« 自由は義務と表裏一体であることを自覚せよ!
左翼偏向教師はいらない。
| トップページ | 売国変態左翼と同列に並ぶ愚は絶対に犯したくありません »

2012/04/01

左右のカルトが跋扈するネットの現実を危惧する

私は昨日、自らを「自由主義者だと思っています」と書きました。
私の反対者からすれば「ふざけるな!」となるのかも知れませんね。
何しろ彼らから見れば私は「ネット右翼」。
独裁者橋下徹を支持し、日の丸・君が代強制に賛成する人物。
「一体どこが自由主義者なんだ?」と喚いている彼らの姿が想像できます。

私の言う「自由主義」とは、何か一色に染まる、二者択一を強いる社会など健全じゃない、ということです。
そういう意味では、日の丸・君が代を軍国主義の象徴と決めつけ、それを否定する教育を児童生徒に押し付ける教師たちは、二者択一を強いる人たちです。
私は、そういう教師たちは教育者として不適格だと思っています。
もちろん私は、日の丸・君が代を否定するのは自由だと思います。
それを公教育の場で公務員が否定するという行為が許されないと言っているだけです。
教師は学習指導要領に基づき、国旗・国歌について児童生徒を指導すべき責務を負っているのです。
その責務を放棄し、国旗・国歌を否定する言動など自由でもなんでもなく、特定の思想に基づく破壊行為です。

右の一部も同じですね。
相手が米国となると、もう反米一色。
城内実ごときは、反米つながりで左翼とつるんでいます。
が、戦後の日本の驚異的発展は対米関係抜きにしては語れません。
確かに今の日米関係は、米国が「主」で日本が「従」です。
が、その主従関係の中で日本は平和を維持し、豊かで安全で格差の少ない世界でも指折りの国になれました。
その事実を認めた上で対米関係を語るべきであって、まず「反米ありき」というのは思考停止状態としか思えません。
我が国は軍隊もなく、交戦権もなく、集団的自衛権も行使できない国です。
日米安保条約は─米国は日本を防衛する義務があるが、日本は米国を防衛する義務がない―という片務協定です。
憲法を改正し、この歪な関係を解消するのが先決ではありませんか?
でなければ、対米自立など空論というより空想にすぎません。

左は赤一色を目差す。
右は白一色を目差す。
私はどちらもNo!です。
人間は色んな要素を持っています。
「聖書に書かれた言葉は神が実際に言われたことで、一言一句そのまま解釈すべき」というティーパーティー(Tea Party movement )のようにはなりたくないものです。

私は左翼の存在を認めています。
左翼の本質は平等と寛容にあると私は捉えています。
一方、私の考える保守は、競争と伝統的価値観の重視です。
世の中、平等と寛容ばかりでは困りますが、競争と伝統的価値観がすべてでも息苦しく感じるに違いありません。
やはり平等と競争、寛容と伝統的価値観、これらの共存と互いの切磋琢磨が大事だと思います。
但し、私がここで言う左翼とは「国益を第一に考える左翼」であって、中国共産党や朝鮮党を「友党」と呼ぶ日本の変態左翼のことではありません。
例えるならば、原爆保有を認めるフランス社会党、NATOの軍事行動に積極的に参加するドイツ社民党のような左翼です。

Tomiko2              従軍慰安婦問題解決法案の成立を目差す岡崎トミ子(民主党)

ここで、私が「表示不可」にした最近のコメントを以下に紹介しておきます。


橋下も外国人参政権推進派で
民団や民団系パチンコとズブズブで
現に、今は既得権化しているんですけど

日付:2012/03/29 12:45
IPアドレス:125.200.176.23
投稿者:


中国の軍拡はアメリカの息の掛かった中国共産党や江沢民などが、アメリカとの戦争を行う為にやっているそうだが

日中戦争による兵器産業でアメリカは疲弊した自国の経済を挽回したいそうな

911アメリカ自作自演テロ、東北311人工地震、金融ユダヤ(英国のロスチャイルド、米国のロックフェラー)で調べてみましょう

日付:2012/03/30 3:14
IPアドレス:175.105.9.136
投稿者:誰か


橋本も小泉新次郎も新自由主義者だし、小沢は結局は自分の利権を強くしようとしてるだけだし、自称保守の紋切り型の言論はかなり非論理的で感情的である場合が多い気がする。
客観的にみて最近ちょっと傲慢すぎる気がする。小林氏よりも。

日付:2012/03/31 10:48
IPアドレス:219.167.249.223
投稿者:


一刻も早くこのネトウヨブログが消滅することを祈ります。
反日反米革命戦争勝利!

