« 自己否定と懺悔の政治から決別する時が来た | トップページ | 若者の部落離れが著しい…と嘆く解同が望む人権擁護法 »

2012/02/18

政治を語る前に被差別部落を学べ!と言いたい

皆さん、こんにちは。
このところ部落解放同盟(解同)を批判するエントリが多いですが、さすがに緊張します。
最初に批判したのは、ブログを始めて2か月足らず、2005年5月3日のことでした。
正直に言うと、「怖かった」です。

私は解同側にいた人間ですから、彼らの糾弾闘争を身をもって知っている。
もし、私が糾弾される側に立ったら持たない!と本能が忠告するわけです。
それでも私は、解同を批判し、追求する記事を書き続けてきました。
人気ランキングの上位に位置するブログで、ここまで解同と部落解放運動に言及してきたのは私だけだと思います。
逆に言うと、解同を語らずして日本の政治を「語れるのか?」と強く思います。

大阪や橋下徹を語る上で解同問題は欠かせません。
そのことに無知で橋下を批判している輩がやたらと多い。
もうアホか!と言うしかありません。
ただ、さすがに、このブログには、それを承知の上で橋下を批判している方々がいる、それは評価しています。

Nara   これがポルシェに乗る解同の奈良県連幹部・中川昌史の雄姿(懲戒免職、職務強要罪で有罪)

同和(解同)問題は難しくてね。
差別と貧困、暴力と理不尽が同居しています。
左派は差別と貧困を問題視し、右派は暴力と理不尽を批判します。
でも、差別と貧困はほぼ解消され、後に残った暴力と理不尽が現在の同和問題、と私は理解しています。
暴力と理不尽が同和利権の闇を生む、その典型が大阪です。
「同和」と言うだけで、「解同」と名乗るだけで特別扱いされる、こんな社会は異常です。

東日本に住む方には理解不能な現実が実際にあるのです。
今は正確には解りませんが、私が公務員だったころ、所属する職場でいちばん偉そうだったのは局長ではなく、その運転手でした。
たかだか指定都市の局長にすぎないのに専用車がある、これも問題ですが、運転手に被差別部落民を採用するため、と思えば納得がいきます。
で、その運転手が横柄なんですよ、サングラスをかけてね、本庁舎内で。

私が働いていた指定都市では、共産党推薦の市長候補が保守系の現職に肉薄してから方針が90度くらい変わりました。
「逆差別だ!」という訴えが市民の投票行動を変えたのです。
が、大阪市はそういうこともなく、解同が支配する労組と市当局が癒着して、二人三脚で大阪をむさぼってきた、これが事実です。
橋下が熱狂的に歓迎されるのも無理からぬところがあるのです。

私には忘れられない思い出があります。
当時の指定都市は9都市でした。
毎年1回、所属部署の担当者(係長以下)が集まる指定都市会議がありましてね。
で、その年は、横浜市の主催でした。
その時に、会議に出席した横浜市の担当局長の発言が未だに脳裏に残っています。
彼は、被差別部落を「横浜の寿町」と認識していたのです。
言うなれば、東京の山谷、大阪の釜ヶ崎です。
これには愕然としました。

東京に被差別部落はありません、横浜も同じ。
でも、西日本には被差別部落があり、解同という暴力団と見分けがつかない団体が存在するのです。
橋下は、その被差別部落出身にもかかわらず、解同が支配する労組と真正面から闘おうとしている。
私が支持するのは当然です。

~文中敬称略~

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 自己否定と懺悔の政治から決別する時が来た | トップページ | 若者の部落離れが著しい…と嘆く解同が望む人権擁護法 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

