« 尖閣諸島を都が買い取る―
石原発言に対するL.由紀夫の反応が楽しみ
| トップページ | 石原批判が圧倒的な新聞 まともなのは産経と読売だけ »

2012/04/19

まことに時宜を得た石原発言 石原都知事を応援しよう!

石原慎太郎東京都知事のワシントンにおける発言。
いや驚きました。
私は、恥ずかしながら、想像もしませんでした。
国が買い上げるべきだとは考えていましたが。
おそらく石原さん、都知事という地位にこだわりがないのでしょう。
俺も歳だし、ここで一発かましてやるか、日本のために、というくらいの気分なのかもしれません。
しかし慎太郎しか思いつかない、慎太郎しかできない言動でした。
あとは、彼の奇想天外とも言える愛国的行動を我が国民がどこまで支持できるのかに、この国の未来がかかっている、と言っても過言ではありません。

ところで、東京都が購入交渉を進めている尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する地権者の実弟、栗原弘行氏(65)の単独インタビューがzakzakに掲載されています。

以下は、その転載です。
インタビュアーはフォトジャーナリストの山本皓一氏。

-------------------------------------------------------------------

山本氏「事前に『発言する』と聞いていたのか?」

栗原氏「知らなかった。ただ、昨年から石原氏と売却交渉をしてきたのは事実だ。まだ、100%合意まではいっていない」

石原氏が1977年に尖閣諸島を船上から視察して以来、栗原家は、尖閣に関する問題提起を続けてきた石原氏を高く評価していた。「売却するなら国か自治体」と考えていた栗原家としては、信頼できる人物と売買交渉のテーブルに着いたようだ。

実際、日本政府をはじめ、政治家や日本人企業家、公然と中国人と名乗る人物まで、数々の買収のアプローチがあったという。

栗原氏「例えば、中国側の誰かが天文学的な金額を…」

山本氏「天文学的とは?」

栗原氏「最大で350億円っていってました。過大評価してる部分があるのは、(地下資源の)埋蔵量が300兆円って数字が出ちゃっているからですね」

側でメモを取っていた栗原氏の秘書が「実は、この間も来たんですよ。『日本のコンサルタント会社』って言ってました。一応、日本人のようでした。(栗原氏には報告せずに)私で止めましたけど…」と語った。

栗原氏「そんなのは面倒だから、僕の耳には入れないからね」

石原氏はワシントンでの会見で「購入価格はそんなに高くならない」と語った。関係者は「10~15億円になる見込み」と明かす。また、東京都の猪瀬直樹副知事は「全国から寄付が集まると思う」と語った。

尖閣諸島は明治初期、福岡県の古賀一族が探検・開拓した。戦後、栗原家は島を譲り受け、現在に至るまで所有している。各島の所有権はどうなっているのか。

栗原氏「北小島と南小島は2002年に、私から兄に名義を書き換えた。これは内閣府の『所有者を絞りたい』との意向もあった。兄が魚釣島と合わせて3島を所有している。(米軍演習場がある)久場島は妹の栗原和子が持っている」

私(山本)と、栗原弘行氏の付き合いの中で感じるのは、弟(弘行氏)が栗原家のスポークスマンを務め、兄や妹との間にワンクッションを設けていることだ。もし、兄や妹が発言をすると、それは最終結論と取られかねない。慎重かつ現実に即した“役割分担”のようだ。インタビューは、私が尖閣沖での調査漁労に同行した話から、日本政府の一連の対応に展開した。

山本氏「調査漁労に同行したが、日本漁船が漁をするには危険が大きい。加えて、地元では中国漁船への危機感も高い。これを解決するには、魚釣島などに避難港や無線基地を建設するのが有効だと思う」

栗原氏「大いにあり得ることだ。実際、1979年に、当時の大平正芳内閣が政府の合同調査を行った。その際、設計士である私自身が、尖閣諸島に建設する避難港のキープランを担当した。結局、この計画は、大平首相が急死して頓挫してしまったが…」

