« カダフィの死に思う そして毛沢東は… | トップページ | Occupy Wall Streetに共感を覚える。くたばれ茶会運動! »

2011/11/06

TPP(米国)には反対するのに中国の不公正を見逃す連中

TPP交渉参加問題、
もう勝負あった、という感じ。

下の画像を見てくれ。
川内博史、小林興起、三宅 雪子…
こんな連中が先頭に立つようじゃなぁ~

Tppdemo

「日本農業を守れ!」と言う連中のオツムが理解できない。
いくら守っても日本農業は衰退の一途ですよ、このままでは。
どうして「日本農業を強化せよ!」にならないのか不思議。
農協の解体なくして日本農業の再生はない!ですよ。

デフレが進む?
デフレの元凶は中国だろうに。
開発費もロイヤルティもゼロ、つまりパクリだから安く売れるよな。
おまけに中国は為替操作をやってる。

真の脅威は中国じゃないのか?
米国の脅威を強調する暇があったら現代のナチスとも言うべき中国をもっと非難しろ!
と言いたいな。
米国がらみになると、条件反射で「米国の陰謀」
もう爆笑もんだ。

国家資金を背景にわがもの顔の中国国営企業。
英エコノミスト紙は人民元を「レッドバック」(赤いドル)と評したが、このままでは円は人民元にやられる。
間違いない。
不公正で不透明な中国が、「WTO協定上の市場経済国」としての認定を求める動きを活発化させている。
こちらの方がよほど怖い。

債務危機に揺れるEUは、中国の金融支援を期待して「市場経済国」に認定する動きを見せている。
そればかりではない。
対中武器禁輸措置を解除することも検討している。
これに明確に反対しているのが米国である。

米国の脅威を強調する連中には、より差し迫った中国の脅威・危険性に目を向けるよう警告したい。

ちなみに、私は今のところ「TPPに反対!」である。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« カダフィの死に思う そして毛沢東は… | トップページ | Occupy Wall Streetに共感を覚える。くたばれ茶会運動! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

TPP参加は賛成だがこんな円高で自由競争にして勝てる訳がない。外国人出稼ぎ者が大挙して押し寄せてくる。早急に円を大量に刷って円安誘導すべきだ。

投稿: archer | 2011/11/06 20:36

天皇陛下が気管支炎でご入院へ
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111106/imp11110619330002-n1.htm
【御皇室関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj7.cgi
【御皇室関係のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/11/06 20:58

先生も今では国民皆保険や移民の問題が杞憂でないことをご存じのはずです。今は日本を守ることが一番です。中国・米国双方に問題があることはわかりますが、日本は2者択一しかないのですか?

http://www.jacom.or.jp/tokusyu/2011/tokusyu110624-13962.php

http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-1230.html

↑ 読むとこれでは国家戦略室がTPPにメリットがないと認めているようです。日本政府ひいては日本人が悲惨なことになるのがわかります。これからはTPPの反社会性を訴え、是々非々で反論して政府の行動に変更を迫る統一国民運動が必要と思います。

投稿: 123 | 2011/11/06 21:12

中国の脅威を訴えることは大切ですけど、日本は独立国なんだから自国の主権が脅かされるなら同盟国であっても批判することは当然です。
TPPに反対の論陣を張ってる人たちは、右、左、中道、イデオロギーに関係なく存在してるわけですから、日本の農業を強くするために農協の改革を訴えてる人たちもたくさん存在する。
今の緊急課題はTPPなわけですから、TPP問題に力を注ぐのは当然の話ではないですか。
なのにアメリカを批判するなら中国を批判しろってのは、まるでアメリカの奴隷の言葉です。

投稿: | 2011/11/06 21:43

まったくですね。もう今回のことで右が信用できなくなりました。彼らはただのアメリカアレルギーでしょう。核アレルギーと同じ感じですね。日本の敵はどう見ても中国ですが、敗戦ショックの抜けない右派には、中国よりアメリカの方が怖いんでしょう。

投稿: 同 | 2011/11/06 21:50

 管理人様、記事の更新ありがとうございます。
 
 デモに関しては左翼グループには、基本となる反米アレルギーがあると思いますが、一般人から保守グループ層はTPPとやらの危険性の指摘と、国民無視で行う、野田首相の性急なTPP参加表明に驚いて行動している面が強いと思います。左翼の挨拶や奇妙なシュプレヒコールを聞いて不快になり、デモから帰った人も居てブログに書いていました。
 
