« NHK「永田町・権力の漂流」に見る民主党の稚拙さ | トップページ | L.由紀夫 「次はパレスチナ」 橋下は民主党打倒宣言 »

2012/04/15

石原新党白紙に戻る
石原氏の「俺一人でも台本づくりをやる」に期待したい

石原新党構想が迷走している。
石原慎太郎都知事は12日の訪米前、記者団に「一回ないことにする。白紙に戻す。やる必要があるならば俺一人でも台本づくりをやる」と明言した。
その理由は、「永田町や政局の中の自分たちの立場が中心になっている。当人が一言も言ってないことが周りからベラベラ出ている。もうあきれ果てた」ということだ。

石原氏の言わんとすることはよく解る。
元国民新党の亀井静香氏は、明らかに新党構想を政局に利用している。
新党構想を吹聴することで、党内の連立維持派=消費増税賛成派をまるめ込もうとしていた。
で、連立維持派=消費増税賛成派から見限られ、代表職を剥奪された挙句、実質的に党を追放された。
この国民新党内のクーデター劇を見て、私は「亀井静香はもう終わった」と強く感じると共に、彼が参加する石原新党などありえないと思った。

石原氏が不快感を示したのも当たり前だろう。
わずか8人しか所属議員がいないのに、そのミニ政党さえまとめられない。
と言うより、そのミニ政党の実質的オーナーなのに部下から造反され追い出される。
みっともないこと甚だしい。
にもかかわらず、あちらこちらで「新党は5月末」などとふれ回る。

亀井氏を「新党の柱」だなんて誰も思っていない。
むしろ、消費増税反対派の亀井氏には、条件付で増税を容認する保守派議員から強い反発が起きている。
それを知ってか知らでか亀井氏は、自らが新党を主導しているような言動を繰り返す。
私は、「もうボケたのではないか」と思うほどだ。
まあ、ボケてはいないとしても、元来の政局音痴がますます酷くなっていることは間違いない。

Ishihara

ところで、「謀は密なるを旨とする」と言って石原氏との連携を深めていた平沼赳夫氏が、3月29日、「国家経営志士議員連盟」を発足させた。

呼びかけ人は次のとおりである。(敬称略)

【民主党】海江田万里、長島昭久、笠浩史、北神圭朗、鷲尾英一郎、金子洋一
【自民党】下村博文、馳浩、加藤勝信、長島忠美
【みんなの党】柿沢未途、桜内文城
【国民新党】森田高
【たちあがれ日本】平沼赳夫、園田博之、藤井孝男
【無所属】城内実

設立総会に出席した主な議員は次の通り。(敬称略)

◆衆院
【民主党】網屋信介、石津政雄、勝又恒一郎、木内孝胤、玉木雄一郎、中津川博郷、中林美恵子、長尾敬、福島伸享、森本和義、谷田川元、笠浩史、鷲尾英一郎
【自民党】稲田朋美、加藤勝信、下村博文、馳浩、町村信孝
【みんなの党】柿沢未途
【たちあがれ日本】園田博之、平沼赳夫
【無所属】城内実、横粂勝仁
◆参院
【自民党】衛藤晟一
【みんなの党】桜内文城
【たちあがれ日本】藤井孝男
(2012年3月29日 読売新聞)

目立つのは民主党議員の多さ。
で、海江田氏と長島氏が消えている。
なんか違和感のあるメンバーだなあ、と正直思う。
次期衆院選を控えて選挙基盤の弱い、当選回数の少ない議員が寄り集まった感じが否めない。
平沼氏は、「国家経営志士議員連盟」と石原新党はまったく関係がないと断言しているが、設立総会に出席した議員の多くは「新党」に期待しているのではないか?
と勘ぐってしまう。

石原新党構想を白紙に戻すことは良いことだと思う。
石原氏の目指す新党は、日本の文化や伝統、そして歴史を守ると共に、単に古いもの、既成のものにこだわるのではなく、変えるべきところは大胆に改造する意志と決意を秘めた党だろう。
そのような党に目先の選挙目当てで参加を希望する者を受け入れてほしくない。
そのに理念に共鳴し、その理念を貫くためなら落選してもいい、という覚悟のある人だけにしてもらいたい。

