« 年始に当たり、再び徒然なるままに語る | トップページ | 子分が資質に欠けるのは親分の身から出た錆 »

2012/01/04

石原と橋下で「平成維新」 これしかない。

今日は、興味深い世論調査の結果をお届けしましょう。
朝日新聞が行った12月の世論調査。
「首相にふさわしい人物」の1位は石原慎太郎東京都知事、2位は橋下徹大阪市長、3位は小泉純一郎元首相。
同じく産経新聞が行った12月の世論調査。
「あなたがリーダーにしたくない人」の1位は鳩山由紀夫元首相、2位は菅直人前首相、3位は小沢一郎元民主党代表 。
左の朝日と右の産経の結果を折衷して恐縮ですが、両社ともほぼ同じ傾向を示しており、解りやすいのでこういう報告にまとめました。

この結果は、私の思いとほぼ同じ。
また、私が暮らしている世間から感じ取られる空気とも同じ。
石原、橋下、小泉、反対者は蛇蝎のごとく嫌います。
石原は極右、橋下はファシスト、小泉は売国奴です。
が、国民はよく見ています。
この3者を批判する者たちには対案がない、リーダーシップもない、戦略もない、の3無主義です。
あるのは、現状を死守する?
日本を借金漬けにする?
要するに右と左の守旧派でしょう。

石原、橋下、小泉、を国民が渇望するのは、この国に展望を見いだせない国民の鬱屈した気分の反映だと思います。
独裁はともかく、独断でもいい、とにかく今を変えてほしい、というのが国民の率直な気持ちなのです。
これは、民主党はもちろん自民党も期待されていない、ということです。
自民党も反省しないとね、と強く思います。

Ishiharahashimoto2

読売新聞の世論調査(11月)によると、「現在、幸福だと感じていますか?」との問いに、「どちらかといえば幸福」が51%、「幸福」が36%。
合計で87%の国民が現状を肯定的に捉えています。
幸福と感じる理由の上位三つは、健康なこと67%、幸せな家庭生活39%、良い友人をもったり、人々と仲良く暮らしたりすること24%。
「経済的に豊かなこと」が15%で第5位であるところに、今の日本人の価値観の変化を感じます。
おそらく東日本大震災の影響も大きいのでしょう。
が、それでも日本国民の大半が今を肯定的に捉えていることに違いはありません。

にもかかわらず、国民の多くが政治では強力なリーダーを求めている。
ここに日本の政治のどうしようもなさを感じます、私は。
国会議員は、ほんとうに無能でジコチューが多い。
政治的理念も、国家観も世界観もない、こういうのが多すぎです。
特に民主党。
もう死んでもらうしかありません、と痛切に思います。

国民の多くは、「子ども手当をくれ」「高速道路をただにしてくれ」「農家の所得を補償してくれ」「高校授業料を無償にしてくれ」と願っているとは思えません。
もちろん、そうなったら嬉しい、とは思っているでしょう。
が、国が借金を増やしてまでそれを実行してくれとは思っていない、そう確信しますね、読売の世論調査を見ると。

産経新聞の世論調査で、鳩山、菅、小沢がワースト3を占めた理由が以下です。
鳩山は「めちゃくちゃ」「優柔不断」、菅は「予想外のとんでもない政治家」「自分勝手」、小沢は「私利私欲的」「不誠実」。
いや、ほんとうに国民はよく見ていますよ、政治と政治家を。
きっと民主党に一票を投じたことを後悔しているでしょう。
が、当時は自民党という空気ではなかったのも事実。
これはメディアだけの責任ではなく、自己変革できなかった自民党自身の責任でもあります。

自民党には革命的変革を求めます。
民主党は自壊して、雲散霧消することを求めます。
石原、橋下両氏には、連携して日本を変革する勢力を結集させる、これを求めます。
大阪維新の会と東京維新の会、そして、いざ平成維新へ!そうあってほしい。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 年始に当たり、再び徒然なるままに語る | トップページ | 子分が資質に欠けるのは親分の身から出た錆 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

