信: 2011/03/09 07:58

» 前原さんの辞任に伴う問題 [普通のおっさんの溜め息]
前原さんの辞任に関連して色々な問題が起きているようです。 ・献金者が実際に外国人であることを確認できるか  前回、前原さんは野党から追求される可能性がある大臣に就任する前に政治の世界で言う「身体検査」をしておくべきだったと書きました。  その後の報道によ...... [続きを読む]

受信: 2011/03/09 13:13

» 左翼反戦運動家の正体 Part2 [風林火山]
前回のエントリーに引きづつき、反戦運動家の実態とその背景が詳しく述べられいる箇所を紹介したい。 [続きを読む]

受信: 2011/03/13 17:02

» 血債思想 [文句言いのたわごと]
やはり「入国禁止」にしたくなる話 以下転載 [続きを読む]

受信: 2013/02/03 09:54

« 売国弁護士 高木健一の妄動 | トップページ | 橋下徹を断固として支持する! »