でなければ、民主党と同じとまでは言わないが、自民党の亜流になってしまい、今の政治を変えるだけのインパクトを持った「新党」にはなりえない。

石原氏の「俺一人でも台本づくりをやる」」に期待したい。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

親小沢・反日ブログが上位にいます。
よろしければ、こちらの方も

↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« NHK「永田町・権力の漂流」に見る民主党の稚拙さ | トップページ | L.由紀夫 「次はパレスチナ」 橋下は民主党打倒宣言 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

石原・亀井・平沼連携の石原新党は実現しないであろう、という
坂さんの読みは当たりましたね。さすがです。

同じ調子で、消費税増税法案が不成立で解散総選挙になるという読みが
当たりになることを願っています。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/04/15 14:01

亀井静香は終わったには同感です。

彼は自分が利己の塊になっていることに気付いていないようだ。

石原慎太郎はどうだろうか?

長年、保守系首長のシンボルとしての役割は認めるものの、その後の展望はあるのだろうか?

議会には地盤もなく、自身の後継者も育てていない。なにかといえばオリンピック開催ばかり口にする石原さん。そろそろ引退なのではないだろうか。

投稿: チョン化学会 | 2012/04/15 15:53

 なんだかんだ言っても、石原慎太郎はもう80歳のご老体ですからね、これほどの爺様に何かを期待することはできないでしょう。せいぜい言いたい放題に言ってもらうか、遺言でも残して貰うしかない。亀井は昔から、いくらでも借金して国費を使えという男だから、家産を傾ける一方のアホ爺。10年前にジジ捨て山に捨てているべきだったが、本人がしぶとくてまだ政界に残ってやがる。この二人が何を言うかについて、私はもう関心がない。どうとでも、何とでも言いやがれ、こっちは耳を持たないが、という感じですね。もっと50代から下の「若手」に日本の政治を委ねるべきです。

投稿: ピラニア軍団 | 2012/04/15 17:18

拉致議連にも何故この人?と充分に疑える議員は少なくないですから、議員連盟というものは必ずしも必要充分条件を備えている議員だけの会合ではないと思います。民主党議員の多くは管理人様の仰る通りの目算アリでしょう。
その中から平沼議員他のベテラン保守議員の影響を真面目に受ける人が出れば、それはその後の展開次第で良いのではないでしょうか。

投稿: よれこ | 2012/04/15 17:50

石原都知事は自らの役割を(自分の年齢も考えて)
新しい政治機運を高める起爆剤に考えているのではないかと思います。
決して自らが先頭切ってこれから向こう何年も戦えるとは思っていないでしょう。
ただ、私が危惧しているのは橋下市長が民主と全面対決することを鮮明にしたタイミングが、小沢が倒閣の姿勢を隠さなくなったタイミングと微妙にあっている点です。
橋下氏が小沢と組んだらと思うと悪夢です。
亀井のこともありますが、それを石原さんも感ずいて、石原新党を白紙に戻す、、、なんて言っていないことを望んでいます。(これ坂さんが全く見当違いだと思われていたら消去してください)

投稿: 転びバテレン | 2012/04/16 00:35

追伸
高年齢者だからもう引っ込んで下さい、という説には肯えません。
「若手」政治家が国民の頼りになるのならご老体も何も言うことはないでしょうけれど、それが叶わない日本の現状なので石原都知事の発憤になっているのではないですか。
政治も含めた社会の仕事が、年齢を区切る事で一定の安心できる成長を遂げられるのならば、例えばこちらのブログも雰囲気が全く違った物になっている筈だと思います。
言葉は理想的でも実行力に全く乏しい、あるいはその「理想」すらも絵に描いた餅でしかない様な今の与党若手を見ては、とても日本の政治を託す気持ちにはなれません。
日本が好きで大事ですし、自由と義務と礼儀を守る事が大事と考えたいですから、私は年齢を問わず、日本の為に力を尽くして下さる方々のご活躍に期待致します。

投稿: よれこ | 2012/04/16 13:30

石原氏には大いに期待しています。日本を変えていく上でも過去日本の政治のあらゆる部分を見てきた石原氏の政界復帰は意味があると思います。正直過去の瑕疵ばかり論ねるのは、日本人がまとまらない様になっていってしまうのではないか?と思うのです。大切な事は日本人全てが政治に興味を関心を持ち各投票以下参加する事のはずです。清濁併せ呑みこれから反省すべき点は反省すれば良い。原発の存亡を賭けまた、隣国の拉致問題や従軍慰安婦・南京大虐殺の真偽、TPP参加問題他日本は今待ったなしの状況のはずです。今こそ日本国民全てで政治に参加し矜持や国益を守る時代が来ているのです。すべてに置いて清廉潔白の政治家?、政治には金と人数がいるのであり会社経営者・資産家以外は資金不足だったでしょう。全てはこれからです。少数では公明党にすら負けてしまうのですから。又独裁がいけないのならきちんと意見し正しい方向へ向けて話し合える政党にする、その為にもどういう容であれ石原・平沼・安倍・橋下の各氏には一部自民の日本人政治家と共に個人的に期待しています。そして日本の子供達にも。