朝日は記事にしたくなかっただろうなぁ・・・この調査結果(笑)。
「メディアだけの責任ではなく、自己変革できなかった自民党自身の責任」という意見には大いに賛同いたします。
いちファンとして、今年もキレのいいブログ記事を楽しみにしております。

投稿: やす | 2012/01/05 01:00

あけましておめでとうございます。
いきなりツッコミで恐縮ですが、

>大阪維新の会と東京維新の会、そして、いざ平成維新へ!そうあってほしい。

「東京維新の会」とは、民主党都連がそういう名前の会を去年作りましたが、
ソレのことではないですよね?
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/492294/

自社の行った調査で橋下が「首相にふさわしい人物」の上位に来るとは、
朝日としては歯噛みする思いでしょう。
しかし変な言い方ですが、朝日もさすがに
中国のメディアレベルにまでは堕ちてないのだなと感心しました(笑)

投稿: 鳩槃荼 | 2012/01/05 03:05

ブログ主様の考えに全面的に賛成です。日本が直面している最大の問題は、国として稼ぐ物が100あった時は政、官、業、民がそれを分け合いそれほど大きな不満も無く過ごして来たが、稼ぐ物が70になったのに、政、官は自分達の取り分を死守しようとし、そのしわ寄せを受ける業は海外へ逃げ、国内に止まるしかない民は自分達の取り分がどんどん減るので金を使わず、どんどんデフレになる事だと思います。それを解決するために京大藤井中野、三橋グループは列島強靭化論や国債発行してどんどん公共事業をやれ(これには賛成です)と言いますが、現状の政官業の簒奪システムをそのままで、それらを行っても、甘い汁を吸える連中を増やすし、それらが手にした金は実体経済を活性化させるためには使われずマネーゲームに投入されると思うのです。最近は、藤井教授が正しいのか、橋下、石原が正しいのか頭を悩ます毎日です。この国がこのまま変えれず進めば併合前の李氏朝鮮みたいに極端に身分化されてしまうと心配するのは杞憂でしょうか。

投稿: unarenn65 | 2012/01/05 06:19


ブログ主、坂さんのご意見に全面的に賛成いたします。

占領軍の強烈な、《思想・言論弾圧》、の下、マスコミ、学界、教育界、を牛耳った、変脳左翼と、常識のある、道徳観念のしっかりした、日本国民、庶民の考えの乖離を半世紀以上、見に沁みて感じ続けた者として、石原・橋下両氏の決断力、実行力に希望を託す以外、日本は救われないと思っております。

現在の日本を取り巻く国際情勢、各国の対日戦略を考えると、これ以上、「民主党」、その政権実現のために、狂奔した、「朝日」、「日教組」、「自治労」、などに、これ以上、勝手なことをやらせていたら、日本の国は崩壊し、滅びてしまいます。【それほどまでに酷い現状です。その筆頭は大阪市】

大多数の国民は、それがわかってきました。あれだけの偏向マスコミ、異常な日教組教育の下でも、国を復興させ、世界に較べて、ももろの優れた生活環境をこしらえあげた、日本国民の本来持っている、資質=常識と道徳観念、揺るがなかった、と痛感します。

今年も、坂さんの優れた論説を楽しみに読ませていただきます。

投稿: 町工場の親方 | 2012/01/05 08:25

松本徹三氏といえばソフトバンクモバイルの副社長をしていた人。つまり経済人。
思想がそれほで左傾化していたわけでない。ニューヨークに住んでいる伊藤忠に居たという北村何とかという人の方がよっぽど左だった。
それがこの意見ですから。今の日本を変えるのは至難のわざと思います。
まあ経済人には左翼史観にやられた人は多いですが。

http://blogos.com/article/28269/?axis=p:0

投稿: 八目山人 | 2012/01/05 08:57

石原氏は高齢が過ぎますね。
そして独善的で頑迷な性格。

都への震災地の瓦礫受入れとか、
情報から適切な対応をする能力も落ちている(元々無いのでは?)と思います。

坂さんは、小泉の時もそうでしたが、
強力なリーダーシップを持つ人に傾倒する嫌いがあります。

もちろん今の政界に優秀な人材が居ないのですが、
だからといって石原氏はあり得ません。


投稿: | 2012/01/05 12:18

石原氏は体力的にきついんじゃあいかなぁ・・・
本人も本当は今期の都政はやりたくなかったが出てきた候補が頼りなかったり余りにも酷かったので老体に鞭打って出馬したような趣旨の事言ってたよね。

