« くるくるパー L.由紀夫の一刻も早い退場を心から願う | トップページ | 竹島 難癖と言いがかり もうチンピラの論理=韓国 »

2012/04/07

国民新党を追い出された亀井静香よ どこに行く

私が、政治を真剣に見つめるようになってから40年以上が過ぎました。
最初は極左、次が仕方なく社会党、自社さ政権に呆れた後は小沢一郎さんの熱烈な支持者。
自民党に一票を投じるようになったのは小泉内閣からです。
思い返せば、今、国政にかかわっている政治家の大半より私の方が長いんですよね、政治ウォッチャーとしての経験は。

で、その長い政治ウォッチャーとしての経歴を持つ私が今、最も関心を払っているのが亀井静香さんです。
この人を最初に注目したのは国家基本問題同志会ですね。
当時の私は、まだ左翼を克服できておらず、この会に極右の臭いを感じ取りました。
憲法とか靖国とか安全保障とかにおいて、この集団は危険な存在だと直感したのです。
が、この会の座長を務める亀井さんの実際を見るとイメージが極右にはほど遠い。
ほんとうに国家の行く末と国民の生活を憂えており、「まさに国士だ」と私は共感しました。

調べてみると、高校時代に左翼的活動で退校処分を受けた経歴があり、東大時代は左翼の友人の退学処分に抗議し、ハンガーストライキを決行して処分を撤回させています。
尊敬する人物は今でもチェ・ゲバラと大塩平八郎と言うのですから、この方、現在進行形で反権力と言うか、弱者の味方と言うか、単なる反米保守ではないんですね。
にもかかわらず、警察庁のキャリア時代は公安畑を歩み、過激派を取り締まる立場にいました。
このあたりのギャップは理解不能です。

Kamei

-------------------------------------------------------------------

この政治家の信条は、
「国民の95%の人が幸せで、5%の人が困っているときに、政治とはその5%の人を助けなくてはならない、政治家にはその5%の少数への洞察力が必要である」
「支持率を気にして、ふらふらしているようでは政治はできない。政治家の評価は歴史が証明する」
「日本の伝統でつちかわれてきたよいところを残すのが保守の役目である。日本人は昔から、助け合いの精神で生活をしてきた」
です。

その主張は、
・デフレ脱却と防衛対策
・外国人参政権反対
・夫婦別姓反対
・改正国籍法反対
・人権擁護法案反対
・天皇の靖国参拝賛成
・天皇の戦争責任を否定
・死刑制度廃止
というものです。
まさに保守の鑑です、死刑制度廃止を除けば。

私は、本質的にこの政治家が好きです。
ただ、このブログでは厳しく批判してきました。
その理由の一つが、許永中とのつながりです。
許永中は朝鮮総連の元活動家で、その後は山口組の企業舎弟になりました。
亀井さんは、この許永中を自らの「盟友」と公言していました。
朝鮮総連の元活動家で、暴力団の企業舎弟であっても意気投合すれば「盟友」と呼ぶ、清濁併せ呑む亀井さんらしいと言えます。
ただ、このころ、おそらく許から相当な額のカネが亀井さんに流れていたはずです。
派閥を作り、子分を増やすためには巨額のカネが必要ですからね。
総理大臣を目指していた亀井さんは、カネはカネであってカネ自体に善悪はないという考えだったのでしょう。

が、私は、そういう古いタイプの政治家を生理的に受け付けません。
理より情を優先する。
そして、そこには必ずカネが絡んでいる。
保守とか左翼とかの問題ではなく、利益誘導型の政治そのものを私は許せないのです。
そこで利益を得るのは既得権益勢力だけであり、そうではない多くの国民は、彼らに税金を食われているのと同じです。

亀井さんは、借金を増やしてでも公共事業を推し進めるというタイプの政治家の典型でした。
赤字新幹線?何が悪い。
赤字高速道路?それがどうした。
取り残された地方が潤うし、新幹線や高速道路は国の資産として残るじゃないか!
これが亀井さんの論理でした。
が、そこには政・官・業が癒着し、官製談合の下(もと)で巨額のカネが動くという構図がありました。
政も官も業もおいしい思いをする、その一方で一般の納税者には見返りが少ない。
私が亀井さんを批判し、小泉純一郎さんを支持したのは、そういう田中角栄的な古い政治に反対だったからです。

