« 韓国が公式に真実を認識できる日は来るのだろうか? | トップページ | 南京大虐殺はあったと河村市長を非難する中日新聞の愚 »

2012/02/26

震災の瓦礫も反権力闘争の対象? 反日変態左翼らしい

1月17日付のカナコロ(神奈川新聞)の記事を読んで、私は「なんだか臭いなぁ」と思っていた。
神奈川県は、震災瓦礫を横浜市などの施設で焼却し、その焼却灰を横須賀市にある産業廃棄物の最終処分場に埋め立てる予定だった。
が、その案が地元に拒否されたのだ。

記者会見の中で、黒岩祐治知事は、
「大変厳しい反応だった」
「普通にまともに聞いてもらえれば、大丈夫と思っていただけると思っていた」
と、予想以上に反対が強かったとの感想を吐露。
そして、
「うなずいている人もいたが反対派の怒号に包まれた」
「あの雰囲気でかき消されたところもある」
と、賛成意見が出にくいムードが影響したとの認識も繰り返した。
で、最後に、
「ああいうふうな声は、被災地の人にとても聞かせられない」
と嫌悪感を口にした。

この黒岩知事の発言の中で、特に気になったのが「被災地の人にとても聞かせられない」という部分だ。
普通の市民がそんなことを言うだろうか?という疑問が湧いてきた。
「うなずいている人もいたが反対派の怒号に包まれた」という点もそうだ。
私は横須賀に知人もいるし、何度も行ったことがあるが、そんな過激なところではない。
う~ん、臭い!
と思っていたところ、次の記事に出会った。

県は21日、がれき受け入れ問題をテーマに制作されたテレビ番組を県ホームページ(HP)から削除した。面会した吉田雄人横須賀市長から「反対の大きな声を上げているのは一部の活動家とみられる人たちであり、地元には誤解されると困るという人もいる」と伝えられ、黒岩祐治知事が削除を指示した。

番組は県の企画・提供でtvkが制作した「復興2012かながわの苦悩~震災がれき受け入れを考える」。知事が被災地を視察した際の映像のほか、県最終処分場がある横須賀市で開催した対話集会の様子などを収録。会場で受け入れ反対を大声で叫ぶ参加者の姿などが映っていた。12日に放映された後、県HPで視聴可能だった。

知事は「どの人が地元の人なのか分からないが、誤解を与えるようなら、ただちにHPから降ろすという決断をした」と述べた。

「がれき」番組、県HPから削除/神奈川
2012年2月21日 カナロコ(神奈川新聞)

Gareki_3                   画像をクリックすると拡大して見やすくなります。

やっぱりなぁ…
「反対の大きな声を上げているのは一部の活動家とみられる人たちであり、地元には誤解されると困るという人もいる」だとさ。
これが真実。
でも、見たかったな、神奈川県が製作したテレビ番組。
“一部の活動家”、なに考えているんだろう?
震災の瓦礫も反権力闘争の対象?
大震災も原発事故も震災瓦礫も、すべてが反体制運動に化ける。
もう狂ってるね。
私は、こんな連中が同じ日本人とは思わない。

「なんで東電の尻拭いを神奈川県民が負うんだよ」
「岩手の知事になったら」
これじゃあ、「被災地の人にとても聞かせられない」よな。
福島県の原発のおかげで神奈川県民は助けられていた、という感謝の気持ちが微塵もない。
ましてや原発から遠く離れた岩手県の瓦礫だろう?

他の記事で読んだけど、いくら数値を示して「心配ない」と言っても、「政府や行政の言うことは信用できない」だもんな。
いつも回収している通常の廃棄物より「放射能濃度は低い」と言うのにね。
黒岩知事の話し合い路線は正攻法だが、相手によりけり。
カルトを相手にしても時間の無駄。
震災復興の足を引っ張るだけ。
やはり石原慎太郎東京都知事のように「黙れって言えばいい」んです。

しかし、だ。
吉田雄人という横須賀市長も情けない男だな。
私に言わせれば、サイテーの政治家である。
「媚びない政治、裏切らない政治、つたえていく政治」が政治信条―だと?
もう「ふざけるな!」と言いたい。
「地元の思いを重く受け止めてほしい」と黒岩知事に拒否を通告。
その一方で、
「知事からの丁寧な説明を求めている」
「知恵や工夫の結果を待っている」
「住民たちも私も被災地を支援したいと思っている。がれきの受け入れが支援につながることは理解している」
あ~あ、被災地から非難されたくない、かと言って地元にもいい顔をしたい。
これって、「媚びない政治、裏切らない政治」の逆だろう?
「復興2012かながわの苦悩~震災がれき受け入れを考える」を見た人たちから批判が殺到したからか?

石原都知事の言うとおり。
是も非もない。
放射線量の測定と測定結果を公開したうえで受け入れる、それでいいじゃないか!
「(川崎市は)筋の通らない反対意見は無視する」
神奈川県の瓦礫受け入れが難航する中で、阿部孝夫川崎市長が述べた言葉だ。
他の首長も、これくらいの気概がないとダメだよ。

「こんな情けない日本は子孫に残したくない」
橋下徹大阪市長に強く同感!