投稿: 大阪は晴れだしています | 2012/04/16 19:01

石原氏の「台本作り」で思い出すのは、かねてより石原氏が「日本の政治家は短編小説さえ書けない」と慨嘆していたことです。

これは勿論、作家・石原慎太郎としての発言ではなく、政治的ショート・ストーリーさえ描けない日本の政治家の構想力の貧困を語ったものと思われます。ましてや中・長編の執筆(中長期的な構想)などさらに絶望的なお話です。

せいぜい次の選挙では誰のストーリー(小泉劇場や維新の会)に乗れば再選できるか、考えるのが精いっぱいといったころでしょう。

かつて 北方領土の問題について、最大の島エトロフをパレスチナ国家の建設に供したらどうかと、石原氏が提言したことがありました。

私の聖書学の卸元の先生は古代ヘブライ語の大家で、イスラエル政府から勲章を戴いているようなお方でしたので、イスラエルが主導すべき問題ではないにしても、あちら側はどの様に考えるか、せめて感想なりともお聞かせ頂ければ、とお願いした事があります。

ポッポと違い、一民族、一国家の浮沈に関わる問題で、本国の訓令もなく軽々しく意見を開陳する公人は一人もいないのは承知の上でサウンディングにあたってみました。少なくとも、石原氏は、外国人の興味や関心を惹く意見や話題を提供する唯一の政治家と申せましょう。

自在な言語能力=思考能力がなくては、自由も民主主義もへったくれもありません。残念ながら、石原氏が素晴らしいのではなくて、他は政治家としてのスタートラインにも立てていないのが現状です。

不用意な発言は相変わらず、得意の文化政策では逸脱もあり、なぜ今、オリンピックなのか疑問の石原氏ではありますが、大震災の後背地の都知事知事としては適役でありました。

ある意味で「死地」に赴く消防隊員を送り出す最高指揮官の顔が、菅や海江田のような、人の目を窺う泥棒ネコのような表情をしていては話しになりません。今も、多くの都職員が被災地の支援業務に赴任しておりますが、ボスが石原氏ゆえの重量感・安定感は確かにあります。

マックスウェーバーは その地位(権力)に相応しい人格的権威がなければ政治・社会は安定しない、と申しております。かつての石原氏は、むしろそういうイメージとは対極の存在だったのですが。時代の混迷はさらに深いです。

投稿: レッドバロン | 2012/04/16 22:54

国民から信頼を損ねた議員だけは排斥するくらいの気概でやって欲しい。石原慎太郎が安倍晋三と同等なら価値はないし日本列島沈没になる。国家国民の為、能力のない芸者議員はあっさり切るべし。この期に及んで。支援者頼みの二足の草鞋の芸者議員だけは国民は勘弁。政治社会を上手に生き泳ぐ実力のない支援団体聞き覚え台詞の議員が又、政治の座にしがみついて、我欲にかられ、食い込んできてるように見えてしょうがない。

投稿: 公明正大派 | 2012/04/24 19:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54476009

この記事へのトラックバック一覧です: 石原新党白紙に戻る
石原氏の「俺一人でも台本づくりをやる」に期待したい
:

» 【ナイジェリア】「赤ちゃん工場」を摘発=少女らに出産させ売り飛ばす [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 【ラゴスAFP=時事】ナイジェリア南部アクワイボム州で「赤ちゃん工場」と呼ばれる違法な児童施設が摘発された。警察が14日、明らかにした。生まれた赤ん坊を売り飛ばすことを目的に少女らに出産させていたとみられている。  警察によると、内部情報を基に4日に家宅捜索…... [続きを読む]

受信: 2012/04/16 05:02

« NHK「永田町・権力の漂流」に見る民主党の稚拙さ | トップページ | L.由紀夫 「次はパレスチナ」 橋下は民主党打倒宣言 »