-------------------------------------------------------------------

亀井さんは今でも基本的スタンスは変わりません。
が、国が予算と許認可権を握り、行政指導という名の談合政治の下(もと)で民間を支配する時代はとっくに終わっているのです。
自由で公正な競争、これが今の時代です。
で、国や行政は、不公平や不公正がないかをチェックする、違法行為がないかを監視する、今の政治のスタンスはこのようにあるべきです。

「支持率を気にして、ふらふらしているようでは政治はできない。政治家の評価は歴史が証明する」
これには異議はありません。
「日本の伝統でつちかわれてきたよいところを残すのが保守の役目である。日本人は昔から、助け合いの精神で生活をしてきた」
これも、まったく同意です。
が、よいところは残すべきですが、時代の変化にそぐわない不合理なものは改革するべきです。
「国民の95%の人が幸せで、5%の人が困っているときに、政治とはその5%の人を助けなくてはならない、政治家にはその5%の少数への洞察力が必要である」
この主張も、政治家としてなくしてはならない大事な視点だと思います。
が、5%の中身を慎重に吟味する必要があります。
被差別部落民というだけで優遇されてきた同和行政の二の舞はあってはなりません。

亀井さんの「強きをくじき弱きを助ける」という姿勢、そしてそれを貫く信念には敬意を表しています。
が、情に流され、理を見失うというところは評価できません。
政治家は情も大事ですが、それ以上に理が求められるのです。
現状を冷静に分析し、今何が求められているのか、今何をなさなければならないのか、今どう行動するべきなのかを冷徹に見通すことが求められるのです。
「冷静」も「冷徹」も「冷」という文字が含まれています。
つまり、政治家には「冷たさ」も欠かせないのです。
あなたが小泉さんに負けたのは、それが欠けているからです。

-------------------------------------------------------------------

亀井さんは自らが作った党を追い出されてしまいました。
部下がクーデターを起こし、オーナー社長を追い出したという構図です。
これも、あなたに冷徹さがなかったからです。
俺の言うことに逆らうわけがない、という思い込み、亀井さん、あなたは郵政民営化の時と同じ轍を踏もうとしています。
あの時もあなたは、解散なんかできっこない、みんな民営化に反対なのだから俺が勝つ!と思い込んでいましたよね、間違いなく。
が、現実は、ホリエモンという刺客が現れて当選するのがやっと。
民営化反対組は軒並み落選しました。
郵政民営化は今、その一部が見直されようとしていますが、国営に戻そうなどという意見は共産党くらいしかありません。

あなたは、旧中川派以来、石原慎太郎東京都知事と盟友関係にあります。
「盟友」と言うより「親友」と言ったほうがよいのかもしれません。
で、国民新党を追放されたあなたは石原さんらと新党を作ろうとしている。
が、石原さんはあなたと違い冷徹です。
石原さんも高校時代は左翼でしたからあなたと似たところがあるし、だから馬が合うのでしょう。
が、石原さんは古い不合理より新しい合理を選ぶ政治家です。
だから米国の年次改革要望書に強く反発しながらも、郵政民営化そのものには賛成と明言し、あなたや平沼赳夫さんの「新党の誘い」に乗りませんでした。
そして、小泉政権の民営化路線を支えた猪瀬直樹さんを副知事として迎え入れました。

石原さんは、今度は新党に前向きですね。
民主党政権と今の日本の現状に強い危機感を覚えたからでしょう。
が、彼は消費増税積極派ですからね。
平沼さんも積極派とまでは言えないけれど、やむを得ないという立場です。
亀井さんはどう対応するのでしょう。
「小異を捨てて大同につく」という言葉がありますが、あなたはそれは誤訳だとして「小異を残して大同につく」と言うのでしょうか?
が、消費増税を肯定するか否かは「小異」ではありません。
今後の日本のあり方を変えるくらいの大きな問題です。

あなたは、小沢一郎さんとの連携も模索しているようですが、石原さんと小沢さんは天敵の間柄ですよ。
しかも、国民が望んでいるのは新しい政治勢力であって、永田町の垢が染み付いた政治家たちの合従連衡ではありません。
まずありえないでしょうが、石原新党が小沢さんと組んだら、その時点で新党は臨終です。
まあ、石原さんは政局を読むのに長けていますから、そういうバカな選択はしないと思いますけどね。