 米国もドライな国で、自分の利益優先を行う普通の国家です。見え見えの毛ばりであるTPPを日本に投げるくらいはやりますが、すぐにルアーに食らいつく頭の悪い魚のように、愚かにも表明の意思を示した日本に対して、むしろ驚いているでしょう。こんなものに参加する日本の政権政党が馬鹿も馬鹿、大馬鹿なのです。

 私自身も反米というより、消費税UPを外国に約束して国民を恫喝するような、姑息な手法を行う民主党へ反対の立場です。ちなみに官房長官は、消費税が増税になると見越して、来年度の予算は消費増税分を財源に織り込んで編成作業を進めているそうです。自民党が同様なことをやったら新聞やテレビは、なんて報道するでしょうか。

 さて中国の行動の「したたか」さと危なさは、戦争への道を誘います。ネットでは、現代中国と、かっての清国末期の行動が似てきていると言われはじめています。当時も清国の日本への侮蔑と軽視は酷かったようです。彼らは隙あらば「小日本」と侮辱する尖閣諸島も我が土地にしたいでしょう。特に、国を牛耳ることに成功した犯罪組織のような民主党が政権にいる間に。

 中国人のある大学教授が言ったそうです。「南極のペンギンと日本人はよく似ている。外敵が少なかったせいか騙されて、いとも簡単に殺される」と。今後韓国・中国で取った単位が日本でも認められ、日本の東京大学や一橋大学などの大学、大学院には韓国、中国の学生が多く留学しに来ることになりました。我々日本人の収めた税金は、日本人の教育ではなく、ますます反日思想を持った韓国、中国の若者の学費に使われます。いったい何のための国立大学なのでしょう。アカ教師や左翼官僚の努力が実ったわけです。大相撲の凋落ぶりが国内の有力大学でも起こります。このように民衆の抗議デモなどいくら行っても無価値です。国の根幹が腐っているからです。

 野田政権、戦争には絶対踏み込めないでしょう。中国の軍事恫喝に対して、我々は一歩一歩確実に負け続けるわけです。いつまで国の形を保てるか、わからなくなってきました。

投稿: 普通の国民 | 2011/11/06 23:43

>米国の脅威を強調する暇があったら現代のナチスとも言うべき中国をもっと非難しろ

「暇があったら」は少し行き過ぎた表現だとは思いますが、中国の脅威が薄れることは危険だという趣旨には賛同します。
(余談ですが、北朝鮮の脅威もですよね)

現在のようにアメリカ批判一辺倒の状況ではいろいろと入ってくるでしょうからね、元から反米的な人たちが。
もちろんそれは国内の人たちだけとは限らないでしょう。

TPPは経済の問題ですが、それを批判するあまり全体のパワーバランスを忘れてしまうようでは、それこそ亡国になりかね無いと思います。

投稿: すぷー | 2011/11/06 23:47

TPPは、落ち目のアメリカが。せめて傘下の地域経済ブロックを確保しようと云う意図が見え見えですが、TPPを拒否したからと云ってアメリカの要求が弱まることはないでしょうし、むしろ、より一層の円高を仕掛けられるのが落ちでしょう。
 アメリカを捨てて中国の経済圏に入るというなら、TPPを拒否するのも一理ありますが、展望もなくアメリカの要求を拒否すれば、中米両国から往復でパンチを食らうのが目に見えており、八方美人の野田政権としても、普天間に続きTPPでもアメリカを袖に振る度胸は無いので、受けざるを得ないと云うことでしょう。

 反対している連中の顔ぶれを見ると、ウンザリするような奴らばかりで、呆れました。
TPPが反米を見分けるリトマス試験紙になるとは思ってもいませんでした。
 農業は、農地改革でただ同然で土地を取得した後、租税は安く、保育所なども公共サービスも極めて優遇され、補助金は貰えるわと至れり尽くせりの過保護を受けてきた分野。
 少しは目を冷ましてやった方が本人等のためと思います。
 

投稿: merlin | 2011/11/07 01:49

 デフレの原因は中国だけではないですよ。
 日本にも、デフレなのに構造改革や規制緩和を推進した馬鹿首相もいたのですから。これらはともにインフレ対策。デフレ期にやればデフレが悪化し、失業率が増大して国民所得が減るのは当たり前です。ただ、(日本国民にとっては不運なことに)やたら運が良くて、海外がバブルだったために表面化しませんでしたが。
 また、「日本農業を守れ!」でTPP反対でもいいのではないですか。「日本農業を強化せよ!」と両立しないわけではないし、ポイントはそこではなくとも反対派は一人でも多い方がいいのですから。それとも、今のところ「TPPに反対!」は、ただのポーズで、農協諸悪の根源説やTPP=中郷包囲網なんて戯言を信じているのでしょうか?