大阪でやってる分にはいいですけどね。国政に出てくるわけでしょ。で、TPP参加賛成、外国人参政権賛成、首相公選制なわけでしょ。とてもじゃないが支持出来ません。

投稿: ちはやぶる | 2012/02/18 09:21

「糾弾集会」はどう考えても人権侵害に当たると思うのですが、今もなくなってはいないのでしょうか。

だとすれば「人権擁護委員会」を新たに設置する「人権擁護法」には反対です。

尚、当地にはいわゆる「被差別部落」はなく、住民が「集落」の意味で誰もが「部落」という言葉を使っています。

投稿: JBOY | 2012/02/18 09:23

>橋下は、その被差別部落出身にもかかわらず、解同が支配する労組と真正面から闘おうとしている。
私が支持するのは当然です。


特権は差別ですから廃止せねばなりません。共産党は解放同盟については評価できますね。反代々木との戦いなのでしょうが、しかし両者は支那を介して結びつくと私は見ています。革命の実力はソ連のない今では支那に助力を求めるはずですのでね。北朝鮮とねんごろにしている極左も結局は背景の支那と組むはず、日共も支那とは握手しています。融和の日も来るでしょう。そこが時代の結節点となると見ています。

とまれ、長崎の百人斬り授業を許さず、法令違反も許さず。日教組と教委の馴れ合いも許さず。抗議先はURLへ

投稿: amotoyamatotake | 2012/02/18 10:29

一般的なことは誰にでも言えます。
正義を語ることも同様です。
憂国を装いながら語るにしても、安全地帯からの発言は、至極、簡単なことです。

ましてやハンドルネームという「匿名」に守られていれば、恐れることなど何もありません。

ただ、あなたは違う、

明確に自身を晒し、発言されている。
「日本のタブー」と言われるこの問題に、真正面から発言されている。

陰に隠れての発言と、身を晒しての発言。
これほどの違いはありません。

勇気に敬意を表します。そして、あなたの憂いは本物だと思います。

「ネット上だけの勇者」の横行に辟易させられ中、確実に輝く存在です。

今後とも注視させてください。
自らに「空気を入れながら」拝読いたします。


投稿: Ethos | 2012/02/18 13:41

難しい!。依存症の先生もご自身で書かれておられる通り、私も勇気がある人だ、そう思って拝見いたしておりました。随分ややこしい問題で、あの地域と人々は特別法で守られておりまして、以前とある同和地域の方々の車に乗せて頂いた時のこと、運転手は酒でべろんべろんに酔っているのですが、これで運転も平気、捕まらないからな、と不敵な笑いで毎日やっておられるのを見て当られた人が可哀相だと思い、乗せていただく事もなくなりました。あの地域や住宅の不法・路上駐車は捕まりません。嘘か真か、警察車両が路上駐車の取り締まりにまわると「警察がきますので車を移動させておいてください」と地域の連中に先に情報が回り、なんの効果もないと伺った事もありました。又所謂同和で似非同が問題になっておりますがこれも「税金を払わないで良いのだから入らないか」と勧めて回っているのだそうで、最近は会員も少なくなっているのでこういう勧誘をして解同に入れているのだそうです。因みに私を乗せてくれた人達も自称「似非同」だそうで、商店経営者でしたが一応に「同和じゃないが税金を払わないで済むから入っている」と言われていました、もちろん地元の同和の方に言わせると大嘘だそうすが、過去の悲しい事実からすると同和を名乗りたくない方がいても当然。ま、そういう悲しい人々ではなかったように見受けられましたが。又何より問題なのは学校教育の「仲良し教育」なのだそうで、体験者によると勉強なんてものではないらしいとの事。掛け算割り算・漢字まで?だそうですが問題が大きいのでそれはおいておきましょう。しかし何よりいけないのは、逆差別というものが同和地域にはあることなのです。同和地区の学校に通う生徒はあらゆるお金が無料で教科書等当然らしいのですが、同和でない生徒は有料です。しかも「仲良し教育」の為自費で塾に通い勉強をしなくては当たり前の進学も出来ないそうです。橋下さんもこの逆差別はご存知ではないかと思いますが。ま、差別が利権になる、子供の時代からそうなのですから大人になったらどうなるのかは今の大阪市公務員を見ればお分かりの通りですね。又時代も変わりまして彼方此方の同和地域に行くと、嘗ては解放同盟出身の議員の看板と政党ポスターが民主・社民多数見受けられたのですが、今では公明一色。ああいう地域にある議員相談所も公明一色。もちろん特別な、市営府営住宅の窓には、嘗ては色とりどり民主社民共産のポスターが貼られていましたがここ十年は公明ポスターのみ。いつの間にか解放同盟も実は在日暴力団に乗っ取られているとか噂でも聞きましたが、在日あるところ創価あり。時代も変わり大阪を支配して来た、解同・吉本・創価も全てが創価一色になり今の様な大阪に成り下がったのでした。橋下市長がこれから見せる戦術戦略には目が離せませんし大阪が再生できるのなら応援できる範囲で応援するのは当然だと思っています。裏切られたら?、仕方ないですよね、自分で政党を立てておりませんからね。しかし橋下効果で目覚め始めた子供達がきっとやってくれる。その前に子供達が活躍できる下地造りを橋下市長や松井知事を応援している、多くの大阪の方々は特に維新の後援会の方々はそう思ってやっておられる様です。