横須賀市役所
電話番号 046-822-4000
ファクス番号 046-822-7795

神奈川県知事のページ
電話 045-210-2034
ファクシミリ 045-210-8950

極左に負けるな!
私はFAXを打ちました。

今のところ神奈川県に寄せられている意見は「反対」8割、「賛成」2割だそうです。
断固として逆転しましょう!

【追記】
私は根が穏健なので、抗議の電話やFAXを呼びかけることは滅多にありません。
が、今回はFAXしました、県と横須賀市に。
それほど私には許せない出来事なのです。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 韓国が公式に真実を認識できる日は来るのだろうか? | トップページ | 南京大虐殺はあったと河村市長を非難する中日新聞の愚 »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

坂さま
こんばんは。
いつもありがとうございます。

神奈川県民として、恥ずかしいかぎりです。
一部の活動家=左翼は何をしたいのか?
理解できません。
被災地の人々をこれ以上傷つけるのは暴力に近い。
石原都知事のように「黙れ!」でいいと思います。
ボロボロになった社民党本部と共に
滅んでほしいです。

投稿: はやぶさ | 2012/02/26 23:15

 今回の横浜市の「ガレキ処理受け入れ反対」も今までの多くの反対運動と同様、所謂市民(団体)と称する真の横浜市民ではない擬似市民運動家(左翼)が入り込んで騒いでいるようです。
 古くは北海道長沼町の自衛隊のレーダー基地反対、千葉県成田空港開港反対等、地元の人たちの声を掻き消しように大声、乱暴狼藉・無法行為で地元の人たちの真実の声を押し潰してきたことは間違いありません。
 今回の横浜の「ガレキ処理受け入れ反対」も同様です。
 何故、このような無法な人たちが民主主義を振り回しのさばることが出来るのか、不思議でもあります。
 
 札幌はよそ様が入り込まなくとも、上田文雄市長が、真っ先にガレキ処理の受け入れを拒否しております。
 北海道新聞(系列のテレビ局も含めて)の購読者も多いこの札幌市では、「ガレキの受け入れ協力を言える」状態ではありません。
 財政困難を訴えているにも、分不相応な3億円(東京都より数倍も多い)もの義援金を勝手に決めて(明らかに市長選の選挙運動ととして)行いながら、「ガレキの受け入れ拒否」をいち早く勝手に決めてしまう。矛盾を感じてなりません。

 札幌市民として、恥かしい限りです。

投稿: 道産子爺 | 2012/02/26 23:46

ミンスが無能だからこうなる。
本当に菅なんかに総理を遣らせたのは間違いだった

投稿: アカは死ななきゃ治らない | 2012/02/27 01:13

 反対8割といっても、単純にアンケートを取れば、何となくイヤだなと「反対」に印を付ける人もいるわけで、強い反対、どうしても反対、市庁舎や県議会に押しかけても反対というわけでもないでしょう。今回のがれき騒動は、石原都知事ほどガツンとやれない気弱な黒岩知事が「唇をかみ締める」みたいに自己倒錯的な演出をして、それに神奈川新聞みたいな低レベル地方新聞の瓦版記者が、いかにも反対勢力が強いみたいにみせかけて記事にしたってだけだと思います。以前、私は自分が発言していないことまで神奈川新聞にウソこいて記事にされたことがあります。記者ってのは、そういうウソ記事でメシを食ってる奴もいるということ。世間の耳目を引くような騒動がなければ、連中は仕事がないのですよ。
 反対派の呼びかけ人も中心団体も、調べてもさっぱりわかりません。活動実態がない、というのが正しいのでは?神奈川は京浜安保共闘を生んだ土地ですから、合法活動の方に進んだ旧全共闘オヤジどものなれの果てが騒動を起こしている可能性はありますが、そこまでのことかな?とも思います。単純に、家では家族から疎外されてヒマなくせに、何かにつけうるさい爺猿どもが目立ちたくて県議会で騒いだってだけではないですか。

投稿: 平野國臣 | 2012/02/27 01:18

 敢えて書きますが。

 ガレキに何ベクレルの放射性物質がついているのか(この表現が正しいかはわかりませんが)、どうやって測定してるんでしょうね。高いものも、低いものもあるでしょうに。まさか、一つ一つはかっているわけではないでしょうから、トラックの荷台から抽出とか、あるいは集積場からサンプル検査一回とか、そんな感じなんでしょうか。
 政府がまともに情報を出さず、後出しじゃんけんで出す情報は事前の情報より悪いものばかりなんで、不信感を抱いている人もそれなりにいるんじゃないでしょうか?