日付:2012/04/01 1:51
IPアドレス:240f:f:3659:1:a151:22ca:cc34:edde
投稿者:東アジア反日武装戦線

ネットに異常者がけっこういることは既知の事実ですが、こういうのがコメントしてくるから承認制にしなければならなくなるのです。

>(橋下は)民団や民団系パチンコとズブズブ
>911アメリカ自作自演テロ、東北311人工地震、金融ユダヤ
>橋本も小泉新次郎も新自由主義者

もう完全に刷り込まれていますね。
どこかに書いてあったことの受け売り。
自分の言葉がないし、内容も極めて一面的、且つ断片的。
何より「思考力」が欠けています。
>反日反米革命戦争勝利!―に至っては冗談?かと思ってしまいます。

こういうのが跋扈しているから私はネット言論の現実を危惧するわけです。
左右のカルトに反対する私の心情をご理解いただければ幸いです。

あなたのクリックが読者を増やしてくれます。
↓応援!何卒よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

誠にお手数ですが、よろしければ、こちらの方も
↓クリック!いただければ幸甚です。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 自由は義務と表裏一体であることを自覚せよ!
左翼偏向教師はいらない。
| トップページ | 売国変態左翼と同列に並ぶ愚は絶対に犯したくありません »

左翼&共産主義」カテゴリの記事

コメント

>聖書に書かれた言葉は・・・一言一句そのまま解釈すべきというティーパーティーのようにはなりたくない・・・
 

私が一言・・・
旧約聖書(ヘブライ神話)には「ヨブ記」というものがあります。
 

ユダヤ人ヨブは神に忠実な富者ではありましたが
7人の息子と3人の娘を失い 船の難破で全財産をも失います。
そこでヨブは神を呪って抗議しますが
神は
「私がこの世界を創造した時にお前はどこに居たのか?
天地の広さを知っているなら告げてみよ!」
と答えたのです。
ヨブは畏れ入って反省したので
神は再び7人の息子と3人の娘を与えて ヨブに幸福な人生を歩ませました。
 

これが
「ティーパーティの聖書に対する考え方」
です。
つまり
現在の如何なる科学をもってしても「神のごとく全知全能」ではないのですから”聖書の記述は全部ウソ”とは証明できないのです。
 

また
アインシュタインの「相対性理論」も
「観測結果は観測者の運動に左右される」
「現象それ自体に絶対的な空間・時間が備わっているのではない」
ということなのですから・・・
「何が正しいか?
は 公理(前提)をどう置くかによって決まる」
のです。
 

これは構造主義の考え方ですが
レヴィ=ストロースも
「主体の思考(個人の理性的な思考)の手の届かない彼方に
それを包む・集合的な思考の領域がある。
それが神話である。
神話は一定の秩序(構造)を持ち この構造は主体の思考によって直接捉えられない不可視のものである」
と言っております。