投稿: BKD殲滅 | 2011/11/07 07:23

どんな国民でも、他国の植民地になるのは
嫌だと思うけど、今回のTPPは、アメリカの
日本植民地化政策で、農業だけではなくて、
日本の制度を アメリカの都合のよいように
変えてしまおうっていう、経済的に追い詰められた
アメリカの日本、韓国を餌食にする為のもの
なので、反対しているのです。 中国から
同じ事をやられたら、もちろん、反対しますよ。
野田がアホだから、餌食にされるのが 緊急の
問題だたら、立ち上がっているのです。

投稿: ラベンダー | 2011/11/07 08:22

ご主旨に賛成です。

1)農業を保護する目的での反対は間違っています。ウルガイラウンドで日本の米を守った挙げ句の果てに日本農業は大きく衰退してしまいました。

2)アメリカの陰謀説は、先日仰っていたようにナンセンスです。TPPを通して日本を支配しても、アメリカには一文の得にもなりませんし、そうしようとすればTPPなど必要ありません。

3)ただし、アメリカは強大なロビー活動で政治が動く国であり、国策がどうであれ、民間は自己中心で政府を動かします。かつての自動車数量規制や、マスキー法、スーパー301法などで無数の実例があります。

4)中国には国際ルールは通用しません。彼らは世界が中国に合わせるべきだと固く信じており、かつての列強による支配の屈辱を忘れていません。力を示すために今まで時を過ごしていたわけで、世界がそれを見誤っています。またご指摘の通り、EUは自分が助かるためには悪魔とも取り引きします。サルコジの姿勢などその典型でしょう。

5)アメリカの自己中は確かに腹立たしいけれど、中国を野放しにし膝を屈するわけには行きません。TPPが日本に不利だとしても、アメリカと同調する以外の選択肢はないでしょう。いわば国家の安全保障に関わることです。

したがって、私は6:4で加盟賛成です。ただし、今の政府にまともな交渉力がないために馬鹿な結果になりかねず、それが4割の反対の理由の大部分です。

投稿: たかおじさん | 2011/11/07 11:25

日本はTPPやりませんよ。
自民党も慎重ですし。
野田総理だけでは無理でしょう。

・・・という以前に、テレビをご覧下さい。

トンイとか、イサンとか、チュノとか、クンチョゴワンとか、ソンギュンガンとか、そんな番組ばかりでしょ?

どこに、ベトナムやマレーシアやシンガポールの事を紹介した番組があるのですか?
これらの国々は、TPP交渉参加国ですよ?

「アジア太平洋地域に開かれた日本・・・!」ハァ?元々開く気全く無いじゃないですか?w
韓国に対してだけは、終始大股開きですけどね。

以上は半分冗談ですけれど、与野党内に反対派が多過ぎるので、結局日本は参加しないと思います。

投稿: 日本はTPPやりません。 | 2011/11/07 12:45

お邪魔いたします。
左右それぞれで「アメリカ陰謀説」的なことを言っている人はいるようですが、反対派の中核的な(と思われる)人たちは、「陰謀とかいう話ではなく、政治力学」といった説明をしています。彼らは中国を脅威に思っていないわけではないです。が、TPPはあまりにもものすごすぎるので、優先せざるを得ない、ということだと思います。
私はこの街宣とデモに参加しましたが、反米思想ではなく、中国への脅威のほうを強く感じています。
民主党議員や突然無関係な原発の話をしだした弁士には、罵声に近い声があがっていました。参加者はイデオロギーに関係なく、TPPで日本の主権が侵害され(ISD条項等)、日本社会や国民生活や自国の伝統が破壊される危険と対峙するために集まっていた人が多数いました。
「農協などの既得権益にしがみついている連中」、あるいは「反米アレルギー」などと矮小化して考えるのは、賛成派&マスコミによる印象操作の影響ではないでしょうか?
そういう人もいるのは確かですが、少なくても私は「そういう勢力を利用してでもTPPは阻止しなければならない」と考えてデモに参加しました。(演説や先導者には違和感ありまくりでしたが)

中野剛志氏、東谷暁氏、三橋貴明氏、廣宮孝信氏などの反対派の人たちのどの辺が「反米」あるいは「既得権益の利得者」なのでしょうか?
もしお暇があれば、この辺の本などをお読みいただき、反対派の主張にも耳を傾けたうえでの論考を伺いたいです。
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%EF%BC%B4%EF%BC%B0%EF%BC%B0%E9%96%8B%E5%9B%BD%E8%AB%96%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%BD-%E5%B9%B3%E6%88%90%E3%81%AE%E9%BB%92%E8%88%B9%E3%81%AF%E6%B3%A5%E8%88%9F%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F-%E6%9D%B1%E8%B0%B7-%E6%9A%81/dp/4864100802
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/

