« 超巨大な走る凶器 中国高速鉄道のCRH「和諧号」 | トップページ | 現代のナチス・中共との妥協は戦争への道。 »

2011/06/25

よど号ハイジャック犯 柴田泰弘氏 孤独死

よど号ハイジャック事件の犯行メンバーだった柴田泰弘氏(58)が大阪市内の自宅で死亡していた。
明らかになったのは今月24日のことだ。
大阪府警などによると、連絡が取れないのを不審に思った知人が管理人に安否確認を依頼。
23日午後8時ごろ、管理人と警察官が大阪市浪速区のマンションの自室に入ったところ、死亡しているのを見つけた。
死後数日が経過し、死因は病死とみられる。

柴田氏は1969年(昭和44年)11月、共産同(ブント)赤軍派が首相官邸襲撃を計画して軍事訓練を行った大菩薩峠事件に高校1年生で参加。
その後、1970年(昭和45年)3月には日航機「よど号」を乗っ取り、北朝鮮に渡った。
この時、犯行グループでは最年少の16歳だった。
1977年5月4日に八尾恵さんと北朝鮮で結婚、娘2人をもうける。

1985年春に、よど号グループ最高幹部の田宮高麿から革命のために日本で人と金を集める命令を受けて極秘帰国。
他人になりすまして潜伏活動をしていたが、1988年5月6日、北朝鮮の工作員を追っていた兵庫県警外事課によって偽造旅券の疑いで逮捕された。
その後、強盗致傷、国外移送略取罪等で起訴され、1990年12月20日に東京地裁で懲役5年を言い渡される。
上訴をするも1993年11月に懲役5年が確定、刑務所に収監された。

未決拘置期間が長かったため、翌1994年7月21日に出所。
その後は、大阪・日本橋でパソコンショップなどを経営した時期もあったが、1990年代後半には八尾さんと離婚。
次女が2004年1月に、長女が2006年6月に日本に帰国したが、近年では支援者や元グループ仲間のみならず家族とも離れ、一人暮らしをしていた。
2010年(平成22年)3月、産経新聞の取材に対して「もう(運動は)やりません。疲れちゃってるんで」と語っている。

Shibata                         逮捕された後の柴田泰弘氏

皆さんは、柴田氏が高校1年生で過激派の運動に参加したことに驚きを感じるかもしれない。
が、1969年当時は高校も学園紛争の嵐に見舞われており、高校生の活動家は珍しくなかった。
特に激しかったのが東京で、都立日比谷高や青山高、新宿高などでは全校バリケード封鎖が実行され、最後は機動隊が導入された。
関西でも過激派に参加する高校生は数多く、その中でも柴田氏が在学していた神戸市立須磨高校は過激派(ブント)の拠点として有名で、1969年9月には正門がバリケード封鎖された。

関西は元々共産同(ブント)の強いところで、京大、同志社、大阪市大、桃山学院大などがブントの拠点だった。
柴田氏も高校生ながらブントの一員であり、赤軍派がブントから分派した後は、同派に移行した。
私は、このときブントに残ったわけだが、関西のブントは赤軍派とそのシンパが多数派で、柴田氏が赤軍派に参加したことに私は特に驚かない。
ちなみに高校赤軍は約70名いた。

それにしても歳月の流れを強く感じる。
革命の希望に燃えた高校生が、最後は家族とも交流を断ち、マンションの一室で孤独死。
病気で働いていなかったようだから、生活保護を受けていたのかもしれない。
「もう(運動は)やりません。疲れちゃってるんで」
まだ58歳、私より2学年も下なのに人生に疲れ果てている。
自分の過去に対する罪の意識、人生に対する喪失感、精神的支えがないことからくる不安感、これらが錯綜して自ら孤独死を選択したのだろう。

自業自得とは言え、よど号メンバーの末路は哀れである。
田宮高麿(リーダー・大阪市大):1995年11月30日、平壌で不審死。享年52。
岡本武(京大):行方不明。強制収容所に送られた可能性大。
吉田金太郎(日立造船):行方不明。強制収容所に送られた可能性大。
田中義三(明治大):カンボジアで偽ドル作りに関わり拘束されて日本に移送。2003年6月に懲役12年が確定。2007年1月1日に癌で病死。享年58。
柴田泰弘(須磨高校):1988年5月6日、国内で逮捕。懲役5年の有罪判決を受け服役。出獄後、2011年6月に孤独死。享年58。