投稿: 柳生大佐 | 2012/04/01 16:04

フェイスブックがアラブの春を起こした重要な一因のひとつであるように、インターネットは個人がまさに世界に情報を発信できる非常に強力なツールです。
 しかし発信数が増えれば当然、社会と同じで玉石混淆になるのは仕方のないことです。コメントを選択するのは大変なことだと思いますがご苦労さまなことです。
 現在の日本の文化レベルは、一応日本の中でも優秀と思われているマスコミそのなかでも東大出身者が多い朝日があの程度なので、あとはおして知るべきでしょう。
 文化人とてノーベル賞をもらいながら、文化勲章は断ってなにか反権力ぶっているおめでたいのがいるのですから、話になりません。
 彼は沖縄の集団自決に関する裁判で一応無罪になりましたが、裁判自体も彼の言い訳にも呆れてしまいました。
 日本の文化程度は所詮は二番煎じのものがほとんどで、コアラみたいなものです、一見クマのようにみえて、有袋類なのです。
 映画の日本アカデミー賞なんてものがありますが、これを聞くと日本はアメリカの植民地かと勘違いされます。そこには創造的なものを作ろうという意思がかけらも見られません。
 左翼右翼も所詮は本物ではありません。左翼にとっては共産主義も、八百万の神のひとつです。
 ソ連が崩壊し東欧が自由主義国家になり、北朝鮮の有様を見ているのに、未だに共産党などというな名称をつかっているのはまさにオカルト以外の何物でもありません。それが堂々と日本の政党として存在しているのですから、まともに考えたらおかしくなります。
 共産党などが存在するのは日本人が未だに精神的基底ではアミニズムの社会で、彼らは共産主義の神を祀っているいるから仕方がないと思っているからではないかと理解しています。
 今日週刊雑誌を読んだのですが。その中に維新塾の応募生に関する記事がありました。記事によると応募生のなかにクラブのママや無職のようなものがいると書いていました。暗に応募生のレベルの低さを暴露しているつもりなのでしょう。
 これなどもマスコミの程度の低さを表している例です。
 この記事は、これを書いた記者の職業への偏見と社会を知らないということを露呈しています。
 この記者もどこかの有名大学を出ていて、クラブのママなんぞに政治がわかるのかという意識なのでしょう。
 記事によるとそのママは話を聞いてみてよくわからなくても、橋下さんの後方支援をしたいと思っていると言っていました。
 私はこの記事を読んで橋下市長は本物である可能性が高いのではないかと思います。
 彼女らは経営感覚もあり何よりも人を見抜くちからは間違いなくあります。それでないと店は成り立ちません。
 記者は批判記事を書こうとして、かえって維新塾の宣伝をしていることになるのです。
 彼らには知識はあっても知恵がありません。まっとうな常識があれば、別に知識がなくてもおかしいとわかることでも、視野狭窄に陥っているものには見えるものも見えなくなるのです。
 現代は戦国時代のようなもので、本物しか残らないと思います。 

投稿: しろうるり | 2012/04/01 18:28

難しい問題です。しかしネットで広報活動よろしく都合のよい事を書いて人を集めたりプロパガンダよろしく派手にやっていても今の若い人は最初は乗っていても騙されていないできちんと身を避けているように思います。某リチャード氏の様に彼方此方に喧嘩を仕掛けていても慣れればあれがああいう人のやり口なんだと判れば取り込まれる人も少ないでしょう。結局そのブログを応援する人達を信者、まぁ「瀬戸信者」みたいに騒ぐ人もいたりしたようですがコメントをする人達を「信者」って呼ぶ人はまずその人がどこかの「信者さん」なのですね。慣れてくれば判りますし若い人に聞いてみても「読んでればわかる」というのですからやはり「今の若い人は」みたいに云う必要もなく普通の日本人の家庭に育っていれば理解力はやはり世界に冠たる日本人だと思うんですね。もちろん依存症の先生や博士さん、行動家としての瀬戸さん達もそうなのでしょうが、やはり数十年それぞれの世界で頑張ってこられた方々なら、また多くの人を見て交流して来られた実績からも見える世界は違うのでしょうが、それでも一般大衆は皆さん利口で賢い方が多い。ただ長年の政治不信やマスコミ不信からどう行動し発言してよいかわからない人が多いと思うのです。私等は橋下維新所属ですが別に橋下ファンではありません。以前所属していた政党ではもう市民の声が届かなくて上は既存の在日勢力が固めていて発言すら出来ない・切られてしまう、故に老若男女発言できる維新を応援しているのでして、ここなら今まで政治に参加できなかった人達が参加できるのではないかと思ってみて応援しているのですが、さてどうなる事やら。ま、実際にマスコミがあの体たらくですがネットで各一般市民の方々が日本の問題をマスコミ以上に分りやすく解説してくださる又無給で頑張ってくださっているし読んでいる人達もそれが分って読んでいる。まだまだ日本も捨てたものじゃありません。ただ偽の左右ですね。もう喧嘩をして見せている、南北朝鮮、共産公明、暴力団演ずるところの左翼と似非右翼。下の人達は本気で戦ったりしているのですが、案外上は日本国内おいてはズブズブで同じ在日連中が支配してやっているみたいなのですね。共産に相談に行けばきちんと創価側の人間に情報が漏れているとか。ま、知りたくない事もこの歳になって教えて頂いたりしますが、日本国内で争っていたのが実は大嘘。そういう左翼・似非右翼には要注意、でネットを見ていけば面白く読んでいられる様に思います。