投稿: | 2012/01/05 16:25

明けましておめでとうございます。
私が期待するのは、橋下ですね。経済政策では未知数ですが、公務員改革には期待します。
公務員の賃金が民間の倍なんておかしいですからね。その分、純粋な政策資金に使った方がいいですよ。
昔の武士より、ぼったくりなんじゃないですか。貧乏武士は内職したりして生活費を稼いだりしてたんですから。
橋下は右にも左にも嫌われていますよね。
橋下は社会主義者じゃないからだと思います。国が統制経済をして成長出来るのは、目標を定めやすい途上国しかないのではないでしょうか?
日本は手本にする国がないのですから。アメリカやイギリスのような金融国家には民族性が合わないと思いますし。
優秀な人が、民間で市場を開拓し、国がサポートする、これくらいしかないような気がします。
今年もブログを楽しみにしています。

投稿: | 2012/01/05 18:59

坂さんと同じ意見ですね。
今だに小沢信者は小沢が総理になれば何とかしてくれると思ってる。ホント洗脳されてるとしか思えない。

結局、政権とるのが目的で民主党と合併したものの、野党の時は反対だけで意見一致するけど、いざ政権とればバラバラになる事も見抜けないんですよ(笑)
正直小沢も思ってるかも。総理になったら無能であることがバレテしまうから、このまま総理にならず、小沢信者の神話のままで終わりたいと。

一つ心配なのは石原、橋本に小沢Gがすり寄って離党・合流しないかです。そうなってしまうとまた訳の分からない政党になってしまうので、それだけは避けてほしい。

投稿: フミヤ | 2012/01/05 21:02

アサヒるは
調査結果をどう分析したのでしょう。
ご存知なら、その牽強付会ぶり(推測です)も
記事にしていただけるとうれしいです。

>石原氏は高齢が過ぎますね。
そして独善的で頑迷な性格。
都への震災地の瓦礫受入れとか、
情報から適切な対応をする能力も落ちている(元々無いのでは?)と思います。

こういうコメントを見ると
被災地の復興支援など口先だけだと
よく分かります。
復興を妨げている大量のガレキを頭から「危険」と断じ、
身の回りに近づけさせない。
福島以外のガレキであっても
被災地はすべて汚染されていると妄信して思考停止。
例え線量検査をして低い数値でもそれを信じない。
義援金を出したので復興支援したような気分に浸り、
被災地が最も困っていることからは目を背ける。
こういう者こそ独善的で頑迷というのです。

投稿: やす | 2012/01/05 21:41

坂さま
こんばんは。
いつもありがとうございます。

石原氏があと10才若ければと思います。
まず、格好がいい。
おかしいことはおかしいとはっきり言ってくれる。
彼の言うことは大体正しい。

橋下氏にも期待しています。
とにかく若く、はっきり物を言う。
既得権益と戦う姿勢だけでもワクワクします。

投稿: はやぶさ | 2012/01/05 22:10

「当時は自民党という空気ではなかったのも事実」
というのは全くその通りだったと思います。
何しろ総選挙前の土壇場になってもまだ「麻生下ろし」とかやってたんだもの。 それも古賀誠氏だとか鳩山邦夫氏だとかのベテランがですよ。
政党支持率が下がってる時に内部分裂を始めたらどうなるか、そういう俯瞰図も客観的に捉えられなくなってた。
もはや角福戦争の時のような、政治抗争と言えばイコールで自民党総裁戦を意味していたような時代ではない、という現実感覚を欠いていた。
そんな幸福な時期は既に、自民党の最初の政権降板の時に終わっていたというのに。
あの最初の政権降板の時の緊張感は既に失せていて、与党自民党という状態にアグラをかいていたとしか言いようがない。
あの時の自民党を勝たしてもロクな事にならないのは明らかでした。
下野が当然の政党だった。