山本氏「それは知らなかった。現在も、避難港や無線基地の建設には賛成なのか」

栗原氏「賛成か反対か以前に、日本政府の姿勢が定まらないことが問題。大平首相は確固とした信念と意思を持って事に当たっていたが、今の政府は『領土問題は存在しない』と言うだけで、具体的にどうやって尖閣諸島を守るかを明確にしていない。海上警備のための法整備も、いまだに整っていないじゃないですか」

山本氏「一昨年の中国漁船衝突事件も、そのスキを突かれて起きた」

栗原氏「法整備が第一。日本政府の覚悟や姿勢があやふやなままでは、『建設を許可してくれ』といわれても、返答しようがない」

山本氏「政府の覚悟があれば、港や無線設備の建設は可能。そうなれば、漁業による経済活動などを日常的に継続できるようになる。実効支配の強化に繋がります」

栗原氏「その通り。日本の国土として、国益にかなった実効支配ができればいい。豊かな水産資源を活用して、国民の食生活を豊かにすることも国益でしょう。尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎氏が魚釣島でカツオ節工場を経営した事実が『実効支配とはどうあるべきか』を教えてくれる。古賀家から島を譲り受けたわれわれは、その精神を継承していきたい」

石原氏と栗原家は「領土を守りたい」「国益を守りたい」という一念で繋がっているようだ。

中国“尖閣”に350億円提示!“地権者”実弟が激白

-------------------------------------------------------------------

Ishihara2

尖閣諸島の地権者が、いかに国を信用していないかが如実に解ります。
逆に石原さんは信頼されている。
まあ、自民党政権時代も含めて「寝た子を起こすな」「中国を刺激するな」の一辺倒ですから、これも当然でしょう。
その点、石原さんは国家のあり方に明確な意識を持っています。
言ってみれば、矜持のない国家は独立国ではない、というところでしょう。

彼が一見、反米に見えるのはそのせいです。
が、彼は反米主義者ではありません。
米国に唯々諾々として従う日本という国に「それでも独立国か!誇りはないのか!」と彼は言いたいのです。
彼の憲法改正や核武装という主張はそこから来るのです。

軍隊を認めない憲法など憲法ではありません。
憲法は国家の基本法(Fundamental low)であり、そこには独立自尊の精神が貫かれていなければなりません。
ところが我が国の憲法は、その安全と平和を他国の善意にゆだねるとしています。
「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」から軍隊などいらない、というわけです。
我が国民に国家意識や領土意識が希薄なのは、この憲法前文に由来します。
で、戦後日本の平和はこの憲法のおかげだ、という「9条カルト」さえいます。

石原さんの言動は、このような半人前の国家と国民に強烈なインパクトを与えました。
野田佳彦首相は18日午前の衆院予算委員会で、
「尖閣がわが国固有の領土であることは国際法上も歴史的に見ても明々白々だ。所有者の真意も確認する中で、あらゆる検討をしたい」
と述べ、国有化も選択肢に検討する考えを示しました。

それにしても中国。
やはり怖いです。
350億円ですからね。
尖閣諸島の地権者が真っ当な方で良かったと心より思います。

このところ尖閣諸島の領有を主張する中国の動きが急です。
3月上旬には、これまで名称のなかった尖閣諸島の4つの島に我が国が名称をつけたことに対抗して中国独自の名称をつけ、そのリストを公表しました。
同月中旬には、尖閣諸島周辺の海域で海洋調査船が巡視活動を行い、その様子がすぐに中国国内で報道されました。
そして、中国政府は「日本の海上保安庁の巡視船などの妨害にあったが、主権が中国にあることを明らかにした」などと発表し、今後も尖閣諸島周辺海域で巡視活動を続けていくと明言しています。

こういう時期に明らかにされた東京都による尖閣諸島買い上げ宣言。
まことに時宜を得た石原発言でした。

石原都知事を応援しよう!