 このエントリーだと、反対しているのは一部の極左だけということのようですが、母親の集まりに行くと、「嫌だ」とはっきり言う人のほうが多いです。そりゃ、建前は「がんばろう日本」や「絆」ですけど、本音は「嫌」だと思っている人もそれなりに居ると思います。
 以前、東京都にがれきの受け入れについて問い合わせをしたことがありますが、反対のメールなどはかなりの数届いているそうです。担当の方ははっきりおっしゃいませんでしたが数千単位であった模様です。
 それが少数の左翼だけがやったのかは私にはわかりません。

むろん、左翼からのものもあるでしょうけど、私の周りでも反対のメールや電話をしたという人が結構いました。左翼でも、右翼でもない、政治に特に関心のない一般の人です。

>福島県の原発のおかげで神奈川県民は助けられていた、とい>う感謝の気持ちが微塵もない。

 私は東京都民ですので、福島第一原発で発電されていた電気を購入していたでしょうし、今でも東京都以外の発電施設でつくられた電気のお世話になっています。
 しかし、世界中でも類を見ないほど高額な電気代をちゃんと支払っています。
 原発のある自治体だけでなく、福島県にもじゃぶじゃぶ補助金が流れてきたこともわかっています。
 福島第一原発事故は人災の部分もあったことが指摘されています。そこで働いていた人の殆どは福島県民ではないですか?
 自分たちが手厚い福利厚生を与えられていること。従業員の娯楽費用まで「原価」として請求して、それを電気代として支払わせていたこと(そういう経理処理はすべて東京にいる東京電力の社員がやっていたと?そんなバカな)。

 自分たちが働いている発電施設で、事故を想定した訓練なんてほとんどやっていないこと。こういうことに目をつぶって、サボタージュしていたのも(少なくとも一部の)福島県民です。

 誘致した自治体や福島県にお金が流れていたのは、事故が起こった際に危険だからという側面もあります。
 そして事故が起こってしまったわけで、危険でもなんでもないなら、多額のお金を渡す必要もなかったのでは?危険であることは理解したうえで、経済的な利益を享受していたのではないですか?
 事故が起こったことは残念ですが、その危険性があるのは最初からわかっていたはずで、かつ、お金も受け取っていたわけですが。

 「関東民のおかげで生活できてたんでしょ?」と言うつもりはありません。
 しかしながら関東の人はきちんと電気代(しかも相手の言い値)としてお金を払っていたわけで、必要以上の感謝の気持ちを抱く必要はないと私は考えます。 

投稿: 本音と建て前 | 2012/02/27 02:27

せっかくなので、横須賀市長の吉田雄人氏のTwitterアカウントは @YoshidaYuto のようです。

投稿: Inetgate | 2012/02/27 03:33

原発反対派のデモや集会で、よく見かけるプラカードに「NO NUKE」と書いたものがあります。皆さんも、ご覧になったことがあると思います。

そのプラカードを持っているのは日本人、彼らが訴えようとする相手も日本人。
「NO NUKE」という表現、英語圏の人間なら理解可能でしょうが、多くの日本人にはわからない表現です。
何かを訴え、共感、同調を得ようとするとき、相手にとって、最もわかりやすい表現を使う筈ですし、使うべきです。

相手のことなどお構いなし、自らのポーズだけを重視する独善性と、根本では「大衆」を「馬鹿」にしている心情が透けて見え、不愉快千万です。
実によく彼らを象徴しています。

これは、解放同盟の糾弾のように、弱者を装い、弱者を語りながらも、他者には強権的・暴力的に振る舞うことと同じに見えます。

彼らの根底にあるものは共通です。
「大衆」は、無知だという蔑視の感情。
表面的な言葉と裏腹の心理が、「左翼」と称される人の多くにはあります。

低迷する左翼運動の高揚に最も「有効」な手段が、最近では「反原発」です。
人々の不安を煽り、政治への不信を利用し、勢力の拡大に利用しようとする、極めて卑怯なやり方です。
証拠はないのですが、「外国勢力」の後押しもあることでしょう。

このような卑怯な横暴の前には、「絆を大切に」という言葉のなんと無力なことか。
これ以上、「市民」と称する「プロ左翼」の跋扈を許すことはできません。

震災からもうすぐ1年。
震災復興の大きな障害の一つは瓦礫です。
全国民が、瓦礫の処理を受け入れることこそ、「絆」なのではないでしょうか。
勿論、十分な安全性の配慮を前提としてのことです。
「絆」を大切にしようとする人達が、Silent majorityになってしまい、Noisy minorityに圧倒されてはなりません。

「瓦礫を受け入れようではないか」
この声を、聞こえる声にし、大きな声にしていくこと。
その動きをつくることが、今、求められていると思います。
震災で亡くなられた方々への誠意と鎮魂になると考えます。

「反原発派」のヒステリックな金切り声をかき消す時は、今です。

投稿: Ethos | 2012/02/27 05:32

地元説明会ですか。対話集会ですか。
黒岩知事の誠実さと正攻法は評価しますが、左翼に対する対し方は甘すぎます。
朝鮮学校に視察に行ってコロッと騙され補助金の交付を決めたこともしかり、甘ったるくて虫歯が出来ます。
知事は説明会に集まってくる「市民」はフツーの市民だと思ったのでしょうか。100%サヨクが来るに決まっています。

