« 一歩後退二歩前進の日本でありたいと願う | トップページ | 朝日、中日、道新、反日偏向メディアを糾弾する! »

2012/01/18

さすがの朝日もかばいきれなかった根津公子

16日、学校行事での国歌斉唱の際、起立しなかった教師らに対する最高裁の判断が出た。
はっきり言って不満がある。
国旗・国歌への指導、教師への職務命令については、従来の最高裁判決を踏襲し、改めて合憲と判断した。
この判断に基づき、最も軽い戒告処分を受けた教職員約170人への処分は有効とし、「処分を不当」とした二審(東京高裁)の判決を破棄した。
この点は妥当である。
が、「起立しない」という行為だけで停職や減給処分にするのは行き過ぎ、とした判断には疑問が残る。

今回の判決で、過去2年間で3回も不起立行為を実行し、停職処分を受けている教師が「停職処分取り消し」になった。
積極的な妨害はしていないといっても、校長による再三の指導や処分に何の反省も示さず、職務命令に背き続けてきた教師である。
こんな教師が今後、職務命令違反を繰り返しても「戒告」以上の処分を受けないというのであれば、国旗・国歌を侮蔑する教職員がなくなることはないだろう。
そういう意味で、この判決は矛盾している。

-------------------------------------------------------------------

昨日、朝日新聞の社説をチェックした。
が、この判決に対するものはなかった。
おかしいなあ、と思い、今日再び覗いてみると、やはり言及していた。
朝日的には、戒告処分を有効とした上で、減給や停職は裁量権の逸脱、つまりやり過ぎという最高裁の判断をどう受け止めるかに時間を要したのだろう。
一方で教師の行為を断罪し、他方で行政の行き過ぎを断罪する、この足して2で割ったような判決に朝日も戸惑ったのだと思う。

以下は、朝日の今日(18日)付け社説である。

卒業式や入学式のシーズンを前に、最高裁から注目すべき判決が言い渡された。

「式では日の丸に向かって立ち、君が代を歌うように」。そんな校長命令に従わなかった東京都の教職員への処分が、妥当かどうかが争われた裁判だ。

結論はこうだった。

規律や秩序を保つために、戒告処分はやむをえない。それをこえて減給や停職とするには、慎重な考慮が必要だ。式典を妨害したなどの事情がないのに、命令違反をくり返したというだけで、こうした重い処分を科すのは違法である――。

日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり、その評価は一人ひとりの歴史観や世界観に結びつく。

最高裁は、昨年の判決で「起立や斉唱を命じても、憲法が保障する思想・良心の自由に反しないが、間接的な制約となる面がある」と述べ、学校側に抑制的な対応を求めた。今回の判決はその延長線上にある。

私たちは、日の丸を掲げ、君が代を歌うことに反対しない。だが処分してまで強制するのは行きすぎだと唱えてきた。

その意味で、戒告が認められたことへの疑問は残るが、最高裁が減給・停職という重大な不利益処分に歯止めをかけたことは、大きな意義がある。

教育行政にかかわる人、なかでも橋下徹大阪市長が率いる大阪維新の会のメンバーは、判決をじっくり読んでほしい。

維新の会は大阪府と大阪市で「命令に2度違反で停職」「研修を受けたうえで3度目の違反をしたら免職」という条例の制定を打ち出していた。

 違反に至った背景や個別の事情には目を向けず、機械的に処分を重くしていくもので、今回の判決の趣旨に照らして違法になるのは明らかだ。

さすがに橋下市長と松井一郎知事は見直す考えを示した。だがそれは、停職処分とする前にも研修の機会を設けるという案で、問題の本質を理解した対応とはとても言えない。

選挙で圧勝した2人には、民意の支持という自信があるのだろう。もちろん民意は大切だ。

しかし、精神の自由に関する問題を、多数派の意向や思惑で押しきってはならない。それは歴史の教訓であり、近代民主主義を支える精神である。

自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。そうした寛容な土壌のうえに、しなやかで、実は力強い社会が生まれる。