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

親小沢・反日ブログが上位にいます。
よろしければ、こちらの方も

↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 尖閣諸島を都が買い取る―
石原発言に対するL.由紀夫の反応が楽しみ
| トップページ | 石原批判が圧倒的な新聞 まともなのは産経と読売だけ »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

一方で、維新の政策の主柱である大阪都構想について、
維新側は自公案を指示しました。
そして、石原氏と橋下氏の連携は確かなものに見えます。

日本に起きてきた、この「うねり」に期待したい。
あとは橋下が、小沢派を完全にフッてくれると良いんですが。


>彼の奇想天外とも言える愛国的行動を我が国民がどこまで支持できるのかに、
>この国の未来がかかっている、と言っても過言ではありません。

尖閣諸島買収費の全国寄付というアイデアは本当に良いと思うんですよ。
マスコミはどうせまた、否定的な方向にバイアスをかけるんです。
味付けのきいた世論調査もお手のものです。
ですから、「金額」という数字で、日本人の意思を表せるのは
良いやり方だと思います。

投稿: 鳩槃荼 | 2012/04/19 15:03

もちろん石原都知事を応援しますとも!
それにしても朝日新聞はじめマスゴミどもの言論には呆れ果てます。

投稿: ちはやぶる | 2012/04/19 15:18

反日メディアの論調は
「正常化40周年記念の年に事を荒立てるな」
実に分かりやすい反日モードだ。
支那のご機嫌を損ねてはならぬと、その忠臣ぶりを
ぬけぬけと書き連ねる厚顔無恥さはあきれ返る。

それに都民の税金を使うのはダメで
国民の税金ならOKって、どういう理屈なのか。
石原知事が買取を決意したのは
国がな~~~んにもしないからじゃん。
所有者の栗原氏が「民主政権の政府は信用できん」
というのは、ごくごく普通の感覚。

尖閣購入に充てる都民の税金は必要最小限でいい
後は猪瀬副知事が言うように
全国からの寄付金で賄えばよろしいのではないか。
数億円ぐらいならすぐ集まりまっせ、
と都庁にメールしておきました。

とにかく、アサヒるや変態毎日が垂れ流す社説の
真逆こそが「正論」。
これが今や健全な世間一般の常識となっている。

投稿: やす | 2012/04/19 15:21

別に寄付金を募るまでも無い話だと思いますよ。
国から毎年2500万円位の賃借料が出ているはずですから、尖閣諸島の購入は非常に安心かつ有利な投資でもありますから。

国による尖閣への立ち入り制限も、この賃借契約によって担保されているのでしょうから、所有者が変わってもこの賃貸契約は継承されるだろうと思われます。

投稿: lark | 2012/04/19 15:56

管理人様が楽しみに?されていたL鳩に関する2ちゃんねる情報です。
L鳩側近議員のお話と言うことですが、
この3月にベトナム訪問したL鳩はベトナム外相に「友愛の海」論を展開して外相に「日本は尖閣を中国に狙われているのでしょ、そんなことは云わない方が良いですよ」と諭されたようです。その書き込みには当然ベトナムが西沙・南沙のVS中国にも触れていて、そういう事情も考え無しに持論を自慢げに述べるL鳩に同行した恥ずかしさも書いてあるのですが、側近で居ること自体を反省しろ、と思いながら読みました。

投稿: よれこ | 2012/04/19 16:33

石原さんは政治塾を立ち上げるようですね 是非彼の理念をしっかり受け継いだ人を育ててほしいです

投稿:   | 2012/04/19 19:00

本当に国が買い上げるべきなのですよね。いや買い上げるも何も日本の領土であるときちんと宣言し中国に対しても領土保全の為には衝突も厭わない態度を取るべきなのでしょう。そして何より日本人が、日本国国民がそれに注目し応援、覚悟を持って同時に反日マスコミや反日有識者に対し日本人の本当の声を伝えるべきなのでしょう。日本人は変り始めています。否、目覚め始めているのです。自衛隊を軍隊へ、自国を守れる軍隊と共に日本国民としての誇りを持って堂々世界に向けて発信すべき時は来ているのです。反日マスコミが蔓延り反日暴力団や詐欺師が我が物顔で闊歩しセレブなるものの振りまでする、反日宗教の他国人が宗教も知らず、現世利益を説き日蓮の生まれ変わりを偽装するこの時代、日本人は日本と国益を守る為に立ち上がる時が来ているのです。石原知事は現役知事でありながら同時に尖兵としても本当に頑張って下さっている。応援しています。