投稿: sano | 2011/11/07 14:25

第179回国会審議中継
11月7日9:30~
東日本大震災復興特別委員会審議中継を見ています
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=1227&mode=LIBRARY&un=98adbec282e0f7ffb321a91d95220be6&ch=n&pars=0.5513173608088748
11月7日12:00~
本会議(衆)審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41421&media_type=wb&lang=j&spkid=&time=
11月7日14:00~
予算委員会(衆)審議中継を見ていますhttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=41422&live=yes&media_type=wb

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2011/11/07 14:29

教育ローンを組んで、大学は出たものの、就職出来ず、借金だけが残り、その返還さえままならない・・。失業すると、すぐさまホームレス生活に直行・・。アメリカの実情は、日本よりさらに切羽詰っているみたいで・・。格差もあり過ぎ・・。ほんと、世の中は、どうなっていくんだろう・・。

投稿: しずっぺ | 2011/11/07 14:37

> 坂様、

相変わらず「米国陰謀論」を唱える方々がアチコチで跋扈しているようで、残念です。

同様に中国の不公正取引も非常識ではありますが、日本政府がそれを追求して、日本国民にその実態を知らせて注意を促すことをしないのが問題だと考えます。

国際条約を締結する際に、自国に有利なように条項を入れる、或いは自国企業の利益が図れるように条件を押し付け交渉するのが当たり前であり、陰謀でもなんでもありません。 但し、「自国利益の為」と公言するようなマヌケな政府はひとつも無く(日本も?)、世界経済活性化の為とかもっともらしい理屈を付けるのが常套手段です。

それを額面通りに受け取って、陰で陰謀を画策していると非難するのは、あまりにもナイーブでしょう。

私は基本的には、「TPP参加は賛成」論者ですが、今のミンス政府や官僚のていたらくを見ますと、坂様と同様に「絶対に反対!」と主張します。...日本の国益を確保できないまま参加しそう!

但し、兼業農家の過剰保護政策には反対で、農産物の自由化は別途、進めるべきものと考えます。

投稿: ムフフ | 2011/11/07 16:22

画像の件、全く同感です。
会社の中でも多く経験した事です。云う事はいいんだが実行が伴わず、結局は失敗し環境の所為にします。むつかしい判断をする時は誰が言っているのかが判断の基準になる事があります。
昔の軍隊の情報判断に、自分で直接得たものを確度甲とし、信頼出来る人間の情報を確度乙、一般的情報を確度丙とすると書いてありましたが、上記の画像は確度マイナスの乙の3乗でありますので、その一件でTPPには賛成した方がいいかと存じます。

投稿: newton | 2011/11/07 16:56

日本円も人民元も通過表記は¥だった気がしますが気のせいでしょうか。
TPPだけでなくTPPで目立たなくなっている支那に警戒して当然ですね。

投稿: 次郎 | 2011/11/07 18:52

農家どもは保護されすぎだ~、なんて仰る方々は
農業を営んだことでもあるんですか?

農家がそれほどおいしい職業であるなら
自分たちだってとっくに飛びついてるはずですよねw
(私は現役農家だ、というかたにはごめんなさい)

あと皆保険のときもそうだったけど、「農協を
解体すれば農業が強くなる」の件はやっぱり説明が
欲しいね。そもそも、強い農業ってどういうことか
よく意味が分からんけどw

こんな書き込みしてると「お前も陰謀論者か!」
なんて指摘を受けそうだけど、できるだけ中庸な
視点での論評よろしく(爆)