投稿: 大阪は晴れだしています | 2012/02/18 13:48

坂様の言うとおりだとすると、私が聞いたり(読んだり)していた事は事実なのでしょうね。
実際、理解しようにも酷過ぎますからね。

それを承知でプログ主様が、批判をしてきたのは勇気がいった事と思います。

もちろん、橋本氏の船中八策には同意できない部分もあります。しかし、それらは議論して解決出来るものでしょう。
解放のほうじゃ議論も出来ないでしょう。
その一点だけでも、橋本氏を支持できますね。

投稿: みやとん | 2012/02/18 14:59

坂さま
こんにちは。
坂さまの勇気ある発言に敬意を表します。
なかなか出来ないことだと思います。

こちらのブログで色々なことを知りました。
実体験に基づいているので、臨場感があります。
差別を逆手にとり、税金を食い物にしてきたかと思うと
本当に悔しい思いです。
橋下市長に大ナタを振るってもらいたい。
行政に寄生するものは最低です。

投稿: はやぶさ | 2012/02/18 15:38

坂様

こちらに投稿すべきを、勘違いで昨日のエントリーに投稿してしまったようです。

お手数をおかけし、申し訳ございません。

改めてこちらに投稿させていただきたく存じます。同文の前回分は取り消させてください。

------------------------------------------------------------

私の在住では、部落民問題を身近に知りませんでしたが、かつて布団会社による顧客リストに部落差別があったとか、各種の差別問題が指摘された等の問題があり、昔読んだ島崎藤村の「破戒」等を思いだし、被差別部落問題に大きな憤りを感じた物です。

したがって、野中広務氏などについても以前は高い評価でした。しかし、その後、様々な事情を知り、被差別部落問題と解放同盟とは全く切り離して考える必要があると知るようになりました。身近に具体的な物を見ていなかったことからの無知であったと反省しております。

確かに故無き差別を無くさなければならいのは当然のことであり、被差別部落問題は重い課題です。

しかし、そのことに贖罪意識を持つ普通の感覚に人間の無知につけ込みそれを勢力拡大、金儲けに使う組織があるとの認識を一般国民の多くは知らないのだろうと思います。ちょうど、日本が韓国に対し酷いことをした、中国に対して酷いことをした、世界に対して酷いことをしたのだから、償うのが当然だと洗脳されているような物でしょう。

特亜の嘘と違い、被差別問題は確かに存在します。しかし、それに対する解決と解放同盟は全く無関係であることや解放同盟が何をしているかを伝えないマスコミ、それを採り上げない政治家にも大きな問題があり、まして教育現場では被差別問題は採り上げてもそれを悪用する勢力があることは、特亜の嘘同様教えません。

解放同盟を批判することが恰も被差別問題への取り組みを妨害するような印象を持たれるために政治家は口を閉ざし、マスコミは報道しないのだろうと思われます。民意に逆らうことで票にならないから核武装問題を口にしない、特亜の嘘問題を口にしない、原発推進問題を口にしない政治家や、記事が売れないから報道しないメディアが当てにならないなら、ネットを使ってブログ主様のような広報活動がどうしても必要なのだと思います。

投稿: たかおじさん | 2012/02/18 15:42

昔、「同和利権の真相」を読んで深刻な状態がわかりました。
読んでいない方はぜひ!
在日朝鮮人の問題も根っこは同じですね。

弱者は庇護しなければいけない!
差別はいけない!
全くそのとおりなのですが、その弱者の地位が特権化したらいけません。
まして暴力団も顔負けになったら排除されるべき団体に堕したということです!!