亀井さん。
その御年で変身は無理でしょうが、古い自分にいつまでもしがみついていたら、政界はぐれ烏になっちまいますよ、間違いなく。

私は、あなたとは政治的立場が異なりますので余計なことは言いたくないのですが、亀井静香という極めて個性的な、稀有な政治家が消滅しないことを念願しています。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« くるくるパー L.由紀夫の一刻も早い退場を心から願う | トップページ | 竹島 難癖と言いがかり もうチンピラの論理=韓国 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

興味深く、面白く、感慨深く読ませて頂きました。坂さんは、トータルでは亀井氏に批判的でいらっしゃるようですが、存在としては必要ということのように理解しました。私も、そのように思います。震災直後に石原氏が、復興のための暫定政府として亀井氏が総理になることを推していた理由も良く分かった気がします。せっかく、亀井氏が政府与党にいながら、そうならなかったことは残念でなりません。結果的には、郵政法案成立のためだけに菅の延命に手を貸している我儘な政治家のように見えていましたね。しかし、亀井氏の存在により外国人参政権などの成立が阻止されていたことは、やっぱり評価に値すると思います。

投稿: さっちん | 2012/04/07 16:30

亀井さんはユーモアもあって政治家としてのキャリアの長いですがもはや時代にとりのこされてしまっています。現代の状況が読めていません。国民新党程度の党をまとめられないのでは話にならないでしょう。こんな状態になって新党だといっても誰が相手にするのでしょうか。民主党についた連中もよほど与党というのは魅力的なのでしょうか。
 戦中の将校が、敗戦間際でも昇級のことを考えていたのと変わりません。彼らもさきの読めない議員ということを世間に露呈しているようなものです。
 消費税は大事ですが、いつから始め、それが有効に使われる体制になっているかがより重要ではないでしょうか。いまやれることもできないで、安易な方向で名をあげたいだけでしょう。
 世界はどんどん変わっています。その世界にあった体制を作るのが政治の仕事です。
 少し話がずれるのですが、世界の変化ということに関連して、ふとどこかのサイトでBBCが毎年行なっている調査で「世界に良い影響を与えている国家」というのがあって見ると、韓国の日本に対する評価が2010年から急にあがっているのです。2008年には評価するが31%しないが58%だったのが、2010年にはそれぞれ64%、29%となっていて、11年も評価するがすこしあがっているのです。2009年は韓国のデータが入っていないのでわかりません。
 2011年の日本自身の自己評価は、評価するが39%、しないが9%です。日本はどの国に対しても評価するが高くないので、しないという方をみたほうがよさそうですが、反日といわれる韓国より日本のほうが日本に対する評価が低いとはどういうことでしょうか。
 日本に対する評価で日本自身の評価より低い国は28ヶ国中メキシコと中国で、それぞれ24%、18%です。これはこれで日本に問題がありそうです。
 韓国情報ということで探してみたところ、今回の震災のさいに韓国のマスコミが我が国の救援が一番のりだと自慢していたのを、そんなことを自慢するなとインターネットで非難されたそうです。また若いタレントが過去や現在に問題があってもこれからは日本をパートナーとしてうまくやっていくべきだと発言したら、マスコミに非難されたそうです。それに対してインターネットをつかって抗議の嵐がきて取り下げざるをえなかったそうです。
 マスコミはおろか、私の探し方が悪いのかインターネットでもなかなかそのような情報が得られません。
 何といっても調査がBBCですから変な操作などないと思うので、一体実際のところこの数字をどう考えていいのかわかりません。
 多分若い世代で過去のことより現在の問題を解決するほうが大事だからかもしれません。またインターネットのおかげで韓国のマスコミや文化人の偏向に気がつき始めたのかもしれません。
 2009年、10年当たりになにが韓国であったのでしょうか。
 本当に変化を読むのはむつかしいです。消費税で変な対決をしている場合ではないのではないでしょうか。
 韓国の変化が本物であれば、やはりインターネットの威力が大きいことがわかります。
 

投稿: しろうるり | 2012/04/07 18:33

亀さんが死刑反対なのは誤判執行か宗教的か自身の公安捜査の経験からかはっきり明言(選挙広告+ホムペ+事務所ポスター)してあるんでしょうかね?
誤判云々は裁判官の人事権・刑訴法・裁判員制度(陪審制)・裁判官個々人の良心等国会議員の職権が及ぶ範疇と及ばない部分でムラがでるので司法部の問題は人間一人の力ではどうにか出来る問題では有りません。