投稿: ブルー | 2012/01/05 23:02

>ブルーさん

しかし、その後の民主党政権が日本に与えた国益の損失を考えますと、ねぇ・・・
民主党政権が日本にとって「一病息災」になれば良いと願うばかりです。

自民党には「次の衆院選では勝てる!」という驕りが、早くも見え始めています。
「政権奪還!政権奪還!」しか言わない自民党は、
「政権交代!政権交代!」しか言わなかった、2009年の民主党と、
ほぼ同じになりかけているように見えます。
大阪の失敗から何も学んでいない自民党に対して、正直、
急速に冷めていく気持ちを感じています。
「民主党に比べればマシ」では、支持する理由としてあまりにかなしいな、と。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/01/06 16:50

したくない三名は納得ですが、したい三名は気に入らない調査結果でした。
私だったら一位…稲田朋美・西田昌司 三位…安倍晋三 ですかね。
橋下さんて私にはよくわかりません。維新って言葉も好きではありませんし。私は明治維新からして嫌いですから。明治維新って、何がよかったんですか。

投稿: ちはやぶる | 2012/01/06 23:39

現時点では、 安倍晋三氏に再度、総理大臣になって欲しいと考えます。
 自由民主党が、情けないとしか言いようがありません。政権を失った原因が未だに判っていない頭の悪さ、理念の忘れてしまったのでしょうか。 民主党に比べると遥かに優れた人々が揃っているにもかかわらず、政党として恥かしいと思わないのでしょうか。不思議でなりません。
 憲法改正、アメリカに頼らず、中国・韓国・北朝鮮等への誤った贖罪意識を払拭し、国民に媚びず、誇りを持ったわが国の将来を見据えた政策を打ち出して政権を取り返してもらいたいものです。

投稿: 道産子爺 | 2012/01/07 07:37

鳩槃茶さま

全く同感です。
特に「政権奪還」しか言わない自民党は「政権交代」しか言わなかった民主党と同じ、というのは正にその通りだと思います。
それで、自民党がダメだとデモシカで民主党に入れるしかないといった我が国の国政における層の薄さに憤りを感じます。
選ぶところがない。学会員と共産党員の有権者は話が別ですが。
それ以外の人は自民党も民主党もダメならポッと出の弱小政党にでも入れるしかない。
国政選挙のたびに総務省は「選挙に行きましょー投票しましょー」キャンペーンを金を使ってウチますがね。
こんな事なら日曜日は遊びに行っちゃうのが自然と思いますよ。
選ぶところがあれば自然と投票率は上がるというのは地方選挙が証明するところとなってます。
だからTVメディアなどで評論家が偉そうに「選んだ有権者が悪い」とくると頭来て「選択肢が少ないのがいけない。そうした自覚のないお前が政治評論などで食っていける現状が一番悪い」と被せて一人で喚いたりしてます。これはちょっとアブナいか。
とにかく政界再編でも新規まき直しでもいいから本来の意味で「マシな政党」に登場してもらいたいモンです。