以下が、未だ生存中のメンバー。
赤木志郎(大阪市大):北朝鮮在住。国際手配中。
若林盛亮(同志社大):北朝鮮在住。国際手配中。
魚本公博(旧姓安部・関西大):北朝鮮在住。国際手配中。
小西隆裕(東大医学部):北朝鮮在住。国際手配中。
この者たちも末路は暗い。

なお、テルアビブ空港乱射事件を起こした日本赤軍のメンバー岡本公三(鹿児島大)は、岡本武の弟。

私が赤軍派に参加しなかったのは、武装蜂起(革命戦争)にリアリティを感じなかったこと、
ゲバ棒は持てても、銃を持てるとは思わなかったこと、
私たちの世界と一般社会の間に存在する乖離に、心のどこかで疑問を抱いていたこと、
などが原因だと思う。

「ゲバ棒と火焔瓶」と「銃と爆弾」の間には、容易に超えられない高い壁がある。
それを「現状は革命的高揚から革命情勢への過渡期に突入している」として、いとも簡単に飛び越えてしまった赤軍派の主張を私は受け付けることができなかった。
今、思い返せば、当時、共産主義革命が起こりえると思うこと自体が時代錯誤だったが、赤軍派の思想はそれさえも超越した、まさにマンガだったと思う。

柴田泰弘氏が過去との縁を断ち、孤独死を選択した気持ちがなんとなく解る気がする。

あなたのクリックがこのブログの読者増やしてくれます。
↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

売国・親小沢のブログが上位を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリック!をお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 超巨大な走る凶器 中国高速鉄道のCRH「和諧号」 | トップページ | 現代のナチス・中共との妥協は戦争への道。 »

個人」カテゴリの記事

コメント

本人の心象風景は想像するしかないが、
寂しい孤独死とは、ちょっと違う気がする。
それにしても、左翼には、これだけの犯罪を
犯しても、それなりの支援者とか支援グループというのがあるんですね。
ホームレスの心配もしなくてよさそうです。
趣旨からは逸れますが、強制収容所に送られた可能性大とそれ以外の者を分けたものは
何だったのか興味があります。

投稿: 読者 | 2011/06/25 17:59

韓国の新国籍法と改正軍法の本当の意味
http://www.best-data-navi.com/2011/05/blog-post_2764.html

【関連情報】【在日朝鮮人関連記事あれこれ】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cszncs.cgi
二重国籍推進議員一覧
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj8.cgi#4月5日_23時04分33秒
請願名「複国籍の容認に関する請願」の情報
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1771083.htm
請願名「成人の重国籍容認に関する請願」の情報
ttp://www.shugiin.go.jp/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1770046.htm
複国籍の容認に関する請願
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/177/yousi/yo1770584.htm
新国籍法と改正軍法

1億2000万日本民族は一致団結して在日朝鮮人に関
する複国籍容認に関する法案の成立を断固阻止しよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/06/25 18:18

んー、各報道ざっと見ますと読売新聞が元受刑者と表現してる以外は氏、さんの敬称付なんですよね。
敬称付には違和感を禁じえないのが正直な感想です。

日本で死ねたなんて北朝鮮の拉致被害者に比べればなんと無責任な幸せを享受したんだろうという怒りを覚えます。

左翼全般に言えることですが反日反国家主義無政府主義革命家でもなんでも最終的に日本国の寛容と温情の元生きてる方が多い事なんですよ。

ハラを決めて半島で一生を終えるか日本の法廷で裁かれるのをよしとせず公判を前に自決でもするようならまだ見るべきところがあるかもしれませんが関係者が皆揃って無様で甘えに溢れた生き様を晒されていることが本当に腹立たしく許せないのですよ。

投稿: はなみず | 2011/06/26 02:10

>超巨大な走る凶器

10年以上前に、「朝日新聞を叩き潰す掲示板」、に書いた
《「築地」、の親分の国の実体》、という題を思い出しました。

もう25年ほど前になりますが、電電公社から日本の代表的通信機製造メーカーに行った人が話してくれたこと。

「中国相手に商売しても、儲けるのは向こうです、二台ほど、『試作品』、を作ってくれ、て言われ、こちらは全力で最新の技術により、最高のものを作って納めます。すると、先方は、「こことここは、何とか改善できないか」、と注文をつけてきます。そこでこちらは一生懸命改善に努め、製品を納めます。これを何回か繰り返して納めるとそれで終わりです。