投稿: 馬骨 | 2011/11/07 22:47

いつぞやに横田めくみさんの御両親が渡米しオバマ大統領に拉致被害者救出への協力要請をした事がありました。
しかしあれは事実上の陳情だったと思いますね。
それも当然の事で我が国日本は北朝鮮拉致被害に関して無力だからです。
普通なら自国民の他国の脅威からの保護は自国に陳情する。
ところが日本政府に拉致被害に関して陳情しても全くの無駄なのです。
それが何より証拠には発生から三十有余に渡って未だに解決を見ていない。
イスラエルなんざ自国民の拉致はウガンダで、ひと月以内に奪還作戦でもって解決したってのに。
対策らしい対策と言えば禁輸措置を渋々取ってるだけで、他にも色々試すというような試行錯誤ってのものがないし、だから腰が引けているのが見え見えで、しかもその僅かな対策でさえ「飴とムチでムチだけではしょうがない。」と取り止めようとする日本の政治家も居るという始末。
そもそもが拉致被害というのは何よりも日本の政治家が北朝鮮利権のために握り潰して一度は見捨てた案件であり、再発覚後も「金を出してお願いして返してもらう他ない。」などと政治放棄(政治というものは価値観の追求であり、かかる発言は価値観の放棄)の発言が政治家から出るという体たらくで、拉致被害に関して日本の政治は「ダメだこりゃ」の連続であって、拉致被害解決は北朝鮮に断固たる態度を取れる米国に望みを託す他はない、となるのは理の当然であると思います。
事ほど左様に日本の政治には外交戦略が皆無です。
「米国の陰謀」という話が出るとき、不思議と「日本の陰謀」という話は全く出て来ません。
米国には陰謀があるが日本には陰謀が無いかのような事になってる。
陰謀皆無の日本はいつもいつも米国の陰謀にしてやられている、というストーリーになってる。
「陰謀」を「国家戦略」と読み変えれば「米国の陰謀」論者は、米国を批判してるように見えて、実は日本の政治に失望している人達なんじゃないか、と思えてきます。

投稿: ブルー | 2011/11/07 23:21

http://www.citizenstrade.org/ctc/blog/2011/09/12/photos-from-the-chicago-week-of-action-on-trans-pacific-trade/
アメリカが熱心なTPPと思えば
この画像どう受け取ればいいのでしょう?

投稿: みるる | 2011/11/08 06:07

> みるる殿、

適切な情報の提示、ありがとうございます。

まぁ、色々と毀誉褒貶は有ります田村耕太郎氏ですが、日経BOとダイヤモンドOnlineにて「米国ではTPPはマイナーな政策」とか「米国でのTPP反対派」とかを紹介しております。

もちろん、gigazine.net/news の反TPPに関する記事程度は読んでいますが、ミンス政府が国民に対する愚かな陰謀?を企んだおかげで、必要以上にホットな issue となってしまった観が有ります。

もし、TPPが陰謀であると主張するなら、日本ではなくて中国でしょう。

中国の為替を始めとする現行諸制度や一党独裁を守るマスメディアコントロールからは、逆立ちしてもTPPには参加できませんし、無視していると中華経済圏の形成どころかアジア経済圏が米国の主導になってしまい、中国の封じ込めに至ってしまうと。

→ 極東アジアから東南アジアやインド圏にかけた安全保障体制が固まり、中国が行使できるパワーは積み上げた外貨だけになってしまうと。(常任理事国の拒否権も有りますが)

ですから、「米国が日本の諸制度を壊して造り変え様としている」とか唱えるのは大きな間違いで、本当の問題はグローバル企業(米国企業に限らず)が、TPPを各国の経済から最大の利益を搾り取ろうとしている事です。

で、もちろん獲得した利益はその国への再投資になるとは限らず、あまつさえ税金さえも利益をタックスヘイブンの国々へ移動して支払わない。

ですから、米国を始め各国の勤労者(農業従事者を含め)が職場を失う事を恐れ、公的社会保障制度の劣化・自己負担増を恐れ、反対の声を上げているかと。

その中で、ミンス政府が日本国に有利な方向で交渉し、国益を確保できる意欲と能力が有るならTPPに賛成するのですが、今のままですと米国企業と一部の日本企業のみを利するだけに止まらず、安全保障の観点(食料、エネルギーや軍事転用技術)からも後退を招きかねないと。

ですから、米国陰謀説を強く否定した上で、TPP反対を再度、唱えるものです。

投稿: ムフフ | 2011/11/08 15:53

> 馬骨 殿、

私は農家では有りませんが、農家どもは保護され過ぎと思ってます。

で、貴殿が農家が「おいしい職業」って書かれる所を見ますと、現実の農家をあまりご存知ないのではと推測します。それでは、マクロの国策としての農業政策の問題とミクロの農家存続の問題とのコンフリクションを理解するのは難しいかと思うのですが、如何でしょうか。

私は地方の給与所得者ですが、本家が農家で職場には兼業農家の方々が多数おります。(僅かですが父が農地を持っています)

敢えて言わせていただくなら、農家が職業と云う表現に当てはまる方々は、極々僅かでしょう。大多数が「家業」でそれ程多くないのが「事業」と。

兼業農家の方々が一番に考えるのは、たとえ多少の持ち出しが有っても土地は維持して相続して行きたいと。もちろん、公共事業等に当ったら出来るだけ高値で売りたいと。都市の近郊であれば、手の掛からない作物を植えて、納税額を抑えて時々切り売りして楽して暮らしたいなと。その為には農協の援助や交渉力は欠かせない。