判決の根底に流れるこの考えをしっかりと受け止めたい。

君が代判決―行き過ぎ処分に歯止め (朝日新聞)

―私たちは、日の丸を掲げ、君が代を歌うことに反対しない。だが処分してまで強制するのは行きすぎだと唱えてきた―
もう朝日の本質である偽善が丸出しである。
ほんとうに日の丸を掲げ、君が代を歌うことに反対しないのなら、
―日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係があり、その評価は一人ひとりの歴史観や世界観に結びつく―
などと言うわけがない。
ほんとうは日の丸も君が代も認めたくないのに、それらが国民の大多数に受け入れられているという現実を前にして、本音を隠しているとしか思えない。

日の丸・君が代は戦前の軍国主義と深い関係になどない。
たとえ軍国主義の時代を認めたとしても、それは昭和初期の10年足らずに過ぎない。
日の丸・君が代は、明治以来、日本の国旗であり国歌であり続けた。
日本が欧米列強の侵略・植民地主義の脅威に抗し、欧米以外で唯一近代国家として発展した象徴なのだ。
朝日流の解釈に従えば、日清、日露の両戦争も軍国主義・侵略戦争になる。
言ってることは、まるで韓国や中共と同じである。

―自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。そうした寛容な土壌のうえに、しなやかで、実は力強い社会が生まれる―
これも、ふざけるな!と言いたい。
国旗や国家を、それも公務員である教師が認めない、そんな社会が「力強い社会」であるはずがない。
こういう朝日新聞的知識人がメディアや教育界にのさばっているから日本がおかしくなるのだ。

-------------------------------------------------------------------

ところで、朝日の社説にはないもう一つの判断が最高裁でなされていた。
あの根津公子元教諭については、停職処分が妥当とされたのだ。
私は、根津元教諭について何度も言及してきた。
ついに“クビ” 根津公子教諭 2008/03/29
今度こそ根津公子をクビにせよ! 2011/02/07
これらのエントリをお読みいただければ、彼女は「停職」ではなく「免職」がふさわしいと良識ある方は思うだろう。
最高裁も、さすがに停職処分は逃れえない、と判断した。
で、朝日新聞は判断を避けた、と言うより逃げた(だから社説で言及しなかった)。

Nedu2                記者会見で判決に怒りを示す根津元教諭

以下が、最高裁が根津元教諭の停職処分はやむなしと判断した理由である。

卒業式における国旗の掲揚の妨害と引き降ろし及び服務事故再発防止研修における国旗や国歌の問題に係るゼッケン着用をめぐる抗議による進行妨害といった積極的に式典や研修の進行を妨害する行為に係るものであるうえ、更に国旗や国歌に係る対応につき校長を批判する内容の文書の生徒への配布等により2回の文書訓告を受けており、このような過去の処分歴に係る一連の非違行為の内容や頻度等に鑑みると、…停職期間(3月)の点を含めて停職処分を選択することの相当性を基礎付ける具体的事情があったと認められるから違法であるとはいえない。

しかし、根津元教諭、まったく反省していない。
さっそく以下のように反論している。

「君が代」不起立処分最高裁判決について/根津公子

今回の「何度も不起立を繰り返しても戒告処分が限度」という最高裁判決が、形を変えた第2、第3の根津公子を生み出さないことを祈る。

家庭科の授業で“従軍”慰安婦を教える教師など存在してはならない!