発展途上国に製品を納める場合、試作品が納まったら、その仕様に基づいた製品を何千台と買ってもらえるので、開発費用がペイするわけです。
中国は他国の技術の結晶をタダ同様に得て、後は自分のところで作るわけです。まつたく商売になりません」

この手を食った、日本の企業は数え切れないくらいあります。
もしまとまった数量を売ろうとしたら、共産党幹部に、相応の謝礼、「賄賂」、をしなければならないでしょう。

中国、(支那・中共)、というのはそういう道徳レベルの相手ですから、それをよく承知で付き合う以外ありません。

それにしても、日本の、「朝日新聞」、=人民日報・築地出張所、と、私が呼ぶ代物はつくづく酷い奴だと痛感します。


中国は日本の新幹線を奪ったーーー 古森義久

中国が日本の新幹線の技術や製品を明らかな知的所有権違反の方法で取得して完成させた高速鉄道車両をアメリカで特許申請するそうです。

なんとか猛々しいとは、まさにこのことでしょう。

それにしても驚嘆すべきは中国の厚かましさと同時に、日本側の関係者の愚かさでしょう。にせものの「対中友好」そして媚中の危険がここでまた立証されました。

私が北京に駐在した10ほど前には日本側の官民で「中国に新幹線を輸出して、日中友好を!」という声がしきりにあがっていました。日本のODAまで動員して、中国に日本の新幹線一式をあくまで「日本製」として輸入してもらおうという掛け声でした。

しかしいまとなっては、中国側は日本の技術だけをいいところ取りして、「中国製」にしてしまおうという計算だったことが明白です。・・・

投稿: 町工場の親方 | 2011/06/26 09:16

関門海峡の護衛艦衝突事故
http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/6256/8272

【関連情報】
この航路から韓国コンテナ船が故意にぶつけたことは明白。
イージス艦「あたご」と同様な判決、「くらま」の無罪判決
を望む。
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-540.html
【コンテナ船、大きく急旋回=「追い越しとは考えられない」】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_9.cgi#10月29日_20時18分20秒

次々と暴露される自公政権の海上自衛隊を貶める捏造事故事件

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。


投稿: 愛信 | 2011/06/26 12:51

卑劣!復興支援で政治資金稼ぎ・民主党の大島九州男参院議員(比例区)
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4290.html

【関連情報】あの菅さんのドッキリ発言
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj13.cgi#5月23日_15時23分46秒

国民の税金をくすねる民主党政権では、世界の皆が
贈った義捐金を横取りするのも、復興支援金をくすねる
のも、あの小沢一郎の政治資金管理団体陸山会の
経理処理と同様に疚しい事は何一つ無い事に成って
しまうのだろう。 
こんな者に日本の財政、政治は任せて置けない。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/06/26 14:29

>強制収容所に送られた可能性大とそれ以外の者を分けたものは何だったのか興味があります。

脱北者の手記を多く読んだのですが、実は北朝鮮は極度の身分社会なのですよね。一番高位の者は金日成の血筋に近い金一族で、次が北朝鮮労働党員、その下に技術者がきて、その下が工場労働者やホワイトカラー、その下に農民がきます。最下層は反動層とか敵対層とか呼ばれている日本占領中の旧資本家やその子孫がきます。この身分格差は「成分」と呼ばれていて、更に50ぐらいに細かく分けられている。金賢姫は外交官の娘なのでトップクラスの「成分」にあり、美貌と才能のほかに、この「良い成分」があってスパイ教育を受けられたわけです。

吉田金太郎が強制収容所に送られたという事実は確認できませんが、突然、「よど号犯村」から消えて本人と連絡ができなくなったということは、やはり、強制収容所に送られたのでしょう。秘密警察は夜中に突然、家にやってきて本人の身柄をかっさらっていくそうですから。多分、吉田金太郎の家は代々、神戸でコメの仲買のような仕事をしていたので「資本家一族」の烙印を押されたのでしょう。帰国事業で北朝鮮に渡った在日朝鮮人の多くが、「資本家」「敵対層」の烙印を押されて強制収容所送りになっています。