事業として農業を営んでいる方は、農協から高い肥料や農薬を買う事も無く、販路も自前で確保している人が多いように聞きます。農協は邪魔ですが、規模拡大の為の農地取得や宅地転換に際して農業委員会を敵に回せないので、農協とは敵対しないと。

中小の事業を営んでいる方々なら分かります様に、誰でも事業家としてやって行ける訳ではありませんし、水商売と同じように山あり谷ありです。近くにいる人は、おいしい職業と思って飛びつくようなものではないと直ぐに分かりますので、後継者にと名乗りを上げる若者が少ないのは当然です。

農協は上記のような農家からの手数料や彼らが預ける資金の運用益でい多くの職員を養っていると。もちろん、農家を相手に荒稼ぎしているヤン○ーやイ○キの様な農業機械メーカーや農薬を買い付ける化学メーカーともガッチリ手を組んでいますし。

さて、家業の存続および農地の相続の為に利用されている各種補助金という実態を見ても...この為、大規模化が進まない...農家が保護され過ぎというのは当っていないと自信を持って言えるのでしょうか?

投稿: ムフフ | 2011/11/08 16:43

ムフフさん、レスどうもです。
農業関係者が身近にいないので
確かに農業のことには疎いですねw

ただ、農協が消えたところで職にあぶれた人たちが
志望者として押しかける様な状況ができるわけでも
ないのに、叩くだけでは再生も何もあったもでは
ないでしょう。改革を語りたいのなら、農協解体の
後の具体案も挙げてみてほしいですね。

尤も、坂さんが農業再生に関連する記事を書く気を
少しも持ってなければ、上記の要望は余計なお世話
でしかないので先に謝罪しとくわ(爆)

投稿: 馬骨 | 2011/11/08 22:55

関岡英之のwikiを読んで納得。
平沼赳夫、城内実、小林興起ら郵政民営化造反組と一緒になって「アメリカの年次要望書」を問題にしています。
極左の森田実も彼らに同調。

しかし、田原総一郎氏の『政治の正体』には、「年次要望書」なるものは日本からもアメリカに出しているそうです。そして、アメリカの要望書をうまく利用したのが小沢一郎らだそうです。つまり「公共事業」です。

関岡、東谷、平沼、城内などは「保守」であってもけっして右ではない。左翼だということです。
今日のNHKのニュースに、日本共産党の志位和夫、社民党の福島みずほ、国民新党のマルクスボーイ:亀井静香と共に、自民党の大島氏がTPP反対集会で結集しているのをみて、「保守」は「左翼」だということを再認識した次第です。

「近衛内閣」をみても、近衛自身がマルクスボーイで、そのブレーンはみな社会主義者(左翼)ばかり。

さらには近衛のブレーンで、コミンテルンの工作員:尾崎秀実が日中戦争を泥沼化させる工作に加担していたのですが、現在の自称保守の人たちの言動をみていると、なんだか昭和初期に似ているような気がいたします。
「愛国心」を振り回して、国民を煽動したのはほからぬ「左翼」だったのですが、「TPP反対」の大合唱も愛国心と反米がセットになっていて、おもしろいほど似ています。

投稿: ちゃお | 2011/11/08 23:36

> 坂様、恐れ入りますが、差し替えをお願いできませんでしょうか。
-----------------------------------
> 馬骨 殿、

私は農家では有りませんが、多くの農家は保護され過ぎと思ってます。

で、貴殿が農家がおいしい「職業」って書かれる所を見ますと、現実の農家をあまりご存知ないのではと推測します。それでは、マクロの国策としての農業政策の問題とミクロの農家存続の問題との摩擦を理解するのは難しいかと思うのですが、如何でしょうか。

私自身は地方の給与所得者ですが、本家が農家で職場には兼業農家の方々が多数おります。そして、ほんの僅かですが父が農地(本家より分けてもらったものを相続して)を持っています。

敢えて言わせていただくなら、農家が「職業」と云う表現に当てはまる方々は極々僅かでしょう。大多数が「家業」でそれ程多くないのが「事業」と言えると思います。

兼業農家の方々が一番に考えるのは、たとえ多少の持ち出しが有っても先祖から引き継いだ土地は維持して相続して行きたいと。...自分の代で先祖からの土地を自ら手放したくないとの気持ち...但し、うまくお上の召し上げ(公共事業等)に当ったら出来るだけ高値で売りたいと。
まぁ、大都市の近郊であれば手の掛からない作物を植えて、土地に関する納税額を抑え、時々切り売りなどして楽して暮らしたいなと。(私の従妹なんかがそうです)

で、その為には農協の援助や役場との交渉力は欠かせないと...その事情に寄生している?