最初から反対するつもりで集まってきた連中ですから知事の説明など理解しようとすら考えてはいません。
そして彼等の常套手段「吊るし上げ」と「怒号」が渦巻いたのは当たり前のことです。

連中にとってはブログ主様の言われるとおり、反権力闘争の対象なのです。それもこの原発事故は彼らにとっては千載一遇のチャンスなのです。いままでくすぶって埋もれかけていた自分たちがまた息を吹き返す絶好の機会なのです。

そもそも集会をしたってこんな連中しか集まってこないのだから最初から集会で納得してもらおうとする方法はやめるべきです。

今後は「誠意だけでなく知恵も絞る」と言われたとか。
橋下知事のように絶えず情報発信をしながら強引に実行すればいいことです。
石原都知事の「黙れ!」でいいんです。
「文句があるなら私を選挙で落とせばいいこと。」
「あなた方の反対の声が本当に市民の声なのかその時はっきりわかります」
「復興とか絆とか言っても行動で示さなければ偽善者になってしまいます」とか言ってください。

強引に実行すれば、瓦礫を積んだ船の陸上げ阻止、あるいはトラックをバリケード封鎖なんてことも起こるかもしれませんが、その時はその時です。
どちらが正しいか国民も市民も見ています。

その集会の時の聞くに堪えないような怒号のビデオをHPに再アップしたらいいのでは。
あらゆることを国民の前にオープンにするべきです。

投稿: 琴姫七変化 | 2012/02/27 08:00

神奈川県知事へのフォームメール

https://cgi.pref.kanagawa.jp/contents/form_mail/request_form.php

私は 高田純さんや池田信夫さんが正しい情報を発信していると思います。

http://gepr.org/ja/

左翼反原発連中は自分の母国である、北朝鮮や支那での原発にまず反対してくればいいんです。核爆弾も同じです。長崎の反核運動は支那領事館を取り囲んで「日本へむけている核弾頭を撤去せよ~」などとシュプレヒコールをあげたこともありません。まったくくだらない。

断固として左翼に負けてはなりません。

投稿: amotoyamatotake | 2012/02/27 11:34

反対してるのは左翼活動家だけではありません
一般住民も反対しています
私も反対です
日本中を汚染する必要はありません

投稿: | 2012/02/27 11:36

琴姫七変化さんに同意。
黒岩知事は、フジテレビの報道2001時代から知っていますが、リベラルで独善的なところがあり、保守とは相容れないところがみられました。
首長になって実際に政治を担当して、少々戸惑いの姿勢が見られ、自信を失っている様子がみえます。
今の政治家に一番必要な素質は、思想の是非は兎も角、小泉元首相や石原都知事や橋下大阪市長のように腕力の強さです。
総ての政治家がそうであってはまた困りますが・・・(苦笑)

投稿: tbsasahinhk | 2012/02/27 11:48

ブログ主様、今回の記事 被災者ではないですが、お礼申し上げます!
普段、美辞麗句ばかり言ってるヒダリ~な人たち
イザとなるとエゴのかたまりです。
あんな人たちが放射能がうつる なんて差別をしたのかもしれません。

瓦礫を全国で受け入れるべきです。
いたずらに危機をあおるのではなく正しい情報を流して
国民全体に協力を求めるべきです。

投稿: 電気は湧いてこない | 2012/02/27 16:10

脱原発派のヒステリーや、彼らをあおり立てるプロパガンダ屋は、瓦礫ばかりではなく、たとえば京都での大文字焼きを被災地の倒木で行う計画を中止させ、日南市での福島産花火使用を中止させ、那覇市での青森からの雪を用いた催しを中止させたりしています。福島県での、放射線に対する安全教育の催しまで中止させています。

しかし、聞いてみれば反対意見は全体のごく少数であり、それで自治体は混乱を避けるために中止しているわけですが、あまりに事なかれ主義であり、そんなところが左翼共につけ込まれるのでしょう。

とにかく大声で怒鳴り、正論を圧してしまうのが彼らのやり口であり、総会屋が株主総会を混乱させて金を強奪するやり方そのものです。

これらの集会が怒号に包まれたとしたら、彼らをそこから閉め出すくらいの気概を見せることで、多くの良識派から支持を得られるはずです。

結局このようなならず者達をのさばらせたのは、事なかれ主義、責任を取りたくない自治体の姿勢にあります。

その意味では、橋下氏や石原氏は評価できます。

一番の事なかれ主義でまともに何一つ決められない無責任の塊が民主政権です。ならず者国家の言いがかりにとにかく事なかれ主義で何もまともな対策を採らない政権が、そのまま自治体に範を示しているのでしょうか。

