« 「感動した。菅どうした」 民主党執行部の困惑と怒り | トップページ | 菅の資金管理団体 過激派に巨額寄付 即刻辞任せよ! »

2011/07/01

笛吹けど踊らず 危機に瀕する創建90周年を迎える中共

さすがに最近は中国に媚びる政治家が目立たなくなった。
国民の8割近く(77.8%)が「中国に親しみを感じない」と答える現状では、これも当然だろう。
が、それでも中国(中共)の脅威を伝えるメディアは相変わらず少ない。
中国がGDPで我が国を抜き、世界第2位になったことを取り上げ、まるで「21世紀は中国の世紀」と錯覚してしまいそうな報道の方が多い。
これに踊らされて、「日本は中国に負けた」かのごとき主張をするブロガーさえいる。
が、こういう人たちは中国の現実を見ていない、と言うより、あえて見ないふりをしている、と言わざるを得ない。

China_yoron                    2010年10月 内閣府調査

------------------------------------------------------------------

中共率いる今の中国は侵略国家であり、中共(中国共産党)は現代のナチスなのだ。
この国と中共体制が維持されているのは経済成長に尽きる。
“高度成長”、これが中共の唯一の正統性である。
が、高度成長を維持するためには、それに必要な資源と、その裏付けとなる領土が必要だ。
だから今の中国は侵略国家にならざるを得ないのだ。

共産主義者は、「帝国主義国家は、その体制的内部矛盾を侵略戦争に転化せざるを得ない」と主張する。
「この主張は正しい」と、かつて共産主義者だった私は思う。
まさに今、中共は、その体制的内部矛盾を侵略戦争に転化しようとしている。

読売新聞の7月1日付け社説は次のように書いている。

(抜粋)

農民や都市住民らは、強制的な土地収用や役人の横暴、汚職に反発して、連日、暴動や集団抗議を起こしている。その数は年間18万件を超えたとの試算もある。

貧富の格差拡大に象徴される社会の不平等に対する国民の不満は限界に達している。

治安維持の国家予算が今年初めて国防費を上回った事実を見ても社会不安の深刻さが分かる。

党・政府に異議を唱える知識人たちを相次いで拘束し、自宅軟禁するなど、当局の人権軽視は、はなはだしい。

チベット、ウイグルなどの少数民族と、漢族との対立も続いている。最近はモンゴル族による暴動が発生した。開発一辺倒の少数民族政策の限界を示すものだ。

赤字は筆者)

治安維持の国家予算が今年初めて国防費を上回った事実―いかに中共体制が危機に直面しているかが解る。
共産党官僚の腐敗と堕落、公安(警察)の横暴、絶望的なまでの格差、これが中共体制を脅かしているのだ。
だから彼らは侵略に走り、「愛国主義」=「偏狭な民族主義」を鼓舞する。
経済の高度成長と、それに伴なう深刻な体制的内部矛盾が中国を侵略に突き進ませる、まさに共産主義者の指摘どおりである。
共産主義を目指した国家の現状がこれである。

何という皮肉であろうか!

------------------------------------------------------------------

下の図を見てほしい。

South_china

ほぼ南シナ海全域が中国の領海である。
ベトナム、フィリピン、マレーシア各国の沿岸近くまでが中国領。
これでは紛争が起きるのは当たり前である。

Eez_2

我が国の国益に直結する東シナ海も同様である。
沖縄トラフが境界線、つまり中国の主張する領海は、南西諸島(琉球列島)の直近にまで迫っているのだ。
そして、日本が主張する境界線=中間線のあたりで既に多数のガス田を開発している。

------------------------------------------------------------------

今、中国では共産党創建90周年を迎え、革命歌曲、革命映画、革命史跡めぐりが国を挙げて奨励されている。
その中核が、一説に4000万人以上の自国民を殺害したとされる毛沢東である。

今年7月1日に共産党創建90周年を迎える中国では、過去の社会主義文化を復活させる「紅色文化キャンペーン」がピークを迎えている。テレビは相次いで革命歌曲関連の番組を流し、学校、職場、地域単位で革命歌曲のコンテストが行われている。最近北京で開かれたあるイベントでは、中央政府の閣僚クラスの幹部100人が革命歌曲を合唱した。

沈黙することに慣れた中国の知識人も黙っていられないようだ。いくらなんでも文化革命や毛沢東主義を再び持ち出すのはどうかとの意見だ。ベテラン経済学者の茅于軾氏はブログで「文化大革命は階級闘争の名を借りた毛沢東の権力闘争にすぎない。それによって3000万人以上の罪のない人が命を落とした」と紅色文化キャンペーンを厳しく批判し、大きな反響を呼んだ。テレビの歴史番組で有名な歴史学者の易中天氏も、そうした批判に同調した。

中国当局は、国民の郷愁を呼び起こすために、革命歌曲キャンペーンを展開したわけではなかろう。「抗日」「革命」の旗印の下で団結し、自らを犠牲にするという革命歌曲の動機や目的が、高度成長の後遺症で次第に深まる社会的対立を緩和する上で役立つという政治的計算も隠れている。