「事業」として農業を営んでいる方は、農協から高い肥料や農薬を買う事も無く、販路も自前で確保している人が多いように聞きます。農協は邪魔ですが、規模拡大の為の農地取得や宅地転換に際して農業委員会を敵に回せないので、農協とは敵対しないようにしていると言ってます。

中小の事業を営んでいる方々なら分かります様に、誰でも事業家としてやって行ける訳ではありませんし、水商売と同じように山あり谷ありです。近くにいる人は、農業をおいしい「職業」と思って飛びつくようなものではないと直ぐに判りますので、後継者にと名乗りを上げる若者が少ないのは当然でしょう。

農協は上記のような農家からの手数料や彼らが預ける資金の運用益でい多くの職員を養っていると。もちろん、農家を相手に荒稼ぎしているヤン○ーやイ○キの様な農業機械メーカーや農薬を買い付ける化学メーカーともガッチリ手を組んでいますし。

さて、「家業」の存続による農地の相続の為に利用されている各種補助金という実態を見ても...この為、農業の大規模化が進まない...多くの農家が保護され過ぎというのは当っていないと自信を持って誰が言えるのでしょうか?

投稿: ムフフ | 2011/11/09 09:24

> 馬骨 殿、

私は、坂様が既得権益者への糾弾として農協を取り上げてくれるものと期待しております。

但し、日本の農業の自立に対する課題については、貴殿が単純に「農協」と呼んでいるものの実態を理解する必要が有ると考えます。例えば、貴殿も地元の農協に出資して組合員になる事ができるとか。...準組合員で中での選挙権無いですが。

それで、実際には単純に農協解体なんていうのはできませんし、地域の農業従事者にとっては欠かせない側面もあるのです。
...農業共同組合法で色々と定められております。

しかしながら、全国農協中央会は農民票を基盤とした政治圧力団体となってしまい、農業政策の提言よりも組合員の多数を占める兼業農家の保護しか主張しなくなったので、解散の方向で検討が必要かと考えます。

また、全国農協連合会はそれぞれや収益優先事業団体になってしまったので、解体・民間企業への事業譲渡が良いかと考えます。尤も、農林中金は元々、営利優先の金融機関だったんですけどね。農業法人や農業ベンチャーの役割を担うようにする為にはどうすれば良いのか、見直しが必要でしょう。

整理する上での問題となるのは、全共済と全厚生でしょうか? これらは、単純に解散とか付け替えは困難でしょうし。

まぁ、自立できない零細兼業農家と広く金を集めて収益事業を営む農協の もたれあい を放置する限り、事業としての農業は発展して行かないと考えます。

投稿: ムフフ | 2011/11/10 14:43

> 馬骨 殿、

私は、坂様が既得権益者への糾弾として農協を取り上げてくれるものと期待しております。

但し、日本の農業の自立に対する課題については、貴殿が単純に「農協」と呼んでいるものの実態を理解する必要が有ると考えます。例えば、貴殿も地元の農協に出資して組合員になる事ができるとか。...準組合員で中での選挙権無いですが。

それで、実際には単純に農協解体なんていうのはできませんし、地域の農業従事者にとっては欠かせない側面もあるのです。
...農業共同組合法で色々と定められております。

しかしながら、全国農協中央会は農民票を基盤とした政治圧力団体となってしまい、農業政策の提言よりも組合員の多数を占める兼業農家の保護しか主張しなくなったので、解散の方向で検討が必要かと考えます。

また、全国農協連合会はそれぞれや収益優先事業団体になってしまったので、解体・民間企業への事業譲渡が良いかと考えます。尤も、農林中金は元々、営利優先の金融機関だったんですけどね。農業法人や農業ベンチャーの役割を担うようにする為にはどうすれば良いのか、見直しが必要でしょう。