投稿: 大阪は晴れだしています | 2012/04/19 19:06

本当です。ジャパンバッシング真っ盛りの時に、USTRに真っ向から反論してくれたのは石原さんぐらいのものです(もちろん官僚も協議では反論していたでしょうが)。

「NOと言える日本」懐かしいですねえ…。アメリカの通商代表が「石原氏とは全く意見が合わなかったが、お互い言いたいことを言いあってスッキリした」と当時言っておられました。

アメリカも中国も強い人間が好きなのです。完全に意見が対立する場合も(国と国との交渉なら当たり前)敢然と反論して揺らがない人物を大声で罵倒しながら心の中では「こいつやるな…」と思っているものなのです。
それを分からないで「冷静な対応を」とか「こちらから歩み寄れば」などと寝ぼけたことを言っている臆病者だから足元を見られるのです。

我々も言わなければならないことをハッキリ言うべきです。

応援クリック。

投稿: おれんじ | 2012/04/19 19:26

マスゴミの腐りっぷりは、すごいですね。中国を刺激するなのオンパレードですから。
中国は殆どダンマリじゃないですか。強く出ると強く出れないんですよ。損得勘定を考えるから。下手に出ると今までも強く出てきて、権益を拡大しようと笠に着るヤクザのような対応だったじゃないですか。
日中関係を損なうと不利益を多く被るのは、貿易黒字国の中国の方でしょう。
分析なんか出来ないで、誰かが考えたお決まりの文句を垂れ流すだけのマスコミにマスコミとしての価値があるのでしょうか?

投稿: | 2012/04/19 19:53

逆説的に言えば支那人に対して売るぐらい
だったら山口組に尖閣諸島の土地を売却する
事の方がまだ現実的でしょう┐(´д`)┌ヤレヤレ
少なくともその程度に支那人は信用されて
無い訳でして( ´,_ゝ`)プッ


そもそも満額を支那人が支払うと言う保証も無い、
それだったら暴力団に売った方が遙かにマシ
でしてね┐(´д`)┌ヤレヤレ

国家の監視、警察当局の監視が聞く分に
於いて。

投稿: abusan | 2012/04/19 21:16

正に時宜を得た発言ですね。人民日報が「尖閣海域の巡視活動は日本の実効支配打破を目的にした定期巡視」と報じている(サンケイ)のに、実効支配強化のための具体的な対策を取ろうとしない民主党政権や動きの鈍い大部分の国会議員達。本当に国の主権を守る意志があるのか情けない限りです。
マスコミは購入に焦点を当てていますが、購入は手段であり、実効支配強化のために東京都で「さまざまな施策を展開する」のが目的と思います。避難港の設置、自然生態系調査など早急に実行して頂きたいと思います。
石原知事を心から支持します。

投稿: bunanoki | 2012/04/19 21:50

この件については、反対する理由が見つかりません。

強いて言えば国が買い取るべきという事くらいでしょうが、民主党政権下では何をされるかわかった物ではありません。
新聞各紙も香ばしい反応を示しています。
歴史に学べば、自分たちの領有権を主張する事は最低限で必要不可欠なのに、どうしてこう高学歴と言われる人々が暗黒面に堕ちるのか。
歪んだプライドを満たしたいが為に国を売れば、自分たちの存在さえも消滅するというのに。