投稿: 大阪は晴れだしています | 2012/04/01 19:37

>私が「表示不可」にした最近のコメントを以下に紹介しておきます
それなら、
愛信さんの、コメント(マスコミ隠蔽の掲示板)も「表示不可」にしないとね。
(エイプリルフールじゃなくってね)。
「保守」という概念は、戦後「革新」に対抗するために
つくられた「用語」ではないかというのが長年、保守論壇誌『自由』『諸君』『正論』などを読んで来られた先輩方の一般的な見解ではないでしょうか。従って、戦前
には、「保守」はなく、外来思想として、バークなどを
信奉する「保守主義者」なら少数はいたでしょう。今も、「真性保守」や「保守主義者」を自認する人は少数派ではないでしょうか。
私が、思う「保守」とは、(日本の)「国体」及び(日本)国民を守ることです。
では、「競争」に関しては、研究者や技術者は、当然な
がら日々競争の毎日です。従って、テレビによく出て来る学者は(元研究者)です。
日本共産党シンパで、「9条の会」会員でもあるノーベル賞を受賞された益川京大名誉教授も、レンポーの「一番ではダメなんですか」というものいいには、かなり厳しく批判されていました。研究者の場合、左翼とか保守とか、関係ない。
HIVウィルスの「第一発見者」を巡って、米国とフランスの学者が、国の威信をかけてどちらが「一番先」に
発見したかで争ったこともあります。(フランスの学者がノーベル賞を受賞)。学問や技術や芸術の場合は、「一番」が全てです。
次に、反日教員絡みで、初等・中等教育に関しての、競争に関しての、私の個人的見解は、「個人の資質」は生得的なものであり、「努力」は「美徳」ではあるが、「競争」に関しては、中庸が理想です。「資質」がないから「努力」しないのは、全くほめられたものではないが、だからといって「競争至上主義」は違いますよ。
自分の子供を見ていても「資質」は生まれつきのものだなと痛感しますね。

投稿: 三毛猫 | 2012/04/01 20:04

私も「国益を第一に考える左翼」については同意します。
何せ日本共産党も社民党も表だっては反日主義を隠してますが、実際主張を見ると反日主義バレバレですから・・・。
左右を問わず国益を考える政治家が多く出てきてくれることを願わずにはいられません。

投稿: CONRAD HILTON | 2012/04/01 21:00

右でも左でも良いのですが、
主張の根本に「この国の領土と伝統的価値観を存続するために」という気持ちがない人とは話をしたくないですね。

例えば目先の放射能の脅威のために貧乏になっても脱原発とか言う連中のことです。経済的に敗北して国土が蹂躙され経済的に搾取される側に成り下がるかも知れない、などという視点は全く頭にありません。そんなことはどうでもいいんですね、彼らにとっては。

夫婦別姓もそうです。なんでも「選択できる方がいい」という原理しか頭になく、それは日本の社会文化に馴染むのか、という視点がありません。意図的に無視する奴さえ居ます。

そういう連中とは何も語りたくありません。

投稿: さん | 2012/04/01 21:05

左右のカルトにハマるのは、精神が子供のまんまなんだと思います。
自分も子供の頃は、ノストラダムスの予言やフリーメーソン支配論、ツタンカーメンの呪いとか純粋に信じたりしてました。でも、大人になるにしたがい、心のどっかに引っ掛かることはあっても気にかけることもなくなりました。
共産主義を信じるのも、ユダヤ陰謀論を信じるのも純粋なんだと思います。人間の感情や世の中は複雑で方程式で解けないのに、全て「経団連が悪い、資本家が悪い、ユダヤの陰謀だ、アメリカの陰謀だ」にしてしまえば物事は簡単だし、色んな角度で様々な立場から見る必要がないからです。
坂さんは、自分から見るとリベラルなんだと思います。日本の基準がおかしいんですよ。
左右の全体主義者が、我は保守だ、我はリベラルだと自分を格好良く言ってるに過ぎません。
左のカルトは、言論の自由を叫びますが、自分らの主張に都合のいい言論の自由のみを叫んでいるだけで、反対意見は封鎖しようと躍起です。それが証拠に、言葉狩りはサヨクの十八番ですよね。
坂さんの自由な意見は、カルトにとっては邪魔で脅威そのものでしょう。
妨害があるかもしれませんが、ネット上では貴重な中道意見ですので、灯りを灯し続