しかし、中国当局が革命歌曲キャンペーンに熱中するこの瞬間にも、生活苦や地方官僚の腐敗に不満を持つ者の激しいデモが各地で相次いでいる。現在の中国に必要なのは、苦しみをしばらく忘れさせる宣伝という「鎮痛剤」ではなく、病因を根本的に治療できる改革という「治療剤」だ。

(抜粋)

【コラム】中国で批判される革命歌曲 (朝鮮日報)

「文化大革命は階級闘争の名を借りた毛沢東の権力闘争にすぎない。それによって3000万人以上の罪のない人が命を落とした」と紅色文化キャンペーンを厳しく批判―
知識人はその本質を見抜いているのだ。

Mao2_3毛沢東が発動した文化大革命がモチーフの歌や踊りをウエートレスや飛び入りの客らが披露する舞台を目当てに客が集まる重慶市内のレストラン。

------------------------------------------------------------------

【北京・工藤哲】中国共産党創建90周年の記念日(7月1日)を前に、中国で公開されたばかりの映画「建党偉業」の内容に不満の声が出ている。国民の愛党精神を高めようとする中国当局の狙いに国民は必ずしも同調していないようだ。

映画は、近代化の出発点となった辛亥革命(1911年)から党が創建された21年までの10年間に焦点を当て、孫文や袁世凱、毛沢東などの指導者や庶民の姿を描いている。アンディ・ラウやワン・リーホンら中華系スター約100人を連ねる豪華キャストでも話題を呼んだ。中国建国60周年を記念して09年に公開された「建国大業」と同じ韓三平、黄建新の両監督が手がけている。

中国各地の駅やバス停でポスターが掲げられ、テレビでも再三宣伝されるなど、中国当局は普及に躍起だ。しかし15日の公開直後から空席が目立つ映画館が出る一方、インターネット上では「(俳優が多すぎて)場面の更新が早い」という製作上の不満や「もし(映画に出てくるような)革命精神を学んだなら腐敗した政府にはならなかったはずだ」「現在は(市民の抗議活動を許すほどの)寛容な社会環境は絶対ない」などと現体制への皮肉も書き込まれている。

一方、中国国営新華社通信は19日、先週インターネット上で最も注目を集めたキーワードが「建党偉業」だったと伝え、市民の関心の高さや優れた内容ぶりを引き続き強調している。

中国:共産党90周年映画が不評 豪華キャストでも空席 (毎日新聞)

「もし(映画に出てくるような)革命精神を学んだなら腐敗した政府にはならなかったはずだ」
一般国民も中共体制の本質を見抜いている。

------------------------------------------------------------------

4000万人以上を殺害したとされる毛沢東に未だに頼らざるを得ない中共体制とは一体なんだろう?
この体制の未来は暗い!

Maosihei            人類史上最大の虐殺者・毛沢東は未だに人民元の顔

体制的内部矛盾を克服できない国家は100%崩壊してきた、時間の長短は別として。
果たして中共体制は内部矛盾を止揚できるのか?
侵略か崩壊か?
中国から目が離せない!

今の中国は、絶対に友好国たりえない。

現代のナチス・中共を弾劾せよ!

あなたのクリックがこのブログの読者増やしてくれます。
↓応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

売国・親小沢のブログが上位を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリック!をお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 「感動した。菅どうした」 民主党執行部の困惑と怒り | トップページ | 菅の資金管理団体 過激派に巨額寄付 即刻辞任せよ! »

中国崩壊シリーズ」カテゴリの記事

コメント

(速報)コクサッキーウイルスA6型(CA6)による手足口病の流行―島根県
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/pr3773.html

第23週には東部地区で警報レベルの5.0以上の報告
患者数となり、西部でも患者の増加が認められる
(図)。
http://idsc.nih.go.jp/iasr/rapid/graph/pf37731.gif

【新型ウイルスの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi
【新型ウイルスタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/07/02 00:14

>さすがに最近は中国に媚びる政治家が目立たなくなった。
とはいえ、現・政権与党の中心人物たちはみんな中国に夢中です。
習近平が来た時に「中国の将来のリーダーがおいでになるのだから
全国民で歓迎すべきだ」と言った鳩山由紀夫。
中国に常に気色の悪い敬語を忘れない仙谷由人。
「尖閣ビデオを公開しません」という密書を細野に持たせた菅直人。
そしてもう党の中心人物ではありませんが、こともあろうに天皇陛下のご予定を
習近平のために曲げた「600人詣で」の小沢一郎。

ダライ・ラマや李登輝が来日するときには、不自然なまでに報道を控える
日本のサヨクマスコミは言うにおよばずです。
彼らはその本質から言って、中国抜きには存在し得ません。
自身のアイデンティティの一部を「中国」という存在に託しているからです。
だからこそ、内実はどうであれ「GDPで"日本を抜いて"世界第二位になった!」
ということが、彼らには嬉しく、まるで自分の勝利のように大報道したわけです。
「見ろ!」と彼らは叫んでいます。
「見ろ!我々が崇拝し続けた共産主義国家中国の大躍進を!
 そして我々が応援し、育てあげた民主党は日本の政府与党となった!
 革命成る!我々の勝利だ!」
しかし中国の内圧は日増しに高まり、民主党政権はいまや危機に直面しています。
この国に巣食う最悪の「とっちゃん坊や」達に鉄槌を下す時は近づいています。
中共体制を許さないということは、
中共体制を是とする日本国内のサヨクを許さないということです。
そしてそれは、現民主党体制を許さないということと、同じことだと思います。