埼玉の地権者の方が良識ある人で本当に良かった。
良識ある人が日本を支えてきた。だから売国奴が居ても何とか持ちこたえられるし、奴らも存在を認めて貰える。そんな連中は本当に消えて欲しい。
でもそういう人間も一定の権利を与えられる事こそ、正常なのだと思う。
だから私はこの国を愛さずにはいられない。

私は東京都民ではありませんが、尖閣購入に必要ならば喜んで寄付したいです。

投稿: とみ~ | 2012/04/19 22:21

あまり議論になっていないが、外国が日本の土地を購入できるというのが問題だ。特アに近い日本では法的に無防備すぎる。

投稿: konnma01 | 2012/04/19 23:16

>別に寄付金を募るまでも無い話だと思いますよ。

単なる金の問題ではありません。
理由は主に三つあります。
①全国からの寄付件数や金額が多ければ多いほど、
アサヒるや変態毎日、NHKをはじめとする反日勢力に
つべこべ言われなくなります。都議会も含めてね。
大阪市長に大佐で当選した橋下氏を見てもお分かりのように
日本で数の威力は絶大です。
それに日本の領土について多くの日本人が今一度よく考える
絶好の機会となります。
②東京をはじめ日本人多数の浄財で購入した尖閣は
意識の中でただの辺境の離島から
愛国のシンボルに否が応でも格上げされます。
しかもちょっかい出そうとする支那は、
今までとは比べ物にならぬ桁違いの覚悟が
必要となります。
何せ弱腰、腰砕けの害務省ではなく
自発的に寄付した日本人たちの
愛国心が相手になるのですから。
③地主と国の土地貸借契約は来年3月で切れる
そうです。それを待って東京都が購入するとか。
すると、新たな貸借契約を都と国が結び直すことに
なります。その際、石原知事が国の「立ち入り禁止」措置を
賃貸条件として呑むはずがありません。
彼は年2500万円の賃貸料なんかより
好き勝手に上陸する方を選ぶはずです。
それでなければ、尖閣を都が購入する
意味がないのはお分かりですね。
いかがですか?
これでも寄付を集める必要など無いでしょうか?

投稿: やす | 2012/04/20 00:29

"The U.S.-Japan Alliance and the Debate Over Japan's Role in Asia" ( http://bit.ly/I1m977 )

尖閣と核武装 石原慎太郎 講演


日本にははやぶさの技術があるのだからすぐにでも非核ミサイルCSMが作れます。この下りが一番おもしろいです。核を持たなくてもやれますよ、でも象徴的に核ミサイルを持つべきだという感じですね。

尖閣所有もだけど核武装と憲法の破棄への言及もさわやかです。

投稿: amotoyamatotake | 2012/04/20 01:04

米国を批判したからって単純に反米という事にはならない訳で、確かに石原都知事は反米主義者ではありませんね。
ひるがえって日本の親中主義者(丹羽宇一郎中国大使のような)は中共に対して批判を許さないような手放しの礼賛を口にしますが、これは本来の意味では親中とは言い難い。
親密というのは無批判を意味するのではないのであって、無批判のような対象に対する判断停止は「代理人」と表現するより他はないと思います。
そういう自我の全てを相手側に預けたようなのを「親中」と言ってしまうから、石原都知事もその発言により「反米」という事にもなってしまう。
それにつけても、「政府は『領土問題は存在しない』と言うだけで、具体的にどうやって尖閣諸島を守るかを明確にしていない。」というのは痛烈で、日本のあらゆる外交問題に共通する事ですね。
棚上げと見て見ぬ振りは「対応」ではないので、まさに矜持のない国家は独立国ではない、という事で、独立国の矜持は真っ当な外交と国防以外では保たれないという事です。
結局、国防あっての外交なのであって、国防が軽視されている国に外交など存在する訳がないのですね。
外交は国益のためにするものですが、国益という事に国防という観点が入らないと、必然的に価値観が相対的になり国益という考え方に変調をきたします。
従って我が国の外務省が他の何よりも「日中国交正常化40周年を大事にしたい」という国交至上主義になってしまうのは当然の帰着であって、相対的な価値観の中ではどんな場所でも客観性を失ったセクショナリズムが優先順位の第一になる訳で、つまり「我々こそ国益」という事が現在の外務省の考える「国益」だからです。
国防は外交のメートル原器のようなものなんですね。
日本は自主的な国防を取り戻す必要がある。
そのためには集団的自衛権の行使の合憲を政府は認めるべきでしょう。
改憲は時間がかかり過ぎ、また今よりもっと酷いものに改正される危険がありますが、集団的自衛権行使の合憲判断はすぐに出来る。