投稿: | 2012/04/01 22:44

仰るとおりです。今の世の中は、思想の面だけではなく、全ての面において「赤か白」「黒か白」「右か左」何事も二者択一で思考することしか出来ない人々が、多いのではないかと思います。

 「自由、権利、平等」についても根本から学びなおすことが必要です。

 自分も昭和二十年に生まれ、戦後の教育を受けて育った世代なので、多分いに危ういところをもっています。反省することもあります。

「日の丸・君が代」問題を、鮮やかに判りやすく教えてくれる資料として下記を紹介します。
 
 産経新聞3月31日(土)の読書欄の「花田紀凱氏の週刊ウオッチング」欄で、今週、唯一の必読として<<週刊ポスト(4/6)曽野綾子さん連載コラム「昼寝するお化け」。日の丸、君が代」問題に関して「起立しない教師たちを【不勉強で非常識な教師たち」を勧めております。

投稿: 道産子爺 | 2012/04/01 23:39

>我が国は軍隊もなく、交戦権もなく、集団的自衛権も行使できない国です。

アメリカがやったことではないですか?

投稿: 京都市民 | 2012/04/02 02:11

二者択一思考はテストの○×式の習性もあるかな、と思います。昔のように短文で多少でも論理展開する記述式の学校は未だ少数派でしょうから。
それと、人的関係に於いて仲間か敵か簡単に色分けしたがる傾向もあるような気が致します。その方が安心できると思うのでしょうか。幼少時から外でのびのび遊べない日本になって、他者とのつながり方を自然に学べないと、どうしても世界観が広がりません。可哀想な事だと思います。
全ての面に於いて本当に教育の大切さを感じる日本になってしまいましたね。今が底でこれからは昇るだけでありますように。

赤と白の峻別よりピンクの濃淡や青色系も世の中には在ると思えない、と言うより在ってはいけない事と思える方がコワイです。私は他人から(夫からも時々)右だのなんちゃってサヨクだのと簡単に言われてしまいますが、自分では何時でも自分が真ん中、と思って居ります所為か余り他人の評価が気にならないでおります。けれど、ある日突然極左或いは極右の様な組織に「おまえは○色!」と勝手に断定されたら恐ろしい事ですね。

曾野綾子さんの論調には殆ど心から肯首です。アフリカの土の上で暮らす人々と、日本を比べられる事以外には。

投稿: よれこ | 2012/04/02 15:02

「優しいサヨクの嬉遊曲」という小説がありました。
主人公とその仲間は社会主義の民主化を目指す左翼を自称するのですが、やる事といえばサハロフ博士の肖像と鎌と槌とペンをあしらったバッジを作って売ったり、
「社会主義道化団の三人の団員は欺瞞的な社会主義や社会主義に泥を塗った権力者たちをバカにして遊ぶことに熱中していた。」   
「三人はじゃんけんでスターリン、トロツキー、ブハーリンの役、あるいはマレンコフ、ベリヤ、フルシチョフの役をそれぞれ決めて原始的なベースボールを始める。」
「最も多くの得点を稼いだ者はあとの二人を粛清できるのである。」
という具合に運動とはとても言えない遊びのような活動をするだけで、TVで評論家が
「市民運動の根無し草的性格をどう克服するかが当面の課題であろう。」
とのたまうと
「そりゃそうさ、根無し草だよ。僕たちのやってることはママゴトみたいなものかもしれない。新興住宅地出身者、偉大なるオナニストだよ。僕は。」と自嘲的につぶやくダウナーぶりなんですが、実際にも今や左翼とその概念、用語などは娯楽や遊びの道具かも知れません。
「反日武装戦線」や「反日反米革命」などという言葉は、過去に起きた事件の記憶もあいまって過激さの片鱗が今も残る言葉なので、こうした娯楽に供するのには格好の言葉でしょう。
かつて暴走族は旧大日本帝国陸海軍のガジェットを好んで使用しました。
「特攻」「予科練」などの言葉や旭日旗 や菊水などのマークがそうですが、左翼活動はネット社会でそういったものになっているのではないでしょうか。