投稿: | 2012/02/18 19:14

日教組や解同への強硬姿勢は評価出来ますが、それ以外の道州制やら、首相公選制やら、在日外国人への参政権付与やらはとても支持出来ません。むしろ、この人の場合、評価出来ない分野が顕著になって来た様に思います。いずれも、国家としての日本を弱体化させる様な内容ですから、小生の場合はそれが一つあったとしても支持出来ないでしょう。

投稿: 素浪人 | 2012/02/18 19:37

>解同が支配する労組と真正面から闘おうとしている
戦って、街道を弱体化出来れば支持するでしょうが、橋下氏のブレーン(実は、忠実に橋下氏はブレーン
の政策を実行しようとしています)の書いていることを
読めば、支持出来るでしょうか
『大阪維新』大阪府特別顧問上山信一著
P180から引用「日韓の間のワーキングビザをお互い超
長期にする、入国制限をほとんどなくす(中略)ウォンと円の通貨統合も考えたらいいではないでしょうか」
引用ここまで、
何?韓国と日本の入国制限をほとんどなくし、ウォンと円を通貨統合するだと?

投稿: 大阪市民 | 2012/02/18 19:39

毎回記事は欠かさず拝見させて頂いています。同和や解同のややこしさは身を持って経験しておりますので・・
話は変わりますが、いつの頃からか忘れましたが、政治ネタのブログを拝見し始めて感じるのですが、テレビの爛れたコメンテーター調のブログが多く目につきます。
しっかりとした主義、主張なくただ単にシナ・朝鮮・そして民主党を叩く。
全く説得力はなく単に流行の様に叩く、これじゃ説得力はまるで無いように思われます。
「依存症の~」様に感心させられるのは、毎回ご自分の言葉でそして経験されたことを軸に書かれているので迫力が感じられます。
現状のよどんだ空気を一掃される記事を期待します。

投稿: 天照 | 2012/02/18 20:55

ちはやぶるさん、素浪人さん、大阪市民さんと同じく、支持できない部分が多すぎますね。

小泉の靖国参拝と同じで、右を取り込むための虚姿ではないですか?

投稿: 京都市民 | 2012/02/19 01:02

 北海道に育った私には、「同和」に関しては無知と言えます。北海道に生まれ育った人たちの大多数が無知とも言えるでしょう。

 「橋のない川(住井すゑ著)」を読んで、初めて、このような深刻で大きな問題が存在している事実を知りました。
 又、その後、仕事においてもいくばくかを教えられました。

 北海道においては、鈴木宗男氏が「アイヌの問題」を取り上げて利権の構造を作り上げつつあります。憂うべ問題ですが、触れることはタブーとなりつつあります。
 
 良識ある『アイヌ』の方々は大きな危惧を抱いておられます。とともに怒りを訴えてもおられます。

 人類の存在には「差別」は切り離すことが出来ない問題です。人類には常に存在しております。
 「差別」と言う言葉の持つ恐ろしさについて、またこれまでの「差別の歴史」を正しく学びたいと考えます。

 坂様 これからも、勇気あるご発言で多くのことを教えて下さい。

投稿: 道産子爺 | 2012/02/19 05:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54009826

この記事へのトラックバック一覧です: 政治を語る前に被差別部落を学べ!と言いたい:

» 【話題】 海外移住加速・・・経営者や富裕層が次々と日本を飛び出し始めている! [政治経済ニュース・今私の気になる事]
<HOYAトップがシンガポールへ>   円高、燃料高、電気料金高のトリプルパンチで「産業空洞化」が深刻視される中、大企業経営者や富裕層が次々と日本を飛び出し始めている。   先月には、光学レンズ大手HOYAの鈴木洋CEO(53)が、シンガポールに仕事の…... [続きを読む]

受信: 2012/02/19 02:25

« 自己否定と懺悔の政治から決別する時が来た | トップページ | 若者の部落離れが著しい…と嘆く解同が望む人権擁護法 »