強制収容所は飢餓と暴力が支配する「この世の地獄」だといいますから、吉田金太郎は餓死か暴行死をしているでしょうね。ひどい話です。

投稿: 平野国臣 | 2011/09/06 19:40

それから、平壌の「よど号村」に今も在住している赤城・魚本・若林・小西の4人ですが、まだ日本に帰れないのですね。確か、去年の今頃、九州の坊さんが日朝両政府に掛け合ってくれていて、年内の帰国の見通しが立ったと週刊誌に述べていたと思いますが、やはり、坊さんががんばっているだけで、それ以上の話しがつかなかったものと見えます。この4人は裁判と刑がいやだから日本に帰らないと言っているのではなくて、その逆に、裁判と刑を受けても日本に帰りたい、と繰り返し述べているわけですよ。

つくづく、「愛情の反対は憎しみではなくて無関心」という言葉の正しさを感じます。「国際手配中」なら「犯人を引き渡せ」という引渡し要求があっても良さそうですが、日本政府がそのような要求をしたという話しは聞きません。要するに、拉致被害者とは異なり、彼らの帰国は外交のテーブルにすら載っていないということ。日本政府にとって、この4人は「国際手配中」とはいいながら、実際は「打ち捨て」なのですよね。拉致被害者なら、生存が確認され居場所が分かっているなら放っておけないが、こいつらは、どうとでもなりやがれ、ということ。北朝鮮政府にとっては、日本と本気で国交回復をやるつもりなら、この4人を日本政府の満足のいく形で国外追放するでしょうけど、その気はないから平壌で飼い殺しにしている。

「飼い殺し」も実はおかしくて、彼らを「よど号村」に留め置くことは維持費がかかるはずだから、国外追放のほうがカネがかからない。そうすると、日本に帰ってへんなことをしゃべられては困る、ということかもしれません。例えば、有本恵子さんの拉致の真相とか日本の警察でしゃべられたら、またしても将軍様の黒い臓物がドバっと出てくるとか。拉致事件は「一部の者の暴走」であって、将軍様自身は拉致に関係がないことになっているわけですから。最悪の場合、彼らは日本人拉致事件の真相を知っていて、それを隠す意図で保衛部に殺されるかもしれませんね。殺しておいて、交通事故とか心臓麻痺とか発表しておけばいい、みたいなお国柄ですから。

投稿: 平野国臣 | 2011/09/07 00:38

>他人になりすまして潜伏活動をしていたが

この「他人」が拉致被害者の石岡さんという人なのですね。
柴田は石岡さんのパスポートを偽造して所持、日本に入国した。当然、どういう人物が彼に接触してくるかは、公安警察の関心事のはずだから、刑を終えて出所しても、行動のいちいちは見張られていたでしょうね。

日本人拉致のことも北朝鮮の内情も、知っていることはきちんとゲロしてから死んで欲しかった。

投稿: 平野国臣 | 2011/09/10 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/52033794

この記事へのトラックバック一覧です: よど号ハイジャック犯 柴田泰弘氏 孤独死:

» 自虐史観でない教科書を [風林火山]
敗戦後66年、戦勝国連合(英米露等)および特亜3国による、先勝国に都合の良い捏造された歴史(日本は侵略国家であったという嘘)を、日本人は学校で教えられ続けた。 [続きを読む]

受信: 2011/06/25 22:31

» 日高町への「原発設置を拒んだ」戦い、日高町の中町長 原発あらためてノー [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 日高町の中善夫町長は21日の議会一般質問で町内に依然くすぶる原発問題について、あらためて建設反対の姿勢を明確にするとともに計画進展は不可能との見通しを示した。 中善夫町長  福島原発の事故に伴い、西岡佳奈子議員が原発に対する考え方を質問。中町長は「私の公…... [続きを読む]

受信: 2011/06/26 07:32

» 頑張れ自民党!!! [普通のおっさんの溜め息]
 震災復興の司令塔役となる復興相は松本防災相の起用が固まったと読売新聞が伝えています。  大幅な内閣改造を通じて復興相を決めるよう菅首相に進言していた国民新党の亀井代表は、松本氏の起用を首相から伝えられて「松本って、誰だ!」。と不快感を隠さなかった。そ...... [続きを読む]

受信: 2011/06/26 12:03

« 超巨大な走る凶器 中国高速鉄道のCRH「和諧号」 | トップページ | 現代のナチス・中共との妥協は戦争への道。 »