投稿: ブルー | 2012/04/04 17:21

>(橋下は)民団や民団系パチンコとズブズブ
これが事実ではないとするならばそうでないという証拠はどうなんでしょう?そう言われている方のブログで癒着の証拠であるというものは見たことがあります。個人的には橋下氏や維新については様子見していますので、なんとも今の時点では言い難い立場ですが。ただ、ご自身と違う意見の人のコメをカルトとし、IPアドレスまで晒すのは行き過ぎと思います。
その他の意見については概ね賛成です。
>私がここで言う左翼とは「国益を第一に考える左翼」
はまさに!です。左右両翼バランスとれてこそ飛べるというものだと思っています。本当は、国益に適い国民第一の政治をするのなら右左なんてどうでもいいのです、分けるほうがおかしいとすら思っています。

投稿: 通りすがり | 2012/04/05 14:05

私は橋下市長は革新そのものではないかと思います。
自分で維新の会と言っているのだから本人も保守であるとは思っちゃいないだろう。
まさか明治の維新政府を保守だと言う人がいるとも思えない。

投稿: 春樹 | 2012/04/06 10:58

 著作権問題で著作権保有者の擁護をした内容を書いた~さん。(ごめんなさい、名前を出してしまうと特定されてしまうので差し控えますね。)最後に書いた一言が、「私にはよくわかりませんが要するに…。」と続きます。
 何でも守ろうって考えてそのために破壊をしようってやつにはかなり変人が多いのは明白です。しかし、彼らは分かっているはずではあるんです。戦略としての打開方法を模索するに執着しすぎるあまり、ドツボにはまっていってしまうんですね。
 戦略と金銭問題が合致してしまう問題意識にはある意味確かであり、ある意味で不確かさがあります。
 自分の好くする部分が大きくなりすぎるヒトをどう扱うべきか、また広がる民間個人と議員の価値観の差。知らぬ間の泥沼感。
 考えても考えても議論の尽きないこの問題。いっそプログラマーにでも改良されたほうがいいような気がします。(国益を守れ!負けるな黒い瞳!※俺は右翼ではないッゾ!)(*゚▽゚)ノ

投稿: サトット | 2013/09/05 14:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/54361836

この記事へのトラックバック一覧です: 左右のカルトが跋扈するネットの現実を危惧する:

» 経営者が付加価値を作り・公選首相が責任を取る [EmpireoftheSun太陽の帝国iZa版]
地盤・看板・鞄・・・と言うが 日本の議員は何らかの利益代表である。 市議会議員などは 「地元の・・・でございます」 と選挙戦で連呼するのが定番である。 国会議員もどこからかの地元選挙区から当選してきているので 日本全体の利益を考えるより 常に出身選挙区や支援団体の方を向いている。 その枠を越えられない・・・日本で言えば自民党も民主党も同じである。   マルクスはこれを 「議会制民主政治の欺瞞性」 と言っているのだ。   それはその通りなのだが・・・ マルクスには大きな間違いがある。   マルクスは ... [続きを読む]

受信: 2012/04/01 14:55

» 北の核ミサイル3発目までは静観する日本政府 [風林火山]
日本のメディアが国民に伝えない真実、それは現在、世界中で一番核攻撃を受ける可能性が高い国はこの日本であることだ。 [続きを読む]

受信: 2012/04/01 18:54

» 【米国】止まらない「日本化」――親と同居する若者「ブーメランキッズ」の急増 [政治経済ニュース・今私の気になる事]
 米国の「ジャパナイゼーション(日本化)」が止まらない。「失われた10年」の話ではない。不況で親のスネをかじらなければ生活できない若者が増え、パラサイトシングル化に拍車がかかっている、という社会現象のことだ。  米民間世論調査機関ピュー・リサーチ・センタ…... [続きを読む]

受信: 2012/04/02 03:32

« 自由は義務と表裏一体であることを自覚せよ!
左翼偏向教師はいらない。
| トップページ | 売国変態左翼と同列に並ぶ愚は絶対に犯したくありません »