投稿: ブルー | 2012/04/20 02:22

> 坂様、

恐れ入りますが、米国における韓国の東海への名称変更活動を倒壊させるため、
以下のHPページを皆さんに紹介したいのですが。

http://gogakudojo.com/article9/index.html

で、宜しければ案内に従って、ホワイトハウスのHPにアクセスして、日本海の維持に署名(投票)していただければと。

ホワイトハウスへ出された嘆願書のアドレス

https://wwws.whitehouse.gov/petitions/%21/petition/sea-japan-authentic-history-our-textbooks-we-are-teaching-our-children-authentic-history-so-why/qYTnXVc5?utm_source=wh.gov&utm_medium=shorturl&utm_campaign=shorturl

もし、他所HP紹介でご不快であれば、削除下さいる

投稿: ムフフ | 2012/04/20 08:58

埼玉県の上田知事が石原慎太郎都知事の発言に対して「東京都が買う理由が分からない」という発言をしたそうです。
それに対しては「上田知事の発言に抗議の電話やメール」が殺到したとか。
それはそうでしょう。

今回のこの件、尖閣諸島の3島は国がダイレクトに買うべきではありません。
当然です。
中国に中国漁船衝突事件でさっさと中国人船長を釈放し、中国に帰した様な配慮したくてたまらないのが現民主党政権です。
自民党でもさして変わらないかもしれません。
恐らく無策のまま領土の危機を広げるでしょう。
だから、しっかりとした意思を持っている石原都知事のいる東京都がまず買って管理すべきです。

それでなければ民主党の政治家などに任せてはあぶなくて仕方がありません。
この件で「都民の支出が」などと言っている場合ではなくて、何処までも石原都知事を応援すべきです。

投稿: Pin | 2012/04/20 10:06

やす | 2012/04/20 00:29 様

>いかがですか? これでも寄付を集める必要など無いでしょうか?

仰りたい事は良く判りますが、やはり尖閣の問題は国の責任で対応すべき事案の筈です。

現所有者も現政権と外務省に対する不信から石原都知事に委ねたまでの事であり、又、都知事にしても東京が前面的に主導する事は本意ではないと思われます。

尖閣を東京都が購入するにしても、それは一時的・暫定的措置で有るべきで、国の外交政策を無視して勝手に実効支配を進めれば良いものでは無いと考えます。

今回の都知事の言動は、中国の顔色を伺い曖昧な対応を続ける政府に対する強烈なメッセージであり、事実、国民の問題意識を喚起しました。
そして野田首相も“国として確りと対応する”と発言しています。

以上のような事を「前提」として踏まえた上で、寄付を募るまでもないのではないかとコメントしました。

投稿: lark | 2012/04/20 11:10

ひとつだけ懸念を感じるのは、都有地になったとして、石原氏の次の知事がしっかりした人でないと、たちまち腰砕けになって手を引いてしまったりしないかという点です。
前エントリーで、「カジノや大規模ヨットハーバー、免税ショップなどを建てたらどうだ」というコメントを書かせていただきましたが、そういう既成事実を急いで作ってしまわないと、現状のままで所有者が都になるだけでは、知事のスタンスいかんによっては元の黙阿弥になりかねないという不安があります。
石原氏もさすがに今期が最後でしょうし、15億円を支払うのであれば、任期中にしっかり手を打って、無駄にならないように対策を施していただきたいですね。
それ以上に、都民が次の知事選でくれぐれも妙な人物を選ばないことを祈るばかりです。
都内で最大人口を持つ世田谷区で、保坂なんて左翼区長が当選してしまったわけで、必ずしも楽観を許さないところです。