投稿: たかおじさん | 2012/02/27 16:36

>左翼でも、右翼でもない、政治に特に関心のない一般の人です。

そのような連中はいわゆる扇動に乗りやすい「愚民」だろ。
同じ日本人が大量のがれき処理に困っている。
それを同じ日本人が放射性物質に過剰反応して
受け入れを拒んでいることが「おかしい」とは思わんのかね。
しかも受け入れるがれきは福島ではなく、
遠く離れた岩手のものなのに。
放射能がそんなに心配なら
計測器を持って、積み込みから搬送、焼却まで
付きっ切りで計測してろよ。

それにブログ記事中には「必要以上に感謝しろ」などと
どこにも書いてない。
「感謝の気持ちが微塵もない」を曲解した、牽強付会の表現だ。
反日サヨクによく見られる「すり替え論法」に他ならない。恥を知りなさい。
黒岩はもともと「ええかっこしい」の反日サヨクだから
「受け入れない」口実を他者に転嫁しているにすぎない。
横須賀市長や神奈川新聞とのやりとりは
マッチポンプなのでご注意を。

投稿: やす | 2012/02/27 16:41

初めてコメント差し上げます。いつも高邁な論考を拝読して感じ入っております。
昔、原発の検査機器の開発に従事して、1時間で自然界での年間被曝量に相当する場所に入っておりました。放射性物質は比較的身近な存在でした。現在の反対気分は福島がなくても反対していた者たちの格好の餌食になってしまっているようです。
瓦礫の処理はこの事態では、荒っぽいようですが、焼却してその煙を高空に拡散して、平均レベルを下げるのが最も手っとり早い手段です。中国が大気圏内で核実験を行っていた頃、気象庁の降下物測定値は現在の1万倍ほどになっています。(気象庁データより)その時を平然と実害もなく過ごしていたレベルに拡散させるのが一番でしょう。
因みに、今主体のセシウム137は、77000ベクレルを体内に取り込んだ時、人体影響が1ミリシーベルト(50年間の累積)になり、気にもならないものです。この変換はICRPの「人体ファントム」で算出された数値で、全物質の換算係数が「緊急医療ポケットブック」にあり、そこからの計算値です。放射性物質があったなかったで騒ぐのは脳のレベルの問題か、どこかの煽りの問題でしょう。
セシウム137は半減期30年弱(人体半減期100日)でバリウム137(非放射性)に変わります。純粋物質として取り出せれば有用資源になりますが、残念ながら、素早く「消す」手段はありません。問題にもならない量で騒ぐ者には都知事のように「黙れ」と言えば良いのです。しかし、人心の劣化にはうんざりします。
取り急ぎ失礼します。

投稿: 団塊老人 | 2012/02/27 18:22

たしかに・・・
中国が核実験していたころは現在の1万倍の放射能降下物がありました。
産経新聞に出ています。
「90年代以降、1カ月の地表への降下量はピーク時の1万分の1以下となる0・01ベクレル程度に落ち着いていた」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110428/trd11042823060023-n1.htm
 

今よりも1万倍のときには何も言わなかった左翼が
1/10000だと騒ぎだす。
 

牛肉マフィアが後ろ盾のシーシェパードと同じだね・・・

投稿: 柳生大佐 | 2012/02/27 21:04

>反対してるのは左翼活動家だけではありません
一般住民も反対しています
私も反対です
日本中を汚染する必要はありません

根拠レスに不安をあおるサヨクに乗せられた一般住民ね。
それを世間一般は「愚民」と呼ぶ。

岩手や宮城のがれきを受け入れるのが「汚染」?
じゃあ何か、宮城県民や岩手県民は汚染住民か?
日本人とは思えぬコメントだな!

投稿: やす | 2012/02/27 22:26

今回の記事で話題になっている街に住んでいる一人として言いますと、放射能を怖がっている人って私は見たことがないので、この街には恐らくたいしていないのではないでしょうかね。
とはいえ、放射能と聞いて何となく不安にはなると思うので、そこを煽られたのではないかと思います。

この街には原子力空母もいるし、原発の燃料棒を造っている会社もあるのに、騒いだことなんてないですからね(去年の4月にその会社が放射能漏れ事故を起こした時にさえです)。

毎年左翼がする米軍基地反対デモにも一般市民は無関心。
まあ今回の話は反原発の市議の一人も頑張っているみたいですが。

投稿: すぷー | 2012/02/27 22:47

環境派

エコではなくて

エゴなひと~

失礼しました

投稿: | 2012/02/28 07:23

>政府がまともに情報を出さず、後出しじゃんけんで出す情報は事前の情報より悪いものばかりなんで、
>不信感を抱いている人もそれなりにいるんじゃないでしょうか?

ならば何を信じればいいのでしょうか?
自分たちの都合の良い情報なら嘘でも信じ、
逆に自分たちには都合の悪い情報なら真実でも信じないのでしょうか?