投稿: 鳩槃荼 | 2011/07/02 03:10

あの文化大革命とは何だったのか。
当時、日本国内でも「造反有理」を掲げた学生の闘争があった。私自身も、革命の深化の過程と思ったことがあった。
しかし、
よくよく、考えれば、大衆のルサンチマンを煽って政敵を倒す権力闘争でしかなかった。
自らの不明を恥じる。
文革を賞賛した、日本国内の「マスコミ、識者」は、自己批判することもなく、沈黙を保っている。
この体質は、戦前から今も変わらない。

何より、中国国内は、「昔のまま」。
今も政治手法は変わらない。
こんな政治体制が続く筈はない。

投稿: Ethos | 2011/07/02 05:32

中国 最も危険な官職―“610弁公室”
http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jap/polity/2011-07-01/485213668123.html
(動画付き)

【関連情報】
【在日朝鮮人】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/cszncs.cgi
【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
民主党政権では自衛隊を「暴力装置」と見做して平成
21年8月、陸海空3自衛隊の情報保全隊を統合し、
大臣直轄部隊として編成した。
 原発爆発の対策では法令に定められていない組織を
作り強大な権限を持たせたりしている。
 国会や皇居に近い麻布の公有地1500坪を支那の
大使館へ売却したり、日本各地に存在するプロ市民革
命活動組織の勢力拡大を計るなど等、支那の民衆弾圧
組織610弁公室を連想させる一連の動きに注目して
警戒しよう。

【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj2.cgi
【民主党政権では、日本が滅びますの掲示板タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


ps:
支那の経済成長なとと云う事は反日マスコミの
捏造報道。
加減を知らない支那は通貨人民元を輪転機で際
限なく印刷している。 これがアメリカの圧力
で元高に追いやられている居る為にGDPが激
増して日本のDGPを越えた額に膨張している。 支那には経済政策がないので通貨を回収する考えがない。
その根拠として、支那は未だに日本に開発途上国支援金(ODA)を要求している。

投稿: 愛信 | 2011/07/02 11:20

re:中国 最も危険な官職―“610弁公室”
ps:
福島原発第1 作業員1295人所在不明

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110701/dst11070113030003-n1.htm
福島第一原発爆発はプロ市民革命家テロリストの犯行である。

投稿: 愛信 | 2011/07/02 11:49

中国共産党はナチス以上に残虐だと思います。
まず、犠牲者の数ですが、中国共産党による被害者はナチスのユダヤ人虐殺に比べれば屁にもなりません。

そして、周辺諸国への侵略、現在も続く住民への圧力、恐怖、人間を人間とも思わぬ政治、腐敗、どの角度から見ても、これほど残虐な国は世界一ではないでしょうか。

問題は、それでも中国共産党擁護に余念がない、日本のマスコミ連中ですね。
真実にオブラードで包んで、報道するものだから、いまだに中国賛美している知識人、政治家がいます。

自国民を6000万人~7000万人をも虐殺している毛沢東率いる中国共産党を賛美している中国国民って、世界の目からみたら“アホ”としか映りません。
そして、それでも中国詣りに余念がない小沢一郎率いる訪中団も、日本国民から見たら“アホ”としか映りません。

そういえば、「仕分け事業」を「文化大革命」と賛美していた仙谷爺さんがいましたね。いまや民主党の「キングメーカー」といわれているそうではありませんか。

投稿: ちゃお | 2011/07/02 12:40

日本国民の不幸
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2011/07/post-7809.html

【関連情報】
「市民の党」の実態
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2011/04/post-7837.html

売国系国会議員が在日朝鮮人から政治献金を受け取っ
ていたので驚いたが、何と北朝鮮関連政治団体に
5000万円を超える献金をしていた。 
たとえ法律の網を掻い潜って行なった売国行為に何一つ
疚しいことは無いなどと嘯く売国奴を許す日本人は居ない。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/07/02 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/52092868

この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹けど踊らず 危機に瀕する創建90周年を迎える中共:

» 【原発問題】 「ただちにというものではない」 福島の子供10人の尿から放射性物質で、高木文科相 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
また「ただちに健康問題ない…」のフレーズ 高木文科相、子供の尿から放射性物質検出で   福島市の子供10人の尿から微量の放射性物質が検出された問題で、高木義明文部科学相は1日の閣議後の記者会見で、70歳までの内部被ばく線量は最大8・9マイクロシーベルト…... [続きを読む]

受信: 2011/07/02 07:24

« 「感動した。菅どうした」 民主党執行部の困惑と怒り | トップページ | 菅の資金管理団体 過激派に巨額寄付 即刻辞任せよ! »