整理する上での問題となるのは、全共済と全厚生でしょうか? これらは、単純に解散とか付け替えは困難でしょうし。

まぁ、自立できない零細兼業農家と広く金を集めて収益事業を営む農協の もたれあい を放置する限り、事業としての農業は発展して行かないと考えます。

投稿: ムフフ | 2011/11/11 09:01

訂正です。

×農業法人や農業ベンチャーの役割

○農業法人や農業ベンチャーの後見人の役割

投稿: ムフフ | 2011/11/11 11:35

コメント欄を見ると、いまだにISD条項どうのと言っている人がいるんですね。
本当に困ったものです。
中野氏らの言うことを真に受けすぎです。
ちっとは自分でISD条項やラチェット規定について、調べてみたことがあるの?
中野氏らは自分たち反対派の都合のいいように吹聴して、脅しの材料に使っているんですよ。
通商協定にISD条項もラチェット規定もつきもの。なにも米韓FTAだけが特別なわけでもなんでもない。
韓国や日本が結んだ他国との多くの協定にも含まれている。
NAFTAのISDにしても、以降は修正・改訂されている。
ISDで法律を変えさせられるわけではない。
それに、アメリカも他国から提訴されている。15回勝って、22回負けている。

投稿: 麻美 | 2011/11/11 23:54

>麻美様
もしかして、私のことでしょうか?
ISD条項については、テレビでも新聞でも、ごく最近まで言葉さえ出ていなかったと思いますが?
>>いまだにISD条項どうのと
未だどころか、本当に最近の話ですよ、世間一般では。
食の安全や医療の心配も、マスメディアではまだ最近出たばかりで、しかも反対派が以前から(著作やネットの動画などで)言っていたように「既得権益にしがみついているだけ」という印象操作を加えながらの報道を行っています。想定内すぎて驚くくらいです。
先週の国会では、野田総理や枝野経産大臣がISD条項云々どころか外国との条約が国内法に優先するという基本的なことをご存じなかったことが判明し、ガックリきています。
外国との交渉以前に、本当に立法府の議員としての資格があるのか、疑わしくさえ感じています。
推進派や賛成派は、反対論の枝葉の部分にあれこれ言い訳するのではなく、よくわかるようにメリットを説明してほしいです。
彼らは反対派による批判や懸念にまともに答えず、それ以前に、なんとなく「自由貿易やグローバル化の推進で経済がよくなる(はず)」というあやふやなことしか言っていません。
あとは、現在の利権構造の破壊だけ。
国内利権が壊れて外資に乗っ取られたら、現状より悪いと思うのですが。

投稿: sano | 2011/11/15 15:22

>麻美さん

すみません、書き忘れました。
日本は確かに多くの国とISD条項の入った経済協定を結んでいますが、相手国は途上国ばかりのようですが?

>>ISDで法律を変えさせられるわけではない。

直近では、たばこ会社に提訴されている豪州のたばこパッケージ規制が今後どうなるか、注目ですね。
法規制の改正はつっぱねても、「投資家の利益が損なわれた」と国際訴訟機関に判断されれば賠償金は日本政府が払わなければなりません(税金か、国債?)。よろしくない企業に何件も提訴され、その都度に多額の賠償金を払うのでしょうか。

>>それに、アメリカも他国から提訴されている。15回勝って、22回負けている。

ソースはこれでしょうか?
http://www.worldtimes.co.jp/kansok/kan/seiji/111105-3.html
米韓FTA批准で国内が大モメの韓国に対して、米側が宥めるために言っているように見えてしまうのですが、邪推でしょうか。

投稿: sano | 2011/11/15 16:06

お邪魔します。
この記事を馬鹿でも分かるように伝えるため、恋愛風に書いてみました。

投稿: reirei | 2011/11/16 09:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/53178979

この記事へのトラックバック一覧です: TPP(米国)には反対するのに中国の不公正を見逃す連中:

» TPP交渉参加 反対デモ in 有楽町 [風林火山]
日本は、自ら米国の植民地化条約に参加しようとしている。 [続きを読む]

受信: 2011/11/06 21:27

» 【長崎】中国漁船の船長を逮捕 停船命令を無視、検査も拒否・五島沖 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 6日午前10時半ごろ、長崎・五島列島の鳥島から西北西約4キロの領海内で、長崎海上保安部の巡視船「ほうおう」が2隻の中国漁船を発見した。2隻は停船命令に従わず逃走した。巡視船はこのうち「浙岱漁04188」(135トン、乗組員11人)を追尾して接舷。漁業法違反(立ち入り…... [続きを読む]

受信: 2011/11/07 06:28

» 野田総理 ぶらさがり会見 [風林火山]
野田政権の媚韓・媚米・媚中は、どこまでも続く。 [続きを読む]

受信: 2011/11/19 21:39

» 反米主義者への伝言 Part1 [風林火山]
昨今の東アジア首脳会議(サミット)の会合で、南沙諸島を機に米中の対立する構図が鮮明になった。 [続きを読む]

受信: 2011/11/20 23:34

« カダフィの死に思う そして毛沢東は… | トップページ | Occupy Wall Streetに共感を覚える。くたばれ茶会運動! »