投稿: ブルー | 2012/01/07 10:08

フミヤさんへ 小沢氏は現民主党の主流派の連中の政権担当能力がないことを見抜いていました。福田政権の時に当時の福田首相と小沢氏の間で大連立が検討されたことを覚えていらっしゃるでしょうか?その時彼は民主党が単独で政権につくと国民に迷惑をかけると考え、自民党と連立しようとしたのです。また、小沢氏には136人の議員がついており、橋本氏に擦り寄ることはありません。小沢氏と組みたいのは橋本氏の方でしょう。12月に橋本氏が小沢氏と会談しましたが、要請したのは橋本氏であります。必要があるのは橋本氏であり小沢氏にはありません。小沢氏は今でも、野党提出の内閣不信任案を成立させる力があり、人気があるとはいえ、政治家としてはまだ日の浅い橋本氏に自らすりよったのでは、足下をみられます。御用評論家の田崎史郎氏や青山繁晴氏はさかんに小沢氏が要請したと公共の電波で嘘をついていました。また、石原氏は総理に一番ふさわしいのは小沢一郎だと口を滑らせたそうです。これで彼が小沢氏を嫌う理由がわかります。自分の出番がなくなります。男の嫉妬はみっともないですね。どうぞ安心して下さい。

投稿: 勧善懲悪 | 2012/01/07 12:04

大方、同感なんですが、急ぎすぎて大丈夫かと、一抹の不安は残ります。橋下さんのような性格でないと、この閉塞感いっぱいの大阪を変えることが出来ないことは、よくわかっていますが・・。市民の、もう、これ以上待ってられない、という気持ちがダブル選での圧勝となった訳で。昔から、“急いては、事を仕損じる”と言いますし・・。それにしても、これまで、高給を取って、ノホホンと仕事をしていた市役所の人には、辛い季節となって来ますね。

投稿: しずっぺ | 2012/01/07 13:52

小沢一郎などしょせんは
政治家などではなく「政治ブローカー」
最強の矛と最強の楯をそのときどきにどっちでも売る単なる商売人です。
 

小沢公判は五分五分かもしれませんが
彼にはこの政局も日本の景気回復も乗り切る力などぜんぜんありませんよ。
以前 橋下が挨拶に行った時には無視した小沢が
今回は満面の笑みで橋下を出迎えた信念の無さ。
橋下抜きでは小沢も政権など取れないと自覚しているからです。
国民も「土建政治家:田中角栄のコピー:小沢一郎」など余りにも古臭すぎて見向きもしないからです。
橋下の陰に隠れなければ何もできませんよ・・・小沢など・・・
 


今年11月のアメリカ大統領選は
ビンラーディン殺害と
2020年までに財政再建を行うと約束したこと
10%もあった失業率が8%台に下落してきたこと(6%なら再選されると言われていますから)
・・・なので米国民主党のオバマ大統領が一歩リードと言われています。
 

でも
これに匹敵するようなクリーンヒットなど
小沢と橋下連合が組めたとしても・・・・
「昔ながらの国債濫発しかできない」この二人では
逆立ちしても無理と言うものでしょう。

投稿: 柳生大佐 | 2012/01/07 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/53655877

この記事へのトラックバック一覧です: 石原と橋下で「平成維新」 これしかない。:

» 2012年 年頭のぼやき [私的憂国の書]
正月は、嫁の実家がある三重に帰り、のんべんだらりと過ごしておりました。 ひとつの確かな収穫は、伊勢神宮に参ったことでした。 人生初のお伊勢参りです。 野田首相の解散含み発言はブラフか さて、...... [続きを読む]

受信: 2012/01/05 01:02

» 【電気機器】サムスン、日本のテレビ市場再参入検討 スマホ「ギャラクシー」でブランド力が高まったと判断した模様 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 薄型テレビで世界最大のシェアを持つ韓国のサムスン電子が、2007年に撤退した日本の薄型テレビ市場への再参入を検討していることが3日、同社関係者の話で分かった。  3D(3次元)やインターネット接続機能を持つ高機能液晶テレビを市場開拓の主力商品に考えて…... [続きを読む]

受信: 2012/01/05 05:40

» 鬼畜ルーズベルト 日米開戦の陰謀 [風林火山]
日米開戦はルーズベルトに仕組まれた罠であった事を実証する書物(著者は欧米人)は多い。 [続きを読む]

受信: 2012/01/05 23:05

« 年始に当たり、再び徒然なるままに語る | トップページ | 子分が資質に欠けるのは親分の身から出た錆 »