投稿: 特亜消尽 | 2012/04/07 23:19

亀井さん好きだなあ。郵政選挙のとき堀江を刺客に送り込まれたとき雨のなかずぶ濡れになって演説していた姿が忘れられません。

投稿: たかさん | 2012/04/07 23:32

消費税増税反対という原因で国民新党が割れたほどであるのに、その現状消費税増税に賛成していてしかも、小沢一郎に反目とも言えるほど共闘は考えられない石原慎太郎都知事と新党を立ち上げようとする客観性のなさが、この造反に気づかなかった鈍感さと共通するように思います。
石原氏も少ないとはいえ集団であった亀井国民新党には注意もしていたでしょうが、今やなんの感慨もないでしょう。

そして、今後橋下大阪市長の大阪維新の会との接触が増えて行くのでしょうが、そこで角度から見て、上手く立ち回わり生き残りそうなのが大村秀章愛知県知事というところでしょうか。
今回の国民新党の下地幹郎幹事長と同様に大村秀章愛知県知事には流れの側にいるとはいえ腐臭を感じます。


投稿: Pin | 2012/04/07 23:36

はじめまして。

亀井静香氏は、お人好しな面が災いするようです。
が、経済政策では他の追随を許しませんし、実行力もありますから、まだまだ日本の政治には必要な方ですね。
今の日本はデフレが一番の問題であり、これを解消すれば、様々な問題も解決します。
問題は、有効なデフレ対策を示しているのが国民新党だけだったという事ですね。
亀井氏の離党で、国民新党の実行力は大幅に下がったので、もはや期待は出来ません。
となると、日本はこれからもずっとデフレが続き、国力がどんどん落ちていきかねません。
それだけ、亀井氏の連立離脱や離党は大きいと思います。
何しろ、ここ数年間、デフレ対策を政府に進言してきたのは亀井さんだけだったのですから。
民主党や自民党は、有効な対策を示していませんし。
私は、小沢と鈴木との連携を希望しています。

投稿: | 2012/04/08 05:06

外国人参政権の時は頼りになりましたね、この人。
創価学会を攻撃させたら日本一の石井一とか、要は使いどころではないでしょうか。
ご近所のじーちゃんとしてなら、大好きかも知れません。
まあ、L.鳩山の様に存在自体が害悪の人も居ますが。

目標を達成する為には、瞬間的にはやな奴とも手を組むといった「冷静さ」は日本人は苦手ですね。オールORナッシングといいますか。
職場の若者に選挙に行きなさいと言うと、「入れたい人が居ない」と言うのでお説教してやります。「与えらた選択肢の中で選ぶのが我々の義務。一人の人間を盲信するのは危険である」と。

国民は公務員改革を望んでいるのに「郵政民営化阻止が一丁目一番地」と言ったり、犯罪者の許永中を盟友と呼んだり、空気の読めない情はただの「押し付け」に過ぎません。

外国人参政権反対を以て、この人の賞味期限は終わったかなと思います。

投稿: とみ~ | 2012/04/08 09:13

私はこれまでに選挙は欠かしたことはあまりありませんが、積極的に投票しようと思ったことは2回だけです。坂さんと同じく小泉さんと今回の民主党の政権交代時です。あとはアンチ巨人ですので野党にいれてきました。
 普段仕事でやることがあるのにそれほど政治には興味はありません、特に問題がなければそうしてきました。いままでは政治にも興味はありませんでした。自民党は昔から胡散臭かったし、社会党も自民と組んだ時点で正体をさらしました。今回民主を選んだのも自民のあまりのだらしなさからです。
 今日もどこかの局で、女のコメンテイターがわかったふうに、もう新党にとびつくのは止めにしたらどうですかと言っていましたが、それを煽ったのマスコミではないでしょうか。
 しかし選択は結果的に正しかったと思っています。
 小泉さんを否定していた亀井さんですが結果やぶれました。今回は民主についたのですが、このざまです。
 なぜ小沢みたいに天皇を政治の道具にしたり、日教組にくみする輩がいたり、靖国に参拝もしない民主と組んだのでしょうか。国会議員なら国家観が同じ党と組むべきではないでしょうか。
 彼は結局、郵政民営化の見直しをやりたいだけだったのではないでしょうか。それすら、国のためとういうより小泉さんに対する私怨にみえてしまいます。
 人柄は悪くありませんが国会議員の器ではありません。そういう意味でいまの議員で国会議員にふさわしい議員なんぞ、かぞえるほどしかいません。
 石原知事はいい悪いは別に、国家観をしっかりともっています。
 私はいわゆる無党派ですが、生活の皮膚感覚みたいなもので議員をえらびます。共産党や公明などの素性のはっきりしているのは選びません。
 小沢なんぞは伝書鳩を首相ににするぐらいだから、国のことより権力志向であるに過ぎないとしか見えません。
 長い目で見れば今回の民主党の選択は正しかったとおもいます。民主と自民というより既成政党の正体がみれ、その結果橋下市長が注目されているのですから。こうなると国民もさすがに真剣に議員をえらぶようになります。
 危機の時に新しいめが出てくるのは日本の歴史です。そういう意味では日本の文化の長所かもしれません。
 ちなみに小泉さんの時は中国との関係は最悪のように見えていますが、どの政権よりというより、小泉政権の時が中国貿易が伸びた時期です。きちんといろいろな情報をを見ないと本質は見えません。 
 