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 一歩後退二歩前進の日本でありたいと願う | トップページ | 朝日、中日、道新、反日偏向メディアを糾弾する! »

朝日新聞・偏向メディア」カテゴリの記事

コメント

>「何度も不起立を繰り返しても戒告処分が限度」

んな判決は、判決文のどこにもありません。
「戒告より重い減給、免職の判断は慎重に」です。

最高裁判決を受け、大阪府の教育条例案は修正が加わりました。
職務命令違反1回で戒告または減給だったのが、戒告のみに。
2回で減給または免職だったのが、減給のみに。
3回で免職は変わらず。
各回の間には研修や職務命令に従う旨の文書提出もあるようですから、まぁ妥当なトコでしょう。


>過去2年間で3回も不起立行為を実行し、停職処分を受けている教師

この事例が一番ややこしいトコロですね。
確かこの教師、不起立(職務命令違反)による戒告のところを累積で停職になってたかと。で、その前の戒告が職務命令違反ではなく、別件だったので、異なる事案での戒告の累積は不当…といったような感じの判決だったかと。
不起立1回一発処分も差し戻しになってますから、まぁ、妥当かな…とも思いますが。

投稿: えまのん | 2012/01/18 16:08

★ ★ 日本全国で民主党前座り込み、継続中!!★ ★
http://youtu.be/Tk3DTb5D2Z8
(動画)

【東京】民主党本部前座り込み継続中
http://gachi340.blog.fc2.com/←毎日の活動が見れます。
千代田区永田町1丁目11ー1/最寄駅:永田町
【埼玉】民主党埼玉県総支部連合会前座り込み中
http://gachi340.blog.fc2.com/blog-entry-31.html←初日の様子
さいたま市浦和区高砂3-6-16/最寄駅:浦和
【神奈川】民主党神奈川県総支部連合会前座り込み中
横浜市中区相生町4丁目69/最寄駅:馬車道 or 関内
【千葉】民主党千葉県総支部連合会前座り込み
千葉市中央区新千葉2丁目5ー1/最寄駅:千葉駅
【大阪】民主党大阪府連前座り込み中大阪市中央区内本町1丁目2ー8/最寄駅:谷町四丁目

http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/8d246238d3e4fc6a7defa87c02eed41e

 置きビラの掲示板に掲載しました、
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi
是非多くの愛国系日本人にこの動画を見てもらい広めて皆で日本「全国で民主党前座り込み」の実践行動を応援していきましょう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

投稿: 愛信 | 2012/01/18 21:37

私も、慎重に行なえば停職の可能だという判決に思えます。

橋本知事のいうように、条例で決めて行けばそれ以上の処置も可能でしょう。

それに戒告の後で研修に出なかったなら免職だってありえるでしょう。

しかし、この教師は狂(凶)氏と呼んだほうがいいバカですね。

投稿: みやとん | 2012/01/18 21:45

re:★ ★ 日本全国で民主党前座り込み、継続中!!★ ★
ps:
日本と在日韓国・朝鮮人の戦前から現在までの関係
http://plaza.rakuten.co.jp/1958kn/diary/201201180002/
http://mirror.jijisama.org/index.html

投稿: 愛信 | 2012/01/18 22:11

坂様こんばんは。

根津公子のようなカルト信者は本当に多いですね。

千葉県市川市のHという有名なお寺の参道で、「楽舎」というお店があるのですが、NPO法人の登録をしていながら、社民党の応援活動をしたり、シベリア抑留から中国共産党に引き渡されて“洗脳教育”された日本兵達(中国帰還者連合会:現・撫順の奇跡を受け継ぐ会)のプロパガンダ講演会を催したりしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroasakawajp/59553917.html

週刊金曜日という本多勝一のグループも同じプロパガンダ活動に熱心です。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?tag=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%93%B2%E9%83%8E

2011年2月に、横浜でも「戦争体験者の証言集会」というのが開かれています。
http://www.janjanblog.com/archives/31507

2010年5月に、明治学院大学横浜校舎でも、中帰連の金子安次などの“証言集会”がありました。

洗脳方法は、テレビでもお馴染みの「張景子」が代表を務めていた「日本僑報電子週間(旧:在日中国人動態)」の『新中国に貢献した日本人」川越敏孝追悼特集』のページが参考になります。
現在は段躍中が代表となっているようですが、張景子の夫の名前です。
http://melma.com/backnumber_26085_1171289/