投稿: CONRAD HILTON | 2012/02/28 19:56

団塊老人 さん

>セシウム137は半減期30年弱(人体半減期100日)でバリウム137(非放射性)に変わります。純粋物質として取り出せれば有用資源になりますが、残念ながら、素早く「消す」手段はありません。


それは物理学的半減期ですね。セシウムの生理学的半減期は三ヶ月程度だと聞いていますので、蓄積の心配は無い事を付け加えさせていただきます。

現在沖縄県は効率と費用の問題で瓦礫受け入れ対象外になっていますが、仲井真知事はそれでも瓦礫受け入れ可能性の調査検討に踏み切りました。福島県から一番遠く、左翼連中がはびこる沖縄県でさえこうなのですから、他の県は良く考えた方が良いと思います。これで他の県が受け入れ可能性の「検討さえ拒否」したら、笑われ者です。

投稿: | 2012/02/29 00:03

絆だのなんだの、上っ面だけ言って、僅かな義捐金を出せば被災地は救われると思ってる馬鹿が沢山居ますね。
このコメント欄を読む人にもいるでしょう。
そういう人が山本太郎のようなキチガイを産むんですよ。
自身・津波に被災したのは東北だけじゃない。
原発事故で被害を被ったのは東北だけじゃない。
日本中が大なり小なり被災している。直接の被災だけじゃなく
仕事や生活に大きな影響受けてます。
それなのに一部のキチガイのおかげで助け合いができないとは
橋下市長じゃないけど、こんな情けない日本なら潰れてしまえ。


投稿: t | 2012/02/29 10:37

拙論にコメントを頂きありがとうございました。
以下の論点について補足します。

>それは物理学的半減期ですね。セシウムの生理学的半減期は三ヶ月程度だと聞いていますので、蓄積の心配は無い事を付け加えさせていただきます。

 セシウム137の半減期には、自然でも体内でも核崩壊によるのが30年弱、人体が新陳代謝によって体外に排出する作用での半減期が約100日です。蓄積については言及の意味が少し不明ですので、以下に補足させて下さい。管理人さん、この場を借りて済みません。

 放射性物質の減衰曲線(時間関数)は次の通りです。
N=N0・exp(-t/τ)、N:時刻tのベクレル値、N0:初期のベクレル値、τ:時定数
半減期をTとすれば、N=N0/2となる時刻なので、
これを代入して、両辺の自然対数を取って計算すれば、T≒0.69τ となります。この減衰曲線は、電気回路のコンデンサに蓄えられた電荷を抵抗を通して放電させる関係式と全く同じです。因みにこの式を時刻0から∞まで積分すれば着目する全放射性物質量になります。
ここに新たな放射性物質の追加がなければ、物質量総計としての蓄積はありませんが、セシウム137は生体内では筋肉に集積する性質があるので、その意味での「蓄積というより偏在」はあります。この点、使う用語の難しいところです。
また、ICRPが医学的には反証データが多いのに頑迷に固守して、日本で法制化されている「人体影響での蓄積概念」があります。こちらが人心を惑わすこと甚だしい。長くなり申し訳ないですが、この部分は(続き)で書きます。LNT仮説も問題です。

投稿: 団塊老人 | 2012/02/29 11:58

「蓄積問題」の続きです。
ICRPは人体影響(シーベルト値)は蓄積するという主張を固執しています。10ミリシーベルト/年の被曝を10年続けた場合と、100ミリシーベルトを一度に浴びた場合の影響が同じになる、というのです。しかしこれは最近の医学・遺伝子研究で強い疑義が出されています。傷ついた遺伝子は自己修復能力があり、修復できなかった細胞は自殺(アポトーシス)して娘細胞を残さないことが明らかになっています。p38遺伝子とp43遺伝子が関与するとされています。修復が間に合うような低レベル放射線被曝は蓄積しないことが示されています。
にも関わらず、日本の法制はICRPの意見をそのまま受け入れて作られました。統計的なデータでは、100ミリシーベルト以下の低線量被曝では全ガンリスクが他の要因(飲酒、喫煙、ストレス等)に埋没して有意差がわからないか、リスクが無いかのいずれかです。日本の喧騒的議論の根拠がここにあります。被曝線量が蓄積するという大前提のもとに、人間の寿命最大100年として、年間1ミリシーベルト(除く医療、自然界)にすれば、生涯のリスクが無くなるという、単純脳から得られた数値です。文科省が1ミリシーベルト/年を目指す、と現状を無視して公言したのがこれです。これを根拠にして反核活動家が蠢くのです。ICRPは事故時の緊急対応として、20~100ミリシーベルト/年を日本に勧告しました。これを潰したのが、テレビカメラの前で泣いた某東大教授でした。そして、農業産品の規制値だけが厳しくなり、生産者は大打撃を受けます。
新規制値のセシウム137の米100ベクレル/kgを食べて、1ミリシーベルトになるには、770kgを食する必要があるわけです。前の規制値500ベクレル/kgでは150kgでした。尚、人体ファントム「コンピュータ上の仮想的な人体モデル」で人体半減期も考慮した換算係数は大人で50年間の累積値(実効預託線量)を示すものです。政府もマスコミもごちゃごちゃにしているようで、正確な計算(減衰カーブを年単位に区切って積分)を出して論じたマスコミも政府首脳も知りません。このようないいかげんさが、ヒステリックな声(子供には1ベクレルも与えないと叫ぶ女性)を糾合して活動家が情念的に動き、マスコミが無批判にそれを民意として報じるわけです。これで被災地の瓦礫処理と復興ができるわけがありません。人間すべて放射性カリウム(K40)を主体に5000ベクレル前後を持った「歩く放射能」であることを置き去りにした愚論がまかり通っています。前途は暗い。管理人さん済みません。長くなりますが、LNT仮説問題を次の項で続けさせて下さい。