投稿: しろうるり | 2012/04/08 11:31

亀井や国民新党のデフレ対策など何の役にも立たない!
 

世界中の中央銀行が180兆円もの紙幣を刷りまくっているが・・・
実体経済はぜんぜん動いていない。
「中国造船不況深刻」
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=56591
「バルティック海運指数」半年前の半分以下に・・・株価は上がっているが輸出入の船が動いていない
http://chartpark.com/baltic.html
 

要するに
亀井や国民新党の10兆円デフレ対策など屁の突っ張りにもならない
ということだ。
 

この原因は
資本主義は基本的に「等価交換」だから
国内では値下げ競争が起きる。→利益率の低減
そこで海外に進出するが そこでも値下げ競争となる。
・・・これが世界不況の原因なんだから・・・
小手先では解決できないと言うこと・・・亀など引っ込んでおれ!

投稿: 柳生大佐 | 2012/04/08 13:49

亀井氏は国民新党の党首として、民主党と組んで、沖縄においての選挙でことごとく左翼を応援してきました。
沖縄知事選でも国民新党が応援した伊波洋一が当選していたらとゾッとしました。しかし、宜野湾市市長選においても国民新党は伊波洋一氏支持。
こちらのブログでも、伊波洋一は「沖縄を中国に売る」と書いておられますよね。
亀井氏が国民新党が伊波洋一を支持することを阻止しようともしなかった時点で、亀井氏に対する信頼の欠片も持っていません。

投稿: riri | 2012/04/08 20:00

ホリエモンにようやく買ったというが
郵政風の中で時の人だったホリエモンを刺客に
あてられても返り討ちにしたと見るのが普通でしょ

見る目ないよね。
管理人w

投稿: らーめん | 2012/04/12 22:33

俺もらーめんに賛成

管理人さんは政治を長く見てきたのかもしれないけど、正しい見方ができていなかったんじゃないかな

投稿: カレー | 2012/11/02 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54407104

この記事へのトラックバック一覧です: 国民新党を追い出された亀井静香よ どこに行く:

» 【裁判】治療費未納で帰国続出、中国人家族提訴へ [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 外国人向けの国際外来のある「りんくう総合医療センター」(大阪府泉佐野市)が、治療費約660万円を滞納した中国人男性(故人)の家族を相手取り、今月中にも支払いを求めて中国で訴訟を起こす方針であることがわかった。  同センター一帯は今後、観光と最先端治療…... [続きを読む]

受信: 2012/04/08 05:35

» がれき受け入れ表明の自治体・NHKは7、読売は16 [普通のおっさんの溜め息]
15%の反対者のために動けない自治体・理不尽な理由での反対者・原発反対運動のためのがれき処理反対・地方自治体と国の責任・マスコミの責任  昨夜のNHKのニュースで被災地のがれきについて、政府が先月、総理大臣名で受け入れを要請した45の道府県と政令指定都...... [続きを読む]

受信: 2012/04/08 07:11

» 今、中国がヤバイ! [風林火山]
世界の癌、暗黒大陸中国に関して、中国迷-1グランプリという番組が、2週に渡り放送された。 [続きを読む]

受信: 2012/04/08 11:43

» 亀井氏の一連の騒動について [大道信一のブログ]
既にご存知の通り、国民新党の代表であった亀井静香氏が、民主党が唱える消費税増税に反対して連立離脱を表明した結果、党内の反対に遭い、4月6日に国民新党を離党することになりました。 「デフレの最中に...... [続きを読む]

受信: 2012/04/11 19:28

« くるくるパー L.由紀夫の一刻も早い退場を心から願う | トップページ | 竹島 難癖と言いがかり もうチンピラの論理=韓国 »