それにしても、根津公子など反日左翼はシベリア抑留の体験もなければ、中国の撫順戦犯管理所などに収容されたこともないだろうに、どうして中国帰還兵みたいな行動を取るのでしょうか?
本当に不思議でなりません。


投稿: ちゃお | 2012/01/18 22:34

 私も国家斉唱・国旗掲揚の際に不規律行為をしたとして処分を受けていた教職員の一部に対する処分取消という最高裁の判断には疑問を持っています。職務命令違反に対して、その職務命令が公序良俗に違反したものでない限りは停職や減給といった処分は命令権者判断によるものだからです。最高裁が判断すべきは処分の軽重ではなく、その命令が妥当なものであったか否かを判断するのが筋です。今回のケースでは国家斉唱・国旗掲揚の際に起立を求めた職務命令が何らかの憲法違反になるか否かの一点で判断すべきであり、違憲でないという判断であれば、処分がどうのという判断まで踏込むのは司法の領域を逸脱していると考えられます。

 それは別として国家斉唱、国旗掲揚の際に起立しない教職員がいること自体呆れ返ってものが言えません。彼らはシアトル・マリナーズの試合を観戦に来て、試合前のアメリカ国家斉唱の際に、周りのアメリカ人が全員起立して歌手に和しているのに、堂々と着席したままで、星条旗はベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争などで多くの人民を殺戮したアメリカ帝国主義の象徴だから敬意を表するに値しないと主張できるでしょうか。せいぜい、イチローの活躍に手を打って喜ぶのが関の山でしょう。アメリカだけじゃない。フランスの三色旗でも、イギリスのユニオンジャックでもみんな血塗られた歴史を持っています。中共だって韓国だって他国に出かけて行ってまで多くの人々を殺戮しています。世界中の国々の国旗には多かれ少なかれそのような歴史があります。そのような歴史があるからこそそれぞれの国が今でも地球上に存在しておれるのです。もちろん、戦争を肯定したり日本だけが無誤謬だというつもりはありません。

 アメリカの星条旗は国家の象徴であると同時にその旗の元に死んでいった多くの若者の命そのものです。そうであれば、日本の日の丸もまた国を守るため死んでいった若者たちのあるいは非戦闘員の血と命です。

 こんな理屈は抜きにしても、日本も含めいずれの国の国家や国旗に対しても敬意を表することができない教職員が、日本の子供たちに日常生活の躾をすることなどできるはずがありません。更にあえていえば、人の命の尊さを教えることなどできないでしょう。そのような教育の基本を教えることができない教師は、起立したとかしなかったとかの前に、教師としての資格がないのですから、教壇に立ったり給与をもらったりしている方がおかしいのです。

 橋下市長や松井知事が条例(条例案)を見直しどのような理論を持って最高裁の判例に対抗するが楽しみです。

投稿: ジン@シアトル | 2012/01/18 23:02

日の丸、君が代は日本の国旗であり国歌である
ブログ主様の主張に感謝です。
今年もブログを拝読し勇気をもらえたらとよろしくお願いします。

投稿: 野ぼたん | 2012/01/19 08:38

単に職務違反があったから処分を受けただけで、そこに国家や国旗は関係ないと思います。職務違反、命令不服従などをすれば何らかのペナルティを受けることは子供でも知っていること。子供を指導する立場の教師が率先して規則に違反するなど、これだけで十分免職に値します。自分の欲求をかなえるために、子供やまじめに一生懸命働いている人々に迷惑をかけないでほしいものです。

投稿: チェロ | 2012/01/19 14:31

教師の不起立の場面で子供達ってどうしてるんでしょうかね。
例えば子供から「先生、立ちなよ。」とか「立てコール」とか上がったらどうするのかしら。
卒業するんだから、最後くらい言ってやればいいのに。
子供も自分が不愉快な思いをさせられた時は、相手が大人でも平気で突っかかって抗議するのに、肝心な時は黙っちゃって、日本人全体が得か損かしか考えない傾向になってると思う。
保守デモで解るように、子供と女性は活用すべき。
裁判所だって結構世論っていうのを気にするんだから意思表示しないとダメだと思う。
大学生とかもボケっとしてないで、シナ人留学生の特権廃止とか大学で訴えればいいのに。
全世代で弱者には強く、強者には弱い卑怯者になってるのが現状。国民総評論家状態、動かないのが問題。