投稿: 団塊老人 | 2012/02/29 14:26

管理人さん長々と済みません。「蓄積問題」の関連系としてLNT問題を続けます。
現在の放射線への過剰反応の要因がICRPの唱える
LNT(直線しきい値無し)仮説です。
これは現在でも仮説のままであり、証明する根拠はありません。逆にLNT説よりも影響度は少ないことを示唆するデータが医学界から出ています。
ICRPは1950年代にこれを医学者の反対を押し切って採択しました。某スゥエーデンの学者は「20世紀最大の科学スキャンダル」と評しています。
LNT仮説では、1シーベルト(1000ミリシーベルト)での全ガンリスクが5%(広島、長崎、その他の事故時データから、これは共通認識)増加することを根拠にして、このポイントとゼロシーベルトの間に比例関係がある、とします。ここから、100ミリシーベルトでは0.5%、1ミリシーベルトでは0.005%だとするわけです。しかし、東大の放射線治療部隊や産科婦人科学会(だったと記憶)は100ミリシーベルト/年を安全基準の目安にすると公表し、これ以下では比例せず影響のない「しきい値」があるとデータから主張しています。(しきい値説)またNASAの宇宙飛行士のデータ(宇宙滞在では、1日で地上の年間分を被曝)が逆にバイタル係数が好転していることから、低線量は健康に良い、という説(放射線ホルミシス効果説)も出て研究されています。我々日本人の、ラジウム温泉が健康に良いという経験則に合致します。人気のあった山梨県の増富温泉は11100ベクレル/Lの放射性ラジウムを含んでいます。東京の水道水が一時、500ベクレル/Lで大騒ぎしたこととの落差に唖然とします。中国広州では高放射線地帯があり、住民の丹念な調査で、疾病率の低下が認められています。世界の数か所の同様な地帯でも、疾病率の有意な増加は認められていません。
多くの反証のある中での、科学的根拠のない1ミリシーベルトへの固執が、瓦礫対策や復興の阻害主因どころか、国全体を破壊すると思えてなりません。
重ねて主張しますが、瓦礫は焼却すべし(減容)。煙を高空に飛ばして全体に拡散してレベル低下を図るべし。
焼却灰は化学的にセシウムを吸着除去して濃度を下げ、一般土砂とする。吸着セシウムはガラス固化して地下に埋設するか、海底に沈める。昔、旧ソ連の原潜が高レベル廃液を日本海の日本漁場に恒常的に垂れ流ししていましたが、マスコミの取り上げは申しわけ程度でした。今は「生物濃縮がどうのこうの」と根堀り葉堀り「危険」を煽りますが、あのとき旧ソ連を等閑視したマスコミに、今を針小棒大に批判する資格があるのか、と言いたいですね。瓦礫と放射性物質をイデオロギーや宗教的忌避感で処理妨害するのは国賊ものでしょう。
長々と失礼しました。管理人さんありがとうございました。

投稿: 団塊老人 | 2012/02/29 15:42

> 坂様、団塊老人殿

放射能(低線量放射線被曝)に対する迷信や洗脳への解除の書き込み、ありがとうございます。

LNT仮説問題となりますと、下記の掲示板での論争や人力氏の検討が参考になると思いますので、案内申し上げます。

21. LNT仮説への疑義と論破の試み
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/870.html

「人力でGO」 「福島原発事故」 でお探しの上、どうぞ。...他の方のブログのアドレスとなりますので御容赦を。

投稿: ムフフ | 2012/02/29 16:57

>団塊老人さん

これはこれは、率直に申しまして私では理解が及ばない数式もありましたが、概して勉強になりました。ありがとうございます。

放射性物質の体内動向は一筋縄ではいきませんからね、単回摂取と複数回摂取では当然体内被曝量の経緯が変わってきますし、ご指摘通り体内においてもその濃度の高低差はあります。しきい値の有無に関しても、低濃度だと他の要因との区別が困難ですからね。
私は「直ちに影響がある毒入り餃子」の方がずっと恐ろしい。

本日の党首討論で瓦礫問題への言及があったようですが、その事をNHKニュースでは報じませんでした。野田総理も谷垣総裁も、瓦礫問題に関してはほぼ一致した見解だった為に、対立構図が無いつまりニュース性が低いと判断したのでしょうか。
メディアには瓦礫問題の深刻さを、もっと繰り返し訴えてほしいものです。

投稿: 2012/02/29 00:03です | 2012/02/29 21:08

〈必要以上の感謝の気持ちを抱く必要はないと私は考えます。 

では、ジャブジャブお金をまいても、関東地方のど真ん中に原発を作れるはずがない・・・・。
感謝は当然するべきではないのでしょうか!