投稿: 面毒斎 | 2012/04/20 11:55

チャンネル桜が尖閣諸島防衛船の購入資金を募った時、私は泣いたんよ。1%の勝ち目も無い勝負に投資するんはホンマのアホだけや。
( T-T)『巨大な中国共産党相手にこんなプロジェクト…』
( p ゚_゚)qtvでも『第1さくら丸』が石垣島の漁師さんと同行する動画を見てたら『がんばれ〜sign03』って応援してたなぁ〜sweat01
( ^ー゚)v募金を送った時の銀行利用客カードは私の宝物になったんよ。もちろん送金主の名前は『ヤガミ ハヤテ様』や(笑)。

投稿: 八神はやて | 2012/04/20 12:46

>一時的・暫定的措置で有るべきで、国の外交政策を無視して勝手に実効支配を進めれば良いものでは無いと考えます。

いや、無為無策で、支那の顔色ばかり窺う
ルーピー集団政権の外交政策など
むしろ無視すべきでしょう。
それに固有の領土なら実効支配大いに結構ではありませんか。
民有地が都有地に変わるだけですが、
支那は今より手だししにくくなります。
侵攻は首都攻撃を意味しますからね。

>以上のような事を「前提」として踏まえた上で、寄付を募るまでもないのではないかとコメントしました。

口先だけの野ダメやルーピー集団政権を
信用できるのですか? 
政権交代するまでは都に預けた方がよっぽどいいじゃないですか?
次期総選挙で
石原知事が信用できると判断した政権が誕生したら
譲渡すればよろしいのでは?
いくらヘタレな害務省でも
国民の明確な意思表示である寄付によって
実現した都有地を経て、
国有地化された尖閣を
これまでのようにぞんざいに扱うことは
できなくなると思われます。

投稿: やす | 2012/04/21 02:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54504655

この記事へのトラックバック一覧です: まことに時宜を得た石原発言 石原都知事を応援しよう!:

» 決められぬ野田内閣とその足を引っ張る党内野党 [普通のおっさんの溜め息]
・世論を気にしない民主党員・民意ばかり気にして何もできない民主党政権・自民党アレルギーと民主党アレルギー・マスコミの活用により発信力を高めるべき・結局は野田さんの本気度 世論を気にしない民主党員 ・失言続出の鳩山さんが最高顧問の地位を維持→民主党支持率...... [続きを読む]

受信: 2012/04/19 17:33

» 中国側と語らず戦争になったらどうする?民主党の弱腰外交(怒) [脳挫傷による見えない障害と闘いながら]
尖閣諸島:「国、都と会談必要」:地権者の親族。東京都の石原慎太郎知事が購入方針を表明している沖縄県・尖閣諸島の3島を所有する男性(69)=さいたま市=の親族は19日、毎日新聞の取材に「島を賃借している国、都と3者会談が必要」との考えを示した。... [続きを読む]

受信: 2012/04/19 20:55

» 【企業】 「なぜ、ソニーは今のようなソニーになってしまったのか?その答えは」…NYタイムズ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
ほんとに何があったんでしょうか...。 この10年で、ソニーは最強のテクノロジー企業のひとつから4年連続赤字会社へと急降下してきました。今やソニーはコンシューマーエレクトロニクス分野で持っていた優位性のほぼすべてを失ってしまった...とは言い過ぎかもしれませんが…... [続きを読む]

受信: 2012/04/20 04:10

« 尖閣諸島を都が買い取る―
石原発言に対するL.由紀夫の反応が楽しみ
| トップページ | 石原批判が圧倒的な新聞 まともなのは産経と読売だけ »