投稿: t | 2012/01/19 16:25

>式典を妨害したなどの事情がないのに、命令違反をくり返したというだけで、こうした重い処分を科すのは違法である――。

朝日新聞は、公務員における命令違反は大した犯罪ではないとおっしゃりたいのですね。

多分、自衛官、警察官、消防官、海上保安官等が命令に違反しても、その結果どのような事態が生じようとも、重い処分を科すのは妥当ではないと言って下さるのでしょうね?

私の知る限りでは、朝日新聞が制服系公務員が一度でも命令違反があれば規律の弛緩だ!このようなことで国民の安全を守れるのか?このような組織が本当に必要なのか? と口を極めて非難することと思うが如何であろうか?

公務員において、業務命令に恋に違反することは極めて重大な違反であり教育公務員であることによっても違法性が阻却されるものではない。

私は、教育公務員こそ命令違反にあっては、判断力が十分に涵養されていない幼少国民の見本であるべき公務員であれば、より厳しい処分が下されることも覚悟するべき立場だと思う。
朝日新聞は寝ぼけた社説を書いていないでもっとまともに公務員におあるべき姿を追求するべきであろう。
こうした姿勢の甘さは自らの生活志向にも反映されているのではないだろうか、危惧するところである。

投稿: alpha | 2012/01/19 19:36

この手の頭に花の咲いた人達を見ていつも思うことは、みんなどことなく顔が似ている事。
全体的に乾燥しているというか、古くさい雰囲気というか、惹きつけるモノがない。活動的なんだけど死んでる。

見苦しいの一言に尽きる。

投稿: volf | 2012/01/20 02:21

民間-巷の一般論ですが、上司に職務上の議論でたてつくのは「頼もしい」と考えますね、上司にも誤りはあるだろうし。

しかし社規あるいは不文律でも社風にそぐわない社員、及びその意味で上司にたてつく社員は即日解雇ですね。

会社で制服の襟を立てて仕事をしていると注意されます。ボタンを掛けていない程度でも注意、注意が重なればやはり社にそぐわないとして解雇です。

ねずみは人間様の食料を食い荒らさないと生きてはいけない。その程度のあわれな、人間以下の生物種なのかな。NHKニュースで、チマチョゴリを着て出ればぴったり似合うかも知れません。

投稿: siksan | 2012/01/20 11:18

坂様こんばんは。

根津公子をチェックしていたら「多田謠子反権力人権賞入賞」とありましたので、Wikiを開いてみて唖然としてしまいました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%94%B0%E8%AC%A1%E5%AD%90%E5%8F%8D%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E8%B3%9E

受賞者の名前の中に、宋神道(在日韓国人:自称従軍慰安婦)や、徐勝(元北朝鮮工作員)など、考えられない連中ばかりが受賞しているのです。

まだまだ、中国や北朝鮮の洗脳から抜け出せない人が多いんですね。

投稿: ちゃお | 2012/01/20 21:55

朝日を代表としてこの東日本大震災を経て、橋下市長誕生を経ても表現こそ変えているが、本質は何も変わっていないという事を再認識します。

社説の「自分とは異なる意見の存在を受け止め、心の内にはむやみに踏み込まない。そうした寛容な土壌のうえに、しなやかで、実は力強い社会が生まれる。・・・・・」
文字を読むと古舘伊知郎の声が耳に聞こえる。