岩手県北で神奈川県より原発から遠いうえ、原発の交付金なんて1円ももらっていない被災者より

投稿: 848 | 2012/03/03 16:08

神奈川横須賀市と岩手県宮古市は福島第一原発からほぼ同じ距離です。
地図を確認して下さい。
風向きによっては神奈川の方が放射能に汚染されています。
瓦礫受け入れ反対の方はこれから二度と自分達のゴミは出さない事、ゴミ焼却処理をしないで下さい。

投稿: 明日は我が身 | 2012/03/09 12:39

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書 | 2012/04/10 14:07

昨日はあの大震災から丸5年を迎えましたが、変態左翼のヒステリックさ、基地外さばかりが目立った5年間であったとも思います。
さらに、変態左翼による基地外じみた「節電」「反原発」「脱原発」狂騒曲、震災や原発事故に乗じた基地外じみた東電・原発・政治家・政治・総理叩きばかりが目立った5年間であったと思います。
むしろ、「被災地の復興が進んでいない」「振興予算が被災者のために使われていない」と、政治家や総理を吊し上げる。
そんなに被災地や被災者のことが気になるのなら自分が率先して活動すればいいのに、それさえもしない。
この前の新国立競技場の「聖火台が無い」問題もそうでしたが、政治家・政治・総理の失態は彼ら変態にとって実に「メシウマ」だと思います。

彼らはあれだけ「被災地」「被災者」と言っていながら、彼らの口から震災の犠牲者を悼む言葉や被災者を見舞う言葉、被災地の復興を祈る言葉を一度も聞いたことがありません。
このエントリでも取り上げられている、震災瓦礫はまさに「ババの押しつけ」のような感がありましたし、基地外じみた変態左翼・マスゴミらがその処理を妨げたとも思えます。

>反対の大きな声を上げているのは一部の活動家とみられる人たちであり、

沖縄で騒いでいる「市民」は県外の人と言われていますが、この神奈川県の件でもそれが言えると思います。
このエントリは4年前のものですが、この一連の件も変態左翼・マスゴミらの基地外ぶり、それに洗脳された人たちを感じ、日本の腐敗ぶりを語って余りあると思います。
さらにこれは沖縄の「反基地運動」、安保法案での基地外じみた「反・戦争法案」狂騒曲、さらには「反・アベ政治」狂騒曲・「反・アベ総理」狂騒曲にも発展していったと思います。
日本人の、変態サヨクらの醜さばかりを見せつけられた5年間であったと思います。

投稿: 成田あいる | 2016/03/12 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54081685

この記事へのトラックバック一覧です: 震災の瓦礫も反権力闘争の対象? 反日変態左翼らしい:

» 【経済】ホリエモンが獄中から憤慨 「オリンパス上場維持の結論は不公平だ」 ライブドアは2ケタ小さい53億円の粉飾でも、上場廃止 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 「オリンパス上場維持の結論は不公平だ」――ホリエモンが獄中から恨み節だ。オリンパスの損失隠しは10年以上にわたって繰り返されたうえ、その金額は1000億円以上。調査に乗り出した英国人社長を解任するなど隠蔽工作も悪質なだけに、東証の「上場維持」は腑に落…... [続きを読む]

受信: 2012/02/27 06:11

» 二二六事件で思うこと [普通のおっさんの溜め息]
事件のあった昭和初期と似ている今の日本・昭和維新の歌・がたがたの民主党政権・受け皿としての信頼感がない自民党・経済崩壊しても原発即時廃止の人達・自己批判のないマスコミ  昨日は2月26日で昭和11年の同じ日に二二六事件と言う陸軍将校によるクーデター未遂...... [続きを読む]

受信: 2012/02/27 22:26

» 河村発言と「へたれ」メディアの病理 [風林火山]
今回の河村たかし名古屋市長の南京「大虐殺」を否定する発言は、またとない議論のチャンスであると同時に、売国議員、売国メディアの踏み絵となる。 [続きを読む]

受信: 2012/02/27 23:31

» 【自民党】 「谷垣氏では戦えない」 石破、安倍、林…「ポスト谷垣」いよいよ活発化 総裁選前倒し論が強まるのは確実  [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 自民党の谷垣禎一総裁への風当たりが強まる中、9月の総裁選を見据えた「ポスト谷垣」候補の動きが活発化している。党内では、消費税増税関連法案の成立と引き換えに、野田佳彦政権に解散を約束させる「話し合い解散」論が拡大しているが、そこには解散前に総裁選前倒し…... [続きを読む]

受信: 2012/02/28 06:24

« 韓国が公式に真実を認識できる日は来るのだろうか? | トップページ | 南京大虐殺はあったと河村市長を非難する中日新聞の愚 »