投稿: Pin | 2012/01/20 22:16

 現在、コンプライアンスが守られていないことが数多く発生している中、今回の最高裁の判決には戸惑いと疑問を強く感じました。

 横道にそれますが、コンプライアンスなどと安易に横文字を使うからいい加減なものとして捉えられるのではないだろうか。
 「遵法」「遵奉」という立派な国語で伝えられないことにも幾分かの原因があるのかな。

 「法を守ること」が基礎であり、「大切さのこと」であることを教えるべき教師が明らかな違法行為を行った事が、どれほど重大な事なのか、その違法行為に対しの処分は重いものであるべきは当たり前のことだと、最高裁の判事は理解しているのだろか。理解していないから今回のような判決を恥ずかしげも無く下したのでしょうね。

 この程度の人間が、最高裁の判事として存在している現在のわが国が熾烈な国際競争に打ち勝ち、明るい将来を迎えることは出来ないのでしょうね。
 
 『教育』が全ての根本にあることを、考え直すべきです。教育改革こそ最重要であり、最優先で始めることです。         

投稿: 道産子爺 | 2012/01/22 00:45

昨日の裁判、被処分者の会のチラシになかったから、忘れた。
 都教組はどうしているのか。

投稿: ・ | 2013/08/20 10:33

根津公子
こんな気狂い
はやく死ねばいいのに

投稿: | 2015/10/16 13:22

子供たちの卒業式なのに、自分のパフォーマンスの場にしてしまう教師なんていらない。
普通学校で扱いきれない人を特別支援学校に出す教育委員会もどうかしてる。特別支援学校はパフォーマーの吹き溜まりじゃない。
大事な子供たちの心を通わせる場所を自分のパフォーマンスの場にしないでほしい。

「当日は、小中学部合わせて25名の卒業生しかいない養護学校に、数十人もの支援者が詰めかけ、『君が代不起立』『日の丸・君が代強制反対』といった物々しい横断幕やゼッケンが掲げられていました。一般生徒や保護者は戸惑った様子でしたが、彼女は拍手と歓声で支援者に迎えられ、式では不起立を貫いたのです」

 そして処分が決まる当日、N教諭は学校の窓から叫んだ。

「みんな聞いてー!(都教委は私を)クビにさせることはできなかった!」

・・・・25名生徒のの卒業式なのにね。
こんな人、教師でもなんでもない。二度とこういう人を特別支援学校に移動させないでほしい。

投稿: 誰のための卒業式? | 2016/03/20 23:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/53765375

この記事へのトラックバック一覧です: さすがの朝日もかばいきれなかった根津公子:

» 青山繁晴「アンカー」1月18日 日本外交の行方 〜 緊迫する世界情勢と野田改造内閣の真相を青山がズバリ!・キーワードは「選挙の争点は国民が決める」 (絶対必見!) You Tube [青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ]
本日(2012年1月18日)放送の「アンカー」 の動画を見つけました。 本日も絶対必見です! 動画UP主に感謝! とりあえず動画を貼り付けます。 (画像は後で貼り付ける予定です) 日本外交の行方 〜 緊迫する世界情勢と野田改造内閣の真相を青山がズバリ! ズバリ!キーワードは、「選挙の争点は国民が決める」「チャンスを逃すな」。 「日本が直面する課題」 青山ズバリ! 野田改造内閣の真相。 野田首相の狙いは・・・ 消費税増税反対派のリーダー格を取り込む。 田中眞紀子氏を取り込..... [続きを読む]

受信: 2012/01/18 22:45

» 【格付け】ギリシャは支払不能、3月20日償還できずデフォルトへ--フィッチ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
1月17日(ブルームバーグ):格付け会社フィッチ・レーティングスのマネジングディレクター、エドワード・パーカー氏は17日、ギリシャは支払い不能に陥っており、恐らく3月に期限を迎える国債を償還できないだろうとの見方を示した。   同氏はストックホルムでインタ…... [続きを読む]

受信: 2012/01/19 06:29

« 一歩後退二歩前進の日本でありたいと願う | トップページ | 朝日、中日、道新、反日偏向メディアを糾弾する! »